« 間に合わない・・・ | トップページ | ㈲八木菓子舗『元祖 三石羊羹』 ① »

2007年4月14日 (土)

ユカいな平田サン その148

◎一昨日に引き続き、昨日も朝から更新された平田裕香ちゃんのブログ。
これまで溜め撮りした画像の公開特集。
今後も更新される可能性がありますが、とりあえず時間があるうちに。
北海道の桜情報も併せてご紹介します。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・4月12日・13日付け更新記事。

一昨日(12日)と昨日(13日)に掛けて、これまで携帯電話のモバイルカメラで撮った写真を3枚公開している。

「『ブログに載っけよぅ♪』
と思って撮った写真が着々と陽の目を見ぬまま消されている今日この頃の私の携帯。

時をさかのぼっての写真披露☆」

……いわゆる“蔵出し画像”というわけですな。
日頃から、写真を撮るのが好きらしいから相当溜まっているのでしょう。
少しでも画像を保存する為、携帯用のメモリカードを買った方が良いと思うよ☆

――――まず一枚目は、手作りクッキーを披露。
画質が何故かセピア色だが、これも“演出”か。

「時をさかのぼっての写真披露☆
これは友達が手作りクッキーをくれた時のです☆
味が6種類くらいあって食べるのがもったいなかった!!
なんで手作りってあんなに美味しいんでしょう。。。(>_<)☆ 」

……これはいつ何処で撮った画像だろうか。会議室のテーブルとイスが写っている。
ジップロック(ziploc)のストックバックに入っているのが、いかにも手作りって感じ(笑)

手作りのものが美味しく感じるのは、きっと作る人の愛情が込められているからでしょうな。

裕香ちゃんも、今度のイベントの時に手作りクッキーを振る舞ってみては?

――――続いて、二枚目はガラスに写った装飾品のキラキラした光り。
何だか、とっても幻想的ですな。

その七色の輝きの背後には、座席の後ろについているネットが写っている。
ロケバスの中で撮ったものか。

「きらきら

きらきらきら

光が踊ります

赤や緑の光の粒が

ちらちら舞って

何もないところに

光という形ないものが

あります。

【ゲキレンジャー】のメレ衣装の裾にはラインストーン?みたいなビーズが縫い付けてあって、光が反射すると本当に綺麗なんです☆

撮影の現場でぼけ~っと一点を見つめて 体を上下させてる時は、だいたいこれを見てるときです。 」

……アレ?メレ様の衣装は裾にキラキラ系の装飾が施していたっけ?!

いつも欠かさず見ているが、細かい衣装のチェックまでしていなかった...かなりセクシーな衣装なので、お恥ずかしながら、そっちに気を取られていたかも…(苦笑)

イマドキの若い女性はラインストーンやラメのようなキラキラした“光モノ”が大好きなコが多いが、ご多分に漏れず、裕香ちゃんも結構お好きなようですな★☆★

裕香ちゃんにとって、ボオーッとしている間も無くてはならない貴重な時間なのでしょう、、、ま、単に自分の世界に入るのが好きなだけかもしれないけど、あえてそう捉えておこうか(笑)

さて、今度の日曜日(4月15日)に放送される『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の第9話〔ケナケナの女〕編は、、、待ってました!!メレ様特集です!!!

首領・理央との知られざる過去や、理央に謀反を企てた五毒拳の最後の一人・ブラコとの戦い、
修業と称してゲキレンジャーに初めて対戦を挑むなど、見どころが一杯ですね!!!!

裕香ちゃん、、いやメレ様の凛々しくて、愛に一途な美しい姿が拝見できるのは、非常に嬉しい限り。

…ちびっ子たちには悪いけど、ここは一つ、ゲキレンジャーには潔く負けてもらうよ。そうしないと理央のピンチを救えないからね。
いつも都合良く正義の味方が必ず勝つとは限らない。
それがゲキレンジャーの面白いところ。

今回、平田裕香ちゃんが全身全霊をかけて演じたという「理央様の愛のために生き、理央様の愛のために戦う“ラブ・ウォリアー”」のメレ様の生き様をとくとご覧アレ!!!!!

――――三枚目の画像は、『タンポポ』とその周辺にぽつぽつと芽を出した『土筆ん坊(つくしんぼう)』。

「昨日のばーとつうに続いてこれもロケ中に撮った写真。たんぽぽとつくしんぼ。

つくしんぼ見付けたとき、春のお便りを見付けた気がしてうきゃうきゃしたのですが、
辺り見回すと うびゃ~っ と一面につくしがぽこぽこ生えていて、踏まずに歩くのは困難なほどでした(^_^;)

ちなみに日付は4月の2日☆」

……風情がある早春の景色をカメラに収めたもの。
この二つはまさに“春の象徴”たる草花ですな☆★

裕香ちゃんは『つくし』の群集を見つけると、子供のように大ハシャギしたそうだが、めんこいねぇ~♪♪♪

春先に『スギナ』の(土の中にある)根茎の節の所々から伸びた茶色い胞子体を『つくし』という。
『つくし』の先端部分の茶色い帽子状の「袴(はかま)」と呼ばれる部分から胞子を放出する。
その胞子から新しい個体の『スギナ』が発芽する。
要は、『スギナ』の個体数を増やす繁殖活動をする働きを持つのが『つくし』である。

『つくし』春の山菜としても知られるので、茹でて灰汁を取ってから煮付けなどにすると美味しいそうだ。

『スギナ』は煎じて飲む(スギナ茶)と、利尿作用や疲労回復、花粉症対策にもなる。

特に『つくし』の成分を抽出して作られた『つくし飴』は花粉症に効果テキメンらしい。
『つくし』を調理して食べたら花粉症の症状が和らいだという多くの事例にヒントを得て作られたもの。
日本大学と㈱池田薬草の共同開発により生み出された。

・・・意外なものから、世の人々を困らせている花粉症の“特効薬”になるとはね…こりゃ驚きだ。

裕香ちゃんも、鼻がムズムズして生活に支障をきたすようになったら、この『桜のつくし飴』(製造・販売: ㈱桜(⇒池田薬草のグループ企業))を試してみたら?

今朝(14日)、外を見てみると、一面真っ白でした。北海道上空に寒気が入ってきて、雪が降った模様。
午後になったら全て融けてしまうだろうけど、北国の春はまだ始まったばかり。
ここ一週間暖かい日が続き、ようやく春らしくなったと思ったら、また冬に逆戻り。こんな『三寒四温』の状態が四月末まで続くわけです。
近所の桜や梅の木もまだ「つぼみ」の状態。桜前線が北海道に上陸するのはまだ先の話です。

しかし、日本で一番春の訪れが遅い北海道だからこそ、日本で一番春のありがたみが分かるのです。
5月頃に百花繚乱の花を見たら、これほど嬉しいことは無い。
待ちわびたかのように「ようやく春が来たぞ!!」と一斉に花が咲く。花々も木々も鳥達も春の訪れを非常に喜んでいるかのよう。。。
並んで待つことが大嫌いな我々道産子(北海道人)だが、長く厳しい“しばれる冬”を耐えて乗り切り、日本で一番遅い春の訪れをじっと待つことは得意中の得意。
まぁ、意外かもしれないが、結構寒がりな人が多いんだけどさ(笑)

『ゲキレンジャー』の出演を見事に勝ち取った我らが道産子のホープ、裕香ちゃんですが、本来持っている潜在能力の高さからすれば、まだ序章の段階に過ぎない。
ゲキレンジャーの修業じゃないけど、もっと高みを目指すべき存在ただ、同番組は裕香ちゃんがこの先、一大スターダムにのし上がる為の“絶好のきっかけ”はなったので、非常に喜ばしいことです☆★☆★

今後たとえ、何をやっても上手く行かない“冬の季節”が訪れようと、幼少期に北の大地で培った、粘り強く決して諦めない道産子魂”で最善を尽くし、したたかにじっくりと好機をうかがってさえいれば、
春満開の“千載一遇のビックチャンス”が必ずや訪れるでしょう...その際は逃さずにしっかりと掴み取りましょう!!!!

ちなみに、北海道内の桜の開花予報が4月11日に気象庁で発表になりましたが、既に発表した民間の2つの気象会社(ウェザーニューズ、日本気象協会)を含め、以下にご紹介します。

☆気象庁の開花予報

・4月30日…函館(ソメイヨシノ)
・5月1日…江差(ソメイヨシノ)
・5月6日…札幌、室蘭(ソメイヨシノ)
・5月8日…帯広(エゾヤマザクラ)
・5月9日…旭川(エゾヤマザクラ)
・5月13日…留萌(エゾヤマザクラ)
・5月16日…稚内、網走、紋別(エゾヤマザクラ)
・5月18日…釧路(エゾヤマザクラ)
・5月20日…根室(チシマザクラ)

☆ウェザーニューズの開花予想

・4月27日…函館(ソメイヨシノ)
・4月30日…松前(ソメイヨシノ)
・5月3日…札幌(ソメイヨシノ)

・5月6日…新ひだか〔旧・静内〕(エゾヤマザクラ)
・5月7日…帯広(エゾヤマザクラ)
・5月10日…北見(エゾヤマザクラ)
・5月11日…室蘭(ソメイヨシノ)、旭川(エゾヤマザクラ)
・5月15日…富良野(エゾヤマザクラ)
・5月20日…稚内(エゾヤマザクラ)、釧路(エゾヤマザクラ)、根室(チシマザクラ)

☆日本気象協会の(日本最大の天気・気象情報サイト【tenki.jp】に情報提供した)開花予想

・4月25日…函館(ソメイヨシノ)
・4月26日…江差(ソメイヨシノ)
・5月1日…札幌(ソメイヨシノ)
・5月3日…室蘭(ソメイヨシノ)
・5月4日…帯広(エゾヤマザクラ)
・5月5日…旭川(エゾヤマザクラ)
・5月7日…浦河(エゾヤマザクラ)
・5月9日…留萌(エゾヤマザクラ)
・5月11日…網走、留萌(エゾヤマザクラ)
・5月14日…稚内(エゾヤマザクラ)
・5月15日…釧路(エゾヤマザクラ)
・5月18日…根室(チシマザクラ)

……ご覧の通り、各社によって微妙に予想が違うのが面白い。各社の桜の観測地点が全く違うのも影響しているようだ。

意外だが、気象庁はここ最近、北海道の桜の開花予報を一度も的中させたことがないらしい(笑)

ブログペット「ぽてと」の背景は、一昨年(2005年)の5月中旬に満開となった旧静内町(現・新ひだか町)の二十間道路桜並木の様子です。
ここは、皆さんお馴染みのの薄いピンクの花を咲かせる桜の品種『ソメイヨシノ』ではなく、濃いピンクの花を咲かせる『エゾヤマザクラ』のエリア。

北海道では札幌市の北側周辺が『ソメイヨシノ』の北限。
それより東半分の地域では園芸種(接木で増やした一代限りのクローン桜)の『ソメイヨシノ』はすぐに病気になって育たないので、
その代わり(代替種目として)、北海道で自生している(野生種の)『エゾヤマザクラ』や『チシマザクラ』が「桜の開花予報に用いられる標準木」となる。
道内にある15ヵ所の気象台・測候所のうち9ヶ所で『エゾヤマザクラ』が「桜開花の標本木」となっている。
一方、『チシマザクラ』は、気温が年間を通じて低い気候に最も適した根室管内限定の「桜開花の標本木」。高さが3~5メートルと背が低い桜。

したがって、裕香ちゃんの出身地・夕張郡空知管内)は『エゾヤマザクラ』がメインの地域。

日本で『ソメイヨシノ』以外の桜の品種が「桜開花の標本木」に用いられているのは、沖縄県(『ヒガンザクラ』が標本木)とココ北海道(しかも2種類)だけ!!!

確かに、華やかで上品なお嬢様的印象を受ける『ソメイヨシノ』に比べると幾分地味目だけど、私はとても丈夫で野性味があり、可憐な花を咲かせる『エゾヤマザクラ』が大好きです☆

我が街・札幌市はギリギリ『ソメイヨシノ』が「桜開花の標本木(北海道神宮)」で、『ソメイヨシノ』『エゾヤマザクラ』が混在して咲いている地域です。

今年も5月初めから中旬に掛けて見頃となる札幌市中央区の)北海道神宮円山公園ソメイヨシノ』や同時期に咲く『紅梅』『白梅』
静内の二十間道路桜並木『エゾヤマザクラ』の写真を撮りに行きたいと思っております。。。

最後に、私の独断による桜開花予想は・・・・札幌は「5月4日」、夕張郡周辺は「5月6日」と予想しております...当たるかなぁ~???

※いつものようにトラックバックします。どうかヨロシクです~♪

|

« 間に合わない・・・ | トップページ | ㈲八木菓子舗『元祖 三石羊羹』 ① »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/14675475

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その148:

« 間に合わない・・・ | トップページ | ㈲八木菓子舗『元祖 三石羊羹』 ① »