« モンテール 『生どら・レアチーズブルーベリー』 | トップページ | モンテール 『生どら あずき&クリーム』 »

2008年11月12日 (水)

モンテール 『生どら チョコマロン』

今回は8月下旬に新発売されたモンテール】(本社:東京都足立区島根4−23−22)生どら チョコマロンを紹介。
ただし、正式には9月の新商品であり、北海道では一足先に発売されたと思われる。
近付く秋に先駆けて、秋の味覚「栗」をメインとした生どら。チョコ&栗は洋菓子では定番の組み合わせ。
しかも、外れが少なく、クオリティの高い【モンテール】の商品ならば、かなり期待できる。
一個105円(税込み)。
ご覧の通り、この商品は本州の工場で作られた後、冷凍状態のまま札幌市東区の日配品流通センター【協同組合T&Dロジテム】(札幌市東区丘珠町555−4)まで運ばれ、そこで一旦解凍したものを道内の各店舗に配送されたものである。
ご覧の通り、濃い茶色、チョコレート色のどら焼生地である。
開封すると、案の定、カカオ(チョコ、ココア)の香りが漂ってきた。
生地にココアが練りこまれている。
その中にはチョコマロンクリームが入っており、更にその中心にはたっぷりと黄色のマロン餡という“二層構造仕立て”
早速、一口食べた瞬間・・・カカオの風味が口いっぱいに広がる。加えて、チョコマロンクリームには粒粒の栗の食感と風味も微妙に感じ取ることができるが、むしろスポンジもクリームもチョコ・ココアをふんだんに使用したカカオの香りが断然強く、まさにチョコ尽くし…のはずだが、中心に位置するマロン餡(栗のペースト)まで食べ進めると、チョコ・ココアの風味を差し置いて、今度は栗の風味がメインととなる。このマロン餡は栗の甘露煮をペースト状にして洋酒や水飴、生クリーム等をミックスしたモンブランケーキ系の味。この味の変化がまたこの生どらの面白いところ。
香ばしくて香り高いカカオ生地&チョコマロンクリームとマロン餡の相性は抜群!!!お互いの風味が消しあうことなく上手く調和が取れている。単にチョコクリームではなく、栗入りのチョコマロンクリームにしたのが良かったのだろう。
更に、それらのチョコマロンクリーム&マロン餡にほんのりチョコの香りがする生地をサンドして食べると口の中で絶妙なハーモニーを奏でる!!!!これは美味すぎる!!!
まさにモンブラン好きorチョコレートケーキ好きの人にはたまらない味でしょう!!
チョコ風味と栗風味が見事にマッチする生どら・・・これは、まるでチョコベースのモンブラン(チョコレートモンブラン)ケーキを食べているかのよう...なまら美味いっっっ!!!!!
コッテリ系になりがちなチョコ(カカオ)&マロンという組み合わせながら、この生どらは甘さ控えめで後味が良くクドくない仕上がりは流石はモンテールといったところ。
ただ、あえて難点を言えば、生地のしっとり感がやや足りない気がする...これは唯一のマイナスポイント。コレさえなければ100点満点だったのに…モンテールらしくないぞ!っていうか、あるいは【協同組合T&Dロジテム】の解凍方法に問題があったのかも???
これまで紹介した生どらはいずれもカンペキだったし、今回も中のクリーム&マロン餡に関しては文句の付けようがないほど美味しいのに...ホント、もったいない。
・・・・しかし、10月頃からモンテールHPからこの生どら チョコマロンの紹介ページが消えてしまい、おまけに、最近は店頭からもすっかり見かけなくなったので、おそらく既に製造・販売は終了したようだ。
今後はグレードアップした上での再登場に期待しよう☆

|

« モンテール 『生どら・レアチーズブルーベリー』 | トップページ | モンテール 『生どら あずき&クリーム』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/43095829

この記事へのトラックバック一覧です: モンテール 『生どら チョコマロン』:

« モンテール 『生どら・レアチーズブルーベリー』 | トップページ | モンテール 『生どら あずき&クリーム』 »