« 近所に芽吹くふきのとう | トップページ | 札幌市清田区 【ホーマック スーパーデポ北野通店】 ② »

2008年4月16日 (水)

札幌市清田区 【ホーマック スーパーデポ北野通店】 ①

私が良く利用するこのホーマック スーパーデポ北野通店は、北海道内の【ホーマック】で敷地面積が2番目に大きい店舗。
元々“スーパーデポ”との名称が付く【ホーマック】の店舗は敷地面積がとても広く、バリエーションがとても豊富な品揃えが自慢である。
2005年に、それまで長年(20数年)の間、当地にホームセンターとしては通常サイズの敷地面積に立地していた【ホーマック 北野通店】を全面改装(立て替え)に着手。
隣接する土地の取得により敷地面積を拡大し、2006年に超大型ホームセンター〝ホーマック スーパーデポ(北野通店)〟として道内初めての出店(開店)を果たした。
【ホーマック】北海道釧路市が発祥のホームセンターチェーン。現在は札幌市厚別区(厚別区厚別中央3条2丁目1-41)に本社がある。
1951年に【㈱石黒商店】として創業した同社は、1976年にホームセンターチェーン【石黒ホーマー】の1号店を釧路市内(中園町)にオープンさせる。
その後【石黒ホーマー】は他社との資本提携や合併などを経て着実に店舗数を増やし、1995年に【ホーマック(株式会社ホーマック)】と改称。
更には、東北や関東など他地区で展開する複数のホームセンターチェーンの株式を次々と取得、吸収合併・資本提携を繰り返すことにより、【ホーマック】は東北や関東でも事業拡大を図るようになった。
2006年には東海・北陸で展開するホームセンターチェーン【カーマ】(本社:愛知県刈谷市)や四国・中国・関西で展開するホームセンターチェーン【ダイキ】(本社:愛媛県松山市)と、2007年には関西で展開するホームセンターチェン【オージョイフル】(本社:大阪府豊中市)と経営統合し、【DCM Japanホールディングス】の傘下に入った【ホーマック】はプライベートブランド『快適上手』を導入し、より安価で商品を提供出来るようになった。
とどまる事を知らない新進企業【ホーマック】は、東北だけでなく、関東地区にも積極的に出店を行なっている。
2007年4月現在、全155店舗(北海道地区70店舗東北地区69店舗関東地区16店舗)。
尚、このホーマック スーパーデポ北野通店には複数の店舗が隣接する。
【文教堂書店】、【モスバーガー】、【バーミアン】、【ラルズ(ラルズストア)】など。
清田区では広大な土地を取得しやすいので、このような郊外型複合施設(大型店舗の集合体)が数多く見受けられる。
ホーマック スーパーデポ北野通店に隣接するこのラルズストア 北野店は、【ラルズ(RALSE)】というストアネーム(スーパーマーケットのブランド名)で出店した記念すべき第1号店。
【ラルズストア】【ラルズプラザ】【ラルズマート】や【ビックハウス】、【スーパーアークス】、【フレッティ】のスーパーマーケットチェーンを経営する㈱ラルズ(RALSE)】(本社:札幌市豊平区平岸1条1−9−6)は北海道の道央エリアを中心に事業展開している。
更に、この【㈱ラルズ】に加え、道東エリアで展開する【㈱福原】【㈱道東ラルズ】や道北エリアで展開する【㈱ふじ】【㈱道北ラルズ】などを含めた持ち株会社(流通企業グループ)は【アークスグループ(株式会社アークス)】(本社:札幌市豊平区平岸1条1−9−6)である
道内では【ジャスコ】【ポスフール【マックスバリュ】【札幌フードセンター】などのスーパーマーケットチェーンを抱えるガリバー企業連合【イオングループ】と熾烈な競争を演じており、その中で着実に店舗数の拡大を進めている新進企業グループである。
【㈱ラルズ】及び【㈱アークス】の本社ビルはちょうど、ウチの大学の裏にある(笑)

|

« 近所に芽吹くふきのとう | トップページ | 札幌市清田区 【ホーマック スーパーデポ北野通店】 ② »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/40894341

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市清田区 【ホーマック スーパーデポ北野通店】 ①:

« 近所に芽吹くふきのとう | トップページ | 札幌市清田区 【ホーマック スーパーデポ北野通店】 ② »