« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ④ | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑥ »

2008年1月16日 (水)

真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑤

続々と参拝者が正月飾り等の入った紙袋を放り投げるので、炎に勢いは衰え知らず。
北海道神どんど焼きどんと祭古神札焼納祭)』がこんなに大掛かりだとは思いもよらなかった。。。
きっと、どんと祭』の本場・仙台大崎八幡宮など)では、こんな程度ではすまないのだろうね(笑)
その他、人々が正月飾り・神札等満載の紙袋を放り投げる瞬間や炎が勢いよく燃える様子を連続添付してみました。
人々が炎の山を取り囲んで眺めている姿は、まるでキャンプファイヤみたいだなぁ。。。
♪♪も~えろ も~え~ろ~ ほのおよ も~え~ろ~♪

|

« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ④ | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑥ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17717612

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑤:

« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ④ | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑥ »