« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ③ | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ④ »

2007年11月11日 (日)

眞鍋を学べ 70

◎約2ヵ月半ぶりに紹介する眞鍋かをりのココだけの話』。

最近更新されたのが“ご当地ネタ”だったので、マニアとしては取り上げずには入られませんでした(笑)

さてさて、現在携帯の待ち受け画面に、故郷・愛媛の銘菓『タルトを貼り付けているという、“郷土愛タップリ”“愛媛LOVE”眞鍋かをり嬢。
その心意気やよし!

私も母方から愛媛県人の血を引いているし、郷土を愛する気持ちは良く分かる☆

但し、タルトといっても、パイ生地を皿状にしてフルーツを盛り付けた焼き菓子のことではない。
“の”の形に巻いたカステラ(スポンジ)生地に餡を挟んだ和風ロールケーキのこと。愛媛銘菓として全国的に有名。
ポルトガル語でロールケーキを意味する「トルタ」 (torta) に由来する。
時は三代将軍徳川家光の代(正保4年(1647年))、松山藩主・松平定行が長崎探題の時に食べた南蛮菓子(カステラ菓子)を自分流にアレンジしたもの。

「タルト。

愛媛の最強菓子タルト。
巻いてないタルトなんてタルトじゃないのだよ諸君!
愛媛のお土産いろいろあるけど定番は一六タルトでしょう。
あとポエムもうまい!

個人的には赤福事件で、そっくりお菓子である銘菓・伊予福への影響が心配です。

愛媛のみんな!この画像をダウンロードして待受にしてくれ!
そしてタルトの力で愛媛を世界一にしようぜ!

RGもね」

……タルトは、愛媛県内の数社が製造・販売しているが、一番メジャーなのは一六本舗の『一六タルト』。
私も一度食べたことがあるけど、ふわふわ生地に風味豊かな「ゆず餡」の組み合わせがたまらなく美味しい♪

ただ、巻いていない“タルト”も美味しいけどね、、、って、それは彼女には通用しないみたい(苦笑)

但し、『赤福』の類似品『伊予福』ないし『阿波福』(㈱ハタダ)は、『福もち』と名を変えて【ハタダ】の店頭のみ販売。

この“伊予福ネタ”が、何故だかライバルブログの『アメーバニュース』でも話題となっている。
⇒「眞鍋かをり 故郷の菓子が赤福の余波を受けないか心配

むしろ、ハタダ】(本店・新居浜市といったら、餡に栗が入っているタルト『栗タルト』で有名。
世界モンドセレクションで金賞を受賞しているという、世界で高評価を受けた銘菓中の銘菓。

ポエム(母恵夢)は、白餡に卵黄を加えて炊き上げた黄味餡のおまんじゅう。
表面が網目状になっているのが特徴。味と食感は『ひよこ』に似ているとか。

他に、一口サイズの『ベビーポエム』、チーズやバターを加えた『ポエムマーマン』というのもある。
松山市に本社がある【㈱母恵夢】が製造・販売している。

今治市にも同じ『ポエム(母恵夢)』『ベビーポエム』を製造・販売する【㈱母恵夢本舗】があるが、【㈱母恵夢】の“分家”らしい。

【㈱母恵夢本舗】については、20年以上前には【ゴンタ】というブランド名を使用していたとか...愛媛(今治市民)の人なら常識?!

更に、愛媛の人なら坊ちゃん団子も忘れてはならない。

文豪・夏目漱石が松山中学の教壇に立っていた当時、よく好んで食べていたという三色団子
後年、彼の作品『坊ちゃん』にちなんで坊ちゃん団子と名付けられた・・・そうで。

・・・・・まぁとにかく、今後は、眞鍋嬢が発動する“タルトによる愛媛世界一計画”に注目ですな☆

個人的には、愛媛県独自の学校給食のメニューみかんごはん』(別名・オレンジピラフ、ぽんごはん、ポンジュースごはん、あけぼのごはん)をメジャー化して欲しい(笑)

とりあえず私は、毎年春に松山から送られてくるいよかんを楽しみに待つことにしよう。。。

えっ?レイザーラモンHGの相方レイザーラモンRG(出渕誠)って、愛媛県人(八幡浜市出身)だったのね…。
どういうわけだか、本業のお笑いではなくハッスルで一躍脚光を浴びてしまったが(笑)

「最近、ある友人に電話するといつも

『はーい!ジャックジャックの青木でーす』

と言われるのでリアクションに困っています。
どうすればいいでしょうか?」

……とりあえず、今度そのネタを持ち出したら「不幸になるよ」とでも忠告してみれば?

現にその余波で、ジャックジャックは解散、張本人の青木堅治クンは芸能活動を停止したみたいだし...売名行為大失敗の巻。

一体あの“事件”は何だったんだろうか…(笑)

|

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ③ | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ④ »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

一六本舗楽天市場店です。
一六タルトを話題に取り上げていただき
感謝しております。

ありがとうございます。

投稿: 一六本舗楽天市場店です。 | 2007年11月28日 (水) 09時17分

お返事遅れましたが・・・こちらこそコメントありがとう御座います!!!!

一六タルトは大好きなお菓子なので、今後機会があり次第、そちらへ注文させて頂きます☆

投稿: とうきび | 2007年12月 8日 (土) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17037003

この記事へのトラックバック一覧です: 眞鍋を学べ 70:

» こじまよしお [こじまよしお]
こじまよしお 小島よしお そんなのかんけいない [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 04時01分

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ③ | トップページ | 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ④ »