« 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ⑥ ~パレード開始直前篇~ | トップページ | カルビー㈱ 『Jagabee(ジャガビー)〝うす塩味〟』 »

2007年11月26日 (月)

北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ⑦ ~紙吹雪と粉雪のパレード篇~

◎2日間に渡りお伝えした北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007シリーズも今回で最後となりました。それでは、パレード開始後の模様を“私の目線”でお伝えしましょう。

ちょうどパレードが始まる直前に雪がちらつき始めるという、演出的にはグットタイミングのシチュエーション。

大通6丁目に配置されたオープンカーに次々と乗り込む選手達。

先頭車両はトレイ・ヒルマン前監督金子誠選手会長が同乗。

午前10時半からパレードの車列が発進した。

選手達や監督が身を乗り出すように沿道に向かって熱心に手を振り、詰め掛けたファンたちは大歓声で答える。しばらくして、ビルの窓や屋上から放たれた無数の紙吹雪が舞い始めると、札幌の街は一瞬にして幻想的な世界となった。

チーム一のお祭り男、森本ひちょり選手は、沿道の一人一人に応えるかのように手を振ったり、声を掛けていた。道交法違反となる後部ボンネットに乗って声援に応えていた為、周囲の警官たちに注意を受けたが、それでもファンの期待に十分応えられたのでとても満足気だった。

今季限りで引退する“ミスター・ファイターズ”田中幸雄選手はやや恥ずかしそうにしながら沿道に手を振っていた。最後の最後まで、この人は恥ずかしがり屋さんだった。お疲れ様。

また、阪神タイガースへの移籍が決まった金村暁投手も今回のパレードに参加。沿道のファンの人たちに別れを告げた。新転地・阪神での更なる活躍に期待しよう。

残念ながら、チームの顔といえるダルビッシュ有投手稲葉篤紀外野手が北京オリンピック予選に出場する為に同パレードを欠席したことや極寒の気象条件もあってか、昨年より沿道に詰め掛けた観衆の数が減ったが、昨年よりゆっくりとしたペースで進んだので、今回は昨年以上にファンとの距離がグッと近づけた優勝記念パレードだったように思う。そして何より、街中が真っ白くなるほど紙吹雪や粉雪が舞った光景は大変美しく、深く印象に残ったパレードだった。

尚、ヒルマン前監督は、翌日行なわれた「ファンフェスティバル2007」最後に日本を後にした...今まで感動をありがとう!!!

来年は首脳陣が一新し、梨田昌孝新監督の下、また一からのチーム作りがスタートする

その道のりは大変険しく、少なくとも来年一杯は苦戦が続くだろうけど、いつかまた、今回のような優勝パレードが何度も経験できる常勝チームへと変貌を遂げて欲しい!!・・・そう願って止みません!

…その時が来るまで、諦めずに応援し続けるぞ!!!

ガンバレ!!ファイターズ!!!!

※画像はクリックして拡大。

Vfsh0062 Vfsh0063

Vfsh0066_2 Vfsh0064

Vfsh0067_2 Vfsh0068_2

Vfsh0069_2 Vfsh0070

Vfsh0071 Vfsh0072

Vfsh0073Vfsh0074  Vfsh0075

Vfsh0076 Vfsh0077

Vfsh0078 Vfsh0079

Vfsh0080 Vfsh0081

Vfsh0082 Vfsh0083

Vfsh0084 Vfsh0030

Vfsh0031 Vfsh0032

Vfsh0033 Vfsh0034

Vfsh0035 Vfsh0036

Vfsh0039 Vfsh0040

Vfsh0041 Vfsh0042

Vfsh0043 Vfsh0044_2

Vfsh0076_2Vfsh0077_2 Vfsh0078_2 

Vfsh0079_2 Vfsh0080_2

Vfsh0081_2 Vfsh0082_2

Vfsh0083_2 Vfsh0084_2

Vfsh0085 Vfsh0093

Vfsh0100

|

« 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ⑥ ~パレード開始直前篇~ | トップページ | カルビー㈱ 『Jagabee(ジャガビー)〝うす塩味〟』 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17198718

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ⑦ ~紙吹雪と粉雪のパレード篇~:

« 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ⑥ ~パレード開始直前篇~ | トップページ | カルビー㈱ 『Jagabee(ジャガビー)〝うす塩味〟』 »