« ‘お’となりの山田くん ~第一回~ | トップページ | 今日は夜遅くに更新予定。 »

2006年4月16日 (日)

しょこたん的貪欲生活(4月15日~4月16日分)

◎さてお次は、一日ぶりにこの大人気ブログを取り上げます。

★中川翔子『しょこたん☆ぶろぐ・・・4月15日・16日付け更新記事。

・前回取り上げたが、14の伊藤彩華ちゃんのブログ『彩華の日記帳では『しょこたん☆ぶろぐ』と連動した内容。

お互いのブログに2人で登場している。貪欲仲間編はこの後も取り上げます。

・15日の「メポッ」は、額に『三人祭』と書かれている。

しょこたんが小さい時からモーニング娘。やハロープロジェクト!のファンなのは有名。

当時モー娘。の加護亜衣ちゃんや石川梨華ちゃん、新人時代の“あやや”こと松浦亜弥ちゃんの3人によるユニット。

書かれている内容は解読不能。。。

・突然、物を倒した音にちび太ビビリまくり(笑) 驚きのあまり、目が大きく見開いている。

泰然自若としていたマミタスとは違い、中川家で唯一の男子であるちび太は「へタレ」のレッテルを貼られてしまった…嗚呼、哀れ。
男はツライよ。。。

・悠々と壁伝いを歩くマミタス。

よく見ると、壁を引っかいて壁紙がボロボロになった跡が。。

猫は爪とぎをしてストレス解消をしているからね。また、狩りの準備をしているという言い方もある。
猫を飼う際は、家中の壁がキズだらけになるのを覚悟しなければならない。

・しょこたんが自分をイメージした顔文字をネットで調べている図。

「な、なにィイ~~~ッ?!」と驚く。

これはなんて言ったら良いんだろう。

どのようなイメージでこの顔文字を作成したのだろうか…??

・安野モヨコ氏作品のコミックの数々。

記事のタイトルにもある『花とみつばち』は代表作の一つ。

彼女の漫画に登場するカッコいい女性に憧れるしょこたんなのであった。。。

・あやや(松浦亜弥)のポスターでピースするギザカワユスのしょこたん。
あやや好きなので嬉しそう。

あややの2003年の春のコンサートツアーを収録したDVD『松リングPINK』を絶賛。

そして、「ピンク!ピンク!女の子は絶対ピンクだ!!!」などとピンク色は乙女の必須の色だと語彙を強める。

昨今の人気アイドルは、ピンク色の衣装というイメージが定着しているからね。
現に、アイドルがインタビューなどで「好きな色は『ピンク』」と答えるパターン多し。

これは本当にピンクが好きなのか、それとも事務所側のイメージ戦略なのか…?

・多趣味なので、せっかく買った『FF12』もプレーする時間が最近なかなか作れないようだ。
発売当初はそれこそ寝る間も惜しんでプレーしたのだが。。。

・前回も紹介したピンクサファイアのリングを見せているギザカワユスなしょこたん。
しかし、併記された内容は、『ヤッターマン』ネタ。

何と!我々が再放送などで見ていた『ヤッターマン』のDVDを最近は立て続けに見ているらしい。

『ヤッターマン』タツノコプロのタイムボカンシリーズの一作品で、『タイムボカン』に続く第二作目。どの作品もクオリティー高し。

勝利の雄たけびは「ヤッターヤッターヤッターマン!!」

懐かしいなぁ…小さい頃は私もタイムボカンシリーズのアニメ(80年代は夕方に度々再放送されていた)はよく見ていたよ。
物語の展開は極めてワンパターンなんだけど、一度見るとヤミツキになるんだよね。

悪の一味、ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーは、それぞれ昨日の記事のタイトルにもなってるね。

ヤッターワンは正義の味方・ヤッターマンの2人が乗る犬型のメカ。

ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーがヤッターマンに負けて帰ってくる途中、ボスであるドクロベーから「おしおきだべ~~!!」と逆鱗に触れるところがまた面白い。
しかし、何で三人乗り自転車で敗走するのか、今考えると謎(笑)

あのアニメ界の異端児・押井守氏もこの作品の製作に関わっていた。押井氏は当時タツノコプロに在籍していたから。

タイムボカンシリーズでは他に『逆転イッパツマン』『ヤットデタマンなども面白い。

あと、同じタツノコプロ製作のアニメでは『未来警察ウラシマン』もなかなか凝ったストーリーで好きだったねぇ。。。

・自作の“ピルクル”ちゃんのイラスト。

“魔法少女猫マミタス”と共に、しょこたんが日々構想を練っているキャラクター。

それにしても、、イラストギザウマス!!

“ピルグリム・ファーザーズ・クルー”は、お馴染みの乳酸菌飲料『ピルクルの名前の由来から。

公式HPによれば「1620年に英国から自由を求めてメイフラワー号で新大陸(アメリカ)に渡った人たち『ピルグリム・ファーザーズ・クルー』」を略して『ピルクル』と名づけられたとか。

・しょこたんが美空ひばりさんを絶賛。
何でも、ドキュメンタリー番組を見ていたそうな。

おっ、美空ひばりさんの素晴らしさが分かるなんて、しょこたんもかなり見識が高い人だね。

昭和を代表する歌姫といったらこの人。《国民的大スター》という言葉が一番ピッタリ来るお方だ。

あの、どんなジャンルの歌も楽々と歌いこなせるほどの図抜けた才能と存在感、そしてカリスマ性、プロ意識…どれをとっても、最高クラス。

歌謡曲や演歌の一歌手というジャンルに当てはめるのは極めて早計。
まるでネイティブスピーカーのような英語の発音でジャズや洋楽ポップスが歌えるのだ。リズム感も抜群。

天才でしょ、これは。

単にひばりさんがとても素晴らしいだけでなく、当時の時代や歌謡界が作り上げた大スターと言ってもいい。
時代(国民)が彼女のような存在を求めていたんだろう。
まさに、現れるべくして現れた国民的大スター・美空ひばり。

今のような個々の価値観が多様化している時代には、もうあの人のような歌手は二度と現れないでしょう。

それに彼女が歌った名曲の数々もそう。当時の時代が求めていた曲ばかり。

しょこたんが大好きと言う『愛燦々』も、近年の曲では最もヒットした『川の流れのように』も然り。

また、しょこたんが挙げている『人生一路』は、1970年にリリースした曲。
実弟のかとう哲也氏が作曲、著名な作詞家・石本美由起氏が作詞。
詞を噛み締めるだけの価値ある名曲が彼女の歌声を通じて沢山生まれた。

まさに、歌は時代を映す鏡「歌は世につれ、世は歌につれ」ですな☆

しょこたんの仰るとおり、才能溢れた大スター・美空ひばりさんの早世が悔やまれる。。。

⇒京都の嵐山にある『美空ひばり館』の公式HP

それから、しょこたんが探している東京ドームコンサートのDVDはこちら

⇒『不死鳥 美空ひばり in TOKYO DOME <完全盤> 翔ぶ!! 新しき空に向かって 』(価格4200円)

アマゾンで買うと直ぐに手に入ります。
しかし、実は当時かなり体調が悪く、激痛と戦いながら東京ドームの“不死鳥コンサート”のステージに上がっていたとか…(涙)

・いつものように、マミタスの臭いをかいで「GOOD!!スメル」を連呼するしょこたん。

何と!貪欲仲間の“美香タス”“美香っち”こと金田美香ちゃんも同じことやってる(笑)
彼女もすっかりと伝染してます(笑)

・今日(16日)の「メポッ」は額に「こおろぎ73'」と書かれている。

アニソンを主に歌う4人のコーラスグループ。
『おじゃまんが山田くん』『がんばれドカベン』が代表曲。

♪や~まだ、やまだくん~♪ カランカランカラ~ン いい人ね カランカランカラ~ン いい人よ♪

好きだったなぁ…このアニメ。

一時活動休止。最近、3人で活動を再開したとか。

・BS『アニメ夜話』の収録前に楽屋で「⊂二二二(^ω^)二二つブーン」や「あごたん」など色々なポーズを披露。

最後はカワユスな白スカート姿、、と言いたい所だが、どうやら収録の準備に時間が掛かっているようだ。

・時間つぶしの為に、台本の紙に?『ピルクル』ちゃんのキャラクターを落書き。上手い

※今回もトラックバックします

|

« ‘お’となりの山田くん ~第一回~ | トップページ | 今日は夜遅くに更新予定。 »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?ha

投稿: e-アフィリ | 2006年4月16日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/9623398

この記事へのトラックバック一覧です: しょこたん的貪欲生活(4月15日~4月16日分):

» エレナも気付けば21歳だよ・・・・ [東京と私と]
そんなことでクヨクヨしないよ!!!これからは21歳らしく大人の女性として人生を歩んでいくよ。 [続きを読む]

受信: 2006年4月20日 (木) 02時21分

» 渡辺美里 eyes♪ [田舎暮らしは最高!!]
今日、部屋の掃除をしていたら、懐かしいCDが何枚か出てきました。その中に、昔聞きまくった渡辺美里のeyesというCDが・・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年5月14日 (日) 07時37分

« ‘お’となりの山田くん ~第一回~ | トップページ | 今日は夜遅くに更新予定。 »