« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の記事

2007年8月31日 (金)

しょこたん、今夜にも北海道初上陸!!!!

◎『しょこたん☆ぶろぐ』を見てビックリ!!

今夜にもしょこたん(中川翔子ちゃん)が我が北海道へやって来るらしいのだ!!!!

ついに待望の北海道初上陸キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!!

北海道は、(しょこたんから数えて5代前の)ご先祖・伊藤一隆さんゆかりの地・・・しょこたんにとって縁深い土地ということになる。

札幌農学校(現・北海道大学)一期生でクラーク博士の教え子。
北海道庁水産課長時代、千歳川にサケの捕獲用のインディアン水車を建設し、日本初のサケマス孵化事業に成功した一隆さんは、北海道に限らず、日本の水産界に多大な貢献をした偉人。

今日、サケが北海道の特産品として日本に限らず世界的に有名なのは、一隆さんのお陰。
我々道民にとっては“ネ申”のような存在なのである。

一隆さんの写真や資料は、彼が設置した当時の水車が保存されている『千歳サケのふるさと館』に限らず、彼の母校・北海道大学の付属図書館にある「北方資料室」でも保管されております。
⇒『伊藤一隆と弟妹たち / 三嶋(札幌)』(北海道庁水産課長時代)

今回初来道する目的とは『ポケモンサンデー』のロケらしい。二泊三日とか。

ということは、共演しているロバートの三人やTIMの二人も同行するのだろうか。

どういったシチュエーションなのか見当もつかないが、結構長い時間のロケになりそう。
これなら、しょこたんが希望している(伊藤一隆さんの写真が飾ってある)『千歳サケのふるさと館』に立ち寄れるかも?!

やはり、食事は大好きなサーモン漬けになるのか?!!

まず、有名な寿司屋へ行くのは確定的。

ベタなところでは、カニ料理店にも行きそうだ(笑)

公式サイトのBBSで、ファンに北海道の名産品を教えてもらいましょう☆

今日も雑誌の撮影、イラストレイターの高田明美さんと初対面と、朝から大忙し。。。ということは、今夜大急ぎで「羽田⇒新千歳」経由で北海道入り?!

道内は朝晩の気温差が大きいので、滞在中はどうか体調を崩さないで欲しいものですな☆★☆

北海道民のしょこたんマニア、ブロガーは今から期待に胸を膨らませていることでしょう!!!

今後の『しょこたん☆ぶろぐ』の更新が非常に楽しみ♪♪♪
道民なら逐一チェックしましょう!!!!

セル画アニメが絶滅寸前か、、、これも時代の流れなんだけど、何だか寂しいね。。。。

かつて高田明美さんが所属していたタツノコプロのアニメは名作が多いよね。
私も小さい時はよく見ていたよ...ギザナツカシス。

・・・・・・明日もまた、今日紹介できなかったきゃんち(喜屋武ちあきちゃん)ブログ『きゃんちまいんち!』やあかりん(小明ちゃん)のブログ『小明の秘話』と一緒に、このしょこたん☆ぶろぐを紹介する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり久しぶりのぶろぐねた

◎昨日の告知通り、今回は複数のブログをピックアップした「ぶろぐねた」であります。

以前はよく取り上げていたのですが、個人的な事情もあり、約3ヶ月ぶりの紹介となりました。

とりあえず、今回紹介するのは以下の5つのブログです。

今後はこれ以外のブログも随時紹介する予定。

★佐藤寛子『佐藤寛子オフィシャルブログ〝ookami〟』

言わずと知れた元・生徒会長の清楚な肩書き、黒髪と凛々しい顔立ちと、並外れたセクシーバディというアンバランスなアジアンビューティーをウリに、只今グラビア界を驀進中。
初のセミヌード写真集も大好評。

最近は、女優としての活動も活発になってきた。

そして、今月になって新たに公式ブログを立ち上げた。それが今回ご紹介する『佐藤寛子オフィシャルブログ〝ookami〟』。

2005年末まで更新されていた『佐藤寛子のひとりゴト』閉鎖後、ファンが待ちに待った彼女のブログ。

『佐藤寛子のひとりゴト』は、過去に当ブログでも何度もご紹介しましたね。
得意の妄想を駆使した実にオリジナリティにあふれた表現方法、抒情的かつ難解な詩文を中心とした内容で、“解読”するのに大変苦労した思い出があります(笑)

この新ブログは、その流れを踏襲しているのかと思いきや、意外にもフランクな内容。日常に何気ない出来事が中心。

ただ、29日の記事はその『佐藤寛子のひとりゴト』時代に戻ったような、誰にも真似出来ない“佐藤寛子ワールド”が炸裂しております…やはりこうでなくっちゃね(笑)

トップページに一緒に写っているのはロシアンブルーの愛猫・ピアスちゃん
“寛子ちゃん一筋”な甘えた仕草がなまらめんこい♪

何事にも動じない、しっかりしているようなイメージだが、心霊ネタ・怪談ネタは苦手のご様子。実に対照的。
昔は大好きだったらしいが…。

今週火曜日放送の『ほんとにあった怖い話・夏の特別編2007・前世の謎を解く!心のミステリーツアーSP』の再現ドラマ『真夜中の病棟』編に、主人公(栄倉奈々)の先輩看護婦役として出演したにもかかわらず、
その本人出演分以外は、(しょこたん出演分含め)怖くて見られなかったそうで、そのあまりの怖さゆえに気疲れし、いつの間にか寝てしまった。

早朝の新聞配達のバイクの音にも敏感に反応。すぐさま飛び起きた。

寛子ファンは、ドラマの凛々しい看護婦姿だけでなく、その怖がる初心(うぶ)な様子に激萌え?!

但し、唯一の気がかりは、今後も順当にブログが更新されるかどうかですな。
『佐藤寛子のひとりゴト』時代も、ある時を境にパッタリと更新されなくなり、完全に放置された状態になったからね(苦笑)

色んな意味で注目すべきブログ。

お友達の平田裕香ちゃんも携帯で随時チェックしているかも?!

★高本彩『なにわの素マイル見せまっせ』

4月にdreamから「DRM」に改名。
キュートで個性的な7人が以前と変わらず、いや、以前にも増してアクティブに活動中。

その「DRM」の元気印・高本彩ちゃん。

上記の佐藤寛子ちゃんと同じ【フィットワン】所属。『Cawaii』の専属モデルでもある。

このブログでは、キュートさもさることながら、人並みはずれたおこちゃまぶりが垣間見られる。

「久々にきた。
回転寿司。
お寿司がたべたくてきたのに…自分……
肉系ばっかたべてます。
ミートボール・鳥の照り焼き・イベリコ豚・
魚はマグロのみ。

寿司屋にきた意味が1割しかなかった。」

「またまた肉肉。」

……子供か!

でも、なかなか美味しいらしいね。

『いきなり黄金伝説』でかっぱ寿司の全メニューに挑戦したロバートの秋山君曰く「お弁当のおかず」みたいで美味しいとのこと。

今の回転寿司は何でもアリで、肉類に限らず、ケーキやフルーツも回っているらしいから(笑)

でも私だったら、やはり魚を中心に食べるよ。
ただ、「鳥の照り焼き」は是非食べてみたい(笑)

そして、昨日のシメは駄菓子系のラムネネタ...こうみえても20歳なんです(苦笑)

それから、懇親頻度の多さもこのブログの魅力の一つ。マメな性格なんだね~。

また、同じ「DRM」のメンバー、橘佳奈ちゃんのブログ『KANA'S MUSIC』や良き相棒でもある中島麻未ちゃんのブログ『きょうも快弁』にも頻繁に登場するなど、互いのブログの内容がリンクする機会も多い。

これらのブログや「DRM」公式サイトのメンバーメッセージと一緒にチェックすると吉☆

★虎南有香『虎南有香オフィシャルブログ

きゃんち(喜屋武ちあきちゃん)と同じ『中野腐女子シスターズ』のメンバーでもある、道産子カリスマティーンズモデルのコナンちゃん
やはり10代の女子に大人気のブログ。
北海道在住(小樽市民)の現役女子高生。ギャル系キャラに、ハツラツさとキュートさに加え、変顔もウリ?
今朝も元気に登校。※北海道は先週から新学期。夏休みが短いんだよ。

さてさて、昨日の記事に注目~。
タイトルは『とうきび』。

「久々にアイス食べたo(^-^)o
とうきびアイスがたまたまあったからラッキー(σ゜▽゜)σ

とうきびって本州の人ゎ
とうもろこしって言うんだよね??(`゜∀゜)

北海道のとうきびゎウマイどー(っ*´∀') 」

……実に北海道民・道産子らしいネタ。同じ道産子として思わず嬉しくなる(笑)

そうそう!我々道民は「とうもろこし」を「とうきび」とか「とうきみ(きび)」呼ぶ人が大半。
ゆでたとうもろこしは「ゆできび」という。

私のHNでもある「とうきび」。有名な北海道弁の一つ。
我々道産子は「とうもろこし」だと何だか気取った感じに聞こえるんだよね…(笑)

それにしても、『雪印 とうきびモナカ』(ロッテスノー・105円)懐かしい~~~!!!!!!
とうもろこしの形をした皮にコーン風味のバニラアイス(ラクトアイス)を挟んだモナカアイス。
そのネーミングの通り、バリバリの北海道限定商品。

なまらうまいんだよね~~♪♪♪
北海道ではよく見かけるオレンジ色の看板が目印のコンビニ【セイコーマート】【ファミリーマート】で売っているよね。
但し、最近はもっぱら(北海道内の)ファミリーマート】限定になりつつあるそうで…。

いずれ、当ブログでもグルメネタとして紹介する予定です★☆

本物の北海道産とうきびの美味さは格別!!!←自画自賛

★浅木一華『浅木一華のクリーミィ★かずはりん

明日(9月1日)で、21歳になるという〝かずはりん〟こと浅木一華ちゃん。

お誕生日おめでとう!←早っ

実物も可愛いが、写真写りが抜群に良い、フォトジェニックな彼女。
典型的なモデルさんタイプだね☆

ブログではお気に入りの服を着て自分撮りした“自宅ファッションショー”が多い。
その可愛らしい外見とは裏腹に、ザ・クロマニヨンズの〝マーシー〟こと真島昌利氏、レミオロメンの前田啓介氏、真心ブラザーズのYO-KING(YUKIの旦那)ら好きなギターリストの影響で、ギターの練習に毎日励んでいる。
それに従い、服装・装飾品の嗜好も変化。
カジュアルでファンキー(ロックテイスト)なファッションが増えてきた。

しかし、一方で乙女チックな嗜好もあり、基本的に不思議ちゃんキャラそのままな文面がこのブログのウリでもある。
一時の自己嫌悪から完全に解放されて、のんびりマイペースに活動する。良かった良かった。

また、友達ネタ、特に北川景子ちゃんや知華(旧名・小川知華)ちゃんなどSEVENTEEN専属モデル時代のお友達ネタにも注目。
互いのブログにもよく登場するほど仲良しである。

ちなみに知華ちゃんは、上記の高本彩ちゃんと堀越高校の同級生(但し、年齢は一つ上。かずはりんと同じ1986年生まれ)でもある。

あとは、、、よく登場するのは「ザ・クロマニヨンズ」ネタかな(笑)

★塙 花澄『はなわかずみの「ごきげんいかが?」

今月から、思い切って「塙 花澄」の「塙(はなわ)」を取り、「花澄(かずみ)」と改名することに。
散々悩んだ末の結論なんだとか。

それに従い、ブログのタイトル一新は来月からになりそう。目下考え中らしい。

心機一転、今後のモデル・芸能活動に期待☆

・・・まぁ、たとえ芸名や髪型を変えようと、いつもの周囲を凌駕する奇想天外な花澄さんに違いはないわけで…(笑)

その美貌とキャラクターぶりが如何なく発揮されているのがこのブログ。
とにかく倫理と前後の脈絡を廃した独特な内容で、全く理解できない人も多いだろうが、そんなことは一切お構いなし。
気の向くまま、好きなように毎日更新中。

「脳がおさんぽうしてたら
バスを乗り過ごした」

「なんでもねい街中で間違いて
イヒ。
とゆったら
振り返らいました。
イヒ。」

……街中で妄想劇場と独り言か...一歩間違えると危険人物かも(苦笑)

壁掛け時計が突然止まるぐらい、この強烈な個性を持ったキャラクターは誰にも真似が出来ない...これでもれっきとしたタレントブログです(笑)

あとは、もうこのブログの内容に関して説明の必要がないな・・・というか、「これ以上説明できない」といった方が適切だけど(爆)

とにかく、彼女のブログを実際に見て、各自思いのまま“花澄ワールド”を感じて下さいませ☆★☆

おや、今日はお昼寝?

何処までもマイペースな彼女。

おやすに~。あ、起きたか。早速、ショッピング。

・・・・ハイ、今回はこれまで。
次回の「ぶろぐねた」は来週の半ば紹介予定。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月30日 (木)

とりあえず、明日以降の予定。

◎昨日は色々とバタバタして、更新できませんでした。

今日も記事を書く時間が無かったので、とりあえず今後の予定を。

明日(8月31日)は、複数のブログを見繕った「ぶろぐねた」を、

明後日(9月1日)は、グルメネタ(よこすか海軍カレーヌードル)+お馴染みのブログを紹介予定。

ということで。

したっけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

☆★☆22年ぶりの皆既月食の観測☆★☆

上の画像は、今夜(8月28日)午後7時39分頃、皆既月食『(月全体が地球の影に完全にすっぽりと隠された状態である)皆既食の最大』の直後の様子。
真ん中にうっすらと赤銅色の月が・・・・・・これじゃよく分からないか(笑)
私の近所は住宅地なので街頭の明りが強く、ハッキリと分かりづらかったのですが、よく見ると薄く赤銅色に光っておりました。
皆既月食(皆既中)は、月全体が地球の影に全て隠れると決して何も見えなくなる(真っ暗になる)わけではなく、「地球の大気によって、太陽の光のうち波長の長い赤い光が屈折・散乱されて本影の中に入るため」に薄く赤銅色に光る。
1985年以来、実に約22年ぶりに札幌で観測出来た赤銅色の月。今回のように月食の途中で月が欠けたまま登ってくることを『月出帯食』というそうだ
我が街・札幌では、前回6年前(2001年)に限らず、過去5回の皆既月食は悪天候のために観測することが出来ませんでした。
待ちに待った皆既月食の今夜の空は、すっきりと行かないまでも、まずまず晴れてくれて、非常に嬉しかったです!!!!
次の画像は、午後9時10分頃、あと約10分で部分食(今回の皆既月食)が終るという時に撮った様子。
当時上空に雲が掛かっていたので観測状況が悪かったのですが、月が僅かに欠けている様子がお分かりだと思います。
今回約1時間半も続いた赤銅色の皆既食。そして、再び光りを取り戻した月が元の満月に戻っていく部分食の過程・・・・非常に神秘的な天体ショーを双眼鏡でじっくりと堪能させていただきました♪♪♪
次回、日本で見られる皆既月食は2010年12月21日、その次は2011年12月11日。
それまで、私は元気でいられるかどうか…←オイオイ!
非常に大げさだけど、生涯忘れられない夜になりそうです☆★☆★

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年8月27日 (月)

最近のしょこたん&あかりん&きゃんち☆

◎今回は、約三ヶ月ぶりにしょこたん(中川翔子ちゃん)あかりん(小明ちゃん)きゃんち(喜屋武ちあきちゃん)の貪欲ヲタトリオのブログを紹介。

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ

・先々週の24時間テレビで、あややと一緒にZARDメドレーを歌う。
大のハロプロマニア、あややファンのしょこたんは大興奮。

ZARDファンでもあるので、リアルタイムで見たかったなぁ……欽ちゃんの走りも見たかった(笑)

・中川家に新たな“住人”

今月中旬から、祖母・栄子さん経由で新たに三毛猫?の「らい次郎」が仲間入り。
愛猫は4匹か。賑やかだな。

だが、そのせいで、最近マミタスの口角が下がったり(口をへの字に曲げる)、睨んだり、そっけない態度を示したりと、以前ほどしょこたんに懐かなくなった。

これは明らかに嫉妬ですよ。特にネコ科の動物は嫉妬深い性質を持つ。ライオンや虎なんかもそう。
しょこたんがらい次郎を可愛がったばかりいるので、これまで愛情を独占していたマミタスとしては非常に面白くないのだろう。
以前と比べて、しょこたんにあまり構ってもらえなくなったマミタスの悔しい気持ちがよく現れている……が、機嫌が戻ったのが、一昨日から、突如マミタスがらい次郎の母親代わりを買って出る。
更に昨日はコスプレしてしょこたんと仲良く遊ぶ。これにて一件落着。

猫は正直で気まぐれだからね(笑)多少の変化にもあまり戸惑わず、広い見地で飼う事が大事。

しかし、何故かこれまで以上に、中川家の“長男”・ちび太がしょこたんに甘えるようになる。
らい次郎に刺激を受けたのだろうが、詳しい事はよく分からない。なんでやねん。

それより、しょこたんが“ティンティンω”と言っては、オス猫たちの股間にやたら感心を持つようになった。
欲求不満が溜まってるの??

しょこたんエロス(爆)

・9月19日、アニソンカバーアルバム第二弾『しょこたん☆かばー×2 ~アニソンに愛をこめて~』発売決定。
前回の第一弾に続き、期待大の作品。

しょこたんマニアは是非買おう!!

・明日(8月28日)夜7時から放送の『ほんとにあった怖い話・夏の特別編2007・前世の謎を解く!心のミステリーツアーSP』で、しょこたんが熱演ぶりを披露!

オカルトネタはしょこたんの得意分野。稲垣吾郎らと心霊研究?!更に、4本の短編ドラマの一つ、しょこたん主演の『霊の通る家』はしょこたん自身の霊体験をドラマ化!!どのように演じるか是非チェックしよう!!!

明日の夜は世界陸上と交互に見ないといけないな。忙しい、忙しい(笑)

・明日(28日)のお昼12時から放送の『笑っていいとも!』にしょこたんがコーナーのゲストとして出演。

テレビ、ラジオ、雑誌、イベント、撮影、漫画連載と大活躍のしょこたん。
年末の紅白歌合戦初出場は確実です☆★

たとえ忙しくとも、ポリシーである貪欲さを忘れないのは流石!!!!!

★喜屋武ちあき『きゃんちまいんち!』

・きゃんち、昨日から謎の地で撮影。

明かすことが出来ない撮影って、一体なんだろう???

撮影現場にある“針のない時計”というのも意味不明だが…。

外の炎天下での撮影らしいので、次のDVDの撮影かも。

おや、お台場冒険王のイベントにも出演したのね。

中野腐女子シスターズも絶好調!!

加えて、複数のブログ更新と雑誌の連載を抱えて毎日忙しい様子。
それでも、自炊は欠かさない…流石!!!!

夏の甲子園や電力不足に関心を持つ。サブカルだけでなく時事ネタにも精通するきゃんちならでは。
但し、地理にはからきし疎い...もうちょっと地図が読めるようにしよう(笑)

バンダイ本社の取材でガンヲタ(ガノタ)魂炸裂のきゃんちに萌え~~。

妹・ちっちとのヲタトークをぜひ一度聞いてみたい(笑)

★小明『小明の秘話

・あかりん、いよいよ念願の台湾の地へと旅立つ。

留学の為、昨日(26日)日本を立ち、現地入り。

利用したのは、最近沖縄那覇空港で爆発事故を起こした航空会社・中華航空(チャイナエアライン)
何とタイムリーな…(苦笑)
無事到着して一安心。

早速現地からシンプル文面での更新も。

今日(27日)から、現地の学校(北京語及び台湾語の勉強?)へ。ゆっくり住む暇もない。非常に慌しいな。

現地での生活は、友人との共同生活(ルームシェアリング)。

利用者同士なら無料と言うIP電話のスカイプ(Skype)って、非常に魅力的だ罠。
Webカメラを付ければテレビ電話(ビデオ通話機能)になる。
また、格安で国際電話が掛けられるメリットも。
インスタントメッセンジャー(チャット機能)もあり。

あかるんは、これを使って日本の友人と会話を楽しむんだネ☆
その中心となるのは、年下美容師もついていけないほどコアな70~80年代の話題か??

今後のあかるんブログは、台湾のトレンド情報にも期待か?!

・・・・・時間の都合で、今回紹介するネタは少なかったけど、何はともあれ、今後も3人の動向に注目しよう★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2007年8月26日 (日)

メグミルク『メロンカツゲン』 ②

期待に胸を膨らませて購入した、この『メロンカツゲン
早速飲んでみると……メロンの香りが口いっぱいに広がった。期待通り!!!う~ん、なまら美味いっっ!!!!
あまりにメロンの香りが強いため、カツゲン独特のパイン系の風味は消されているが、乳酸菌飲料独特の甘酸っぱさは十分に感じる。
期間限定フルーツ系カツゲンの中では一番フルーツっぽい味がする…メロンの駄菓子のような感じだけど(笑)私の中では同シリーズの中では過去に発売した『りんごカツゲン』と並んで一番美味しいと思う。
但し、何度も言うように、乳酸菌飲料や『カツゲン』自体が苦手な人には向きません。しかも特に期間限定フルーツ系カツゲンは好き嫌いがハッキリと分かれる傾向にある。
カツゲン大好きな人にオススメかな
この甘ったるい感じが何とも言えないんだよね。
改めて、甘党が多い典型的な道産子だなぁと思う(笑)・・・・機会があれば、また買って来よう~~♪♪♪♪
でもやっぱり、シンプルイズベスト、原点回帰で、我々道産子が子供の頃から慣れ親しんでいる元祖カツゲンの後継『ソフトカツゲン』のお馴染みの味がダントツに好きです★☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メグミルク『メロンカツゲン』 ①

先週木曜日(8月23日)に、『レモンカツゲン』を紹介したが、今回は8月14日からそれに代わって北海道内のコンビニを中心に店頭に並び始めた新製品『メロンカツゲン』(500ml・105円、日本ミルクコミュニティ)を紹介。

ご覧の通り、この『メロンカツゲン』は、北海道限定乳酸菌飲料の元祖カツゲン『ソフトカツゲン』にフルーツ香料を混ぜた“変り種”、季節限定(期間限定)フルーツ系カツゲンシリーズで、もちろん北海道限定品
当ブログではこれまで、『マンゴスチンカツゲン』⇒『シークヮーサーカツゲン』⇒『ぶどうカツゲン』⇒『みかんカツゲン』⇒『りんごカツゲン』⇒『ももカツゲン』⇒『レモンカツゲン』と紹介してまいりました。
その中では、フルーツ系カツゲンシリーズではりんごカツゲンが一番美味しいと思っておりましたが、それに匹敵する美味しいカツゲンが、この『メロンカツゲン』…だと思う(笑)。
北海道のフルーツと言えば(夕張)メロンだからね☆
でも、「無果汁(香料100%)」なんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋を学べ 68

◎どうやら、眞鍋かをり嬢の大人気ブログ『眞鍋かをりのココだけの話』を取り上げるのも、約3ヶ月ぶり?かな。

かなり久々。個人的に忙しかったからしょうがないの←開き直り

その間、眞鍋嬢は相変らず仕事は絶好調。

しかも、プライベートでも某人気お笑いコンビの“低音ボイスキャラ”の彼との熱愛報道⇒ブログで交際宣言と、近年まれに見る充実度。
そういえば、
彼はみなさんのおかげでしたの中で、とんねるずの貴さん「何だよ、眞鍋~!!」とツッコまれてた(笑)

そして何より、毎日気分上々で心に余裕があるせいか?彼女のブログの更新頻度も高くなった。

早速、最近の記事を振り返ってみると……

血液型占いで「A型は自殺に注意」と指摘されようが(7月23日付記事)なんのその...そんな根拠のない占いはインチキ極まりない!!!絶対に信じるな!!!←同じA型
公私共に絶好調の彼女は「そんなの関係ねぇ」と言わんばかりに、ひたすら
「ぽくちん」を連呼しながら腹筋に励む。完全に下ネタだが(爆)
たとえ職場に年下が増えても気にするなよ!!(8月17日付記事)...私もそうだから(苦笑)

また、訳もなく、冬のコートを着た姿を披露してみたり、ネット通販でタラバガニの足を2キロ注文したり(7月4日付記事)、
“流血”した様子をアップしたり(7月24日付記事)、肩をぐるぐる回しながら変顔を披露(8月10日付記事)…深い意味は全く無いけど(笑)とにかく当時の様子をブログで伝えたかったんだネ☆

それより、野球ネタが最近特に多くなったよね。

これは司会を務めるテレ東『メガスポ!』の影響だネ☆

「ラミちゃんカチカチ!アイーンゲッツ! 」(7月21日付記事タイトル)

「松坂世代の眞鍋より。木佐貫世代でもある眞鍋より。」(7月23日付記事)

木佐貫世代”ってマイナーぽくない?

それなら、個人的に(森本)ひちょり世代”とかでもいいと思うな←かなり強引

おっ、グラビア復帰に意欲満々?
自らのバディに自信満々の様子。

ただ、インパルスの板倉クンは眞鍋嬢と似ていない気がするが…(8月17日付記事)

改めて、8月20日付記事を見てみると、美女二人によるメガネっ娘2ショットが光る。
眞鍋嬢はド近眼のマジメガネを掛けてるけど、時東ぁみちゃんは近視ではない(左右とも1.5らしい)。
だから、あくまで「(レンズが入っていない)伊達めがね」を掛けた“メガネキャラ(本人いわく、アイドルメガネ)”、“メガネっ娘アイドル”であって、眞鍋嬢と同じマジ近眼の「本物のめがねっ娘」ではない。

でも、しっかりと眞鍋姉さんをフォローするあたり、性格がよくて頭のイイ子だ。
この先も、その頭の良さで芸能界を生き残っていけるでしょう。
打算的とも言えるけど←おいおい

ただ、辻ちゃんのせいで、ギャルルはこのまま自然消滅しそう…(笑)

確かに、眞鍋嬢は若さと美貌ではぁみちゃんに負けてないね。
気持ちが若ければ外見にも反映されるからか。

ああ、共通点が一つあった。二人とも元グラドルだね。
グラビア卒業後、眞鍋嬢はマルチタレント、ぁみちゃんはアイドル歌手と進む方向は違ったが。

ちなみに、芸歴はぁみちゃんの方が長い(→元・子役)。

最近のメガネスーパーのCMって、未だに見たことがない。
忙しくて、あまりテレビを見ないからね。
おぎやはぎの二人はマジ眼鏡。彼らこそ、正真正銘のメガネキャラ。

しかしまぁ、ヨン様が出ている眼鏡市場のCMって安直な作りだよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2007年8月25日 (土)

エスビー食品㈱『S&B ホンコンやきそば』 ④

ハイ、これがエスビー食品㈱S&B ホンコンやきそばの完成品。
独特の香辛料の香りが回り一面に漂う。こんなスパイシーな「インスタント焼きそば」は本品だけだろう。
最後の仕上げに、付属の「ふりかけ」を上から掛けてハイ出来上がり。
お好みで、上に卵をのせたり、具材と一緒に炒めると良いらしいが…そんなの不要。第一、めんどくさい(笑)
この「ふりかけ」は青海苔とスパイスの香りがする…ハックション!
これは胡椒が入っているな。あまり「ふりかけ」をじっくりと嗅がないほうが吉(笑)
では、早速頂きます・・・・おお!!これだよ、これ!!! この味だよ!!!!美味い、美味い!!!!
実にスパイシーかつお菓子っぽいジャンキーな味が特徴。
さらに酸味もある。魚と肉のエキスも入っているようだが…他のインスタント焼きそばのコッテリとしたソースっぽい味とは一線を画したオリジナリティーあふれる味で、これがまたハマってしまうんだよね~~!!!!!!
エスビー食品自慢のスパイスがふんだんに使われているようだ。詳しくは分からないけど、胡椒の他に、ナツメグとシナモンが入っているのかな???
この独特な何ゆえにも表現しがたい味のため、最初は何だこれ??!と思うだろうが、慣れると逆に病み付きになってしまう人が多い。
但し、片や全く受け付けない人も多いらしい。
楽天市場のネット販売の購入者レビューをご覧になれば良く分かります。
いいの。万人受けはつまらないよ。好き嫌いがはっきりと分かれるぐらいが個性的で非常に面白いんだよ。
過去に当ブログでも紹介したやきそば弁当しかり、カツゲンしかり、ガラナしかり、リボンナポリンしかり・・・これが道産子のソウルフードの特徴。
私はそれら全て大好きな典型的な道産子です(笑)
しかし、道外にも熱狂的なマニアが全国各地に存在するようです。『ホンコンやきそば』のファンサイトもあるし(笑)
まぁ、数少ない販売地域である仙台や大分でも好きな人が結構多いらしいから北海道限定商品でひとくくりしてはいけないのだろうけどね。
いやぁ~、それにしても美味すぎる!!!!!!
時々無性に食べたくなるんだよね。
このホンコンやきそばは、ご飯のおかずとして十分に成立すると思います(笑)
とにかく、試しに一度食べてみて下さいな。病み付きになること請け合いです☆
但し、保証はしませんけど。あしからず。
楽天の週間ランキングの焼きそば部門で過去に3度も1位になったことがある。全国にマニアが多くいる証拠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスビー食品㈱『S&B ホンコンやきそば』 ③

作り方も非常に独特。
これらの画像をご覧いただけるとよく分かると思う。
①カップ一杯の水(200ml)をフライパンに入れて沸騰させる。
②水が沸騰したら、麺を入れて箸で裏返しながらよく解きほぐす。十分に麺に水分が行き渡るようにする。
但し、水が直ぐに蒸発してしまいがちなのが欠点。麺の水分不足でボソボソとした食感になってしまい、美味しさが半減してしまう。
水が明らかに足りないようなら、出来れば水を更に100mlほど多めに加えたほうがよい。その方がよく麺がほぐれ、もちもちとした食感になる。
③見た目に水気がなくなるまで程よく炒める(水分を飛ばす)と出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスビー食品㈱『S&B ホンコンやきそば』 ②

このように袋に入っているのは、あらかじめ味付けされた乾燥麺(味付け油揚げ麺)。それと「ふりかけ」のみ。
見た目、ベビースターラーメンに似ているね。なので、ベビースターラーメン好きの人にも是非オススメしたい。
実にシンプル。他の袋タイプのインスタント焼きそばとは明らかに違うことがお分かりだろう。
更に、封を開けると何とも比喩しがたい独特の強い香辛料の香りがする。
いかにも香辛料が命のエスビー食品らしい製品だ。
初めて手に取った方は、開封した時点でこの独特の香りに面食らうことだろう。
この麺の味付けは、ウスターソース、香辛料、エキス(ポーク、煮干し、鯖削り節、コンブ、ビーフ)、酸味料、甘味料などが主原料。
「ふりかけ」は、白胡麻とアオサ(青海苔)、香辛料(胡椒など)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エスビー食品㈱『S&B ホンコンやきそば』 ①

今回は道産子には非常にお馴染みの袋麺タイプの「インスタント焼きそば」、エスビー食品㈱が製造販売する『S&B ホンコンやきそば』を紹介。
北海道を中心に熱狂的な支持者が存在する「インスタント焼きそば」と言えば、以前紹介した北海道限定マルちゃん(東洋水産)やきそば弁当とこの『ホンコンやきそば』。
北海道の他に、宮城県仙台市周辺)と山形県大分県大分市周辺)の一部でも販売されているそうだが、全国的には北海道限定のイメージが強い。
それは、この製品の販売量・需要が北海道で圧倒的に多いからである。
以前は、全国発売されていたらしい。発売開始は1964年というから、日本初のカップめん『カップヌードル』が発売される前であり、画像のパッケージからして40年以上の歴史を感じるレトロな「インスタント焼きそば」だ。
しかし当時は思いのほか不評で、まもなく販売中止に追い込まれたが、北海道など一部の地域で需要と存続の要望が高かったために、かろうじて“生き残った”というわけ。
この後詳しく解説するが、これらはいずれもかなり独特の風味を持つので、人によって好き嫌いがハッキリと分かれる。
平均的でありきたりな、極めて無難な味が通用する全国販売には向かないのだろう。しかし道産子はそういう個性的でアクが強いものが大好きなんである。
何事もありきたりで無難じゃ面白くない。一か八かの冒険心・探究心、インパクトがないとね。
青年よ大志を抱け、フロンティアスピリッツ(開拓者精神)だよ←意味不明
北海道ではスーパーなど大型店を中心に、大抵何処でも置いてある。
単品(バラ売り)の形ではなく、画像のように5袋パックの形で販売されていることが多い。
何故、“ホンコン”という名称が使われたのかは詳しくは分からないが、「ホンコン(香港)⇒中華料理(広東料理)が美味い⇒焼きそばが美味しい」という、極めて短絡的な発想から来ているらしい。
この単純な発想が何だか好きだな(笑)
この「中華コック長」という、意図不明なインチキ中国人コックの笑顔が光るイラストがトレードマーク。
『ホンコンやきそば』マニアなら、この顔を見ると思わずニヤリとするだろう。
「中華コック長」が持つフライパン形の透明な“窓”から中身(麺とふりかけ)が見えるのも、この製品のパッケージの特徴である。
この中身を見れば分かるが、この「インスタント焼きそば」は、日本初のインスタントラーメン日清チキンラーメンと同じ、あらかじめ乾燥麺に味が付いているタイプである。
正式名称は「味付き加工麺(味付き油揚げ麺)」というらしいが、発売開始の時期が近い『チキンラーメン』の影響を強く受けていることがよく分かる。
〝香りと彩りのふりかけ付き〟〝香りと味自慢〟という文字が躍る。
“香り”をウリの一つとするとは、流石スパイスが主力商品のS&Bならではである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その165

◎一日空きましたが、前回紹介後、再び平田裕香ちゃんのブログ『ひらたゆかの日記(ブログ)が更新されたので、早速今回も紹介いたします。

最初の内容は、兵庫県の映画館【伊丹TOHOプレックスで行なわれた電影版・獣拳戦隊ゲキレンジャーの公開記念トークショーイベントの舞台裏の様子。

今月は終始5人が一緒になって仲良く楽しい雰囲気のまま全国キャンペーンを展開。その間、多くの人との出会いがとても嬉しく楽しく、忙しくとも充実した数週間。
ただ、テレビ画面上はお互い敵同士なので、舞台裏はあまり詳しく見せられないのでしょうけど、、、いいじゃないの、そんな細かいことは。
この出演者同士の仲の良さが、良い番組作りの源なんだから。

今回の全国キャンペーンは裕香ちゃんにとっても貴重な体験だったと思いますよ。
何と言っても、ご家族やお友達を前にした故郷・北海道での凱旋出演もありましたし、裕香ちゃんの素晴らしい人柄に直に触れたので“平田裕香ファン”の拡大に繋がっただろうし。

応援している私としても、とても嬉しい限りです☆★☆

画像で理央様こと荒木宏文クンが指し示しているのは『魔法のシンデレラプリン』(定価210円)
去る8月14日に京都の太秦にある【東映太秦映画村】で行なわれた同映画の公開記念トークショーイベントで頂いた差し入れ。

彼のブログ荒木宏文BLOG8月20日付け記事にも紹介されている。

京都に2店舗構える洋菓子店【お菓子の工房 バンボシュール】の大人気スイーツ。

中がとろとろのプリンとは対照的に、その表面を焼き付けた“カリカリ”で香ばしいメイプルシュガーが特徴。
しかし、その状態が2時間しか持たず、すぐに表面が溶けてしまうので「シンデレラ」と命名されたんだとか。

そのプリンと一緒に詰め合わせた緑色のプリンは『抹茶プリン』か。

スイーツ大好き、プリン大好きなので、画像を見ているだけでヨダレが出てくる。しかし、現地でしか味わえないのが残念。。。

もったいないから残り半分取っておいたのが誤算だったようで、トークショー終了後、裕香ちゃんが戻ってきて再び食べようとしたら完全に表面が溶けてしまったらしい。

あ~あ。2時間以上経ってしまったのでしょうね……まぁ、私も裕香ちゃんと同じ、取って置いて後で楽しむ性分なので、気持ちは良く分かるけどね(笑)

そうそう、話は変わるけど、昨日(8月24日)発売となった裕香ちゃんの新DVD【MAI MALU!(マイ・マイ)】(リバプール)が先ほど届きましたよ!!!!!!
8月初めにamazonで予約注文していたのですが、予想以上に早くウチに届いてビックリです(笑)

このタイトルは「こっちへおいでよ!」という意味らしい。

前作【-H-(エイチ)】と同じバリで撮影(3日間滞在)されたもの。おそらく同じ時期に撮影されたのだろう。
裕香ちゃん自身も編集に立ち会ったという今作。

で、早速観てみましたが、とにかく、ボブショートにベビーフェイスの“ユカスマイル”なまらめんこいの何のって!!!!!

無邪気で純真無垢の雰囲気の仕草や表情が非常に魅力的!!!!

ボブショートにしたせいかかなり幼く感じ、どう見ても中高生にしか見えないのがまた良し(笑)

そして、自慢のナイスバディにクラクラ~~!!!!!
それなのに、未だに水着になるのが恥ずかしいんだって…この初心さがまた、なまらめんこい♪♪♪

東京で撮影された特典映像での赤のドレス姿もGOOD!!!!!

・・・・これ以上の詳しい内容はネタバレとなるので、この辺で終りにしておきましょう。

ではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

再会(BlogPet)

きのうぽてとが、思い入れ再会すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

メグミルク『レモンカツゲン』 ②

ご覧の通り、カツゲンシリーズをはじめ、ヤクルトやピルクルなどの乳酸菌飲料ではお馴染みの“肌色”。
早速飲んでみると・・・まず、ベースとなっているソフトカツゲンのパイン味の甘酸っぱい風味が強く感じ、その後、まろやかでフルーティーなハチミツレモン風味が感じられた。
そして、カツゲンシリーズに共通するしっかりとした甘さ。甘党の私にはたまらない。
ただハチミツレモンの風味は思っていたほど感じられなかった。
カツゲンの味は個性的でとてもインパクトがあるので、これは致し方ないか。
それでも、この甘酸っぱさはとても気に入った。
なまらうまいべや~~!!!!!
この熱い夏を乗り切るには、甘酸っぱくて元気が出るカツゲンに限るね~~♪♪♪
カツゲンは道産子のソウルフード私も大好きな飲み物の一つ。
しかし、もう既にこの『レモンカツゲン』が売っていないのは非常に残念だけど、代わりに発売された『メロンカツゲン』にも大変期待しているので、よしとするか。
その『メロンカツゲン』についても、いずれ近いうちに紹介しますよ☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メグミルク『レモンカツゲン』 ①

過去に当ブログで何度もご紹介した北海道限定の乳酸菌飲料『ソフトカツゲン』の“変り種”である季節限定のフルーツ系カツゲンシリーズ
今回は、5月から店頭に並び始めた『レモンカツゲン』をご紹介します。製造・販売はメグミルク(日本ミルクコミュニティ)。これは500ml入りで定価105円。先週近所のコンビニにて購入。
しかし、新製品である『メロンカツゲン』が取って代わるように8月14日からコンビニを中心に店頭に並び始めたので、この『レモンカツゲン』は残念ながら“お役御免”となり、先週いっぱいで発売終了のこと。
現在では入手困難となっておりますが、それでも今回はあえて『レモンカツゲン』を取り上げてみましょうか。
〝はちみつレモン風味〟という『レモンカツゲン』。
カツゲンシリーズではおなじみの〝北海道限定品〟というパッケージの文字が光る。
レモン大好き、カツゲン大好きの私には待望のドリンク。早く飲みたいなぁ~!!
一度、3年前にも『レモンカツゲン』は店頭販売したらしいが、、、私は全くの初見です(笑)
ちなみに元祖カツゲンであるソフトカツゲンは、東京・有楽町にある北海道のアンテナショップ北海道どさんこプラザでも取り扱っているらしいので、試しに覗いてみて下さいな☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その164

◎ようやく個人的に所用が「一段落」したので、まずは我らが道産子のホープである平田裕香ちゃんのブログ『ひらたゆかの日記(ブログ)』を紹介しましょう☆

だけど...同ブログリニューアル後、トラックバック欄が突如撤廃されてしまいました、、、、、うーーん、こちらからトラバが出来なくて非常に残念。

今後もこのままの状態かどうか分からないけど、たとえ“一方通行”の記事になろうと!これまで通り変わらず、裕香ちゃんが地道に頑張っている姿を紹介して参りたい!!・・・それが同じ道産子としての使命だと勝手に思ってオリマス(笑)

そんなことよりさ!!!!

大・大・大ニュース発見!!!!!!

今日の北海道新聞朝刊(8月23日付)の「第二社会面」にある特集記事〝夕張再生へ〟に、何と裕香ちゃんの姿がっっっ!!!!!!!

Vfsh0004

この記事を偶然見つけて、朝から大ハシャギしてしまいました(笑)

以下がその全文(道新HPに公開されている同記事を抜粋)。

≪漫画誌チャリティー、667万円を「幸福の黄色いハンカチ基金」寄付≫

夕張】小学館は22日、漫画誌「週刊ヤングサンデー」で今春行った「創刊20周年記念・がんばれ夕張チャリティーオークション」の売り上げ全額約667万円を、夕張市の「幸福の黄色いハンカチ基金」に寄付した。夕張近隣の空知管内栗山町育ちのグラビアアイドル平田裕香さん(23)が藤倉肇市長に目録を手渡した。 同誌で夕張の財政破たんを扱った漫画を掲載したのが縁で支援が実現。オークションには、あだち充氏など人気漫画家ら約40人のイラスト色紙など計56品を出品した。 同誌などで活躍する平田さんは札幌生まれで、小4から中3まで栗山町で育ち「家族で何度も夕張を訪れた」という。藤倉市長は「私も漫画は好き。感激です」と話した。寄付金は、小中学校統廃合に伴う通学用スクールバス購入などに充てられる。

…昨日はヤンサン誌上で行なった「夕張支援チャリティーオークション」の売り上げ金を直接藤倉市長に手渡すため、ヤンサン代表として北海道・夕張入りしていたのですね!!

素敵なシルクのグレー系のドレス。

ヤンサンで〝北海道出身アイドル〟〝夕張〟といえば、何といっても平田裕香ちゃんだから。

但し、よく世間で間違えられるけど、道新の記事の通り、裕香ちゃんの出身地は夕張市ではなく夕張郡栗山町
でも夕張市栗山町はお隣同士なんだよね。非常に紛らわしいけど。

それにしても、先週に引き続き今週も凱旋帰郷を果たしたことに!!!…さぞやお母さんも誇らしげでしょうに。

裕香ちゃんは、我が道産子の誇りです!!!!!!!

危機に瀕しているのは何も夕張市だけでなく、北海道ブランドの代表格だった石屋製菓(白い恋人)もそう。

もうね、この二つの危機を救えるのは誠実さと清潔感が芸能界No.1 の裕香ちゃんしかいないべさ!!!!

その前に、今回の報道により、故郷・(夕張郡栗山町の観光大使への就任はいずれ決定するだろうけど(笑)

ちなみに、、、今朝のHBCラジオ、午前11時頃の「道新ニュース」でも、このニュースを紹介しておりました☆

ーーーで、昨日(8月22日)更新されたブログ記事を振り返ってみると、新千歳空港へ向かう飛行機に乗る前に、羽田空港で更新された模様。

画像は出発前に食べた『鯵と子鯛の押し寿司』。

当初は福井県の有名な駅弁・空弁『みち子がお届けする若狭の浜焼き鯖寿司』(【㈱海の恵み】福井県福井市松本4丁目13番4号 )を手に入れようとお考えだったみたいで。
“みち子”とは、同社の名物社長・矢部 みち子氏のこと。

だけど、この弁当は残念ながらちょうど売り切れ直後。仕方ないので、代わりに『鯵と子鯛の押し寿司』(羽田空港限定・980円)なる空弁を頂いたそうですな。

神奈川県鎌倉市にある創業明治31年の【㈱大船軒】(神奈川県鎌倉市岡本2丁目3番3号)の有名な「鯵の押寿し」のお弁当。

何でも「秘伝の合わせ酢でしめた小鯵の押し寿司と北海道の昆布を合わせた酢で上品に仕立てた小鯛押し寿司との詰合せ」とか。

今やわざわざ現地に行かなくとも、成田や羽田で日本全国の名物が簡単に手に入る時代になったのですね...ただこれって本当に良い事なのかどうか!?

更に、今週月曜日(8月20日)更新された記事に注目すると、小学館・週刊ヤングサンデー編集部であだち充氏との2ショット。

頬をやや赤らめ、ハニカミ気味のなまらめんこい裕香ちゃんがとても印象的!!!!!!!

“偶然”の再会に大のあだちファンでもある裕香ちゃんは大喜び。

・・・ハイ、これで、話が一つに繋がりましたね。

20日にこの「創刊20周年記念・がんばれ夕張チャリティーオークション」の売り上げを夕張市長に手渡すために「衣装のフィッティング(打ち合わせ)」をするために小学館を訪れ、同オークションにも出品し、たまたま同編集部を訪れていたあだち氏に“偶然”の再会を果たしたということなんですね♪♪♪♪

おっ!!?!?
先ほど(8月23日午前10時0分)更新された記事には、カニを持ってピースサインしている裕香ちゃんの姿が!!!!!

この様子を撮影したのは、札幌市中心部にある【北海道かに将軍】の札幌本店(ススキノ)か、【札幌かに本家】の札幌駅前本店orすすきの店かも。

市長を表敬訪問した夕張市を後にして、食事をするために札幌入りしたのでしょう。

今回もゆっくり出来る時間がなかったそうですが、故郷を実感できただけでも非常に価値があるというもの。

北海道の空気と美味しいものを食べて、大分リフレッシュできた様子。その無邪気な表情がなまらめんこい♪♪♪
道産子のDNAを受け継いでいる裕香ちゃんならでは。

これからも粘り強さ・意志の強さの“道産子魂”で、芸能界で頑張って欲しい次第です☆★☆★

それより、今回の記事で高校野球ネタをトップに持ってくるとは(笑)

裕香ちゃんは高校野球ファン、あだち充漫画のファンだからね。

…もちろん、私も昨日の夏の甲子園決勝戦「佐賀県代表・佐賀北高校vs広島県代表・広陵高校」の劇的な幕切れに大興奮しましたよ。

私は母方の母方が佐賀県出身という関係から佐賀北高校をテレビの前で応援しておりましたが、一方で、一回戦で我が南北海道代表の駒大苫小牧高校に逆転勝ちし、決勝まで上り詰めた広陵高校の戦いぶりにも注目しておりました。

あだち充氏もビックリのドラマチックな結末。

あんなことってあり?!
出来すぎだよね(笑)

5点リードされた8回裏、それまでたったの1安打の佐賀北高校。

まさか、満塁押し出し、そして逆転満塁ホームランが飛び出すとは...やはり甲子園には魔物が住んでいるのですね(笑)

佐賀北のエース・久保君も『佐賀県』のはなわに似てるし←関係ない

でもそれだからこそ高校野球は面白い。
野球は筋書きのないドラマ。

今回の夏の甲子園の大会もそれを実感しましたよ。

でも、、、やはり個人的には北海道代表の2チームに決勝まで進んで欲しかったな(苦笑)

話を元に戻して、、、この夏は映画『電影版・獣拳戦隊ゲキレンジャー』の公開記念キャンペーンの一員として裕香ちゃんは全国各地を訪問。
ブログでもその当時の舞台裏・出演後の様子が載っておりますね。

ホント、大忙しだったけど大変充実したキャンペーンだったようで。
現地の美味しい名物も鱈腹堪能、、、これが一番の楽しみだったかも(笑)

事前の告知の通り、去る8月13日に行なわれた【北海道グリーンランド(今月、「いわみざわ三井グリーンランド」から名称変更)】のトークショー(全国ロードショースペシャルイベント)に裕香ちゃんが凱旋出演。

当日の北海道は道内各地で今夏最高気温を記録。

札幌市中心部で34.0℃、ちょうど【北海道グリーンランド】がある岩見沢市では34.6℃まで上がり、「北海道は涼しい・寒い」という道外の人のイメージを木っ端微塵に砕いたというわけ。

当時ステージ上は「なまらアツイ!!」状態。

そんな最中、お祖母ちゃんが仕立てた黒を基調とした浴衣を着て登場。
ご家族やご友人の目の前で“凱旋出演”を晴れて果たす。

道産子に対しては人一倍思い入れのある、地元愛がとても強い土地柄の北海道。

裕香ちゃんが誰よりも熱い声援を受けたのはその為。

私としても非常に嬉しい限り......しかし、私は仕事で休みが取れず、千載一遇のチャンスを逃し、なまらめんこい姿を間近で拝見することが出来ず……嗚呼、無念。ちーん。

でも、また間近で拝見できるチャンスがあると思うんだ。絶対に。

その時は必ずや観に行きますよ☆★

そして、15日の21時に更新された記事の画像では、新千歳空港の売店で買った瓶詰めの牛乳を一気飲みしている様子。

やはりさ、お風呂上りに腰に手を当てて牛乳を飲むのが一番だよね(笑)

更に、アイスも食べたそうですな。

故郷の味を十分に堪能。これで元気100倍!!

大人気土産『じゃがポックル』については、以前私のブログでも紹介しましたね。
なまら美味いから直ぐに売切れてしまうのは至極当然☆

⇒理央様こと荒木宏文クンのブログ『荒木宏文BLOG』

【北海道グリーンランド】の園内の様子と新千歳空港で食べた【ルタオ(LeTAO)】『小樽ジャージープリン』(新千歳空港三越店限定商品)。

⇒ゲキブルーこと高木万平クンのブログ『万平★Funny BLOG』

空港で撮った出演者5人による集合写真、【ルタオ(LeTAO)】『小樽ジャージープリン』

⇒ゲキレッドこと鈴木裕樹クンのブログ『鈴木裕樹BLOG』

「北海道は人が多~かった!そして記録的猛暑」などと記述。
他に、出演者5人による集合写真も。

・・・・・今回は、取り留めのない文になってしまいましたが、久々に更新したのでどうかご勘弁を。
今後もヨロシクです。

それじゃ、したっけ☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月18日 (土)

満足するはずだった(BlogPet)

とうきびは、北上しなかったー。
でも、満足するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「ぽてと」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

またまた今週も・・・・

◎ブログネタ、スイーツネタ、地元ネタなど、書きたいネタが山ほどあるのですが、今週も時間が無くて、文章化・記事化できません。来週もこんな感じ。

それで...多忙につき、これまで数ヶ月間紹介しきれずにご無沙汰となっている『CHIECOラボ』『眞鍋かをりのココだけの話』をはじめ、しょこたん☆ブログ』、『Risa's Meaningなどお馴染みの人気ブログの数々に関しては、時間に余裕ができる8月末から9月初頭にかけてザッとまとめて紹介するつもりなので、どうかご了承の程を。

とにかく、8月末が待ち遠しい。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ユカいな平田サン その163

◎いつもお馴染みひらたゆかの日記(ブログ)の背景がこの度、一新された。

かなりおっしゃれ~~な感じで、ちょびっと大人な?平田裕香ちゃんのなまらめんこい姿が特徴的。

しかも、何のつもりか、これまで更新された記事の文字がデカくなったね…むしろそれにビックリしたが(笑)

裕香ちゃんも、先の日曜日に行なわれた参議院議員選挙の投票をしてきたそうですな。国民の義務をきっちりと果たした裕香ちゃんは流石!!!!

無論、私も期日前投票を投票日の3日前に済ませた訳ですが、今回の選挙結果は、当初から予想されていたことで、至極当然だと思いますよ。あれだけ閣僚の不祥事が発覚したらね、、、それでも尚、平然と居直り続ける安倍政権、強いては、政権与党の自民党は国民をナメているとしか思えないもの。

それはさて置き・・・・裕香ちゃんは夏バテで体調を崩したんだって?

でも何とか回復したみたいで、、、“梅雨明け”し、本格的な真夏の到来により、一層暑い日々が続きますから、どうかお体ご自愛下さい増し~☆★

おっ、カプチーノ?クレープアイス?なまらウマソ♪

スイーツでもラーメンでも何でもいいから、こういう時こそガッツリと美味しいものを食べて、睡眠をしっかり摂ってちょうだいな◆◇◆

ではまた。

日本海を北上中の台風5号の進路が目下、気がかり。明日・明後日には北海道を直撃するかもしれないから。既に昨日から風が強い。心配だなぁ。。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »