« “たかが”では済まされない問題 | トップページ | 気分を取り直して、今回から新たに。。。 »

2006年2月11日 (土)

いよいよ今夜から…!!

◎まずは、芸能・スポーツネタから。

◇SMAP中居、トリノ現地取材でイエローカード(夕刊フジ)

選手への長時間取材「風邪ひいたら」と広報が注意
開会式を控え日本のテレビ各局も取材攻勢がヒートアップ。今回のトリノ五輪もタレントリポーターを起用した番組制作が花盛りだが、そんな中、TBSにイエローカード第1号(?!)だ。
TBSではSMAPの中居正広を起用。すでに現地入りして、9日はスピードスケートの練習取材に登場した。クルーを引き連れてカメラマンエリアでの取材を敢行、「僕、目立ってしまいますかね…」と気まずそうにコメントしていた中居クン。
世界各国の選手が五輪直前練習の最中だったが、その場だけは日本の女子選手が中居クンに記念写真をねだるなど、異様な雰囲気で盛り上がっていた。その取材があまりに長時間となったため、スピードスケート担当・浜谷公宏広報が「風邪をひいたら困ります」とTBSに対して注意を与えた。
TBSでは、サッカー日本代表取材の際、ジーコ監督のまな弟子にあたる元日本代表相馬直樹氏を起用して勇み足の取材で注意を受けたばかり。
一方、SMAPのリーダーを務める中居クンは、さすがに緊張を隠せなかったが、その後は喫煙所でおいしそうにたばこをくゆらせていた。
ZAKZAK 2006/02/10

TBSの場合は人気者の中居クンを起用するだけあって、一挙手一投足に至るまでどうしても目立ってしまうことは否めない。今回のような過度な取材なら尚更だ。

他にも、女子選手がレポーターを務める男性タレントの追っかけをしたり、必要以上にはしゃいでしまうレポーターなど、オリンピックではよくありがちな光景だろうが、少しでも日本の選手を応援する気持ちがあるんなら、選手が競技に集中できる環境作りをテレビ局側はもうちょっと配慮して欲しい。
今回のハプニングは中居クンが出来る限り番組を盛り上げようした結果なんだろう。しかし、それが裏目に出てしまった。

今回のことは中居クンに責任があるのではなく、彼を起用したTBS側にある。
選手にとって非常に大切な時期なので、TBSに限らず必要以上の過度な取材はマスコミ各社とも謹んで欲しい。

◇加護喫煙で「W」新曲発売中止(スポニチ)
 

元モーニング娘。で人気ユニット「W(ダブルユー)」の加護亜依(18)が喫煙していた問題で、所属事務所は発覚から一夜明けた10日、3月に予定していた新曲の発売中止を決めた。また、イベントへの参加中止も決まった。
所属事務所はこの日、仕事先など関係各所に「謹慎処分」に至った事情説明をするなど、終日対応に追われた。その中で、発売中止に踏み切ったのが、3月8日に予定していたWのニューシングル「どうにもとまらない/ちょい悪デビル」
謹慎処分の期間が決まっていないため、発売時期に活動を再開しているかどうかは分からないが「現段階では発売は困難と考えました」と関係者。3月15日に予定していた新アルバム、同24日のシングルビデオ「どうにもとまらない」の発売中止も決まった。“元祖エロかわ”の山本リンダ(54)のヒットカバーとして、ファンも注目していた話題作だっただけに残念な結果になった。
また、11日に都内で予定していたファンクラブ限定イベントは開催中止が決定。18日に出演予定だった新潟県十日町雪まつり「雪上カーニバル」も、Wとしての出演自体がなくなり、相棒の辻希美(18)が受ける影響は大きい。
テレビでは、11日放送のフジテレビ「脳内エステIQサプリ」が「1月19日収録」というテロップを入れて放送。12日放送のテレビ東京「ハロー!モーニング。」は加護の出演部分をカットして放送する。ネット上では「残念」「裏切られた」という声とともに「反省して必ず復帰してほしい」「Wは解散しないで!」と願う声が多かった。
[スポニチ:2006/02/11 06:01
]

相方の辻希美ちゃんには本当にお気の毒だ。降って沸いた災難としか思えない。グループ(ユニット)の場合、一人が不祥事を起こすと他のメンバーまでとばっちりを受けてしまう。今回はまさにその典型。今後のスケジュールが全くの白紙になってしまった。

このままだとW(ダブルユー)は最悪の場合、解散か自然消滅してしまう。

「W」を存続させるには、やはり加護亜依ちゃんが公の場所に出てきて謝罪の弁を述べる以外に方法はない。それが、今まで応援してくれたファンの為にもなるのだから。。。

◇“ハッピー・ハラダ”に外国も注目(スポニチ)

大ジャンプを連発した原田雅彦は報道陣に囲まれ笑顔
ノルディックスキー・ジャンプのノーマルヒルで大ベテランの原田雅彦(雪印)が10日、出場選手になったことを外国通信社も注目し、伝えた。
AP通信は「ハッピー・ハラダが5度目の五輪に帰ってきた」、ロイター通信は「ハラダが37歳で復活、好調」の見出し。ともにこの日の練習の様子とともに、1994年リレハンメル五輪団体で失敗し、4年後の長野五輪で雪辱したエピソードを紹介した。原田はここ数シーズン、海外での国際大会で満足な成績を残していなかっただけに、この日の練習結果が驚きを誘ったようだ。 (共同) 
[ 2006年02月11日 08:54 速報記事

◇点越え3連発!原田 代表決定(スポニチ)

3回のジャンプ練習を終え笑顔を見せる原田
原田の五輪5大会連続“出場”が確定した。10日に行われたノルディックスキー・ジャンプ個人ノーマルヒル(HS106メートル、K点95メートル)の公式練習で、原田雅彦(37=雪印)が大ジャンプを連発し、11日(日本時間12日未明)に行われる予選メンバーに入った。日本勢は原田の他、岡部孝信(35=雪印)、葛西紀明(33=土屋ホーム)、伊東大貴(20=同)の4人で予選突破と12日の本戦でのメダルを目指す。
まさに爆笑ものの公式練習だった。1本目。本番さながらの真剣な表情でスタートした原田は絶好の向かい風を受け、ぐんぐん距離を伸ばす。K点を越え、100・5メートル地点に豪快に着地すると、いきなり派手なガッツポーズとVサインで喜びを爆発させた。練習でガッツポーズなど、五輪でなくても前代未聞。スタート順2番目の男がいきなり大ジャンプを見せたため即座にゲートが下げられたが、それでも乗りやすい男は続く2本目も102メートル、3本目も101・5メートルでまとめ、見事に4人のメンバーに滑り込んだ。
「バッチリ、すごく気持ちがいい。フルスイングできたし、久しぶりに楽しかった」。あまりのはしゃぎように周囲は爆笑の渦となったが、もちろん本人には喜ぶだけの理由があった。当初、原田は「ノーマルヒル限定」で5大会連続の五輪代表に選出された。ところが、その後の国内大会で絶不調に陥り、状況は急転。首脳陣の信頼を失い、ユリアンティラ・ヘッドコーチからも「W杯で実績を残している選手を優先する。岡部、葛西、伊東の3人はほぼ決まり。あとは練習を見て判断する」と言い渡された。追いつめられた原田は9日の公式練習にすべてを懸けて臨んだが、何と強風のために練習自体が中止。まさに起死回生の大ジャンプに、原田節は止まらない。
「この台は相性がいい。いちにのさん、で飛べる台。ぽんぽん飛べちゃうよ」。究極の目標は、もちろん本戦での金メダル。この程度で喜んでいるわけにはいかない。同ヘッドコーチは「ラージヒルの練習を見て決めたい」とラージヒル(LH)団体戦への起用も示唆した。競技生活最後の五輪。“原田劇場”がいよいよ幕を開けた。
≪岡部は戸惑い≫既にメンバー入りを決めていたエースの岡部は1本目で94・5メートル、2本目で101メートルを飛び、3本目は98メートルでまとめた。ジャンプ台の印象については「風は想像と違った。それほど飛びづらくない。でも、風の状況はわりと変わるので気をつけないと。ゲートが下がっても、皆飛びすぎてしまう」と戸惑いを見せながらも、メダル獲得に向けて手応えを感じている様子だった。 
[ 2006年02月11日付 紙面記事 ]
 

この話題は非常に明るい話。

ここ数年満足な結果が出ていなかった原田雅彦選手だが、昨日の練習で大ジャンプを連発したと言うニュースを知って、かなり期待が持てるようになった。
ホント、この人ほど劇的な選手はいない。良い意味でも悪い意味でも何かやってくれる選手だからね(笑) 

94年リレハンメル五輪の時は、最後に飛ぶ原田選手が普段通りのジャンプを決めれば日本の団体戦金メダル確実といわれながら、まさかの大失敗ジャンプを犯してしまい金メダルを逃すと、世間からまるで犯罪者のようなバッシングを受ける辛酸をなめたかと思えば、
その四年後の98年長野五輪の時は1回目失敗ジャンプのあと2回目に奇跡の大ジャンプを決めて団体戦金メダルに貢献、一転して国民的ヒーローに……これが“三振かホームランか”と言われる所以である。過去4度もオリンピック出場を果たしている大ベテランだが、非常に浮き沈みが激しい競技生活を送っている。記録よりも記憶に残る選手だ。

今回も出場すら危ぶまれた危機的状況を公式練習で起死回生の大ジャンプを決め、土壇場で出場を確定させるとは…ホント、何という選手だろう。ワザと見せ場を作っているのかと思ってしまうよ(笑)

悪天候により9日の現地練習もままならなかったが、今回の奇跡的な復調により、ようやく原田選手に光が見え始めたか。
今日の本番(ノーマルヒル予選)では是非とも劇的な復活を果たして欲しいものです。ガンバレ原田!!

それにしても、余程嬉しかったのか、大ハシャギして周囲の爆笑を誘うあたり、やはり何をするにも絵になる男ですな(笑)
“原田劇場”が今夜また見られるのかと思うと、非常に楽しみ☆

◆トリノ五輪・今日の注目競技

・フリースタイルスキー・モーグル女子《予選・日本時間(11日)23時、決勝・日本時間(12日)3時》

予選における滑走の順番

上村愛子…4番目
伊藤みき…5番目
畑中みゆき…17番目
里谷多英…26番目

・ジャンプ・ノーマルヒル予選《日本時間(12日)2時》

飛越の順番

原田雅彦…2番目
葛西紀明…52番目
伊東大貴…53番目
岡部孝信…59番目

◎続いては、いつものブロクチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(2月10日金曜日)更新分。

画像はビジュアルに定評がある親友“あちみ”さんとの美女2ショット。
最近は美女の“共演”が多いよね…というか、まゆまゆさんのお友達はアイドルやモデルが多いから当然なんだろうけど。

昨夜は2人で食事をしたらしい。相変らず仲良しなのは良い事です☆

しかし、まゆまゆさんが乗っていたタクシー運転手が一般の凄く細い道を「時速80キロ」で走行して、あやうく事故を起こしそうになったとか。
たまに運転が荒いタクシードライバーに当たるとホント災難だよね。

確かに、細い道が入り組んだ一般道だと「時速20キロ」の方が断然、安全運転に違いないよね。
急に横から人や車が飛び出してくるかもしれないから、どう考えても「時速80キロ」だとそれらに対して避けきれないよね。いくらベテランドライバーでも。
昨日は無事で何よりでした。。。

但し、広い国道だと「時速20キロ」走行は逆に危険。
ある程度は周りの車の速度に合わせる(周りの車の流れに乗る)必要があるからね。

それにしても、まゆまゆさんの運転技術は本当に“噂どおり”なんでしょうか???

実際にまゆまゆさんが運転する助手席に座って体験してみる企画なんかは非常に面白そうですね。
…ちょっとしたジェットコースター気分で(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(10日)更新分。

画像はお馴染みトラックバック・オーライ(TBA)でもUPされているのと同じ、UFOキャッチャーの戦利品が盛りだくさん!!!

それにしても【ピンクパンサー】なのにグリーン、オレンジ、ブルーのものもある!!…これじゃ、【ピンクパンサー】じゃなくて“グリーンパンサー”“オレンジパンサー”“ブルーパンサー”だよね(笑)

何でも、お友達とかなり白熱したそうで、【ピンクパンサー】がまとめて4体とれたらしい。結果、17体の【ピンクパンサー】をゲット!!!
それにしても、こんなに沢山ある【ピンクパンサー】はこの後どうするんだろう…(苦笑) 

他にも写っているのはスマイリーの極悪バージョン?のグッズでしょうか…とにかく大漁ですね!!大漁~♪♪

但し、『TBA』によれば、最終的に財布が寂しくなってしまったらしいですね(苦笑)
フットサルに限らず、UFOキャッチャーやゲームでも熱くなってしまうタイプなんでしょう。
どんどん燃え(萌え)ちゃって下さいな...萌え~~っ(笑)

今日の試合でも熱く燃える(萌える)様なプレーを披露して下さいね~☆☆

・・・・その今日午前9時から開催されたフィンタカップですが、おれんじさんの『南葛YJシューターズを応援っ!!』によれば、

今日《SALU相模原》で開催されるフィンタカップ(プリティウーマン大会)の正式名称は、

【FINTA協賛:プリティウーマン大会】

だそうです。

とにかく我が【南葛YJシューターズ】の健闘を祈っております!!! 

もちろん!急遽出場が決定したアヤにャンさんの活躍にも期待しておりますよ!!!!

二ヶ月間みっちりと練習した成果が発揮されることを期待しております☆★☆

既に今日の大会は終わっているでしょうが、吉報を心待ちにしております。。。。

・追記…先ほど、おれんじさんの『南葛YJシューターズを応援っ!!』に今日の試合結果などのレポートがUPされました。アヤにャンさんもボランチとしてチームに貢献したそうなので、今日の試合は必ずや次の大会に繋がると確信しております!!!

|

« “たかが”では済まされない問題 | トップページ | 気分を取り直して、今回から新たに。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

またまた、どうもです。

盛り上げなければならないと言う義務感からくるものでしょう(と表面上は繕っておく)。テレビ朝日は松岡修造さんを起用していますね。あの『熱い男』がトリノにいるから、雪が少ないのでは?と勘ぐってしまいます(笑)私の場合は、許す限り『皆様のNHK』で見るつもりです。落ち着いてみるなら、やはり、ここですからね。それに解説が細かいし…。

ところで、喫煙は事実なんですね。別に、それほどの興味・関心はありませんが、一応、名の売れた人の話なので。上手く出来なかったのですね、と言うのが本音ですが、まあ、テレビやラジオに出る以上は、許されませんからね。でも、それも二十歳になったら許されるのでしょうか(過去の話として扱うと言う事)。問題は、そこまで力が維持できるかどうか、ですが…。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年2月11日 (土) 22時48分

Y.M.Cさん、いつもコメントどうもで~す!!!

テレビ朝日は松岡修造さんですか。またうるさい…いや、熱い男が今回も出てますよね(笑)
オリンピックには欠かせないキャラクターになりましたよね。但し、選手達には迷惑かもしれませんが(爆)
ちなみに、フジテレビはダウンタウンの浜ちゃんですよね。どうなんでしょう…ジャンクスポーツ絡みなんでしょうが、正直ビミョウです(笑)

おっしゃるとおり、やっぱりNHKが一番落ち着きますよね。安心してみていられます(笑)

それから、今回の喫煙事件については、、、仕事のキャンセルにより約1億円以上の損害らしいです。これは事務所にとって大きな損害です。
確かに、今後の事を考えると…仰るとおり「そこまで力が維持できるかどうか」という問題は懸念されますよね。このままだと解散の色がよく濃くなってしまいます。

思えば、その時周りにいた大人(事務所関係者)も彼女にちゃんと注意できなかったのもそもそもの原因があるわけですから、事務所側としては教育方針を根本的に変えていかないと、このような問題は次々と明るみになるやもしれません。

よって、今回の喫煙事件は大人にも責任があると思います。

投稿: とうきび | 2006年2月12日 (日) 22時02分

どうもです。

私も含めてですが、若者にモノを言える大人がいなくなりましたからね。ドラえもんの世界ではありませんが、『カミナリおやじ』は今でも必要と言うことでしょう。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年2月12日 (日) 22時54分

Y.M.Cさん、いつもコメントどうもです!!!

確かにそうですね。
昔は煙たがられる存在の『雷オヤジ』も、今や懐かしく感じるぐらい居なくなりましたからねぇ…他人に叱られる経験をするとしないとでは、今後の子供の人間形成で非常に影響を及ぼすと思います。社会全体で考えなければならない問題かもしれません。
私も子供時代に、いきなり知らない人に「コラッ!」と怒られた経験があるなぁ…。

投稿: とうきび | 2006年2月14日 (火) 00時03分

まあこれだけ日本が勝てないと、小泉首相あたりが行くかしない限り盛り上がらないでしょうね。
結局、何人もタレントが行くより1個のメダル、これが盛り上がる条件ですね。

プロの世界はもっとシビアみたいで、負けが込んでくると「観客動員」に響きます。
今や人気絶頂の阪神タイガースも、数年前は「身売り」説が飛び交ってましたからね。その頃はキダ=タローさんの「アマチュアや言うてるやろ!」と言うツッコミが当てはまるくらい弱かったです。「野球は勝ち負けや無い」といくら言っても「負け犬の遠吠え!悔しかったら勝ってみろ!」と言われたらニの句が出なかったです。
広岡達郎氏やサッカーのジーコ監督も「『プロ』の第一条件は『負けて悔しがる事』」と言ってます。
ジーコ監督は、負けたら露骨に悔しがってロッカーを叩き壊し、夜のコンビニ通いも厳禁(スナック菓子で無駄な脂肪がつくのを嫌ったからだそうです)し、遂には当時の監督から指揮権すらも強奪して、今のアントラーズを作ったように、勝つためには恐ろしいまでの節制(清原選手がいちいち卵の黄身や鳥の皮を剥ぎ取って脂を完全に抜いてからしか食べないような)が必要かと思います。これなしではメダルは取れ無いです。

投稿: たぬっち | 2006年2月16日 (木) 21時27分

たぬっちさん、いつもコメント有り難う御座います!!!


あと一歩のところでメダルを逃す場面が今回は非常に多いですね。

オリンピック選手の大半が実業団所属の“セミプロ”です。しかし不景気の為に運動部が廃部になったり、選手強化費が削減されたりと、練習環境が劣化してきたのも、今回日本勢が苦戦し続けている理由の一つかもしれません。

後は、たぬっちさんが仰っている勝利に対する執念、貪欲さ、負けん気が必要なのかもしれませんね。オリンピックに選ばれただけで満足して終わってしまったような選手が多いのかもしれません。ハングリーさがやや足りないような気がしますね。

まぁ、いくら頑張っても、どうにもならないことがありますから一概には言えないのでしょうけど…とにかく、現在の膠着状態をどんな競技でもいいから打開してほしいです。

投稿: とうきび | 2006年2月17日 (金) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8609848

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ今夜から…!!:

» やっぱ今日はモーグルでオール。里谷多英がんばれ~ [BYPASS]
なんかこういうのをみると、正義ヅラして「ガタガタいうなよ」という [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 01時24分

« “たかが”では済まされない問題 | トップページ | 気分を取り直して、今回から新たに。。。 »