« 明日(31日)以降の予定。 | トップページ | ナナカマドの真っ赤な実 »

2006年10月31日 (火)

ユカいな平田サン その113

◎つい先ほど平田裕香ちゃんのブログが更新されたので、早速ご紹介致します。
携帯から更新された“途中経過”を含め、2回更新されました。
今回は北海道時代から上京してきたお友達ネタです☆

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・10月31日付け更新記事(×2回)。

・10月31日(1回目)更新記事……事務所?へ向かう最中に、電車の中から更新された模様。
その内容は至ってシンプル。

「早くも今月は本日で終わります。
ああああああああっ!!!!
なんてこったい!
ここ最近の平田事情を、今日、ちょいちょい書いていきますです。
今は電車の中なのでまた後程。。。」

…言われてみれば、明日から11月なんだね。今年もあと2ヶ月。
月日が経つのは早いのぉ~(←おじいちゃん)

そういえば、今日(10月31日)は『ハロウィンの日らしいね。

自宅や家族のお墓の周りにカボチャのランタンを照らし、仮装した子供たちが「お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ(Trick or treat)」と近所を回る・・・・これとそっくりのイベントは、北海道では昔からあるんだよね。
以前も何度か紹介したが、、、8月7日の“月遅れの七夕”の日に子供たちが「ろうそくだーせーだーせーよー。出ーさーなーいとかっちゃくぞー。おーまーけーに食いつくぞー」と歌いながら近所を回ってお菓子やろうそくをもらうという行事。
いわゆる“北海道版ハロウィン”ってヤツね。
但し、今は行なわれる家庭が少なくなったが…私も小さい時に1,2度経験がある。裕香ちゃんは経験があるのかな?

何かとイベント好きで新物好きな日本ではハロウィンが最近になって普及するようになったけど、
我々北海道民にしてみれば、「仮装をするかしないか」もしくは「カボチャか七夕か」の違い以外は、特に物珍しさは感じないなぁ~。。。

それにしても、のっけから裕香ちゃんは嘆き節。
はて、今月中にやり残した事でもあるのかい???

とにかく、本人曰く「最近の平田事情」なる報告に期待…☆

・10月31日(2回目)更新記事……どうやら、以下に紹介する記事は、先ほど用事が一段落してから本腰を入れて作成し、投稿(更新)したのだろうか。
事務所のパソコンから直接更新したのかな?

そんな事より、今回は北海道から上京してきたお友達・F原さんと過ごした数日間の内容のようだ。

「母達が帰ったその二日後、我が家にまたの御来客。
北海道の友達F原さん。」

…これまでの経緯から推察するに、そのF原さんは10月9日か10日に上京してきた模様。
しかも、記事のタイトルに『恐怖の六日間』とあるので、約6日間も裕香ちゃん宅に居候したようだ。結構長く居たんだね。

「彼女は頻繁に私の家に泊まりに来ているので、ちゃんとしたおもてなしはしないものの、熱烈歓迎は怠りません。」

…ほお~。それだけ北海道時代からの古い付き合いなんだろうね。これだけツーカーの仲という間柄は、幼なじみかもしれない。

それにしても、再会の場面(インターホン越し)から実に面白いやり取りをしているね。まるでコントのようだ(笑)
裕香ちゃんが嬉しさのあまり

「は~い☆」
「えー!?やだ、ちょっと久しぶり!!いや~ん、元気だったぁ!?」
「そっかぁ、よかったぁ☆私もね、すっごい元気だよ☆ってこの声聞けば、わかるよね、てへ♪」
「そういえばさぁ、手紙、ありがとうね◎」

という、やたらとハイテンションなのに対して、
そのF原さんは

『私。』
『はい。』
『あの、、、』
『・・・そんな話を始める前にいい加減入れてください。。。』

という、妙に冷静な雰囲気を装い、全く対照的な様相を呈している。
まるで「公共料金の取立て(集金)」をする人が裕香ちゃん宅を訪問したような口調だ(笑)
しかし、これはまだ序の口。以下に述べる事柄は

「アニメのDVDをまとめ借りして徹夜で観賞及び批評をかましたり、
一切意味を持たない言葉を連呼してコミュニケーションをとったり、
塩を舐めたり
夜の暗い道を手を叩きながらツーステップを踏んだりしました。

こうして文章で読むと、ある意味 異様な風に思われるかもしれませんが、いたって健全な、
言うなれば、幼い姉妹がはしゃいでるようなものなのであります。」

…以前から裕香ちゃんはアニヲタ気質なのはご存知の通り。

「一切意味を持たない言葉を連呼してコミュニケーション」は、その言葉のフレーズの面白さから、とりあえず一緒になって叫んでみるといったものなんだろう。
しかしその真意は謎。

また、「塩を舐めたり」あるいは「夜の暗い道を手を叩きながらツーステップを踏んだりしました。」という文の件は何だろう?
「この塩、美味しい!!」とか言いながら、塩を舐め合ったりしたのだろうか??
そして、何かの弾みで突然思い出したのか、一緒に遊んでいた幼少時代が妙に懐かしくなり、その頃の遊びを二人で再現してみたのだろうか???

但し、

「“パラジクロロベンゼン”と言う言葉を何度も何度も言ってみたんですが、この言葉だけは復唱してはくれませんでした。」

という一文は、これも本人が述べているように「一切意味を持たない言葉を連呼してコミュニケーション」というものなのでしょうな。

・・・・とにかく、今回の記述は考えれば考えるほど謎が深まるばかり。。。

ちなみに“パラジクロロベンゼン”とは衣装の防虫剤やトイレの消臭剤として使われる。
学校のトイレにぶら下がっている(ネットに入れた)独特の臭いを発するカラフルな固体の消臭剤や、
タンスに入っているパラゾールネオパラエースなどと呼ばれた防虫剤が有名。

さて、今回のF原さんとの共同生活は、

「朝御飯と米炊きは平田が担当。
夜ごはんと茶碗洗いはF原が担当してくれました♪」

などと、きちっと二人で家事分担をした規則的な生活を送ったようだ。
非常に仲むつまじい光景。仰るように「幼い姉妹」そのもの。
めんこいねぇ~♪

先の母上や姉上との共同生活とは全く違う雰囲気だが、どちらにせよ固い絆で結ばれているのは確かだ。

「彼女が家を出て、羽田空港でお土産を買ってる頃、
まだ別れて数時間しかたっていないのに寂しくって電話をかけたことは内緒です。。。」

…このままずっと一緒にいられたらなぁという気持ちが強かったのだろう。
一人暮らしに慣れているはずの裕香ちゃんでさえ、別れて直ぐに寂しさがこみ上げてきたぐらいだから。

ホント、心が通じ合う親友と別れてさぞや寂しかろうと思います。

我々道産子は、『帰属意識』・『郷土愛』・『地元意識』、そして“独立国家”“オリジナルの文化圏”としての『特別意識』が、沖縄県人や関西人と同じ程度かそれ以上に強い性格を持つ。
それにより、道産子のスポーツ選手・芸能人・政治家・文化人・財界人から…はたまた、北海道日本ハムファイターズやコンサドーレ札幌、駒大苫小牧高校などの地元チームに至るまで、北海道に関する全てのジャンルには特別な思いを抱く傾向にある。

現に先日、北海道日本ハムファイターズが日本一になった際には、北海道全体が歓喜に包まれ、テレビ中継の瞬間最高視聴率が73.5%まで跳ね上がったのはそのため。

だからこそ、同じ道産子のDNAを引き継ぐ裕香ちゃんが一人東京で頑張っている姿は決して他人事には思えず、応援せずにはいられない。
私に限らず、そういう道産子の方々も多いことだろう。

・・・まぁ、こんな私の取るに足りないヘンテコリンな文章でありますが、、、これからも裕香ちゃんがほんの少しでも寂しさや辛さを和らげる事が出来れば幸いで御座います…☆☆

※何度も試したのですが、なかなかトラックバックできません。代わりに、新たに更新された記事にトラバします。果たして成功するでしょうか…?

|

« 明日(31日)以降の予定。 | トップページ | ナナカマドの真っ赤な実 »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

そちらもでしたか・・・
復活しましたね

多分 大量の 半角英数字のトラックバックスパムが原因ですね

小明さんの方も 更新の割りに昨日はトラバが 少なかったので 多分ヤプログ全体だと 思います

投稿: 末遠 愁歌 | 2006年11月 1日 (水) 21時34分

末遠 愁歌さん、ご報告有り難う御座います!!!

道理でトラバを何度も試みても成功できなかった訳ですね。これで心のモヤモヤが晴れました。てっきり私のブログが原因かと思いましたので…。

そして、愁歌さんのご報告を受けて、先ほどドラバを再試行したら成功しました!!!!
どうもありがとうございました☆★

今後もヨロシクお願い致します。ペコリッ。

投稿: とうきび | 2006年11月 1日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/12506068

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その113:

» 【テレビ】27日放送の「デスノート(前編)」の視聴率24.5%…金曜ロードショー今年2番目の高視聴率 [2ちゃんにゅーす]
27日に金曜ロードショー20周年特別企画として日テレで放送された映画「DEATH NOTE(前編)」のディレクターズカット特別編が、平均視聴率24・5%を記録したことが30日、同局から発表された。06 [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 01時17分

» 中村獅童またまた密会スクープで離婚の危機!密会スクープ公開! [中村獅童がまたまた密会!]
酒気帯び運転で元カノ岡本綾との密会がバレた中村獅童が、 今度は女優・高岡早紀との密会現場をキャッチされた [続きを読む]

受信: 2006年11月 1日 (水) 17時34分

« 明日(31日)以降の予定。 | トップページ | ナナカマドの真っ赤な実 »