« ユカいな平田サン その55 | トップページ | 眞鍋を学べ 30 »

2006年1月16日 (月)

真実こそ報道の根幹

◎明日は、ホリエモンの話題で持ちきりだろう。証券取引法違反で、ライブドアとホリエモンの自宅が今夜、家宅捜索を受けたらしいからね。
この話題も後日触れることにしよう。
では、早速いつもの芸能社会ネタから。

◇日テレ報道番組で“やらせ”「プラス1」「出来事」(夕刊フジ)

日本テレビが昨年7月と9月に、報道番組「ニュースプラス1」と「きょうの出来事」で放送した個人情報流出問題に関する企画物について、“やらせ演出”があったことが16日判明した。日テレは事実関係を認めて謝罪するとともに、16日の「プラス1」で謝罪する。
総合広報部によると、問題となったのは7月6日放送の「プラス1」「出来事」(いずれも約5分)と9月19日放送の「出来事」(約9分)の特集。
個人情報の不正入手をテーマに外部の制作会社が企画・取材したが、売買現場で3カ月にわたって取材したが客が現れなかったため、制作会社の担当プロデューサーが知人の女性を客に仕立て上げた。業界関係者からの指摘で発覚し、制作会社側も認めた。
日テレ側は放送前に事実を把握しておらず、この場面以外での不適切な取材や放送はなかったという。
総合広報部は「視聴者の信頼を裏切る結果となり、深くおわびする」とコメントした。
[夕刊フジ:2006/01/16 17:23]

非常に困ったものだ。報道の良心というものがこの局にはないのか。これではジャーナリズムの信頼が損なわれる。
たとえニュースの内容が事実だとしても、このような“やらせ”が表面化するたびに、つい疑って見てしまう。

報道と言うのは、ありのまま伝えてこそ価値がある。多少過剰な“演出”が許されるバラエティ番組ではない。

「3カ月にわたって取材したが客が現れなかった」というのなら、とりあえず延期するか、粘り強く取材を継続すべきである。

「視聴者の信頼を裏切る結果となり、深くおわびする」と謝ったからといって、ハイそうですかと到底納得できる問題ではない。

本当の意味での信頼回復は、このような行き当たりバッタリのスクープモノよりも、我々の生活に根ざした有意義な特集を取り上げ、積極的かつ誠実に取り組んでこそ果たし得るだろう。
その真摯な姿勢こそが視聴者に信頼感を与えるのである。

今後の日テレの対応にも是非注目したい。

◇瀬戸早妃、野田社長から一喝「西川近づいたら…」(夕刊フジ)

恋人から“友達”関係もダメ! タレント、瀬戸早妃(20)が15日、都内でDVD「甘い君の記憶」の発売記念イベントを行った。
瀬戸は昨年12月に写真誌にT・M・Revolutionこと西川貴教(35)との熱愛現場をキャッチされたが、西川について「いろいろ相談に乗ってもらっている、すごく仲のいいお友達です」と恋人関係を否定。交際に反対する所属事務所の野田義治社長(59)に配慮してか、「今は連絡を取ってない」と話した。
「何かあったら仲良くさせていただきたい」と西川とのつながりを求める瀬戸に、野田氏は、「ダメだ! 西川が今後近づいたら容赦しないぞ」とまで一喝され、瀬戸はシュンとしていた。
[夕刊フジ:2006/01/16 17:23]

◇瀬戸早妃 恋愛前向きも社長「許さん」(スポニチ)  

タレントの瀬戸早妃(20)がDVD「甘い君の記憶」の発売記念イベントを15日夜、都内で開いた。所属事務所の野田義治社長(59)の忠告で破局したT.M.Revolutionこと西川貴教(35)について問われると「もともと恋人ではありません」と強弁。あくまでも交際を否定し続ける姿を見かねた野田社長は「もう別れたって言えばいいんだよ」としっ責。恋愛は封印?の質問に瀬戸が「いい出会いがあれば…」と答えると野田氏は「まだ許さん!」と声を荒らげた。
[スポニチ:2006/01/16 17:53] 

昨日も瀬戸早妃ちゃんとT.M.Rの西川貴教クンの“破局”についての話題を取り上げたが、どうやら“破局”というより、野田義治社長から交際禁止を厳命されたという感じだ。
どちらにせよ、今回の交際ネタもマスコミへの宣伝材料として利用している事には違いない。

裏読みすれば、この記事も何だかネタっぽく感じてくる。芝居がかっているし(笑) ホントの所はどうだか分からない。ただ、早妃ちゃんは未練タラタラであることは間違い無さそうだ。

結局は、まぁ西川クンと早妃ちゃんとの交際は上手くは行かない運命なのだろうね。もしまだ密かに交際が続いていたとしても、周りに邪魔されて、いずれ破局するだろう。

瀬戸早妃ちゃんは将来があるので、今別れたとしても決してマイナスにはならない。で
むしろ、破局してダメージをこうむるのは西川クンの方か。

まぁ、年ごろなんだから、本当なら自由に恋愛しても構わないのでは、と個人的には思うけどね。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(1月16日月曜日)更新分。

今回は毎週月曜日恒例の『週刊!まゆのいちおしグラビア』。

取り上げるのは、先週発売の『FLASH』に載っているほしのあきちゃんのグラビア。

ほしのあきちゃんは、とても27歳には見えないベビーフェイス(童顔)とセクシーバディを武器に、現在グラビアクイーンに君臨。

“アイドル評論家”のまゆまゆさんも

「ほしのあきちゃんは童顔なアイドルの中での色気がある表情選手権NO.1」

と絶賛。

一方で、去年は持ち前の“マシンガントーク”“ぶっちゃけキャラ”を遺憾なく発揮してバラエティ番組に多数出演するなど大活躍の一年だった。今年もその勢いが衰え知らず。

しかし、テレビに多く出演するようになってもなお、未だに「見たくないと言われるまでやり続ける」とグラビアにとても愛着を持っている彼女。今後もグラビアとバラエティの両輪で一層の活躍が期待される。

今回のクラビア評も

「27歳だからできる表情と27歳に思えない顔と若さと体型がすべて魅力になってるグラビアです。」

と高評価。

20代後半からブレークした“遅咲きの”ほしのあきちゃんは、まゆまゆさんにとって非常に心強い存在でしょうね。

今度はまゆまゆさんがあきちゃんの後に続いて下さいね☆彡

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(15日)更新分。

去る1月12日に行なわれた四ッ谷インマジックのライブを振り返ると共に、来てくれたファンの方々に感謝の弁を述べております。

今回のライブは、同じ事務所の佐藤麻紗ちゃんの持ち歌を初めて歌ったそうだ。日頃から仲の良い麻紗ちゃんの持ち歌を歌うので余計な力が入り、かなり緊張したそうですが、それと同時に新鮮な気持ちで歌えたことでしょう。
最後の4曲目は、毎回ライブで歌うほどお気に入りの曲でもある愛内里菜ちゃんの『Dream ×Dream』を歌い、皆で盛り上がることが出来たそうで。

・・・ライブ出演お疲れ様でした~☆☆

画像は、可愛くピースを決めつつも、今回はオシャレ度がUPしておりますな。
以前から落ち着いた感じの大人の女性を演出した服装から彼女のファッションセンスを感じられますが、
今回は胸元のペンダントとピースサインをしている指先のネイルアート(ジェルネイル?)が特に印象的ですね☆★

今後はオシャレ度満点なブログを目指すのも一考ですね☆彡

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(15日)更新分。

前回のコメント欄でヒナちゃんが

「今ヒナは人間関係ってか…悩んでて冗談って読み取れなぃで、まじめにうけっちゃったぁo(><;)(;><)o」

との現在の心情を吐露したが、それに対しいつものファンの方々からとても温かい“声援”“激励”を頂いたようだ。

そして今回、心配かけてしまった事に対して謝罪すると共に感謝の気持ちを表している。
画像はその喜びと感謝のピースサインです☆

この心温まるやり取りはとても良いよね。ここは、ファンとアイドルの信頼関係がしっかりと築かれている感じがする。

単に傍観する者としても、こういったフレンドリーなやりとりがいつも楽しみなんであります☆

そして、今回は仕事を2つこなして自画自賛したり、冗談?を言えるまで元気を回復。めでたしめでたし。。

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・今日(16日)更新分。

最近、アンナちゃんは学校へ行く途中で、『涙』について話し合ったそうだ。

それは「涙を流して目が腫れるのは悲しみの涙を流した時だけで、嬉し涙を流した時や、笑いすぎで涙を流した時には目は絶対腫れない」というもの。

目の涙腺から分泌される液体の『涙』は本来、

「 目の表面(角膜・結膜)への栄養補給、 まぶたを円滑に動かす潤滑材、 細菌・紫外線から目を守る防御壁」

の役割だそうだが、嬉しいときや悲しい時に感情の高ぶった時にも多く分泌される。その際は量が多いと目からあふれ出す。

まぶたが腫れるぐらい泣くのは、それだけ多くの涙を流して泣いていたり、長時間泣いていたという証拠。

確かに、嬉しい時、笑いすぎた時に泣いても目を腫らすほどではないが、それは涙の量と泣いている時間が影響しているのかもしれませんね。

悲しくて泣いた時のほうが涙の量が多く、かつ長い時間泣いてしまうから目が腫れてしまうと思う。

結局、そのお友達と出した結論とは

『脳が色んなところに指令を出しているように、
涙も脳が目の皮膚に、悲しみの涙だから腫れろ~って指令だしてるのかも!』

というもの。
…確かに、涙は高ぶる感情により涙腺が刺激されて流れるものでもあるから、あながち間違ってはいない。
それに、役者さんは感情をコントロールして涙を流す事が出来るからね。

感情が高ぶる事により流す『涙』の量は、気持ちの度合いにより大きく左右されるのは確か。

・・・・ま、私の結論と、アンナちゃんの結論も正しいという事でOK!!ってことで(笑)

今後の人生において、泣きたくなる場面も多々あることでしょう。その時は無理に我慢しないで、安心できる場所や人の前で思いっきり泣いてすっきりと気分転換をはかりましょう…!!!

これからも、その気心の知れたお友達と仲良くねっ☆彡

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月13日、14日付け記事(昨日更新分)。

・1月13日付け記事……無印良品の【柚子・金柑のど飴が写っております。あっちんさんが大好きな飴らしい。

金柑は喉にとても良いですからね。最近風邪が流行っているので、風邪対策には打ってつけですな。。
それから、私も柑橘系は好きなので柚子は好きですねぇ~♪

今度【無印良品】の店に行ったら、買ってみますね☆

この日は週に2回のフットサルの練習があったそうな…お疲れ様です!!!

2月の大会に向け、怪我をすることなく、練習により目下の課題を一つずつクリアしていって欲しいと思います★☆

練習から帰ったら、うがい・手洗いは忘れずに。。。

1月14日付け記事……前回に引き続き今回も柚子の製品。
【無着色 赤柚子こしょう】が写っておりますが、こういう調味料もあるんだね。

「ちょっと辛い」と言っているのは、その中に入っている唐辛子による影響でしょうね。
胡椒も入っているので、肉や魚の臭みを消してくれそうな感じがしますね。これはイイ!!! 
料理を作るときに何かと重宝しそう。。。

今度スーパーなとで探してみたいと思います。【七味】や【味塩コショウ】など、この手の調味料は大好きなので…(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(16日)更新分。

画像は、ご存知!アヤにャンさんの“弟分”の大ちゃんです!!! 相変らず可愛くて元気なお坊ちゃんです☆☆☆

これは戦隊モノの“変身ポーズ”姿ですね。『魔法戦隊マジレンジャー』を真似しているのかな???

きっと、いつものようにメイクの先生にメイキャップの方法を色々と教えてもらったのでしょう。
その合間に、大ちゃんと遊んだようですな。優しいお姉ちゃんですねぇ~。。。

昨日は、大ちゃんに会った後、スポンジのように水分を大量に摂取したり、「泥の様に寝た」一日だったそうですな(笑)

旅の疲れが昨日になってドッと来たのでしょうね。水分を大量に摂ったのは、部屋の中が乾燥して喉が渇きやすかったからでしょうか??
風邪予防の為にも、喉をこまめに潤すのは正解ですネ♪♪

とにかく、睡眠を十分にとり充電完了し紀文じゃなくて!気分爽快ですね☆★

今日からまた心機一転、フットサルにお仕事に頑張って下さいな☆彡

|

« ユカいな平田サン その55 | トップページ | 眞鍋を学べ 30 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

どうもです。

人々がどの様に行動したら良い社会になるのか、そう言う事を示すのがマスコミの役割だと思うのですが…。「ペンは剣よりも強し」と言いますが、何だかね…、と言う感じです。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2006年1月17日 (火) 00時55分

Y.M.Cさん、いつもコメント有り難う御座います!!!

そうですね。マスコミが旗振り役となって、世間に提唱したり、また警鐘を鳴らしたりと、重要な役割を担っていると思います。

真実こそ報道の根幹を成しているのに、目先の利益にとらわれて“やらせ”というインチキをやらかすのは、マスコミとして失格だと思います。
これでは、日テレが報道するニュースの信憑性自体が揺らいでしまいます。

マスコミとは本来どうあるべきかと、初心に帰ってもうじっくりと考えてみる必要が日テレにはあると思いますね。

投稿: とうきび | 2006年1月17日 (火) 23時22分

そうですね、読売グループは戦前には「大政翼賛会」結成に大きく貢献し、戦後も天皇を利用して(「天覧試合」で本来「ファール」であった打球をホームランとでっち上げた。)自分の勢力拡大しか考えなかった「マスコミ」ですから、今回の記事は「又やったか」と思います。

マスコミの生命は「1に真実、2に真実、3、4が無くて5に真実」ですからね。
今のままでは「『報道の自由』はいらない」となりかねません。折角、「ダウンタウンDX」や「あいのうた」で佐藤寛子さんが出て、番組を明るくしていただけに残念です。

投稿: たぬっち | 2006年1月20日 (金) 21時48分

たぬっちさん、いつもコメント有り難う御座います!!!

まず、ナベツネからして諸悪の根源ですからね。読売グループの体質を変えるためには、まずナベツネを辞めさせないといけないと思います。
「天覧試合」ですか。村山vs長嶋の場面ですね。確かにファールでしたが。。。

そうですね。真実伝えずしてマスコミ(報道)としての資格はないと思います。
視聴者は過度の演出よりも真実を知りたいわけですから…全く困ったものです。

寛子ちゃんは3ヶ月ぐらい前に同じ日テレの『どっちの料理ショー』にも出演しましたよね。
彼女は日テレに十分に貢献しているのですが…このままじゃ浮かばれないですよね。
今後日テレには、今回の事を十分に反省ししっかりと襟を正してほしいです☆

投稿: とうきび | 2006年1月21日 (土) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8194278

この記事へのトラックバック一覧です: 真実こそ報道の根幹:

« ユカいな平田サン その55 | トップページ | 眞鍋を学べ 30 »