« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑤ | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑦ »

2008年1月16日 (水)

真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑥

おっ、uhbフジテレビ系列北海道文化放送の報道スタッフを発見!!!!
ちなみに、テレビカメラを持っているのは女性のテレビカメラマン。
今では珍しくなくなったよね。
あっ、先ほどの脚立だ!!!
この日の夕方に放送される、地元中心のニュースを伝える『uhb スーパーニュース』の中で報道(放送)するためのようだ。
きっと午前10時に神主達が点火した瞬間に、三脚を使って(昇って)撮影したのだろう。
いつもは撮影する立場だが、まさか自分達が撮影の対象になるとは思いもよらなかっただろう・・・(笑)
お賽銭箱の前で燃え盛る炎。
以前と比べて、勢いがややなくなってきたかな?
その炎の向こうには古い神札やお守り、正月飾りを集積する「古神札収集所」が見える。
それにしても、こんなに大きな炎を見たのは初めてかもしれない。
まぁ、今後も出くわすことは少ないだろうけど(笑)
戸締り用心火の用心ですな←意味不明
あっ!!ここにもテレビカメラマンら報道スタッフの姿が!!!
まさかここにいたとは!、、、撮影するのに夢中になっていたので暫らく彼らの存在に気付かなかったよ(笑)
但し、何処のテレビ局かは不明。
まさか私の撮影する姿も映っていないだろうなぁ??
もし映っていたらしたら、相当恥ずかしいものになっているかもしれない…(笑)
でも実際に地元のテレビニュースで確認したわけじゃないので、結局は分からずじまいだが。。。
このような撮影しているアマチュアカメラマンの姿を結構見かけた。
私のようにブログのネタにするのだろうか(笑)
ちょっとその輪から離れて撮影してみる。次第に見ている人がまばらになってきて、大分落ち着いてきた雰囲気。
先ほどの前が見えないほど人がワンサカいた点火時がまるでウソのようだ。
・・・・・・そしてこの後は、西側にあるいつもの場所に移動した。
例の“美味しいモノ”を食べる為に。。。

|

« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑤ | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑦ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17718198

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑥:

« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑤ | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ⑦ »