« 色々と“見せ場”があった昨夜の大晦日。 | トップページ | ユカいな平田サン その51 »

2006年1月 2日 (月)

今日はギリギリ間に合ったかな?

◎今日は初詣や買い物など、暫く外へ出かけていたので、更新するのが遅れてしまいました…何とか今日中に間に合って良かった(苦笑)
では早速、芸能ネタから始めましょう。

◇紅白視聴率盛り返す-第2部で42・9%(サンスポ)

昨年大みそかの第56回紅白歌合戦(NHK総合テレビ)の平均視聴率は関東地区で第1部が35・4%、第二部が42・9%で、いずれも前年より上昇したことが2日、調査会社ビデオリサーチの集計で分かった。
長期低落傾向の紅白の視聴率が1、2部とも前年を上回ったのは1998年以来7年ぶり。一連の不祥事を受けた改革路線を示すため、視聴者から聴きたい曲を募集、民放で人気の司会者みのもんたを起用したことなどが功を奏したようだ。
関東地区では午後7時20分からの第1部が前年比4・6ポイントアップし、同9時半からの第2部も過去最低だった前回より3・6ポイント増えた。関西地区も第1部32・0%(前年比3・5ポイント増)、第2部39・4%(同0・8ポイント増)だった。
民放の裏番組は、関東地区でフジテレビの「PRIDE男祭り2005」が午後8時からの3時間に17・0%、TBSの「K-1プレミアム2005」が14・8%と、今回も格闘技が健闘した。

正直、今回の紅白の視聴率が上がるとは思いも寄らなかった。
確かに今回の紅白は話題性は十分にあったかもしれないが、同等かそれ以上に裏番組の格闘技関連に世間の注目が集まっていたからね。
だから、個人的には若干数字が下がると見ていたが…。
事前に評判の悪かった「スキウタ」や、みのもんた氏の紅白初司会の効果が予想以上に現れたということか。

更には、紅白だけでなく、裏番組の格闘技2番組もそれぞれ好視聴率を叩き出しているあたり、例年にも増して、年末はテレビを見た世帯が多かったと言う事だろう。
テレビ業界にとって一番怖いのは、裏番組ではなく、旅行などレジャーに視聴者の関心が移ってしまう事。今回はそれほどその影響を受けなかったか。

今回の好視聴率により、NHKとしては名誉挽回、面目躍如と言ったところか。

◇満足度“10%”…紅白司会果たしたみの、NHKと決別宣言!(サンスポ)

出場者たちと笑顔でフィナーレを飾ったみのもんた。心中は力を発揮できなかった悔しさでいっぱいだった=東京・渋谷区(撮影・千村安雄)
「第56回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京・渋谷区のNHKホールで行われた。視聴率アップの特命を受け、紅白初司会に挑んだみのもんた(61)は「10%しか力を発揮できなかった。大不満」と発言。NHKとは「相容れない」と決別宣言まで飛び出した。1日に入院、4日に脊柱管狭窄症の手術を受けるみののしゃべり納めは不完全燃焼で終わった。一方、曲紹介をカットされた美川憲一(59)が「みのさんがしゃべり過ぎたせい」と噛み付いた。
「力が90%ぐらい残ってる。不満? もちろん大不満」。4時間20分を仕切った充実感、余韻に酔う暇もなく、みのから厳しい言葉が飛び出した。「ぼくには民放の視聴率獲得のノウハウはあるけど、NHKは歌を大事にする。(しゃべりを大事にし視聴率を狙う)自分は相容れない」。
60組の出場者、ゲスト、審査員のステージ出演…。盛りだくさんの内容を詰め込み、時間は常にギリギリ。曲紹介は全てアドリブだったが、みのの持ち味を最大限には生かせなかった。
とはいえ、文化放送時代からの念願だった「全国津々浦々の皆さん、お待たせしました」との開会宣言には「すごい、ぶるった」。番組スタート時は、百戦錬磨の男が硬い表情で、「緊張で言葉が出ません」と意外な言葉をもらした。ラジオのアナウンサーからミスター・テレビマンと言われるまでになったが、民放でどれだけ活躍しても日本全国を網羅するのはNHKだけ。大舞台を仕切る夢を実現させた。
舞台裏は痛みとの戦いだった。本番中、楽屋とステージを往復。4回も痛み止めの注射を打ち、激痛に耐えた。
一方、みのに美川がぶち切れた。「わたしの曲紹介がカットされたのは、みのさんがしゃべり過ぎたから」とプンプン。美川によると、美川の前の藤あや子のダンサーが退くより前に、スタッフにステージに出るよう指示されたといい、「『愛の讃歌』ってあんたに言ってもらいたかった」と嘆いた。みのは「しゃべりすぎ? そうかもしれないね」と非を認めたが、悔しいのは自分も同じだった。
4日に脊柱管狭窄症の手術を受けるため、1日に都内の病院に入院。8日の退院後、15日まで休養する。この日は2005年、そして復帰までのしゃべり納め。視聴率65%を自分に課しながら、悔いを残したみのに視聴者はどんな判定を下すのか?

せっかく視聴率が回復したのに、この舞台裏で起こった騒動は非常に後味が悪い。
NHKがアドリブを重視せずプログラムどおりきちっとやるのは事前に分かっていた事。司会者が発する言葉の一言一句に至るまで、事細かく台本どおりにプログラムが進行するのは誰だって知っている。
それなのに、今になってみの氏が「(NHKの手法に対し)自分は相容れない」という類の発言するのは少しアンフェアではないか。

「NHKは歌を大事にする」というが、歌番組なんだから歌を大事にするのはもっともな事じゃないだろうか。確かに、視聴率はテレビ局にとっては非常に重要なファクターだ。
しかし、これは別にNHKに限った事ではない。『レコード大賞』などの民放の歌番組でも同じ。但し、これが『うたばん』や『HEY!HEY!HEY!』のような、トーク番組と歌番組を融合させた《音楽トークバラエティ番組》なら、みの氏の言っている事も少しは理解出来るが。

逆に、歌う側のアーティストとしては、みの氏に対して「喋りも大切かもしれないが、歌やアーティスト(歌手)に対してもうちょっと敬意を払って欲しい」という気持ちにもなるだろうね。
美川さんが怒るのも無理はない。
出場拒否を貫いているアーティストがもしこの様子を見たら「ほらみたことか。だから出たくないんだよ」と思うに違いない。

私には、今回の騒動は「みの氏の“一人相撲”」にした見えなかった。

さて、世間ではこの舞台裏での騒動に対し、どういった見方をしたのか、ある意味これも楽しみだ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(06年1月2日月曜日)更新分。

カニを食べるまゆまゆさん、“カニまゆまゆ”が写っております。クリクリとした瞳がメッチャカワイイ~!!!!

そうかぁ、、、【コッサバ】は約1年前だったのですね…まゆまゆさんのカニのコスプレがとても懐かしい今日この頃…。

お正月はカニを沢山食べたとか。非常に豪勢な食生活ですな。
かくゆう私も、今年のお正月は伊勢海老とカニをほんの少しですが美味しく頂きました(笑)
何年振りでしょうかねぇ…こんな贅沢な食べ物を食べたのは。。。

それから…とても有り難いお言葉を頂き、本当に有り難う御座います!!!

これからも、出来る限り頑張って下さいね☆★

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・昨日(06年1月1日日曜日)、今日(2日)更新分。

・昨日更新記事……画像は、年が明けた一昨日深夜、近所のお寺に初詣に行った時に撮ったものらしい。

・・・・あけおめことよろ~~っ!!! 

ピースサインをしている横で、『珈琲』と書かれたのぼりが写っているが、売っているのはココア?…まさに羊頭狗肉だね(笑)
でもまぁ、ココアはポリフェノールがタップリと含まれていて美容と健康に良いし、寒い時に飲むと体が温まってとても良いよねっ☆

ノリが良くて元気さが十分に伝わってくるし、何より笑顔がとっても可愛いよね~~!!!!
歌の上手さと共に、これこそ彼女のセールスポイントであります☆

今のアーティストは、音楽性だけでなくビジュアル面(ルックス)も優れている人が多い。それだけ、世間の求める目が厳しくなったといえる。
幸い、アンナちゃんは歌唱力だけでなくルックスも素晴らしいので、後はチャンスを掴み取るだけ。
度胸満点でポジティブマインドのアンナちゃんなら、きっと将来、ビックなチャンスを掴み、自分の望んだ音楽性を追求することが出来るでしょう☆

直感的に、アンナちゃんは将来絶対に何か大きな事をやってくれそうな気がしてならないのです。
自分の信じた道をただひたすらに突き進んで欲しいと思います☆★

【BON-BON BLANCO】としての活動と並行して、ソロでの活動も今年は十分に期待をしております!!!

とりあえず早く新作が聴きたいなぁ…。

・今日更新記事……今日は【BON-BON BLANCO(ボンブラ)】のメンバー・イズミちゃんの誕生日。
アンナちゃんと同じ18歳になった。
・・・・お誕生日おめでとさん!!!!

日頃からメンバーを非常に大切に思っているアンナちゃんは自分の事のように喜び、祝福の言葉を述べている。
熱い友情が感じられて、本当にステキな関係ですね☆★☆
…但し、今回はちょっとね、暴走気味ですけどね(苦笑)

でも、相変らず元気一杯でとても微笑ましいですな☆

これからも、【ボンブラ】の仲間と共に力を合わせて是非頑張って欲しいと思います…!!!!

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・今日(1月2日)×2回更新分。

あけおめ~~☆☆
今年も宜しくってことで、今回は携帯話が中心。
何でも、お友達の家に遊びに行ったが、携帯が圏外となってしまったようだ…あらら。ホントに奥地なんだ(苦笑)

1枚目はキュートな姿だが、二枚目は何とも懐かしい携帯であります。
つい3,4年前まで、私が使っていたような代物。待ち受け画面が緑と黒(文字)の2色のみ。
絵文字や写メール、動画など、そんなコじゃれたものなんかあるわけ無い(笑)
実にシンプルなモノクロチックな作り。
着信音もしかり。電子レンジを思わせる「ピピピ・・・」という電子音。
「着うた」などが全盛の現代にあって、今となっては非常になつかしいレトロな雰囲気。

そんな時代の携帯を未だに大事そうに使っている母上は、物をとても大切にするお方なんでしょうな。
アンテナがもげちゃってるのは、ご愛嬌ということで(爆) 

で、今回ようやく機種変だとか。このレトロな携帯からいきなり最新式の【FOMA】にジャンプアップとは何とも劇的な“進化”ですな(笑)

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日付け記事(今日更新分)。

つい先ほど更新されたばかりの記事。

改めまして…明けましておめでとさん!!!
今年も宜しく~~★☆

自慢のダイナマイトバディを身に包んだ水着姿でドッカーンとご挨拶。キュートなルックスもGOOD!!!!  ヒュヒューー!!
・・・・素晴らしいお姿を拝見させて頂きました。ご馳走さんです!!! 

今年もあっちんさんは初詣で、健康第一、家内安全、商売繁盛を祈願したのでしょうな(笑)

そんな訳で(どんな訳?)一層の飛躍を期待しております…☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(1月1日)更新分。

今回は、ファンに宛てた新年のご挨拶文。

・・・・・明けましておめでとさん!!!!
今年も宜しくりんこ☆★☆

グラビアは勿論、バラエティ部門で大活躍を期待しておりますよ~!!!!

もちろん、ツッコミも欠かさず、今後も優しく?見守っていく次第です…☆

とりあえず、毎度お馴染みの『TBA』『アイドルTV-JAPAN』で、ぶっちゃけトーク炸裂でお願い致します(笑)

“お菓子大名”バンザーイ!!!

|

« 色々と“見せ場”があった昨夜の大晦日。 | トップページ | ユカいな平田サン その51 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

どうもです。その日のうちに間に合わせるとは凄いですね。私の場合、書いているうちに日付が変わってしまうことが良くあるので…(苦笑)。オマケに、気にしていなかったりもするのですが。

まあ、今日(1月2日)は私も新年の挨拶で出かけていたので時間はありませんでしたが、割と早く家に帰ってきたので、とりあえず、一本は上げる事が出来ました。本当にビックリしたので…。

私の場合、外出している時に何か文章を思いついたら、携帯を利用して下書きをしています。でも、とうきびさんの場合は、どうしても『ネタ元の確認』が必要ですから、それは難しいでしょう。それに、携帯からここを見る事も出来ないようですし。

それから、あの画像は外から携帯で確認したときに見ました。思わずその場で携帯の待受にしてしまいました(笑)

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年1月 3日 (火) 00時07分

Y.M.Cさん、いつもコメント本当に有り難う御座います!!!

いやぁ~、お陰さまで何とか昨夜中に更新する事が出来ました。
これで、去年から1日を除いて、毎日更新を継続しております…まぁ、単なる自己満足なのですが(苦笑)

そうなんですよ。『ネタ元の確認』をしないと、日常ネタ以外は書くのが難しいのですよ。
ウェブログは携帯からでも閲覧できるそうですが、ココログはPCのみしか閲覧できないのです。
携帯からはブログを書き込めるのですが…。

あの画像は、Y.M.Cさんには何よりのお年玉になった事でしょう。
今年は新春1弾目から縁起がいいですネ(笑)

投稿: とうきび | 2006年1月 3日 (火) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/7967821

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はギリギリ間に合ったかな?:

» 大晦日視聴率格闘技20%割れ [白浜スポーツチャンネル764]
一昨年は20・1%を記録し、民放の大みそか番組で初の20%超えをしたTBS系「K [続きを読む]

受信: 2006年1月 3日 (火) 16時12分

» ボンブラの『Again』と『世界の始まりのように』 [Syna.net]
ここしばらく、iTunesマイレートで五ツ星に君臨し続けているのが、BON-BON BLANCOの『Again』(シングル「愛がいっぱい」のカップリング曲)。メロディーも切ないし、ギターのリフも切ない... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 14時10分

« 色々と“見せ場”があった昨夜の大晦日。 | トップページ | ユカいな平田サン その51 »