« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ② | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ④ »

2008年1月16日 (水)

真冬の北海道神宮の散策 篇 ③

へそ曲がりな私は、このように閑散としている様子を暫らく撮影してから、今回の一番の“目的”を観に行くことに。。。
これは『守札授与所』。
お守りや神札を絵馬等を販売することを「授与」といい、「授与」されるそれらを合わせて「授与品」という。
で、ようやくどんど焼きどんと祭)』のメーン会場へ行ってはみたが、、、既に神主達による火入れ(点火)の儀式が終わった上に、多くの人が前を取り囲んでいるため撮影の場所を確保できなかったので、このように当初は人々の頭しか写せなかった・・・・何とも面白くない画(え)である(苦笑)
しかし、火が大きくなり始めたのか、徐々に煙が見え始めた・・・
そして、炎も見え始めた。
しかし、炎が大きくなり始めたのと同時に、前列にいた人々に変化が現れた。
前の人が徐々に炎から離れ始めたのである。
おや?!
この脚立は!!??
uhb news????

|

« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ② | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ④ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17716640

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の北海道神宮の散策 篇 ③:

« 真冬の北海道神宮の散策 篇 ② | トップページ | 真冬の北海道神宮の散策 篇 ④ »