« 見ていて不思議な感じがした『西遊記』 | トップページ | 私も“ブログ中毒”一歩手前。。。 »

2006年1月12日 (木)

ユカいな平田サン その54

◎前回更新されてから、少しコメントを書くのが遅れてしまったので、昨日になって更に二度目の記事が更新されておりました。
改めて、今回は2回分の記事に対するコメントを書かせて頂きます☆

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・06年1月9日(月)付け記事(10日更新分)、11日(水)更新記事。

・1月9日付け記事……平田裕香嬢の日記は、約6年前に事務所HP上で日記を立ち上げてからブログ変更を経て、今日まで至るわけですが、今回はその経緯を改めて振り返っております。
事務所HP内の平田裕香オフィシャルウェブサイトにある過去の日記をチェックしてみると、2000年8月11日に裕香嬢の日記がスタートしておりました。

その全文が以下の通り、、、

Date:2000.8.11
「皆さん今日は。第一号の日記です。これをこつこつ書いていきます。
つたない文章ですが、一生懸命書いております。
今日はフードファイトの撮影で、浴衣を着たんです。橙色でとても可愛いのです。
浴衣とか和服って、背中がしゃんとして気分が良いですよね。なんか和服を着こなせる人って、格好良く見えます。
今年最後の浴衣だったので、少し名残惜しいです。
いつか絶対、着物の似合うおばあさんになってやる!!」

非常に初々しい感じがしますね。
当時裕香嬢は16歳。ちょうど、草なぎ剛クン主演のドラマ『フードファイト』に出演中でしたが、
深田恭子ちゃん演じる田村麻奈美と共にボランティアで孤児院・つくし園で子供の世話をしている浅倉かすみ役を演じました。
…日頃から素晴らしい人柄が評判の裕香嬢は、ああいった世話好きの優しいお姉さん役はハマリ役です!! 

今後はドラマや映画で、看護婦さん、保母さん、介護福祉士などの役で出演して欲しいと思う次第です☆

当初、日記にUPされる過程は、

「日記帳に落書きと共に文字を書き(手書き)、一週間に一度事務所に提出」⇒「マネージャーさんがチェックし、その文章をファックスでHP管理人に送る」⇒「HP管理人がその文章を打ち込み、WEB公開(更新)する」

という流れだったらしい。
当時から拝見させて頂いておりますが、非常に手間が掛かる作業だったのですね。そんな事は知る良しもありませんでした(笑)

やがて、

「日記帳に落書きと共に文字を書き(手書き)」⇒「マネージャーさんが直接私の日記を文章に起こし更新(WEB公開)」

と簡略化され

更には、昨年(2005年)の3月1日にブログ化されてからは

「携帯電話で日記を打ち、メールで送信」⇒「それを事務所の方が目を通した後、文字を打ち込む手間がかからぬよう更新(メールの内容をそのままブログに転送)」

という極めて効率的な過程でブログが更新されるようになったらしい。

そして、ブログ化の後には『題名(タイトル)』というものを毎回設定しなければならなくなった訳だが、その時から裕香嬢自身で『縛り(ルール・取り決め)』を勝手に設定したそうな。
・・・それは「題名(タイトル)は平仮名や片仮名、アルファベット、数字を一切禁止し、《漢字》のみで決める(表記する)」というもの。

しかし、今年からその『縛り』

『~の~』

という形式に変更したそうな。
何でも、裕香嬢が大好きな宮崎駿アニメ作品のタイトルに由来しているとか。
…あ~、そう言われてみればそうだね。宮崎駿作品のタイトルは1979年の『ルパン三世カリオストロの城』(脚本・宮崎氏)及び1984年『風の谷のナウシカ』(原作、脚本・宮崎氏)から2004年『ハウルの動く城』(脚本・宮崎氏)まで全9作品には『~の~』という法則性(共通点)がありますね。

今後も裕香嬢のブログを楽しみに拝読させて頂きます☆彡

ちなみに、今回のタイトルは『本日成人の日』。そして、今回の記事の締めは「新セーヂン×成人の皆さんおめでとうございます◎」というもの。
その名の通り、この日(1月9日)は全国で成人式が華やかに行なわれたそうだが…毎年のように、式典中に周りに迷惑を掛ける“騒動”をやらかす連中が一部で現れますよね。案の定、今年も各地で“出現”したそうな。
…本当にどうしようもないねぇ~、、全く。ただ、他多数の成人を迎えた良識のある方々には、率直に「おめでとう御座います」ですね…☆

・昨日(1月11日)更新記事……数日前から携帯の充電器が使えなくなってしまったらしい。
それで、昨日初めて新宿にある『激安の殿堂《ドン・キーホーテ》』へ足を踏み入れたらしいが、
裕香嬢曰く

「入り口まで来た時は少し躊躇さえ感じました。」

とか。
…なるほど、だから題名(タイトル)が『はじめてのおつかい』だったのか(笑) 
まぁ、店内は入り口から非常にゴチャゴチャしていて、人によっては少し戸惑うかもしれませんね。
いわゆる【圧縮陳列】という、天井から床まで所狭しに並べる商法ですからね。そしてそれは、何処に何があるかハッキリとは分からないので、面白いものを探してみようという“冒険心”が逆に湧いてくる(駆り立てる)のがウリなわけです。
確かに、土日・祝日の店内は大変込み合いますからね。現に、「人の出入りも激しく」と仰っておりますね。
昨日裕香嬢は店の入り口付近から漂う雑踏とした雰囲気に“圧縮”ならぬ“圧倒”されたのでしょうな。私もそうだけど、人込みが嫌いな人ならそう感じてしまうのは無理もないですよ。それに、人の流れに逆らわないと前に進めない状況なら尚更です。
しかし、この日に携帯に充電しないと大変な事になるので、決心が付き入店する。

幸い『ドン・キホーテ』各店とも入り口付近に携帯電話・モバイルツールコーナーが設置してあるので、入店後2,3メートル歩いて直ぐに見つかったようですな。
人の流れに巻き込まれつつも、レジ近くに目的の充電器(AC充電器)を発見し、めでたしめでたし…といったところでしょうな。

『ドン・キホーテ』は、私も度々利用しております。目的は主に日用品ですね。
それから、私のよく行くドンキの「札幌店」(札幌市中央区)北海道土産も売っていて、種類が割りとそろっている上に比較的安く手に入るので、特に修学旅行生が御用達の店でもあります。
これらについては以前に何度か書きましたよね。
そこには、【とうきびチョコ】(ホリ)夕張メロンドロップス富良野ラベンダードロップス】(共にサクマ製菓)、【ご当地キティ】、【ご当地ドラえもん】、【ご当地ラスカル】など有名な北海道限定土産から、【トドカレー】【熊カレー】というキワモノ土産まで売っているんですよ(笑)

他にも「平岡店」(札幌市清田区平岡)に行った際は、卵やチーズなど食料品が安いのでよく買っております。

品揃えもそうだけど、夜遅くまでやっているのが非常に有り難い。今回裕香嬢が行った「新宿店」は24時間営業ですからね。
但し、近隣住民にとっては迷惑かもしれませんが…。

・・・・今回は、結構勇気が必要なお買い物だったかもしれませんが、今回の貴重な経験により次回からは少しは行きやすくなったのでは…?
決してドンキの回し者ではありませんが(笑)気が向いたら再び行ってみて下さいな☆☆

※遅れ馳せながら今回もトラックバックします。引き続き、舞台稽古頑張って下さいね☆

|

« 見ていて不思議な感じがした『西遊記』 | トップページ | 私も“ブログ中毒”一歩手前。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8126417

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その54:

« 見ていて不思議な感じがした『西遊記』 | トップページ | 私も“ブログ中毒”一歩手前。。。 »