« セブン−イレブン 『〝和匠庵〟カステラ』 | トップページ | モンテール 『レアチーズタルト』 »

2008年4月 1日 (火)

セブン−イレブン 『白いドゥーブルフロマージュ≪北海道地区限定商品≫』

今回紹介するのは、【セブン−イレブン・ジャパン】が3月12日に「北海道地区の店舗限定」で新発売したばかりの『白いドゥーブルフロマージュ』
*
『ドゥーブルフロマージュ』とは、北海道スイーツを代表するレアチーズケーキで、2種類のクリームチーズで構成されているもの
富良野に本店がある【フラノデリス】と小樽に本店がある【Letao(ルタオ)】のものが代表選手。
北海道物産展に出品するとあっという間に売切れてしまう超人気商品。
・・・その他、各通販サイトでも『ドゥーブルフロマージュ』の類似品を販売しているが、やはり上の2店が作る本物の味には到底かなわない。
*
さて、今回【セブン−イレブン】が送り出した『白いドゥーブルフロマージュ』は一体どんなものか、発売当日(しかも早朝!)に購入してみました。
北海道のスイーツは、「白いプリン」「白いティラミス」「白いモンブラン」など、本場・北海道の新鮮な牛乳(生乳)をふんだんに使用した「白い○○」と付くスイーツが大流行だが、
この『白いドゥーブルフロマージュ』もそんなクチか。
製造者は【北海道ローズデリカ㈱】(札幌市手稲区西宮の沢3条1丁目13−20)
直径約12センチと“本家”とほぼ同じ大きさ
まず、2層になった部分は2種類のクリームチーズで、ベイクドチーズマスカルポーネのレアチーズで構成されている。
マスカルポーネとはイタリアを代表するチーズ。
また、ベイクドチーズについては、(ベイクド)チーズタルトケーキにのっているようなしっかりとしたものよりやや軟らかいレアチーズ状になっている。
そして、一番上にはパン粉のように細かく砕いたスポンジをまぶして新雪のようにふわふわのじゅうたん状に積もっている
更に白っぽく掛かっているのは粉砂糖か。
それらは、まるで北海道のパウダースノーをイメージさせる。
分かりやすくいえば、グラタンにのっているパン粉や粉チーズのような状態と言えるが、むしろ、一番下の基礎となるスポンジを一番上にした“上下逆さま”のような感じと言ったほうがいいかも。
スポンジをパン粉状にして、クリームチーズの上に細かくまぶしたのは、とても斬新的。
考えた人(フラノデリスのパティシエ)は天才だね!
さて、実際に食べてみると一番上の粉末のスポンジは牛乳を湿らせたような風味で、案の定、とてもふわふわとした歯ざわり。
そして、2層のクリームチーズの上部にあるマスカルポーネのクリームチーズは、チーズらしさはあまり感じず、“白い”というタイトルのごとく、ミルキーな仕上がりとなったクリームチーズである。そして甘さ控えめであっさりとしている。
元々マスカルポーネ」はクセがないマイルドなチーズのようだ。高脂肪でホイップクリームのような口当たりだとか。
なので、デザートのような加工用に最も適しているチーズと言えよう。特にティラミスを作るときに重宝される。
一番下のベイクドクリームチーズの層はやはり最も濃厚であり、かつレモンなどを使用した特徴的な酸味がするが、、、こちらも甘さを控えているので、くどくなく割とあっさり目である。
全体的にみても、非常にあっさりとした仕上がりでそれぞれの味がケンカせず、非常にバランスが取れているし、なかなか味わい深いではないか!!・・・これは私好みの味でなまら美味いっっ!!!!
さしずめ「“本家”よりあっさりとした、ミルキーな(牛乳風味の)『ドゥーブルフロマージュ』」と言っていいだろう。
やはり総合点ではやはり“本家”のものに叶わないけど、コンビニスイーツとしては十分に合格点が与えられるデキ。
しかも、500円で“本家”に迫るだけの味を出したのは驚愕に値する。
...但し、今月になってから店頭では見かけなくなったので、その点ではやや気がかりだけど、もし見つけた場合は再びこの『白いドゥーブルフロマージュ』を購入してじっくりと味わって見たいと思います☆★

|

« セブン−イレブン 『〝和匠庵〟カステラ』 | トップページ | モンテール 『レアチーズタルト』 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/40722975

この記事へのトラックバック一覧です: セブン−イレブン 『白いドゥーブルフロマージュ≪北海道地区限定商品≫』:

« セブン−イレブン 『〝和匠庵〟カステラ』 | トップページ | モンテール 『レアチーズタルト』 »