« 柳月『薄塩羊羹』 ② | トップページ | って言ってたよ(BlogPet) »

2007年4月17日 (火)

柳月『薄塩羊羹』 ③

封を開けてみると、みずみずしい羊羹が顔を出した。
切ってみると、つるんとした感触…色合いも含めて水ようかんに近いお菓子のようだ。
主な原料は、砂糖(氷砂糖)、こしあん(十勝産北海小豆)、還元水飴、寒天、塩。
では早速・・・・おっ、案の定、みずみずしくて食感がつるんとした軟らかい羊羹だね。
小豆の風味が口の中でパッと広がる感じた。しかも後が引かないサッパリ感。
地元・十勝産の上質な小豆の旨みがよく引き出されている。
塩味は思ったほどしない、というか、羊羹(あんこ)には塩が入っているのが当たり前なので、まったく気にならない。ほんのりと塩味が感じられる程度
塩を入れる事により、小豆本来の甘さ・旨みを一層と引き立てている。
何より、あっさりとして甘さが控えめなので私的にはちょうどイイ・・・・これは美味しい!!!!!
前回紹介の『三石羊羹』とほぼ同じような甘さとあっさり感。
両者とも甲乙つけがたい美味しさだ!!!!
但し、水羊羹のようなみずみずしさ・食感と小豆の種類・風味、塩加減が違うので単純比較は出来ないが、厳密にはこの『薄塩羊羹』の方がもっとあっさりしているかも。
あとは、個人的な好き嫌いの差が決め手となるだろう…まぁ、私は結構何でも受け入れてしまう“間口が広いエセ美食家”なので、甘くコッテリとした味の羊羹も一方で好きではあるけど(笑)
ただ、どちらかといえば、あっさり目の羊羹が好きです☆
とにかく、短期間で2回も美味しい羊羹に出会えたことが何より嬉しい。
やはり、柳月はライバルの六花亭に決して引けを取らないお菓子メーカーだと改めて実感した。
ちなみに、これは55gの一口サイズ。一個120円。
近くのセブン−イレブンにて購入。
いずれ六花亭白樺羊羹も紹介するつもり。
この際、徹底的に羊羹にこだわるのもいいかもしれないけど、それじゃ面白くないので、出来るだけジャンルを選ばず、オールマイティーにご紹介しますよ(笑)

|

« 柳月『薄塩羊羹』 ② | トップページ | って言ってたよ(BlogPet) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/14735280

この記事へのトラックバック一覧です: 柳月『薄塩羊羹』 ③:

« 柳月『薄塩羊羹』 ② | トップページ | って言ってたよ(BlogPet) »