« ユカいな平田サン その157 | トップページ | ㈱ホリ『くるみ餅』 ② »

2007年5月26日 (土)

㈱ホリ『くるみ餅』 ①

その名の通り、「くるみ(胡桃)」が入った『羽二重餅』だ。
本物の竹の皮二つのお餅が包まれている。思わず江戸時代の「お弁当のおにぎり」を想起させるが、お餅自体はビニール包装がなされているので、この竹の皮は単なる飾り付け。
しかし、デザイン的に◎
こういった、昔風パッケージ仕様は趣があって結構好きなんだよね。。。
この『くるみ餅』には、北海道産の「てんさいとう(甜菜糖)」を使用しているらしい。
日本では主に北海道で採れる『甜菜(てんさい)』
別名「ビート」もしくは「砂糖大根」とも呼ばれる。寒冷地・北海道の栽培に最も適した基幹作物だ。
その『甜菜(てんさい)』から「てんさい糖(ビート糖)」が精製されるが、「オリゴ糖」とミネラル分が豊富に含まれているのが特徴。
ビフィズス菌の働きを良くするので、ヨーグルトとの相性が抜群の砂糖だ。
『スズラン印』で有名な【日本甜菜製糖】の上白糖やグラニュ糖が有名。
ともに上品でクセがない甘さが特徴的な砂糖で、お菓子作りには最適。
果たして、その『くるみ餅』の味は“北海道銘菓”と銘打ったそのパッケージに偽り無しの味なのか?とても気になるところだ。
同商品は、近所のコンビニ(セブン−イレブン)で購入。
ちなみに、【㈱ホリ】【北菓楼】と兄弟会社(ホリグループ)だ。

|

« ユカいな平田サン その157 | トップページ | ㈱ホリ『くるみ餅』 ② »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/15212545

この記事へのトラックバック一覧です: ㈱ホリ『くるみ餅』 ①:

« ユカいな平田サン その157 | トップページ | ㈱ホリ『くるみ餅』 ② »