« 今日もギリギリ間に合った。。。 | トップページ | ユカいな平田サン その53 »

2006年1月 7日 (土)

勘違い発言も時にギャグとなる。

◎今日は全国的に寒い一日。東京都心でも今朝の最低気温が-0.4℃(最高気温6.9℃)と氷点下まで気温が下がった。
一方、ここ札幌の最低気温が-11.4℃(最高気温-1.3℃)と、一日中冷凍庫の中にいるようだった…あ~しばれる~~!!!!

…さてと、今日も早速、芸能ネタから始めましょうか。

◇押尾、格闘家で生き残り!?入魂タトゥーも(夕刊フジ)

サップとK-1対戦説「マジ俺の方が強い」
暮れに女優、矢田亜希子(27)=写真右=とハワイに“婚前旅行”した俳優、押尾学(27)=同左。その衝撃的なアツアツ姿を今週発売の女性セブン誌がキャッチした。というのも、プールサイドで矢田にローションを塗ってもらう押尾の背中と腕にタトゥーとみられる大きな紋様があるからだ。すごみのあるタトゥーに込めた押尾の決意とは…。
押尾の背中には、女性の体に羽がはえた図柄、腕から肩口と腰にも唐草模様のようなタトゥーが。その背中を、矢田が当然のようにローションを塗る様子がグラビアを飾っている。
「ローションを塗っても落ちてないようですから、これは本物でしょう。肘の近くまであると撮影でも分かりますが、今まで見たことがないので比較的最近入れたのでは?」(テレビ誌記者)
芸能リポーターは、こう解説する。
「周囲にマスコミがいるのが分かった上での披露。『俺は芸能界でなくても生きていけるよ』というサインです。押尾は17歳のときに暴走族の関東連合にいたと公言していますし、矢田もそういうのがかっこいいと思うタイプですからウマが合う。ただ、入れ墨があっては押尾が今後俳優業に復活してもテレビ界は二の足を踏むでしょう」
歌手、安室奈美恵(28)が二の腕に刻んだ愛息の名前のタトゥーをファンデーションで消してテレビ出演したことは有名だ。「入れ墨お断り」はサウナだけの話ではないのである。
しかし、そんな窮地の押尾にビックリ仰天の活路が浮上している。
「今年年末のK-1参戦です。昨年は俳優、金子賢(29)がPRIDEに出場して話題になりましたが、押尾にはボブ・サップと対戦という噂があります」(先のリポーター)
押尾自身、「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど、マジ勝負なら俺の方が強い…」と対戦をにおわす発言もしているという。さらに、「押尾は米国でキックボクシングの経験があり、体格(体重80キロ)は金子以上(同73キロ)。ボビー・オロゴン(32)のように相手次第では勝てる」(格闘技雑誌デスク)という指摘もある。
俳優から歌手、そして格闘家-どんな形でも矢田ちゃんを守り通してもらいたいものだ。
ZAKZAK 2006/01/06

いつもマスコミに対して面白いことを言ってくれる押尾クン。勘違い発言をしていると本人は全く気付いていないので余計に笑える。
本気で言っているのか、狙って言っているのかはよく分からないが、どんな事でもオーバーに言うのが生きがいのようだ。

過去には

「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」
「海外は恐くない。だって、俺はスタンダードな人間だから」
「俺の音楽にロックを感じない奴は二度とロックの本質に触れられない」
「『明日があるさ』はとんだ茶番。俺には明後日がある」
「卵にはちょっとこだわってて、8つで268円の“森の卵”を使ってる」
「今でも姉とは英語でしか喋らない」
「日本のロックは聞くに耐えない。モー娘の方がまだ聞ける」
「街を歩くと女はみんな俺を見ている」
「歌ってる俺の姿はめちゃくちゃセクシー」
「目をつぶると俺の顔が浮かんでくる・・・そういう存在でありたい」
「俺に向かって中指立てる奴がいたら「I LOVE YOU」って言い返してやる、俺はそういう奴」
「俺は、犬を見る目がある。今飼ってる犬も俺が選んだから上品な顔になった。」
「ガキの頃、車に轢(ひ)かれたけど、泣かなかった!!」
「俺、南米にサッカー留学してたんですよ」
「サッカーをやっててヨーロッパにサッカー留学もしていたんだ」
「俺、昔、東大受かったんですよ。でも日本の大学なんてウゼーと思って…」
「今好きな人?いない…いや、ひとりだけいる。ブリトニー・スピアーズ」
「オレ、キリスト教なのよ。日本人は恋人たちの夜だと思ってるけど、この日くらいは家族と過ごした方がいいと思う」

などと、ヘタなお笑い芸人よりパンチの効いた発言をしている。そんな彼の事を“神”だとか“お塩大先生”と呼ぶほど、マニアが一部で存在する(らしい)。

他にも、今年の新春時代劇『里見八犬伝』の収録後に、共演したタッキーこと滝沢秀明クンを小馬鹿にするような発言をしたりと、オレ様的な発言を多く聞かれる。
“口だけ大将”の勘違い野郎も、ココまで来ると天才じゃないかと思えてくる(笑)

今回も

「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど、マジ勝負なら俺の方が強い…幼少時代米軍基地で戦ってたから。」

と、相変らず“すっとこどっこいな発言”をしているのにも関わらず、芸能界では大のモテモテ男で有名。ドラマで共演する女優を次々と口説き落とす。
現在交際中の矢田亜希子ちゃんもその一人なんだろう。

何故彼がこんなにモテるのかは世界の七不思議の一つ。

一応、俳優・歌手らしいけどね…言っている事はお笑い芸人(笑)

今回の、格闘家デビュー云々についても、まぁ…いつもの大風呂敷だろうから、まともに取り合う事自体がおかしいって(笑)

今後も奇想天外な彼の発言に注目して参りましょう。。。

◇磯山さやか、香田晋 パチンコ登場(報知)
 

パチンコ台をPRする香田晋と磯山さやか   歌手の香田晋(38)とグラビアアイドルの磯山さやか(22)がキャラクターを務めるパチンコ機「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」のプレス発表会が6日、東京・中央区のニューギン東京ビルで行われた。
香田が岡っ引きに、磯山がセクシー衣装でねずみ小僧に扮(ふん)して活躍する同パチンコ機。大当たりの音楽は書き下ろしで、2人がそれぞれ歌うソロの歌と、デュエット曲の3種類。パチンコと連動して、磯山が出演するVシネマと写真集も発売される。
パチンコ好きで今回の出演も大喜びの香田は「演歌の確率変動と言われるよう頑張ります」。磯山は「水着シーンもあって盛りだくさん。バンバン大当たりしてください」とPRしていた

◇お色気さやか、ただいま参上!…パチンコ新機種発表イベント(サンスポ)

グラビアアイドル、磯山さやか(22)=写真右=と演歌歌手、香田晋(38)=同左=が6日、東京・茅場町のパチンコメーカー、ニューギンの東京ビルで行われたプレス新機種会に登場。新機種「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」をアピールした。
今回がパチンコ初登場の香田は、自身が大のパチンコ好きだけに、「いつか自分の台が出たらいいな思っていた」と夢が実現して感激の様子。一方の磯山は「演技指導もしてくれて香田さんは優しかった」と息の合った撮影風景を振り返った。
同機種では、磯山が女ねずみ小僧役、香田が好敵手の岡っ引き役で出演。お色気タップリの磯山のお宝映像が実写で拝めるほか、大当り中には2人のデュエットなどオリジナルソング3曲も聴ける。全国のホール導入は来月6日から

◇磯山さやか「ねずみ小僧」大展開(スポニチ)

歌手の香田晋(38)とアイドルの磯山さやか(22)がパチンコの新キャラクターに起用され、6日に発表会が行われた。ニューギンの新機種「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」で、登場キャラクターによるビデオ映画、写真集、CDも発売され、業界初のメディアミックスを展開する。磯山は「水着姿も披露しているのでバンバン大当たりしてね!」。香田は「歌で全国をめぐりながら、各地で打てるのが楽しみ」と笑顔でPRした。 
[ 2006年01月07日付 紙面記事 ] 

“いそっち”こと磯山さやかちゃんと演歌歌手の香田晋さんという異色のコンビが、パチンコの新機種「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」に登場するキャラクターに起用されたそうだ。
おそらく、2人が準レギュラーとして出演するクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴン2』繋がりかもしれないね。

この新機種は水着シーンも多数登場するので、いそっちファンの方々は血眼になって大当たりに挑むのでしょうな。

今後は、そのキャラクターに扮して、いそっちが出演するビデオ映画(Vシネマ)写真集が、また、大当たりのBGMにも使われる、2人がそれぞれ歌うソロの歌(『“Choo-Choo”Loops(磯山さやか)』、『男一匹オレの道!(香田晋)』)デュエット曲が収録されたCD『きっと明日はいい日』(2月1日発売・コナミ)が、それぞれ発売されるという。

いそっちは、昨年11月16日にグラビア・アイドル専門の“GIRLS RECORD”第3弾アーティストとして、マキシシングル『風のゆくえ/ちいさなせかい』で歌手デビュー。
また昨年12月8日には、同じく“GIRLS RECORD”レーベルでCDデビューした佐藤寛子ちゃんやほしのあきちゃんとユニットを組んで、マキシシングル『Very Merry X'mas/kiss and hugs』をリリースしている。

映画、ドラマ、ゲーム、アニメのキャラクターに扮してCDをリリースしたパターンは今までにあったが、パチンコの場合は業界初だとか。
パチンコ業界は不況知らずなので、今後は続々とこのようなケースが増える事だろう。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日(1月7日土曜日)更新分。

6thDVDのロケ地・タイで食べたと言う『鮭丼』を、料理上手のあっちんさんが当時の記憶を紐解いて再現したそうだ。
画像は、その再現したと言う『鮭丼』。敷き詰めたレタスの上に【鮭】のほぐし身を載せ、白胡麻をかけたもののようだ。
メッチャウマソ~~!!!!  我々道産子(どさんこ)にとっては、小さい時から鮭を食べて育ってきたから大変馴染み深い魚なんだよねぇ~。。。

タイでは北方系の魚である【鮭】は獲れない。おそらく現地で食べた『鮭丼』に入っている【鮭】は日本やロシアから輸入したものだろうね。

【鮭(さけ)】は主に、北海道、東北6県(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)、新潟県の他、関東では茨城県などで獲れる魚。最近は、アメリカ、カナダ、ロシア、チリ産の輸入モノが増加。
川で生まれ、3年~5年間を海で生活した後、秋になると産卵の為に再び生まれ故郷の川へ戻ってくる(母川回帰)。とても方向感覚に優れたお魚さんだ。
いわば、田舎で生まれ、都会へ出て働き、定年を迎えると生まれ故郷の田舎に戻り、一生を終えるようなもの。
しかし、たまに外国が故郷の“方向音痴”な若い鮭が紛れ込んでくる場合がある。ロシアのアムール川が故郷の時鮭(ときしらず)と鮭児(けいじ)が有名で、北海道では1万本のうち1本の割合でしか獲れない貴重なもの。
トロのように脂が非常に乗っているので、高級魚として知られている。

刺し身によし、煮てもよし、そして焼いてもよし、と何でも御座れのお魚。
卵は、『筋子』と『筋子』をほぐした『いくら』。捨てるところが殆ど無い。

年末には、一匹丸ごと塩漬けした『新巻鮭』が多く出回る。
それを切り身にして焼いた『塩焼き』は最高。お茶付けにすると、ごはんがすすむくん状態(笑)

甘塩(塩辛くない)の鮭は、『バター焼き(鮭を切り身にして軽く塩をしてからバターで)』、小麦粉を付けてフライパン(バターやオリーブオイル)で焼いた『ムニエル』、パン粉を付けて油で揚げた『フライ』はお馴染みの食べ方。

我が北海道では、『石狩鍋』『チャンチャン焼き』が郷土料理として有名。

『石狩鍋(いしかりなべ)』の名の由来は、我が札幌市や石狩市などを流れる石狩川がかつて沢山の鮭が獲れたことに由来する。
色々な野菜と鮭を味噌仕立てのだし汁で煮込んだ郷土料理。地元では頭から内臓、尻尾に至るまで全てぶつ切りにして煮込む。
昆布でダシをとり、酒・砂糖・しょうゆ・味噌で味を調える。
お好みで、酒かすを入れたり、仕上げにバターをのせる。

『チャンチャン焼き』は、今や旅番組では必ずといって良いほど登場する、北海道の郷土料理。
鉄板(家庭ではフライパン)を熱してバターを溶かし、キャベツやキノコ類を敷きつめ、その上に鮭の半身(切り身でも可)を載せて焼き、塩コショウで下味をつける。
焼く時に弱火にしてフタをした方が火が良く通る(蒸し焼き)。
最後に「白味噌、みりん、砂糖」を混ぜ合わせたソースを掛けて仕上げる(2分ほどフタをして焼く)。

東北の宮城県亘理郡亘理町では、鮭のほぐし身といくらを使った『はらこ飯(はらこめし)』が郷土料理として有名。今では仙台名物(宮城県名物)として広く知られている。
⇒『筋子』をほぐして『いくら(はらこ)』にし、鮭の切り身をしょう油とみりんで煮る(下準備)
その鮭を煮た煮汁を炊飯器に入れてお米と一緒に炊(た)く。炊きあがったご飯の上に、先ほど準備した『いくら』と『(煮た)鮭の切り身』、お好みで『海苔(のり)』を上に盛り付けて、ハイ出来上がり!というもの。

・・・・とにかく、あっちんさんなりにアレンジした『鮭丼』を頂いたご家族にはかなりの評判だったそうで、“お嫁さんにしたいアイドルNo.1”にまた一歩近付いたみたいですな☆★☆
タイのロケに行った時に日本食が恋しくなったという事は、辛いタイ料理が合わなかったということかな…?
あっちんさんも日本人なんだねぇ~。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(7日)、今日(8日)更新分。

・昨日更新記事……初めに、「クケクケクケ」というトラックバック・オーライ(TBA)でお馴染みの“たくらみ笑い”をしておりますな(笑)
画像も『TBA』で5日にUPした“こじゃれた”料理。一体いつ食べたのだろうか…? 
最近、益々グルメになったきた感があるアヤにャンさんであります☆

どうやら、一昨日近所の銭湯に行った途端、温泉に行きたい気分が沸々と湧いてきたようだ。
『思い立ったら吉日』を地で行くアヤにャンさんらしいね(笑)

大所帯で行くなら、近場ではまず《箱根温泉(神奈川県)》がベスト。駒ケ岳富士山芦ノ湖などの景色が素晴らしく、交通アクセスも便利。
さらに足を伸ばして、お隣の静岡県・《伊豆》《熱海》の温泉町に行くもの良い。
その他、関東では、
「♪草津良いと~こ 一度~はおいで~ お湯の中にもこ~りゃ~花が咲くよ ちょいなちょいな~♪」の草津節『湯もみ』で有名な群馬県の《草津温泉》
日光の観光巡り鬼怒川のライン下りが楽しめる栃木県の《鬼怒川温泉》などが名湯として知られている。

大学生の春休みは2月から3月一杯までと長いからね。これといった宿題も出ないから、今が一番皆と遊べる時期なのかもしれないね。

とにかく、じっくりとご一考下さいな☆彡

・今日更新記事……つい先ほど更新された記事には、『BOSS』ならぬ『BOZU』と表示された灰皿が写っております。確かに、頭がツルツルの“ボウズ”(笑) 

缶コーヒーの『BOSS』をギャグった『BOZU』の小物(グッズ)。普通にインテリアとして売っているんだね(笑) これは、意外にも有名なオシャレな店で売っているものなんだろうかねぇ~??? 

今回は意表を突いて変なものを見つけてきたから、笑いの瞬発力は十分に発揮したと思うよ☆☆☆ 

次回も是非、店に売っている変な物を見つけて来て下さいな~☆★

|

« 今日もギリギリ間に合った。。。 | トップページ | ユカいな平田サン その53 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/8047723

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違い発言も時にギャグとなる。:

» 映画の時代 [MOONの似顔絵エッセイ]
街を歩いていると、目に飛び込んでくる映画の大看板。 大きいものになると畳何十枚にもなるものが、かっては少なくなかった。 これには、特別な思いが私の中にある・・・。  私は、今年還暦を迎え定年退職をする。これを期に、 過去を振り向いてみても許されるのではないかと思い、 ささやかな体験を披露することにした。  まず、最初の煌めく時間を共有してくれた 当時の上司、先輩、同僚に感謝したい。それと”時代”に。  その頃... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 23時14分

« 今日もギリギリ間に合った。。。 | トップページ | ユカいな平田サン その53 »