« ああ、間に合わない・・・ | トップページ | 小樽の夜 ① »

2006年11月 8日 (水)

ユカいな平田サン その115

◎約一週間ぶりの更新された平田裕香ちゃんのブログ。

その内容は、、、、やっぱり、裕香ちゃんも北海道人(道産子)なので“この話題”を触れずにはいられなかったんだね(笑)
地元民としても非常に嬉しいぞ!!!!!!!

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・11月7日付け(×2回)更新記事。

・11月7日付け(1回目)更新記事……裕香ちゃんが長らく使っている携帯電話の買い替え時が来たらしい。

「自分の携帯電話が、だんだんと風前のともしびであると感じ、
延命措置はできないものかとドコモショップへと馳せ参じたものの、手の施しようがないと断られ、
新しい機種への変更も頭をよぎりましたが、
そんな時、今巷を騒がせている『ナンバーポータビリティー』が目につきました平田です。
んぅ~。」

…確か、裕香ちゃんは今の携帯の機種を3年以上使っているらしいですね。

私も、先々月(9月末)に、03年4月から約3年5ヶ月も使っていた携帯をようやく替えましたよ!!!
但し、私の場合はあくまで「機種変」
10月24日に『ナンバーポータビリティー』の制度が施行される前にさっさと「機種変」しました(笑)
10月1日にボーダフォンからソフトバンクに変更になる1ヶ月前に「機種変」したので、今考えるとちょっと気が早かったかもしれませんでしたが、当時は今回の裕香ちゃんのケースのように相当ガタが来ていたのですよ。
それに、元々携帯会社を変えるつもりはサラサラ無かったので、他社への切り替えを容易にする為の『ナンバーポータビリティー』が世間で施行されようと、私には一切関係ないわけ(笑)

・1998年新規契約時『デジタルツーカー北海道』⇒<1999年社名・ブランド名変更>⇒『ジェイフォン(J-PHONE)北海道』⇒<2000年10月、ジェイフォン9地域会社が東日本、東海、西日本の3社へと統合・社名変更>⇒『ジェイフォン(J-PHONE)東日本』⇒<2001年10月、ジェイフォングループ東日本・東海・西日本の3社が合併(同グループが1社に統合)、社名変更>⇒『ジェイフォン(J-PHONE)』⇒<2001年に英国ボーダフォンが筆頭株主、2003年10月社名・ブランド名変更>⇒『ボーダフォン(Vodafone)』⇒<2006年3月英ボーダフォンはボーダフォン日本法人をソフトバンクに1兆7500億円で譲渡、同年10月社名・ブランド名変更>⇒『ソフトバンクモバイル(SoftBank)』

…ご覧の通り、新規契約した1998年2月から2006年11月現在までの約8年9ヶ月間、携帯電話のブランド名が3回(デジタルツーカーからジェイフォン、ボーダフォンを経てソフトバンクへ)、社名が5回も変わってしまったよ(苦笑)
それでも携帯の事業会社は全く同じまま(変わっていない)なので、ドコモやauなどの携帯他社への切り替え(新規契約)は一度も無い。
電話番号も約8年9ヶ月前から全く同じ。但し、ブランド名変更に伴い、メールアドレスは2回変わったが(今回はソフトバンクになっても変わらなかった)。
携帯も2回しか機種変更したことがない。現在の携帯は3代目(初代・約5年2ヶ月⇒2代目・約3年5ヶ月⇒3代目・約2ヶ月~)。

・・・・携帯を持ち始めてからこんな経験をする人もあまりいないだろう意外と一途なんだよ(爆)

さてと、、、、おっ!?おおっっっ!!!!!
いきなりこの話題を取り上げるとは!!!!!!!

「もう大分昔の話題ですが、日ハムが日本一!!!!になりましたっ!
北海道の大地で試合が決し、試合のあと母から涙ながらの感動の電話が鳴り、新聞やニュースでもしっかり盛り上がってて、やっぱし新庄選手はすごいやなぁと感じました。
(いや、盛り上がったのが全て新庄選手パワーではないのですけど、その割合がわりかし多いのではないでしょうか。)」

…てっきり、日ハムの日本一に全く興味が無いのかなと思っておりましたが・・・・それでもブログで触れるまで密かに待ってましたよっっ!!!!
今回ようやくキタ――――――――(゚∀゚)――――――――ッ!!!!!!って感じ。
少々待ちくたびれたけど(笑)

流石!!裕香ちゃんも我々と同じ北海道人(道産子)!!!
地元球団・
北海道日本ハムファイターズが日本一になったことについて、今回裕香ちゃんが直々に喜びの言葉を語ってくれるのは、我々北海道人としても非常に嬉しい限りです!!!!!

そして、裕香ちゃんと感動を共有できるのは何て幸せなことなんでしょう!!!!!!

やはり、母上も電話口で感涙に咽びていたのですか、、、それは無理もありませんよ。お気持ちはよーーく分かります!!!!
ウチの家族も日本一の瞬間、絶叫していましたから(爆)

10月26日に日ハムが日本一を決めた日本シリーズの試合の内容とこれまでの過程は、散々書いたので今回は省略しますが、
日本一になった瞬間は、北海道全体が大盛り上がりになり、北海道民が気持ちを一つにした場面でもありました。

だからこそ、最高瞬間視聴率が(札幌地区で)73.5%まで跳ね上がったのでしょうな。

改めて、北海道民・北海道人で本当に良かったなぁと思いましたよ。

さては、事務所(ニグンニイバ)の後輩・妹分で同じ道産子タレントの中沢悠里亜ちゃんに刺激を受けたかな?(笑)

そうそう、忘れてはならない!!!
明日(9日)にはアジアチャンピオンを決める『アジアシリーズ2006』が行なわれます!!!!

もちろん!!我が【北海道日本ハムファイターズ】は日本プロ野球のチャンピオンチームとして、韓国プロ野球のチャンピオンチーム【サムスンライオンズ】らアジア各国のプロ野球のチャンピオンチームと対戦します!!!

今回の日本一を牽引した“最大の功労者”新庄選手が引退し、ヒルマン監督やFA宣言をした小笠原選手らチームの主力選手の去就が非常に気がかりですが、、、試合中はそういうことを一切忘れて、アジアチャンピオンになって欲しいと思います!!!!

ガンバレ!!北海道日本ハムファイターズ!!! 

ちなみに、、、先週放送のTBSのラジオ番組『火曜JUNK2 タカアンドトシのケチャケチャラジオの中で北海道出身の人気お笑いコンビ・タカアンドトシ「駒大苫小牧、日本ハムの次に日本一になるのは(道産子の)俺達だ!!」と息巻いていましたよ(笑)
何でもコントライブDVD『タカアンドトシ新作単独ライブ タカトシ寄席 欧米ツアー200606年10月26日発売)の売り上げが只今絶好調らしい。
10年前に地元放送局の番組に出演していた札幌吉本時代の彼らは、正直あまり面白くなかったけど(笑)、東京に進出した後、ここ数年から腕を上げ、メキメキと頭角を現し、「欧米か!」「昔か!」「子供か!」などお馴染みとなった「~か!」のツッコミフレーズをウリに、今年になって一気に大ブレークした(芸歴は約11年)。

是非、お笑い界でも北海道出身のタカアンドトシが日本一になって欲しいです!!!!

ちなみに、、、

(トシ)「タカアンドトシは北海道日本ハムファイターズを応援します!」
(タカ)「僕は伊藤ハム!」

というCMに入る前の同番組のタイトルコールは何故か頭から離れられない(笑)

音楽・アイドル界に目を向けてみると、かつて北海道出身の安倍なつみちゃん(エース格)や飯田圭織ちゃん(二代目リーダー)らが中心メンバーだったモーニング娘。99年から2000年初頭にかけて大ブレークし、トップアイドルの座に就いたのは記憶に新しい。
現在のサブリーダーは同じく北海道出身の藤本美貴ちゃん。はたして“ミキティ”がリーダーシップを発揮して停滞傾向にあるモー娘の現状を打破できるか?

・・・そして、忘れてはならない!!グラビア・アイドル界では、“北海道出身グラドル代表”の裕香ちゃんが今年の9月期の(月間)アイドルDVDランキングで“日本一(1位)”に輝きましたね!!!
このところ、同じ北海道出身グラドルでは、今年になって“長期休業”から復活しグラビアクイーン復権を果たした川村ゆきえちゃんなど、上り調子のコが多いが、ここは“先輩格”の我らが
平田裕香ちゃんが11月24日発売の新作DVDをテコに年間アイドルDVDランキングでも“日本一(1位)”の座をゲットして欲しいです!!!!!

ガンバレ!!!北海道人!!!!

「先々週は下半身ががっつり筋肉痛でした。
先週は地味ぃに上半身が筋肉痛でした。
果たして今週はどこが筋肉痛になるのかしらん?
あたぃ、強い女になれるのかしらん!?
知らない内にいたるところに青タンいっぱいの平田ですが、それでも美を追求していきたい所存です。」

…何故に筋肉痛?!
秘密特訓でもやっているのかな?

おっちょこちょいなので、無意識にあちこちに身体をぶつけてしまい、青タンを作ってしまったのだろう。

・・・・・どうかお大事に(苦笑)

「雪虫のお尻はもほもほしてかわいいんだけど、分類はあまり尻たく、、、じゃない、知りたくない今日この頃」

…最後は可愛くボケてみたようだ(笑)

雪虫は過去に何度も書いたけど…北海道の初雪を知らせ“冬の使者”『雪虫』だが、その分類はアブラムシの一種。
見ていて、確かに可愛いかもしれないけど、それが沢山飛んで自分の服にまとわり付くと逆にうっとおしい。
でも彼らは、トドマツの木からヤチダモの木、あるいはササからケヤキの木などへ移動する為だけに、お尻に白い綿毛をつけて頑張って飛んでいるんですよ。

限りある命。その日その日を一生懸命生きている。

しかし、人間にとっては単なるウザイ存在...何と理不尽なんだろうか(笑)

・11月7日付け(2回目)更新記事……この日二回目に更新された記事の内容は、仕事に向かう途中に立ち寄った『巣鴨地蔵通り商店街』のエピソード。

“おばあちゃんの原宿”と呼ばれるほど、都内に住む御年寄りにはお馴染みの場所。

「仕事で途中に大きく時間が空いて、乗り換え駅が巣鴨だったので「これはやっぱ行くっきゃない☆」と感じましてね、
時間をつぶそうと入った喫茶店でもかれこれ2時間以上居座っちゃっててね、飲み物を飲みすぎておなかもたぷんたぷんでね、
「これはやっぱ行くっきゃない☆」と感じましてね、そして来ちゃったわけなんですよ♪♪♪
すーがもーんぅ☆
初巣鴨だったんです。」
「お地蔵さまはもう、すっごい優しそうな顔をしていて、見ているととても穏やかな気持ちになりました。
夕方6時ごろに行ったので人もまばらで、ゆっくりとお地蔵さまの肩や背中などに水をかけさせていただきました」

…意外にも今回が“初巣鴨”だった裕香ちゃん。
まずは『とげぬき地蔵尊(洗い観音)』のある高岩寺を参拝。
病気や痛めている体の部分に水をかけてあげるとご利益(効き目)があるといわれる。

裕香ちゃんは、高岩寺境内に入ると早速「洗い観音」を実践。

「お地蔵さまはもう、すっごい優しそうな顔をしていて、見ているととても穏やかな気持ちになりました。
夕方6時ごろに行ったので人もまばらで、ゆっくりとお地蔵さまの肩や背中などに水をかけさせていただきました」

…筋肉痛で痛めている部分にゆっくり時間を掛けて水をかけたようだ。

裕香ちゃんは若いのにシブ好みだなぁ…(笑)

ここは御年寄りに優しいグッズだけでなく、美味しい和菓子屋さんや甘味処、手焼き煎餅屋さんが結構あるんだよね。
スイーツ好き・お菓子好きとしては、やはりそこに惹かれる(笑)

それにしても、喫茶店で飲み物だけで2時間以上も粘るとは…私には到底無理です(笑)

「噂のね、赤パンツ、見っけちゃったの☆
でもね、あまりに種類がありすぎて、断念しちゃったの。
うちのおじいちゃまおばあちゃまに買えばよかったぁぁぁぁあ!!!!
今更後悔。
ん。でもそんなに遠いわけじゃない。
また行けばいいさ☆」

…“赤パンツの元祖”の店巣鴨マルジだね。

還暦祝いや長寿祝いに最適。

他に必勝祈願用の赤い紳士用トランクスや赤パンツマークのTシャツもあるらしい(笑)

「うん、次行ったときはもしかしたら毒まむし三太夫さんに会えるかもだしね☆
商店街が盛んな街は大好きです♪」

TBSラジオの『ミュージックプレゼント』だね(笑)
“御年寄りのアイドル”毒蝮三太夫
さん!!!!!
私は結構好きなんだよねぇ~。

彼は別名「巣鴨のスター」と言われるけど、最近は巣鴨でこの番組の公開放送をやっていないみたいだよ。
東京でも郊外とか、千葉とか埼玉、神奈川にある商店街や町工場で放送する機会が多いみたい。

関東ローカルの番組なので、残念ながら北海道では放送されていない。
ただ、10年前に千葉に行った時に車から流れるラジオでたまたま聞いたことがある。
いつか現地に行って「おい!ババア!!元気だったか!!?」「くたばる前に俺に会いに来たのか?」という毒舌を間近で聞いてみたいもんだ(笑)

「商店街が盛んな街は大好きです♪」

…同意。元気な街は中心を担う商店街も活気付いていて、非常に魅力的だよね。

しかし、最近は特に地方でシャッターが下りている商店街が多い。
近所に出来たスーパーや、郊外に出来た大型ショッピングーセンターにお客さんがとられてしまっている。
そうなると、いずれ地元民も便利な大型店のある郊外へ転出してしまう。
これが都市空洞化及び郊外化。

地域活性化のためには、商店街の復興や再開発が何より必要だと思うよ。

とりあえず・・・・地元の『札幌狸小路商店街』、『本郷通商店街』ガンバレ!!!!!!

次回、巣鴨に行ったときは、グルメレポートよろしこ~♪♪♪

※トラックバックしますよ。どうかヨロシク☆

|

« ああ、間に合わない・・・ | トップページ | 小樽の夜 ① »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

うーーん 読むの待ってて良かった

はなわさんトコにハマっている 愁歌です
ともあれ ヤプログ 手立てないんですかねーー(苦笑)

さて

まったく同じサイトにリンクしてますね(笑 場所は違うけど)

やっぱり 蝮さんの情報があった(爆)

んで・・・・・・・・・やっぱり


おっちょこちょいなので、無意識にあちこちに身体をぶつけてしまい、青タンを作ってしまったのだろう。

・・・・・どうかお大事に(苦笑)

そう 勘違いする人いるよなーー
ってか 事前情報がないと そうなってましたね

キックボクシングだそうです

んで とっくんさんのアイデアそのままに 2ショットあんなポーズで 撮りました(笑)

とりあえず 静岡と言えば
原田夏希ちゃん と 長澤まさみちゃん しか 浮かびません

あ、酒井美紀は 忘れてください・・・・以前 静岡出身だと知られたくない有名人ベスト5に 入ってましたから(笑)
たしか 長野だったよな (と 上書き)

投稿: 末遠 愁歌 | 2006年11月 8日 (水) 23時57分

>末遠 愁歌さん

どもども~♪

いつもコメント有り難う御座います!!!

体中アザだらけになった理由は『キックボクシング』を習っているからなんですね。
とりあえず、今後も継続できるか否かですね。
ほら、英語の件もあるし…(笑)

長澤まさみちゃんは現在押しも押されぬ若手No.1女優ですね。ドラマや映画に大活躍…飛び鳥を落とす勢いとはまさにこういう状態を言うのですね(笑)
お父さんは元・ジュビロ磐田の初代監督・長澤和明氏で、ジュビロの中心選手・ゴン中山の奥さんで女優の生田智子さんのツテで芸能界入りしました。

原田夏希ちゃんは、初主演となった朝ドラ『わかば』を見ていたので印象深いです。
今は「しんきん(信用金庫)」のCMで有名ですが。

他にも、先日話題になった石川亜沙美ちゃんや現・武豊夫人の佐野量子さん、まさみちゃんに続く若手女優の有望格・岩田さゆりちゃんや佐津川愛美ちゃんも確か静岡出身だと思います。

酒井美紀ちゃんですか…『白線流し』でブレークしましたが、今やそういう評価なんですね。。。(笑)

投稿: とうきび | 2006年11月 9日 (木) 15時43分

自分のところが 再構築 面倒なので
結構相手のトコで コメント返してます
愁歌です

>長澤まさみちゃん
何か 小さい頃から 中山選手と知り合いだったとか・・・・・・・・
監督の孫とは 初めて知りましたが・・・
なるほど なるほど・・・・・・
カズ夫婦の紹介がなくても ゴン夫婦は繋がってそうですね
さんまさんをメロメロにしてたのは 覚えてます(笑)
なお 『ドラゴン桜』は見てたのですが 『ポッキーのCM』を見て こう思ったのは内緒です
新垣結衣の方が(以下略) 

>岩田さゆり
スイマセン 静岡在住の分際で 『地獄少女』を 見られてます(笑)
『ヤヨ』ですね 『地獄少女』ですね
すみや(ローカルCD屋さん)で CDシングル2枚買ったんで ポスター2枚持ってる・・それで だったのか
伊豆の国市 出身ですねーー
公式ページみたら コナンのテーマ 買いたくなりましたね(爆)

>佐津川愛美
http://www.tnc.ne.jp/cm/aimi/
そうか・・・あのローカルCMの娘だったのか(笑)

>原田夏希
わかば 見よう見ようと思いつつ  一話も・・・(そのうち借りよう・・・)
静岡出身と知ったのは 終わった後・・・
クロサギで 泉さんの愛人役でしたね
オイシイ役どころでした

>酒井美紀
ゴジラ戸田さんと婚約=いつの間に破局?
戸田さんと破局=復縁か?
とか 何とか・・・・・・・・・・・・・・
昼ドラ会見も ノーコメント
田舎モン丸出し→ホラーや悪役→昼ドラ
まぁ 黙ってれば 白線効果で 長野出身になるんで 大丈夫ですね(違っ)

案外いるんですね

ハロウィンネタをどうすべきか 迷ってますが とりあえず

※ひさびさにトラックバックします。どうかヨロシク☆

じゃなくて 今後もよろしくです

投稿: 末遠 愁歌 | 2006年11月11日 (土) 18時22分

末遠 愁歌さん、いつもコメント有り難う御座います!!!

とりあえず、『地獄少女』の感想をお願いします(笑)
関東ローカル枠を覆したのは静岡出身の岩田さゆりちゃんのお陰かもしれません。
さゆりちゃん主演のドラマは今後も増えそうな予感です。
将来は先輩・長澤まさみちゃんにひけをとらない活躍を見せることでしょう。

佐津川愛美ちゃんは『がんばっていきまっしょい』で初めて知りました。ホリプロなので今後も先輩女優のバーターなどでプッシュされ続けることでしょう。
同じホリプロでは“がけっぷちアイドル”のくまきりあさ美ちゃんも静岡出身です。
系列のホリエージェンシー所属で自動車教習所教官出身の元ワンギャル・北川えりちゃんは静岡県の長泉町出身。

意外かもしれませんが、カントリー娘。の「みうな」ちゃんも静岡出身。
カン娘。は田中義剛さんのプロデュースで結成され、北海道・十勝(中札内村)にある義剛さん所有の花畑牧場で一時活動していたので、全員道産子のイメージ(あさみちゃんや里田まいちゃんは北海道出身)がありますが、彼女は静岡県の菊川市出身です。
http://www.helloproject.com/artist/11/03/

投稿: とうきび | 2006年11月12日 (日) 18時56分

巣鴨は以前滝野川に住んでいましたので、自転車で行ったことがありますが、中々渋い町ですね。
毒蝮さんが巣鴨の出身とは知らなかったです。

今日は京都競馬場にほしのあきさんがきていましたが、フサイチパンドラの勝利を当てていたのにはビックリです。吉岡美穂さんより凄いです。まさか美穂さん、「カワカミプリンセスに掛けてミホ」とは言ってなかったでしょうが・・・。
マシュマロキッスのメンバーと裕香さんが絡んだらスポーツ軍団になりそうですね。
 佐藤寛子さん:剣道
 ほしのあきさん:競馬
 磯山さやかさん:野球
 平田裕香さん:バスケットボール、スキー

これは凄い組み合わせになりそうですね。
そして、皆さん相当な酒豪の噂がありますからね。この4人が飲む飲み会、私が今日行ったら一撃で潰されていたに違いありません。

今日は大阪や京都でも木枯らしが吹きました。寒いです。

投稿: たぬっち | 2006年11月12日 (日) 22時37分

たぬっちさん、いつもコメント有り難う御座います!!!

吉岡美穂ちゃんね…妊娠3ヶ月&婚約にはビックリしました(笑)

私はカワカミプリンセスを応援していたので、ぶっちぎりで1着入線後に、審議の結果、斜行により12着に降着になったのは非常に残念で仕方ありません。
美穂ちゃんが本命に推す馬はことごとく潰されるのでまさか…(苦笑)
もう彼女にはこれ以上コスモバルクを応援して欲しくないです(爆)

寛子ちゃんも剣道ですか…私も剣道経験者なので一度対戦してみたい気がします。
裕香ちゃんは道産子なので、ウインタースポーツはお手のもの。
まぁ、私は下手ですけど(苦笑)

関西では、京都では紅葉の見頃を迎えているそうですね。
大阪では今月下旬ごろが見頃となりそうです。
こっちは紅葉は終り、『初雪』が降りました。
ストーブを付けて冬支度をしています。

投稿: とうきび | 2006年11月14日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/12607510

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その115:

» タレント/タレント [なるほどキーワード]
タレントについて悩みを解決するには、まずはタレントについての正しい知識が必要です。そこで、タレントについての情報を集めました! タレントについて調べて、タレントに関する悩みを解決しちゃいましょう! スポンサードリンク ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 20時06分

» 寝たきり、リウマチ、認知症の人が増えている [西式健康法 プチ断食セラピー 食べない方が元気になる!]
日本は世界一の長寿国になりました。しかし、皮肉なことに、食が豊かになって過食・飽食が習慣になったことにより、多くの“現代病”が増加の一途をたどっているようです。 [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 14時46分

» タバサさん「番号ポータビリティー?」とか言って 済まんかった [ホンマに 済まんかった]
あまりに 被ってるので ハイ′回目の方です。 [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 18時29分

» 安倍なつみ 裏画像 [やっぱ安倍なつみ]
安倍なつみ、おちゃめねー。かなりおちゃめと思いませんか?オシャレですよね。どこまでオシャレになることやら。テレビ番組でよく見ますからねぇ。それもこれも安倍なつみのセンスの良さでしょうね。安倍なつみが出ているテレビ番組は全部みてます。安倍なつみの魅力を痛感できます。これは見た人にしかわからないですよね。安倍なつみ、これからも要チェックや〜。インターネットの画像がオアシスです。あちこちにた... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 02時18分

» アフィリエイト、無料 登録 ネットで稼ぐ [アフィリエイト 登録]
アフィリエイトのご登録はコチラへどうぞ。ランキングはリアルタイム表示で、登録利用は簡単でしかも無料です。 [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 02時44分

» 新ミキティはクールビューティー!藤本美貴、水着姿を披露 [グラビアアイドルウェブログ@グラビアアイドルコレクション]
 モーニング娘。の藤本美貴(21)が、27日発売の写真集「COEUR(クール)」(ワニブックス、2800円)で [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 11時04分

» 新ミキティはクールビューティー!藤本美貴、水着姿を披露 [グラビアアイドル画像動画ニュース]
新ミキティはクールビューティー!藤本美貴、水着姿を披露 [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 13時28分

« ああ、間に合わない・・・ | トップページ | 小樽の夜 ① »