« 明日以降の予定などなど。 | トップページ | 眞鍋を学べ 39 »

2006年7月 2日 (日)

ユカいな平田サン その92

◎いつもお伝えしている平田裕香嬢のブログですが
今回は、いつもののほほんとした雰囲気とはちょっと様子が違います。一体どうしたのだろうか…?

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・7月1日付け更新記事。

この日(一昨日)、久しぶりに一人で泣いてしまったらしい。一体何があったの??!

「なんか、たぶん、日々の積み重なった分も含めてぽろぽろと涙が溢れてきまして。」

「でも、大人になってくると、あまり自分のことで涙することが本当に少なくなってくるし、ちゃんと泣けなくなってくるような気がします。
笑うこと怒ること楽しむこと喜ぶこと悲しむことそして泣くこと。

大切な感情表現の一つなんですよね。
皆さんは最近、ちゃんと自分のことで泣いてますか?
平田は少し、スッキリしました☆」

…いつも周りには朗らかに接しているので、その本心は周りの人にはあまり気付かれなかったと思いますが、少なからず、悩みや不安、ストレスを抱えていたのですね。それまでは、自分の事で泣くと言うことは無かったらしいが…。

今まで少なからず辛い思いをしていたんだね…可哀相に、、、。

同じ道産子として、東京で一人頑張っている裕香嬢を看過出来ないですよ。
私がもし、裕香嬢の身内(実兄や従兄弟)なら、めんこめんこして(イイ子イイ子と頭を撫でながら褒めて北海道弁)慰めてあげるのに。。。。

いつもブログを見ている裕香ファンの方々も、冒頭部分を読んだ際は大変心配したと思います。

しかし、幸いなことに、少し泣いて気持ちがスッキリしたそうで、、、とりあえずホッと一安心。

これは『カタルシス(精神の浄化作用)』というものですな。

『カタルシス』とは、自分のネガティヴな部分を自覚(意識化)し、認めてあげた上で、抑圧していた喜怒哀楽や不安などの感情を表に出すことにより、心が浄化する(心があらわれるようにスッキリする)こと。
または、心のわだかまり・不安を吐き出させて解消させる精神学的療法。

ほら、言いたい事を電話でお友達に話すと気持ちがスッキリするでしょ。
その場合、相手のお友達は自分の正直な気持ちをしっかりと受け止めてくれる(逆らわず同調してくれる)人がよりその効果を発揮する。

今回、自分を見つめ直して、気持ちに素直になり、涙を流したことにより、鬱積した気持ちが外に出て解消したのはそのため。

本来『カタルシス』は、アリストテレスの『詩学』に書き記した『ギリシャ悲劇論』から来ている演劇学用語。
役者が演じている悲劇的な役柄に自分と重ね合わせて感情移入(同情)し、一喜一憂することにより、心があらわれる(=浄化)というもの。

裕香嬢が悲しい小説や感動ものの映画などを見てつい泣いてしまうのは、これらに由来することなんですよ。

私は自分の事では基本的に泣かない性質なのですが、裕香嬢と同じように小さい時はよく泣いておりました...姉とケンカしたりイジワルされたり・・・(苦笑)
裕香嬢も姉上がいるので、少しは気持ちが分かるかな?
それからまた、動物モノのドキュメンタリーや感動モノの映画やドラマを見るといつも泣かされる…特に、動物モノは反則だよ~(笑)

仰るとおり、喜怒哀楽は人間にとって非常に大切な感情表現です。悩みや不安があるのは生きている証拠。

普段から、喜んだり笑ったり楽しんだりするのは周りの人にも表明(体現)しているとは思いますが、せめて一人で居る時ぐらいは、そのおみくじに記された文言の如く、溜まりに溜まった怒りや悲しみの感情を我慢して心の中に留めたりせず、“素直”に表に出してあげて下さい。

もちろん、これからも変わりなく、映画や小説やマンガなどでも、思いっきり感動し涙を流して、悩みやストレスの解消に務めて下さいな☆★☆

泣きたい時に思いっきり泣く!!それが一番!!!

あっ!新作DVD『また逢えたね』、とても楽しみですよ☆

※いつものようにトラックバックします。どうか宜しく~。

|

« 明日以降の予定などなど。 | トップページ | 眞鍋を学べ 39 »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/10760956

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その92:

« 明日以降の予定などなど。 | トップページ | 眞鍋を学べ 39 »