« 函館市・㈱天狗堂宝船 『〝北海道銘菓〟日本一きびだんご』 | トップページ | ★☆昨日も氷点下の一日☆★ »

2007年11月22日 (木)

函館市・㈱天狗堂宝船 『天狗堂くるみ餅』

今回もまた、前回紹介した『〝北海道銘菓〟日本一きびだんご』と同じ【㈱天狗堂宝船】の餅菓子、『天狗堂くるみ餅』を紹介しましょう。
函館市函館市西桔梗町731−2)が本社の【㈱天狗堂宝船】は、1953年創業の“餅菓子専門”のお菓子メーカー。
先の日本一きびだんご』は同社の約6割を占める主力商品だか、一方で今回この『天狗堂くるみ餅』はあまり目立った存在ではない。
しかし、こういうものこそ、意外と“掘り出し物”になる可能性がある。
当ブログでは過去に【㈱ホリ】の『くるみ餅』【甘仙堂】の『“仙台銘菓”くるみゆべし』を紹介したが、これは同じくるみ餅でもちょっとタイプが違うかも。
この『くるみ餅』の原材料は「砂糖、水飴、小麦粉、くるみ、もち米、あん、醤油、澱粉(オブラート)」と、
くるみと醤油以外は【㈱天狗堂宝船】のベースとなる餅菓子の原料である。
醤油が入っているので、同社の『日本一きごだんご』よりやや濃い醤油色をしている。が、大きさはほぼ同じで、値段も同じ一本84円
近くのコンビニ(セブン−イレブン)にて購入した。
それにしても、オブラートに包まれたくるみ餅は初めて見たよ(笑)
いわば・・きびだんご版くるみ餅??
割と大粒のくるみが入っている。
確かに、この『天狗堂くるみ餅』は、同社の『日本一きびだんご』にくるみを入れて甘じょっぱくした感じだ。
しかし、違和感は全くない。
醤油の風味とくるみの香ばしさが同時に口の中にパッと広がる。
そして、餅が適度に軟らかく、かつ粘りとコシがあり、くるみの歯ごたえが良い。
ただ、以前紹介した【㈱ホリ】の『くるみ餅』【甘仙堂】の『“仙台銘菓”くるみゆべし』と比べると、甘さ塩分とも控えめのあっさり風味である。
オブラートに包まれているので、余計にあっさりとした味に感じる。だから飽きが来ないので、いくつでも頂ける。しかも、無添加・無着色で安心安全。
これが、【㈱天狗堂宝船】の餅菓子の特徴である。
…最初、これはやや味が薄いと思ったが、それでもくるみと醤油の風味が十分に生きているので、食べていくうちにヤミツキになるね~!!
なまら美味い!!!!
「くるみ餅」って好きだな~~♪
お餅なので腹持ちがいいしね。小腹が空く3時のおやつにはピッタリ☆
ただ、残念ながら、この『天狗堂くるみ餅』は最近見かけないんだよね。
一本84円と格安なので、今度見つけたらまとめ買いしよ~っと☆

|

« 函館市・㈱天狗堂宝船 『〝北海道銘菓〟日本一きびだんご』 | トップページ | ★☆昨日も氷点下の一日☆★ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17149282

この記事へのトラックバック一覧です: 函館市・㈱天狗堂宝船 『天狗堂くるみ餅』:

« 函館市・㈱天狗堂宝船 『〝北海道銘菓〟日本一きびだんご』 | トップページ | ★☆昨日も氷点下の一日☆★ »