« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑦ | トップページ | (おまけ)晩秋・落葉の小金湯温泉    »

2007年11月12日 (月)

晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑧

岩壁の割れ目から滝の流るるがごとく温泉が湧き出るので『湯の滝』と名付けられた。
ご覧の通り、『湯の滝』が流れ落ちる下には、前回も紹介した「Why are you looking」という題名の『メルヘンかっぱ像』の作品がある。
定山渓観光ホテル山渓苑のそばにあるこのスロープは『湯けむり坂』と呼ばれる。
前回は、ここを降りて定山渓温泉の中心街へ向かった。
『湯の滝』及び『かっぱロード』へと至る『湯けむり坂』を上から望む。
春の新緑の季節だとまた違った景色になるのでしょうな。
正面に見えるのは定山渓万世閣ホテルミリオーネ(札幌市南区定山渓温泉東3丁目)と、(柵のそばに建つ)『北海道三景之碑仙境定山渓の碑』。
ここを登れば、一般来客用及び『スポーツ公園』専用の無料駐車場定山渓観光ホテル山渓苑の正面入り口が直ぐ右手にある。
おっ、ここにもかっぱを発見!
これは定山渓観光ホテル山渓苑(札幌市南区定山渓温泉東4丁目321)のそばにある「おみくじ」の自販機。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今度定山渓温泉に来た時は、こことは全く違ったルートを歩いてみたいと思う。
まだ一度も見ていない観光名所が他にも残されているし、知られざる新たな発見があるかもしれない。
手始めに、散策路や登山道を“制覇”してみたい。
朝日岳や夕日岳から一望した定山渓温泉の街並みは絶景らしいから。

|

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑦ | トップページ | (おまけ)晩秋・落葉の小金湯温泉    »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17053583

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑧:

« 晩秋・落葉の定山渓温泉街を歩く ⑦ | トップページ | (おまけ)晩秋・落葉の小金湯温泉    »