« メグミルク(日本ミルクコミュニティ㈱札幌工場) 『ソフトカツゲン ≪北海道限定品&期間限定〝北海道洞爺湖サミット〟パッケージ版≫』 | トップページ | 祝☆北海道洞爺湖サミット開幕!!! »

2008年7月 6日 (日)

セブン−イレブン 『北海道洞爺湖サミット弁当〔十勝若牛の牛めし〕 ≪北海道地区限定品&期間限定品≫』

いよいよ明日7月7日から世界中が注目する第34回G8首脳会議北海道洞爺湖サミット】が開幕します!!!!
世界各国を代表するリーダーたち(ないし世界のマスメディア関係者等)を受け入れる態勢を整える為、サミット会場『ザ・ウィンザーホテル洞爺』がありG8首脳たちの宿泊施設も兼ねる北海道洞爺湖町洞爺湖周辺や世界のマスメディア関係者が作業し各国に向けてサミットの模様を発信したり、議長・首脳の記者会見場がある【国際メディアセンターが立地する留寿都村ルスツリゾート周辺、10の招待国の首脳の宿泊施設があり道内の交通アクセスの要所でもある全国第5番目(約187万人)の人口を誇る道都・札幌市の中心部付近(特にJR札幌駅周辺と大通公園周辺)や東区の札幌丘珠空港周辺、北の空の玄関口・新千歳空港(千歳市)周辺、及びそれら3つの要所を結ぶ国道230号線(国際メディアセンター⇔洞爺湖)道央自動車道札幌市内の幹線道路(洞爺湖新千歳空港札幌市中心部)を厳戒警備する必要があることから、北海道内に加え、全国46都府県から多くの警察関係者がサミット警備の応援部隊として集結
最大で北海道警察5000人、各46都府県から派遣された16000人の計21000人の警察関係者が道内の要所でそれぞれ与えられた任務を遂行している。
既に開催3ヶ月前の4月初めから道内入りし、毎日サミット会場付近・宿泊施設・空港等の要人警備訓練・テロ対策の訓練等、会場を結ぶ主要道路においての検問(職務質問)・交通整理・沿道に警察官を配置して要人車列を護衛する警備訓練(リハーサル)等に余念がない。今月からは札幌市内でも交通規制(検問や車両乗り入れ制限、通行止め等)が強化され、一層と警備が強化された。そのため、ここ数日は札幌市内の中心部では大渋滞が起こっている。そして、サミット会場付近の上空でも航空自衛隊のヘリや哨戒機が飛び回り、空からのテロ攻撃に対する警戒を一段と強めている。
ちなみに、現在の札幌市内の中心部では至る所に日本全国の警察官や警察車両を見かけることが出来る・・・ある意味貴重な体験。日本広しといえども、ここ北海道だけの“特権”かな。
私も神奈川県警、京都府警、沖縄県警、(東京の)警視庁のパトカーを街角で見ました。ここは一体何処なんだよ(笑)
一方で、あまりにも厳重な警備のために、洞爺湖付近には観光客が殆ど寄り付かなくなってしまったという皮肉な結果に陥っている。。。
そんな最中、昨日(5日)札幌市内で国内外の市民団体や非政府組織(NGO)による約3000年人の大規模なサミット反対デモが実施され、横断幕を掲げ、太鼓をたたき、「金持ちだけのG8サミット反対」などのシュプレヒコールを上げながら約1時間、札幌市内中心部を行進。
その際、一部の過激な参加者が警戒中の警官隊と衝突。更には、デモ参加者と街宣活動中の右翼団体との小競り合いもみられた。
その結果、公務執行妨害による逮捕者4人を出すことに・・・サミット開幕直前から何だか物騒だなぁ。。。
*
さてさて、今回の本題に入りますが、、、今日までその大変な任務に当たっている彼ら警察関係者たちの空腹を満たす為に、毎日日替わりのメニューで配布されているのが『北海道洞爺湖サミット弁当』。
それらは原材料の殆どを地元・北海道産にこだわり、地元で商品化し、地元で消費する『北海道洞爺湖サミット弁当』は、単に地元に還元する「地産地消」の効果があるだけでなく、産地や工場からの距離を短くすることにより二酸化炭素の排出量を抑える効果がある。まさに、1997年の【京都議定書】から端を発する地球温暖化対策を中心とした環境問題が主要テーマの【北海道洞爺湖サミット】に相応しい弁当といえよう。
但し、これらはあくまで警察関係者向けの弁当であり、基本的に一般に出回らないので、我々一般人は食することが出来ないが、その美味しさと素材の良さから、いずれのサミット弁当も彼らの間で評判が高いという。
その警察関係者向けのサミット弁当の製造及び配送を担当しているのが、【北海道洞爺湖サミット】を全面的に協賛しているセブン−イレブンローソンを代表とする2つのコンソーシアム(企業連合体・資本グループ)。
そのローソンセブン−イレブンは共に、彼らの間で評価が高いサミット弁当と同様のものや北海道産の食材を生かした商品を次々と市販化し、一般の人に食べてもらうことにより、明日開幕の【北海道洞爺湖サミット】を盛り上げようとキャンペーン(サミットフェア)を展開中。
それで、今回紹介するのは、6月25日にセブン−イレブンで新発売された『北海道洞爺湖サミット弁当“第三弾” 十勝若牛の牛めし』。
しかもこれは、警察関係者の間で一番人気だったという極めつけのサミット弁当を市販化したものである。
発売前から地元メディアでも度々取り上げられているほど、注目度が高いコンビニ弁当である。
ご覧の通り、パッケージには【北海道洞爺湖サミット】の協賛を表明する『北海道洞爺湖サミット道民会議』のシンボルマークが貼ってある。
これも北海道庁と民間企業による「官民一体」で今回のサミットを成功と北海道の活性化に導こうとする積極的な姿勢の表れ。
ちなみに、この弁当は北海道限定品及び期間限定品(6月25日から7月9日まで)である。
この商品を製造する【㈱弁釜】(本社・第一工場所在地:札幌市厚別区厚別東5条1丁目3−20)は道内で販売するセブン−イレブン及びイトーヨーカドー向けの弁当やおにぎり・製麺・惣菜等の製造を請け負っているメーカーで、今回の(警察関係者向けの)サミット弁当も【セブン−イレブン・ジャパン】のコンソーシアム(資本グループ)の構成員として製造を担当している。
なので、この北海道洞爺湖サミット弁当は彼らが食べたもの全く同じものである。
メインとなる〝牛肉のしぐれ煮(牛肉煮)〟は、十勝で生まれた生後数ヶ月未満の若い牛の肉を使用したもので、非常に軟らかいのが特徴。
その十勝若牛を薄くスライスし、北海道産赤ワイン入りのしょう油だれに漬け込んでから旨みが逃げない程度に煮込んでいる。
ベースとなる御飯は北海道産の人気ブランド米「ななつぼし」。
程よく弾力があり、ふっくらつやつやに炊き上がるだけでなく、冷めても美味しいのが特徴。おにぎりや弁当にとても良く合う品種の米といえよう。
最近ウチも「ななつぼし」を毎日食べているので、とても慣れ親しんでいるお米です☆
その「ななつぼし」をしょう油ベースのタレと一緒に炊き込んだ〝味付御飯〟になっているのが、このサミット弁当の特徴の一つ。
とにかくワイン風味の甘辛ダレが絶妙!牛肉のコク・旨みが生きている。
軟らかくてとってもジューシー。上質な牛肉って、脂が甘いんだよね。
十勝の牛肉の美味さを十二分に堪能できる弁当だ!!!
そして、炊き込み御飯のお米はもちもちとして、ふっくらつやつや。冷めても美味しい!電子レンジで温めたら更にお米の美味さを実感!!
流石「ななつぼし」だ!!!!
程よく醤油味がイイ感じで、〝牛肉煮〟との相性は抜群!!御飯だけでも美味しいのに、一緒に食べると美味さ倍増!!!
これは激しく美味いっっっ!!!!!
更に、付け合せの香ばしい〝ごぼう煮〟と〝昆布煮〟と一緒に食べると、口の中でそれぞれ味の変化を楽しめて、私のような偏屈者でも全く飽きることがない。
ごぼうの独特の風味がまた牛肉ととても合うんだよね~♪
気付いたら、一気に完食してしまった・・・・さすがサミット弁当No.1の評価に違わぬ美味しさだ!!!!!
コンビニ系の弁当でコレだけ美味しいと思ったのは久しぶり。
私は普通の牛丼より、この炊き込みご飯&牛肉のしぐれ煮の方が好きですね~♪♪
世界的に有名な日本のファーストフードでもある牛丼は確かに美味しいけど、沢山食べると途中で飽きてしまうんだよね・・・って個人的な意見はさて置き、今回この貴重な弁当を食べられて、自分もサミットに参加しているような感覚?!(意味不明)
しかし、一個680円(税込み)と割高なので、まだ2個しか食べていないが、明日か明後日にもまた買ってきて食べてみようかな…?
*
さて、明日から3日間、北海道洞爺湖町『ザ・ウィンザーホテル洞爺』にて開催される【北海道洞爺湖サミットですが、今から非常に楽しみですね~♪♪♪
一道民として無事にサミットの成功を心から祈る次第。
そして、世界に向けて北海道の魅力が少しでも伝われば幸いです☆
かれこれ洞爺湖は10年以上行っていないので、今回のサミット開催を期に無性に行ってみたくなりましたね。
あの雄大で美しい景色は何度行っても飽きない。
しかし、残念ながら2日以上の休みがなかなか取れない・・・。。。

交通規制中の札幌市中心部(中央区)付近

|

« メグミルク(日本ミルクコミュニティ㈱札幌工場) 『ソフトカツゲン ≪北海道限定品&期間限定〝北海道洞爺湖サミット〟パッケージ版≫』 | トップページ | 祝☆北海道洞爺湖サミット開幕!!! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

うーむ、サミットねえ。
環境問題考えるんだったら、冷房完備のホテルではなくて、新十津川駅前に結構広い土地があるので、そこに特設テントを作ってやったり、夕張石炭歴史村の野外でやって「グローバル化の弊害」をさらけ出した方がリアルに地球温暖化等を議論できるので、良いかと思います。
実際、関係ない京阪電車でもゴミ箱が使えなくなってますからね。

十勝牛はかつて食べた事がありますが、ワイン系統には比較的あうように思います。
でも牛肉といったら、黒田有彩さんがらみの神戸牛になるんですよね。

神戸牛はステーキなどが最高に美味しい、松阪牛はローストビーフ等が美味しそうですね。

なかなか彼女のスケジュールが決まらないので、東上する機会が無いのですが、遅くとも11月初めには東京に行く機会がありますので、今はそいつに期待です。
まあ、今から15年前の「本郷の悲劇(高田万由子さんに会うためだけに東京に行ったのに、一番肝心の高田万由子さんに会う事が出来なかった。)」の二の舞「茗荷谷の悲劇」が起こらない様に、あらゆる神様、仏様にお祈りしています。


投稿: たぬっち(ラグオン) | 2008年7月 6日 (日) 21時44分

どうもです、たぬっちさん!!!
早速コメントを頂き、どうもありがとう御座います!!!!

「グローバル化の弊害」の最もな例として、富める国と貧しい国の二極化はもちろんのこと、世界と戦えない国内産業の衰退についてでしょうね。それによって、国内の企業ではなるべく無駄なコストを抑えようとするから、社会保障が軽んじられて、賃金低下や失業者の増大、非正規雇用者の増大(ワーキングプア)に繋がるなど、国内外で様々な「格差」が生じる。
そして、最近の「サブプライムローン問題」に代表されるように、アメリカが大不況に陥ると、全世界で経済的に影響を受ける「金融ショック」を生じやすいことでしょうか。
今回、サミットに反対をしている人々は、「反グローバル化」を訴えていますね。

地球温暖化の対策についても、結局は自国の利益だけを優先して、形だけの合意にとどまるかもしれません…今、一番心配しているのはそれです。

いやいや、神戸牛と比べられたら、それこそお手上げですよ。コンビニ弁当やロケ弁の枠を超えてます(笑)
それに、もし「神戸牛の牛めし」を作ったら最低でも1500円で売らないとペイできないかもしれないし。。。

“彼女”についてはどうなんでしょう・・・現在の事務所の性格からして、まず撮影会はありえない。新たなDVD発売イベントも可能性は薄そう・・・。
もし可能性があるとすれば「舞台出演」か「歌手デビュー」、キャンギャルとして「イベント出演」しかないと思います。

何はともあれ、今後ともヨロシクです☆

投稿: とうきび | 2008年7月 7日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/41753805

この記事へのトラックバック一覧です: セブン−イレブン 『北海道洞爺湖サミット弁当〔十勝若牛の牛めし〕 ≪北海道地区限定品&期間限定品≫』:

» アフリエイトの時代だよ☆ [完全自動アフィリエイトで月収10万円アップ!]
セブン-イレブン 『北海道洞爺湖サミット弁当〔十勝若牛の ... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 19時09分

« メグミルク(日本ミルクコミュニティ㈱札幌工場) 『ソフトカツゲン ≪北海道限定品&期間限定〝北海道洞爺湖サミット〟パッケージ版≫』 | トップページ | 祝☆北海道洞爺湖サミット開幕!!! »