« マッチする(BlogPet) | トップページ | 江別市*ベイクド・アルル 『純白ロール 梅(梅ロール) ≪平岡公園梅林限定≫』 »

2008年5月27日 (火)

江別市*ベイクド・アルル 『北の生シュー 梅 ≪平岡公園梅林限定≫』

さて、今回は江別市に本社工場をおく洋菓子メーカーベイクド・アルル(㈱ベイクド・アルル)(本社工場(江別本店)・江別市上江別464−9)が製造し、平岡公園の「梅林」の売店が開店中のみ販売(出品)している期間(季節)限定品『北の生シュー 梅』を紹介しましょう。
ベイクド・アルルは札幌市内の各百貨店のデパ地下に限らず、全国各地の百貨店で開催される北海道物産展や各ネットショッピングサイトで『純白ロール』『北の生シュー(北の純生シュー)』クリームブリュレ』『スーパーソフトクリーム』『エッグプリンなどのスイーツが大人気であり、発売を開始するや否や直ぐに売切れてしまうほどで、また、度々テレビの情報番組や女性ファッション誌やグルメ雑誌で取り上げられるなど、常に話題を呼んでいる洋菓子メーカーである。
数年前から平岡公園「梅林」の売店にて、当地限定の『北の生シュー 梅』『純白ロール 梅』を販売するようになった。
これは2個入りセットで350円(税込み)。
こちらは4個入りセットのもので630円(税込み)。
いずれのタイプも〝平岡公園梅林〟という表示(シール)がある。
【ベイクド・アルル】北の生シューは、店頭では冷凍された状態で販売されている冷凍食品なので、食べる時は予め冷蔵庫で“自然解凍”してから食べる。これは同社の純白ロールケーキも同じ。
解凍が不十分で、クリームが半分凍った状態。
梅をイメージして、ピンク色をした生クリームだ。
野菜色素の天然着色料を使用しているので安全安心。
完全解凍した状態。
中にあふれんばかりのピンク色をした梅風味の生クリームが入っている。ふんわりとろとろ~♪
【ベイクド・アルル】北の生シューの特徴は、その名の通り、カスタードクリームではなく生クリーム入りのとってもクリーミーなシュークリーム。
同社のスイーツは無添加の北海道産純正生クリームを100%使用している。
シュー皮も北海道小麦を使用している“地産地消”のスイーツである。
とても濃厚な生クリームなのに、クドくない優しい甘さのあっさりしたテイストに仕上がっているので口当たりがとても良く、何個でも頂ける。
しかも、この梅シュークリームは、梅果汁入りのフルーティーな甘酸っぱい生クリーム入りであり、それがまたたまらなく美味しい!!!
とても風味豊かだ!!
梅というより、イチゴに近いかもしれない。しかし、正真正銘、梅果汁入りなのだ。
更に、解凍品ながら、シュー皮が出来立てのようにふわふわで軟らかい...このシュークリームはなまら美味いっっっ!!!!
濃厚なのにクドくないこの生クリームはかなりツボにハマりました!!!!!
一年で「梅林」の開花期間のみ手に入るスイーツなので、当時私は大量購入しました(笑)
当日食べ切れなかった分は、冷凍して保存。
しかも、5月6日と8日の2回(2日)も購入しましたよ(笑)
生ものだけど、このスイーツは冷凍保存(4ヶ月間)できるのでとても嬉しい!
今回食べてみて、ネットショッピングサイトや全国各地の百貨店で開催される北海道物産展でこの北の生シューが大人気スイーツなのが改めて良く分かる逸品!!
尚、ネットや店頭で販売されている北の生シューはクッキー生地のタイプが主流で、中身のクリームは生クリーム&カスタード、生チョコ、夕張メロン、ラフランスなどの種類がある。
他に、抹茶クリームなど季節(期間)限定品もあり。
この『北の生シュー 梅』もまた期間限定品である。しかし、既に「梅林」の売店が閉店したため、販売は終了。
来年になったらまた買いますよ☆
住所:江別市上江別464−9
※JR高砂駅から徒歩3分
℡&FAX:011−382−3320
営業時間:10:00〜19:30

|

« マッチする(BlogPet) | トップページ | 江別市*ベイクド・アルル 『純白ロール 梅(梅ロール) ≪平岡公園梅林限定≫』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/41343397

この記事へのトラックバック一覧です: 江別市*ベイクド・アルル 『北の生シュー 梅 ≪平岡公園梅林限定≫』:

« マッチする(BlogPet) | トップページ | 江別市*ベイクド・アルル 『純白ロール 梅(梅ロール) ≪平岡公園梅林限定≫』 »