« ㈱ほんま『“札幌名物” 元祖・月寒あんぱん』 ④ | トップページ | 寝過ごして更新できなかった・・・ »

2007年4月 5日 (木)

㈱ほんま『“札幌名物” 元祖・月寒あんぱん』 ⑤

ご覧の通り、元祖・月寒あんぱん』は、しっかりとした薄皮の中に、びっしりと「こし餡(あん)」が詰まっている。
薄皮は小麦粉に卵と砂糖・水飴が練りこまれていて、餡は北海道産の良質な小豆、蜂蜜、黒砂糖を使用している。
食べてみると・・・・これがまた、ちょうど良い餡の甘さと薄皮の香ばしさの組み合わせが絶妙!!!素朴ではあるが、味に深みもある!!
水分が控えめなので一見パサついているように見えるが、餡と皮がフィットしているので、非常に食べやすいお菓子だ!!!!

美味しいねぇ~~~♪♪♪
約100年間、札幌市民に愛されてきた理由がよく分かる。
以前は、『月寒あんぱん』といえば、もっと甘さが強い印象があったが、
近年になって砂糖の量を減らし、甘さ控えめの現代風にアレンジして作られるようになったとか。
しかし、根本的な製法と味は創業当時から変わらない。
私が小さい時から慣れ親しんできた味で、これを食べると当時を思い出し、非常にノスタルジックな気分になる。
これが札幌の歴史と共に歩んできた老舗の味なのか。
時々無性に食べたくなるのはその為なのだろう。
歴史と人々の思い出が沢山詰まったこの元祖・月寒あんぱんは、饅頭系のお菓子の中では最も大好きなお菓子の一つです☆
更には、ケーキ類などの洋菓子も美味しい事で知られているので、いずれ紹介したいと思う。

|

« ㈱ほんま『“札幌名物” 元祖・月寒あんぱん』 ④ | トップページ | 寝過ごして更新できなかった・・・ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/14571188

この記事へのトラックバック一覧です: ㈱ほんま『“札幌名物” 元祖・月寒あんぱん』 ⑤:

« ㈱ほんま『“札幌名物” 元祖・月寒あんぱん』 ④ | トップページ | 寝過ごして更新できなかった・・・ »