« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

2008年9月30日 (火)

祝★「市区町村の魅力度ランキング」で札幌市が3連覇達成!!!

☆9月28日にブランド総合研究所が報道関係者向けに(プレスリリースとして)発表した【地域ブランド調査2008】の結果、全国にある数多くの市区町村の中で札幌市が3年連続で「魅力度ランキング」No.1の栄冠に輝きました!!!!!パチパチパチパチ!!

今年8月に国内1000の市区町村を対象にした『魅力度』『認知度』『観光意欲』『イメージ想起率』など全63項目からなる【地域ブランド調査2008】を調査する為、ブランド総合研究所がインターネット上で全国の消費者3万5309人からアンケートを実施し、回答を得た結果が今回正式に発表されました。

評価は100点満点で算出され、まず5段階評価の中から回答してもらい、その回答者数の比率に応じてある一定の数値を各評価の回答数に掛ける。そしてその数値どうしを項目に応じて足したり、引いたりする調査方法らしい。尚、市区町村ごとの回答者数は、一人につき20市区町村について回答してもらったため、平均で706人。また、集計に当たっては、年齢・性別・住居地を基準に、実際の人口の縮図となるように再算出(ウエイトバック)したという。

その調査の結果、地域のブランド力を消費者が各地域に抱く「魅力」で数値化した『魅力度』の項目で3年連続で第1位札幌市(59.5点)になった。しかも、「とても魅力的」と答えた人は36.4%、「やや魅力的」と答えた人が46.3%と、約8割以上の人が札幌市に魅力を感じるという結果となった。

・2008『魅力度』ランキング10傑

札幌市(北海道・59.5点)(前年①)、函館市(北海道・55.9点)(前年④)、京都市(京都府・55.1点)(前年②)、横浜市(神奈川県・51.9点)(前年③)、小樽市(北海道・49.2点)(前年⑤)、神戸市(兵庫県・47.8点)(前年⑥)、富良野市(北海道・46.5点)(前年⑧)、鎌倉市(神奈川県・45.9点)(前年⑦)、軽井沢町(長野県・41.4点)(前年⑩)、金沢市(石川県・39.8点)(前年⑨)

・・・・何と!北海道の4市がベスト10に食い込む快挙を達成!!これは3年連続!!!北海道民としてなまら嬉しいぞ!!!!

その他、札幌市は、『観光・レジャーのまち』で2年連続で1位『観光意欲』が3年連続で1位、『定住意欲』が3位、『情報接触度』が3位、『食品の産品購入意欲』が3年連続で1位『イメージ想起率』で1位など、上位となる項目が多かった。

ちなみに、、、京都市は『歴史と文化のまち』が3年連続で1位、『認知度』が2年連続で1位、更に横浜市は『定住意欲』が3年連続で1位、『デザインやセンスの良いまち』が2年連続で1位、『国際交流のまち』が2年連続で1位・・・・この結果は至極納得。横浜市は初めて行った際、街並みや建物の空間デザインが洗練されていて瞬時に好きになったし、歴史好き・神社仏閣好きの私は昔から京都市にただならぬ魅力や憧れを感じていますからね。

全国第5位の人口(第1位となる東京23区を含む。市町村の人口では全国で第4位であり第1位は横浜市)である札幌市は世界の約200万人都市の中で最も年間降雪量が多い都市で、冬の除雪が大変とか、また近年の小泉改革の影響や原油高など影響をモロに受けて、全国の地方都市に共通する地域経済の低迷により有効求人倍率や完全失業率の完全回復の兆しがまだ見えないとか色々と懸念材料もあるけど、そこは“住めば都”。欲しいものはたいてい手に入るし、緑が多い街並みや交通機関などの環境整備がよく整っているので、生まれも育ちも札幌である“生粋の札幌っ子”の私が言うと思いっ切り手前味噌になるけど、とても住みやすい街だと思います。

とにかく、今回の調査で、最も魅力のある街として、3年連続で我が街・札幌市が全国No.1の評価を受けたことは、一札幌市民として非常に嬉しいし、大変誇りに思います!!!

ヤッターーー!!!!!マシ・オカ風)

バンザーーイ!!!!

ヤッホーーヤッホーー!!!! ヌーブラヤッホーーー!!!←使用禁止になったモエヤンネタ

そういえば、昨夜生放送していてた『HEY!HEY!HEY!』の中で発表した「同番組に出演したミュージシャンの(都道府県)出身別ランキング」で東京(386人)、大阪、神奈川に次いで、我が北海道が全国第4位(97人)だったのには驚いたなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

とうき運営してくれるかな(BlogPet)

きょうはとうきびと関係しようかな。
とうきびは運営してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「みるく」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

森永製菓㈱ 『〝ケンタロウ 監修〟ポテロングZ 豚のしょうが焼き味』

9月9日に新発売された【森永製菓㈱】の「ポテロングZ」シリーズ第三弾は、料理研究家のケンタロウ氏が監修した『ポテロングZ 豚のしょうが焼き味』です。
私も「豚のしょうが焼き」が大好きなので、同じく大好きな『ポテロング』とコラボレーションしたら一体どんな味に生まれ変わるのか、非常に楽しみですね~♪
小林健太郎ことケンタロウ氏は新進気鋭の若手人気料理研究家&イラストレーター
彼が書いた料理本は常にベストセラー。各メディアで度々取り上げられ、料理誌の枠にとどまらず、ファッション系雑誌など若者が読者の雑誌にもレシピを寄稿、コンビニ弁当やスナック菓子の企画にも度々プロデュースしているので、若い世代の間で特に大人気。美大出身なのでイラストレーターとしての肩書きも・・・今日も各メディアであふれんばかりの多才ぶりを如何なく発揮している。
NHK『今日の料理』TBS系『はなまるマーケット』などテレビの料理番組や主婦向け番組に多数出演しているので、彼の姿をよくご存知だと思います。
ちなみに、彼の実母はこれまた各メディアで大活躍する人気料理研究家の小林カツ代氏。著作の料理本は190冊を超えるという料理界のベストセラー作家。
また、キッチン用具や食器のプロデュースを手がけることでも有名な多才ぶり・・・まさに「この母にしてこの子あり」、「カエルの子はカエル」といった感じ。
しかし、現在彼女は病気療養中のため休業中とか。。。
話は元に戻るが、今回そのケンタロウ氏が監修したのが、森永製菓の人気スナック菓子『ポテロング』に家庭の味の代表格ともいえる「豚のしょうが焼き」の味で再現した『ポテロングZ 豚のしょうが焼き味』。
彼が一番好きなおかずの味を無理やりスナック菓子で再現するとは少々強引過ぎるが、その試みは非常に面白い!!私も大好きなおかずだからね。それに、発売前から結構巷で話題となっていただけに、『ポテロング』好きとしては今回食べるのがとても楽しみ!!!
ちなみに、近くのコンビニ(サンクス)で購入しました。
定価は一個147円(税込み)。
表面のパッケージタイトルには“Z”の文字が大きく表示されていて、更に、横に小さくポテロングZは、コラボすることでパワーアップしたポテロングの新しいシリーズです」と表記されている。
また、ケンタロウ氏の写真と彼オリジナルの「豚のしょうが焼き」の美味しそうな完成品の写真に加えて、彼が運営する携帯の有料サイト『ケンタロウ ハウス』の宣伝までちゃっかりとプリントされてる(笑)
封を開けると、豚のしょうが焼きの香りが漂ってきた。
あの、香ばしいしょうが醤油の匂い。しかも、味噌が入っているので、一層と食欲がそそる匂いだ...ああ、御飯が食べたくなる(笑)
さてさて、、、早速食べてみると、味噌にしょうがを合わせた“肉味噌”のような風味。
肉エキスと味噌の風味が強いため、しょう油の味はあまりしない。
へぇ~、ケンタロウ氏の「豚のしょうが焼き」は味噌やゴマを加えるのか…ウチはシンプルなしょうが醤油仕立てだけど(笑)
そして更に、ポテロング本来のザクザクザックリとしたとても歯ごたえの良い食感と、とうもろこし&米粉&ジャガイモをミックスしてスティック状にカラッと揚げた独特の香ばしい風味は相変らず...なんまら美味いっっ!!!!
これだけ、色々な素材の風味が混ざり合っているのに、ホント油っこくないし、調和が取れていて後味がサッパリとしているのがポテロングシリーズの素晴らしさ。
この豚のしょうが焼き味もなかなか味わい深いお菓子です!!!!
ホント、食べると止まらなくなるなぁ~。。。一応≪期間限定≫なので、売っているうちにまた買って来よう。。。(笑)
これにより、ポテロングZシリーズは本当に≪期間限定≫なのかどうかよく分からなくなってきた。まぁ、何にせよ今でも手に入るのは歓迎ですけど(笑)
とにかく、ポテロングが好きな方はもちろんのこと、ポテトスティック系スナック菓子好きな方や、ケンタロウ氏が好きな方も(笑)是非買ってみて下さいませ☆☆☆
それにしても、このシリーズのコラボ企画、ホント興味深いねぇ...次は何とコラボするのかな?とても楽しみ♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

森永製菓㈱ 『ポテロング ハバネロ味』

7月から新登場した大好評の【森永製菓㈱】ポテロングシリーズは『ポテロング ハバネロ味』
辛いもの大好きな方には神のような存在の暴君ハバネロちゃんですよ!
『ハバネロ』は、唐辛子の中で一番辛い品種として有名になると、各社こぞってハバネロ系の商品を次々と開発し、現在は世間一般で広く認知されている大人気の唐辛子。“激辛”と謳っている商品には必ず入ってますよね。
だが、実際は『ハバネロ』よりもっと辛い『ブート・ジョロキア』という世界一辛い品種があるらしい(ギネスブックで認定済み)。
・・・・そんなことはともかく、定番スナック菓子の『ポテロング』に大人気唐辛子『ハバネロ』のテイストで再現した『ポテロング ハバネロ味』は一体どれくらい辛いのでしょうか?とても気になりますね~♪♪
世間でハバネロのファンは着々と増殖中なので、販売直後から売り上げがかなり期待できそうなスナック菓子だ。
一個147円(税込み)。
全国どこのコンビニやスーパー等で販売されている。
ポーク(豚肉)系のエキスとオニオン(たまねぎ)とガーリック(にんにく)の風味が引き立つスパイシーなエスニック系スナック。見た目からして辛そう(笑)
いわゆる湖池屋】の『カラムーチョにも似た、世間一般の激辛スナックにありがちな味といえよう。あるいは、コンソメを辛くした味ともいえる。
前回紹介した『ポテロング 海老チリ味をより辛くスパイシーにしたような味である。でもこの手のお菓子の味は結構好きなんだよね~♪
そして、ポテロング独特のコーン&ポテトを素材にカラッと仕上げた味わい深い風味と香ばしさ、、、油っこくないので全然飽きが来ないし、何より他社には真似できない抜群の歯ごたえは素晴らしすぎる!!!なまら美味いっっ!!!!
あれれ?!肝心のハバネロは??!
最初食べてみたら全然辛くない・・・と思ったら、来ました!来ました!ハバネロちゃんが!!
食べ進めるうちに、ジワジワッと突き刺さるような辛さが後からやって来ました!!!
おおおお、結構辛いね(笑)
でも、世界で一番辛い唐辛子・ハバネロの割には思ったほど辛くはないかな?!
私は甘党だけど辛いのも好きなので、これくらいの辛さは割りと平気・・・ていうか、甘いの辛いの酸っぱいの薄味濃い味、何でもOKのオールマイティーなタイプなんでね(笑)
とにかく、一度食べだしたらヤミツキになるスパイシーなテイストと辛さだね。ウマーーー!!
この『ポテロング ハバネロ味』はてっきり様々なコラボにより誕生した「ポテロングZ」シリーズの期間限定品かと思ったら、過去に何度も再販しているらしく、更に一度姿を消した『ポテロング 海老チリ味『ポテロングZ カレー味』が最近になって再び登場していることもあってか、この『ハバネロ味』も今後も幾度も再販されるだろう、、、と思っていたら、9月頃から近くのサンクスで再び販売されていた!!やはりそうだったか!(笑)
これはポテロングZ」シリーズではなく通常(通年販売)のシリーズのようだ。実際、このパッケージにも“Z”の文字はどこにもないからである。
でもそれじゃあ、≪期間限定≫であるはずの『ポテロングZ カレー味』が未だに売っているのは何でだ???何だかよく分からないなぁ~(笑)
ちなみに、9月9日から『ポテロングZ 豚のしょうが焼き味』が新発売された。
いずれこの『豚のしょうが焼き味』も紹介する予定!・・・どんな味かな?!なまら食べたい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森永製菓㈱ 『ポテロング 海老チリ味』

6月10日から新登場した【森永製菓㈱】のポテトスティック系スナック菓子『ポテロング 海老チリ味』を紹介。
1978年発売以来、〝カップスナックのパイオニア〟として約30年もの間、確固たる人気を博してきた定番商品の『ポテロング』
その『ポテロング』に、先月無事終了した北京オリンピック開催を期に、中華料理繋がりで今回この『海老チリ味』が新登場したそうだ。
動機が単純だけど(笑)、美味しければ良し!
一個147円(税込み)。
本物の海老チリも好きなので、食べる前からとても興味がそそりますね~♪♪♪
開封したら、エスニック系の匂いが漂ってきた。
見た目は通常の『ポテロング』にうっすらとパウダーが掛かっている程度の外観。
早速食べてみたら、トムヤムクンのような酸っぱい系の海鮮料理の香りがした。これだけで食欲がそそる!
じっくり味わってみると・・・確かに言われてみればエビチリっぽい味がするが、これはスパイスが効いている辛さが自慢のエスニック系スナックによくありがちな味である。一見、辛そうに見えてあまり辛くはないが、海老など魚介系のエキスや玉ねぎ、豆板醤や香辛料の風味・辛さが適度に効いていて、トマトケチャップ系のほのかな酸味もある。世に言う〝エスニック系スナック〟ながら後味がいいので、非常に食べやすいのがウリ。
何より、抜群の歯ごたえと油っこくなく、ちょうどいい味付け加減、香ばしさ・コクがツボ!・・・なんまら美味いっっ!!!
ポテトにとうもろこしと米粉、小麦粉をミックスした同社の『ポテロング』オリジナルのポテトスティックのサクサクザックリとした独特の歯ごたえと風味は他社が真似できない芸当だ!!
一度食べたら止まらないの何の!!!流石『ポテロング』だ!!!!
旨み成分が凝縮されている感じで美味すぎる!!!!!これは病み付きになりますよ!!
『ポテロング』シリーズは期待を裏切らないので、このエビチリ味も買って損はない!!!
その後『ポテロング 海老チリ味』は7月ごろには一旦『ポテロング』HP及び店頭から姿を消し、新たに『ポテロング ハバネロ味』が登場したので、もう販売終了かな???・・・と思ったら、森永製菓の『ポテロング』HPを見たら、8月から再び登場していることが判明。早速、近所のスーパーに行ったら『ポテロング 海老チリ味』が売っていたので再び購入!
更に調べを進めてみたら、7月から新登場した『ポテロング ハバネロ味』は過去に何度も販売されていた事実があり、今回紹介した『ポテロング 海老チリ味』は、昨年末に様々なコラボ企画で誕生した「ポテロングZ」シリーズのものではなく、通常(好評に付きリピート販売)のシリーズであるようだ。実際、このパッケージにも“Z”の文字はどこにもないからである。
ま、とにかくね、現在でも手に入るのは嬉しい限りですよ☆
また買って来よう~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森永製菓㈱ 『〝CoCo壱番屋 監修〟ポテロングZ カレー味』

今回紹介するのは、【森永製菓㈱】が製造・販売するポテトスティック系スナックポテロングに有名人及び食品メーカー等とのコラボ企画により様々な素材の味を再現したポテロングZ」シリーズの第二弾『〝CoCo壱番屋 監修〟ポテロングZ カレー味』です。
これは日本最大のカレー専門店チェーン【CoCo壱番屋】が監修して誕生したもの。
今年3月18日から新登場した≪期間限定発売≫のお菓子・・・だったはずだが、のちに違うことが判明。
8月頃から再び店頭で見かけるようになり、9月末現在でも近所のコンビニでフツーに売ってます(笑)
一個147円(税込み)。
とにかく【CoCo壱番屋】ファンは垂涎のスナック菓子といえよう。
“ココイチ”は近所にもあるけど、一度も食べたことがないんだよね…だから本物と比べることは出来ないけど、そんなのいいってば。
とにかく美味しければいいの!(笑)
ちなみに、表面のパッケージには“Z”の文字が大きく表現されたポテロングZのサブ商品名と“ココイチ”の美味しそうなカレーの写真が大きくプリントされている。
更に、横に小さくポテロングZは、コラボすることでパワーアップしたポテロングの新しいシリーズです」と表記されている。
封を開けると、カレーのいい香りが漂ってきた。
これが非常に食欲をそそるのよ。ごはんちょうだい!(笑)
CoCo壱番屋 監修〟というタイトルに惹かれて即買いしたのだが、早速食べてみると、当初感じたのは明治カール カレー味』ととてもよく似たテイストだった。あるいは、カレー系スナックによくありがちな味付けともいえるし。。。(苦笑)
それに、格段カレーのスパイスが効いているわけではないのでそれほど驚くべき味ではないが、それでもカレー系スナックの中で群を抜く美味しさだ!!!
なにより、サクサク、ザックリとした独特の歯ごたえが抜群だし、何よりポテトスティックなのに油っこくないのが良いね。それでいて香ばしいポテトの風味も程よく生きている!!
けど、この食感はポテトのものとは違う気がする・・・・それもそのはず!
前回『ポテロング』の頁でも触れたが、原材料表示の通り、乾燥じゃがいもに加えて、小麦粉や米粉、とうもろこしをミックスしてステッィク状に焼き上げているからだ。
先の明治カール カレー味』と比べてみても、このお菓子は塩分も割りと控えめだし、適度なカレーのスパイシーな風味が食欲を増進させるし、何よりあっさり系で飽きが来ない…これは美味いっっっ!!!!
個人的にカルビーなどの他社のポテトスティック系スナック菓子より好きな味だね。
それに、カールみたいに、食べかすがむやみに歯の裏にくっ付かないし(笑)
私は油っこい(クドい)菓子は直ぐに飽きてしまう性質なので、このお菓子はかなりツボです!!!!
・・・・気付いたら、あっという間に完食!
この手のお菓子は滅多にリピートしないのだが、この『ポテロングZ カレー味』既に5回は食べてます(笑)
ちなみに、、、既に『ポテロング 海老チリ味』が発売されております。この『海老チリ味』もこのあと紹介しますよ☆
※追記・・・・・・冒頭の通り、6月ごろから一時は姿を消したものの、8月頃から再びコンビニで見かけるようになった。9月末現在でも平然と売られている。ポテロングZシリーズは基本的に≪期間限定商品≫だったはず?!...大好評につき、販売を再開したのかな???
どちらにせよ、『ポテロング』ファンとしては非常に嬉しい限り!
早速、『ポテロングZ カレー味』を見つけるや否や、久しぶりに買っちゃいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

森永製菓㈱ 『ポテロング』

今回紹介するのは【森永製菓㈱】『ポテロング』です。
私が大好きなカップ入りのポテトスティック系スナック菓子。
『ポテロング』は1978年に発売されてから約30年たった現在でも多くのファンを持つロングセラーな定番スナック菓子。私が物心ついた時から販売されているので、昔からよく知っておりますよ。
同社HPでも〝カップスナックのパイオニア〟を自認するほどである。
セールスポイントは〝クセになる食感〟で、独特のザクザクとした食感が特徴。
これだけロングセラーを続けているポテトスティック系スナック菓子はこの『ポテロング』をおいて他はない。
その間、ベースとなる味や食感、パッケージは何度かリニューアルされた模様。かつては〝ノンフライ〟と表記されていた。では現在は違うのか???
一個147円(税込み)。
ちなみに、2002年に大豆をベースにした『マメロング』や米粉をベースにした『コメロング』が、2003年には従来の『ポテロング』の太さを2.5倍にした『ボテロング』という姉妹品も発売されたが、いずれも世間で『ポテロング』ほどの評価を受けることもなく、その後数年で販売停止となっている。
それでもめげずに【森永製菓】は新たな試みに着手。それは、最近になって大人気商品となっているじゃがりこジャガビー北海道限定『じゃがポックル』など、同業他社(特にカルビー)のカップ系ポテトスナック菓子orポテトスティック系スナック菓子との競争が一層と激しさを増しているからである。
そしてついに、この『ポテロング』に有名人や企業等が監修し、様々な素材をコラボレーションして誕生したポテロングZシリーズが2007年12月11日に新登場することに。
その第一弾として、Kinki Kidsの堂本光一くんが監修した、和のテイストである『わさび』のフレーバーを『ポテロング』に再現したポテロングZ わさび味が新登場。しかし、このわさび味は既に販売終了...一度も食べたことなかったんだよ。ああ、食べたかったなぁ~。。。
その後、3月18日に同シリーズ第二弾『〝CoCo壱番屋 監修〟ポテロングZ カレー味』、9月9日に同シリーズ第三弾『〝ケンタロウ 監修〟ポテロングZ 豚のしょうが焼き味』が発売された。
その他、『ポテロング ハバネロ味』『ポテロング 海老チリ味』等のバージョンも発売されている。
まず、サクサクザックリとしたポテロング独特の歯ごたえが素晴らしい!!
『ポテロング』という名称だが、フツーのポテトスティック系スナック菓子と比べて明らかに食感と風味が違うのは、これは乾燥じゃがいも加え、米粉や小麦粉、とうもろこし、コーンフレークをミックスしてスティック状に仕上げているから。
確かに、食べてみるとポテト風味に加え、とうもろこし風味がする。この独特の香ばしさが食欲をそそるわけだよ。
ホント、見事としか言いようがない組み合わせだ!!!
何より素晴らしいのは、程よい塩加減と、スティック系ポテトスナックなのに油っこくなく、カラッと揚げた仕上がり具合で、割とあっさりとしたテイスト・・・・極力油を取り除こうとする工夫が垣間見られる...基本的に塩味のシンプルな味だが、これがまたなまら美味いのなんの!!!!!!
歯ごたえ良し!味も良し!塩加減も良し!
これは病み付きになりますよ!!!!!一度食べだしたら止まらない!!!
さすが、20年以上も販売されているお菓子だ!!!!
ホント、美味すぎる!!!!!!!
これは他社には真似できないだろう。【森永製菓】に拍手!!!!!
ポテトスティック系スナック菓子は数多く販売されているが、大半のものは油っこくて塩辛いものが多いので、私は食べると大抵は途中で飽きてしまう。
なので、基本、私的にはこの系統のスナック菓子はスルーなのだが、大人気北海道土産のカルビー『じゃがポックル』とこの『ポテロング』だけは私の味覚にドンピシャで、いつ何時、一口食べだしたら止まらないほどすっかりハマってしまい、たくさん食べても飽きないので、個人的に最強だと思います☆☆☆
最近ふと、『ポテロング』が食べたくなる時が結構あり、お陰でこの『ポテロング』及びポテロングZシリーズが一番リピート率が高くなってます(笑)
三時のおやつだけでなく夜食代わりに、また、お酒のおつまみにも最適なので、皆さんも是非!!←森永製菓のまわしもの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

メグミルク(日本ミルクコミュニティ㈱札幌工場) 『マンゴーカツゲン ≪北海道限定品&秋季限定品≫』

さてさて、今回の“復帰第一弾”はこれまで紹介できなかった期間限定モノのネタを早急にアップしましょうか。
今回紹介するのは、8月初めから新たに登場した『マンゴーカツゲン』です!!!
当ブログでは発売されるごとに紹介している≪期間限定&北海道限定〝フルーツ系カツゲン〟シリーズで、トロピカルなマンゴーの風味がするでカツゲンで御座います。
カツゲン(ソフトカツゲン)北海道限定の乳酸菌飲料。独特の甘酸っぱさが特徴。
北海道で30年以上愛されているまさに“道産子のDNA”であり、そのカツゲンの味がベースとなって、期間限定(約2ヶ月間限定で発売)で様々なフルーツの風味を加えた〝フルーツ系カツゲン(変り種カツゲン)〟がこれまで発売されております。
前々回発売(4月初め頃)の『さくらんぼカツゲン』、前回発売(6月初め頃)の『メロンカツゲン』を当ブログでも紹介しましたね☆
いずれも、メグミルク(日本ミルクコミュニティ㈱)札幌工場】(札幌市東区苗穂町6丁目1−1)にて限定生産された北海道限定発売の商品。
500mlパックで定価は110円(税込み)。たまに、特売で95円前後で手に入る。
主に道内のコンビニやスーパーで販売しております。
この『マンゴーカツゲン』は近くのコンビニ(セイコーマート)で購入したもの。
やっぱ、道産子はオレンジの看板が目印の【セイコーマート】だよね(笑)
ヤクルトやピルクルやマミーでもお馴染みの乳酸菌飲料独特の色。
乳製品の白色に茶色系のカラメル色素を混ぜるとこのような色になる。封を開けるとマンゴーのいい香りが!
早速、コップに注いで一口飲んでみると・・・『さくらんぼカツゲン』以来のトロピカルフルーツのような味に仕上がっているので、カツゲン独特の風味が見事に調和されて、全く違和感を感じない。カツゲン独特のパイナップル系風味とマンゴー風味が見事にマッチしている...これは素晴らしい!
程よい甘さでマイルド仕立てで、口の中にマンゴーの甘酸っぱい爽やかな風味が広がる・・・・これは、近年紹介したフルーツ系カツゲンの中では一二を争うほどの美味さだ!!!!なんまら美味いっっっ!!!!!
飲むと気分スッキリ爽快!!ウマウマ~~~♪♪♪
乳酸菌飲料好き、カツゲン好きの人ならかなりハマる味だと思いますよ!!!
初めてカツゲンを飲む人にもオススメ!!
北海道土産としても最適だよ(笑)
とにかく美味すぎる!!!!!!
この時期にしては25℃前後の残暑がまだ続いているので、南国系ドリンクは季節柄ピッタリ!!
発売されてから、既に5回は飲みました(笑)
そろそろこの『マンゴーカツゲン』は販売を終了し、入れ替わるように来月初めから新たなバージョンの〝フルーツ系カツゲン〟が登場しそう・・・それまであと数回は購入したいと思います☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年9月20日 (土)

方々ってどこにあるかな(BlogPet)

ぽてとは方々がほしいな。
方々ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

北海道洞爺湖サミットで人気のアイテムとは・・・(BlogPet)

とうきびの「北海道洞爺湖サミットで人気のアイテムとは・・・」のまねしてかいてみるね

今回サミット】で洞爺湖畔の大人気商品と刻まれ、購入可能だか修学旅行生に8月までは購入者(笑)の政府関係者(笑)、メディアセンター】で警察関係者や】の店頭発売のみとして過大な土産物でこの結果に注目さいも本舗】は何故だ洞爺湖町洞爺湖温泉の青空市場『マッカリーナ』・)の人気に合わせている留寿都村を添える「洞爺湖」の名が一日に合わせている♪
元来、ベタな土産物で潤った腐女子の的となり、宿泊施設として何処もあり、各国のお陰では何故だが、“(閉幕後)の的にあり、今回の意味ではガッカリ!
サミット特需で潤ったフランス料理に“洞爺湖土産店【国際メディアセンター】(閉幕後)なんご』マニアの方もほぼ満室状態だったところ、地元食材を当て込んだんご』のまるし』マニア(テレビ東京系)、宿泊施設として何処も紹介した際、今回、コスプレイヤー等の「星」)”“洞爺湖に一躍注目され、戦前火山活動により観光協会は【わかさいも本舗】であるが北海道産の【国際メディアセンター】開催に人気のマニア(腐女子のアニメ・コミックヲタ、G8首脳の【北海道が、購入可能だから洞爺湖温泉77)、購入可能だんご』・・)たちがひっきりなしに給油していたと感激のまるし』あたりか修学旅行生に知られ、今回の名が嬉しそうに当で全国のアニメ・コミックヲタ、【国際メディアセンター】(北海道が盛り上がっている?
今や洞爺湖温泉街は『北の日本の恩恵に一躍注目さいも』あたりか、あっという間に売り切れた。
店内で洞爺リゾート&』あたりか、戦前火山活動により観光地に握手を添える「北海道」「洞爺湖」の意味でのサミット報道の店頭発売のみとなった腐女子のイメージといえば、最もメディアに握手を当て込んだからね(笑)の店頭発売した「サムライ、忍者、刀(日本刀)、ハラキリ」だ洞爺湖”“洞爺湖”な言葉を無料であり、コスプレイヤー等の彫り師のHPで全国からね(洞爺湖土産店【越後屋】の名前や警備関係者の恩恵に舌鼓をもたらした警察関係者や好きな被害を当て込んだか、【わかされ、各国の恩恵に敬遠さいも』あたりか修学旅行生に名前や彼女達があり(閉幕後)な言葉を丸くし、購入者にあり(洞爺湖観光地に8首脳の店頭発売のみとなり、宿泊施設として何処もあり、それぞれG8月までは「洞爺湖」の「ロングラン花火大会」、最もメディアに一躍注目さに敬遠されて、各国の拠点と刻まれて、洞爺湖温泉街は【国際メディアセンター】でもほぼ満室状態だったと感激の“(閉幕後)銀ちゃん”といったら「銀魂仕様の(洞爺湖と彫られた)木刀」が、戦前火山活動により畑が本当の彫り師の方に連載中の土産は再三ニュースでメディアセンター】が売れる大人気コミック&』や好きな海外のお陰で彫って過大な警備で警察車両が彫られたホテル『温泉まんじゅう』、ほぼ満室状態だった。

昔から洞爺湖温泉街は厳しい厳戒態勢により畑が真狩村を添える「洞爺湖サミット仕様の木刀」を見つけ、あまり泣き出したフランス料理に握手を打ったらしい!!

店内で取り上げられた期間中、各国の彩りを訪れたらしい♪
サミット警備関係者(「銀魂仕様の(洞爺湖と彫られた)木刀」がひっきりなしに給油してか、地元食材を当て込んだから洞爺湖温泉の食材を無料であり(万事屋)『北の主人公、地元食材を物色し、ほぼ満室状態だったガソリンスタンド、G8月まではガッカリ♪
アメリカの業者のみといえば、あっという間に売り切れた!!
今や洞爺湖温泉街は「洞爺湖」の青空市場『マッカリーナ』、購入したガソリンスタンド、メディアに発売のみ!!
我が北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉の意味で取り上げられた大型高級ホテル『ザ・ウィンザーホテル洞爺湖畔の彫り師の業者のみという!
他に「木刀」をもたらした大型高級ホテル『北の意味で警察関係者に噴火したと刻まれ、戦前火山活動により畑が腰に目を添える「洞爺湖」の彩りを丸くしたフランス料理に一躍注目さに当で全国から洞爺湖温泉街は、それぞれG8月までは購入した有珠山、最もメディアに預かるの土産店【越後屋】開催に合わせて出来た際、コスプレイヤー等の名が売れる大人気コミック&』、【越後屋】の方もほぼ満室状態だった昭和新山に噴火して過大な被害を訪れた期間限定の方に舌鼓を国別に注目のアイテムではガッカリ♪
今や洞爺湖温泉77)たちが一日に合わせて、“銀魂』・・・)”かもしれない。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 6日 (土)

洞爺湖畔宣言したいなぁ(BlogPet)

きょうぽてとは、洞爺湖畔宣言したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »