« ‘お’となりの山田くん ~第十一回~ | トップページ | 明日(9日)以降の予定と余談。 »

2006年5月 8日 (月)

しょこたん的貪欲生活(5月7日~5月8日分)

◎今日もいつものように『しょこたん☆ぶろぐ』をご紹介。
いつの間にか、同ブログをご紹介するのは毎日の日課となってきたな。。。

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ・・・5月7日・8日付け更新記事

・5月7日付け更新記事……イベントでファンから貰った『ピルクル』ちゃんのフィギィア。クオリティーかなり高し。
プロの作家か?
確かにこれは18禁モノだね(笑)

・浮世絵風のしょこたん。マミタスとちび太をそれぞれ抱いている2種類のイラストあり。
しかも、着物が『ピルクル』と『マンゴー』の2タイプの柄に注目。上手すぎ(笑)

それらは、女性ファンが描いたものだとか…芸が細かいですな★☆

・クロネコ改めルナがマミタスのおっぱいを吸っている様子が2つアップされている。

ルナもまだ赤ちゃんなんだね。2枚目はルナがマミタスに寄り添うかのようにいつの間にか寝てしまった姿。
完全に親子のショットだ。見ているだけで癒される聖母・マミタス。

『地球大図鑑』は私も欲しいね。一日中見ても飽きないだろう。
地球のスケールの大きさや素晴らしさが改めて実感できる。

「地球大好き自然大好き宇宙大好き。ワクワクぞくぞくしてきた!」
…至極同感。血が騒ぐよね。

地球は母なる大地、マミタスだね☆

しょこたんは多忙なので、20箱のプレゼントを一つ一つチェックするのは一ヶ月以上掛かりそうな気配…。

・・・・それにしても、、、しょこたんのおでこに『801(やおい)』とは…。

・ご当地キティをデザインしている本職のイラストレーターの方がイベントに来てくれて、マミタス仕様のキティをデザインしたシールを頂いたとか。

画像はその“マミタスキティ”のシールを貼ったニンテンドーDSを持っている姿。ギザカワユス!!!
DSは今後もバージョンアップ機種が発売されるだろうから、そのつどしょこたんも購入するのでしょうな。

ちなみに、ご当地キティの種類が圧倒的に多い地域(都道府県)は北海道です! えっへん!
毎年新作が続々と出ているので、30種類は楽に越えると思います。

・ファンの方々から頂いた『死霊のはらわたの死者の書』を見て、ビックリするしょこたん。
その表紙の怖さと軟らかさ?(リアルな作りなのか?)に驚きつつも、怖い物見たさの塊であるしょこたんは大喜びらしい。

ホラー好きの人にはたまらない書物。

・5月8日付け更新記事……しょこたんがちび太を抱いている姿。ちび太の瞳がエメラルドグリーンだ。綺麗だね☆

曽我町子さんがお亡くなりになったそうだ。

戦隊モノ(特撮モノ)には女王・魔女として欠かせないキャラクターとして度々登場した。

アテレコではおばけのQ太郎(初代)を担当。

しょこたんにとって曽我さんのイメージは『デンジマン』のヘドリアン女王か…そうそう!『サンバルカン』にも登場したんだよね。
『サンバルカン』は前作『デンジマン』の続編的な扱いだから、ヘイドリアン女王も復活させたのだろうね。

ヘイドリアン女王は『デンジマン』に倒されて北極に眠っていたのを、悪の機械帝国・ブラックマグマがメカ心臓を埋め込んで復活させる。
戦隊モノでは唯一、敵役の復活。ホント、ストーリーが凝ってるよね。

悪の女王といえば曽我さんが一番ハマリ役だから、しょこたんに限らず、特撮マニアにとっては非常に残念なニュース・・・合掌。

・自宅にある、カチューシャが収納してあるハート型のケース。

しょこたんは“永遠の16歳”にふさわしい非常に乙女チックな趣味嗜好ですな☆☆☆

ちなみに、その横には先ほどの『ピルクル』フィギィアも見える。
いたく気に入って、部屋の目立つところに飾っているようだ。

・やっぱり「類は友を呼ぶ」というか、しょこたんのファンの方々はみんなイラストが上手すぎ。
一つ一つの意匠を凝らしている作品多し。
この中には絶対、本業やセミプロの方が描いた絵もあるでしょ。

頂いた、分厚い『解剖学』の教科書に興味しんしん丸になるしょこたん。
やはり小腸に一番注目(笑)

また、頂いた『地球大図鑑』に改めて大感激しているようだ。

海や山や川など一つ一つの自然は奇跡の賜物。人が完璧に真似して作り上げる事は出来ない。
もうちょっと自然に対して畏敬(畏怖)の念を抱かなければならない。
限りある地球の大自然をこれからも大切にしなければならないよね。

将来は宇宙から地球を眺めて「ソ連の宇宙飛行士・ガガーリン少佐の『やっぱり地球は青かった』」の名言を実践してみたいものですな☆★

「ヤンガスやりながらロデオボーイ4回ぶんもやったよ、腹筋イタス。きくかな。ならくの洞窟が全然クリアーできません(´;ω;`)攻略本早くでないかなぁ。」
ロデオボーイをやりすぎると筋肉痛になるよ。慣れるまでが大変だと思う。

それで、しょこたんが求めている『ドラゴンクエスト少年ヤンガスと不思議のダンジョン』の攻略本はコレ。アマゾンでバッチシ手に入りますよん☆
⇒『ドラゴンクエスト少年ヤンガスと不思議のダンジョン―仲間といどむ冒険の書    Vジャンプブックス』(2006年4月発売 価格1100円)

・今日の「メポ」。
“アゴたん”バージョン。おでこには引き続き『801(やおい)』の数字が…(苦笑)

・マミタスのおっぱいをひたすら吸い続ける貪欲なルナ。

「ルナたん貪欲です
吸い過ぎてマミタスのオパイが真っ赤になっちゃった…気持ちはわかるけどマミタスも痛いよねぇ…」

…文句一つ言わないマミタスも健気だねぇ~。完全に母親になりきってるね。。。

・しょこたんとマミタスを描いたイラスト。これもファンの方に頂いたもの。
これも上手過ぎ。色鉛筆でしょこたんだけでなくマミタスもかなりリアルに描かれている。ギザカワユスなぁ~。

ホント、しょこたんファンの方々はみんな只者ではないな…。

・『マミタスキティ』のクオリティの高さに改めて感激。
実際にご当地キティをデザインしている方から頂いたものだからね。

ファンクラブの会報に何を描くか迷っている様子。

「ちび太とルナのやお…ゲフン!」
…それだけは止めた方が良いよ(笑)

「セフィロスと翔子がつきあってるマンガとかにしようかな。」
…それが、一番しょこたんらしくて良いかも。やっぱり相手は“ツンデレ系”が似合う。
きっと妄想をフルに回転させて描くのでしょうな。但し、最後はやはりホラー風のオチか(笑)

しょこたんがパーソナリティを担当しているABCのラジオ番組『ピートムComic Jack』に、先日誕生日会にも出席した「イトクボ」の2人(伊藤彩華ちゃん、窪田啓子ちゃん)がゲスト出演。

今まで絶対にありえないと思っていたしょこたんは大感激。
最高に楽しいラジオの収録となったそうだ。

画像はその収録風景。しょこたんを中心に3人が写っている。
どうやらこれは収録直後の様子らしい。ギザカワユス!!!!

更には、『イチクボの!!ロックな日記』や『彩華の日記帳』にも収録後の3人が写った様子がアップされております。テラカワユス!!!!

とにかく、実際に聴ける方々は、後日の放送を楽しみに致しましょう。。。

※今日もトラックバックします。どうか宜しく☆
早くも眠くなってきました…どうも春はついウトウトとしてしまう…むむむ

|

« ‘お’となりの山田くん ~第十一回~ | トップページ | 明日(9日)以降の予定と余談。 »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/9960955

この記事へのトラックバック一覧です: しょこたん的貪欲生活(5月7日~5月8日分):

« ‘お’となりの山田くん ~第十一回~ | トップページ | 明日(9日)以降の予定と余談。 »