« 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑦ | トップページ | 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑨ »

2008年5月 2日 (金)

只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑧

【円山公園】の端(「宮の沢・北一条通り」沿い)に、『天皇陛下 皇后陛下 北海道開通 札幌市創建 百年行啓幸記念』という立派な石碑があった。
昭和43年(1868年)9月2日、北海道開通&札幌市創建100周年を迎えた当時昭和天皇陛下と皇后陛下が来道(行啓・行幸・行啓幸)し、この【円山公園】の一角に記念植樹をしたそうな。
その記念碑である。
この記念碑の両脇には、天皇陛下と皇后陛下が植樹した松の木が。
松の木って、40年程度じゃあまり大きくならないんだね。
自然は一度壊すとなかなか復元できない理由が改めて分かった気がする。
同じく、【円山公園】の端に『包丁塚(包丁道)』という石碑があった。
札幌市調理師団体連合会や札幌ロイヤルホテルのシェフら、道内の著名な料理人たちが創建したらしい。
料理人にとって包丁とは武士でいう刀のようなもので、必要不可欠な道具。
使えなくなった(使命を果たした)愛用の包丁の供養と共に、更なる食生活の向上を願って創建されたようだ。

|

« 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑦ | トップページ | 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑨ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/41071214

この記事へのトラックバック一覧です: 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑧:

« 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑦ | トップページ | 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑨ »