« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の記事

2007年9月30日 (日)

とうき(BlogPet)

きのうとうきびと、遂行ー!

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月29日 (土)

祝・リーグ優勝!!!!!

☆★☆★☆北海道日本ハムファイターズ、2年連続のパ・リーグ制覇おめでとう☆★☆★☆

昨日まで優勝マジックを「2」としていた我が北海道日本ハムファイターズは、今日、2位・千葉ロッテマリーンズとの直接対決に挑み、日ハム打線が爆発して9-1の圧勝!!!!!

これで、2年連続のパ・リーグ制覇となりました!!!!!!

新庄、小笠原の2枚看板が抜けた今季。

誰もが苦しい戦いをするだろうとの前評判を覆しての連覇は格別!!!!

野球のような団体スポーツは、個々の能力よりチーム全体の総合力、チームプレーが何より大事だと改めて思わされた。

バンザーーーーーイ!!!!!!!!!!!

・・・・早速、『メガスポ!』見てます(笑)

ファイターズの選手総出演予定!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

妹背牛町・大黒屋菓子舗 『おんぶプリン』 ③

今回最後の最後に紹介する3つ目の『おんぶプリン』は、ブルーベリー味
紫色が実に鮮やかだ。天然のブルーベリー色ですな☆
それでは食べてみましょう。
1層目と2層目はカラメル味やストロベリー味と共通なので詳細は省略。
甘さ控えめのあっさりテイストだけど、十分にコクがある。
一番下の3層目は、液体状のあっさり目のブルーベリージャム。
ブルーベリー特有の甘酸っぱさが抑えられているので、上の2種類のプリンと味がケンカしない。
改めて、1番上の牛乳プリンは絶品だね。
ブルーベリーのつぶつぶ感と自然な風味がまたイイ感じ~~。
あっさりとしているので強烈な個性はないものの、全体的に3種類が美味く調和が取れている。
これもまた美味しいプリンですよ♪♪
ブルーベリーは目に良いしね(笑)
でも一番なのはやっぱり最初に紹介したカラメル味かな。
その次にブルーベリー味、ストロベリー味といったところか。
・・・まぁこれは、プリンといったらカラメルというのが長年刷り込まれているからしょうがないか(笑)
それでも3種類とも十分に買うのに値する、なまら美味しいプリンで御座います。北海道の大地が育んだ天然素材の味を堪能できますよ。
味は皆さんのお好みでどうぞ☆★☆
これらは、JR妹背牛駅前にある同店舗の他、
隣町・深川市の国道12号線沿いにある道の駅『ライスランドふかがわ』でも販売している。
また、ネット販売でも購入可能。道外の方はネットショッピングで!
東京札幌の専門学校とお菓子屋で約7年間修業したというご主人。正式に先代の跡を継いだのは、10年位前らしい。
最近は、北海道内の各デパートの物産展にも積極的に出品している。
先見性があるようなので、いずれは道外の北海道物産展にも出品し、全国進出を果たすだろう。
しかし、全ては愛する町・妹背牛町のPRに一役買おうとするご夫婦の心意気と奉仕の精神から。
都会の大手お菓子メーカーにはない、ハートウォーミングで“夫婦愛”と“郷土愛”にあふれたお店だ。
店頭には手作りの洋菓子30種以上と和菓子数10種を取り扱っている。アイデアにあふれたお菓子が所狭しと並んでいる。
普段は即決購入するのが私の信条だが、このお店に行った時、興味深い品ばかりなので、どれを買っていいか暫く迷ってしまった(笑)
結局は看板商品を購入することで落ち着いたが、今度行く時は他の別のものを買ってみたくなった。。。
[大黒屋菓子舗]
北海道雨竜郡妹背牛町1−3
営業時間・9:00~20:00
定休日・日曜日
℡0164-32-2021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妹背牛町・大黒屋菓子舗 『おんぶプリン』 ②

お次は『おんぶプリン』のストロベリー味。
一番下(3層目)に手作りイチゴジャムが入っているプリン。
ゲル化剤のペクチンさえも、リンゴから作られた天然素材のもの。
徹底的に自然の味にこだわるようだ。
では頂きましょう。
1層目の牛乳ゼリー(牛乳プリン)と2層目のやわらかプリンは、前述のカラメル味と共通なので説明は省略。
3層目の手作りイチゴジャムだが、これも液体状になっている。甘さ控えめで、とてもあっさりとしてイイね~♪♪♪
イチゴジャムのつぶつぶ感と手作り感がプリンの美味さを一層と引き立てる。
但し、直ぐ上の2層目よりは、むしろ1層目の牛乳プリンとよく合う気がする。
まあ、食べる時はどうしても混ざり合うので、あまり気にしなくて良いけど(笑)
とにかく、甘さ控えめのあっさりテイストだけど、食感とコクが楽しめるプリンです♪♪
私好みでうまうまですよ~~!!!!!!
特にイチゴ好きの人に是非オススメ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妹背牛町・大黒屋菓子舗 『おんぶプリン』 ①

今回最後に紹介する【大黒屋菓子舗】(北海道雨竜郡妹背牛町1−3)の“おんぶシリーズ”第二弾はこの『おんぶプリン』です。
カラメル、イチゴ、ブルーベリーの3種類。
同店の看板商品であります。
さて、、、今主流となっている牛乳瓶型のプリン『おんぶプリン』ですが、これも牛が背負っている可愛らしいイラストが描かれているのが特徴。
町名である『妹背牛(もせうし)』の「妹」「背」「牛」という3つの漢字から、「“妹”の“背”にのった“牛”」「“妹”を“おんぶ”した“牛”」と連想したことに由来。
これは、3層に「乗せた(=おんぶした)」プリンということで『おんぶプリン』と名付けられた。
ご覧の通り、『おんぶプリン』は
1層目・・・地元の牧場の牛乳プリン
2層目・・・隣町・深川市にある【増田農場】の自然卵と、北海道産生クリーム入りのやわらかプリン
3層目・・・自慢の手作りジャムもしくはカラメル
と3種類が“おんぶ”した形になっている。
合成着色料・合成保存料など食品添加物は一切使われていない。
厳選された天然の原料のみ使用し、素材本来の味にこだわり安心安全を追求する“自然志向”。
そして、牛乳と卵は北海道産・妹背牛産のみ使用した、地元の食材の良さを十分に生かした“地元志向”の風味にこだわっている、希少価値の高いプリンだ。
それだけでも、直々に買いにいく価値があるというもの。
一度に3種類の味が楽しめるというのもイイね♪
それでは、まずシンプルなカラメル味から紹介しましょうか。
ご覧の通り、綺麗に3層に分かれている。
一番下のカラメルが食欲をそそるね♪
では早速頂きましょう...まずは1層目の「牛乳プリン」から。
スプーンですくうと、基本的になめらかで軟らかいものの、プルンプルンとした程よい弾力が楽しめる。
ビンを横にしても形が崩れない
何より、甘さが控えめであっさりテイスト
しかし、素朴で懐かしい味で、牛乳本来の風味が十分に味わえるプリンである。
そして、2層目の「やわらかプリン」。
1層目よりやや軟らかく弾力はあまりない。
自然の卵黄の色。自然卵なので、色が薄い。
非常にあっさりとしているが、プリンらしい卵と生クリームをミックスした風味が楽しめます。
とろとろ~~
うまうま~~~!!!
どんだけ~~~~←違
一番下(底)のカラメルは、液体状になっているので、1層目と2層目のプリンとよく絡みやすい。
思ったほど香ばしくないが、これが一切香料が入っていない、上品な甘さが天然素材たる所以。
見た目汚いけど、かき混ぜてみると、美味さが一層と引き立つ。
これが、「北海道の大地の恵」の味なのか!!
市販のプリンにはない、手作り感満点のプリンです!!!
量が少ないせいもあり、あっという間にペロリ。
これは美味しい!!!!
甘さ控えめであっさりテイストだけど、素材本来の風味が楽しめる...それがこの『おんぶプリン』の特徴だ。シンプルイズベストですな☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

妹背牛町・大黒屋菓子舗 『生どらやき』 

次に紹介する妹背牛町(もせうしちょう)【大黒屋菓子舗】のお菓子、『生どらやき』です。
当初は、『おんぶプリン』とともに看板商品である『でか生どら』を予定しておりましたが、予算の都合でこのノーマルサイズの『生どら焼き』を購入することに。
ちなみに、でか生どら(生どらデコレーション)』とは、直径18センチの特大サイズを誇る、タップリの生クリーム・つぶあん・無添加の栗(5つ)が入っているボリューム満点の『生どら焼き』(1000円)のこと。
妹背牛町の名物(特産品)となっている。
どら焼きを形成する2枚の生地の焼き目の綺麗さが際立っている。
出来立てホヤホヤのしっとりふわふわな生地の中に、脂肪分が半分に抑えた生クリームと道内産の粒あんが入っている。
よく見ると、生クリームの量が粒あんと同じぐらいか、やや多いよね。
で、食べてみると、、、、一見、コッテリとしていそうだが、甘さ控えめであっさりとしていて非常に食べやすい!!
同時に、外側の生地の香ばしさとクリームや粒あんの風味が見事にマッチしている・・・・なまら美味いっっっ!!!!
飽きが来ないので、あっという間にペロリを平らげました。
もう一個、食べた~い!!!!!
病み付きになりそう♪♪♪
この他に、チョコレートムース入りの『チョコ生どらやき』など全5種類あり。
いずれも「要冷蔵」の生どら焼きである。
【大黒屋】が作る、粒あんタップリの本来のどら焼きも一度食べてみたいな☆
今回、3種類紹介した大黒屋のお菓子はいずれも増田農場】(深川市音江町向陽)の自然卵を使用している。
国内産(主に道内産)100%の餌に加え、自宅で栽培している有機野菜や草をあたえ、ストレスがたまらない平飼い、薬は未使用、ヒヨコから育てる…何から何まで“自然”にこだわった安心安全な卵。
その他の原料も出来るだけ地元産(北海道産)のものを使用。
いずれのお菓子も口当たりが良い優しい味がするのはそのためなのだろう。
それだけでも、美味しく感じてしまうのである。
何より、再々申し上げているように、ここのお菓子は全体的に甘さ控えめのあっさりテイストで、幾つ食べても飽きが来ないので、リピーターが非常に多いと思いますよ!!
これが、50年以上に渡り、地元の甘党たちに多くの支持を集めている所以です☆★☆
この『生どらやき』は、JR妹背牛駅前にある同店舗の他、
隣町・深川市国道12号線沿いにある道の駅『ライスランドふかがわ』でも販売している。
残念ながら、ネットショッピングでは取り扱っておりません。
何しろ、生ものなので、その日のうちに食べないと美味しさが半減しますから・・・・。
また深川(旭川)方面へ行ったら、途中で大黒屋に寄るつもり。
その際は、でか生どらと、もう一つの看板商品であるカーリングシフォンケーキを購入予定です☆
※カーリングは妹背牛町で盛んなスポーツ。
でも妹背牛の代表的なスポーツといえば、バレーボールでしょう。
妹背牛商業高校女子バレー部は、全国的に有名な強豪校。1978年に春の高校バレーで全国優勝の経験アリ。
妹背牛町出身で同校OGの吉原知子サンは、全日本女子チームの主将として卓越したリーダーシップと世界でもトップクラスのテクニックで10年以上に渡りニッポン女子バレーを牽引した名選手。バレーボール好きなら彼女を知らない人はまずいないだろう。2004年に現役引退。
その他、妹背牛商OGでは、今年初めて全日本入りし、“ニッポンの超新星。”というキャッチフレーズで8月のワールドグランプリ大会で大活躍した庄司夕起選手(赤平市出身)に今後の期待がかかる。庄司選手には大先輩・吉原サンの後継者として頑張って欲しいものですな。
[大黒屋菓子舗]
北海道雨竜郡妹背牛町1−3
営業時間・9:00~20:00
定休日・日曜日
℡0164-32-2021

| | コメント (1) | トラックバック (1)

妹背牛町・大黒屋菓子舗 『おんぶシュー』  

今回ご紹介する妹背牛町大黒屋菓子舗】の名物菓子“おんぶシリーズ”第一弾は、
この『おんぶシュー』。
この「妹の背にのった牛」のイラストが実に可愛らしい。
町名である『妹背牛(もせうし)』の「妹」「背」「牛」という3つの漢字から、「“妹”の“背”にのった“牛”」「“妹”を“おんぶ”した“牛”」と連想したことに由来。
9月24日に、深川市にある母の先祖が眠るお寺の納骨堂に「お墓参り」を済ませた帰り、深川の隣町・空知管内(空知支庁妹背牛町(もせうしちょう)にある【大黒屋菓子舗】のお店にて購入。JR妹背牛駅の近くにあったので、間もなく発見できました。
1956年に創業して以来、長い間地元の人たちに愛されているお菓子屋さん。
かつて、妹背牛町には9店舗のお菓子屋があったそうだが、今ではこの【大黒屋菓子舗】を残すのみ。
しかし、町内きってのおしどり夫婦、現在二代目の店主・須見毅さんと奥さんの郁代さんが、先代(須見一衛さん)の伝統を継承しつつも、
豊富で斬新なアイデアを駆使した“新時代の味”を追求し続けている成果が徐々に口コミで広がり、道内に限らず、道外からも買い求めるお客さんがいるとか。
ご覧の通り
「お買い上げ後は、クッキーシューの“サクサク感”と特製クリームの“とろ~り”とした風味の変わらぬうち、なるべく3時間以内にお召し上がり下さい」
とある。
歯ごたえと素材の美味さが同時に味わえるシュークリームなのである。
当時、出来立ての『おんぶシュー』を購入。
店番をしている奥さんにわざわざ持ってきて頂いた。
・・・・ただ、食べた時は購入してから3時間以上も経っていたが。。。(苦笑)
シュー生地の上に、砕かれたクッキーがのっている。
いわば、シュークリームにクッキーが“おんぶ”された『おんぶシュー』ということ。
この画像を見ただけで食欲がそそる~~!!!!!!
細かく砕いたクッキーがまぶされたシュークリームは、パイ生地のシュークリーム(パイシュー)と共に、最近流行りの形態。
で、食べてみると・・・・おっ、外側のシュー生地のサクサク感と中のクリームのとろとろ感がたまらなくイイ!!
同時に硬軟2種類の食感が楽しめるのがミソ。
ややクッキーがクドいが、甘さ控えめであっさりとしたクリームのコク・風味が、それを打ち消してあまりあるほど美味いのだ・・・これも天然素材の良さが十分に生かされている証拠。
天然バニラビーンズの香りがまたイイネェ~...まいう~~~♪♪♪♪
とろとろのクリームが中からはみ出て、口の周りや手にベッタリとクリームがついてしまうけど、、、でもそんなの関係ねぇ~~!!!
何だか、一個じゃ物足りないな~。
もう一個食べてみて、再度じっくりと独特の食感と風味を味わいたくなるシュークリームで御座います☆
[大黒屋菓子舗]
北海道雨竜郡妹背牛町1−3
営業時間・9:00~20:00
定休日・日曜日
℡0164-32-2021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

明日は何としてもスイーツネタを・・・

◎昨日はまたしても更新できませんでした。

今日も一つのみ。

本来なら紹介すべきスイーツネタが3つあるのですが、それは明日(29日)以降のお楽しみということで。

ブログネタも合わせて紹介予定。

それでは、この辺で失礼します。

オヤスミなさい。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その170

◎今回は、約一週間ぶりに紹介する平田裕香ちゃんのブログ『ひらたゆかの日記(ブログ)デス。
最近、当ブログの更新が滞ってスミマセン、、、まぁ、誰も期待してないでしょうけど(笑)

それではまず始めに、5泊6日に及ぶ『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の京都ロケが無事終了。

ラスト2日間は、東映太秦映画村で公開収録及びトークイベントが行なわれた。

・・・・今回の京都ロケ&トークイベントお疲れさまでした!!!!
後にON AIRされるのを楽しみにしておりますよ★☆★

それにしても、22日のトークイベントの楽屋で荒木宏文クンが描いたメレ様似顔絵は上手すぎる~!

聡太郎クンのは、まぁ、アレだけど(笑)

裕香ちゃんの描いたメレ様は、女の子らしくてイイねぇ~☆

さて、先週のゲキレンジャーですが、メレ様の苦悩と葛藤が見事に表現された演技だったと思いますよ!!

胃が痛くなるまで深く考え抜いた成果が明確に現れておりました。

・・・裕香ちゃん、GOOD JOB!!!!!
今回の辛い経験が必ずや今後の糧となるでしょう…★

プライドが高く、敗者や弱いものには冷酷な悪役だけど、卑怯な戦いを嫌い、正々堂々とした勝負を好むメレ様。
そして、理央様に対してはとても一途でピュア。
そのツンデレぶりが実にめんこいのであります。

しかし、先週の放送は、自分の主義に反し、ロンにそそのかされて、相手を騙し人質をとってまで目的を遂行してしまったことに対し、もどかしさや後悔の念が「怒臨気」という思わぬ副産物を生む結果に。

怒臨気という強力な武器を身に付けた、今後のメレ様のラブウォーリアに期待☆★☆

22日の記事に添付しているセクシー&キュートなメレ様コスチューム姿に萌え~~~!!!!

21日の記事には、福井未菜ちゃんと京都市営バス(市バス)の『市バス専用一日乗車券カード』を持っている姿が。

「京都市営バス均一区間内限定乗り放題のカード。料金が500円と割安で、均一区間内で3回以上市バスに乗る場合は非常に有用なカード」

とか。これは乗り降りする機会が多い市内観光にはとっても便利。
この日は一日オフ。
お二人で仲良く京都散策を楽しむ。

その下には、ちょうど食べたばかりのアイスクリームの容器が写っている。
白玉やあんこがのった抹茶かき氷かな?
嵐山の甘味処で食べたのかも??

おや!?未菜ちゃんのことを“未菜っ子”というんだね。

それでは、裕香ちゃんは未菜ちゃんに何て呼ばれているんだろう??

……もしかして“ユカたん”かな??!
その理由は後述。

昨日(27日)更新された記事には、お寺の柱にお二人の影が伸びている様子が写っておりますな。

お二人は役柄では敵同士だけど、実はとっても仲良し。親友同士と言っていいだろう。
しかも二人とも性格がとってもイイ娘んだよね。

でもね、ちびっ子たちにはナイショだよ(笑)

話は替わって、、、26日は病気で入院する親友のお見舞いへ。
久々の再会でややぎこちない対応も、次第に打ち解ける。

そして、病気の回復を心から願う裕香ちゃん。

…ホント、友達思いの心優しきお方ですな。
大丈夫。たとえ会う機会が少なくても、その思いは必ずやお友達に伝わると思いますよ。
普段の裕香ちゃんの姿を見れば誰だって分かりますから。
一日も早い回復を願いましょう。。。。

だが、当の裕香ちゃんも、最近の撮影疲れが一気に体にきたようで、たまらず病院か整骨院で診療してもらったそう。

とにかく、出来るだけ睡眠時間をタップリとり、ロケ疲れを完全に取り除いて下さいな。

裕香ちゃんもどうかお体ご自愛下さいませ☆★☆

...突然ですが、いま一番食べたいお菓子は・・・ニシムラ(現・ニシムラファミリー)の『ユカたん』です(爆)
丸いシフォンケーキの間にカスタードクリームが入っているだけの実にシンプルな洋菓子。
名前からして、なまらめんこいお菓子なんです。

裕香ちゃんを始め、「ゆか」と名の付く道産子女性の方々は、自分と同じネーミング(ニックネーム?)のこのお菓子の存在に、一度は気恥ずかしい思いをされたと思います(笑)

何しろ、“ユカちゃん”ではなく“ユカたん”ですから...小さな女の子みたい♪
もし“裕香たん”と呼ばれたら、ご本人はきっと困惑されることでしょう。。。

まぁ、最近ではネット住民の間で、自ら敬愛する人物に「○○タン」と名付ける傾向がありますが…(笑)

北海道民にとって馴染み深いお菓子。
しかし、同商品を製造・販売しているニシムラ(西村食品工業(株)、本社・札幌市)が4,5年前に倒産して、一時は完全に同社の商品が姿を消した。

だが、まもなくニシムラの元従業員たちが、新たに会社を千歳市に設立。
ニシムラ時代の味を継承するまもなく㈱ニシムラファミリー】という社名で再出発を果たした。
それにともなって、看板商品の『ユカたん』もリニューアルして(更に美味しくなって)復活!!!!バンザーイ!♪
但し、もう一つの看板商品だった『ぽわシュー』は残念ながら復活できず。その代わり、『ミルクシュー』が新登場したようですな。

私は10年以上も『ユカたん』を食べていないので、その味は記憶の片隅に僅かに残っている程度でしたが、
今週の月曜日に、深川から札幌の自宅へ帰宅する途中(信号で停車中)、岩見沢JR幌向(ほろむい)駅周辺の国道12号沿い(12号線をまたぐ駅歩道橋の直ぐ横隣り)に店舗を構えるニシムラを何気に発見し、
更に店頭の窓に貼ってある「さらにおいしくなったユカたん」という非常に嬉しくなる文字が目に入ったので、急に食べたくなったのですよ!

それにしても、この可愛らしいネーミングの由来は一体なんだろうか???

調べてみたら何と!何と!

30年以上前、発売当初は別の名称が付いていたらしいが、たまたまニシムラの従業員に“ユカちゃん”“ユカたん”と呼ばれる女性がおり、彼女のようなみんなに愛される名称が良いのではないかという意見で一致し、名称を『ユカたん』と変更し意匠登録をしたとか。
その試みは見事に当たり、ニシムラのヒット商品となり、長年北海道民に愛されるお菓子となった…というわけですよ!!

…まさに!!裕香ちゃんにピッタリなお菓子ではないか!!!!!!

まるで、裕香ちゃんの為だけに生み出されたようなもの(笑)

今ではかなり数は少なくなったが、旧・ニシムラの店舗を引き継いだ道内の【㈱ニシムラファミリー】各チェーン店で販売されている。
札幌市内では、新札幌サンピアザ地下一階フロアにも店舗があるらしい

・・・・これは、スイーツ好き、裕香ちゃんファンとしても、是非『ユカたん』を久しぶりに買って食べてみないと!!!!

来月中にも絶対に手に入れてブログにアップしますよ☆★

では、またね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月26日 (水)

山サ煉化餅本舗㈱ 『〝江別名物〟えべつまんじゅう』

前回の煉化もち同様、山サ煉化餅本舗㈱】が製造・販売する江別市の銘菓『えべつまんじゅう』を紹介。
外装紙には江別を象徴する『野幌百年記念塔が描かれている。但し、その所在地は江別市ではなく札幌市厚別区だが(笑)
『野幌百年記念塔』は、江別市民だけでなく隣まちに住んでいる札幌市民(特に厚別区民)に馴染み深いモニュメント。
野幌森林公園内の高台にあり、しかも100メートルの高さがあるので、遠くからでもその姿をはっきりと確認できる。
北海道開拓100年を記念して100メートルの高さに設計された記念塔は、昭和45年(1970年)に完成。
腐食の進行しない特殊な鉄板を使い、外壁を鉄で作る建築物としては当時は最高の高さを誇ったという。
でも、実際は結構赤さびていて、この先保存は大丈夫かと思うほど(笑)
その内部には、江別市街地及び札幌市内中心部を一望できる8階の展望室がある。が、8階まで狭い非常用のような階段を使って上がらないといけない(笑)
但し、あくまでその展望室は塔の中央部分より下に位置し、関係者以外はてっぺんまで上る事は出来ない(本来は25階まである)。
それでも、かつて私も小さい時、2,3回、難儀な思いして上ったことがある(笑)・・・まぁ、百年記念塔といえば、ウチの高校の直ぐ隣り(野幌森林公園内)にあり、通学時にはなだらかな坂を上がっていく間はちょうど視界中央に入るので、今でも目に焼きついております。。。
話が横にそれた・・・閑話休題。
この『えべつまんじゅう』は、明治18年(1885年)から100年以上続く伝統の味。
『煉化もち』の項にも書いたが、かつて江別市は煉瓦や土管、陶器など窯業で栄えた町。
現在でも面影を留めてはいるが、かなり様変わりした。
かつては米津製菓が製造・販売していたが、同店主の引退により、
2002年に【山サ煉化餅本舗㈱】が製法を引き継ぎ販売を再開した
同店舗では『煉化もち』と二枚看板である。
10個入りで650円。
皮のきつね色の焼き目が食欲をそそる。
真空パックなので、約10日間保存できる。
中華まんのような非常にふわふわと柔らかい皮に包まれた、きめ細やかで甘さ控えめの「こしあん」が際立っている。
幾つ食べても飽きが来ない、とても上品であっさりとしたおまんじゅう。
外の皮は山芋・小麦粉・卵・膨らし粉(膨張剤)、中のこしあんは厳選された十勝小豆と砂糖のみ使用。
丁寧に蒸し上げて作られたのがよくわかる。
とにかく、ソフトな食感とあっさりとした味がたまらなくイイ!!!
・・・・近年食べた饅頭の中で一番の味です!!!!
これが伝統の味か…なまら美味いっ!!!!!
『煉化もち』と同様、こしあん好きの甘党の方に是非オススメデス☆☆☆
山サ煉化餅本舗㈱本店及びJR野幌駅前店「れんがどう」、
JR野幌駅構内売店、道央自動車道野幌パーキングエリア等で販売されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山サ煉化餅本舗㈱ 『〝野幌銘菓〟煉化もち』

今回紹介するのは山サ煉化餅本舗㈱(本店・北海道江別市野幌町8−4、JR野幌駅前店「れんがどう」・江別市野幌町50−2) が製造・販売する野幌(のっぽろ)銘菓『煉化もちです。
これはその外装及び箱(パッケージ)。レトロ調のデザインと文字が歴史を感じさせる。
先日(9月23日)、国道12号線沿いに“れんがもち”と表示された煉瓦作りの煙突の形をした看板(モニュメント)が目印の本店にて購入。
ちなみに、直営2店舗の他、JR野幌駅構内売店、道央自動車道(高速道路)野幌パーキングエリアなどでも販売されている。
北海道内の駅構内の売店で販売している〝三大銘菓(餅菓子)〟といえば、共和町・JR小沢駅(函館本線)の『トンネル餅』、深川市・JR深川駅函館本線と留萌本線の分岐点)のウロコダンゴ』、
そして、このJR野幌駅函館本線)の煉化もちである。
だが、本来「レンガ」は漢字で「煉“瓦”」と書くが・・・・この名称の由来は後述する。
↑これは、箱の中に入っている栞(しおり)。『れんがもち』がのっぽろ銘菓として今日に至る由来が記されている。
札幌市のお隣、江別市野幌は1878年に屯田兵によって本格的に切り開かれ、煉瓦・土管・陶器の製造を主産業(窯業)として発展した町。
今日では王子製紙などの大手工場が立ち並ぶ工業地帯、もしくは札幌のベットタウン化した住宅地が広がっているが、かつては国内有数の生産量を誇る江別のれんが(野幌れんが)」の町としてその名を全国に知らしめた。
まぁ、世間的には人気俳優・タレントの大泉洋クンの故郷、あるいは“半農半芸タレント”の田中義剛氏の出身校・酪農学園大学がある町と言った方が良いかも(笑)
先月まで放送していたフジテレビ系ドラマ(関西テレビ製作)『牛に願いを~Love&Farm』のロケ地(主に酪農学園大学の構内及び農場)でもある。
江別市内及び周辺の泥炭層から採取される良質の野幌粘土を使った赤いレンガは、旧・北海道庁(赤レンガ庁舎)やサッポロビール工場(現・札幌ファクトリー)始め、鉄道やトンネル・橋などのインフラ、サイロ、学校、民家、駅舎や倉庫建物などに用いられ、北海道近代化に貢献。
1975年まで夕張鉄道線が野幌駅から分岐して南幌町栗山町夕張市を結んでいた。特に、炭鉱のある夕張から鉄道で運ばれた石炭が町の発展に欠かせない大きな原動力となった。
江別市内には「江別市歴史的れんが建造物保存活用事業」の一環として、400棟を越える煉瓦造りの建造物が保存されているらしい。
現在でも江別市内に3箇所の煉瓦工場が稼動中であり、煉瓦生産量は国内シェアの20%を占る。
全国的に生産している地域が少ない現状もあり、事実上日本一である。
丸二北海煉瓦㈱北海道江別市野幌代々木町77-1
明治34年(1901年)、「久保れんが」の通称で知られる、北海道炭鉱鉄道会社野幌煉瓦工場の経営にあたった経緯を持つ、札幌商工会議所会頭・久保兵太郎氏が、当時の手抜き煉瓦製法にヒントを得て「煉瓦餅」を発案し、煉瓦工場内で雑貨商を営んでいた佐野利吉氏が創業。
佐野氏が製造・販売を開始した当初は「煉瓦餅」という表記だったが、食べられる煉瓦をイメージさせるため、俳人でもあった久保氏が「“瓦(かわら)”は食べられぬが、“瓦”が“化”けたら食べられるのではないか」との発想で「煉化餅」と名付けた…これが、明治の代から今日まで江別市民に愛され続けている野幌銘菓「煉化餅(煉化もち)」の由来である。
明治時代の歌人・石川啄木が明治41年(1908年)に当時の小樽日報に寄せた紀行文(随筆作品)『雪中行 小樽より釧路まで』の一節に
「・・・汽笛が鳴つて汽車はまた動き出した。札幌より彼方(むかう)は自分の未だ嘗(かつ)て足を入れた事のない所である。
白石厚別を過ぎて次は。睡眠不足で何かしら疲労を覚えて居る身は、名物の煉瓦餅を買ふ気にもなれぬ。江別も過ぎた。幌向(ほろむい)も過ぎた。・・・」
「煉化餅」の名が登場する。
また、昭和11年(1936年)に皇族の閑院宮様が御来道した際、お店に休憩され、「煉化餅」をご賞味したとか
そんな一世紀以上の歴史を誇る銘菓ではあるが、一時期、後継者がいないなどの理由で製造・販売を休止していた。
…販売休止当時は非常に残念な気持ちでしたが、後に復活したとの由を聞き、非常に嬉しかったです!!!!!
尚、販売再開以降は、『煉化もち』という(餅の文字が)ひらがな表記で販売されている。
ご覧の通り、この煉化もち』はお餅の中の「こしあん」がうっすらと見えるのが特徴。
それは、もち米を粉末にして加工された独特の製法によるきめ細やかなお餅だからこそ。
これは10個入り(税込み630円)のもの。他に、
付属品として、上記の「栞」と「先割れの串」が入っている。
江別・野幌の名物である「レンガ(煉瓦)」を模ったブロック型の餅菓子『煉化もち』。
但し「レンガ型」といっても、大きさは、消しゴムよりやや大きい程度の一口サイズ
…これは昔食べた時と全く変わらないね!!
懐かしい~~っ!!!
「とても小さな四角い大福」といった感じ。
しかし、小さい割にはぎっちりと「こしあん」がつまっている
なまらめんこいお菓子ですネ☆
実際に食べてみると・・・・羽二重餅に似た、柔らかくて粘り気があるお餅。この食感はたまらないね~~♪♪♪
原材料は「餅米、十勝産小豆、砂糖、塩、小豆」のみ。
北海道産の無農薬もち米を使用。
そして、なめらかできめ細かい歯ざわりの十勝産小豆から作られた「こしあん」は程よく甘く、上品な美味しさ。
これは、上質の「十勝小豆」だからこそ。
但し、食品添加物は一切使われていないので、時間が経つと直ぐに固くなり、もち米特有の歯ごたえ(コシ)が生じてしまうが、それもまた良し。
これが安心安全というもの。
出来るだけ北海道の天然素材にこだわっているんだネ☆
まいう~~~!!!!
特に甘党のこしあん好きの人にオススメですよ!!
久しぶりに食べてみて、昔の「煉化餅」と比べて餅の柔らかさ・歯ざわりがやや違う気がしたが、それでも十分に満足できました。
何より、一口サイズなので、4,5個はペロッと食べられマス。
でも、6個目からは流石にキツくなりますが、後でまた食べればいいこと。
固くなったら、油で揚げるとまた一味違った風味が楽しめるとか。
一箱冷凍してあるので、後日試してみよう♪♪
100年以上に渡り、地元の人たちや文化人に愛され続けている理由がそこにあります☆★☆
このお菓子が復活して良かった!
尚、煉化餅本舗の2店舗では、この煉化もちの他に、店自慢の大福や串だんご、どら焼き、草しんこ(草大福)、わらびもち、ゼリーなどの他、『野幌風物れんがくるみ餅』、江別銘菓の『えべつまんじゅう』が販売されている。
『えべつまんじゅう』についても、引き続き紹介しますよ。
山サ 煉化餅本舗]本店
江別市野幌町8ー4
営業時間・9:00~18:00
定休日・月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

明日は遠出します。

◎今日は時間が無くて、予定していたグルメネタを更新できませんでした・・・。

事前の予告どおり、明日(24日)は遠出するので、更新が出来ないかもしれません。

従って、グルメネタ及びブログネタの更新は明後日(25日)以降となります。

あしからず。

それでは、おやすみなさい☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉(BlogPet)

きのうは温泉を激化しないです。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月22日 (土)

昨日は“あつかった”なぁ・・・

◎昨日の札幌“あつかった(暑かった)”なぁ~...てか、今でも(午前1時現在)部屋の中は29℃と相変らず蒸し暑いです(笑)

昨日の北海道内は、台風から替わった温帯低気圧の影響で、南から暖かい空気が上空に入り込み、9月下旬にして、道内各地で30℃以上の「真夏日」を記録したわけですが・・・先週あたりから、日中の最高気温が20℃前後まで下がり、ようやく秋めいてきたなぁと思ったら、突然の猛暑。

9月22日に「真夏日」とは・・もう彼岸入りしているのに何故???

特に、我が街・札幌市は昨日正午の段階で最高気温が31.1℃と、1879年から観測を開始して以来、128年間の札幌市の気象データの中で「史上最も遅い〝真夏日〟」となった。

それまで、札幌市で史上最も遅い「真夏日」の記録だったのは1921年9月18日に観測した30.1℃。それが、昨日9月22日正午、86年ぶりに更新されたというわけ。しかも、気温も+1℃更新のオマケ付き。

これは札幌だけにとどまらず、道内の179の観測地点で17箇所も「史上最も遅い〝真夏日〟」の記録を更新。

ちなみに、北海道内で一番暑かったのは網走支庁・北見市常呂町(旧・常呂町)で32.5℃

・・・・昨日の北海道沖縄より暑かったんだよ(笑)

この、札幌の「史上最も遅い真夏日」の話題は、各局の全国ニュースでも度々取り上げられました☆

午後から雨が降り出して、非常に蒸し暑かったけど、全国ニュースで取り上げられて何だか嬉しかった。。。(笑)

そして、、、“あつかった(熱かった)”といえば!我が北海道日本ハムファイターズも同じ。

昨夜、札幌ドームで行なわれた北海道日本ハムファイターズvsオリックスバッファローズ」の試合は、我がファイターズが久しぶりに打線が大爆発して、13-5とバッファローズを圧倒。3回まで3点リードされ、5回にも同点に追いつかれる劣勢を見事に跳ね返す勝利!!!

見ていて、非常に熱い試合内容でした♪♪

同じく昨日、2位の福岡ソフトバンクホークスが敗れたため、ついに!我がファイターズパリーグの優勝マジック「8」が点灯!!!!

あとは、リーグ優勝、そしてクライマックスシリーズ制覇(日本一)目指してひたすら突き進むのみです!!

ケッパレ!!北海道日本ハムファイターズ!!!

したっけ、オヤスミなさい。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月21日 (金)

㈱キョーワ 『マリー・モコリン 〔リボンストラップ〕』

数多くの奇想天外な「北海道限定キャラ『まりもっこり』」シリーズを世に送り出した㈱キョーワ】(札幌市西区)。この会社の発想の豊かさにはホント恐れ入りますよ(笑)
お次は、まりもっこり』の女の子バージョンマリリン・モンローと「マリモ」を掛け合わせた?『マリー・モコリン』の〔リボンストラップ〕タイプを紹介。
女のコらしさを強調する為??このストラップにはピンクのビーズとリボン型のアクセサリーが付いている。
そして・・・・マリリン・モンローといえば、このセクシーな白いワンピース姿
しかし、顔は『まりもっこり』と全く同じエロ目にピンクに頬を染めた恍惚たる表情...これは基本だからね(笑)
まりもっこり』の“彼女”的存在なのだろう。
パッケージには『まりもっこり』が求愛ポーズをしているが、はっきりとしたキャラの位置づけは良く分からない・・・というより、深く考える必要がないか(笑)
分かりづらいが、これは地味に“グラビア(谷間寄せ)”ポーズでキメている姿だ。
古い流行語で例えるならば“だっちゅーの”ポーズか←今や誰も使わない
で、よーく見ると・・・
OH!!モウレツ~!!!
期待通り“丸見え”です(笑)
そして、後姿がこれ。
お約束というべきお下劣な姿
だが、ここまではっきりとパンツを見せつけられると、まるでワカメちゃんみたいだな(笑)
後頭部には大きな赤いリボンを付け、「HOKKAIDO」の文字が。ギザカワユス☆
今後も続々と新バージョンが登場すると思われる。
まりもっこり旋風は留まることを知らない。。。。
これからも、手に入り次第、まりもっこり』グッズを紹介して参りますよ★☆

| | コメント (0) | トラックバック (20)

㈱キョーワ 『まりもっこり(初期型・緑ジャージタイプ) 〔ビーズストラップ〕』  

只今、北海道内の観光地にある土産店には必ず売っているという北海道限定の超人気キャラクター『まりもっこり』。
観光土産品を製作する㈱キョーワ社員が北海道・阿寒湖名物「マリモ」〝もっこり〟を掛け合わせた?半ば“シャレ”で売り出したものだが、そのあまりのバカバカしさに北海道民に限らず、観光客にも大ウケ。
現在では全国的な知名度を誇る“ご当地キャラクター”“北海道名物”へと成長した。
更には、『あおもっこり』や『べにいもっこり』など、類似キャラクターも全国各地で登場するようになった。
しまいには、ゲーセンにあるUFOキャッチャーに『まりもっこり』のマスコットタイプ(ぬいぐるみ)を取り扱っているマシーンもあるとか…。
当ブログでは、去年の10月10日に『ひぐまもっこり』『スーパーまりもっこり』『スーパーじゃがいもっこり』の3つを紹介したが、
今回は、その“初期型”“第1号(元祖)”ともいえる緑ジャージ姿の『まりもっこり』で、〔ビーズストラップ〕タイプを紹介。
お馴染みのエロ目ピンクに頬を染めた嬉しそうな表情。あるいはエロい事を妄想し、恍惚感に浸っているようにもみえる(笑)
股間の〝もっこり〟部分を更に強調するかのような“コマネチ”のポーズ・・・・OH!下劣~!!
そして、胸の部分に「まりもっこり」と記された名札ワッペンを縫い付けた、学校指定ジャージ風の格好。マリモを擬人化するにも程がある(笑)
・・・・見ていると脱力してしまうような“ユルキャラ”“おバカキャラ”の代表格だ。
しかし、他のご当地キャラにはない、底知れない不思議な魅力があるのは確かである。
背中には「HOKKAIDO」の文字が
もはや何でもアリの?様々なバージョンが後から続々と登場しているので、このまりもっこりは至ってシンプルにみえる。
初めて見たときは、その奇抜な発想とお下劣キャラに面食らったが…(笑)
しかし、意外にもこの“初期型”は店頭ではあまり見かけなくなり(新バージョンを多く扱っている店が多いため)、まりもっこりの“聖地”である阿寒湖畔の土産店でようやく手に入れたものである。
改めて、味のあるキャラクターだな。。。
非常に興味深いので、今後も機会があれば『まりもっこり』シリーズを買い続けることにしよう…☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

ユカいな平田サン その169

◎さてさて、16日・17日・18日(7回)と3日間に渡って連続更新された平田裕香ちゃんの『ひらたゆかの日記(ブログ)』を紹介しましょう。

まず、獣拳戦隊ゲキレンジャー』の東映公式サイトや、同出演者たちの公式ブログ万平☆Funny BLOG』、『鈴木裕樹 BLOG』、『荒木宏文 BLOGなどから、
今週からゲキレンジャーの撮影は京都で行なわれている模様。

メインとなるロケ地は東映太秦映画村

その撮影の合間を縫って、18日(火)に一日オフだった裕香ちゃんは京都市内の観光を楽しむ。

更新順と(『今日の足跡、、、、、』の冒頭部分の)「妙心寺をあとにし、一両編成の嵐電に乗って終着駅で降りると、そこは…」との一節から、
嵐電(京福電気鉄道)】(嵐山線徒歩により

金閣寺=(徒歩)⇒仁和寺=(徒歩)⇒妙心寺=(嵐電)⇒嵐山

というルートで市内観光を楽しんだようですな。

尚、金閣寺(鹿苑寺)仁和寺は世界文化遺産「古都京都の文化財」の一部。

妙心寺では「天井画雲龍図と浴室をガイド付きの14:40分の回を見学。」したとか。

妙心寺『法堂』にある天井画雲龍図は“早熟の天才絵師”と呼ばれた狩野派の絵師で江戸幕府の御用絵師の狩野探幽による作品。
裕香ちゃんいわく〝構想三年 描きはじめて五年 計八年〟とか。それだけ、精魂込めて描かれた作品といえる。

「この雲龍図は、俗に鏡天井と呼ばれる禅宗の法堂(はっとう)の天井に描かれているものです。
明暦2年(1656)、狩野探幽(1602~1674)55歳の筆によるものです。鏡天井の端に大きく描かれる「狩野法眼守信筆」の黒文字は、龍図とともに迫って来る勢いがあります。
龍の眼は、円内の中心に在るといいますが、立つ位置、見る角度によって変化します。ぜひ、一度その迫力をご自身の目でお確かめください。」

と携帯公式サイトにて紹介されている。

また、【法堂(はっとう)】とは、禅寺の僧侶が仏教を講義する建物。禅宗以外では『講堂』と称される場合が多い。

「7つのなんたらがあったり池とか、
なんか、いろいろ聞いたのに、呼び名忘れちゃった・・・・。」

……それは、妙心寺の山内塔頭38箇院の一つ、東海庵にある白砂に7個の石を並べた『書院南庭』。

「なんか、大奥みたいって思ってたら、三代目徳川将軍家光が 春日の局になんたらかんたらって書いてありました。」

……それは、妙心寺の山内塔頭38箇院の一つ、麟祥院(りんしょういん)』。
1633年(寛永11)に徳川第三代将軍家光が乳母・春日局の追福を願って(弔うために)創建された。
麟祥院には、春日局の木像と(狩野探幽筆の)肖像画がある。

将軍家光の乳母(うば。育ての母親)である春日局は家光の代に、将軍の権威を背景に大奥のトップに君臨。本名・齋藤福。
春日局の父は明智光秀の重臣であり甥(実際には従弟)とも言われる齋藤利三。
夫は稲葉正成で、徳川家の家臣として仕えた。
正成との間に生まれた息子・正勝子孫が代々継いだ稲葉家も山城国(現・京都府)淀藩10万2000石の譜代大名として明治時代まで続いた。

妙心寺『浴室』別名「明智風呂」と称され、春日局の父・齋藤利三が仕えた明智光秀を弔う為、天正15(1587)年に、明智光秀の叔父である密宗によって建てられた。明暦2(1656)年に再建。

但し、東海庵麟祥院は年に何回か特別公開(特別拝観)されるのみ。
妙心寺の塔頭の中では常時一般公開しているのは『退蔵院』のみ。

通常は見学不可の東海庵麟祥院は外側(門の手前)だけを見学したか、あるいは、パンフレットに書かれている様な説明をガイドから聞いたのでしょうな。それにしても妙心寺は広い!!

歴史好きで神社仏閣好きの私は、上記の事に関して色々と調べただけで“ワキワキ”しましたよ(笑)

そして、最後に行った嵐山では、当初の目的の一つだった京都土産が売っている売店が次々と閉まってしまって残念でしたね。
でも、美味しい物を沢山食べたようだし、行き当たりバッタリの旅だったから、それでも十分に満足だった様子。

10月下旬~11月上旬頃には京都は紅葉の見頃を迎える。紅葉の名所である嵐山近辺はさぞや絶景なんでしょうな。
写真は嵐山の桂川に掛かる渡月橋

ひょっとして裕香ちゃんは、タレントショップ狙いだったのかな?(笑)

ちなみに、19日と20日にはゲキレンジャーの公開撮影(既に終了)が、
22日にはその【東映太秦映画村】にて出演者7人によるイベント(「獣拳戦隊ゲキレンジャー トーク&抽選会」)が行なわれる。

――――話は遡って、、、16日と17日の更新分は、16日に大阪・日本橋の信長書店にて行なわれた「DVD『MAI MALU!』発売記念イベント」にまつわるエピソード。

大阪に前日入りした裕香ちゃんは、市内のホテルで温泉に浸かり、日頃の疲れを癒す。
ブログでは、入浴後のやや赤く高潮した美肌フェイスを披露。なまらめんこい♪♪

そして、翌日に行なわれた初の大阪のイベントは大成功に終り、裕香ちゃんは

「いやぁっっ!本当に楽しかった!!!
私はとっても楽しかった☆☆☆

心のこもったお誕生日プレゼントも沢山いただきましたっ!

そしてなにより新鮮だったのが、
トークショーの時と握手をしているときに聞く 関西弁(>_<)♪

こ気味良いテンポと抑揚のある関西弁

う゛~、来れて良かったぁっ(/_;)

ほんとに、あ り が と う ご ざ い ま す ! ! ! ! 」

と大いにお客さんとの触れ合いを楽しみ、大満足。
そして感謝の弁。

良かったね、裕香ちゃん★☆

ピンクのドレスに花飾りを付けた裕香ちゃん、なまらめんこい!!!!!

これまで、あまり関西弁を直に聞く機会が無かったんでしょうな。
関西弁の一種・三重弁を話す福井未菜ちゃんぐらいか。
でも、未菜ちゃんは撮影現場では台詞に限らず、普段からあえて標準語を意識して使っていると思われるので、裕香ちゃんは殆ど聞いた事がないかも。。。

とにかく、関西エリアでのファン拡大という観点からも鑑みて、今後も大阪でイベントが頻繁に開催されれば宜しいですね☆★☆

...てなわけで、今回の更新分はこれにておしまい。

したっけ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

明日以降の予定は…?

◎さ~て、明日の予定は・・・ひたらゆかの日記(ブログ)“ご当地グッズ”ネタを紹介予定。

明後日以降はまだ未定ですが、いくつかの「ぶろぐねた」を考え中です・・・あっ、そうだ。この際だから、早めに言っておきましょうか。

24日(月)は遠出するため更新できないかもしれません。その代わりと言ってはなんですが、その当日はグルメネタをタップリと仕入れに行きたいと思います...ま、どうでもいい話ですけど。

したっけ、まだ早いですけどこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日間のしょこたん&あかりん&きゃんち

◎約1週間ぶりに、貪欲ヲタトリオの人気ブログを紹介いたします。

今回は余談を挟まず、早速行きますよ。

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ』

今日(9月19日)は『しょこたん☆かばー×2~アニソンに愛を込めて!!~』の発売日!!

それに伴い、ブログのテンプレートも同アルバムのジャケットと同じ“しょこたん☆かばー仕様”となった。

ギザカワユス!!!!

…一応、アマゾンで予約済みです。明日か明後日に到着予定。。。

期間限定の購入者特典サイトを楽しみにしております☆

それより、、、こんな大事な時に大事件が発生!!!

しょこたんが寝ている間に、何と何と!桂子さんがハサミでまつ毛を切ってしまったのだ!!

「阿鼻叫喚前代未聞森羅万象以心伝心馬耳東風奇々怪々




寝てる間に桂子にまつげをはさみで切られた
もう長さが1/3くらいしかない

理解できないいろんな事迷惑かかるのになにかんがえてんだまじで(´;ω;`)

まつげエクステが長すぎるから取れとかずっと言ってきていましたがメイクで問題ないし時間もないから無視していたんだが
今朝起きたら
はさみでまつげ切られてた
切った残骸が顔中に!!!
(´;ω;`)

自分のまつげごと切られたからビューラーもできないくらいひどいことに

(´;ω;`)(´;ω;`)
今大泣きしてます
外に出てから気付いたから電話したら、
知らない!とか言われたあげく、しつこい!と逆切れされるしまつ

(´;ω;`)涙がとまらないなにこれなぜこんな事されるんだ(´;ω;`)
まつげエクステやりなおす時間もないし(´;ω;`)別人(´;ω;`)
ひどい…まつげは女の子の命だよ…」

……桂子さんにとっては、しょこたんの長いまつげが気に入らなかったのでしょうが、まさか“実力行使”に打って出るとは...桂子さんは長いまつげに対して嫌な思い出でもあるのだろうか????

これはいくら何でも強引過ぎる。衝動的にも程がある。前代未聞のミステリーだ(苦笑)

しょこたん、あまりの非業にひたすら泣き暮れている...とても気の毒だ・・・。

もう、こうなったら、ひたすら伸びるのを待つしかないね。その間は、まつげのエクステで乗り切りましょう!
ただ、今日の場合は早急に出かけないといけなかったから、しょうがないよ。
第一、実際に見ても、まつ毛が短くなったかどうかなんて、はっきりと分からないと思うよ。世の中そんなもんです。

今夜の9時からスタートするYahoo!プレミアムライブはYahoo会員限定で実際に会場で観覧できるらしい
が、既に締め切っている。

とにかく、今夜は【Yahoo!ライブトーク】のサイトで、リアルタイム動画を楽しみましょう!!!!

・・・・・さあ、あともうすぐで始まるね。ジャケットの赤い着物姿で登場するのだろうか??
とても楽しみ♪

まつ毛の事は一切忘れよう!!

早速、しょこたんはライブに備えて腹ごしらえ。美味しいオーベルジーヌのカレーを食べて、すっかりと立ち直り、元気回復。これで、今夜のライブは大丈夫だね☆

それにしても、本当に壁のシミや勝彦さんからのメールが存在するんだね...今日の桂子さんの奇怪な行動は、もしやその呪い???

★喜屋武ちあき『きゃんちまいんち!』

きゃんちは、ブログの補足機能「メールフォーム」を使って、読者と交流している。
日頃から男女問わず、多くの質問やファンメールを貰っているようだ。
きゃんちファンが多い証拠。

読者のメールを読んで、ちょっとおセンチになるきゃんち。
秋になると無性に寂しくなるらしい。

でもまぁ、今のきゃんちには、しょこたんよきゅなど多くのヲタ友?がいるし、ちっちや愛犬・メイだっているしさ。
きゃんちまいんち!しょこたん☆ぶろぐやこのあと紹介する『小明の秘話』と共に、ネットの世界では人気上位のタレントブログ。
それだけ、自分の考えに共感し、注目してくれる多くの“仲間・ファン”がいるって事だから、寂しくなんかないよね。
実に羨ましいよ。

第一、秋は紅葉が綺麗で、収穫の時期だから美味しいものが沢山ある。
だから、楽しいことがいっぱいあるんだよ。

ちょっと見方を変えてあげるだけで気分が全然違う。
要は、人生は考え方次第なんだよね★☆

「私も、ブログはもちろん、いろんなところに時間問わず出没して、寂しくないって思ってもらえるようにがんばろーと思います。 」

…見ている人を元気付ける真の癒し系アイドルを目指して下さいな☆

業界人も注目しているブログらしい。。。。

うつぶせ・あおむけ姿のきゃんち萌え~~~!!!!

一昨日は、同じ中野腐女子シスターズよきゅ(乾曜子ちゃん)と一緒にカラオケボックスで24日のライブ『腐女らNight LIVE vol.6~腐女が如く~』(原宿アストロホール)に向けての練習をしたり、よきゅん家でアニメ鑑賞。日頃から徹底的に腐女子に徹している。

そんな彼女達の挨拶・合言葉は「こんばん波」「こんにち波」「腐っバイ」「ぇがんばりぉん」など。
ギザスバラシス。

「24日の腐女子シスターズのライブ来られる方はもりあがりましょー!地方にも行きたいなぁ・・・。
でも、実はもうすぐ、日本の北に行けるかもーです!!!」

……何!?「日本の北」って何処???
ひよっとして、もしかして!!…コナン(虎南有香)ちゃんつながりで北海道上陸?!!!
これは期待大ですぞ!!!!

今後のきゃんちまいんち!は要チェックですな☆★

●9/22発売(北海道版、九州版は25日)の雑誌『B.L.T.』にて中野腐女子シスターズの連載がスタート!

★小明『小明の秘話

相変らず、休日は引きこもりんぐなあかるん。
それでも毎日早起きだけは欠かせない…これもあかりん的には立派な健康自慢になるんだね(笑)

今日(19日)は台風12の接近に伴い、否応無しに自宅待機。
いつも通っている学校(大学)はお休み。雨風の音にビビるあかりん。

「だからおうちから出ないです。
収まるまで外に出るなって言われてるし出ないだす。
おとなしくおうちのなかでじっとしてるだす。」

……どっちみち、外には出たくないんだからさ(笑)

問題なのは、このあと日本列島に再接近する可能性があること。
そうなると、今後、日本海ルートで北上し、東北・北海道を直撃・・・ということにならなければ良いが、、、。

現在はIさんとの共同生活を送っているが、早くて再来週にも引っ越して一人暮らしをする予定だとか。
但し、延び延びとなる可能性あり。

「ルームメイトは日本人のIちゃんだけど、
フロアメイトはたくさんいて、
リビングにあるものはどれだ誰のだかわかりません。
1フロアーをだいたい6~7人で使っているよ。
部屋は大体4部屋で二人で一部屋。
ブラジルとかチェコとかロシアとか、
そのあたりの若い女性がたくさんで麗しいです。
交流はあまりないけど、
自然とわたくしのリアクションも欧米風に。」

とのこと。留学生が沢山集うアパートか。賑々しい雰囲気。
あかりんは、インチキ欧米人になりすますのが密かな楽しみらしい(笑)

それより、妙に室内が暗い。
電気代を節約しているのかな?と思いきや、単に電気を付ける気力がないらしい。
これは重度の引きこもりだな(苦笑)

でも、規格外のキュートさは依然として変わらない。これが根強い人気の秘密。
やはり、アイドル業は休止しても、ネット界では「アイドル」として十分に通用するようだ。

台湾にも日本のアニメや漫画が好きなアニヲタ・コミックヲタがいる。
現地のデパートで開催されている、子供が書いたポスターの受賞作品には、あかりんいわく「萌え系!!!」と称する作品もあり(笑)

依然として、学校では、例のおバカな日本人女子に「しょこたん」「アキバ系ヲタク」呼ばわりされているようだが…まぁ、楽しければいいか(苦笑)

やっぱり、海外生活が長くなると恋しくなるのが日本食。
“日本ブーム”というのもあってか、台湾のスーパーには多くの日本食が売られている。
ウォーーー!!赤いきつねだ!!!
関東関西では味が違うんだよね。更には、北海道限定の赤いきつね『北のきつねうどん』もあり。
私はどん兵衛より赤いきつねが好きだな~~。

栗せんべい…? 何だそれ!?
今回初めて知ったんだけど。。。

静岡県沼津市にある老舗和菓子店「御菓子処 ほさか」の『栗せんべい』が有名らしいね。東海地方の銘菓とか。

少なくとも私の地元では一度も見たことがない・・・。

それより、この怪しいケーキ群は一体なんだろう?
18禁のマーク入り女体?おっぱい?ケーキ、ピカチュウのニセモノキャラ型ケーキ、大きな桃の形をした「桃太郎」ケーキ・・・こんなの買う人いるのか???

街角で変なモノが多く売られている台湾は冒険心をそそりますな(笑)

...今回はこれくらいで締めさせて頂きます。

また次回☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年9月18日 (火)

明日は通常通り更新予定・・・

◎昨日、今日と、時間が無くてまともに更新できませんでした・・・。

明日は通常通り、幾つかのネタを更新する予定です☆

それでは、ちょっと早いですが、この辺で。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

㈲ハッカ豆本舗 『ハッカ豆』 

前回紹介したハッカ物語に続く北見土産として購入した、【㈲ハッカ豆本舗】(北海道北見市豊地22番地15)の『北海道銘菓(北見銘菓) ハッカ豆』を紹介。
北見名物のハッカ(ミント)を使ったお菓子第二弾です!!
ご覧の通り、見た目は同じ北海道(旭川銘菓)の『旭豆』に非常に良く似ているね。
かなり昔から売られているものだが、これは初めて買った。
一体どんな味なのだろう…?
ホント、地域ネタ・歴史ネタは面白い。。。。
パッケージのマークや表記に注目。
この『日本銘菓選定品』とは、どういった趣旨の賞に選ばれたかはっきりとは分からないけど、多分凄いのだろう。
「ツルのマーク」が目印の優良道産品推奨協議会に〝推奨〟されているので、品質の良さは折り紙付き。
その上、過去に【全国菓子大博覧会】の総裁賞と大臣賞の受賞(受領)歴があるれっきとした銘菓である。
食品添加物は一切使用していないのも好感が持てる。長期間の保存が利くのもイイね。
優良道産品推奨制度とは、公的試験研究機関等による品質審査の基準に合格した道産品を優良道産品として推奨する制度。
合格するとこの「ツルのマーク」の使用が許可され、良質な道産品としてのお墨付きが与えられる。
【全国菓子大博覧会】は5,6年に一度、全国各地で行なわれる日本最大の菓子業界の展示会・品評会で“お菓子のオリンピック”と称される。
次回(第25回)は2008年4月18日から5月11日に掛けて兵庫県姫路市にて開催される。尚、同開催の“広報宣伝部長”には同市出身のあやや(松浦亜弥)が起用された。
炒った大豆にビート糖(てんさい糖)や小麦粉をコーティングしたもの。実にシンプルなお菓子だ。
外見は、上述触れたように旭川銘菓『旭豆』とまんまそっくり。「コンペイ糖」のようなゴツゴツとした形…というか「モヤットボール」のようだ(笑)
ハッカ油を使っているかいないかの違いだけで、製法も『旭豆』とほぼ同じ。
このハッカ豆には青海苔が付いている“おまけの豆”が入っている。
実際に食べてみると・・・・たしかに、味も『旭豆』とよく似ているが、同時にハッカの風味が口の中に広がるのが特徴。
ただ、思ったほどハッカの香りがしない。割と控えめ。
ハッカ物語と同様にサクマドロップスのハッカ飴のような味。
従って、口の中でスースーとはせず、ピリピリとした“辛さ”も全くない。
これもハッカ(ミント)系のお菓子が苦手な人にはやや不向きか。
でも、ビート糖の甘い味と大豆の香ばしさ、そしてハッカの風味が実にマッチして美味しい!!!!
あと、カリッコリッとした大豆と砂糖の歯ごたえもいいんだよね~~♪♪
甘いけど、食べだしたら止まらなくなるね☆★☆
但し、青海苔が付いている豆については…これはややミスマッチに近い。
まるで、磯っぽい青海苔風味とハッカのが口の中でケンカしているみたいだ(笑)
まぁ、これもまた「いとをかし」ということで。。。。
暫らく経ったら、また食べよ~うっと☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

㈱山樹氷 『ハッカ物語』

先月、両親が北見土産として買ってきた㈱山樹氷】(北海道北見市泉町3丁目10-30)の『北海道銘菓(北見銘菓) ハッカ物語』を紹介。
商品タイトル横に〝ハッカ入大粒甘納豆〟と併記されているように、白花豆の甘納豆にビート糖(てんさい糖)と小麦粉などをコーティングしてハッカの香りを加えた豆菓子。
昔から『ハッカ樹氷』や『ハッカ豆』、『ハッカ飴』、『ハッカ油』などと共に、北海道土産・北見土産として有名である。
子供の頃以来かな。これを手に入れのは。
いやぁ~、懐かしい~~♪♪♪
パッケージ裏には、北見ハッカの由来が記されている。
北見市の名物と言えば、全国一の生産量を誇るタマネギと、あともう一つ、『ハッカ(薄荷)』である。
いわゆる『ミント』のこと。シソ科ハッカ属の多年草で、ハーブの一種。
そのうち、日本で古来から自生・栽培されているのはニホンハッカ(ジャパニーズ・ペパーミント、和種薄荷)と呼ばれる品種で、単に『ハッカ(薄荷)』と称されることも。
ハーブティーに入れる外国産(原産地・ヨーロッパ)の『ミント(ハッカ)』の葉は、別名・セイヨウハッカと呼ばれる『ペパーミント』を指す。
『ハッカ(ミント)』から抽出したハッカ油に多く含まれる『メントール』と呼ばれる成分は、お菓子やチューインガム・飴など食品の香料や、歯磨き粉(口中清涼剤)や虫除けスプレーなどの生活用品の他に、シップ・咳止め・塗り薬などの患部の炎症を軽減する医薬品として利用される。
摘み取った『ハッカ(ミント)』の葉から水蒸気蒸留によってハッカ油(取卸油(とりおろしゆ))を抽出し、さらにこれを冷却して成分のひとつである『メントール』を再結晶させて利用される。
近年は天然モノの『ハッカ』から作られた物より、化学的に合成された『メントール(合成ハッカ)』が多く出回っている。
それが、国産の『ハッカ』、とりわけ、一大産地である北見地区を含めた網走管内で採れたハッカが急速に衰退する起因の一つとなった。
北見の『ハッカ』は、明治時代初期(1884年)に、それまで『ハッカ』の一大産地だった山形県から北海道へ入植した開拓者により伝えられたことから始まる
とりわけ網走地方の北見地区は(野生の)ハッカが自生していたこともあり、北海道の中でも最も『ハッカ』の栽培に適していた気候だったことに加え、
「とてもお金になる」換金作物として、栽培する農家が網走管内で爆発的に増えていったのが「北見=ハッカの町」として有名になった所以。
(パッケージに書かれているように)昭和11年(1981年)には「北見ハッカ」の生産量が全国生産の56%、昭和13年(1938年)には世界の70%を占めるようになり、文字通り、北見は世界一のハッカの産地となった。
当時世界経済の中心だったロンドン市場やニューヨーク市場に「北見ハッカ」の名を轟かせたのである。
更には、投機的な目的でハッカを大量に買い付ける輩も出現した北見の“ハッカ景気”は、まるで“チューリップ景気”、“平成のバブル景気”だ。
特に、お札を燃やして明りの代わりとしたという“ハッカ成金”の件は、“船成金”と同じ典型的な成金富豪の例。
しかし間もなく、日中戦争(太平洋戦争)の激化による国家統制の強化によって、大規模な『ハッカ』の減反と、食料となる他の農作物への転換を余儀なくされ、ハッカ油の生産が途絶えてから、あっという間に“ハッカ景気”は崩壊。
それでも戦後、「北見ハッカ」は見事な復活を遂げる。
終戦後、北見市を中心に23市町村の農家が薄荷耕作組合を結成。昭和25年(1950年)の朝鮮戦争によるアメリカ向けの需要が増大し、『ハッカ』の作付面積は拡大。
だが長くは続かなかった。インド、ブラジル、中国などの外国産の安いハッカ(ペパーミント)が輸入されてから、「北見ハッカ」は衰退の一途をたどる。
1960年頃にはコストが安く上がる人工の「合成ハッカ」の登場、1971年のハッカ輸入自由化により、北見地区のハッカ栽培はほぼ消滅
そして昭和58年(1983年)、細々とハッカ油の生産を続けていた「ホクレン北見薄荷工場」も、ハッカ輸入関税引き下げにより大打撃を受け、やむなく閉鎖。
約半世紀にわたる「北見ハッカ」の歴史に幕を下ろした。
「ホクレン北見薄荷工場」の事務所は、現在は北見のハッカの歴史を後世に伝えるという観点から【ハッカ記念館】として復元・保存され、ハッカ関係資料の展示及び公園として公開されている。
また、平成14年には、【ハッカ記念館】の公園敷地内に、蒸溜実演の場として【薄荷蒸留館】がオープン。
田中式と呼ばれる大きな樽(蒸留釜)で乾燥ハッカの葉を蒸し、その水蒸気を集めて油と水にわけて取卸油という精油を取る課程を、当時の釜や道具などから見ることができるそうだ。
ちなみに、北見市内の仁頃地区(北見市仁頃町301番地)には【仁頃はっか公園】もある。
公園中央部には、昭和初期にハッカの取引によって財を成したハッカ商人・五十嵐弥一の豪邸を同公園内に移築した【ハッカ御殿】があり、その物置には当時を偲ばせる農機具や生活用品、「田中式蒸溜機」が展示されている。
また、公園敷地内には54種のハッカが栽培され、同公園産のハッカを原料とした製品作りにも着手している。
7月下旬から8月下旬の間は『エゾミソハギ』の群生が満開。
今や道東観光の目玉の一つとして【ハッカ記念館】及び【仁頃はっか公園】は欠かせないものとなっている。
それから、現在では数件の農家のみが栽培しているという北見産の『和種薄荷(ジャパニーズミント)』は生産量が少ないので希少価値が高く、秋から翌春までの半年間の期間限定で北見市内の売店かネットで一部販売されている。
今回改めて北見ハッカの歴史を調べてみたら、非常に興味深い。
【ハッカ記念館】【仁頃はっか公園】にも行ってみたくなった。
思わず、貴重な『和種薄荷』が欲しくなったよ・・・。
ちなみに、この白花豆北見市を含めた網走地方で採れたものである。
日本では北海道が主要産地。スズラン印で有名な日本甜菜製糖の工場がある十勝産のものが有名。
開封すると、豆の匂いやハッカ、いや、一瞬、歯磨き粉のような匂いがした(笑)
結構デカくて、直径約3センチのラグビーボール型をしている。これが白花豆たる所以。
おまんじゅうやモナカの「白あん」はこの豆から作られる。
外側が白っぽいのはビート糖(てんさい糖)。
見た目は、めんこいお菓子だネ☆
この北の大地から生まれたお菓子、早速食べてみましょう...とても懐かしい甘納豆とハッカの味。
ミント特有のスーッと爽やかに口の中に広がる“辛さ”は全く感じない。
サクマドロップスに入っている昔ながらの白いハッカ飴のような味と言っていいだろう。
しかも、甘納豆のお菓子なので結構甘~~い!(笑
ただし、軟らかくて食べやすい。ハッカと白花豆の風味が堪能できる豆菓子である。
しかし、この手のハッカ系のお菓子は、好き嫌いがはっきりと分かれる。
初めて口にして、全く受け付けない人も多いとか。
サクマドロップスのハッカ飴もそうでしょ。最後までドロップ缶の底に残っちゃうパターンの人には不向き。
チョコミントにしても同じ。
逆に、好きな人にはたまらないというわけ。
私は全然平気。「マニア受け」するものは大抵好きだからね(笑)
北海道名物・北海道限定モノにはこの手のものが結構あるが、前にも書いたけど、これはこれで良い。
人も同じで、アクが強く、個性的なものほど面白く、奥が深いのである。
もちろん一方で、お寿司・海産物・農産物・乳製品やプリンやチョコレート、ケーキ類などのスイーツ系に代表される、皆が大好きな「万人受け」するものが北海道名物には数多く存在するので、実にバラエティに溢れていると思いますよ!!
これだから北海道名物・限定モノを極めたくなるんだよね。
好奇心旺盛でBグルメ好きなので、ホント興味が尽きません!!!
私はこのお菓子が好きなので、久しぶりに“北見の味”を美味しく頂きましたよ~♪♪♪
今後もし北見に行ったら、次は姉妹品のハッカ樹氷を買ってみよう~っと☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欄(BlogPet)

きのう、原材料欄みたいな発言したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

ユカいな平田サン その168

先ほど日付が替わって、9月15日の今日!

記念すべき!!24歳のお誕生日を迎えた平田裕香ちゃん!!!!!

お誕生日オメデトウ!!!!!!! 

いやぁ~~~~、非常にめでたい限り!!!

日頃の活躍ぶり、非常に頼もしく思います。
応援してこれほど嬉しいことはない!!

かつ、我々道産子の精神・魂は決して忘れずにいらっしゃる・・・・同じ道産子として、こんなに嬉しいことはありません!!!!

心優しきなまらめんこい女の子・平田裕香ちゃんは、我々道産子の“良識”であり“期待の星”です!!!

そして、北海道のイメージアップに貢献し続ける“掛け替えの無い存在”、、、我々の“誇り”であります!!!!

『獣拳戦隊ゲキレンジャー』でメレ様役の萌え~なツンデレぶりとセクシーな衣装により、只今人気急上昇中の裕香ちゃん。

まさに当たり役となりました。しかも、老若男女を問わず人気を獲得!!…非常にイイ傾向です!!

このまま順調にファンが拡大し続け、大女優のへの階段を一歩ずつ上って欲しいと思いマス☆☆

これからも鋭意期待しております!!!!

私は立場上、表立った活動は出来ませんが、
今後も変わることなく、同じ道産子として、いち道民として、北の大地から地味~に応援して参りますよ☆★☆

今後の人生において、更に飛躍できる24歳の一年となりますように。。。。。

今日と明日行なわれる“DVD発売記念&聖誕祭記念”イベント、頑張って下さいね~♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ユカいな平田サン その167

◎ここ一週間の間に数回更新された平田裕香ちゃんの『ひらたゆかの日記』

少しの間、ご無沙汰しておりました(笑)

早速、ご紹介いたします。が、今回は時間の都合で簡略的にササッと行きますよ。

この後直ぐに、決して忘れてはならない重要な“祝い事”を続けて更新しないといけませんからね!!!!

まず初めに、9月8日付更新分の画像について...

一緒にアイスを食べているのは、ズバリ!同じ事務所渡辺瞳ちゃんでしょう!!!

まず、プロフィールの髪の長さと違いますが、お顔がよく似ているということ、
そして、「事務所で色々作業した帰り道」コールドストーンクリーマリーでアイスを食べた…ということは、
帰り道が同じなので、一緒に帰る途中、食べたのではないか、、ということで、同じ事務所のコと断定したわけです。

瞳ちゃんはイエジェネ(YeLLOW Generation)のメンバーだったんだ…去年の11月に解散をしたのも最近知った。

ヒット曲『北風と太陽』は非常にイイ曲。人気放送作家・演出家のおちまさと氏がプロデュースしたことで当時はかなり話題となった。
ちょっとヒット曲が出なくなると、あっという間に解散させられる…これも今の音楽業界の厳しさなんでしょう。

最近になって、現在のニグンニイバに移籍
女優一本で勝負するそうで、裕香ちゃんと切磋琢磨して頑張って欲しいものです☆★

裕香ちゃんのメガネっ娘姿萌え~~~!!!!!!

9月9日の記事は、メレ様フィギュアを披露している様子。

…いやいや、やはり実物の方がなまらめんこいですよ~!!

メレ様のツンデレキャラはいつ見ても激しく萌えます(笑)

9月10日の記事は、スーツアクターさんの蜂須賀祐一さんのお誕生日を現場だけでなくブログでも祝って差し上げる、心優しき裕香ちゃん...次は貴女の番ですよ!(笑)

同じく9月10日の記事(2回目更新分)は、映画版『獣拳戦隊ゲキレンジャー&電王』の全国キャンペーンの最終地である大分県城島後楽園編の詳細なレポート。。。ご苦労さま☆

九州初上陸でキャンペーンを締めくくる……非常に思い出深いものになったことでしょう

そして、福井未菜ちゃんの心が温まるお気遣いに裕香ちゃん大感激……裕香ちゃんと未菜ちゃんの“心優しい素敵な娘コンビ”は東映・スーパー戦隊ヒーローシリーズの中でも最強です!!!!

この素晴らしきメンバー達と一緒に撮影することに感謝ですな☆★☆

そして、9月13日の記事では、お菓子(もみじまんじゅう?)とディズニーリゾートのグッズが写っております。

ラゲク様のアフレコを担当している声優の幸田直子さんから頂いたもの。
あのセクシーな声色は、いつも傍で聴いているメレ様・裕香ちゃんもうっとり!?

ディズニーリゾートのグッズは、女の子は大好きだからね~~。
それは、彼女からお土産とか。

ディズニー大好きな裕香ちゃんもそのお土産を幸田さんから頂いて、大喜びしているようす…日頃の行いが非常に良かったからですよ(笑)

これはいつも撮影やアフレコを頑張っているご褒美です!・・・・いや、これは今日(9月15日に)迎えた、聖なる“あの日”の前祝いですよ!!!

実は、幸田さんは裕香ちゃんと同じ道産子北海道出身)なんだよね。

ちなみに、同じく共演している(真咲美希役の)伊藤かずえさんも道産子(札幌市豊平区生まれ、神奈川県横浜市育ち)...奇遇ですね~~♪♪♪
意外にも身近に“仲間・同士”がいるものなんですな。

仕事をするには絶好の環境ですね~☆☆

・・・・ユカいな平田サン その168へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

昨日のしょこたん&あかりん&きゃんち

◎昨日(9月12日)更新された、しょこたん(中川翔子ちゃん)の『しょこたん☆ぶろぐ』、あかりん(小明ちゃん)の『小明の秘話』、きゃんち(喜屋武ちあきちゃん)の『きゃんちまいんち!』を約一週間ぶりに紹介しましょうか。

昨日(9月12日)の「宇宙の日」に例えて、〝宇宙…〟という本のタイトルを見せながら「メポ」を披露。

そして、ウィキペディア「中川翔子」をチェックするしょこたん。

最近、らい次郎に関する記述が追記されたようだ。

ホント、ウィキペディアは一度見たらハマるよね。
気付いたら1~2時間は平気で見ているもん(笑)
さっきも、宇宙関連のウィキを見ていたよ☆

専門分野はやはりその筋に詳しい専門家たちがウィキの編集をしているらしいよ。

しょこたんは自分の項目やアニメ・声優関連の項目を常にチェックしているらしい。

しかし、タレントに関するエピソードは素人(ファン)が書いていることが多く、聞き捨てや噂レベルの事実に反する事(誤記)が結構見受けられる。
以前おぎやはぎの二人がラジオ番組の中で「(自分達に関することは)ウソばっかり書かれている」と文句を言っていた。

ということは、しょこたんに関する記述も誤りがあるのだろうか???

しょこたんが『しょこたん☆ブログ』で書いた、安倍首相の辞任に関するコメントが、各ネットニュースでも一斉に紹介される。

≪しょこたん、首相辞任に「かっこよかった。お疲れ様でした!(サンスポ)≫

しょこたんこと中川翔子(22)が安倍晋三首相の辞任を受け、自身のブログで「安倍総理、辞任表明。びっくりです!!」とコメントした。ブログによると、「桜を見る会で総理と握手できたこと、ギザ一生の記念です。
いろいろ言われても、折れずに貫いてきてかっこよかったです。お疲れ様でした!」と明かしている。
しょこたんは4月14日に開催された『桜を見る会』で安倍首相の隣に並んだ写真が首相官邸ホームページのトップに掲載され、自身のブログで「一生ありえないギザミラクル現象」と感想を述べていた。

……私自身は今回の辞任劇に関しては「真に不可解」だと思っているけど、それより、アット・ニフティのニュース速報で、この記事見つけてビックリしたよ。
タレントブログのコメントがニュース速報になるなんて・・・改めてしょこたんの(ネットの世界における)影響力を思い知らされたよ。

今となっては、安倍首相との2ショットがギザナツカシス…。。

でも、次期首相と目される麻生太郎氏の方が、しょこたん的には一番都合が良いかも。
週刊少年ジャンプなどコミック雑誌を毎週欠かさず読んでいるコミック・アニメヲタだし、しょこたんのことも良くご存知だから(笑)

つい最近も、麻生氏は「しょこたん?ああ、あの絵の上手い子だネ。でも私はギザカワユスよりチョイ悪と呼ばれた方がいいな」などと言ってたっけ。

実際に株式市場でも今回の辞任表明を受けて、アニメ関連の株がかなり売れているらしい。
株式市場レベルでも安倍首相の辞任を歓迎、麻生首相待望論が高まっているということか。

≪安倍首相辞任でアニメ企業の株価上昇 「ローゼン麻生」に期待か(ITmediaニュース)≫

9月12日の東京株式市場では、アニメ製作会社やコミック関連出版社などの銘柄が一様に値を上げた。安倍晋三首相の辞任表明を受け、漫画好きと言われる麻生太郎自民幹事長が次期首相に就任するのではとの見方から、コンテンツ振興が進むという気の早い思惑で買われたらしい。
アニメ関連では、GDHが3900円高(+8.21%)の5万1400円、プロダクション・アイジーが5400円高(+5.84%)の9万7900円、マーベラスエンターテイメントが1500円高(+4.27%)の3万5100円、バンダイビジュアルが9000円高(+4.21%)の22万3000円など、軒並み高い。
漫画雑誌を発行するマッグガーデンは1000円高(+2.17%)の4万7000円、麻生幹事長が読んでいたのを目撃されたという「ローゼンメイデン」の単行本を発行する幻冬舎も1万2000円高(+3.91%)の31万9000円。
マーケットメイク銘柄のため、値幅制限のないブロッコリーは65円高(+70.65%)の157円に高騰、この日の全銘柄中の値上がり率トップに。値上がり率ランキング上位には、ガンホーオンラインエンターテイメントやコーエーネット、ウィーヴ、まんだらけなど、アニメやゲームに関連した銘柄が目立つ。
各銘柄のそれぞれ日中の値動きを見ると、安倍首相の辞任表明が伝えられた後場に入って一様に上げている。日経平均株価も後場に入り急騰したが、政局の混乱への懸念から、終値では80円安(0.50%)の1万5797円に反落した。
2005年4月には、浜銀総合研究所のリポートをきっかけに、ブロッコリーなどの「萌え銘柄」が急騰したことがあった。

……株式市場では、漫画・アニメヲタクの麻生氏に対する期待度がやたら高いことが良く分かる。
バブル人気にならなければいいが(笑)

それより、しょこたんの上目使い、ギザカワユス!!!!!

しょこたん、『イエローマジック歌謡曲』を絶賛。深夜のBGMとして活用しているらしい。
音楽配信ダウンロード版(itune store版)を聴いているようだ。相変らず音楽センスがイイね!!!!

イエローマジック歌謡曲』は、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の3人が作詞・作曲・編曲・プロデュースなどで関わった「テクノ ・ポップ歌謡曲」的な楽曲を集めた3枚組アルバム。
監修・選曲は田中雄二。
「今では入手しにくい音源を含めて、坂本龍一の『YMOはアルバイトで、本業は歌謡曲』と言うコメントも、あながち冗談では済まされない楽曲をラインナップしました」

とか。教授流のジョークかな(笑)

そのうち、しょこたんが大絶賛している『コンピューターおばあちゃん』は「みんなのうた」で著名な曲だが、このアルバムに収録されている中学生5人編成のテクノバンド【コスミック・インベンション】のバージョンがオリジナル(作詞作曲:伊藤良一、編曲:小田啓義)である。

みんなのうた」のバージョン(酒井司優子と東京放送少年少女合唱団)はカバー版。
しかし編曲・ドラムにYMOの坂本龍一を起用
しているので、「みんなのうた」バージョンはYMOファンにも人気が高い。

私は当時“おぼろげ”にしか記憶が無かったので、You Tubeで改めて聴いて(見て)みたが、オリジナル版もカバー版も曲のクオリティが高いね。
これが今でも人気がある証拠。しょこたんが共感できるのも非常に良く分かる。

「みんなのうた(酒井司優子)」バージョンは所々に坂本龍一ワールド的なアレンジが施されている。

YMOファンにはたまらないと思うよ。
但し、出だしの一番最初の曲調が、同じYMO細野晴臣氏が(作曲・編曲で)関わったイモ欽トリオの『ハイスクールララバイ』(作詞は松本隆)に似ている。。。

⇒You Tube「みんなのうた『コンピューターおばあちゃん』 」

一方、コスミック・インベンション】のバージョンは、「昭和56年度・NHK『あなたのメロディー年間優秀作品コンテスト』」で実際に歌っている様子がYou Tubeで視聴できます。

⇒You Tube「コスミックインベンション"コンピューターおばあちゃん"」

森岡みまさんは、当時中学生にしてはドラムのステックさばきは非常に上手いね。それなりに歌唱力もある。特にアイドル並みのルックスが光っている。
ただ、後ろにいる彼らの演奏ぶりは正直言ってあまり上手いとはいえない…まぁ、当時は中学生だったから致し方ないか。。。

客席にいる、作詞作曲をした伊藤良一氏も登場。
「伊藤良一さん(東京都杉並区)」という真にご丁寧なテロップ入り(笑)

コスミック・インベンション・・・当時中学生5人による、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のコピーバンド。
元々は電子楽器のデモ演奏グループとして当時電子楽器開発の仕事をしていた森岡一夫が自身の娘である森岡みまを中心に
彼女と同年代の少年少女を集めて結成したバンドである。
主に「YMOジュニア」という位置づけをなされ、1980年12月に行われたYMOの日本武道館公演の前座を務めるなどした。
また、NHKの「レッツゴーヤング」などに出演したこともあった。

1979年結成。まもなく安藤聖己が脱退。1982年にグループは解散。

「森岡一夫は帰国後、直ぐに11才ぐらいの子供を5人集めた。意外に集めるのは簡単であった。
それは東京都内にS先生との交流がきっかけであった。この先生は音楽の理解出来ない教育者の中ではハミダシ先生であった。
この様なハチャメチャ先生もいたので現在の日本のミュージシャンのレベルが上がったのかもしれない。
当時の一般的な小学校の音楽教室にはベートーベン、モーツアルトを初めとするクラシックの著名音楽家の写真が掲げられているのが普通である。
しかし、この小学校のK先生の掲げてある写真はマイルス・デイビス、オスカーピーターソンその他大勢のジャズミュージシャンばかりである。
小学校であるにも関わらずブラスバンド部を結成しグレンミラーオーケストラのコピーオーケストラを指導し時々テレビなどに出演させていた。
森岡の次女が幼少時からプロドラマーの指導を受けていたことを聞き彼は誘いに来た。
そして森岡の次女ミマは入団した」

上記はコスミックインベンションのデビュー当時の写真で、ドラム担当は前列中央の森岡ミマ、中山美穂さんのヒット曲を作曲し彼女との関係で一時噂になった後列左の井上能征(よしまさ)君である。
K先生の特訓はスパルタ教育でありメンバーが失敗すると運動場一周とか罰ゲームの連続でたまに演奏が気に入らないとドラムのスティックを床に叩きつけると言う過激なものであった。しかし、父兄達はテレビ出演も度々あるので誰も文句を言わなかった。
このバンドの会話は全てプロミュージシャンが使用する言葉であった。とくに当時のプロはお金の勘定に特殊な隠語を使っていた。学校のブラスバンドの仲間はその隠語で話していた。
森岡ミマが小学校3年生からバンドに加わるまではNHKのど自慢のバックバンドのレギュラーの一人である長芝先生に指導を受けていた。それゆえプロレベルに近い演奏が出来ミマはK先生のお気に入りであった。また井上能征君も才能のあるイタズラ好きのピアニストであった。
ヒルウッド社のデモ演奏グループ結成に当たり上記2名に加え残り3名を追加した。それは当時森岡夫人の教え子でヤマハエレクトーン5級を取得していた後列右の佐藤克巳君と近所のヤマハ音楽教室に通っていた前列左端の橋本かんなちゃん、そしてヒルウッド社のデモストレーターをしていた女性ミュージシャンの弟子であった前列右端の安藤聖巳(きよみ)ちゃんの5名でグループを結成した。
そしてヒルウッドの新工場の一室で全てシンセサイザーを使用した猛烈特訓が始まった。全員幼少ながら音楽の才能と基礎知識をもっている。

特訓してアンサンブルが、かなり出来だした時点で旧知の仲であったブルーコメッツでキーボード担当の小田氏にプロデューサーとして引き継いでもらった。コスミック・インベンションがデビューする1年程前の話である。」

...とあるサイトに載っていた。

だが、森岡氏の会社倒産と寄せ集めグループなので不和による原因が重なって解散したと思われる。

しかし、メンバー5人のうち、3人がその後も音楽業界で息の長い活躍。
一応下に記しておくが、これは凄い。

単に、YMOのバッタモン、企画モノじゃなかったんだね(笑)

・リードボーカル&ドラム : 森岡みま(カッパ)……シンセメーカーのファーストマン(当時)の社長・森岡一夫の娘。美少女ドラマー歌手として注目を浴びる。
楽器メーカーの社長令嬢なので、身近に高価な楽器が手に入りやすかったのだろう。自社楽器の宣伝という意味合いもある。
リードボーカルが歌いながらシンセドラムを叩くのは、彼らの後に登場し、大ブレークしたC-C-Bも同じパターンだったよね。
C-C-Bは彼らに触発されたのか??

後に、MIMA名義で『魔法の妖精ペルシャ』のオープニング曲『おしゃれめさるな』を歌ったり、DIOや七福神、獅子舞というテクノバンドに参加した。DIO時代は世界ツアーも行なったらしい…さすがお金持ちだ(笑)
他に、モリオカミマ名義でラテンバンドのKAZZIBA(カジーバ)への参加も確認されている。

・ストリングス・オーケストラ(後に脱退): 安藤聖己(イヤミちゃん)

・ベースキーボード: 橋本かんな(カンナ)

・トップキーボード : 井上能征(ビーバー)……現在「井上ヨシマサ」と名乗り作曲家として活動。光GENJI・小泉今日子・中山美穂・安倍麻美・AKB48などに曲を提供した。

1982年にグループは解散し、1985年に小泉今日子のアルバム『Flapper』に楽曲を提供し作曲家デビュー。
「(当時の)アイドルと同世代の作曲家」として注目を集める。90年代には中山美穂の公私を支えるパートナーとしてより世間的に知名度を上げた。

後に歌手の貴島サリオと結婚。

この人は、アイドル専門の作曲家だね。
特に、キョンキョンに提供した『Smile Again』、ミポリンに提供した『Rosa』は名曲。

最近は専らAKB48の音楽プロデュースに掛かりきりみたい(笑)

・セカンドキーボード : 佐藤克巳(オウマシャン)……「佐藤鷹」名義で「To Be Continued」のメンバーとして音楽活動を行った後、
女性シンガーソングライターのルルティアなどの音楽プロデューサーとして現在活動中。

To Be Continued」は、現在は俳優として活躍中の岡田浩暉がかつてリードボーカルを担当していたバンド。
なつかし~~!!イイ曲を結構出していたね。どの曲もオシャレでクオリティは高かった。91年結成。99年活動停止。
ただ、ビジュアル的に、当時隆盛を極めたビーイング系のアーティストを常に意識したようなバンドだったけど(笑)

ちなみに、このイエローマジック歌謡曲』には、【コスミック・インベンション】の『コズミック・サーフィン』という曲も収録されている。
1982年にリリースしたシングル『プラトニック学園』のB面。

彼らの曲は「テクノ歌謡」とも称されていた。時代を感じさせるネーミングだね(笑)

もし【コスミック・インベンション】が復活したら結構面白いかも?!

先月亡くなった名作詞家の阿久悠氏の追悼番組(レコード大賞名曲集)を熱心に視聴するしょこたん。

70年代~80年代の音楽シーンがたまらなく好きなようだ。

あかりん(小明ちゃん)も大好きだよね。ジュリー(沢田研二)とか(笑)

きゃんち(喜屋武ちあきちゃん)、『中野腐女子シスターズ』の収録に参加。

同じ中野腐女子シスターズのメンバーである、道産子ティーンズモデル・虎南有香ちゃんのブログ『虎南有香オフィシャルブログ』にもその撮影現場の様子が記されております。

二人のコスチューム姿に激萌え~~~!!

メンバー全員の赤いオリジナルTシャツ姿もイイね☆

弁当が豪華だ。ウマソ~~。

収録後は、みんなで佐賀料理(玄界灘の新鮮なお刺し身)を食べる。
はなわ氏がお店を紹介したのだろう。
食いて~~~。

きょも(京本有加ちゃん)の公式ブログ『今日も京本・・・』にも同様の様子が載っておりますな。

とにかく、昨日はオツカレさんでした☆★

スライムナイトとピノコのフィギュア買って大喜びのきゃんち。

ひたすら腐女子道を邁進するきゃんちなのでした。。。。

それにしても、フィットワンのマネージャー達はみんな目立ちたがり屋なのかな???

佐藤寛子ちゃんのブログ高本彩ちゃんのブログにも、以前に彼らが登場したことがあるよ。なんでやねん。

現在、台湾留学中のあかりん(小明ちゃん)、先日、教室の近くで日本人女性に声を掛けられる。

これは嬉しい出来事。『小明の秘話』は、ネット(ブログ)界では有名だからね。たぶん彼女もあかるんブログのファンなんでしょう。

だが、昨日、学校で仲良くなった日本人女性の留学生3人から訳も無く「天然」「しょこたん」呼ばわりされる。

服装も「コスプレ」だとか「ふざけた格好」「バスってどんなバス乗るの?猫バス!」などと馬鹿にされる始末…。

メルヘン系オタク少女? ヲタクなのは確かだが(笑)決してメルヘンではないと思う。

「完 全 に バ カ に さ れ て い る !!

心外すぎます……。

そもそも翔子と私は顔はもちろん体格も雰囲気も全然似てないはずなんだけど、
どうしてしょこたんっぽいと言われたのか本当に不明です。
ナベプロの皆さま、翔子、翔子ファンの皆さま、ごまんなさえ。

大学デビューなんてそもそも無理でした。
同年代の女の子の迫力に完全に負けました。
なんで私が天然のメルヘン……メンヘルのほうがまだ近い気がします。

楽しかったけど帰ってからちょっと落ち込みました。
ふざけた格好……普通だと思うんだけどな……はぁ。」

……ホント、災難でしたな。お気の毒に。
しょこたんは全然気にしてないと思うよ。
むしろ、落ち込んでいるあかるんをしょこたんは心配していると思う。

同世代の女の子とガールズトーク(コミュニケーション)するのが大の苦手のあかりん。
私も似たようなもんだから、お気持ちは非常に分かります(笑)

でも、あかりんはそのままで良いんだよ。ファンは、真似できないオリジナルの生き方に共感を持つわけだから。
第一、小馬鹿にする連中に対して無理に合わせる必要は全くなし!!!
あかりんの良さが半減してしまうから。

この3バカトリオとは今後も付き合っていくのかな?
はっきり言って、出来るだけ関わらないほうが身の為だと思うな…。

・・・・ハイ、これにて今回はオシマイ。

このシリーズはまた来週!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月11日 (火)

㈱ナシオ&深川油脂工業㈱ 『とかちっぷ バター醤油味』 

前述の『とかちっぷ うす塩味』に続き、十勝産ジャガイモを使用したポテトチップス『とかちっぷ』シリーズをもう一つ。
「バターと醤油」、もしくは「バターとジャガイモ」という相性の良い組み合わせを利用した『とかちっぷ バター醤油味』(税込み105円)である
同じくこれも、製造元は【深川油脂工業㈱】、販売者は【㈱ナシオ】というコンビによって生み出されたもの。
このように、空の色が夕焼けのように赤くなっている“色違い”の部分を除いては、基本的なパッケージデザインは『とかちっぷ うす塩味』と全く同じ。
それにしても、本当に美しい景色だ…こんな雄大な景色の夕焼けを一度でいいから撮ってみたいなぁ。。。。
このように、見た目はごく普通のポテトチップ。
他社製品とは違いは見られない。
しかし、これはそれらに比べてやや味が薄い印象を持った。
いや、むしろバター醤油味に共通する“クドさ(コッテリ感・油っこさ)”“重さ”が軽減されて、私には非常に食べやすく、とても気に入りました!!!!
しかも、バター醤油味特有なのか、同じ『とかちっぷ』のうす塩味や他社製品よりもやや固めのパリパリとした歯ごたえが十分に楽しめる...なまら美味しい!!!!!
但し、原材料名の欄をご覧になれば分かると思うが、バターしょう油味なのに「貝エキス」「オニオンエキス」「酵母エキス」「エビエキス」など、やたらと色々なエキスを使っているのが気になる…(苦笑)
もちろん!深川油脂工業】自慢のお米の油(米油)を使用!! 
前述の通り、同社は〝くまちゃんシリーズ〟など米油をメインに使用したポテトチップやポップコーンが主力商品。
このお菓子には他にパーム油も使用しているが、“得意分野”である米油に限定した方が“物珍しさ”からみて商品価値が更に高くなったのではないか。
パーム油の国際的な価格が上がって来ているので、日本では昔から作られている米油を見直しても良い時期だと思う。
今回初めて食べた“とかちのちっぷ(十勝のポテトチップ)”こと『とかちっぷ』
他の産地のジャガイモと味や品質的に大きな差異は無いが、十勝産”と聞くとそれだけで美味しく感じてしまうものがある。
乳製品や食肉製品もそうだけど十勝ブランド〟のネームバリューの高さを改めて感じさせる商品ではある。
私は基本的にポテトチップはあまり食べない方だが、この『とかちっぷ』シリーズはとても気に入りました・・・・まぁ、小さい頃からなじみのある【深川油脂工業】の製品だから、他社のポテトチップより思い入れが深いというのもあるけどね(笑)
本州でもデパートの北海道物産展とかで取り扱っているらしいので、もし見かけたなら是非…!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

㈱ナシオ&深川油脂工業㈱ 『とかちっぷ うす塩味』 

十勝産の馬鈴薯(ジャガイモ)のみ使用したポテトチップス“とかちのちっぷ(十勝産のポテトチップ)”こと『とかちっぷ』を紹介。
全国的に評判の高い十勝支庁(十勝地方)の農産物・乳製品。十勝小豆が最も有名だよね。
そして、当ブログでも何度も取り上げているように、同地方に本社がある【六花亭】【柳月】の美味しい北海道名物のお菓子・・・・そのような価値が高い十勝ブランド”を強調したお菓子だから、きっと美味しいに違いない。
少なくとも、肥沃な土壌で育てられた十勝産のジャガイモは品質が高いので有名だから。
北海道を象徴するような十勝の広大なジャガイモ畑と美しい青い空が写真のパッケージ。
あたり一面に咲いているやや紫色の花々はジャガイモの花である。
北海道深川市(深川市広里町5丁目2−28)に本社工場がある深川油脂工業㈱】が製造元で、札幌市西区(札幌市西区八軒9条西10丁目448−9)に本社がある【㈱ナシオ】が販売者の製品。
今後は今まで以上に全国各地に販路を拡大する積極的な経営戦略をとるらしい。
但し、同社はあくまで卸売業がメインの菓子・食品メーカーであって、同社自らがお菓子を製造しているわけではない。
元々は菓子問屋であった。
したがって、この『とかちっぷ』は、他社工場(深川油脂工業)に製造を委託して、自社ブランド(NASIO)として販売しているものである。
【深川油脂工業㈱】といえば何といっても深川市特産のお米から作ったサラダ油『みずほこめ油』。同社を興したきっかけを作った“原点”である。
米油は「遺伝子組み換え食品」全く使用していない安全でヘルシーな食用油として最近特に注目を浴びているという。
そして、空知地方(空知支庁)にある深川市といえば、私の母の故郷。それだけに思い入れがとても深いです(笑)
当然ながら、その同社自慢の米油を使用した〝くまちゃんシリーズ〟のポテトチップスやポップコーンは、小さい頃からよく食べておりました。
だから、近所のスーパーでこのお菓子を手に取ったときに【深川油脂】が作った製品と分かり、非常に懐かしい気分になりましたよ!!
もちろん即買いしました(笑)
【深川油脂】といえば、最近ではむしろ、北海道の有名な観光名所※の写真がパッケージにプリントされた〝くまちゃん観光シリーズ〟のお菓子を製造する菓子メーカーとして、観光客には有名なようである。
現に、道内各地の観光地にある売店ではくまちゃん観光シリーズ〟をよく見かける。
※「札幌編」「函館編」「小樽編」「旭川編」「知床編」「旭山動物園編」など約10種類あり。
ご丁寧にも、十勝地方(十勝支庁)の20市町村名が記されている。
但し、これは「2005年8月」当時のものである。
ハッケージにある『忠類村(ちゅうるいむら)』は、2006年の2月6日に幕別町と吸収合併したため消滅。
(結果的に1つ減少したため)2007年9月現在、十勝地方は19市町村からなっている。
ちなみに、池田町ドリカム(DREAMS COME TRUE)吉田美和さんの生まれ故郷。ドリカムの記念館『DCTgardenIKEDA』がある。
また中札内村は、タレント・田中義剛氏が経営する【花畑牧場】がある。
“花畑牧場”ブランドの乳製品やスイーツは北海道土産として観光客に人気がある。
まぁ、タレントのネームバリューもあるのだろうけど←皮肉
他に、【花畑牧場】といえば、当初、同牧場で働きながら芸能活動をする“半農半芸”アイドルとして義剛氏が発掘し、現在はハロプロに属するカントリー娘。…まさか里田まいちゃん(札幌市東区出身)“おバカキャラ”としてブレークするとはね(笑)
『クイズ!ヘキサゴンⅡ』で彼女を見出した島田紳助さんサマサマですな。
さて、実際に食べてみると・・カルビーの『ポテトチップス うすしお味』と大して味と歯ごたえは変わらないね。
“うす塩”と謳っている割にはしっかりと塩味が付いているが、私には丁度イイ塩加減だった。
しかも、味付け(調味料)は「塩」のみと、実にシンプルイズベストなお菓子だ。
ご覧の通り、見た目にも全く違いは感じられない・・・ということは逆に、品質が高く、安心して美味しく食べられるということ。
しかも、この製品には原材料欄にもあるようにお米から作った【深川油脂】自慢の食用油『米油』を使用している・・・とてもヘルシーなのだ!!
そういえば、あまりクドくなく、後を引かないのは『米油』を使っているから?でもパーム油も使っているから気のせいなのかな??
とにかく、油の質や揚げ方が良いのか、ポテトチップ特有の油っこさはあまり感じさせず、揚げたてのようなパリパリとした歯ごたえが非常にGOOD!!!!!
・・・・それらを考慮すると、むしろ、この塩味の方がカルビーのうすしお味より美味しく感じるので好きかも...まぁ、昔からよく知っている【深川油脂工業】のお菓子だからね(笑)
なまら美味いっっ!!!!
観光客に人気がある同社オリジナル製品の〝くまちゃん観光シリーズポテトチップスと同様に、北海道土産として十分にオススメできるお菓子だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月10日 (月)

阪神強すぎ・・・・

◎いやぁ~、、、阪神タイガースが10連勝ですか!...強すぎ~!!

世間の阪神ファンの方々は、毎日美酒に酔っていることでしょう。

家族全員が熱狂的トラファンという高本彩ちゃんも大喜び…典型的な関西人ですな(笑)

何より、3タテした相手が宿敵・巨人(読売ジャイアンツというのも、今の盛り上がりに一層と拍車がかかるわな(笑) 

やることなすこと、全てが上手く行く。

たとえ、先制を許したり逆転されて相手を追いかける展開になっても、動じることは全く無い。相手から貰ったチャンスを絶対に逃さないので、いつでも追いつく事ができるという雰囲気・安心感がチーム全体から感じられる。応援してこんだけ楽しい事は無いでしょうに...お気持ちは非常に分かりますよ!6月8日に我が北海道日本ハムファイターズが14連勝した時と雰囲気が非常に良く似ているから・・・今になって冷静に考えてみると、今の戦力で14連勝したのは奇跡に近いけど(笑)

それより、しっかりしろや~~!!ファイターズ~~~!!!

ココ最近の試合内容は最悪といっていい。チャンスを何度も作ってはあっけなく潰し、一方で簡単に先制点をあたえるわ・・・怒りを通り越して、呆れてしまう。本当に困ったもんだ(苦笑)

それでもまだ、僅かながら首位!このままでは終わらないよ!

今季限りで退団するトレイ・ヒルマン監督と“ミスター・ファイターズ”田中幸雄選手の有終の美を飾るため、何としても1位通過(リーグ優勝)を果たし、プレーオフ(クライマックスシリーズ)を制して二年連続の日本一になって欲しいと思います!!!!

ケッパレ、北海道日本ハムファイターズ!!!!!

日本一を決めるセ・リーグの相手はやっぱり阪神がいいですね~!!

札幌ドームダルビッシュが投げて、金本が打つ・・・実にイイ光景じゃないですか!!!

もれなく、サエコちゃんもついてくるよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

りちゃの乙女座宮(‘ー‘)  (32)

◎久しぶりに阿井莉沙ちゃんのブログ『Risa's Meaning』を紹介します。約一ヵ月半ぶりのご無沙汰です。

まず初めに・・・・・20歳のお誕生日オメデトウ!!!!!

そうです。今日9月10日は記念すべき莉沙ちゃんの「20歳のお誕生日」です☆★☆

以前から、誕生日の9月10日に合わせてブログを紹介しようと考えておりました…多少、言い訳じみてますけど(笑)

早速、昨日9月9日に更新された記事には、タイトルが『まだ未成年。』となっているように、誕生日前日の“19歳最後の日”を満喫。この日(9月9日)、(1日違いの)20歳の誕生日を迎えた中学校時代の同級生で親友の井端珠里ちゃんと可愛らしい2ショット写真を同ブログで公開。
井端珠里ちゃんの公式ブログ『じゅりのめめはねこのめめ?!』でも、同様の2ショットが公開されておりますが、
莉沙ちゃんのお姫様チックなカワイイ部屋(ハート柄のピンク一色?)で珠里ちゃんの誕生日祝い&莉沙ちゃんの誕生日の前祝いを一緒に行い、ケーキを食べながらガールズトークをしたらしい。

そういえば、井端珠里ちゃんといえば、同じ事務所(スターダストプロモーション)繋がりで、元・セブンティーンモデルの知華(旧名・小川知華)ちゃんのブログ『tomocalvados』にも登場しましたね。
9月7日付記事・映画の試写会や渋谷でランチ&ガールズトーク云々・・・

知華ちゃんと言えば、莉沙ちゃんとは堀越高校時代のクラスメイトだったよね。
かつて莉沙ちゃんと同じdream(現・DRM)のメンバーで、同じくクラスメイトだった高本彩ちゃんのブログ『なにわの素マイル見せまっせぇ』にも(知華ちゃんは)頻繁に登場……ホント、人の縁というのは面白いものですな☆

昨日の誕生日当日に奇しくも、珠里ちゃんがゲスト出演した獣拳戦隊ゲキレンジャーがタイミングよくOAされましたね。

『ゲキレンジャー』同じ事務所高木万平クンや三浦力クンも出演しているので、その関係でのゲスト出演か。

私、『ゲキレンジャー』はいつも見てます…我々道産子期待の星・平田裕香ちゃん(9月14日が誕生日)が出演しているので。。。(笑)

珠里ちゃんは、番組の核心部分に(5人目のゲキレンジャー・〝ゲキチョッパー〟こと久津ケン(聡太郎クン)の妹役として)登場しました。来週も登場予定。

・・・・・そういえば最近“誕生日づいて”いますな。

7月頃から同世代・同級生が続々と20歳の誕生日を迎えております。

つい7日前(9月3日)は、これまた同じdream(現・DRM)のメンバーだった阿部絵里恵ちゃんの20歳の誕生日だったし。

そして、今日は莉沙ちゃん本人の誕生日...とにかく非常にめでたい限り。

しかし、いくら今日から「大人の仲間入り」しようとも、ウリである個性的で可愛らしい“莉沙ちゃんらしさ”だけは失わないで欲しいものです。
これまで通り、他の追随を許さない“乙女座生まれの乙女チックなお姫様キャラの黒髪美少女”として、魅力的でオリジナリティー溢れる女性になって下さいな★☆

...あっ、ブログの内容を紹介といっても、今回は大半が誕生日ネタでしたね。

とりあえず今回は“20歳のお誕生日特集”ということで…☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 9日 (日)

寝耳に水のニュース。。。

◎昨日未明に北海道に再上陸し、横断した台風9号はオホーツク海に抜け、午後3時に温帯低気圧に変わりました。

明け方に台風の中心付近を通過した我が街・札幌は大した被害が出なくて、ホッと一安心。
午前中には時より晴れ間が差しておりました。

それでも函館など道南地方や、太平洋側の一部地域ではがけ崩れや強風による被害が出た模様。

とにかく、台風が去って本当に良かったです。

それより・・・昨日一番衝撃的なニュースは、北海道日本ハムファイターズヒルマン監督が試合後の記者会見で発言した「今季限りの退団表明」ですな。

優勝インタビューで発した「インジラレナ~イ!」は、昨年の流行語にもなったことが記憶に新しい。

現在、パ・リーグ首位を走る好調なチーム状況で、しかも雌雄を決する大事な終盤戦を迎えている最中に、突然の辞意表明...「家族との時間を増やしたい」というのが理由(現在、札幌在住)らしいが、何故今頃に…?!

多分、昨年オフも一度目指したようにアメリカ・メジャーリーグの監督になりたいのかも…??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

眞鍋を学べ 69

◎今回は久々に眞鍋かをり嬢のブログ『眞鍋かをりのココだけの話を取り上げましょう。

8月27日に眞鍋嬢がカラオケを歌っている最中に携帯で更新したもの。

ただ、更新されてから結構経ってますね…紹介が遅れてしまいました~。。。

今回は画像付きで、

「新譜みたら
わかるのがこれしかありませんでした…」

といって、画面に写っている「僕はそれを左へ受け流す・・・」という歌詞を見ながら歌っている様子。これだけ。

ムーディ勝山のムード歌謡ネタ。「右から来たものを左へ受け流すの歌」が正式なタイトル。

果たしてこれで盛り上がるのかい???

てか、一芸人の持ちネタが通信カラオケで配信されているなんて、全く知らなかったよ。

調べてみると、各着うたサイトやitune storeでもダウンロード出来るらしい…もう何でもありだな(笑)

…ということは、小島よしおの持ちネタ「でもそんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ! セイ!オッパッピー!」もカラオケで歌えるのかな?
もう既に、持ちネタ中に流れるBGMDJ Tasakaのミックスアルバム『Dj Tasaka Presents Mix Of Colors』に収録されている【Woody / hype 'o' tek】」が、通信カラオケの最新配信リストに載っているのでしょうな。

次回のカラオケでは、是非「そんなの関係ねぇ!」を歌ってみよう!!!!……但し、(以前自宅でやらかしたように)テーブルの角に思いっきり足をぶつけても責任は持ちません(笑)

それにしても、とうとう眞鍋嬢は新譜の曲が全く分からない年代になってしまったか...忙しいからしょうがないよ。
まぁ、私も他人の事はいえないけどさ(笑)

とりあえず、10月3日にリリースされるドリカム(DREAMS COME TRUE)のニューシングル『ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~』は是非ともチェックしましょう!!!

眞鍋嬢の年代ならこのタイトルを聞いただけでビビビッと来るものがあるでしょ???
さしずめ“未来予想図Ⅲ”と言ったところか。

10月6日ロードショーの映画『未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』の主題歌。

しかも、カップリングの『未来予想図~Version'07~』『 未来予想図Ⅱ~Version'07~』の2曲は、それぞれ、名曲『未来予想図』と『未来予想図Ⅱ』のリメイクバージョン!!

これはもう聴くしかないっしょ!!!!!!

ドリカムフリークの私は既に予約済みです♪♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

㈱日清食品『やきそばできました。ネギ塩』 ②

まず、乾燥長ネギがタップリ入った「かやく」をカップの中(乾燥麺の上に)に入れます。
赤いのは、レッドベルペパー。
カップの内線まで、熱湯を注ぎ、蓋をして約3分待ちます。
3分経過した後は・・・・湯切り口からしっかりとお湯を捨てます(湯切りします)。
付属のソースを掛けて麺に良く絡ませると、長ネギ、ごま油の香りが周囲に広がる。
ハイ、これが完成品具材は長ネギ、キャベツ、レッドベルペパー(赤唐辛子)と野菜のみ。肉が入っていないシンプルな焼きそばだ。
まぁ、これは見栄えが悪いけど、気にしない、気にしない(笑)
実際に食べてみると、、、パッケージの「炒めネギの香りにピリッと辛口の塩焼きそば」というサブタイトルそのままに、長ネギをごま油で炒めたような香りが口いっぱいに広がり、後から唐辛子系の辛さがピリリと来るようになった。結構辛いね。でもこれが(食欲の落ちる)暑い時でも食欲を一層とかき立てる。他に、ポーク系のダシが入っているようだが、ごま油が多く入っている割には全体的にはサッパリ、あっさりとした味付け。美味い!!!!!
これこそ夏にピッタリなカップ焼きそばだ!!!!
但し、これにはスープが付いていないので、なんだか物足りないな(笑)
この「コク旨ソース味」についてもいずれ紹介するつもりでいますが、、、
・・・・・・ただ、何度も言うように、カップ焼きそばというものはどの会社の製品も、量が多かったり、頻繁に食べると飽きてしまうんだよね。
だから、個人的には、時々思い出したように、通常サイズのものを食べるぐらいが一番だと思いまふ★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

㈱日清食品『やきそばできました。ネギ塩』 ①

今回は5月に新発売となった同シリーズの『やきそばできました。ネギ塩』(税込み155円)を紹介。
サブタイトルは「炒めネギの香りにピリッと辛口の塩焼きそば」。ご覧の通り、〝北海道限定発売〟の文字が入った北海道の地形マークが入っている。
全国的にも長ネギ系塩味のカップ焼きそばは珍しいのではないか?
これは非常に楽しみだ♪
乾燥麺(味付け油揚げめん)乾燥キャベツが入っているカップ本体から取り出した、長ネギ・レッドベルペパー入りの「かやく」と塩味の基本となる「液体ソース」。
この作業は、インスタントラーメン好きには非常によく見慣れた光景ですな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

説明(BlogPet)

きのうぽてとが、説明したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

台風9、今夜未明にも北海道へ上陸。

◎昨夜から東日本・北日本を中心に、多くの被害をもたらした台風9号が、ちょうど日本列島を縦断するように北上中。

現在、青森県津軽半島付近に台風の中心付近があり、このままだと今夜未明にも津軽海峡を越えて、我が北海道に上陸する。まず初めに、函館付近が台風の直撃を受けるようだ。

しかも、気象庁HPの台風情報を見てみると、午前5時~6時の間に台風の中心付近がちょうど我が街・札幌の上空を通過する・・・・なんてこった…!!!

札幌では、昨夜から降り始めた雨は、午前中は一時止んでいたが、午後から再び強い雨が降り始め、依然として降り続いているが、このままだと河川の氾濫が心配。そして一番怖いのが強風・突風...道内各地、そろそろ収穫の時期を迎えているだけに、大人しく台風が去って欲しいよ。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

㈱エスポワール『ラベンダーのハーブクッキー』 ②

結論を申しますと、「ラベンダーの香りがほのかにするラングドシャ・クッキー」です、ハイ(笑)
ラベンダーを強調する為か、中が紫色の層になっている。
食べると、ラベンダーの香りが口の中に広がる。ただ思ったほど香りはしつこくは無い。
全体的に甘さ控えめで、非常にあっさり目に仕上がっている。サクサクとした食感で、焼き加減や固さも非常に良い。
ご覧の通り、クッキーの生地にはクルミやアーモンドが練りこまれているが、インパクトの強いラベンダーの芳香に消されてしまうのか、それらナッツ系の香ばしさはほんの僅かしか感じられない。
この手のハーブ系(花の香りがする)お菓子にありがちな抵抗感はあまり感じられないので、その点は非常に評価できるが…正直言ってビミョーな感は否めない(笑)
がしかし、ラベンダーのクッキーは複数の会社が観光土産用として製造・発売している中、同社の『ラベンダーのハーブクッキー』はまだ良いほうだと思う
それに、ラベンダーの香りに慣れてくると、抵抗感がなく美味しく頂けるようになる
少なくとも、ハーブティーが好きな人は割と好きな味だと思いますよ。
お口直しや気分を一新する時には打ってつけのお菓子かも??!
少なくとも「富良野のラベンダーを見に行ったよ」という記念(話のネタ)にはなると思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

㈱エスポワール『ラベンダーのハーブクッキー』 ①

旭川市に本社がある【㈱エスポワール】(北海道旭川市東光2条6丁目1-38)が製造・販売する『〝実りの大地からの贈り物〟ラベンダーのハーブクッキー』を紹介。
初めて聞く社名だか、この【㈱エスポワール】はお菓子やパンを製造・販売する会社らしい。
ラベンダー畑といえば何といっても〝富良野(ふらの)〟
ただ、〝富良野〟といっても正しくは、上富良野町』・『中富良野町』・『富良野市』・『南富良野町と4つの市と町に分かれている。
そのファーム富田】(北海道中富良野町基線北15号)で購入したのがこのお菓子。
いかにも富良野観光土産って感じでしょ。
しかもある程度、どんな味か想像が付きそうだし(笑)
観光名所として全国的に名高いファーム富田については、いずれ紹介するとして…実際に食べて確認しないとハッキリと判定できないので、早速試食してみましょうか。
これは26枚入り。値段は…忘れちゃった(笑)
確か1000円ちょっとしたかな。少なくとも、お買い得感はある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

㈱ユートピア知床『知床の樹』 ②

開封すると、可愛らしい葉っぱの形をしたココアクッキーが顔を出した。
ココアクッキーの中身はこんな感じ。
アーモンドが混じっているバタークリーム(生クリームとバターオイル、乳糖、脱脂粉乳など)が入っている。
食べてみると・・・・これは絶品!!!ココアの香ばしさと濃厚なバタークリームが口の中に混ざり合うと絶妙なハーモニーを奏でる。
そして、非常に歯ごたえの良いサクサクとした食感。更に後から、アーモンドの食感と風味が加わる・・・・なまら美味しい!!!!!
個人的にも大好きな味。かなりツボに来たな、これ。
ココア・チョコ系のクッキーが好きな人なら、是非オススメしたい逸品。
知床銘菓として大々的に売り出しても良いぐらい、非常にクオリティが高いお菓子だ。
再び知床に行ったら、買って来よう~~っと♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

㈱ユートピア知床『知床の樹』 ①

先月、両親が道東地方にある世界自然遺産知床の売店で買ってきたお菓子。
知床の樹という名称の〝ココアクッキーinクリーム〟で、〝原始の森、知床から、あなたへ〟とのサブタイトルが付けられている。
一昨年の世界自然遺産登録後、未だ手付かずの自然が多く残っている雄大な景色が世間の大きな関心を浴び、目下観光客が急増中の『知床』。
加えて、ここ数年は現地で人気がある北海道を題材にしたテレビドラマや映画の影響で、台湾香港中国本土韓国などアジア各国から訪れる観光客の割合が増加している。
これも、国際的に『知床』の知名度が上がった証拠だろう。
この菓子の販売元は『知床』の地元・斜里町に本社がある【㈱ユートピア知床】北海道斜里郡斜里町ウトロ中島113)
知床自然センター内にある売店やレストラン「ユートピア」、「知床五湖レストハウス」、知床産の水産加工品を製造する「氷温食品研究所」の経営や、
その他観光土産品の開発および卸業務および販売・水産加工品製造販売・そうざい製造販売・魚肉ねり製品製造販売・食肉製品製造販売・めん類製造販売・アイスクリーム類製造販売・かん詰又はびん詰食品製造販売を手がける『知床』エリアを代表する会社である。
表パッケージの右下には社団法人・北海道観光土産品協会 推奨品」という“お墨付き”が与えられている優良土産品である。
世界自然遺産知床の原始の森にある大樹と葉っぱ、道東地方のみ生息する世界最大のフクロウで特別天然記念物のシマフクロウをイメージしたパッケージ、および名称。
見る限り典型的な観光土産だが、これはかなり期待できそうだ。
これは9個入り。値段は525円?
尚、正式な商品タイトルは、同社販売クッキー〝知床の詩〟シリーズの『知床の樹』という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

明日の予定は・・・

◎明日の予定は、とりあえずグルメネタを予定しております。

まぁ、私のブログの場合、グルメネタといってもB級グルメが専ら中心ですけど(笑)

予算と暇がないのでしょうがないのよ。

それに、自分には高価な食べ物は柄に合わないしね(苦笑)

したっけ、もう寝ますよ。

おやすみ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日のしょこたん&あかりん&きゃんち

◎最近2~3日の間に更新されたお馴染み貪欲ヲタトリオのブログを紹介。

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ

先週まで主に【ルスツリゾート】で行なわれたポケモンサンデーの2泊3日の北海道ロケ。
2日に無事撮影が終了。ロバートの3人も最終日に間に合う。

「北海道大好きになったお⊂二二二(^ω^)二二二つ
またいつか絶対きたいお⊂二二二(^ω^)二二二つ
いつか歌いにも来られたらいいなぁ⊂二二二(^ω^)二二二つ
素敵だね⊂二二二(^ω^)二二二つ」

「楽しかったなぁ、最強に楽しかったなぁ夏休みだったよ、笑ったしおいしかったし気持ち良かった
ポケサンがはじまってからより、子供がギガント大好きになたお(^ω^)」

……「大好き」と言って頂けて、いち北海道民として非常に嬉しい限り。

コンサートやイベント、撮影、伊藤一隆さんを探る旅でも何でも良いから、また是非来て欲しい!!!!!!

今回は、濃厚なソフトクリームやサーモン、さんまの刺し身、いくら丼…かなり食べすぎたようだ。まぁ無理も無いけどさ(笑)
いつも持ち歩くという胃腸薬『御岳百草丸』を今回のロケにも持って行ったらしいが、早速、服用したらしい(苦笑)

おっ、これは白ブドウの『ポートランド』だね。
生食用に限らず、白ワインの醸造用にもなる。

時期的にハウス栽培モノだね。

葡萄以外にも北海道のフルーツは美味しいよ~~!!!!

もし今度、特に真夏の時期に来た際は、高級スイカのトップブランド『でんすけスイカ』を是非食べて欲しい!!!!!

そして、2日の深夜、無事に帰宅。

早速、愛猫たちと歓喜の抱擁。

成長期のらい次郎は一段と大きくなった。
相変らずティンωキャラ健在で、しょこたん嬉しそうに触ってる(笑)

しましまカワユスなマミタスをパクリ。

らい次郎、相当ヤンチャなタイプらしく、顔をコンロに近づけてヒゲを焦がしてしまい、チリチリに…(笑)

翌朝、ルナが上に乗っかってきた。しかも、大事な顔の額(メポゾーン)グットスメルな*を近づけてきた。
ルナ、*キャラに転身か?!

3日は“ネ申”と心酔する楳図かずお氏の誕生日。
しょこたんは手描きのイラストで誕生日を祝福。ギガウマス!!!!

そういえば、もうすぐ完成予定という楳図氏の自宅は大丈夫なんだろうか??
赤白ボーダー柄の外壁が景観にそぐわないなどと近隣住人達からクレームが来ているらしいし…(笑)

4日は、アスカプラグスーツ、涼宮ハルヒコス、セイラコスを着て、愛猫たちとコスプレ祭り。
萌え萌え~~~。猫たちも嬉しそう。ギザカワユス♪
渡辺ミキ社長のジョジョ立ちにも萌え~~。

ヤフオクでかみやまさんに落札してもらったというアスカプラグスーツは全身タイツのように密着タイプなので、体の線がモロに出てしまうのが難点。
着心地は良いらしい。これは結構エロスだな(笑)
ピッタリなサイズを安価で落札するとは、流石かみやまさんだ。

涼宮ハルヒコスで、後ろからかみやまさんにパイ揉みのお仕置き(笑

表参道沿いをアスカコスプレで移動しようとしたが、桂子さんに怒られる…流石にそれはマズイだろう。怒るのも無理はない。
売れっ子タレントなんだから、何書かれるか分からないし(笑)

今日はかんださんメポ(<●><●>)で始まる。

だが、この後の更新がなかなかないね。
しょこたんマニアは気をもんでいることだろう...と思ったら、ユメレジの収録と取材ラッシュで一日中カンヅメだったようだ。
この黄色の衣装(ワンピース)姿、ギザカワユス★☆★

「ギャー!!メポ(<●><●>)から一つしか更新できてねいお今日生きた証がまだ全然なぁお(^ω^;)(;^ω^)」
…こればっかりは致し方ないよ。明日以降にまたいつものように連続更新すればいいんだから。

夕食を食べる時間も無かった為、お腹がぺこぺこらしい。そのまま焼き肉屋へ直行したら?

★喜屋武ちあき『きゃんちまいんち!』

きゃんち、お台場冒険王のラストステージをジョジョ立ちで締める?!
相変らずヲタヲタしいな(笑)

昨日の探偵学園Q』10話に出演したらしい。見られなかった・・・。

オンラインゲームサドンアタックのイメージガールに就任。
きゃんちのセクシーダイナマイトに激萌え~~~。

そういえば毎年必ず食べているはずの『スイカバー』は、今年はまだ食べてないな…もう既に時期遅れだけど(笑)

ファンからコジータのフィギュアを貰う。一緒に入っていた手紙には「きゃんち山脈ぽいん」「きゃんち萌え」と書かれていた…その贈り主は中野腐女子シスターズ浦えりかちゃんだった(笑)
きゃんち山脈ダイナマイツ!!!!

自ら「活字中毒」と称するほどの読書家。
単なるコミックヲタ、アニメヲタ、ゲーヲタだけではない。
様々な知識の吸収に貪欲なのだろう。

連載コラムの文章がしっかりしているのはそのため。

まぁ正真正銘の腐女子でドジッ娘ではあるが、そこが人気の秘訣(笑)

ジュースを飲むきゃんち、ギザカワユス★★

今日はきょも(京本有加ちゃん)とボウリング場へ。

が、お互いガーター連発で痛み分け。そのあまりの惨状に慰めあう。

忘年会のボウリング大会では仲間の足を引っ張る事はないと思う。そんなの最初から皆分かっていること。
きゃんちは言わずと知れたドジッ娘キャラだから、逆にボウリングが上手いと萌えないでしょ(笑)

「ところでここ2日間くらい体がヘン。喉がカピカピで痛くて、鼻がくしゅくしゅして、頭がぼぞわ~んってするの。おきると。
たぶんちょっと風邪っぽいんだと思います。ティッシュ必須です。」

……うーん。その症状から判断すると、どうやら花粉症のようだね。風邪ではないと思う。
時期的にみてブタクサ花粉症かな???

あまりに症状がひどかったので、繁華街付近を歩いているとポケットティッシュを5個貰ったらしい…同情するならティッシュをくれってか。

私も鼻炎持ちだから、あれは非常に助かるね。ただより安いものは無いし(笑)
出かけるときはいつも重宝してるよ。

とりあえず、病院に行った方がいいかも。
どうかお大事に…☆

★小明『小明の秘話

現在、台湾に留学中のあかりん。
物価が安いので、食費が全然かからないらしい。
但し、屋台の場合は衛生面で問題あり(笑)

台湾の屋台でもおかゆを注文か…。

休みの日はずっとひきこもりんぐ。

雑誌の連載の原稿書き以外は、ネットをしたり、ゴロゴロしたり、変なイラストを書いたり、不貞寝をして暇つぶし。
これは日本にいた頃から変わらない。根っからのインドア派。たまに全裸で過ごすことも(笑)

「休みの日は休むの!
なんで休みの日に外なんか出るのか、
その意味がわからねぇです。」

などと開き直り。

あまりの変わり者ぶりに、ルームメイトのIちゃんから

「ありえない、絶対出来ない」

と突き放すお言葉を頂いたが、あかるん全然気にしない。
「ありえない」とか以前に、思考回路が全然違うんだから(笑)

それより問題なのが、「中国語が全然話せない」ということ。
しかも学校のクラスメイトは日本語が通じない外国人、、、。

「中国語勉強しにきたのに中国語話せねー!!
ていうか言葉がつうじなーい!!!

あかる、中国語全然話せないや!

アチャー」

…これって死活問題じゃない?
でもあかるんなら何処でも生きていけるでしょ。

台湾が心底気に入っているので、好きこそ物の何とかというように、いずれ中国語も自然に身に付くって。

あっ、そういえば、ウチの母が、旅行先の阿寒湖にあるホテルにて、台湾人観光客にお風呂の入り方やシャワーの使い方などを身振り手振りと日本語だけで教えたらしい。
中国語分かんなかったけど、結構伝わったらしいよ。とにかく、その場の勢いで何とかなるもんだよ(笑)

だからボディーランゲージでも大丈夫☆

ラストはあざらしと見間違えた妊娠中のめんこいわんこの写真...少なくとも路上のわんこを見つけられるうちは、全く心配は要らないな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

㈱山下観光農産部・清水ドライブインYT 『ほくろ大福』 ②

大福の表面に一つ、不自然にのっている(というより、めり込んでいる)紫花豆』の甘納豆
明らかに人の手で一個一個のせた(上から押し込んだ)かのような手作りっぽい外観。
こんな大福生まれて初めて見たよ。
ホント、よく考えたよなぁ…しかも『紫花豆』を「ほくろ」に見立てるとは。。。実にナイスアイデアだ!!!
『紫花豆』インゲン豆(紅花インゲン)の一種で、白い花からできた豆が『白花豆』、赤い花から出来た豆が紫の地に黒い柄が入っているこの『紫花豆』という。
但し、茹でるとこのように黒っぽくなるようである。
何故〝まぼろし〟なのかは正しく分からないが、おそらく紫花豆の生産量が少なく、もしくは生産量が減少しているので貴重価値が高いからだろう。
中を割るとこんな感じ。
十勝小豆の粒あんがタップリ!う~ん美味しそう!!
では早速・・・・おっ、これは甘さ控えめで非常にあっさりとした粒あんだ!!!
非常に食べやすいし、小豆本来の旨さとコクが十分に生きている。
『紫花豆』の甘納豆も丁度良い甘さで、かつ、旨みを逃さずじっくりと軟らかく煮込んだような感じ。
何よりお餅がとても柔らかいのがGOOD!!!!
・・・・何だこれは!!?やばいほど美味いではないか!!!!!!
その面白いネーミングと外観が先行しているので、きっと味はそこそこだろうと思ったらとんでもない!
その期待?をはるかに裏切る美味しさだった(笑)
この小豆あんの旨さとお餅の柔らかさが絶妙な『ほくろ大福』、食べた後数日たった今でも忘れられないぐらい...また食べたいな~。。。
最近食べた大福の中でNo.1をつけてもいいほど非常に美味しい餅菓子です!!!!
また、この販売元である『清水ドライブイン』では、“ほくろ大福グッズ”も大々的に売られている。
“幸運のまぼろしの豆”を使用した大“福”なので、幸福を呼ぶ縁起物・お守りという意味合いだろうか。
次回、私が日勝峠】の清水ドライブイン』に立ち寄ったなら、このほくろ大福』共々手に入れる予定であります★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

㈱山下観光農産部・清水ドライブインYT 『ほくろ大福』 ①

こっ、これは一体なんだ???
顔のようなパッケージの中には、大きな黒い豆が不自然なまでにぽちっと一つ付いた大福。
ちょうど、顔に見立てた大福に「ほくろ」のごとく豆がのっているので『ほくろ大福』というそうだ。
実に可愛らしいパッケージとネーミング...一度見聞きしたら忘れないな(笑)
それにしても、この「ほくろ」…デカ過ぎやしないか?!(笑)
この大きく黒っぽい豆で表現した「ほくろ」の正体「十勝幸福の豆、まぼろしの豆」と謳った「紫花豆」である。
札幌から夕張を経由して釧路管内標茶町へ至る国道274号線
その274号線の日高町と清水町の間にある峠が日勝峠という。
日勝峠清水町側にある展望台は、十勝平野を一望できる景勝地として有名であり、その展望台付近にある清水ドライブイン』(北海道十勝清水町字清水437−5)の売店で販売している看板商品が、この『ほくろ大福』である。
ここだけしか売られていないご当地名物。同ドライブインの店頭には〝ほくろ大福〟と大きく書かれた看板が目に付く。
また、その看板には〝十勝産豆100%〟〝まぼろしの豆「紫花豆」〟となどと併記されている。
十勝管内(十勝支庁)にある上川郡清水町十勝地方は、その品質の高さで全国的に有名な十勝小豆など豆類の一大産地。
この上質な十勝小豆紫花豆を惜しげもなく使用して作られたのがこの『ほくろ大福』である。
それを聞いただけで、思わずヨダレが・・・(笑)
2002年の4月頃に幕張メッセで行なわれた『第2回日本おみやげアカデミー賞』の〝ネーミング賞〟を受賞。
…ということは、少なくともこの『ほくろ大福』は5年前から販売されているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その166

◎一昨日、久々に平田裕香ちゃんの『ひらたゆかの日記』が更新されたので、ご紹介致しましょう。

今回(ブログでは8月24日付となっている)更新された記事は、以前当ブログの記事『ユカいな平田サン その164』でも紹介しましたが、
北海道新聞の8月23日付け朝刊の記事にもなった、ヤンサンで行なったチャリティーオークションの収益金を同誌の“特使”として藤倉夕張市長に直接手渡した件に関して、今回はその当時の感想と、子供の頃の「夕張の思い出」について率直に述べておりますな。

大役、お疲れ様でした!!!!

この収益金は決して無駄にせず、有意義に使って欲しいものですな☆

私も北海道民の一人として、夕張を応援しております!!!!!

ケッパレ!!夕張!!

それで、夕張でバスケット少年団の合宿とな!?…これは中学校(バスケ部)時代かな??
DVDでも披露しているけど、ホント、裕香ちゃんはバスケが上手いよね~。
もし芸能人バスケット大会があったなら、迷わず参加すべき!!

他に【石炭の歴史村】【マウントレースイスキー場】が思い出の場所かぁ……♪♪バ~リバリ、ゆう~ばり♪だね←分かる人限定

お母さんと頻繁に行ったという、夕張市にある温泉施設は【ユーパロの湯】かな???

ホテルで温泉ならゆうばり ホテルシューパロ】か【ホテルマウントレースイ】あたりだけど。

お母さんと一緒に温泉とは、ホント親孝行な娘さんだなぁ。。。

…それにしても『スキー遠足』って、懐かしい言葉の響きだね。これは近くに雪山がある学校限定。北海道に限らず、東北・北陸(主に日本海側の各県)、長野、埼玉(秩父)などにもある。
似たような行事に炊事遠足というのもあるけど、これは北海道限定の学校行事。

・『スキー遠足』…スキー場まで歩いて行き(遠足)、着いたらスキーを滑ったり、(スキー場で)昼食をとる。
・『炊事遠足』…炊事場がある公園もしくはキャンプ場へ歩き、現地に着いたら皆で料理を作る。

がしかし我々の学校では『スキー遠足』とは言わず、『スキー学習』と言っていた。
特に、我々白石区の各学校は、山(スキー場)までかなりの距離があり、事実上歩いていくの(遠足)は不可能に近いなので、貸切バス(観光バス)を利用して直接スキー場まで向かう。
大抵、1時間近くかかる【札幌国際スキー場】を使用していた。
ちなみに『マウントレースイスキー場』はウチの高校では一度だけ利用した。

冬の体育の授業の一環として、札幌の小中高では『スキー学習』は必修科目。

但し、雪の少ない道東エリア(釧路・帯広など)や道央エリア(苫小牧など)では、代わりに『スケート授業』というのがあるらしい…。

残念なことに、炊事遠足は私の学校では無かったなぁ…。

えっ!?裕香ちゃんはAクラスだったの!!?

マジ上手すぎるじゃない!!!!

Aクラスの生徒は、スキー場だと上級・中級コースで滑る。
かなり急の斜面でダウンヒルコースとも呼ばれる。だから、油断して転んでしまうと、大変なことになる(苦笑)

『スキー学習』は…生徒をスキーが上手い順に(上達度に応じて)「A・B・C(・D)」とクラス(ランク)分けして授業(レッスン)を行なう。
学年全体で実施するので、当然ながら通常授業では他のクラスの生徒と一緒に滑る(レッスンを受ける)ことになる。

A…かなり上手い

B…それなりに上手い。

CないしD…そこそこ上手か下手。

内容としては、各クラス(ランク)担当の教師がそれぞれ滑り方の基本を教え、それに従って、各々が滑る。
担当するのは、保健体育の教員とスキーが上手い教員。

いやぁ~、裕香ちゃんは相当上手かったんだネ☆★
実に羨ましい…。。。

私は下手っぴなのでいつも最下層(CないしD)のクラスだったよ…ちーん

ちなみに、今回なまらめんこい裕香ちゃんの後ろに写っているのは、「素材と製法にこだわったカルビーの北海道限定ブランド〝POTATO FARM(ポテトファーム)〟」の広告ポスター。

現在、(ポスターにも写っている)北海道土産No.1の『じゃがポックル』『ほっとポテト』が同ブランドの商品。
いずれもカルビー千歳工場のみ生産された製品

このポスターに写っているのは、おそらく“丘の町”美瑛の景色だろう。
北海道を象徴するような、なだらかな丘にある畑と牧草ロール…実に雄大な景色。
つい最近までフジテレビ系ドラマ『牛に願いを~Love&Farm』の撮影が行なわれていた町だ。

美瑛町は、今日では北海道観光には欠かせない人気スポットの一つ。

そういえば以前、裕香ちゃんが北海道土産として親友の金田美香ちゃんに『じゃがポックル』を贈りましたね♪♪

当ブログの5月12日付けの記事にもグルメネタとして『じゃがポックル』を紹介しましたが、なまら美味かったなぁ~!!!!!

嗚呼、思い出したらまた食べたくなったよ。。。。

将来、希望通り、夕張ファンタスティック映画祭に出演できるよう願っておりまする☆★☆★

そのためには、是非とも裕香ちゃんの主演映画キボンヌ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年9月 4日 (火)

㈲北海まりも製菓『まりもようかん(毬藻羊羹)』 ②

う~ん、実にめんこいお菓子だ。
来客用のお菓子としても重宝できるね♪
ご丁寧に「召し上がり方」まで書かれている。
原材料は白生あん、グラニュー糖、水飴、寒天、食用青色1号、食用黄色4号。
小豆ではなく、白花豆や大福豆など白あん用の豆を使用している。
それは羊羹を毬藻に似せる為に、鮮やかな緑色に着色しやすい白あんを使用したのだろう。
ただし、天然着色料ではなく、合成着色料が入っているのが気に入らないけど…まぁ、しょうがないか(笑)
それでは、このまりもようかん』の食べ方を実践してみましょう!
付属の「つまようじ」を羊羹が入っているゴム皮の表面にプスッと刺してみると・・・・・
あら不思議!!
刺した瞬間、ゴム容器が綺麗にむけて、羊羹が中に入っていた球状のまま現れた!!!
表面の水分により翡翠色に光って非常に美しい・・・!!!!!!
これは『たまごアイス』よりはるかに食べやすいね!!!!
さて、食べてみましょう・・・・おお、この味だ。数10年ぶりに食べたが、昔と殆ど変わらない。
なつかしーー!!
実に素朴で口当たりの良い風味と食感がする白あんの羊羹。ちょうどいい、しっかりとした甘さも美味しさの秘訣。
何より、みずみずしく、ゴム臭くないのがイイね~☆
見た目や食べ方ほど味は印象に残らないが、それでも十分に美味しく、ノスタルジーを感じるお菓子である。
なまら美味しい~~!!!!!
出来れば、冷やして食べた方が吉。
保存が利く(製造日から60日間)のも嬉しい。
まぁ、それは羊羹の特徴でもあるけど(笑)
何より、土産話のネタになるので、北海道土産、阿寒湖土産として最適です☆★☆
ちなみに、『まりもようかん』の類似品は道内外に多く出回っているので、どうかご注意を!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

㈲北海まりも製菓『まりもようかん(毬藻羊羹)』 ①

その『まりも』をモチーフとした有名な羊羹(ようかん)がこれ!!…といってもこれじゃまだ分からないけど(笑)
【㈲北海まりも製菓】(北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目4番10号)が製造販売する『まりもようかん(毬藻羊羹)』です。
北海道を代表する観光土産、阿寒湖温泉名物として30年以上に渡り人気を博している、定番中の定番商品。
北海道旅行、特に道東方面を回ったことがある方なら、一度は目にした事があると思います。
道産子とっても非常に馴染み深いお菓子。私も子供の頃、何度か食したことがあります。
しかし、昔とはなんだか外観が違う、、、どうやらパッケージが最近になって一新したようですね。
確か昔は、阿寒湖の風景とマリモのイラストだったはず…。
箱の裏に表記されている説明文。
『阿寒湖』は、北海道東部の阿寒国立公園内(釧路管内(釧路支庁釧路市阿寒町阿寒湖温泉)にある、雄阿寒岳の噴火によって出来たカルデラ湖で、生息している特別天然記念物の『まりも(毬藻)』は世界でも非常に珍しい球状の藻。日本では唯一阿寒湖のみ円く美しい状態で生息している。
最近は、まりもをモチーフとしたキャラクター『まりもっこり』の爆発的ヒットの影響もあってか、北海道名物の一つとして、知らない人はまずいないほど超有名な特別天然記念物となった。
これが、透明なゴム風船状の容器の中に圧縮して押し込んだ羊羹『まりもようかん』。これは15個入り。
本物の『まりも』そっくり?!
ギザカワユス(笑)
その美しく可愛らしい見た目や食べ方が特異で、とても強いインパクトがある、北海道を代表するお菓子の一つ。
『まりも』をかたどった鮮やかな緑色の羊羹…ホント、現物を久しぶりに見たよ。昔と変わらないね。懐かしいな~。。。
このように、プラスチック製の「つまようじ」が付いてくる。
食べ方としては、この「つまようじ」をゴム皮の表面を刺し、中身を取り出して召し上がる。
その姿と食べ方からして、昔なつかしの井村屋『たまごアイス』ないし『おっぱいアイス』を想起させる・・・実にレトロなお菓子なんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

㈱ケイシイシイ『北海道黒豆チョコ』 ②

黒豆をチョコレートでコーティングした豆菓子。
これ、結構美味しそうじゃないか…?!
チョコボールや麦チョコなど、この手のチョコレート菓子って大好きなんだよね(笑)
中を割ってみた。確かに、黒皮の大豆(黒豆)だった。
では早速...おっ、ややボソッとした大豆の食感がするね。
ただ豆が小さいので硬くない。
しかも外のチョコが軟らかいので、割と歯ごたえはいい。
噛んだ瞬間、サクっと菓子全体が砕ける。
甘さも丁度いいし、これはチョコ好きなら十分に満足できる味だ。
なまら美味しい~~!!!!
流石、超人気洋菓子店【ルタオ】を経営しているだけの事はあるね(笑)
ただ残念なのは...チョコの風味があまりにも強すぎて、黒豆の風味(香ばしさ、旨さ)がほんの少ししか感じられないんだよね(苦笑)
これなら黒豆でなくて普通の大豆でも変わらないかも。。。
でも、味自体は十分にイケるので、特にチョコ好きの人なら買って損はありませんよ☆☆
ちなみに、このお菓子は北海道内にある観光地でよく見かける商品だそうだか、楽天市場のネットショッピングでは結構人気商品みたい。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

㈱ケイシイシイ『北海道黒豆チョコ』 ①

先日、両親が旅行先の阿寒湖にある売店から購入した『北海道黒豆チョコ』(税込み525円)
製造・販売元は本社工場が千歳市(北海道千歳市泉沢1007番90号)にある㈱ケイシイシイ
初めて聞く社名だか、観光土産向けのお菓子を沢山作っている会社らしい...更に調べを進めてみると、、、、何!?かの有名な小樽洋菓子舗ルタオ(LeTAO)】経営(直営)している会社だって?!!!マジかい!?それ!?
ご覧の通り、黒豆のチョコレート菓子を強調する為に、パッケージ全体が黒を基調とした中に白くマメを象ったデザイン。
写真では分かりづらいと思うが、箱は台形型をしている。結構オシャレ?!
それより、商品名のトップに北海道という冠を付けていながら、黒豆など主要の原料が北海道産を使用しているかどうか全く不明なのが、このお菓子の最大の難点。
ただ単に“北海道”のブランドイメージを利用しただけの安直な感じがする...典型的な観光土産だ(笑)
ま、北海道のお菓子メーカーが作っているから特に大きな問題じゃないんだけどさ。それに何てったって【ルタオ】の親会社だし(笑)
箱の底から開封すると、包装された豆チョコが姿を現した。
お、これは意外や意外、結構期待できるかも??!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 3日 (月)

今後の予定。。

◎いきなりですが、今日は朝早いのでもう寝ますよ。

その前に、今後の予定ですが、、、

明日以降は、しょこたん☆ぶろぐひらたゆかの日記など「ぶろぐねた」と、グルメネタを紹介予定。

とにかく、今まで紹介できずに溜まっているグルメネタが沢山あるので、なるべく毎日連続投稿しないと・・・。

したっけ、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

オススメ?!北海道土産ネタ

◎一昨日、しょこたん☆ぶろぐでオススメの北海道土産を問いかける内容があったので、その機会を利用して、今回は「オススメ?!北海道土産ネタ」を紹介。

・それではまず初めに、何処でお土産を買ったら良いか…という初歩的な質問が多いと思いますが、

札幌市内にある各デパートの地下一階食品売り場(デパ地下)か、帰りの便に乗る前、新千歳空港内ロビーにある各お土産店

で買う方が、北海道初心者には吉。

品質は保証付きなので安全確実。観光地でヘタなバッタモンを掴まされる心配もない。
但し、魚介類や野菜・フルーツ類に限ってなら市場で購入するのも手だが。

その北海道産の採れたての新鮮な

夕張メロンやぶどう、とうもろこしとか、アスパラ、ジャガイモ…などの野菜・フルーツ類、
カニやサケ、ホッケ、ホタテ、さんま、昆布…などの魚介類(お寿司・加工品含む)

は北海道土産の代表格だが、生ものなので購入する際は出来るだけクール便でお土産店から直接自宅や事務所に送った方がいい。
依然として本州は猛暑が続いているから。腐ったらマズイでしょ。

しょこたんなら、サーモンの燻製といくらの醤油漬けか。

王子サーモンの『スモークサーモン』は東京でも手に入るけど、この際だから、北海道で買ってもよい。
王子サーモン スライスセットが特にオススメ。

とにかく新鮮なものであれば失敗はないだろう。
そして、まずは試食すること。実際に自分の目と舌で確かめることが肝要です☆

・キャラクター関係では

北海道限定キティ、北海道限定ミニーマウス、北海道限定ドラえもん、北海道限定ラスカル、北海道限定カトちゃん、、そして大人気キャラクター『まりもっこり

が特に大人気なんだろうけど。
あと、キタキツネやヒグマなどの動物系キャラクターが定番。

まぁこれらは、ご当地キャラクター製品が大好きな人限定。

今回のしょこたんは、種類が全国一である北海道限定キティを買いあさることでしょう(笑)

私は定番中の定番である観光地の地形と名が刻まれたキーホルダーをよく買います(笑)

但し、よくあるパターンで、ちょうちんやペナントは買わない方が良い。どうせ邪魔になって押入れの奥にしまうのだから。
木刀や鉛筆なんてもってのほか・・・小学校の修学旅行か!

・そして、、、、、今回メインとも言えるのが、最近にわかに注目されている北海道スイーツ・お菓子。
インターネットのお取り寄せスイーツは北海道勢が上位を占めている。
これらは実に種類が豊富で沢山売られている。

新千歳空港では店頭に並ぶとあっという間に売り切れることで有名な【カルビー】の『じゃがポックル』

【ロイズ】の『生チョコレート・各種』と『ポテトチップチョコ』

【㈲牧家】の『牧家の白いプリン』

という超売れ線から

【ホリ】の『夕張メロンピュアゼリー』『とうきびチョコ』『お餅のショコラ

【六花亭】の『マルセイバターサンド』『ストロベリーチョコ』、各種お菓子詰め合わせ『六花撰』『十勝日誌』『花柄缶セット

【北菓楼】の『北海道開拓おかき』『妖精の森』『はまなすの恋』、『北の夢ドーム』、各種お菓子詰め合わせ『十詩菓

【柳月】の『三方六』『防風林』、各種お菓子詰め合わせ『北菓撰』『十勝川

壷屋】の『き花

パリ16区】の『北海道カマンベールチーズケーキ

ルタオ】のプリン、ケーキ各種

【フラノデリス】の『ドゥーブルフロマージュ』『ふらの牛乳プリン』『バトンフロマージュ』

などの定番モノ。

また

【煉瓦屋】の『ふたくちーず』『ガトーチョコスティック』

【ぷちど~る】の『ぷちぷちたまご』と『くるんと巻いたろーるけーき(ハスカップロール)

あたりが最近人気上昇中。

個人的に今一押しなのが・・・・North Plain Farm(ノースプレインファーム)】の『生キャラメルと、【煉瓦屋】の『幻の生キャラメル』など、『生キャラメル』関係のスイーツは地元でも評判のスイーツ
道産子の若い女性に大人気。
もちろん、これらは新千歳空港でも手に入る。

【煉瓦屋】ロイズのスイーツはハズレがないので、是非とも北海道土産として購入したいところ。

他に、同空港では花畑牧場の『生キャラメル』という類似品も売っているけど、他店のほうが美味しい。
どうもプリンにしろケーキにしろ、花畑牧場は他社のパクリ商品が多いよね…。
ちなみに、田中義剛氏が経営している牧場・食品会社。

それから...ネーミングの妙から『ねこのたまご』。釧路に本店がある【㈲松竹屋製菓】のお菓子。
お餅の中に生クリーム
が入っている不思議な食感と絶妙な美味しさで観光客に人気。

特に猫好きの人に超オススメ。
新千歳空港2Fにあるお土産店ではねこのたまご 北海道セレクションなどとして売られている。

しょこたんに是非買って欲しいね(笑)

後は…わかさいも本舗】の『わかさいも』かな。

昔はとても人気があったが、最近はあまり話題には上らない。
続々と発売されている新製品に人気を奪われているのだろう。

でもその美味しさは折り紙付きで、奥が深い味わい。いわば老舗の味というところ。
香ばしさがたまらない。

しかも、その外見は焼き芋そっくり!
しかし、全くイモ類が原料として使われてないのがミソ。
ホクホクとした触感は豆(大福豆)から作られている。

是非一度食べてもらいたいね。

……本当なら、北海道土産といったら『白い恋人』の名がいの一番に挙がるところなのですけどね

全くあんな不祥事を起こしちゃって、、、これまでは【石屋製菓】は道内でもトップ企業の一つだった。
しかし今回の不祥事発覚で、急転直下、評価は地の果てまで失墜。
企業モラルを問われるだけでなく、北海道ブランドのイメージまでも傷つけることに。。。

こうなったらトコトン悪い膿(うみ)を出して、徹底した衛生管理、抜本的な経営改革を実行し、一から出直して欲しい。そして、『白い恋人』をもう一度大人気商品に押し上げるのだ。

なぜなら、北海道民・道産子にとっては非常に思い入れがあるお菓子だから。子供の頃から食べていたし、以前までは全国で第二位を誇る大人気観光土産として、我々道民は非常に誇りに思っていた。

しかし、今回見事に裏切られて大変ショックを受けた。非常に腹ただしい思い。
だが同時に、それでも【石屋製菓】ないし『白い恋人』に対する愛情は依然として変わらない。とても複雑な心境だが、決して諦めず頑張って欲しいという気持ちが我々には強いのである。

道産子・道民に限らず、同じような過去がある不二家ファンの人ならこの気持ちがお分かり頂けると思う。
当時苦い経験をした(不二家ファンの)しょこたんの気持ちが改めてよく分かります。

でもね、このままでは決して終わらないよ。何てったって抜群に美味しいんだから。
いつか必ず【石屋製菓】は、不二家のように復活・再生を果たすことを確信している。
そして『白い恋人』が店頭に並ぶことを心待ちしている。
その時は、応援する意味で【石屋製菓】製品を買わせて頂きますよ☆★☆

・・・・・これ以外にも、北海道土産、特にオススメスイーツは、それこそ書ききれないほど沢山あるのですが、キリがないので、今回はこの辺で。

さて、今回の北海道ロケで、しょこたんは何を買って帰るのでしょうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昨日のしょこたん&あかりん&きゃんち

◎予告どおり、お馴染み3人のブログを紹介しますが、時間が無かったので、多少やっつけ気味になってしまいました。。。

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ

まず最初に一昨日の訂正。どうやら、

「サッポロビール庭園いきたかったすなぁビール飲めないが食べ物ギザウマスだった思い出がなんとなくあるお
ただ札幌から少し離れた場所なんお(´・ω・`)」

という文言から、修学旅行などで一度は北海道に来たことがあるようだ。
但し、これといっためぼしい思い出がないみたい。今回のロケで思い出を沢山作って欲しいな。

多分これは、札幌にあるサッポロビール園の事を指しているのかな。

工場に隣接している『サッポロビール庭園』は札幌近隣の恵庭市にあるので、、、非常に紛らわしな(笑)

北海道では何処の街にもあるラーメンチェーン店『ラーメンさんぱち』は、かつては東京にもあったんだが…関西に2店舗、沖縄には7店舗、更には、香港に4店舗、中国本土に3店舗あるよ。
夜中の1時までやっているので、宵っ張りには有り難い。
ただ味としては中の上くらい。この店より美味しいラーメン屋さんはいくらでもあります。

札幌駅前?では、早速地元ファンからの差し入れ。

ロイズチョコは観光土産では定番中の定番。
『さけ寿司』は、明らかにしょこたんが好きだからチョイスした品物。

「いとうかずたかの地」というメポで昨日が始まる。しょこたんにとっても縁深い土地・北海道。
ただまぁ、朝が寒いのはしょうがない。
昼間も30℃前後から25℃前後まで下がって涼しくなったが。
先週まで暑かったのに、ここに来てグンと気温が下がってしまったんだよね…北海道は既に秋風が吹いているよ。

北国は夏が短いんだよね。

あと二ヶ月も経たないうちに長く厳しい冬がやって来るのか……。

ポケモンサンデーのロケは、ゴルフ場かスキー場のただっ広い、気球が飛んでいる場所。

そして、移動中の車中で撮った画像で、一面に広がるじゃがいも畑の向こうに一際高くそびえ立つのは『羊蹄山(ようていざん)』。通称・蝦夷富士(えぞふじ)。

更に【きのこ王国】。

旧・大滝村(現・伊達市大滝区)に本店がある【きのこ王国】。旧・大滝村の特産品である「きのこ類」をメインとしたお店。採れ立ての新鮮なきのこ類や
きのこの加工食品などお土産品の販売、きのこ料理を出す「きのこレストラン」がある。【きのこ王国】のメールサービス(爆)

この店は喜茂別店…なるほど。

喜茂別町に近くて、近くに羊蹄山が見え、気球が飛ぶレジャー施設は、喜茂別町のお隣・留寿都村(るすつむら)の『ルスツ高原(現・ルスツリゾート)』しかない!!!!

北海道民には

夏バージョン「♪やま~は友達 ル・ス・ツこう~げん♪」
冬バージョン「♪ゆき~は友達 ル・ス・ツこう~げん♪」

の2パターンのテーマソングが流れていたCMでお馴染み。

しかし最近になって施設がリニューアルし、『ルスツリゾート』と名前を変えてから、このテーマソングは(ルスツリゾートの)CMでは聞かなくなったが。

ただ、冬はスキー夏はゴルフと遊園地に気球と、季節によって遊び方が違うのは、ルスツ高原時代と同じ。
ここはなかなか楽しいよ。遊び目的なら夏のほうが断然面白い。スキー好きなら冬。

【きのこ王国】の店員さんが「翔子」だったり、ポケモンサンデーのロケに招待された地元の男の子が「中川翔平」だったり……今回の北海道ロケは色々とミラクルが起きそうな気配だね(笑)

『ジンギスカンキャラメル』は、あくまで観賞用か、ギャグ感覚で。

決して食べるものではない…非常に不味いので罰ゲームになってしまうから(笑)

『味噌ラーメンキャラメル』は、食べれなくもないが、美味しいものではないので、あまりオススメしない。
これも記念品として部屋に飾った方がいいね。

今夜はじゃがバター、アスパラ、ホッケ、いくら醤油漬け、そして大好きなサーモンと、北海道の美味しい食べ物を満喫。
十分に楽しんでもらえて、地元民としてとても嬉しい限り。
TIMのお二人やスタッフ皆でワイワイと楽しく食事するのがとても楽しいのだろう。まるで修学旅行気分

じゃがバターに塩辛をのせるのは、結構有名だよ。
…まぁ、地元の人はやらないけどさ(笑)

ホッケは、東京では居酒屋でしか食べられないとか。
しかも高価で、時期によって価格が一定でない「時価(じか)」なんだよね。

ホッケの開き(一夜干し)は、北海道では極めて一般的な魚だよ。
普通に何処のお店でも一枚100円~150円で売ってるよ。

地元のスーパーで買うと格段に安いので、クール便でそのまま東京の自宅に送る人が多い。

それより、バッタが飛ぶのを初めて見たとは驚き。
たとえ実物を見なくても、昆虫図鑑でバッタ類が羽を広げて飛ぶ姿を見たことがないのかな??!

ほら、海外のニュースでイナゴの大群が畑を食い荒らしながら空を飛ぶ様子を一度は見たことがあるでしょ。
他にも、カマキリだって空を飛ぶんだよ。
ゴキブリだって飛ぶわけだし(笑)

ロバートの3人が合流したら、一層と賑やかになるよね。
修学旅行気分だな☆★

だだ和式便所とは、かなり田舎だ(笑)

パン作りは、体験施設を当たらないとね。
探せば結構あるよ・・・・って、あっ、そういえば!昨日行った『ルスツリゾート』で、パン作り体験が出来たのに…ちょうど材料が切れていたみたい。残念。

水木一郎さんは、日曜朝の『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のエンディングテーマ曲『道(タオ)』を歌っているよね。
しょこたんが大好きな曲(笑)…ゴルゴさん、顔(人脈)が広いな(笑)

悪役であるメレ役・平田裕香ちゃんに注目★☆★

おっ、ホテルでUHB(フジテレビ系列・北海道文化放送)見てたんだ。
『裸の大将』と『ライフ』は、ちょうど私も見てました(笑)

ただし、同じ北海道内でもチャンネル番号が地域によって違うんだよね。

フジテレビは「8」チャンネルだけど、私の住む札幌エリアをはじめ、函館エリア・網走エリアでは「27」、旭川エリア・根室エリアは「37」、小樽エリア・稚内エリアは「26」、釧路エリアは「41」、紋別エリアは「39」、帯広エリアは「32」、北見エリアは「59」、苫小牧エリアは「53」というチャンネル番号なんですな。

あれれ?!?!「1」チャンネルは、北海道ではTBS系列のHBC(北海道放送)なんだけど……。。。

『裸の大将』は塚地さんがなかなかのハマリ役。
水川あさみちゃんの新キャラ?も可愛いし、ストーリー展開が異常に早いのもいいかも(笑)
ああ、マッキーがリメイクして歌っていた新しいバージョンね。
やはりラストシーンで流れたお馴染みのダ・カーポ版が一番だよ。安心できる。

しかしまー、陰湿ないじめだなこりゃ。『ライフ』って、恐ろしく残酷なドラマだな(笑)
次から次へとイジメのターゲットが変わり、いじめていた者がいじめられる逆転現象...ナンダ?あのイジメグループ??!首謀者は学校の理事長の娘である福田沙紀ちゃんか。
この学校は糞すぎる。。。私だったら速攻退学するか転校するな。

北乃きいちゃんの健気な姿は、やや痛々しくもあるけどつい応援したくなるよね。
そうそう!何百倍仕返しても足りないぐらいだよ。
でも決してやり返さないのが素晴らしい!!!!

コミックが原作だからオーバー表現が目立つが、つい見入ってしまう…来週も目が離せない(笑)

深海??ああNHK教育テレビだネ☆

ちなみに北海道では「12」チャンネル。

今日(2日)でポケモンサンデーの北海道ロケは終了。あともう一分張り。
もうすぐマミタスに会える。

今日一日、思いっ切り北海道ロケを満喫して欲しいものです☆

あっ、帰りの新千歳空港で、北海道土産を買いましょう。。。

私がオススメの北海道土産については次回。

今後の『しょこたん☆ぶろぐ』は益々目が離せませんぞ!!!!!

★喜屋武ちあき『きゃんちまいんち!』

昨日はお台場冒険王のイベントに出演。

ちびっ子たちから『ありがとう』という感謝の弁。
子供大好きなきゃんちは大喜び。

その後、みんなで打ち上げ。

今日がラスト出演。冒険王自体も最終日だからね。

大変な混雑が予想される。

時間に余裕がある方は冒険王のステージを観に行くとイイね☆

激萌えな浴衣姿も披露!!!!

中野腐女子シスターズの腐ログ』の更新も。

『中野腐女子シスターズ』のきょも(京本有加ちゃん)は、しょこたんとも面識があるんだね。
あ、きゃんちが紹介したんだっけ。

しょこたんによれば、昨日から全国ロードショーの映画版『エヴァ』は、いずれきょもやきゃんちと一緒に観に行くそうだ
主題歌は宇田多ヒカルか…道理で聞いたことがある曲調だと思ったよ(笑)
でも映画に釣られて曲も大ヒットするんだろうね。

あっ、一昨日はGyaOの『腐ジョッキー』だったのか…また見ることが出来なかった。。。

今日のきゃんちも「3倍」モードで頑張ってほしいね(笑)

★小明『小明の秘話

現在、台湾留学中のあかりん。
引き続き、現地からブログを更新中。

台湾にあるヘンテコリンな日本語が記された商品、
そして、現地のめんこいわんこたちを次々と激写し、連続投稿。そして当時の様子を詳細に語る。

めんこいわんこたちを見つけると撮りたくてしょうがないらしい。ひたすら街をうろついてわんこたちを探し回る。
まるで、犬のストーカー(笑)

やはり、れおんさんを思い出すからかな?

チャウチャウは、元々は中国の食用犬だったんだよね。
後に愛玩用に改良されて現在の形になったそうだが。

更新が少なくなるのは致し方ない。マイペースで更新して欲しいね。
但し、暫くは「台湾の犬ブログ」になりそうな予感。。。。

「今回の留学の詳細などについてはまた今度……! 」というそうだから、次回以降に期待しよう★☆

・・・・・これにて今回はおしまい。

したっけ。
おやすに~。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年9月 1日 (土)

日清食品㈱『“セブン&アイ限定” よこすか海軍カレーヌードル』 ②

麺の上に、カレーの粉末スープ、玉ねぎとニンジン、そして牛肉とジャガイモが入っている…が、これじゃあまりよく分からないか(笑)
それじゃ、実際に作って確かめてみよう!!
カップの内線まで、熱湯を注ぎます。
そして、蓋をして約3分待ちます。そうすると・・・・
ハイ、出来上がり!!
そして、麺に馴染むように食べる直前にカレー粉末スープをよくかき混ぜて溶かします。
麺と(細かく切り落とされた)牛肉をすくってみました。
上の二つの完成写真から、牛肉とジャガイモが結構多く入っているのがお分かりかと思いますが、普通の日清カップヌードル・カレーにも入っているインスタントラーメンにありがちなブロック型の牛肉とは明らかに違う。
では早速頂きます!!!!・・・・・・ん!?味と食感は、普通の『カレーヌードル・カレー』とあまり変わらないね。
値段はこちらの方が少し高いが(笑)
ただ、本物の牛肉の歯ごたえと風味がまあまあ感じられるね、、、ただほんのちょっとだけど(笑)
でも、日清カレーヌードル・カレーの特徴でもある、麺に染み入るほどしっかりとしたカレーの味付けがなされている...非常に美味い!!!!!・・・・・・今度また買って来よう~♪♪♪
この昔から食べなれたカレー味はツボに来るね~♪♪
類似品であるサンヨー食品『サッポロ一番カップスターマルちゃん『ホットヌードル』も、まあそれなりに美味しいけど、やはりタテ型カップめんの元祖『日清カップヌードル』には適わない。第一、歴史と味の深さからして違う。
ご飯のおかずに合うのは断然、日清カップヌードル』、しかもカレー味だ!!
更に...どちらかと言えば、日清カップヌードル・カレーと比べて、より本物の牛肉の味がするこのよこすか海軍カレーヌードルの方がやや美味しいと思います。
もしセブン−イレブンやイトーヨーカドーなどで見かけたなら、購入して損はないと思いますよ!!!!!!
特にカップヌードル好きの人に是非オススメ☆★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清食品㈱『“セブン&アイ限定” よこすか海軍カレーヌードル』 ①

今回は、いつもの北海道限定品ではなく、全国発売の商品を紹介。
そう、、、たて型カップめんの元祖『日清カップヌードル・カレー味』とご当地カレーNo.1の『よこすか海軍カレー』とのコラボレーション商品で、セブン&アイ・ホールディングスと横須賀市との共同企画で誕生したのがこれ。
セブン-イレブンのオンラインショッピング〝お取り寄せ便〟の人気商品ランキングでご当地レトルトカレー部門人気No.1のメニュー『よこすか海軍カレー』(㈱ヤチヨ)がモデル。
パッケージ下に軍艦のシルエットと共に横須賀市は現在のカレーライスのルーツである海軍カレー発信の地である。」に記されているように、神奈川県横須賀市に本拠地とする旧日本海軍の軍艦内で食べられていたカレーのレシピが、故郷に帰った水兵達により瞬く間に日本全国に広がり、現在では多くの日本人に愛されている和風カレー、お母さんのカレーの元祖といわれているのが『海軍カレー』
横須賀市にあった旧日本海軍の鎮守府『横須賀鎮守府』が、調理が容易で、農家出身の水兵にご飯と肉と野菜がバランスよくタップリと食べられるようにと、インド発祥のカレー料理を日本風にアレンジして生み出された軍隊料理なので、横須賀は日本のカレー発祥の地」と言われる所以である。
材料は牛肉とジャガイモが主で、カレーのスパイスやご飯に合うように小麦粉でとろみをつけるとカレーライスになることから、肉じゃがを参考にして作られたと思われる。
このパッケージにある「牛肉、ジャガイモ タップリ」という触れ込みの通り、その海軍カレーの特徴である牛肉とジャガイモが多く入っている、、、らしい。
また、このパッケージには、カレーの街 よこすかのシンボルマークが入っている。
横須賀の街の活性化(街おこし)にと、海上自衛隊横須賀地方総監部と横須賀市、横須賀商工会議所の三者が中心となり、平成11年に「カレーの街よこすか推進委員会」を発足。
ご当地グルメ『よこすか海軍カレー』による街づくりを開始。
横須賀市は全国に向けて「カレーの街 よこすか」のキャッチコピーを大きくアピールし始めた。
今日ではその努力の甲斐があってか、「カレーライス、海軍カレーといえば『横須賀(よこすか)海軍カレー』」と言われるほど、全国的に有名なご当地グルメの一つとなった。
横須賀土産として有名なレトルトカレーは、このラーメンのモデルとなった㈱ヤチヨの『よこすか海軍カレー』の他に、
同じく㈱ヤチヨの『魚藍亭 元祖 よこすか海軍カレー』、
などがある。
また、直接現地で食べるには、横須賀海軍カレー本舗】、【魚藍亭 よこすか海軍カレー館あたりが有名か。
レトルトカレーなら横須賀市の『よこすか海軍カレー』、缶カレーなら北海道函館市老舗レストラン・五島軒『世界のカレー缶詰・各種』が一番ですな★☆★
でもやはり、現地に行って本物のカレーを食べるのが一番だけど(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (2)

♪(BlogPet)

とうきびは、週間ランキングに冒険したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »