« 昨日は嬉しいニュースが続々と・・・ | トップページ | 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ② ~HTB・岩本勉篇~ »

2007年11月25日 (日)

北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ① ~ラテ欄篇~

◎昨日(11月24日)の朝11時ごろから、二年連続パシフィック・リーグ&クライマックスシリーズ優勝を果たした我らが北海道日本ハムファイターズの優勝記念パレード札幌市内中心部で行なわれ、沿道には多くの観衆で埋め尽くしました!!!!

ちょうど、パレードが始まる11時に合わせるかのように札幌では粉雪が降り始め、物凄い数の紙吹雪が舞い始めるのと相まって、街中が優勝を祝うムードに相応しい、とても華やかな景色となりました。

まずその模様をお伝えする前に、昨日の北海道新聞の 朝刊裏面のラテ欄(テレビ欄)をチェックしてみると・・・・何と!道内テレビ7局の内、5局が優勝パレードの模様を生中継する力の入れようです!!

各局とも総動員状態。予めキープした絶好の各中継ポイントにアナウンサーや局員を配置し、選手達が乗るパレードカーを今か今かと待ち構える。上空にはヘリコプターが飛び交う・・・街中がお祭り状態。

特に力を入れていたのはHTB(テレビ朝日系・北海道テレビ)。実に3時間半もの生放送!!!

尚、中継していなかったのはTVh(テレビ東京系・テレビ北海道)NHK教育テレビのみ。

※画像はクリックで拡大

Vfsh0001Vfsh0002Vfsh0003 Vfsh0004

・・・・これにより、いかに北海道内の各マスコミが地元球団・北海道日本ハムファイターズの応援に気合が入っているかお分かりだと思います。これぞ地域密着の典型。

ちなみに、このラテ欄の上(チャンネル番号欄)をご覧頂けると良く分かると思いますが、北海道内では同じ放送局であるにも関わらず、地域によって放送チャンネル番号が全然違うのである。それは、広い国土と複雑な地形の北海道全域を(放送エリア全域を)カバーする為には、中継局や送信所を道内くまなく設置しなければならないので、必然的に送信する電波(周波数)が地域によって変わってしまい、放送チャンネル番号も各地によって違いが生じる。これはラジオ局も同じで、同じ放送局でも地域によってラジオの周波数が違う

何より、中継局の設置や維持にコストが物凄くかかってしまうその典型的な例として、TVh(テレビ東京系・テレビ北海道)地上波の場合中継局の不足やNTT回線の都合(要するに予算が足りない)により富良野市周辺、宗谷地方、北海道東部(道東)エリア全域(釧路・根室・十勝)などでは視聴できない事態が生じている。実に北海道の半分がTVh(テレビ北海道)の番組を見られないのである。

これらのことは、道内各地を何度か旅行した経験がある方ならご存知だと思います。(例えばSTV(日テレ系札幌テレビ放送)の場合、地上波だと、札幌は5チャンネル、函館は12チャンネル、旭川は7チャンネル、など)

|

« 昨日は嬉しいニュースが続々と・・・ | トップページ | 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ② ~HTB・岩本勉篇~ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/17178954

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ① ~ラテ欄篇~:

« 昨日は嬉しいニュースが続々と・・・ | トップページ | 北海道日本ハムファイターズ優勝記念パレード2007 ② ~HTB・岩本勉篇~ »