« ★☆北海道洞爺湖サミット2日目☆★ | トップページ | ◆◇北海道洞爺湖サミット閉幕◇◆(BlogPet) »

2008年7月10日 (木)

◆◇北海道洞爺湖サミット閉幕◇◆

◎一日報告が遅れてしまったが、、、日本では8年ぶり、北海道では初めて行なわれた、北海道・洞爺湖町の『ザ・ウィンザーホテル洞爺をメイン会場とする第34回主要国首脳会議北海道洞爺湖サミットは、最終日となる昨日(7月9日)の午後、3日間に及ぶ全日程が終了、議長を務めた福田康夫総理大臣の「議長総括」の発表をもって閉幕した。

*

北海道洞爺湖サミット】の最終日は、主要8カ国(G8)(日本(議長国)・アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・ドイツ・イタリア・カナダ・欧州連合(EU))に、新興8カ国(中国・インド・ブラジル・メキシコ・南アフリカ共和国・インドネシア・韓国・オーストラリア)を加えた16カ国による『主要経済国会合(MEM)』の首脳会合を行なわれ、地球温暖化対策を中心に討議した。

前日にサミット会場ザ・ウィンザーホテル洞爺』で行なわれたG8首脳会談で合意した「G8首脳宣言」に盛り込んだ「2050年までに温室効果ガスの排出量を半減させること世界全体で共有することを求める」とした長期目標に対して、同日札幌市内の『札幌グランドホテル』で行なわれた新興5カ国による首脳会合で合意した「政治宣言」の「先進国は2050年まで温室効果ガスを1995年比で80%~90%削減、2020年までに同25%~40%削減すべき」という内容を見ても分かるように、両者の対立は会合が始まる前から表面化していた。

早速、両者が顔を合わせたこの日の『MEM』でも、G8側が前日に合意した「2050年までに温室効果ガス半減を世界全体で共有する」とする長期目標への同意を求める姿勢に対し、「これまでに蓄積されてきた温室効果ガスの発生源は、19世紀から先に工業化し、経済発展を遂げて大量排出してきた先進国だ。まず先進国が率先して大幅な削減目標を強化すべき」などと歴史的な責任論を振りかざして新興国側が反発。オーストラリア、韓国、インドネシアは賛同したが、南アフリカの「(長期目標は)無意味なスローガン」、中国やインドなどの「まず経済発展が先」「経済発展を阻害する数値目標は受け入れられない」とのスタンスもあり、結局、合意された「MEM首脳会合宣言」では具体的な数値目標には踏み込むことが出来ず、「長期目標の共有を支持する」「(長期目標を含めた)野心的な複数のシナリオを真剣に検討する」「国連条約の下で世界全体の長期目標を採択するのが望ましい」とのあいまいな表現にとどまった

一方、2020年~2030年までの中期目標については、「先進国が温室効果ガスの国別総量目標を設定し、可能な限り速やかに排出増に歯止めをかける」、新興国・発展途上国も排出量を減らすこと(排出抑制)を目指して行動をとる」などと一応両者が歩み寄りの姿勢を示した。

ただし、先進国側も当初からアメリカが「中国とインドの参加が不可欠」などと難色を示しているので、今後行なわれる会合で、各国が妥協点を見出し、具体的な数値設定に取り組むことは簡単なことではない。

地球環境は年々悪化の一途を辿り、待ったなしの状況。しかも、『MEM』参加16カ国の温室効果ガスの排出量は世界全体で約8割を占めるので、各国の利害を超えて、早急に具体的な数値目標を盛り込んだ温暖化対策を世界全体で取り組むべき。「削減はまず先進国が先」などと“後先論”を論じている場合ではない。

昨年9月、アメリカ・ブッシュ大統領の提唱によりスタートした『主要経済国会合(MEM)』は、今回のサミットで役目を終える予定だったが、2012年に期限切れとなる京都議定書に替わる2013年以降の国際的な次期枠組みポスト京都議定書の作成のための議論を更に進展させるため継続され、来年イタリアで開催されるサミットでも『MEM首脳会合を行なうことで合意。まず今年8月にガーナで開催される【国連の作業部会第3回会合】の場で日本が提唱する産業・分野別の削減方法「セクター別アプローチ」を集中審議する予定で、「ポスト京都議定書」の枠組みが決定されるのは、来年12月に開催される国連の気候変動枠組み条約の締約国会議(COP15)】になるという。今後の国連交渉における進展状況が「ポスト京都議定書」枠組み決定のカギとなる。

サミット終了後、留寿都村ルスツリゾートにある『国際メディアセンター』で発表した福田首相の「議長総括」

(食料価格及び原油価格の高騰問題と世界的なインフレ圧力の強まりに関して)G8が協力して対策に取り組むことで合意したこと、(温暖化対策について)主要国が率先して温室効果ガスを削減に務める決意を合意文書に盛り込んだことにより、ポスト京都議定書の枠組みを決める国連交渉に弾みをつけることに貢献したこと、(食糧問題について)発展途上国の支援を大幅に拡大すること、北朝鮮に核問題と拉致問題の進展を要求する旨を合意文書に「明記」したこと、などの成果を強調した。

*

今回のサミットを改めて振り返ってみると、福田首相が議長国としてリーダーシップを発揮したかどうかは疑わしく、各国の利害が対立して、山積する国際的な諸問題のドラスティックな解決には至らなかった。特にメインテーマとなる環境問題、地球温暖化対策では事実上「先送り」となってしまい非常に残念。

あえて良い点を挙げれば、サミット開催中にこれといった大きな事件やテロが発生することなく無事に終了したことと、「北海道(ほっかいどう)」「洞爺湖(とうやこ)」の名が世界に知ってもらえたことかな・・・なので、色々不満があるけど、今回の北海道洞爺湖サミットは一応「成功」としましょう。めでたし、めでたし。。。

各国政府関係者の方々、47都道府県警察及び民間警備会社のサミット警備関係者の方々、各国マスメディア関係者の方々、洞爺湖町の方々、大変お疲れ様でした。

・・・・・尚、時間の都合で北海道洞爺湖サミットに関する小ネタは後日。

したっけ☆

|

« ★☆北海道洞爺湖サミット2日目☆★ | トップページ | ◆◇北海道洞爺湖サミット閉幕◇◆(BlogPet) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今回のサミット、開いた事そのものが「無駄」かも知れませんね。

食糧問題を議論しながら、最高級食材を使用した料理に舌鼓を打ち、温暖化対策と言いながら冷暖房完備の会議室でノンビリダラ話、貧困対策と言いながらふかふかのベッドで安眠、原油高騰を議論しながら専用車で会場入り、ですからね。

本気でやるなら、夕張石炭村跡地でJR夕張線の普通列車(新千歳空港から乗り換え2回で行けます)と路線バス、徒歩又は自転車以外での会場入りは認めず、敷地内のテント村で芋粥オンリー(一応おかずにクジラ料理をつけますが)の料理で缶詰会議をすれば良いかと思います。夕張メロンは当然有料で1個100万円+CO2排出量分割り増し位各国から徴収します。
勿論、宿泊は廃坑(天然の冷房有)でござをしいて寝る。ここまでやらないとね。

そうですね、もうすぐ夏休みでいよいよ黒田有彩さんの活動が再開されそうです。
休日さえ合致すれば弾丸ツアー辞さずで行きます!

投稿: たぬっち(ラグオン) | 2008年7月21日 (月) 22時01分

たぬっちさん、お返事がかなり遅れて申し訳ゴザイマセンm(_ _)m

毎度ご丁寧なコメントを頂き、誠にありがとう御座います!!!!


最近、黒田有彩さんの応援熱はさらに過熱状態みたいですネimpact

たぬっちさんにとって、彼女はまさに教祖様、女神様ですねshine

しまいには、彼女が巨人ファンだと分かると、長年虎ファンだったたぬっちさんも最近巨人ファンに転向されたとか…何という従順ぶり。。。coldsweats01

そうそう!
もうすぐ、一大イベントの「微音祭」ですねnote
11月8日と9日はどんな事があっても駆けつけるのでしょう
http://www.geocities.jp/kifc_2008/index.html

これからも、応援活動に期待してますよsign03
今後ともヨロシクです☆

投稿: とうきび | 2008年9月23日 (火) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/41799412

この記事へのトラックバック一覧です: ◆◇北海道洞爺湖サミット閉幕◇◆:

» サミット閉幕 [CR冬のソナタ2 プレミア 解析 攻略掲示板]
洞爺湖サミット閉幕 限界乗り超える契機に(7月10日)サミット閉幕 半減「目標」へ進むには北海道洞爺湖サミット:閉幕 露大統領、地味な国際デビュー 会談は精力的にそして!!夫人外交も植樹で幕・洞爺湖サミット閉幕 北海道洞爺湖サミット閉幕 洞爺湖サミット閉幕... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 01時11分

» 洞爺湖サミット 期間 [今日の話題のニュースはおまかせ!]
復讐の方法? ⇒ 呪殺.com【今日の話題のニュースはおまかせ!】にようこそ話題になっているニュースや情報はとりあえずおさえておきたいですね。このサイトでお得情報とともにチェックしていってください!まずは新着チェック! ⇒ ★新着トピックス一覧★それでは今回..... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 14時56分

« ★☆北海道洞爺湖サミット2日目☆★ | トップページ | ◆◇北海道洞爺湖サミット閉幕◇◆(BlogPet) »