« ユカいな平田サン その53 | トップページ | 世間的には成人の日なんだねぇ。。。 »

2006年1月 8日 (日)

方言を駆使したほのぼの漫才に注目!

◎今日は朝早くから雪かきに追われて、少々寝不足気味。
今日の芸能ネタもこれといったものがない…今回は以前書きそびれたネタを1つ紹介しましょう。

◇世代問わず受ける正統派漫才コンビ「U字工事」(夕刊フジ)

勢いだけじゃない息の長さ目指す
最近の漫才はやかましいだけでどこが面白いのかわからないと嘆く人も多いなか、久々に登場した“正統派”が、栃木弁ほのぼの漫才コンビ「U字工事(ゆーじこーじ)」がツッコミの福田薫(27)、右がボケの益子卓郎(27)=写真。ツッコまれた益子が自分で自分を殴る「卓ちゃんハンマー」のギャグも人気で、今年は世代を問わずブレークしそうだ。
テンポの速い関西弁の漫才コンビがお笑い界を席巻するなか、ほのぼの系の「U字工事」は、漫才界のナンバーワン決定戦「M-1グランプリ」で03年から3年連続、準決勝にまで進出した実力派だ。
2人は故渡辺美智雄元蔵相を輩出した栃木県立大田原高校でラグビー部に所属。福田が上級生から「ヒマだから、オメー、何かやれや」と言われ益子とコンビを結成。「最初は卓ちゃんの方がツッコミだったけど、『なんでだよ!』しか言わないから、役割を交代したんだべさ」と福田。益子も「それからウケ始めたんだっつ~の」。
当時はコンビ名を「牛タンナポリタン」、「キャッチホン出る出る」などと名乗っていたが、後に消防士になった同級生が「カッケ(格好)いいでえねえの」と「U字工事」と命名。最近、その友人に由来を聞いたが忘れていた。「火消しだから、記憶から消しちまったらしい。近くのU字菅の工事でも見て思いついたんだべ」(益子)。
高3のとき、テレビ朝日系お笑い番組「アヘラ」の素人企画オーディションに受かり、この世界で生きることを決意して上京。一見ヤンキー風だが、レッキとした大学出(桜美林大学卒)で、大学在学中から現在まで「SPM(鈴木製作所)」という会社でマグネシウム研磨のアルバイトを続けているという。
最初は標準語で漫才をしていたが、ライブを見た「浅草キッド」の水道橋博士に「なまりをもっと前面に出す方がいい」と言われ今のスタイルに。昨年1月、テレビ朝日系「虎の門」で大ウケし、注目され始めた。
ライブを見た50代の男性は「最近の若手はルックスと勢いで女性ウケはいいけど、年配者にはちょっと…。その点、U字工事はネタにコガネムシとか懐かしい話題が登場するので、つい笑ってしまう」と語る。
ちなみに、写真で披露している「卓ちゃんハンマー」は、ネタがすべったときに故林家三平のモノマネをするつもりが誤ってコメカミに当たり、意外にいい音が鳴ったのが始まりだとか。
1月13日にテレビ朝日系「虎の門」、3月26日にお笑い総合ライブ「漫才バカ」(文京シビック小ホール)に出演。「バラエティー番組でも活躍したいけど、いつまでも演芸場やライブに出続けられる芸人になりたいっス! 地元にも貢献したいべな」という2人。尊敬する「昭和のいる・こいる」のように息の長い芸人になれるか…。

ZAKZAK 2006/01/05

1998年に結成したU字工事栃木弁を駆使したほのぼの漫才で人気急上昇中のお笑いコンビ。
03年~05年までM-1グランプリ3年連続準決勝進出した実績と実力をもつ。
ここまで栃木弁と愛嬌を売り物にした漫才コンビも最近では珍しい
毒があまりない分、万人ウケのするタイプなのだろうね。

関東の方言って、SMAP・中居正広クン藤沢弁(神奈川弁)のように「~べさ」「~だべ」「~べ」を使う地域が意外に多いんだね。彼らの使う栃木弁もそうだし、茨城弁もそう。
栃木弁は、標準語化した宇都宮など都市部を除き、東北の福島県や宮城県の方言と共通する特徴をたくさん持っているそうだ。

道産子(北海道出身)の私としても、彼らの「~べさ」は北海道弁にも共通していて、とても親近感を覚えるよね。

彼らの一番良い所は、「いつまでも演芸場やライブに出続けられる芸人になりたい」という部分。
芸人にとって演劇場やライブは原点であるはずなのに、ブレイクすると演劇場やライブをやらなくなるばかりか、ネタ自体を作らなくなってしまう。売れてしまうとつい我を見失って、気付いた時は手遅れというパターンが多い。
しかし彼らは、人気が出てきた現在も先をしっかり見据え「初心忘れるべからず」を貫いている、とても賢いタイプだ。
今後益々の躍進を期待したい。

そういえば、同じ栃木出身で栃木弁を話すお笑い芸人といえばつぶやきシロが思い出されるけど、彼の場合は茨城弁を駆使するマジシャンのマギー司郎さんから芸名と芸風をそっくりそのまんま頂いたのだとか。
典型的な一発屋芸人だったが、一体何処へ行っちゃったのだろうか…?

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月7日土曜日)更新分。

近所の映画館でディズニーアニメ『チキン・リトル』を観に行ったそうな。

『チキン・リトル』はとても運の悪い(にわとりの)男の子。町のトラブルメイカーだそうで。
何でも、ディズニー史上、最も“ついていない”主人公らしい。
唯一のとりえが、いつかヒーローになってやるというポジティブな姿勢。

ま、夢を与えるディズニー映画なので、最後は望み通り町のヒーローになり、ハッピーエンドに終わるのでしょうね。

実際にご覧になったまゆまゆさん曰く
「とってもおドジな主役がかわいかった♪♪ 」 「あったかい気持ちになったよ」
と、愛すべき主人公のキャラクターに親近感を?抱き、ラストは感動したようですな。

この映画を観て、また一つ大切な事を感じ取った一日のようです☆☆

ちなみに、昨日行なわれた同じ事務所の類家明日香ちゃんのイベント記事が各新聞に載っています。

⇒「“樽ドル”類家『もっと大人っぽくセクシーに』二十歳の抱負(サンスポ)」
⇒「類家明日香 樽生ボディー(報知)

相変らず、強烈な個性を持つアイドルですね(笑)

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・今日(8日)更新分。

どうやら風邪を引いてしまったらしい。昨日今日は寝込んでしまったとか…あらら、大変でしたね。

明日の休日(成人の日)は今年の初仕事としてライブがあるそうで、それまでに早く改善の方向へ向かって欲しいと思います。

それまで、ごゆっくりと静養なさって下さいな☆
お大事に~~。。。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(7日)、今日(8日)更新分。

昨日、今日と2日間に渡り、イトーヨーカドー店内にある広場の特設ステージにて、一日2回もいつものチームでダンスを披露したらしい。

コメント欄に降臨したヒナちゃんによれば、一応事務所の許可を得ているが、プライベート(趣味)としての活動らしい。
アイドルとダンサーの二束のワラジを履いているようです☆

一枚目はステージの合間の休憩時間、二枚目はステージが終わった後に打ち上げを行なっているときの姿。
ブルボン【プチビット】のチーズケーキ味とホワイト&ストロベリー味、たらみの『ヨーグルト』と美味しそうなお菓子(デザート)ばかりですな☆

とにかく、2日間お疲れさんでした~☆

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日付け記事(今日更新分)。

昨日はマネージャーさんやすぎめぐ”こと杉山めぐみちゃんと鍋を囲んで食事したらしい。
日記で“すぎめぐ”ちゃんの名前が出たのは初めてかも。

何だか、初仕事が終わった後に一緒に食事をしたような雰囲気ですな。お疲れちゃん~☆

今年も一年、一層の飛躍が出来るよう期待しております☆★☆

|

« ユカいな平田サン その53 | トップページ | 世間的には成人の日なんだねぇ。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8064509

この記事へのトラックバック一覧です: 方言を駆使したほのぼの漫才に注目!:

« ユカいな平田サン その53 | トップページ | 世間的には成人の日なんだねぇ。。。 »