« 札幌の『初雪』情報と明日以降の予定など。 | トップページ | 北菓楼『妖精の森』 ① »

2006年11月13日 (月)

ユカいな平田サン その116

◎毎度お馴染みの平田裕香ちゃんのブログ。
今回の内容は、私にとっても非常に懐かしい話題ばかり…。

ついでに、現在発売中の『BOMB』の話題についても少し触れます。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・11月11日付け更新記事。

画像は駄菓子の数々。随分と懐かしいものばかりだ。

10月31日に時候の挨拶を兼ねた「トリック オア トリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」などと書き記されたハロウィンのお祝い?メールをお友達に送ったそうだが、これらは(“ハロウィンメール”に対しての)返礼の手紙と共に送られてきたもの。
ハロウィンなのでお菓子のプレゼントを頂いた。

そのお友達とは、先月北海道から上京して暫く裕香ちゃん宅に滞在した幼なじみのF原さん。

「わくわくして封を開けてみると、中には色とりどりの小さなお菓子たちがっ!!
q(>_<q)」

…裕香ちゃんもF原さんの粋な計らいがとても嬉しい様子。
彼女のような気が利く素晴らしいお友達を持つ裕香ちゃんは幸せ者だ。

それで、、、この画像に写っている5円型チョコ『ごえんがあるよ』(チロルチョコ)は私も買って食べたことがある。
その名の通り5円の形をしているチョコなんだけど、
とにかく口に入れると直ぐに溶けてなくなるほど薄っぺらいんだよね。食べた気がしなかった(笑)

当たりくじ付き『ウメミンツ』ね…梅の仁丹のような駄菓子。
昔好きだったんだよなぁこれ!!!!(笑)
私は、このくじ付きタイプよりもプラスチックの容器に入っているタイプをよく遠足に持っていった思い出がある。
遠足のおやつは(300円までと)購入できる合計金額の上限が設定されているので、この類の低価格の駄菓子は必需品。沢山買えるからね。
ここの会社(オリオン)の製品では他に『ココアシガレット』も懐かしいよなぁ…。

あと、この商品では無いけど、この類のフーセンガムもよく買って食べていたねぇ~。。。

ただ、我々の頃はグミは無かった。
グミキャンディーは、裕香ちゃんの世代(幼少期の80年代末)から登場したのではないか。

下にあるのは何だろう…女の子用のやつだね。
キティちゃんのシールなどが入っているものかな?

他に駄菓子といえば、メジャーなチロルチョコうまい棒は昔から私も大好きだった。
そのほかにも、棒付きキャンディーにラムネ菓子の粉末が一緒に入っている駄菓子などもあったなぁ…今はいずこ、、、。

ちなみに、上記の『ウメミンツ』のロゴ入りトランクス(下着)が、先日裕香ちゃんが巣鴨に行った際に立ち寄った“赤パンツ”の『巣鴨のマルジで売っているらしい(笑)

そこで、裕香ちゃんは突然

「なんだか嬉しいもので、
私は小さいとき、札幌市の清田という所に住んでいたのですが、そこは町内会が盛んで七夕の季節(よくハロウィンとごちゃごちゃになるんですが(^_^;))に、近所の子供達が日が暮れたあと集まり、集団でご町内を歌を歌いながら練り歩くんです。
♪♪♪【ろうそく出~せ~出~せ~よ~ 出~さ~ないと かっちゃくぞ~】
という短い歌。
そしてこれを聞いたご町内のお家の人が、駄菓子や袋菓子などをくれて、戦利品をあとでみんなで山分けするのです。

でも、これ、北海道内でも経験のない子も結構いたりします。
そんなあの昔のどきどきを思い出したお手紙でした☆ 」

と我々道産子にとってお馴染みの風習を切り出してきた。

ようやくキターーーーーー(゚∀゚)ーーーーーーッッ!!!!!! 

これは、“北海道版ハロウィン”として過去に何度も例に挙げたロウソク参り』の話題。

いやぁ~~、、、日ハムの話題と共に、この話題をブログで取り上げるのを昨年から密かに待ち続けてきましたよ(笑)
裕香ちゃんもこの風習の経験があるんだね~~♪♪♪
仲間~仲間~♪

その歌の「かっちゃくぞ~」の後、「♪お~ま~け~に 食いつくぞ~♪」と更に続く。
ロウソク出せと言いつつ、本当にねだるのはお菓子(笑)
だから、言われたまんまロウソクをもらっても、ちっとも嬉しくないわけ。
まぁ、ハロウィンのように仮装はしないけどね。でもやっていることは同じ。

※【かっちゃく】…北海道弁で「(爪を立てて)引っかく、かく」という意味。

それにしても羨ましいなぁ...私の町内はケチなので、みんなで山分けするほど貰えなかったんだよね…(苦笑)

但し、七夕といっても、全国的な7月7日ではなく、主に北海道や宮城県(仙台)など北・東日本の地域に多い8月7日に行なわれる『月遅れの七夕』」のこと。この8月7日の七夕の日に『ロウソク参り』が行なわれる。

その月遅れの七夕の理由として諸説あるが、旧暦(太陰太陽暦)の7月7日が新暦(グレゴリオ暦)ではちょうど8月初めに来ることが多く、また、農業が盛んに行なわれている地域では旧暦を参考にすることが多かったので、
8月7日にした方が収穫祭の意味を含む『七夕』の行事が季節的に合致するから、というのが一番有力な説。
特に北海道では本州より春や夏が来るのが約1,2ヶ月遅いので尚更だ。現在使われている新暦だと北海道の季節感に合わない行事ばかりだから…。
あと、7月中は農作業が一番忙しい時期なので『七夕』どころではなく、むしろ農作業が一段落し、夏休みに入る旧暦の8月に『七夕』を行なった方が都合が良い、というのも有力な理由の一つらしい。
更には、新暦の7月7日だと本州ではちょうど梅雨の時期と重なるので、雨雲に遮られて星が見られない、というのも理由の一つとしてあるとか。

但し、裕香ちゃんも述べているように月遅れの七夕』ないし『ロウソク参り』は北海道でも地域によっては全く行なわれない。
函館など道南地域では7月7日が七夕だし、道東地域では『ロウソク参り』の風習がない。

今では、ウチの町内ではこの風習は見かけなくなった…とっても残念だなぁ。。。
このような趣のある風習をもっと大切にして欲しいよ…。

そっかぁ...裕香ちゃんは元・清田区民かぁ…私はお隣白石区民(笑)

札幌市の郊外で南東の地域にある清田区は、ここ10数年の間、宅地化(ベットタウン化)が進み、急激に人口が増えている。1997年に豊平区東半分を分離して設置された。
いわゆるこれが街の人口が中心部から郊外へ流れる『郊外化』と呼ばれるもの。
それに伴い、ジャスコなど大手の大型ショッピングセンターが続々と進出。

つい20年前までは、山林や畑地が多かった地域だった。
私が幼少の時、かつて祖父が経営していた建設会社が手がけた住宅建設の工事現場がある当時の豊平区清田(現・清田区)に何度もついて行った経験があるが、その直ぐ傍には山林が覆い茂っていた思い出がある。
…しかし、それが今や新興住宅が立ち並ぶニュータウンと化した。西洋風の綺麗な街並み。それでいて、まだ緑が十分豊富にある。住宅環境としては抜群である。
近い将来には札幌市の中では一二を争う人口の多さを誇る地域になるだろう。

ただ、清田区唯一の難点といえば(札幌市営地下鉄を含め)鉄道路線が無いこと。
でもそれは心配御無用。
元々北海道は自家用車で道内各地を移動することが多い『車社会』だし、それに代わるバス路線網(『北海道中央バス(本社・小樽市)』が独占)もきちんと整備されているので、交通の足は別に困ることはない。
更には、現段階で待望論が根強い「市営地下鉄『東豊線』の清田区までの延長(延伸)工事」が近い将来行なわれることだろう…そうすればもう完璧。

私も最近大きな買い物をする時は、交通量が多く駐車場の確保が難しい札幌駅前や大通などの札幌市中心部より、むしろ交通量がスムーズで駐車スペースが広い清田区にある郊外型大型店を利用することが多い。
そして、毎年5月の中旬に見頃となる『平岡公園』の“梅林”を見に行ったり、春・秋のお彼岸やお盆(8月15日の盂蘭盆)になると父方の先祖が眠っている里塚霊園へお墓参りへ行く。

白石区民なのに清田区にはいつも大変お世話になっております(笑)

これだから、我が白石区は停滞するんだよなぁ…(苦笑)

それでも、裕香ちゃんが将来アパート経営するなら、札幌では新興地域の清田区手稲区がオススメデス☆★☆

今回は裕香ちゃんの地元愛が溢れた内容でした。。。同じ道産子としては非常に嬉しい!!!!!

※いつものようにトラックバックします。どうかヨロシク~☆

そうそう、現在発売中の月刊アイドル雑誌『BOMB 12月号』(税込み590円)では裕香ちゃんのインタビュー記事が掲載されております。
もちろん、最近すっかり板に付いてきたボブショートのなまらめんこい姿も。

以前出演したテレ朝『全力坂及び今月24日発売の最新DVD『white canvas』に関する話題。
キックボクシング(ムエタイ)のネタは、このDVDを撮影したタイのロケに由来するのか…。

ちなみに、“酒豪仲間”の佐藤寛子ちゃんのインタビュー(P46)も載ってます。
朝に食べる和食(和朝食)に凝っているらしい、、、
但し、習おうとしている英会話は裕香ちゃんの二の舞になるだろう…(笑)

|

« 札幌の『初雪』情報と明日以降の予定など。 | トップページ | 北菓楼『妖精の森』 ① »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

うーむ、2人も失礼ながら語学系は余り得意では無いかもしれませんね。案外当っているかも知れませんね(爆)

でも、スポンサーが付いて「TOEICの点数が高い方を最高級ホテルでの飲み放題にご招待」とかしたらやりきるかもしれませんね(笑)

裕香さんも今度、朝定食に凝ってみては如何でしょうか?健康に良さそうですね。
私も含め、とかく朝食をおろそかにしがちな世の中にあって、寛子さんの姿勢は良いですね。

BOMB、当然私も買いましたよ\(^o^)/
正月特集、是非お2人の2ショットでお願いします\(^o^)/

投稿: たぬっち | 2006年11月14日 (火) 22時35分

たぬっちさん、毎度コメントどうもです!!!

やはり美味しいお酒を目の前にぶら下げると彼女達は本気になるかもしれませんね(笑)

現在は『食育』がテーマとなっているほど、栄養のある食事をきちんととる事が肝要ですからね。
流石は寛子ちゃんですな★
裕香ちゃんも本格的に取り組めば、ハマるかもしれませんね。

正月特集ですか…そう言えば、もう11月半ば。年の瀬が迫って来ていますね。

私も来年1月号の“正月特集”にお二人が再び掲載きぼんぬ、です(笑)

投稿: とうきび | 2006年11月15日 (水) 01時28分

あ、どうも
コメントいただきありがとうございます
が、すっかり 自分のところのコメント欄が 手薄になってます 愁歌です
返信は 主に出張となっております(爆)

いやーー 期待通りでした
ハロウィンネタは 『探そう』かと 思いましたが
『捜す』になるんで 新記事待ってました

お菓子は やっぱり 何か 相棒 の鑑識みたいに 詳しいな(笑)

ってか お菓子のところは 私にとっては 二回読んでやっと分かるレベルです

たしか 煙草のお菓子 食べてましたが えぇ 本物は 未だに嫌いなままです
さいころキャラメルが 一番覚えてますけど(笑)
そういえば昔 駄菓子屋やってたんですよ 爺ちゃんと婆ちゃんが・・・・・・・・・・
『函館』行ったの 三回ぐらいだし でかいお店の『侵略』のおかげで 閉めちゃったけど・・・あ、ココは『進出』なのかな
爺ちゃんは 鉄道関係で 青函トンネルの工事も 関係してたとかなんとか・・死んじゃったんだけど もっと話聞いときたかったですね・・・亡くなる前は もう呆けてしまってました


ウメミンツで 検索すると パンツが出てきましたね・・・一番に

あ、ボムか・・・・・・・・・
最近買ってないどころか 立ち読みすらしないよなー(苦笑)
特撮系の雑誌は ほぼ 立ち読みで済ませております
大体 特撮ネタ&アイドルネタに限っては いっぺんに 頭に入るんで(笑)

今月こそは BOMBを 買おう(多分)

投稿: 末遠 愁歌 | 2006年11月17日 (金) 00時41分

末遠 愁歌さん、いつもコメント有り難う御座います!!!

どんな形であれ、コメントを頂くのは歓迎で御座います!!!!!

お爺様とお婆様が駄菓子屋さんをやっていたのですか!!
小さい時から駄菓子好きなので、もし近所にお店があったら常連になっていたことでしょう(笑)

青函トンネル工事に関わっていたということで、一道民としてもお爺様には感謝です!!!

ということは、函館の夜景はご覧になったことがあるのでしょうね。西洋風の建物が沢山立ち並んでいるので、とてもロマンチックですね。今度、函館に行ったら写真を沢山撮ってこようと思います。もちろん、人気のグルメスポットも欠かせません(笑)

ボムで裕香ちゃんが載っているのは一ページのみですが、それでもチラ見してみるだけの価値はありますよ。

ともあれ、今後もヨロシクです☆

投稿: とうきび | 2006年11月17日 (金) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/12675809

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その116:

» トラベル・こどもと一緒 [トラベル・こどもと一緒に旅行をしよう!]
当サイト「トラベル」は、こどもと一緒の海外旅行・国内旅行について情報発信しています。 [続きを読む]

受信: 2006年11月14日 (火) 00時23分

» ローン [ローン情報]
ローンのご案内 [続きを読む]

受信: 2006年11月16日 (木) 19時48分

» 佐藤寛子動画:まさに才色兼備とはこのことか! [エロスな動画【youtube】]
佐藤寛子ちゃんは、生徒会長なんですね。妄想が膨らみます。まさに、才色兼備とはコのこのことを指しますね。TVで「道に生えている雑草をむしって食べる」とか発言したとか。 佐藤寛子ちゃん、菜食も兼備?(笑 [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 15時41分

« 札幌の『初雪』情報と明日以降の予定など。 | トップページ | 北菓楼『妖精の森』 ① »