« 札幌市白石区・ビーネマヤ 『モーンシュトレン』 | トップページ | 札幌市白石区・ビーネマヤ 『スパニッシュケーク』 »

2009年1月14日 (水)

札幌市白石区・ビーネマヤ 『ザントクーヘン』

今回はウチの近所にあるドイツ・スイス菓子工房 ビーネマヤ(BIENE MAJA)】(札幌市白石区本通7丁目南7−27)の焼き菓子『ザントクーヘン』を紹介。
ザントクーヘン』とはドイツ語で「砂のケーキ」を意味する。英名は「サンドケーキ」で、別名は「ウィーン風バターケーキ」。
ドイツオーストリアの家庭ではよく作られるポピュラーな焼き菓子(バターケーキ)である。
クグロフ型やエンゼル型(パウンド型)などの丸い型に生地を入れて焼く。
口に入れると砂のようにホロホロともろく崩れることからその名がついた。
定価は一個168円。
手に持った感触ではスポンジケーキにはありがちなふわふわ感。形は典型的なパウンド型を薄切り(輪切り)にしたものだね。
しかし案の定、口の中に入た瞬間、砂のようにもろくも簡単に崩れてしまった...ホント、砂の如く、極めてソフトでデリケートな舌触りのスポンジ生地だね。
ほんのりとするバニラとアーモンドの香り、バターや卵の風味・コクが美味さを増幅させる。
本来のものはレモン汁やレモンの皮が入っているらしいが、どうやらこのケーキには入っていないようだ。なので、至ってシンプルな風味に仕上がっている。その代わり、ペースト状のアーモンドが生地に練りこまれている。
全体的に甘さは控えめで後味の良さを演出しているので、全然飽きがこない・・・・でもやっぱり、このデリケートな食感は非常にインパクトがあって、一度食べたら忘れられないほど。ホント、こんなケーキは初めて食べたよ...なんまら美味いっっっ!!!!
もっと味わいたかったが、あっという間に口の中で解けるように無くなってしまったので、詳細な味の解説に浸る余裕も無かった(笑)
これも次回の宿題ですね☆

|

« 札幌市白石区・ビーネマヤ 『モーンシュトレン』 | トップページ | 札幌市白石区・ビーネマヤ 『スパニッシュケーク』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/43740780

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市白石区・ビーネマヤ 『ザントクーヘン』:

« 札幌市白石区・ビーネマヤ 『モーンシュトレン』 | トップページ | 札幌市白石区・ビーネマヤ 『スパニッシュケーク』 »