« 勘違い発言も時にギャグとなる。 | トップページ | 方言を駆使したほのぼの漫才に注目! »

2006年1月 8日 (日)

ユカいな平田サン その53

◎昨日平田裕香嬢のブログが更新されたので、早速コメントを書かせて頂きますよ☆

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・昨日(1月7日土曜日)更新分。

1月7日の【七草粥】だった昨日、裕香嬢も世間一般の慣習にならい【七草粥】を作って食べたそうな。
裕香嬢にとっては去年も行なったという恒例行事のようだ。

裕香嬢も列挙している【春の七草】とは…

・芹(せり)……芹 セリ科
・薺(なずな)… 薺(ぺんぺん草) アブラナ科
・御形(ごぎょう)…母子草(ははこぐさ) キク科
・繁縷(はこべら)…繁縷(はこべ) ナデシコ科
・仏の座(ほとけのざ)…小鬼田平子(こおにたびらこ) キク科
・菘(すずな)…蕪(かぶ) アブラナ科
・蘿蔔(すずしろ)…大根(だいこん) アブラナ科

おそらくスーパーで売っている“七草粥セット”で作ったのでしょう。ウチもそう。アレはとても便利な代物ですな☆
ウチは一日遅れて、今朝【七草粥】を頂きました。予め七草はさっと湯がいてあく抜きした後に細かく刻み、軽く塩味を効かせたお粥に入れて煮込む。
更にウチでは、【七草】の他に、【胡麻】【シラス干し】を加えて頂きましたよ!!…これがまた美味しかったのよねぇ~!!!
たまにはお粥もいいねぇ~と思いましたよ(^o^)

1月7日に7種の野菜(春の七草)で作った【七草粥】を食べるのは、おせち料理など豪華な料理を食べ過ぎて疲れてしまった胃を休ませたり、冬場に不足がちな栄養素を補う効能がある。
呪術的にも(邪気を払い万病を除く占いとして)【七草粥】を食べて無病息災を願う行事でもある。
不規則で栄養の偏りがちな現代の食生活にあって、極めて理にかなっている行事といえるでしょうね☆

裕香嬢も【七草粥】を食べた去年と今年は体調がとても宜しいようですね☆★
今の時期に風邪を引かないのは、先日購入した空気清浄機と今回の【七草粥】により、ダブルの効果を発揮しているということなんてしょうな(^_^)

ウチでは、毎年ではないものの、昔からこの慣習を行なってきましたよ。
とても素晴らしい慣習だと思いますので、後世に残していって欲しいですな…☆

さて、裕香嬢のご実家のある北海道にいた時は、【七草粥】どころか、オクラや里芋の存在を知らなかったらしい。
その原因とは、単に母上が嫌いなので料理の食材として利用しなかっただけだとか。

でも、北海道では里芋を食べる家庭は本州と比べて多くは無い。
というのは…何てったって、北海道の野菜といえばジャガイモを連想させるぐらい、全国でダントツNo.1を誇るジャガイモの一大産地だからです!!!!
北海道で『芋の煮っ転がし』といえば里芋よりもジャガイモが主流で、煮物系の料理にはジャガイモが必ずと言って良いほど入っているのですよ!!!

しかも、昨夜放送されたTBS『ランク王国』の中で、全国お土産ランキングで1位に輝いたのが、現在生産が追いつかないほどの大人気商品「カルビー『じゃがポックル』(北海道限定発売)」だったほど。
…それだけ、北海道ブランドの一つとしてジャガイモは確固たる地位を築いている訳です☆☆☆

ちなみに、同ランキングで7位だったのが【北菓楼】の『シュークリーム“北の夢ドーム”&“北の夢不思議”』。【北菓楼(きたかろう)】は北海道砂川市(空知地方)に本店がある銘菓の店。他にも、バウムクーヘン“妖精の森”』『はまなすの恋』『北海道開拓おかきが有名。
砂川市国道12号線沿いにお菓子屋さんが立ち並ぶ【砂川スイートロード】など、お菓子のマチとして最近注目されている。この【北菓楼】の他にも、夕張メロンピュアゼリーとうきびチョコお餅のショコラなど銘菓を生み出している【(株)ホリ】も(【北菓楼】の隣に)本店を構えるほど、【砂川スイートロード】は隠れた人気観光スポットとなっている...どうやら、この二つの会社の社長さんは親類同士(同じ『堀グループ』の会社)らしい…。

現在の北海道は、全国的にも名店との評判が高いお菓子屋(お菓子メーカー)さんが群雄割拠している地域。銘菓が次々生み出される下地はここにある。
古くから栄えている松前や函館など道南地域を除いて、たいていの地域が明治時代に開拓で入植されてから約150年と歴史が浅い土地柄なので、道産子は新しいものには抵抗感なく直ぐに飛びつく、、、がその反面、飽きるのも早い…「新物好き(あたらしものずき)」で「熱しやすく冷めやすい」北海道人の気質。
そうなると、各お菓子メーカーが少しでもお客さんの目を引こうと躍起になり、新製品の開発にしのぎを削るので、競争がとても激しくなる。
結果的にその相乗効果として全体的に北海道のお菓子のレベルが上がり、全国でもNo.1を獲得できる人気商品が次々と生まれるというわけ。

良いものを生み出す為には、ライバル同士がしのぎを削り合い、全体的にレベルアップしてこそなのである。

・・・・話がそれましたが、ウチの母も裕香嬢の母上と同じく里芋が好きではないので、ウチでは年に数回しか里芋が食卓に上がらない。しかも、子供の時は殆ど食べた事がなかった(苦笑)
何よりも、皮をむく下準備の段階で、ヌルヌルして手がかゆくなるので母はとても嫌がる。そして、食べた食感も好きではないらしい(^_^;
そんなものだから、私は里芋を食べる習慣があまり無い。最近、里芋を食べたのはお弁当(オードブル)に入っている煮物だったくらい(笑)
しかし、私はジャガイモは勿論の事、里芋が大好きなんですよ。ジャガイモとはまた違ったズルズルッとした食感や味がたまらなく好きなんです。
だから、里芋を食べたがった裕香嬢の気持ちは十分に分かりますよ。

これからは、お互い「里芋は自分で作って自分で食べるもの」だと観念致しましょう。。。。

※今回もトラックバックします。舞台稽古頑張って下さいな☆

|

« 勘違い発言も時にギャグとなる。 | トップページ | 方言を駆使したほのぼの漫才に注目! »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

今日は。

七草粥は朝に食べるものでしたね。私の場合は、夕飯で食べましたが(苦笑)

文中のバームクーヘンは、バウムクーヘンでは?ドイツ語に詳しい訳ではありませんが、確か、その様に聞いたので…(ハッキリ言って、重箱の隅をつつくような話です)。意味は、「木のお菓子」ですね。

それから、全く関係のない質問。ブログ名の「空き地」を見ると、「空知」を思い出します。何か関係はあるのでしょうか。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年1月 8日 (日) 18時20分

確かに、北海道で「里芋」や「七草粥」を食べるって話は余り聞かないですね。
ちなみにウチでも朝食べましたよ。ウチはモチ入りです。

「とうきびチョコ」私も食べたことがありますが、「北海道土産」と言えば大体コレですね。結構まいうぅです。

「バウムクーヘン」ねえ、あれは紅茶を飲むときに食べたら美味しいです。ちなみに、生クリームを使ったケーキだと、クリームの濃厚な風味に負けて紅茶の味わいがあまりしないそうです。

「オクラ」と言えば、確か私が初めて佐藤寛子さんのイベントに行ったときに「焼きオクラ」の話が出ていました。私は食べた事が無いですが、もしかしたら裕香さんは食べたことがあるかも知れませんね。
まあ、2人ともこの正月はかなりお飲みになられたであろう事は想像できますので、七草粥などのさっぱりしたもので胃腸を休めるのはとても良い事かと思います。

投稿: たぬっち | 2006年1月 8日 (日) 21時06分

>Y.M.Cさん

毎度コメントどうもです~♪♪

只今修正しました。確かに「バウムクーヘン」ですよね。単純ミスです。
ご指摘有り難う御座います!!

ドイツ語で「木のお菓子」という意味なのは、縞模様が木の年輪に似ているからなのでしょうね。
現に、北海道の有名なお菓子に、柳月(帯広市)の『三方六』という薪(まき)や丸太をイメージしたバウムクーヘンのお菓子があります。

そういえば「空き地」と「空知」は似ていますね(笑)
この2つは特に関係ありません(笑)
近所の空き地のように、ジャンルにこだわらず色々な事(ネタ)が遊べる“広場(スペース)”をブログ上でも作ってみようということで名づけました。
現に好き勝手に書いているのがその証拠です(爆)

ちなみに空知地方(空知支庁)は、平田裕香ちゃんの実家がある夕張郡だけでなく、ウチの母の生まれ故郷の深川市や、ウチの父の生まれ故郷で日本で一番寒い地域の(-41.2℃)幌加内町がある地域でもあります。その面積にして6600k㎡…これは栃木県及び群馬県の面積6500k㎡をわずかにしのぐ広さです《東京都…2100k㎡、茨城県…6100k㎡、千葉県…5000K㎡、神奈川県…2400k㎡、埼玉県…3800k㎡、石狩支庁(札幌市がある地域)…3500K㎡》 

Y.M.Cさんのブログ名は地元チームの湘南ベルマーレに由来するのですね。

もし新たにブログを立ち上げたら「『赤と黒の』ブログ」にしようかしら…?

ではでは、今後も宜しくです☆


>たぬっちさん

いつもコメント有り難う御座います!!!
七草は北海道でもスーパーや八百屋さんで売っているのですが、確かに言われてみれば食べる家庭は本州ほど多くないです。
やはり、今の時期は雪に閉ざされているので、七草と聴いてもピンと来ないのでしょうね。

「とうきびチョコ」は、ホワイトチョコレートのまろやかさと、とうきび(とうもろこし)のサクサク感がとてもマッチして絶品ですネ♪

「バウムクーヘン」確かに紅茶に合いますが、生クリームが意外にも紅茶の風味を消してしまうという話は今回初めて聞きました。

私も「焼きオクラ」については話には聞くのですが、どんなものなんでしょう?
一度食べてみたいものです。
裕香ちゃんも酒のつまみが大好きらしいですから、きっと寛子ちゃんお手製の「焼きオクラ」を食べた事があるかもしれませんね。

何はともあれ、今後も宜しくお願い致します。

投稿: とうきび | 2006年1月 8日 (日) 23時10分

どうもです。

いや~、偶然とは恐ろしいものですね。何にも知らないのに、平田裕香さんをタイトルにしたブログに空知の事を書いてしまうとは…。

私のブログの名前は、昨年の春、初めて湘南の試合を見に行った時にサポーターがラピュタのメロディーに乗せて怒鳴っていたのが耳に残ってしまい、それほどは気にしていないにも係わらず、その歌詞を使ってしまいました。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年1月 8日 (日) 23時27分

Y.M.Cさん、いつもコメント有り難う御座います!!!

グッドタイミングですね(笑)
このスレを盛り上げて下さり、どうもで~す♪


なるほど、湘南サポの応援歌から引用した訳ですか。
「怒鳴っていた」というのはニュアンス的によく分かります(笑)
コンサドーレ札幌にもそのような熱狂的なサポがいますからね。

今年のJ2はコンサとベルマーレの他に、降格した東京ヴェルディとヴィッセル神戸との優勝争いになれば宜しいですネ☆

ではでは~♪

投稿: とうきび | 2006年1月 9日 (月) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8058394

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その53:

« 勘違い発言も時にギャグとなる。 | トップページ | 方言を駆使したほのぼの漫才に注目! »