« 深川油脂工業㈱ 『無添加ポテトチップス うす塩味』  | トップページ | 深川油脂工業㈱ 『復刻版・くまちゃんポテトチップス〝食べきりサイズ〟[コンソメ味]』  »

2007年10月 9日 (火)

深川油脂工業㈱ 『復刻版・くまちゃんポテトチップス〝食べきりサイズ〟[塩味]』 

今回も前回と同じ【深川油脂工業㈱】こめ油を使用したポテトチップスを取り上げましょう。
1971年、深川市広里町に【深川油脂工業㈱】の工場が誕生して以来、今年の11月5日で創業36年目を迎える。
一昔までは、北海道民にとって身近な庶民的お菓子(ポテトチップス・ポップコーン)を作る菓子メーカーという位置づけだったが、
現代人のヘルシー志向にマッチした『こめ油』を製造し、自社製品にも積極的に使用していることなどから、
今では深川市の特産品として同社のお菓子が全国的に紹介されるまでに。
また、北海道内にある景勝地の写真がプリントされた『〝くまちゃん観光シリーズ〟北海道ポテトチップス』が観光土産として有名になったのもあり、
【深川油脂工業㈱】及び同グループ深川市を代表する企業の一つに成長へと遂げた。
但し、同社の資本金が1500万円で、グループ全体を合わせても(総資本金6300万円)企業規模は決して大きくはない。
まさに、身の丈にあった堅実経営といえる。
創業当時(1971年)に販売された『くまちゃんポテトチップス』の復刻版パッケージを使用したもので、内容量・60グラムと一度に食べきるにはちょうど良い量の〝食べきりサイズ〟として近年になって新登場したもの。価格は税込みで84円。
これは前回取り上げた『無添加ポテトチップス うす塩味』と同じ容量。但し、値段は『無添加ポテトチップス』の方が高い(税込み136円)。
私も“くまちゃんシリーズ”は昔からこの『くまちゃんポテトチップス』くまちゃんジャンボポップコーンをよく食べておりました...塩をまぶしただけの素朴であっさりとした味が何故か病み付きになる、、、しかも、昔なつかしのパッケージ…このお菓子に思い入れが深くなるのは、“深川フリーク”としては至極当然の成り行きです(笑)
前回の『無添加ポテトチップス うす塩味とほぼ同じシンプルな原材料構成。内容量も同じ60グラム。
しかし、その値段の差から、塩の“品質”と“手間の掛け方”が違うと思われる。
見た目は何の変哲もないポテトチップス。
で、食べてみると・・・・無添加ポテトチップス うす塩味と大して変わらないが、しいていえば若干こちらの方がやや塩辛いか。
向こうは自然塩を使用してマイルドに仕上がっているからね。
更に、以前紹介した同社が製造するとかちっぷ うす塩味とこれらを塩分について単純比較すると
といった感じになる。
それにしても、同社のポテトチップスはハズレがないね。
特に塩味はじゃがいも揚げたての香ばしさと、じゃがいも本来の味がストレートに現れていてなまら美味い!!!!!!
改めて、『こめ油』の力って凄いなと。油っこくなくサッパリとしている。
やや固めのパリパリとした食感もいい。油切りもしっかりと出来ているので、手に油があまりつかない。
創業当時の手作業中心の製造工程とは打って変わって、現在ではかなり機械化されたのでしょうが、それでもなるべく人の手で丁寧に作っているのが、食べてみると実感できます☆★☆

|

« 深川油脂工業㈱ 『無添加ポテトチップス うす塩味』  | トップページ | 深川油脂工業㈱ 『復刻版・くまちゃんポテトチップス〝食べきりサイズ〟[コンソメ味]』  »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/16714593

この記事へのトラックバック一覧です: 深川油脂工業㈱ 『復刻版・くまちゃんポテトチップス〝食べきりサイズ〟[塩味]』 :

« 深川油脂工業㈱ 『無添加ポテトチップス うす塩味』  | トップページ | 深川油脂工業㈱ 『復刻版・くまちゃんポテトチップス〝食べきりサイズ〟[コンソメ味]』  »