« 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑥ | トップページ | 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑧ »

2008年5月 2日 (金)

只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑦

北海道神宮の隣りにある円山公園に向かってみると...同神宮内の【桜並木】とは違った光景が・・・!!??
公園内の至る所でモクモクと煙が立ち込めている。それはジンギスカンの仕業である。
事前に陣取って(席取りして)確保した公園内の桜の下のスペース(敷かれたシート)内に集う花見客たちが各自、ガスボンベorポータブルガスコンロor七輪とジンギスカン鍋or鉄板or鉄網、ラム(羊肉)や野菜、タレなどジンギスカンの食材、そしてビールなどのお酒を持ち寄り、皆でジュージュー焼きながらワイワイやっているのである。
原則禁止の【北海道神宮】とは違い、円山公園】では火気使用が認められているためこのような光景に。
ここ円山公園】は隣接する【北海道神宮】と共に道内屈指の花見スポットだが、既に半数以上の桜(エゾヤマザクラ)が散って葉桜になってしまったために、咲いている桜の木があまり見られなかったが、そんなのは彼らにとっては大したことてはない。
ご覧の通り、ジンギスカンを肴に皆で楽しく花見の雰囲気が楽しめればそれでいいという感じである。
なので、桜以外の木の下でもジンギスカンをやっていることがこの画像からでもはっきりと分かる(笑)
まぁ、ここに限らず、道内にある桜の名所では皆がジンギスカンをしながらワイワイと花見を楽しんでいる風景はどこでも見られること。
北海道では「桜の花見にはジンギスカン」が通例、、、というか常識・食文化(風習)なんである。
北海道人というのは、花見に限らず、遠足、キャンプ、海水浴、誕生会や忘年会など、人が集まるところ(パーティー、イベント等)では必ずジンギスカンをやっているとよく言われるものである(笑)
道内の大学の新入生歓迎コンパもジンギスカンであり、特にパーティーでジンギスカンをすることを道産子の若者達の間では〝ジンパ〟(ジンギスカンパーティーの略)と呼んでいる。
北海道ではジンギスカンは親睦を深める(コミュニケーションを図る)重要な手段なのだ。
しかも、ジンギスカンはビールととても相性が良いので非常に盛り上がるんだよね。
それに、焼いて食べるだけだから、朝早く起きて弁当を作る手間も省けるので、主婦も楽が出来るし(笑)
当時、同公園内に入ったら桜の花見どころではなく、花見客の数がとても多く、ジンギスカンの煙の匂いが強くて桜の匂いは完全に消されてしまった上に、とにかく酔っ払いの歓声がうるさかったな...ここでも酔っ払い見物かよ。しかも煙たいし(苦笑)
我々はそそくさと円山公園から退散し、(隣接する)北海道神宮の敷地へ戻った。
改めて、花見は飲兵衛にはたまらない行事のようだね・・・私にはあまり関係ないけど(笑)

|

« 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑥ | トップページ | 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑧ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/41071197

この記事へのトラックバック一覧です: 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑦:

« 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑥ | トップページ | 只今、桜と梅が満開!北海道神宮&円山公園の散策 ⑧ »