« 本日のブログネタ 3 | トップページ | 明日(15日)以降の予定など。 »

2006年10月14日 (土)

これって便乗商法?

◎10月12日(木)、北海道移転後3年目で初優勝(チームとしては25年ぶりのパ・リーグ優勝)を果たした北海道日本ハムファイターズだが、
早速、芸能界からもお祝いコメントが寄せられた。

それでは、各スポーツ紙に載っていた主なお祝いコメント記事を以下に載せます。

◆日本ハム優勝に芸能人歓喜!元野球少年、久保田利伸も大興奮

北の大地で勇者たちが咆哮(ほうこう)した。本拠地・札幌ドーム移転3年目にして初のリーグ優勝を決めた北海道日本ハムファイターズ。「次は日本一だ!!」。芸能界の、そして北海道の日ハムファンが早くも気勢を上げていた。

平成6年から約5年間、 日本ハム製品「シャウエッセン」のCMに出演していた歌手、久保田利伸(44)=写真=も大興奮。所属事務所を通じて、ファクスで歓喜のコメントを寄せた。
「プロ球団のなかった北の大地に、ホームグラウンドを移した勇気と先見性。己に課した覚悟から生まれたアイデアとその情熱は、熱き応援者とともに日本中に野球のすばらしさを改めて教えてくれた」
「それだけでも見事なのに、優勝だ! 祝! 以上にBig Respect(尊敬)!」と大感激している。
久保田自身、今年の夏の甲子園にも出場した静岡商業の野球部出身で、日本ハムの元遊撃手で現野球解説者、広瀬哲朗氏(45)の中学時代の後輩でもある元野球少年。広瀬氏とは日本ハム製品「チキチキボーン」(平成6年放送)のCMで共演しており、日本ハムとの関わりは深い。

それだけに、待ちに待った優勝を喜んでいるようだった。もちろん、チームはリーグ優勝だけで終わるつもりはない。中日ドラゴンズと激突する日本シリーズに向け、久保田もさらに熱いエールを送り続ける構えだ。

伊集院光(38)が日ハム二遊間コンビに称号(日刊スポーツ)
 
25年ぶりパ・リーグ優勝の日本ハム。栄光から遠ざかり、本拠地も巨人に隠れるように、後楽園球場、東京ドームを使用してきたチームを、地道に応援してきたファンは筋金入りだ。テレビ東京系「スポーツ魂」の司会者、伊集院光(38)もその1人。番組内で好プレーに「光るプレー」の称号を贈っているが、今季の日本ハムから選んだのは田中賢介(25)金子誠(30)の二遊間コンビだった。また、北海道を挙げて応援してきたファンは、気温11度の夜を熱く過ごした。
金子と田中賢は、決して目立つことのない2人です。でも、本当にうまい人は派手なプレーはしない。今季、彼らにそう教えられた気がします。
外野3人(稲葉、新庄、森本)がアピール上手で鉄壁なのは広く知られていますが、この二遊間は、さりげなく光プレーを繰り返していました。金子はこの日の試合でも、1人も走者を出したくない8回にいい仕事をしました。それ以外にも、三塁手が届かない打球を素早く回り込んで正面で捕ってアウトにしていました。昨季はケガもしていないのにファームに落ちて苦しかったと思います。それでも腐らずポジションを取り返した気持ちの強さに敬意を表します。田中賢も課題のスローイングを克服して、大きく飛躍しました。田中賢が捕って、金子にトスする4-6-3のダブルプレーの速さは12球団NO・1だと思います。

僕は小学生の時、初めて見た後楽園での日ハム戦後、千藤三樹男外野手からサインをもらい「また来いよ」と声を掛けられてからファンになりました。中学2年だった巨人との日本シリーズは、巨人ファンにチケットを買い占められてたので、後楽園の外でラジオを聞いてました。あれから25年。まさかこのような立場で、99%が日ハムファンのスタンドにいられるなんて…。うれしいです。(タレント=札幌ドームで)

「待ちに待った優勝すごくうれしいです。25年前の時は後楽園スタジアムの外でラジオを聴いていた中2の僕でしたが、今回の日本シリーズは全試合見に行きたいです」(サンスポ・道新スポーツ)

◆北海道釧路市出身で、日本ハムと新庄剛志選手、ダルビッシュ選手の大ファンというタレント、カルーセル麻紀(63)

「優勝おめでとう! 最近は北海道は活気がなくなって沈んでたから、景気がよくなりそうですごくうれしいわ。本当に地元・北海道の球団としては初ですから。北海道がホットになるわ! シャンパンをバンバン空けてお祝いします。あぁ、いいお酒になりそう~」

◆グラビアアイドルとして活躍中のタレント、原幹恵(19)オスカープロモーション所属。2006年日テレジェニックのメンバー。第9回全日本国民的美少女コンテストグラビア賞受賞。美少女クラブ31のメンバー。オスカープロモーションに所属する女性芸能人で構成される芸能人女子フットサルチーム・表参道BEAUTYのメンバーとしても活動している(背番号14)。新潟出身だが、少女時代を北海道で過ごす。

「25年ぶりの優勝おめでとうございます。九回2アウトまで0-0で、稲葉選手の一振り! 優勝の瞬間は本当に感動しました。北海道には中学生まで住んできて、引っ越してから日本ハムが移転してきましたが、もう少し住んでいればよかったかも。ヒルマン監督、金子選手の胴上げをぜひまた日本シリーズで見たいです!」(サンスポ・道新スポーツ)

◆北海道帯広市出身のアイドル、モデル、女優のあべなぎさ(22)…映画『スウィングガールズ』下田玲子(トランペット)役で出演。
中学から高校にかけて吹奏楽部にてトランペットを担当。高校生の頃に受けたミュージカルのオーディションをきっかけに上京し、劇団にてレッスンを受けながらミュージカルのバックダンサーを経験。TV番組のモデルやCMにも出演する。2003年に受けた映画『スウィングガールズ』のオーディションに合格し、これが映画初出演作となる。

「おめでとうございます! 実は野球観戦が趣味で、何度も球場に観に行ったことがあるんです。日本ハムの大ファンで、小笠原選手が大好きなのですごくうれしいです。日本シリーズも全力で応援します!!」(サンスポ・道新スポーツ)

⇒あべなぎさ公式ブログ『なぎのHappy☆Lagoon☆』

AAA(トリプルエー)のメインボーカル、センターマンの西島隆弘(20)北海道札幌市出身。エイベックス・エンタテインメント所属。鈴木亜美の「Delightful」、「Hopeful」、「Eventful」のバックダンサーを務めたことがある。

「優勝おめでとうございます。僕も北海道出身として、日本ハムと一緒に地元を盛り上げられるよう、もっともっと頑張っていきたいと思います」(サンスポ・道新スポーツ)

◆北海道出身のアイドル、モデルの杉浦加奈(17)オスカープロモーション所属。
ファッション雑誌『ピチレモン』のモデル(ピチモ)を経て、第10回「全日本国民的美少女コンテスト」モデル部門賞受賞。その後も、初代「JSA(日本スイムスーツ協会)キャンペーンガール」(2004年)やスポニチ・アネックスのイメージガール「2代目あねっ娘」(2005年3~9月)などで活躍

「やった!日本ハム最高!チーム全員が心をひとつにして勝ち取った25年ぶりの優勝。とても感動 しました。日本シリーズでも勝って日本一になってほしいです。新庄選手、辞めないで~!!」(スポニチ)

⇒「あねっ娘通信・日ハム取材の様子」

 伊集院光さんは言わずと知れた芸能界きっての日本ハムファンこの日のわざわざ札幌ドームに駆けつけて優勝の瞬間を見届けた。
先日退院したばかりなのに(笑)

 久保田利伸さんも日本ハムのCMに出ていたし、元日ハムの主将・広瀬氏と先輩後輩の間柄。広瀬氏とCM共演も果たした。

 その中で、明らかに便乗商法と思われるのは、現在グラビアアイドルとして人気上昇中原幹恵ちゃんかな。
かつて北海道に住んでいたという事実は、最近になって明らかとなった。
それまでは、“新潟のある村出身”というプロフィールを前面に出していて、北海道のほの字も出てこなかったから。ましてや、日本ハムの話題なんて一度も聞いたことがない。
明らかに日ハムの優勝に便乗していると思われても仕方がない。

それに、彼女の所属事務所がオスカー
ココの事務所はとにかく便乗商法が得意。
オスカー所属タレントでは、格闘技系をメインにあらゆるジャンルに便乗する藤原紀香さんを筆頭に、98年の横浜ベイスターズの優勝の際、急に横浜ファンを公言した佐藤藍子ちゃんの前例がある。

 但し、同じオスカーでも杉浦加奈ちゃんは、日ハムを何度か取材したことがあるので、彼女の場合はガチ。

 あべなぎさちゃんも公式ブログに日ハムの事を盛んに書いていた。

 AAA西島はどうだろう…? 
彼の場合は正直微妙だが、、、但し、
日本ハム球団とエイベックスとのつながりは強い。

北海道日本ハムの若きエース、ダルビッシュ有投手は、同じくエイベックスとマネージメント契約を結んでいる。

エイベックスの松浦勝人社長は、スポーツ新聞の取材に対し、(マネージメント契約を結んでいる)ダルビッシュが活躍してのシーズン1位通過をとても喜んでいた。
日本ハムの入場曲を作るとか、北海道内のレコード店限定で、エイベックス所属アーティストのCDの割引セールを行なうと公言している。

 他に…各メディアで活躍するコラムニストのえのきどいちろうさんは、伊集院さんと同じく、東京を本拠地においていた時からの大の日ハムファン。
東京ドームで行なわれる日ハムの試合には必ず観戦し、札幌ドームでの試合を見るために、札幌―東京間を何度も往復している。

海外旅行へ何度も行けるほどマイレージが溜まるので、本人曰く「バカマイレージ」と命名。

「北海道、普通に行きますよ(笑)。もう野球が好きでバカみたいになっちゃってるんで、東京でじっとしていられないんですよ。僕はバカマイレージって呼んでいるんですけど、日本ハムのファンはバカマイレージが溜まりすぎている人が多い気がする。みんな、シンガポールくらいまでいけるんじゃないかな(笑)」
「結果的には(東京から北海道へ移転してしまい)好きな子にフラれちゃった形ではあるけれど、そんな事で愚痴を言ったりするのはつまらない男ですよ。それに、移転を機に球団は大きく変わりました。だって、東京時代の日本ハムには、新庄や稲葉やダルビッシュを獲るっていうダイナミックな発想は絶対になかったですもん。ずっとのんびりとした気風のチームで、それが持ち味でもあったんだけど、窓を開けて空気を入れ替えることの重要性を感じたはずです。『なんだ、新庄ひとりでこんなに変わるのか』って(笑)。おかげて本当にチームが見違えるようになった。やっぱり一番好きな子には幸せになってほしいから今は僕もハッピーですよ」

…ちなみに、えのきどさんは大のサッカーファンでもある(笑)
2002年のサッカーワールドカップ開催時にはスカイパーフェクTV!で「ワールドカップジャーナル」のキャスターを、開催期間毎日担当した。

 あと、意外なところでは、『キャプテン翼』の作者・高橋陽一さん。

現在ではサッカーのイメージが圧倒的に強いが、昔から野球好きでもあり、日ハムの大ファン。

日ハムの北海道移転初年度(04年)に、北海道新聞(04年1月1日?付け記事)に高橋さんから送られたお祝いのメッセージとイラストを掲載したことがある。

・・・・あ、カルーセルさんを忘れていたね。
北海道釧路市出身という以外は、全く日ハムと接点がない…まぁ、いいか(笑)

|

« 本日のブログネタ 3 | トップページ | 明日(15日)以降の予定など。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

どうもっす。

日本ハムの二遊間と言えば、金子-奈良原でしょう(笑)因みに、上田と奈良原が中日に行ったのは、小笠原を迎え入れる為だとか…。記憶に間違いが無ければ、FA権を取得したそうですね。どうなるんでしょうか?

陽一先生は、週刊少年ジャンプで連載を開始した当初(と言っても私が知ったのは1985年)から、日本ハムファンと公言していたと思われます。先生の卒業高校からすると「下町」の出身と考えられますから、多分、山の手の『読売』よりは『日本ハム』なんだと思われます。その辺は、伊集院光さんと同じかと…。

えのき・どいちろうさん…じゃなくて、えのきどいちろうさんも古くからのハムファンの様ですね。以前、文化放送の番組を持っていた時に、熱弁をふるっていた様に記憶しています。伊集院さんは、言わなくても良いですね(笑)。

そう言えば、Yahoo!のニュースで見ましたが、陽一先生がトヨタのCMに出演されるそうですね。機会があればお目に掛かりたいものです。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年10月15日 (日) 01時12分

Y.M.Cさん、いつもコメント有り難う御座います!!!!

言われてみれば、去年まで在籍していた上田選手と奈良原選手が在籍する中日と対戦するのですね。これも何かの縁なのでしょう。

確かに一昨年まで、試合の終盤から守備固めで奈良原選手を二塁で起用し、金子-奈良原コンビを組んでいましたね(笑)

仰るとおり、“北のサムライ”小笠原選手は今年FA権を取得しました。
中日にはそういう思惑もあるのですか…初耳です。
彼の家族が住む自宅が千葉にあるそうで、いわば単身赴任なわけです。噂では、家族の事を考慮して、在京の球団、特に巨人への移籍が最有力とか…我が北海道日本ハムとしてもそれは非常に困るし、何でもかんでも巨人ばかりじゃつまらないので、切に残留を願っております。

高橋陽一先生は結構前から日ハムのファンなんですね。
彼は南葛飾出身ですから、確かに『下町』ですね。同じ日ハムファンという事で、一層と親近感が沸きました(笑)
私も、先生が出演する「トヨタ自動車」CMが見てみたいものです。CG合成で、翼君と“共演”するそうですね。Yahoo!ニュースを改めて抜粋すると、、、「高橋さんが『キャプテン翼』を描いているシーンからスタート。徐々に描き上がっていくにつれ、翼クンが走り出し、ドリブルしながら敵の選手をかわし、鮮やかな『GOOOAL!!』をGETするというスリリングな作品」とか。とにかく、OAされるのが非常に楽しみです。

「えのき・どいちろう」という言い間違えは彼自身、結構ネタにしていますね(笑)
えのきどさんや伊集院さんは名古屋や札幌に行かないといけないので、今後何かと忙しくなりそうですね(笑)

ではでは、今後ともヨロシクです☆★☆

投稿: とうきび | 2006年10月15日 (日) 17時29分

こんにちは、俊介です

そんな便乗商法があったんですね
知らなかったです
日本ハム優勝は私もうれしいです
これからもがんばってほしいなと思いました
またきます

投稿: 俊介(育毛チャレンジ中) | 2009年6月17日 (水) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/12286279

この記事へのトラックバック一覧です: これって便乗商法?:

» _●竜V記念のシャオロン缶が人気 サッポロビール [お酒ブログ情報トラックバックセンター]
サッポロビールがプロ野球の中日ドラゴンズのセ・リーグ優勝を記念し、東海・北陸全域(愛知、三重、岐阜、静岡、石川、富山、福井の7県)で発売した発泡酒の北海道生搾り「祝ドラゴンズ優勝缶」が人気を呼んでいる。缶はビクトリー(勝利)の「V」と球団マスコットの「シャオロン君」がデザインしてある。北海道産の大麦100%を使った麦芽、ホップともに同社の基準に沿った契約栽培品だけを使用している。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 00時58分

» ハッとして!Good [百合]
トシちゃんの歌ではございませんよ(笑)昨日、電車に乗ってたら久しぶりに痴漢にあった。痴漢なんて久しぶり。昔は痴漢をするような男なんて最低とか思ってたけど溜まってるせいかちょっとグッときちゃった(笑) [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 02時34分

» 鈴木亜美って最高 [鈴木亜美って最高]
友達が鈴木亜美のことを愛らしいと言っていましたが、私もそう思います。オシャレな鈴木亜美。音楽番組に雑誌、その活躍ぶりは目を見張るものがあります。それもこれも鈴木亜美の才能が決め手です。 皆さんも鈴木亜美のCMをみるべきです。びっくりするくらいのかわいさを感じますよね。見ればすぐに納得。鈴木亜美、これからも要チェックや〜。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 15時24分

» 水道橋博士の育毛シャンプー | 薄毛父さんの育毛講座 [水道橋博士の育毛シャンプー | 薄毛父さんの育毛講座]
浅草キッドの水道橋博士が使用したプロテインシャンプー、プログノ126。プログノをプロピアと共同開発した三恵製薬が販売しているテタリスシャンプーはプログノと同成分。めちゃイケ紹介後品薄状態。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 00時52分

» 元ジャニーズ・Jrが教える!芸能オーディション合格法☆ [裏技!無料でノウハウをゲットする方法。]
芸能オーディションに受かりやすくする方法!こんな事を言われてあなたは、どう思いますか?胡散臭いなぁ・・・本当かな・・・でも、昔ジャニーズ・Jrだった人が教えてくれました。追っかけの話じゃないんです、あのジャニーズ・Jrにいた人です!( ̄ー  ̄)キラーンそう、へたな国家試験よりも、合格率が低い超難関を突破しました。芸能界において、大御所中の大御所と言っても良いと思い�... [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 05時09分

» モデル岩瀬直美のblogができました [岩瀬直美 is blog]
元オスカーの売れっ子モデル岩瀬直美のblogができました。更新中です。ご覧下さいませ。 [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 13時27分

» オレ竜 [オレ竜まず1勝]
まず1勝 [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 16時51分

» 【便乗工作員】第二の佐藤藍子、現る [慎重かつ、大胆なブログ]
その名は font size=7 color=red原 幹恵(はら・みきえ)/font 御大・佐藤藍子と所属事務所が同じでした。 性懲りもなく、オスカープロがまた仕掛けてきました! その原、今回のハム優勝に当たり「サンケイスポーツ」「スポーツニッポン」の2紙に登場した。 しかもサンスポにおいては、 font size=7 color=orange「北海道には中学生まで住んできて、引っ越してから日本ハムが移転してきましたが・・..... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 12時52分

» 水道橋博士のシャンプー [口コミを聞きませう]
水道橋博士の育毛シャンプー、テタリス  水道橋博士が育毛に成功したシャンプーとし... [続きを読む]

受信: 2006年10月27日 (金) 18時42分

« 本日のブログネタ 3 | トップページ | 明日(15日)以降の予定など。 »