« ユカいな平田サン その56 | トップページ | 今日はやや遅れて更新です。。。 »

2006年1月20日 (金)

男子禁制の『グラビアサミット』とは…?

◎今回はいつものように芸能ネタから。

◇ベストジャージスト若槻千夏「ジャージーは人生」(夕刊フジ)

最も「ジャージー」が似合う著名人に贈られる「第1回ベスト・ジャージスト」の表彰式が18日、都内で開かれ、グランプリの男性部門に俳優、成宮寛貴(23)、同女性部門にタレント、若槻千夏(21)が選ばれた。
紫色のジャージーの上にダウンベストを重ね着するオシャレで、グランプリらしさを見せつけた成宮は「普段から私服として着ているので受賞できて幸せ」と喜び、Vサインを連発。若槻は「私にとってジャージーとは“人生”です」とおどけてみせた。
有名人を表彰するファッション賞としてベストジーニスト賞などあるが、ジャージストは定着するか…。

[夕刊フジ:2006/01/19 17:23] 

2001年にグラビアデビューした“ちぃちゃん”こと若槻千夏ちゃんは、今や“ぶっちゃけトーク”と毒舌を売りにする代表的な女性タレントの一人となった。
そればかりでなく、相手の話の呼吸を掴むセンスと頭の回転の早さは大きな武器。フジテレビの競馬番組スーパー競馬でも司会を務めるなど、多方面で活躍している。
但し、クイズ番組では“お馬鹿キャラ”の代表選手としても有名で、イジラれると炸裂する。

また、月1ペースで『グラビアサミット』と称して、熊田曜子ちゃん、安田美沙子ちゃん、ほしのあきちゃん、安めぐみちゃん、山本梓ちゃん、MEGUMIちゃんらとグラドル出身タレントの集まりに参加しているらしい。
この事は、度々バラエティでも話題になる。大体、そのリーダー(幹事?)は最年長のほしのあきちゃん(笑)
主に、様々なお笑い芸人や司会者の特徴と、それに対しての対策など、カラオケボックスなどでワイワイと講じるらしい。ちなみに、男子禁制だそうだ。その『グラビアサミット』に参加希望をするグラビアアイドルが他にも沢山いるとかいないとか。。。

漫画喫茶通いが趣味。暇な時は、一日中いるそうだ。

こう見えても?料理が得意。昔から家族のために料理を作っていたそうだ。
あと、テレビ局にあるロケ弁を家族のためにたくさん持ち帰ることもしばしば…ま、関係者から見たらただの物乞いにしか見えなくもないが(笑)
どうやら家族を誰よりも大切にする性格のようだ。

ちなみに、彼女はヨン様ファン。母親と冬ソナツアーに参加したことがあるらしい。

それにしても『ジャージーは人生』って、正直、意味不明(笑) ジャージーの人生って何…?

今回初めて行なわれた《ベスト・ジャージスト》の選考方法もよく分からない。
何だか、どうでもいい感じのする賞だ。

◇“最終兵器タイゾー”映画に満悦…女子高生相手に(夕刊フジ)

最近、ちょっと鳴りをひそめていた杉村太蔵衆院議員(26)が19日、都内で行われたアニメ映画「最終兵器彼女」(須賀大観監督、28日公開)の女子高生限定試写会に出席。トークディスカッションで久々に“タイゾー節”を披露した。
約30人の女子高生を前にタイゾー議員は「永田町の高齢化社会と違ってパワーをもらった」と大張り切り。お目付役がいない気安さからか、「気分は“最終兵器タイゾー”!」と大満足。
[夕刊フジ:2006/01/20 17:23]

人気漫画の実写版映画最終兵器彼女の試写会に、お騒がせ議員・杉村タイゾー君が出席。
冒頭の「最近、ちょっと鳴りをひそめていた」という表現が笑える。

今まで目上の自民党幹部に押さえつけられて、馬鹿の言葉一つも言えなかったのだろう。

しかし今回はたがが外れて楽になったのか、はたまた女子高生に囲まれて上機嫌になったのか、
最後の発言の

「気分は“最終兵器タイゾー”!」

って、相変らずしょーもないことをいうよね(苦笑) 

こんな事でしか目立たない“小泉チルドレン”って一体。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月20日木曜日)更新分。

画像は、物思いに耽るような雰囲気を演出した姿。こういう姿もイイ感じですねぇ~☆☆

まゆまゆさん本人が知らないうちに芸名が『長尾麻由』から『麻由』へと改名させられたらしい。

そういえば、妹さんの麻未さんも『長尾麻未』から『麻未』になっているよね。

今後、姉妹で活動する時は『長尾姉妹』ではなく『麻由・麻未』で活動するのでしょう。

芸名と言うのは、そのタレントの屋号(看板)になる部分で、とても重要な“顔”の一つです。

まぁ、本質的には前と何も変わらないわけだから、いつも通り、まゆまゆさんらしく行きましょう…!!!

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(19日)、今日(20日)×2回更新分。

今回メインとなるのは彼女が飼っているジャンガリアンハムスターの話題。

画像は彼女のオシャレな姿を披露したり、“我が子”の可愛らしい姿を激写。めんこい☆
どうやら、このハムスターの“丸ちゃん”はなかなか言う事を聞かない反抗期のようだ。
一方の“チョコ”ちゃんはかなり懐いているようだが…。

ジャンガリアンは扱いが難しいハムスターで有名。本来は扱いやすいのだが、扱い方を間違えると逆に手を焼く場合が多い。

カメラに向って怒るのは写されるのが嫌がっているということ。無理にこちらから要求すると、余計反抗的になるでしょう。

以前も言ったとおり、これは心が打ち解けて信頼してもらうように辛抱強く気長に接する以外に方法はありませんね。特に、必要以上にあれこれと要求はせずにそっとしておくのもイイかも。
どうしても懐かない場合は、購入先のペットショップに相談してみるのもいいでしょう。

とにかく、頑張って下さいな…☆

但し、餌のやりすぎに注意ですよ(笑)

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(19日)更新分。

【ファミマ(ファミリーマート)】で売っている【激辛ハバネロ豚まん】が写っております。

何でも、辛いのが大好きなんだとか。以前からブログに甘いものも頻繁に登場するが、辛いものも大好きなようだ。
彼女もなかなかの“食いしん坊”のようだね(笑)

【ハバネロ】は世界で一番辛い唐辛子と言われているぐらい激辛唐辛子として有名。
話題性もあってか、最近は【ハバネロ】を取り入れる食品がかなり増えてきた。

現在、北海道と青森県にはファミリーマートはない。しかし以前に道内では何店舗か存在した。但し、それは看板だけ借りて実質は別会社だったのだろうけど。
結局、北海道では約50%を占める地元発祥のコンビニ【セイコーマート】や、業界最大手のセブン・イレブンなどに押されて消滅してしまったようだ。
だから、今回正式に発表された「今夏、札幌に北海道“初出店”」というのは事実なんだろう。
今年の夏から札幌及び札幌近郊を中心に、道内50店舗をメドに本格参入を目指すとか。『株式会社北海道ファミリーマート』としてエリアフランチャイズ制を敷く。
そして、今年中に青森と北海道に出店することにより、【ローソン】に続き47都道府県全てに進出を達成する予定だ。

1999年の資料によれば、全国のコンビニ店舗数が39628店。
その内、1位・東京都5074店、2位・神奈川県2749店、3位・大阪府2609店、4位・北海道2344店、5位・愛知県2306店、6位・埼玉県2053店、7位・福岡県1768店、8位・千葉県1766店、9位・兵庫県1095店、10位・茨城県1089店...

一方、日本全国の人口は2003年の時点で約1億2668万8千人。
その内、1位・東京都1199万6千人、2位・大阪府864万4千人、3位・神奈川県854万7千人、4位・愛知県699万8千人、5位・埼玉県695万4千人、6位・千葉県597万8千人、7位・北海道566万3千人、8位・兵庫県556万1千人、9位・福岡県500万2千人、10位・静岡県377万人...

これにより、人口数(人口比率)に対して、北海道のコンビニ店舗数が多い事が分かる。

北海道でチェーン展開するコンビ二は、【セイコーマート】セブン・イレブン】【ローソン】【サンクス(サークルKサンクス)】の4大勢力に加え、道内約100店舗がある【スパー】(ホットスパー)の他に、函館観光の名所としても有名な【ハセガワストア】(函館市周辺に14店舗)、釧路市内に4店舗展開する【タイエー】(ハセガワストアから“のれん分け”)などの地場コンビニぐらいか。
特に、札幌市内のコンビニは約1200店舗あり、半径1キロメートル四方に占めるコンビニの割合は東京や大阪並みの飽和状態。それこそ、石を投げればコンビニに当たるぐらい(笑) 
そのため、コンビニチェーン同士で客の奪い合いを演じて競争激化し、出店や閉店を繰り返している。
この内、約40%~35%が【セイコーマート】それだけ、他のチェーン店が参入するのがとても難しいコンビニ激戦区なのだ。

今後は4大勢力に対して、ファミリーマートはどのような戦略を打ってくるのかとても楽しみ☆
ただ、今後北海道で【ファミリーマート】をフランチャイズ運営する会社は【セイコーマート】の親会社でもある『丸ヨ西尾』。経営母体が一緒なのだ。全国的にも古くから【セイコーマート】と【ファミリーマート】のつながりは深い
ということは、お互いの店舗が被らないように(利益を損なわないように)店舗展開をするのだろう。
将来的にはサークルKサンクスのように合併する事も考えられる。

ちなみに、北海道に約850店舗があるオレンジの看板が目印の【セイコーマート】は現在、関東(埼玉県・茨城県に約130店舗)や中京(三重県)にも店舗展開している。以前、兵庫県、滋賀県、京都府、鳥取県にも店舗展開していたが、いつのまにか撤退(ファミリーマートへ譲渡)してしまったようだ。
また、この【セイコーマート】は業界で初めてポイントカード(クラブカード)を導入したコンビニチェーンでも有名。
ライバルに対抗するように、セブン・イレブン】が北海道限定でポイントカードを導入している。
最近【ローソン】もポイントカード兼クレジットカード(ローソンパス)を全国的に導入したが、それは【セイコーマート】の手法を習ったもの。

・・・・昨日もコンビニネタを書いたが、とても楽しいので今後も色々と書いていこうと思う。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月16日付け記事(昨日更新分)。

以前も書いたとおり、この日はTEAMdreamとの練習試合が行なわれたが、誠に残念な結果となってしまった。

正直、最近は練習不足、実戦不足だったのは否めません。それに対し、相手は正月明けから練習をしていたようですし。。。

ただ、南葛YJシューターズはこれからどんどん上手くなるチームです。
幸い、YJシューターズは結束の固いチームなので、皆で力を合わせて与えられた課題を一つずつクリアしていけば宜しいと思います☆

今回の試合も今後の糧として、一層の飛躍に期待しております☆☆☆

ビバ!! 南葛YJシューターズ!!!

頑張れ!!あっちんさん!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(20日)更新分。

画像は、ヤンジャンチームが誇るアヤにャンさんと横山可奈子ちゃんの美女2人が写っております!!! 可愛い~~っ!!!!
美女の微笑みを浮かべていらっしゃいます!!! 気のせいか、周囲がキラキラと輝いて見えますね☆☆☆

確かに皆が仰る通り、アヤにャンさんは最近とみに美しくなりましたよね~!!!
ホント、恐るべき進化です!!!! 
それは、Tマネ様が仰るとおり内面から変わってきたものなんでしょう。
ま、『自由人・自分ワールド』のアヤにャンさんと付き合うためには、広い心で包み込むような人が良いのでしょうけど(笑)

とにかく、アヤにャンさんの中に何らかの“意識改革”が生じたようで、それは最近になってオシャレに一層と気を使うようになったことが原因の一つらしい。

画像にはお手製の可愛らしいバラのコサージュ(造花のアクセサリー)をつけておりますね。この辺は、芸術家肌のアヤにャンさんの本領発揮ですな☆★

コサージュ(造花)の製作、バックル(ベルトの接合部分)及び白いベルトの購入…自分で作れるものは出来るだけ作る意欲的な姿勢も垣間見えます。
それに自分で製作したほうが満足出来るものを身に付けられるからでしょうね。

アヤにャンさんが熱望している流行のターコイズ(トルコ石)のバックルは大体ネットショッピングで3500円6000円高価なものだと数万円するのもある。
・・・地道にこつこつとお金を貯めましょう(笑)

オシャレ改革をして生まれ変わったアヤにャンさんは今後は益々美しくなるでしょう。。。

|

« ユカいな平田サン その56 | トップページ | 今日はやや遅れて更新です。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

まあタイゾー議員の功績と言えば、「どんなチャランポランな人間でも権力者にうまくゴマがすれさえすれば議員になれる。」と言う事と、「議員がいかに儲かるか?」を世間に示した位ですね。

まあ、こんな人間を国会に送り込んだ我々国民もナチソネこと中曽根康弘氏の「この程度の国民にこの程度の政治」と言う言葉を思い出して次の選挙ではきちんとした人物を選ぶべきでしょう。

タイゾー議員よ、言われたくなかったら今から北朝鮮に行き、姉○や某F社の社長、ホリ○モンと引き替えに全拉致被害者を生きて連れ帰る位の根性を見せて欲しいですね。

投稿: | 2006年1月20日 (金) 21時56分

どうもコメント有り難う御座います!!!

タイゾー議員の唯一の役割としては、確かに仰るとおりだと思います。
“小泉チルドレン”の馬鹿さ加減を披露するぐらいしか役割はないと思います。彼らは元々政治のの“せ”の字も知らないわけですから。気付いたら政治家になっちゃったみたいな…ホント、バカバカしくなりますよね。こんな連中が簡単に当選すると、一部のマジメに議員活動をしている方々が浮かばれないですよ。

「民度に見合った政治家しか選べない」というのは、悲しい現実ですよ。“小泉チルドレン”が選ばれてしまったのは、それだけ以前よりも国民レベルが落ちてしまったということになってしまいますから。。

タイゾー議員を北朝鮮に送り込んで情勢打開をはかるのは良いアイデアだと思います☆
国民はそういうのを期待して“タイゾー”君を選んだわけですから…といっても、彼の場合は比例代表で当選しましたけどね(笑)

ではでは。

投稿: とうきび | 2006年1月21日 (土) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8249406

この記事へのトラックバック一覧です: 男子禁制の『グラビアサミット』とは…?:

« ユカいな平田サン その56 | トップページ | 今日はやや遅れて更新です。。。 »