« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑥ | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑧ »

2007年11月12日 (月)

晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑦

正面に見えるのは『湯の滝』定山渓万世閣ホテルミリオーネ(札幌市南区定山渓温泉東3丁目)、右側の赤い屋根の店先が大黒屋商店、左側は定山源泉公園
定山源泉公園の入り口。
2005年8月、美泉定山の生誕200年を記念して豊平川の河岸段丘沿いに作られた自然豊かな庭園施設。
前回は同公園内の『足湯』及び『美泉の滝』の模様を紹介した。
前回紹介しなかったので、改めて。
これが定山源泉公園内にある『膝掛け湯』
しかし、この日は湯が止められていた。。。
同じく定山源泉公園内の『美人の湯』
これで温泉で手を洗うことが出来る...と思ったのだが、これもまた温泉が止められていたので、手を洗うことは出来なかった...残念。
しかも、現在の定山渓温泉街の各施設では、このように落ち葉が散見できるので、秋の寂しさを余計に感じられる。
正面に見える『湯の滝』を過ぎ、章月グランドホテルの前を通過したのち、前回更新した札幌・定山渓温泉の紅葉散策 ⑩晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ①』『晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ②』の中で紹介した『かっぱ家族の願かけ湯』及び国道230号線へと至る『かっぱロード』の坂道
改めて、赤色の北海道のマーク入りの青色を基調とした北海道洞爺湖サミット』の旗が、『かっぱロード』にある全ての街灯に取り付けられているのが良く分かると思う。
同じ支笏洞爺国立公園の一員として、定山渓温泉北海道洞爺湖サミットのPRに一役買っている。
私も、このサミットの開催(来年7月7日~7月9日)が待ち遠しい一人です。
『湯の滝』定山渓万世閣ホテルミリオーネ定山渓観光ホテル山渓苑、一般来客用の無料駐車場へと続くスロープ。
正面に見えるのは定山渓観光ホテル山渓苑】。
相変らず、源泉が滝のように流れ、周囲が湯気でモヤっている『湯の滝』。
落ち葉と温泉が混ざり合っている“秋の温泉街”の風景。

|

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑥ | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑧ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17053566

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑦:

» 定山渓温泉 湯の花 [温泉百科事典]
無料でインフォトップモバイル対応のアフィリエイトサイトを運営できる! あなたもアフィリエイトビジネスでお小遣いGETしよう! 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑦正面に見える『湯の滝』を過ぎ、【章月グランドホテル】の前を通過したのち、前回更新した『札幌・定山渓..... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 00時23分

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑥ | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑧ »