« 明日(7日)以降の予定。 | トップページ | 眞鍋を学べ 37 »

2006年6月 7日 (水)

しょこたん的貪欲生活(6月7日分)

◎今回は懐かしいゲームネタが特に興味がそそられます。あと、今年発売予定の任天堂の次世代ゲーム機【Wii】についても。

今夜は25時からTBSラジオ『雨上がり決死隊 べしゃりブリンッ!』にしょこたんがゲスト出演しますよ!!!!

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ・・・6月7日付け更新記事。

・『週刊少年マガジン』での撮影で着た、胸元が開いているブールのチャイナコスプレ姿のしょこたん。それぞれ2パターンアップしている。
ギザカワユス!!!! これは最後に頂いたものなんでしょうな。

昨夜は爆睡したようですな(笑) 悔しがっていますが、一日の疲れを取るには睡眠をとるのが一番。
何より、胃を休める事が出来たしね。

1997年10月30日に発売となったプレステのRPG『こみゅにてぃぽむ』を手に入れたらしい。

いかにもしょこたんが好きそうな魔女っ子モノのアクションRPG。
撮影したアキバの店内で偶然見つけたのだろうね。うーん、このゲームに関しては何故か記憶にない。何故だろう…。

プレステ初期のゲームなので、攻略サイトは少ししか残っていない。やはりここは攻略本を買うのが賢明。

⇒『こみゅにてぃぽむ オフィシャルガイドブック スタジオ・ハード (編さん) 出版元・光栄(現・コーエー)1365円』

コーエーの攻略本はかなり細部まで網羅しているので超オススメ。
以前まで、コーエーの攻略本は大変お世話になっておりました。。。

「2Dのドット絵」はファミコン世代の我々にとっては非常に懐かしい響き。
ファミコン時代の時にイラッと感じた、ぎこちなく画面がスクロールするのも、今となっては懐かしい。
今は3D全盛でCGを駆使した映画並みの映像の美しさだからね。ホント、20年前と比べると隔世の感があるよ。

それから、スーパーファミコン『サンドラの大冒険』に悪戦苦闘しているらしい。

「信じられないくらい難易度の高いスーファミの横スクロールのアクションゲーム!!無駄なアクションはあるのにこれといった効果的な必殺技もとくになく、ジャンプもすごくゆっくりで幅もせまく、また非常にデリケートなサンドラは1ドットでも障害にぶつかると即死するから非常に難しいアクションを要求される。アタリ判定きびしすぎだろー!!
しかもスーファミ時代には異例じゃないかとおもわれるパスワード式だから、パスワードのメモをなくしたらもう大変!本当ノーヒントでクリアしてくの鬼だよ!」

ドラクエでも多用したパスワード式という言葉が懐かしい。

当たり判定の厳しいゲームと言えば、何といっても!“伝説の名作(迷作…世に言う糞ゲー)”であるファミコンのアクションゲーム『スペランカー』。数ドットの段差を踏み外しただけで死んじゃうからね。初めてやったら誰しもイラッと来るだろう(笑)
当時、あまりにも弱すぎる主人公に、頭にきて完全に放棄した経験があるよ(笑) しかも、カセットには無駄に赤く発光ダイオードが光ってるし。
まさに、クリアしようとする気力を失わせる“最強のゲーム”。

サンドラはそれに似てる(爆) 

でもこういう類のゲームは逆にマニア心をくすぐるんだよね。しょこたんもすっかり『サンドラの大冒険』の“魔力”に取り付かれている様子(笑)

任天堂の次世代ゲーム機【Wii】かぁ。今年の秋か冬に出そうだよね。
そうそう! ファミコンやスーファミだけでなく、PCエンジンやメガドライブのゲームもダウンロードして遊べるのは、リアルタイムで経験した我々には非常に嬉しいゲーム機。
PCエンジンはハドソンとNECが共同開発したゲーム機。

【Wii】マジ欲しい!!!!

・すっかりしょこたんになついているちび太の溺愛ショット。ギザカワユス!!!!

ここでも『サンドラの大冒険』について熱く語っている。
しょこたんはレトロゲームがかなりお好きなようだ。

サンドラとスペランカーの対決を是非見てみたい(爆)

・マミタスがベットの上でじっとしている溺愛ショット。

「ファミコンスーファミ64PCエンジンメガドライブのゲームをダウンロードしてあそべるなんて!!!1111!!ネ申!!」
などと【Wii】を絶賛。

まるで、テレビのリモコンのようなコントローラー。それを振り回すことにより容易に操作できる。グラフックスの美しさはご存知の通り。
あと、ゲームキューブ以上に小型らしい。場所をとらないのが嬉しい。

初期のゼルダの伝説はもう一度やってみたい。当時から名作で有名だったからね。
あとメトロイド』や『グラディウスとかも。

問題は値段。おそらく5万前後はするだろう。予算との兼ね合いになるな。。。

・グレープフルーツのジュースを飲んでいるしょこたん。ギザカワユス!!!!

「ここ数日、うわくちびるがずっと腫れて厚くなってる、しかもちょっと痛いんだよ、なんかのアレルギーかお!こんなの初めてだお(´;ω;`)」

…口内炎かもしれないね。もしくは無意識に噛んでしまったとか。蚊に刺されたという可能性もある。

とにかく、大好きなSOUL'd OUTのラップを真似するのは、治ってからだね。しばらく聴き専門に徹しよう。

只でさえ、彼らのラップを完全にコピーするのは至難の技だから(笑)

・おや。これは珍しい微笑のしょこたん。テラカワユス!!!!

Wiiに、翔子まだやったことないからセガサターンやドリキャスのゲームもダウンロード可になっちゃえばいいのに(σ`・ω・)σ」

雰囲気的には、今後セガサターンやドリームキャストのゲームもいずれ出来るようになるかも。

ゲームギア』に限らず『ワンダースワン』も伝説のゲームだよね。
コントローラーがショボくて、更にこれといった代表的なソフトがないこと。お金に余裕があっても買うのに躊躇してしまう。

ゲームギアはカラー液晶画面というのが当時一番の売りの一つだったよね。
しかし電池を沢山入れる上に直ぐに切れてしまうのは、大きくマイナス。ACアダプターを使わないと長時間プレーできない。

当時私は金欠気味だったので、流石に買おうとは思わなかった。

「いっそゲームギアのゲームもダウンロード可にしてください!!きぼん!!」

…それは妙案。今まで出たゲーム機のゲームが全て遊べるようになったら正真正銘のネ申。

・これもマミタスをあやしている姿。ギザカワユス!!!!

宇宙の本を読んでいたら、あまりの広さに気持ち悪くなってしまったとか。

誰が作ったというより、(地球に)人間が誕生する以前から存在するからね。

人類の誕生や進化の過程は、宇宙の長い歴史からすれば、ごく最近の出来事なんだよね。
宇宙の果てがどこがあるのかも、まだハッキリとは分かってないし。
そして、現在も人間の意思とは関係なく宇宙は膨張し続けている。

人間の考えが及ばない未知なる領域があまりに広い世界だからこそ、底知れない魅力があるんだよ。

マミタスも我々も宇宙から生まれたんだよね。

今夜も宇宙の事を考えるだけ考えて、一夜を明かして下さいな(笑)

胸を寄せているセクシーショットのしょこたん。ギザセクシー!!!!

テレパシーを使える人っているかもしれないけど、今までお目に掛かった事はない

霊能者が透視して相手の心を読むのはよくあるけど、それが全くの真実かは分からない。
現に、インチキ霊能者が数多く存在するからね。

結局、信じるか信じないかは、我々の判断に委ねられる。

でも、必ずやテレパシーはこの世に存在すると思うよ。

「以心伝心」という言葉はそのためにあるのだから。

・画像はしょこたんがマミタスをあやしている溺愛ショット。
マンガの山に登って存在感を盛んにアピールしたのち、ゴロゴロ言いながら甘えてきたそうだ。

ちび太がしょこたんになついてきたので、独占できなくなるマミタスは危機感を持ったか。

マミタスの可愛らしさと偉大さを、広大なスケールの宇宙にたとえて、いつものようにマミタス賛美でしめくくる。

それにしても凄いマンガの量(笑) 倉庫を借りなければ部屋から溢れそうだ。

将来、今まで買ったマンガ本を展示した『しょこたんミュージアム』を作った方がイイよ☆

・最近毎日4,5本買っているという『オロナミンC』を飲んでいるしょこたん。ギザカワユス!!!!

水木しげる作『悪魔くん』は、1万年に一人という逸材の少年。
人間と悪魔が共存共栄する社会を目指して、共に戦ってくれる悪魔を呼び起こす為に日々魔法円(魔法陣)の研究に没頭していたが、
あるときファスト博士が現れ、一万年に一人現れる「悪魔くん」だと知らされる。
そして、悪魔を呼び起こす秘儀を授け、悪魔を呼び起こす事に成功。
「エロイムエッサイム、我は求めうったえたりー!」は悪魔を呼び起こす為の呪文。魔法円(魔方陣)の前で唱える。呼び起こした12使徒とともに妖怪と戦う。
また、『ソロモンの笛(オカリナ)』を吹いて、機嫌をそこねた悪魔を従わせる。

マントは唐草模様の風呂敷。正直カッコいいとは思わないけど、またそこがマニア心をくすぐるので、イイのかも(笑)

ファミコン版の『悪魔くん』は、新品を手に入れるのは難しい。但し、アキバに行けば手に入るかも。
中古ならYahoo!オクションで手に入る。

おもちゃの『ソロモンの笛』はバンダイ製で、音が鳴るだけでなく電池を入れると光るもの。
Yahoo!オクションでは最近2回も出品されている(その内、新品は1回)。結局誰も落札しなかったようだ…。

現在Yahoo!オクションでは、6体の妖怪が付いてくる『悪魔くん 見えない学校』(新品・倉庫在庫品)が出品されている。
あと残り数時間。『ソロモンの笛』と同様に誰も落札する人がいないようだ…。

「アッコちゃんの変身コンパクト、スイートミントのミントアローとかセラムンのライトな変装ペンとか星のオルゴールとか
姫ちゃんのリボンのリボンとかマリーベルのコンパクトとかアイドル伝説えり子のエリリンのスターとか、
小さい頃みてたアニメのおもちゃがほしい!小さい頃もってたやつがほしい!ほしいよー!どこにあるんだー!」

…やはり、懐かしいアニメグッズを扱う骨董屋で手に入れるしかない。これもアキバで見つかるかもよ。

・今日のメポ。

青空の下「メポ」。逆光なので顔が判別できない。

・おっ、ちび太が手を振ってるよ(笑)
ギザカワユス!!!! 
5年間あれだけなつかなかったちび太が先日のコスプレ祭りを境にして、すっかり改心したようだ。

一緒に遊んでくれたのがよほど嬉しかったんだよ。

これにて、ツンデレのレッテルを返上。しょこたんも大喜びしているようだ。

何はともあれ、めでたい限り。

・東京メトロの築地駅にある妖怪浮世絵。昨日撮ったものか。

「ギザコワスガクガク(((゜Д゜)))ブルブル
なぜ妖怪浮世絵だおガクガク(((゜Д゜)))ブルブル」

…でもこういう類の画ってしょこたんは好きなんじゃないの?

そんなことより、今夜は25時からTBSラジオ『雨上がり決死隊 べしゃりブリンッ!』にしょこたんがゲスト生出演する。ブログでも告知をしていますな。
この話は事前に知っていた。何故ならこの番組は時々聴いているから(笑)

とにかく、どんなしょこたん節が飛び出すのかとても楽しみです☆☆

※今日もトラックバックしますよ。どうかよろしく。

|

« 明日(7日)以降の予定。 | トップページ | 眞鍋を学べ 37 »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

今晩は。

そう言えば、伊集院さんがラジオで『PS3』の話題を取り上げていました。その話の感想はトラックバックを付けておくとして、省略。

やはり、任天堂の『次世代ゲーム機』も7万円ぐらいの価格設定になるんでしょうか。能力的に同程度なら、当然、その様になるのですが。それにしても、「子供が手を出せる金額」ではありませんね。「どこまで行っても『家庭用ゲーム機』だから」と言うのが私の感想なんですが…(笑)。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年6月 7日 (水) 23時37分

.M.Cさん、ココログが半日以上メンテナンス中だったので、お返事が遅れてしまいました。

改めて、コメント&トラバ有り難う御座います!!!

仰るとおり、6~7万の価格設定じゃ、ちと高すぎますよね。PS3は機能が多い(高価な)タイプと少ない(安い)タイプの2バージョン発売すれば宜しいと思います。
そうすれば、ユーザーに選択の幅が増えて、PS3を購入する層がもっと増えると思います。

任天堂『Wii』の場合は、昔のゲームがダウンロードして遊べるというのが、私にとっては最大の魅力です。たとえ、新作ソフトが出揃っていなくても喉から手が出るほど欲しい代物です。
ただ、やっぱりなのは、値段設定がどうなるかについて。予算の都合上、7万円代だと暫く安くなるまで“見送り”となりそう。
何とか安くしてくれないかなぁ…。

仰るとおり、子供には手を出せない代物には違いありませんね。
今の親はファミコン世代なので、子供と一緒にゲームで遊ぶ傾向があるから、誕生日プレゼントとして子供に買い与える形ではないのでしょうね。。。

ではでは、今後もヨロシクお願い致します

投稿: とうきび | 2006年6月 8日 (木) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/10431305

この記事へのトラックバック一覧です: しょこたん的貪欲生活(6月7日分):

» 美少女ゲーム最速プレビュー [美少女ゲーム最速プレビュー 私はこれで泣きました!!]
美少女ゲームでも泣けるんです!!まだやったことのない方はぜひ見てください!! [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 22時28分

» PS3 [『緑と青の』ブログ]
 さて、今回は『田村ゆかりの黒うさぎの小部屋』を聴いて考えた事…。まあ、『伊集院光の深夜の馬鹿力』もそこに加わってくるが…。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 23時39分

» 村上ファンドが捕まった裏事情 [裏ニュース]
そんなミスを犯すはずがない、俺は裏で色々あったと思ってる [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 12時33分

« 明日(7日)以降の予定。 | トップページ | 眞鍋を学べ 37 »