« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ① | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ③ »

2007年11月10日 (土)

晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ②

これは『かっぱ家族の願かけ湯』に併設しているメルヘンかっぱ像
題名は「こんにちは河童」。1991年製作。作者は小石巧氏。
その横には、ご親切にも定山渓の名所の位置を記した案内板の塔もある。これは有り難い。
定山渓温泉街の至る所にこのようなメルヘンかっぱ像が点在している。
ちなみに、後ろにあるのは章月グランドホテル】。
このように、「こんにちは河童」の背後には、「滝の湯~月見橋~岩戸観音堂」へと続く定山渓温泉街のメインストリート『かっぱロード』の入り口と【章月グランドホテル】がある。
この道を通り越し、更に国道230号線札幌市街方向に向かう。
これが最近新しく出来た(移設した)定山渓温泉観光案内所】。
定山渓観光協会の事務所の他、銀行のATM定山渓温泉博物館が併設している。
交差点を左に曲がると小樽・定山渓大橋北海道道1号線に向かうことを示す道路標識が現れた。
これが道しるべとなる。
定山渓大橋北海道道1号小樽定山渓線)へと向かう交差点付近に今回の目的地の一つ、『足のふれあい太郎の湯』がある。
無料の足湯の施設。
『足のふれあい太郎の湯』の中には、おみくじの自動販売機「太郎の花みくじ」があり、過って?引いてしまった悪いおみくじを結べるようになっている。

|

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ① | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ③ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17035373

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ②:

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ① | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ③ »