« 明日以降の予定は…? | トップページ | ㈱キョーワ 『まりもっこり(初期型・緑ジャージタイプ) 〔ビーズストラップ〕』   »

2007年9月20日 (木)

ユカいな平田サン その169

◎さてさて、16日・17日・18日(7回)と3日間に渡って連続更新された平田裕香ちゃんの『ひらたゆかの日記(ブログ)』を紹介しましょう。

まず、獣拳戦隊ゲキレンジャー』の東映公式サイトや、同出演者たちの公式ブログ万平☆Funny BLOG』、『鈴木裕樹 BLOG』、『荒木宏文 BLOGなどから、
今週からゲキレンジャーの撮影は京都で行なわれている模様。

メインとなるロケ地は東映太秦映画村

その撮影の合間を縫って、18日(火)に一日オフだった裕香ちゃんは京都市内の観光を楽しむ。

更新順と(『今日の足跡、、、、、』の冒頭部分の)「妙心寺をあとにし、一両編成の嵐電に乗って終着駅で降りると、そこは…」との一節から、
嵐電(京福電気鉄道)】(嵐山線徒歩により

金閣寺=(徒歩)⇒仁和寺=(徒歩)⇒妙心寺=(嵐電)⇒嵐山

というルートで市内観光を楽しんだようですな。

尚、金閣寺(鹿苑寺)仁和寺は世界文化遺産「古都京都の文化財」の一部。

妙心寺では「天井画雲龍図と浴室をガイド付きの14:40分の回を見学。」したとか。

妙心寺『法堂』にある天井画雲龍図は“早熟の天才絵師”と呼ばれた狩野派の絵師で江戸幕府の御用絵師の狩野探幽による作品。
裕香ちゃんいわく〝構想三年 描きはじめて五年 計八年〟とか。それだけ、精魂込めて描かれた作品といえる。

「この雲龍図は、俗に鏡天井と呼ばれる禅宗の法堂(はっとう)の天井に描かれているものです。
明暦2年(1656)、狩野探幽(1602~1674)55歳の筆によるものです。鏡天井の端に大きく描かれる「狩野法眼守信筆」の黒文字は、龍図とともに迫って来る勢いがあります。
龍の眼は、円内の中心に在るといいますが、立つ位置、見る角度によって変化します。ぜひ、一度その迫力をご自身の目でお確かめください。」

と携帯公式サイトにて紹介されている。

また、【法堂(はっとう)】とは、禅寺の僧侶が仏教を講義する建物。禅宗以外では『講堂』と称される場合が多い。

「7つのなんたらがあったり池とか、
なんか、いろいろ聞いたのに、呼び名忘れちゃった・・・・。」

……それは、妙心寺の山内塔頭38箇院の一つ、東海庵にある白砂に7個の石を並べた『書院南庭』。

「なんか、大奥みたいって思ってたら、三代目徳川将軍家光が 春日の局になんたらかんたらって書いてありました。」

……それは、妙心寺の山内塔頭38箇院の一つ、麟祥院(りんしょういん)』。
1633年(寛永11)に徳川第三代将軍家光が乳母・春日局の追福を願って(弔うために)創建された。
麟祥院には、春日局の木像と(狩野探幽筆の)肖像画がある。

将軍家光の乳母(うば。育ての母親)である春日局は家光の代に、将軍の権威を背景に大奥のトップに君臨。本名・齋藤福。
春日局の父は明智光秀の重臣であり甥(実際には従弟)とも言われる齋藤利三。
夫は稲葉正成で、徳川家の家臣として仕えた。
正成との間に生まれた息子・正勝子孫が代々継いだ稲葉家も山城国(現・京都府)淀藩10万2000石の譜代大名として明治時代まで続いた。

妙心寺『浴室』別名「明智風呂」と称され、春日局の父・齋藤利三が仕えた明智光秀を弔う為、天正15(1587)年に、明智光秀の叔父である密宗によって建てられた。明暦2(1656)年に再建。

但し、東海庵麟祥院は年に何回か特別公開(特別拝観)されるのみ。
妙心寺の塔頭の中では常時一般公開しているのは『退蔵院』のみ。

通常は見学不可の東海庵麟祥院は外側(門の手前)だけを見学したか、あるいは、パンフレットに書かれている様な説明をガイドから聞いたのでしょうな。それにしても妙心寺は広い!!

歴史好きで神社仏閣好きの私は、上記の事に関して色々と調べただけで“ワキワキ”しましたよ(笑)

そして、最後に行った嵐山では、当初の目的の一つだった京都土産が売っている売店が次々と閉まってしまって残念でしたね。
でも、美味しい物を沢山食べたようだし、行き当たりバッタリの旅だったから、それでも十分に満足だった様子。

10月下旬~11月上旬頃には京都は紅葉の見頃を迎える。紅葉の名所である嵐山近辺はさぞや絶景なんでしょうな。
写真は嵐山の桂川に掛かる渡月橋

ひょっとして裕香ちゃんは、タレントショップ狙いだったのかな?(笑)

ちなみに、19日と20日にはゲキレンジャーの公開撮影(既に終了)が、
22日にはその【東映太秦映画村】にて出演者7人によるイベント(「獣拳戦隊ゲキレンジャー トーク&抽選会」)が行なわれる。

――――話は遡って、、、16日と17日の更新分は、16日に大阪・日本橋の信長書店にて行なわれた「DVD『MAI MALU!』発売記念イベント」にまつわるエピソード。

大阪に前日入りした裕香ちゃんは、市内のホテルで温泉に浸かり、日頃の疲れを癒す。
ブログでは、入浴後のやや赤く高潮した美肌フェイスを披露。なまらめんこい♪♪

そして、翌日に行なわれた初の大阪のイベントは大成功に終り、裕香ちゃんは

「いやぁっっ!本当に楽しかった!!!
私はとっても楽しかった☆☆☆

心のこもったお誕生日プレゼントも沢山いただきましたっ!

そしてなにより新鮮だったのが、
トークショーの時と握手をしているときに聞く 関西弁(>_<)♪

こ気味良いテンポと抑揚のある関西弁

う゛~、来れて良かったぁっ(/_;)

ほんとに、あ り が と う ご ざ い ま す ! ! ! ! 」

と大いにお客さんとの触れ合いを楽しみ、大満足。
そして感謝の弁。

良かったね、裕香ちゃん★☆

ピンクのドレスに花飾りを付けた裕香ちゃん、なまらめんこい!!!!!

これまで、あまり関西弁を直に聞く機会が無かったんでしょうな。
関西弁の一種・三重弁を話す福井未菜ちゃんぐらいか。
でも、未菜ちゃんは撮影現場では台詞に限らず、普段からあえて標準語を意識して使っていると思われるので、裕香ちゃんは殆ど聞いた事がないかも。。。

とにかく、関西エリアでのファン拡大という観点からも鑑みて、今後も大阪でイベントが頻繁に開催されれば宜しいですね☆★☆

...てなわけで、今回の更新分はこれにておしまい。

したっけ!

|

« 明日以降の予定は…? | トップページ | ㈱キョーワ 『まりもっこり(初期型・緑ジャージタイプ) 〔ビーズストラップ〕』   »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

えっ、裕香さん京都に来ていたんですか。
西側だけではなく、東側も行かれたら良かったのに。
うちの職場に来られたら、デイルームで「サプライズゲスト」として最高級のおもてなしが出来ましたし、入所者の方々もひょっとしたら裕香さんのことを孫から聞いて知っておられる方もいるかも知れません。

温泉かあ、私も入ってみたいですね。
疲れが取れて良いですよね。
私も腰が・・・。機会があれば温泉で治療します。

しっかし、裕香さんや寛子さんと入った日には・・・。のぼせてダウンしそう。

ちなみに、かつての嵐山はタレントショップのメッカでしたが、今は大幅に数を減らしています。

ところで、湯豆腐や冷奴は食べたのかしら?

後、東山には「お茶漬け食べ放題」のお店があります。
寛子さんや裕香さんとでしたら行きたいですが、ギャル曾根さんとは絶対行きたくないです(と言うより、ギャル曾根さん出入り禁止だったりして(笑))

投稿: たぬっち | 2007年9月21日 (金) 22時40分

どもども、たぬっちさん!!

毎度コメントを頂き、誠に有り難う御座います!!!

えっ、京都に職場があるのですか。
裕香ちゃんは、癒しの空間を築くのが上手なので、きっと期待にこたえられると思いますよ。

京都観光の案内は、たぬっちさんにお任せですね♪
昨日も京都バスを利用して市内を巡ったそうですよ。

「お茶漬け食べ放題」のお店?!
それはオトク情報ですね!!
私なら迷い無く行きます(笑)

湯葉とか冷奴が大好きなんですよね。
冬には湯豆腐がイイです(笑)

寛子ちゃんと裕香ちゃんは、温泉の湯船に熱燗を浮かべ、ひたすらぐいぐいと飲む「飲兵衛の旅」が似合いますね(笑)

もし私なら、お酒と長風呂でぶっ倒れるのが目に見えております…(苦笑)


秋の京都…一度是非行ってみたいです☆


あっ、阪神タイガースのセ・リーグ優勝と、我が北海道日本ハムファイターズとのクライマックスシリーズでの対戦を熱望しておりますよ!

ではでは。

投稿: とうきび | 2007年9月22日 (土) 01時51分

因みに京都の黄檗寺には「普茶料理」と言う「中華風精進料理」があります。
これは中華風の味付けながら実は動物性たんぱく質を使用していないと言う料理です。

あ、因みにお寺ですのでアルコールはご法度です(笑)
後、ギャル曽根さんも出入り禁止!数人で回すお皿を1人で独占しますからね。

寛子さんと裕香さんのコンビ、京都中を散々食べつくし(と言うより飲みつくし)そうですね(笑)
伏見に行ったら、次への移動に難儀しそう。あそこは有名な酒処ですからね。ヘタしたら全銘柄飲み尽くしたりして(噂では高島彩アナウンサーの机は頂き物の日本酒がずらりと並んでいるそうです。又、日本中のお酒の銘柄を飲みつくしていたりして。酒豪の高島アナとの飲み会も「命がけ」ですね)。まあ、行く時は肝臓の薬と御香宮の水は忘れないようにします。

投稿: たぬっち | 2007年9月24日 (月) 20時57分

たぬっちさん、毎度コメント有り難う御座います!!!

中華風精進料理は鎌倉にもありますね。
『ドライブ A GO!GO!』で、寛子ちゃんが美味しそうに食べておりました(笑)

ギャル曽根ちゃんは、一見さんお断りの店でなくても、注文が多すぎて出入り禁止になるかもしれません(笑)

伏見の酒蔵といえば「月桂冠」でしょうか(笑)

京都観光は、これからの季節、見どころ満載ですね。まぁ、裕香ちゃんは京都の歴史より食べ物の方が興味ありそうですが…。

一方、北海道内では既に大雪山・旭岳が紅葉の見どころを迎えております。

夜は大分冷え込んでまいりました。
そちらはまだ暑いのでしょうが、気温の変化にご注意下さいませ。

ではでは。

投稿: とうきび | 2007年9月26日 (水) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/16515969

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その169:

« 明日以降の予定は…? | トップページ | ㈱キョーワ 『まりもっこり(初期型・緑ジャージタイプ) 〔ビーズストラップ〕』   »