« モンテール 『焼きりんごのチーズタルト ≪期間限定≫』 | トップページ | モンテール 『生どら チョコカスタード』 »

2008年12月31日 (水)

モンテール 『生どら レアチーズ』

今回はコンビニスイーツ界No.1メーカーモンテール】(本社:東京都足立区島根4−23−22)が誇る「生どら」シリーズ『生どら レアチーズ』を紹介。
11月ごろから店頭に並び始めた。
価格は一個105円(税込み)。
モンテールHPに載っている『レアチーズのどら焼』とはタイトルとパッケージが違うがほぼ同じものとみていいだろう。ただし、値段は違う(後者は125円)。
どういうわけだか、モンテール製品の「生どら」には『生どら・○×』もしくは『○×のどら焼』という類似する2タイプのタイトル製品が存在しているようだ。両者とも中身はほぼ同じなのにね...作っている工場や販売する地域によって使い分けているのだろうか???…謎が多い今日この頃(笑)
したがって、類似する『レアチーズのどら焼』が11月1日から翌年2月28日までの≪期間限定≫商品であることから、パッケージこそ表記されていないものの、この『生どら レアチーズ』も期間限定品である可能性が極めて高い
ちなみにこの商品は、ご覧の通り、北海道内のモンテール製品ではお馴染みの日配品流通センター【協同組合T&Dロジテム】(札幌市東区丘珠町555−4)を経由したものである。
さて、実際に食べてみると・・・おっ!この生地は!?
水分を多く含んだ非常にしっとりとした柔らかい生地の「生どら」は過去にあったが、今回のようなモンテール製品の「生どら」の生地は初めて。
従来のモンテール「生どら」シリーズに共通する適度にしっとり感があり、かつ、とても弾力があるのはお馴染みだが、とにかく生地がきめが細かいというか、生地の気泡の穴一つ一つがとても小さいスポンジが大きな特徴の「生どら」で、口の中に入れると、まるでとろけるような食感である。ご覧の通り、焼き色からして過去に紹介したどら焼と違うのが分かると思う。ホットケーキのような美しいきつね色だ。
まだ当ブログでは紹介していないが、コンビニ系和菓子を多数販売する老舗メーカー【米屋(よねや)】(本店:千葉県成田市)の『ふんわり生地のどら焼』に匹敵する柔らかさである。しかも今回の『生どら レアチーズ』の方が弾力があり、きめが細かい生地である。
そして、中のレアチーズクリーム。
レアチーズケーキの風味がするが、後味が良くとてもあっさりしている。あまりチーズっぽくないので全然しつこくない。
ナチュラルチーズと共に自家炊きのカスタードクリームと濃厚な生クリーム・ホイップクリーム、程よい油脂成分を含んだマーガリンがミックスされているので、とってもまろやかでクリーミー。味にコクと深みを感じる。加えて、甘さの中にまろやかさが感じられるのは隠し味である練乳が効いているからだろう。しかもその舌触りがなめらかでかつ、ホイップ状のふんわりとした状態・・・こ、これは、以前に当ブログでも紹介した『レアチーズのシュークリーム』のレアチーズクリームとほぼ同じ舌触りだ!!!
生どらに転用した感じ。しかも、見事な形で生まれ変わった!!・・・これはツボ!!絶妙な美味さだ!!!!!
飽きがこないので、2,3個は楽勝!!
また買って来よう♪
もしくは、出来ることなら同社の類似品『レアチーズのどら焼』と食べ比べしてみたいね☆

|

« モンテール 『焼きりんごのチーズタルト ≪期間限定≫』 | トップページ | モンテール 『生どら チョコカスタード』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/43590300

この記事へのトラックバック一覧です: モンテール 『生どら レアチーズ』:

« モンテール 『焼きりんごのチーズタルト ≪期間限定≫』 | トップページ | モンテール 『生どら チョコカスタード』 »