« 池田食品『七福豆 “醤油味”』 | トップページ | 今日と明日は間に合いそうにない・・・ »

2007年2月 3日 (土)

でん六『有機 から付落花生 “新豆”』

これは、でん六】の『有機 から付落花生 “新豆”』。
ピーナッツ本来の味が堪能できる。美味しいね☆
何故、【節分】なのに『殻付き落花生(ピーナッツ)』か・・・・去年もちょうど『節分』の時期に触れたのですが、今年も改めてご説明を。
北海道の節分の『豆撒き』では、炒った『大豆』より『殻付き落花生(ピーナッツ)』を撒(ま)くのが一般的。
「『豆撒き』……豆撒き(東大阪市・徳庵神社)炒った大豆を撒き、蒔かれた豆を、自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもある。豆を撒くことには、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。これは、中国から渡来して宮中で行われていた悪鬼・厄神払いの行事と、寺社が邪気払いに行った豆打ちの儀式が融合した物とも言われている。
撒く豆は炒った大豆が普通であるが、北海道などでは落花生などをまく(大豆よりも回収し易く、殻着きの為地面に落ちても食べられる)
炒った豆を神棚に供えてから撒く地方もある。」
北海道の他に、東北、北陸、甲信越地方などでも『殻付き落花生(ピーナッツ)』を使った『節分』の風習が行なわれる地域があるらしい。
まぁ、同じ豆類ですからね(笑)
私は、地面に落ちた物も殻を取って食べられるので、『殻付き落花生』による『豆撒き』は極めて合理的だと思いますよ。
ウチでも小さい時から『豆撒き』といえば『殻付き落花生』でした。
先ほど、ウチの父が「鬼は外、福は内」との掛け声で『殻付き落花生』を撒いておりました(笑)

|

« 池田食品『七福豆 “醤油味”』 | トップページ | 今日と明日は間に合いそうにない・・・ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/13772307

この記事へのトラックバック一覧です: でん六『有機 から付落花生 “新豆”』:

« 池田食品『七福豆 “醤油味”』 | トップページ | 今日と明日は間に合いそうにない・・・ »