« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の記事

2006年1月31日 (火)

局アナ人気ランキング発表!!

◎まずは芸能ネタから。アナウンサーネタは久しぶりですね。ま、安住クンはいつも取り上げていますが(笑)

◇アナ人気フジ圧倒…アヤパンら22人ランクイン(夕刊フジ)

オリコンのポータルサイト「ORICON STYLE」が「視聴者が好きなアナウンサー」アンケートを行ったところ、フジテレビの高島彩アナ(26)が女性アナトップであることが分かった。男女トップ20は別表のとおり。男性こそトップはTBSの安住紳一郎アナ(32)に譲ったが、フジは男女合わせて22人がランクイン。他局を圧倒した。
アヤパンの愛称で人気の高島アナは『めざましテレビ』の司会で活躍し、「かわいいだけでなく、さらりと番組を仕切れるところがすごいと思う」「親しみやすいキャラクターに好感がもてる」などが支持の理由。また、高島アナは男性視聴者で1位、女性で4位と特に男性に人気。
女性アナ2位は、今年寿退社をするフジ系『すぽると!』司会の内田恭子アナ(29)。女性で3位、男性でも4位と安定した人気。男性からの人気を誇るTBSの小林麻耶アナ(26)は3位となった。
一方、男性アナでは、昨年の「レコード大賞」司会などで、TBSの看板アナになりつつあり、タレント顔負けの人気の安住アナが2位に大差をつけた。「さんまのスーパーからくりTV」でのブレークから、性別、年齢を問わず幅広い支持を受けているようだ。
また、フジ系「ニュース JAPAN」の滝川クリステルキャスター(28)は、女性で1位を獲得。「知的、上品、落ち着いている」などの姿が高い評価を得た。若年層からは、「憧れの存在」とも見られているようだ。
22人をランクインさせたフジ以外では、日テレ、TBS、テレ朝が各5人で横並び。視聴率競争とは違った局の人気度も透けて見えそうだ。

〈アナウンサー人気ランキング〉
女性               男性
名前   (局)         名前   (局)
高島彩  (フジ)   (1) 安住紳一郎(TBS)⇒北海道帯広市出身
内田恭子 (フジ)   (2) 渡辺和洋 (フジ)
小林麻耶 (TBS)  (3) 羽鳥慎一 (日テレ)
滝川クリステル(フジ) (4) 軽部真一 (フジ)
中野美奈子(フジ)   (5) 安東弘樹 (TBS)
武内絵美 (テレ朝)  (6) 三宅正治 (フジ)
西山喜久恵(フジ)   (7) 笠井信輔 (フジ)
西尾由佳里(日テレ) (8) 伊藤利尋 (フジ)
松本志のぶ(日テレ) (9) 川端健嗣 (フジ)
佐々木恭子(フジ) (10) 福井謙二 (フジ)
馬場典子 (日テレ)(11) 山中秀樹 (フジ)
堂真理子 (テレ朝)(14) 藤井恒久 (日テレ)
下平さやか(テレ朝)(15) 牧原俊幸 (フジ)⇒北海道江別市出身
木村郁美 (TBS) (16) 須田哲夫 (フジ)
中村仁美 (フジ)  (17) 松平定知 (NHK)
小倉弘子 (TBS) (18) 奥寺健  (フジ)
政井マヤ (フジ)  (19) 角澤照治 (テレ朝)
有働由美子(NHK) (20) 福原直英 (フジ)
(オリコン調べ、2006年1/16-20 1000人にインターネットで調査)
[夕刊フジ:2006/01/31 17:23]

アナウンサーといえば、まず女子アナがアイドル並みの人気を誇るが、その中でもフジの“アヤパン”こと高島彩ちゃんが一番人気。これはほぼ予想通りの結果。
ホント、彼女は人気あるよねぇ~。当然ながら、男性には圧倒的な一番人気。
更には、この手の男ウケするタイプは女性に嫌われがちだが、女性の人気も第4位と、案外人気があるのはビックリ。
愛嬌があるばかりだけでなく、お笑い芸人に下ネタをツッコまれても、笑顔でさらりとかわす。
外見に似合わず、機転が利くので意外と仕切れる実力を兼ね備えている。

同じくフジの内田恭子ちゃんは、3月に寿退社するのでランキング入りするのは今年限り。女子アナの場合、30歳目前に迫ると彼女のように結婚するかフリーに転職するケースが多いそうだ。
いわゆる“女子アナ30歳定年説”というもの。彼女の場合は男女共に安定した人気を誇るが、いずれ退社してしまう。ファンの方々だけでなくフジ局内においても惜しむ声がきっと後を絶たないのでしょうね。

TBSの小林麻耶ちゃんは“ブリッコキャラ”でアヤパンに次ぐ男性からの人気を誇る。今回は3位だが、いずれはアヤパンと一騎打ちの様相となるだろう。
ただ、時より男に媚を売るような仕草を見せるので、女性には一番嫌われるタイプだが(笑)

4位はフジの滝川クリステルか…オジサンに大人気のアナウンサーだね(笑) 日本人とフランス人とのハーフ。【ニュースJAPAN】のキャスターを担当。
時より見せる悩ましい表情はオジサンのハートを鷲づかみ(笑)

一方、男性アナウンサーでダントツの人気を誇るのがTBSの安住紳一郎クン。彼は、相手が大物タレントでも一歩も引かない所がイイ!!
何より、お笑い芸人顔負けの的確な鋭いツッコミが武器。どんな役回りでもそつなくこなす。
イケメンでもある彼は、特に中高年の女性に大人気のようだ。

【さんまのスーパーからくりTV】【金スマ】【ぴったんこカン・カン】が主な担当番組。

北海道帯広市出身の道産子【ぴったんこカン・カン】では、番組ゲストや久本雅美さんを度々北海道旅行に案内している。

ちなみに、先ほど放送となった同番組では、ちょうど函館グルメの旅を浅野ゆう子さんと満喫していたしていた。
夜景で有名な函館山から函館市を一望するところから番組スタート。函館朝市でカニやホタテを食べまくったり、教会が立ち並ぶ異国情緒の漂う函館街並みを散策し、名物ソフトクリームを早食いして悶絶(笑)
フランスレストラン五島軒名物カレーを食したり、乗り物マニアの安住クンの希望により青函連絡船記念館・摩周丸を見学。
イカ釣り漁船に同行し、釣ったイカを函館湯の川温泉平成館海洋亭でさばいて貰い、函館名物のイカソーメンを堪能、最後は駒ケ岳を望む大自然の中、大沼に浮かぶボートの上(湖上)で北海道名物ジンギスカンを食べる。

旅の案内をさせたら、アナウンサーでは彼の右に出るものはいないね。非常に面白かった。
やっぱり、時々飛び出す地元ネタがまた面白い。

「(北海道では)PTAの集まりや桜の花見など、人が集まればジンギスカンをやっている」という彼の言葉には思わず納得(笑)

ちなみに、「北海道ではどこの家庭でも必ずジンギスカンの鍋がある」というのは、極楽とんぼの加藤浩次クン(札幌市生まれ)の弁。
…確かに、ウチにもジンギスカン鍋はあるね(笑) 暫く奥のほうにしまってあるけど。。。

あとは、、、同じく道産子アナウンサーでは、【どんねるずのみなさんのおかげでした】の「食わず嫌い」のコーナーを担当するフジの牧原俊幸さんですね。札幌市の隣町(ベットタウン)の江別市出身。
何と言っても、安定感のある司会の仕切りに定評。どんなジャンルも安心して任せられる。キャリアが約22年と、既にベテランの域。
しかし、どちらかと言うと、彼はバラエティよりも報道向きでしょうね。
ニュースキャスターとして、もっと重宝すべき。

それにしても、フジのアナウンサーは強いね。特に女子アナはタレント化しているからだろう。片や男性アナウンサーは実力ぞろい。
只今視聴率も絶好調なので、しばらくフジの天下が続きそうである。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(1月30日月曜日)更新分。

『かっぱえびせん“お茶漬け海苔味”』を持って嬉しそうに微笑んでいる姿。元々彼女は『お茶漬け海苔』好きなんだとか。

…知らなかったよ。いつの間に、こんなのがあったのだろうか…!!?
確か、近くの店には売っていなかった気がするが…果たして。。。

どうやら、『かっぱえびせん』カルビー『お茶漬け海苔』永谷園とのコラボレーション(共同開発)した商品らしい。

これは1月16日に全国発売されたもの。何と!2月上旬には販売を打ち切ってしまうとか…パッケージにも書いてあるように“期間限定”のお菓子のようだ。
販売数も限定されているのでしょうな。

かっぱえびせん好きとしては、なくならないうちに是非!探して買ってみなきゃね!! 
当然ながら、お茶漬け海苔の味なんでしょうが、、、美味しいのかどうか非常に興味があるよ。

でも、既に売り切れてたらどうしよう。。。

そして、更にその日は恵比寿名物『恵比寿様焼き』も食べたそうだ。ヒナちゃん曰く、

「タイ焼きみたいなので中はアンコと白玉が入ってたよ☆これで運が良くなるかなぁ(b≧∇≦)b」

とのこと。

これも初耳。恵比寿では有名なものなのか??

調べてみたら…恵比寿の煎餅屋【(有)ちか八】という店で売っているものらしい。

店名にも有るとおり、この店は50年の歴史を誇る御煎餅が主力商品なのだが、
あんこたっぷりの恵比寿名物『恵比寿鯛焼き』と、あんこに加えて、金運・幸運・恋愛運…何でも叶う 恵比寿様のご利益の詰まった白玉が入った恵比寿名物『恵比寿様焼き』も合わせて販売しているらしい。

“あんこは北海道産小豆100%”という、素材にこだわったものだとか。更には、2月はバレンタインチョコレート。4月は桜あん。5月は新茶に合せて抹茶あん等など季節に応じて、中に入るあんのバリエーションがかなり豊富らしい。

ウマソ~。。。出来れば食べたいが…まず無理(苦笑)

何でも『芸能人ご用達! ・・・あなたも会えるかも・・・』とか(笑)ま、それだけ有名な食べ物なんでしょうな。

もし恵比寿に寄ったら、是非食べてみて下さいな…☆★

・・・・それにしても、彼女もかなりの“食いしん坊”ですね(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日付け記事(今日更新分)。

一昨日に続き、昨日も3キロランニングをしたとか…これは凄いねぇ~~!!!まさしくフットサル効果だ!!!!
以前はコテコテの文化系だったアヤにャンさんが、今や完全に体育会系に変身したよ(笑)

更にその後は、歌の練習ですか!!?…確かに、お腹の底から発声すると腹筋を使うのでとても良いですネ~♪♪♪

・・・ホント、以前と比べてかなりタフになりましたね~...いゃあ~~非常に頼もしい!!!

この調子なら、2月23日に行なわれる本番の大会もバッチリですな☆☆☆

アヤにャンさんのような“食いしん坊”には、フットサルやランニングなどの運動はピッタリ!!!
毎日フットサルやランニングをするとスタミナや脚力が付くし、今までどおりに大好きなお菓子など美味しいものを沢山食べる事が出来るわけだからね。
アヤにャンさんの言うように運動した後は気分爽快になるし、第一、ストレスも溜まらない。

そして!何と言っても!!ナイスバディに磨きが掛かっているそうですね~~!!!! 肉体改造という言葉が飛び出すあたり、既にスポーツ選手の域に達してるよ(笑)

・・・・まさにこれが理想形。非常に健康的です☆★☆

今後はもっとナイスバディになりますよ~!!!是非期待しましょう…!!!

後は、美容(美肌効果や豊胸効果など)と健康(血液サラサラ効果、コレステロール低下など)に非常に良い、納豆や豆腐、黒豆茶などの大豆(黒豆)食品を毎日たくさん摂れば文句なしだねっ☆★☆

さてさて、画像はというと、、、トラックバック・オーライにも同じものをUPしていますが、このデザート美味そう~~!!!! アイスクリームかな???

運動しているからこそ、思い存分“お菓子大名”を満喫できるわけなんですよね~♪♪♪

・・・ホント、運動サマサマですな☆☆☆

確か、今日か明日にも【チャクチャクj.b】との練習試合が再び行なわれる予定だとか。

以前アヤにャンさんがグラドルTVで共演した山本早織ちゃんのブログをたまたま先ほど覗いたら、その旨が書かれていました。
我が【南葛YJシューターズ】の情報を仕入れるために、時間の許す限り、敵チームの選手のブログもなるべくチェックするようにしております…☆

・・・・よし!!リベンジだぁ~!!!今度こそ【チャクチャクj.b】に一矢を報いて欲しいですネ~~!!!!

頑張れ!! アヤにャンさん!!! 
ビバ!!南葛YJシューターズ!!!

…あっ!言い忘れるとこだった…!!

先ほど、24時間限定の【まんとら~マンガ虎の穴~】のストリーミング配信をパソコンのHDDに保存しました。
後でゆっくりと拝見したいと思います!!!!

黒猫ちゃんのコスプレ姿なまら可愛い~~っっ!!!!!

やっぱりアヤにャンさんのネココスは一番似合いますね~~♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その59

◎昨夜2日ぶりに、平田裕香嬢のブログが更新されました。では早速、今回も厚かましくコメントを書かせて頂きますよ☆

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・昨日(1月30日月曜日)更新分。

今回は、大変な思いを経験した日曜日の出来事が主な内容。現在、本番に向けて着々と進んでいる記念すべき裕香嬢の初舞台『デビルマン~不動を待ちながら~』稽古日程に関するハプニング。

すべては、裕香嬢のおっちょこちょい(勘違い)から始まった出来事(苦笑)
今回の更新された記事には、その当時の状況を順を追って説明している。

どうやら、予め稽古の日程表を入念にチェックしなかったようだ...らしいといえばらしいけど、当時その度重なるハプニングに直面した本人はかなり憔悴しきっていたようです。
何でも、その日は精神的に目一杯な一日だったとか。。。ご愁傷様です。

――――この日に限ってはいつもと?違う場所で舞台稽古を行なう事に、当時裕香嬢は全く気付かないまま食事を済ませ、急いで電車に乗り、その後30分位でいつもの?稽古場に着いたが、当然ながら誰ひとりいなかった。これは大変!!

瞬時に嫌な予感がしたため、改めて稽古の日程表を確認すると、その場所とは全く違う場所名前が書いてある事が判明!!! 急いでマネージャーさんに携帯で当時の状況や稽古に遅れる旨を報告。
追い討ちをかけるように、マネージャーさんが日程表とは違う場所を仰った(おそらく誤報)ので、裕香嬢は何がなんだか分からなくなってしまった。
とりあえず、慌てて駅に引き返し電車を待つ事にした。

ここで裕香嬢は、当時の自分の状態を北海道弁で“わやんなり始めました”と表現している。

まず、北海道弁の『わやになる(わやに+成る)』(形容動詞の連用形+動詞)が変化した(撥音便の)“わやんなる”は、「めちゃくちゃになる、ひどくなる、ダメ(ご破算、失敗)になる、」と言う意味。
ちなみに、わやだ』(形容動詞の終止形)は「めちゃくちゃだ、ダメだ(ご破算だ、失敗だ)」と言う意味。
そしてわやになる(わやんなる)』に『~(なり)始めました』(動詞の過去形)が加わると、『わやんなり始めました。』=『めちゃくちゃになり始めました。』との意味になる。

…要は、当時裕香嬢の頭が混乱して冷静な判断ができなかったということなんですな。一体、何処へ行けば良いのか分からなくなったようだ。
更には、その直後にやらかしてしまった『乗り換えの時電車を乗り間違る』とは、まさに頭がパニクって(テンパって)電車の乗り方すら把握できなかった様子なんでしょう。

そして、折り返しマネージャーさんから連絡が来たが、今度はその携帯の電池もあと一個で切れてしまうといった、不運に不運が重なる“泣きっ面に蜂”状態。
その後、地下鉄に乗り換えたらしいですが、その時の記憶が飛んでしまったぐらい、かなり気が動転していたようだ。

しまいには、その大変な状況の最中に『(外人さんに英語で)商店街の中心でナンパされた』との事ですが、いつの間にか商店街に迷い込んでしまった裕香嬢の姿を見かけた外人さんが、そのステキな大和撫子にすっかり魅了されてしまい、いきなり裕香嬢に近付いて愛の言葉でも囁いた(叫んだ)のでしょうか??

・・・・いわゆる“商店街の中心で愛をさけぶ”ってヤツですか(笑)

まぁ、そんな呑気な場合じゃなかった裕香嬢はどうする事も出来ず、途方に暮れて天を仰いだとか...これはちょっと可哀相すぎますよ。
困っている裕香嬢を見かけたら、誰か助けてあげれば良いのに…同情します。。。

…で、結局はその稽古場に着いたのでしょうか…???
たとえ無事に辿りついとしても、大幅に遅刻したのでしょうね…。

今回はもう、起きてしまった事はしょうがないんですよ。
たとえ、印象深い「とても澄み切った冬の青い空が底知れず広がっていた」素晴らしい天気の昼下がりであっても、この日の出来事は全て悪夢だと思ってすっかりと忘れ去りましょう!!!

そして、気持ちを切り替えて舞台稽古に励んで下さいな…☆☆

・・・あっ、今後は出かける前など、稽古の日程表を入念にご確認を。。。

余談ですが、その日の朝食として裕香嬢が作ったという『ソーメンチャンプル』って美味しそうですね♪♪ 沖縄風ですか??それともオリジナル???
どうやら、この手の軽食を作るのが得意なようです(笑)

※いつものようにトラックバックします。出かける際は、鍵などの貴重品もお忘れなく…!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

果たして“ぐっさん”の園長役はハマり役になるか…?

◎まず最初は、2日ぶりに芸能ネタから。

◇ハマリ役?ぐっさん飼育係「奇跡の動物園」の軌跡の物語(サンスポ)

歩くペンギンの姿を見守る山口智充(左)と戸田恵梨香=北海道旭川市の旭山動物園
タレントの山口智充(36)が、今春放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「奇跡の動物園(仮)」に主演することが29日、分かった。日本最北にある北海道旭川市の旭山動物園が廃園寸前から入園者数日本一になるまでの軌跡を描いたドキュメンタリードラマ。ヒロインの新米飼育係を女優、戸田恵梨香(17)が演じる。幼少時の夢が動物園の園長になることだったという山口は、このほど同園で撮影に臨み、「ドラマを通して夢がかなった」と大喜びだった。
辺り一面銀世界が広がる雄大な園内で、山口扮する飼育係・坂内禅が同園の“冬の名物”となった「ペンギンの散歩」を初めて成功させるシーン。氷点下4度という厳寒の中、山口は作業着にゴム長靴という格好で寒さを吹き飛ばす熱演を見せた。
入園者数の減少で廃園寸前に追い込まれた弱小動物園が、園長や飼育係の熱意と動物本来の生態や魅力を伝える多彩なアイデアで入園者数日本一となるまでの感動が描かれる。
同ドラマの加藤義人プロデューサーは、ドラマ化について「地方で交通の便が悪い旭山が日本一になったことはいろんな形で報道されたが、その裏側で動物園で働く人々がお客さんに何を伝えたかったのかを描きたかった」といい、「山口さんは明るく動物たちとの距離感が自然に近く感じられる。戸田さんは若い人たちに命の大切さや動物の温かさを伝えられると思った」と起用理由を説明した。
抜擢された山口は、自身のブログに「幼いころの夢は動物園の園長だった」と書くほどの動物好き。撮影の合間に取材に応じ「子供のころの夢が実現してうれしい。動物に優しさや思いやりを持って接したから旭山は成功したと思う。動物園に行きたいって思ってもらえるよう頑張ります」とハッスル。すっかり動物園に魅せられたようで、「飼育係に転職!? 十分ありえます。常に自分に合うことを探しているのでバチっとはまればそっちに行くかも」と仰天発言まで飛び出した。
一方、戸田は「こんなすてきな動物園があるんだって感動しました。命の大切さや動物の生き生きした表情。飼育係の元気な姿が画面を通して伝えられれば」と張り切っている。他に俳優、津川雅彦(66)、小出恵介(21)らが出演。感動の動物ドラマが新たな“旭山ブーム”を作りそうだ。
★小菅園長「非常に楽しみ」
同園の小菅正夫園長はドラマ化について「非常に楽しみ。事前にスタッフや役者の方々が、僕たちが何を伝えたいのかを聞いてくれた。旭山を十分理解して演じてくれるのがうれしい」と素直に喜びを語った。
今後については「動物たちはありのままの存在が一番の魅力。今まで通り幸せな彼らを見てもらえるような環境づくりに徹していきたい」と話し、「ドラマを機にたくさんの人が動物に関心を持って動物園に足を運んでくれたらうれしい。全国の動物園も活性化してくるし、旭山にもぜひ来てもらいたい」と笑顔で語った。
【旭山動物園】
昭和42年7月1日に開園した北海道旭川市にある日本最北端の動物園。同60年代には、入園者数が減少し廃園寸前になった。だが、園長を筆頭に飼育係らが旭川市と交渉を続け平成7年、動物本来の生態や魅力をさまざまな角度から見せる展示方法行動展示」を開始。これが人気となり平成16年7月、月間入園者数が東京・上野動物園を抜き初めて日本一に。昨年夏季(7-9月)は3カ月連続で月間入園者数日本一になった。来夏にはチンパンジーが自由自在に動く姿を空中トンネルから観察できる「ちんぱんじー館」がオープンする。

かつて廃園寸前に追い込まれたのが、類まれなアイデアで日本一の動物園となったというサクセスストーリーが今や伝説と化した旭山動物園

たとえ交通の便が悪くても、アイデアと熱意次第で入園者数が日本一になれるんだと立証した。

何といっても、同動物園の“冬の名物”である「ペンギンの散歩」は大人気企画。
冬の北海道観光の目玉として、今季も国内外から多数の観光客が訪れている。

それに、毎年新たな動物の施設が出来上がるので、リピーターも非常に多い。一度見に行ったら、もう一度見たくなる…。
まさに“動物のテーマパーク”“動物のディズニーランド”だ。

それに、園長さんや飼育係の方々の動物に対する愛情がこんなに伝わってくる動物園もかつて無かった。ただ単に、お金を掛ければ良いというのではない。
大成功したのは、動物本来の生態や魅力を最大限に表現したアイデアだけでなく、何処の動物園にも負けない彼らの熱意・情熱あったからこそ。

その日本一の立役者である小菅正夫園長役に、多彩の顔を見せる“ぐっさん”こと山口智充さんが演じる。
平畠啓史さんとお笑いコンビDonDokoDonを組んでいるが、現在はもっぱら単独での活動が多い。というか、DonDokoDonの存在すら既に忘れられているが…(苦笑)

本職のお笑いだけでなく、抜群の歌唱力を生かしたギターの弾き語り、ものまねが得意ジャンルで、最近は役者としてもイイ味を出す。
更に、愛嬌のある親しみやすいキャラクターもぐっさんの人気の秘密。

そんな芸達者のぐっさんがどのように小菅園長役を演じるのか是非見てみたいものである。このドラマはフジテレビ系で春に放送予定とか...非常に楽しみ!!

ちなみに、現在男性アナウンサーで人気No.1のTBS・安住紳一郎クン(北海道帯広市出身)曰く、

「ここ(旭山動物園)を外したら、北海道に行った意味がない!!!」

『ぴったんこカン・カン』で力説していた。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月29日日曜日)更新分。

・昨日更新記事……ほぉ~、【金のつぶ “梅風味”黒酢たれ納豆】ですか。これは酢の製造メーカーでもある【ミツカン】が製造・販売しているもの。
【金のつぶ】シリーズの納豆は大好きなので、よく買って食べておりますが、そういえば去年の春頃からこの商品が売られていましたよね。
どういうわけだか、この納豆を食べる機会がなかなか無かったのですが、これは是非一度試してみる価値がありそうですな。

で、その納豆に黒胡麻をスプーン1杯加えて一日1パックか2パック食べているらしいですね。健康系の雑誌に載っていたらしいですが、健康に良いだけでなく胡麻の香ばしさが納豆に合うのでしょうね。
胡麻は、カルシウム、鉄分、ビタミンB群やビタミンEなどが豊富に含まれているので、非常にカラダに良い。
納豆にはカルシウムが骨になるのを助けるビタミンKや大豆イソブラボンが豊富に含まれているので、カルシウムが豊富に含まれる胡麻と合わせて食べると骨の強化(骨粗鬆症予防・効果)にもつながる。

大豆イソブラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをするので、美容効果(美白作用、保湿性の向上といった美肌効果など)、豊胸効果、生理不順の改善など女性にはとても必須な栄養素らしい。
その他、更年期障害・乳がんの予防・血圧・血清コレステロールの低下にとても良いそうだ。

だから、納豆に胡麻を合わせて食べると美容と健康維持にとても良い効果を発揮するとの事がその雑誌に書いてあるのでしょうね。
特に、美肌に人一倍気を使う職業でもあるアイドルなら毎日納豆を食べるべし!!!! 
…関西方面の人など、納豆がどうも苦手だなぁと思う人には【金のつぶ におわなっとう】が是非オススメ!!! 納豆独特の臭みがないので非常に食べやすいと思います☆
口元が気になる出勤前にもオススメの納豆ですよ~!!!

私も一日1パックか2パックの納豆を食べておりますよ。
特に、朝食に納豆を食べるとその日の体調が良い場合多いので、なるべく朝に食べるようにしております。
なるほどね、、、明日から納豆に胡麻を入れてみよう。。。

そうか…道理で最近まゆまゆさんの美肌が顕著になっている訳ですね。昨日で「納豆+黒胡麻」の組み合わせを試して5日目だそうですが、その納豆は“梅風味”で美味しい上に黒酢も入っていてカラダにとても良いわけですから、今後も毎日続けて損はありませんよ~!!
食欲がない時も、納豆だけでも食べておくと体調面で全然違いますので、これからも納豆を毎日食べましょう!!!!・・・・但し、言っておきますが、私は業者の回し者では御座いません。あしからず(笑)

あと、大豆といえば、豆腐や味噌(味噌汁)もあるし、最近特に注目を浴びている黒豆(黒大豆)の各食品も大豆イソブラボンの効果が期待できるので、納豆と合わせて食べると効果は倍増ですな☆☆☆

さて、タイトルにも有るとおり、一昨日久々にバスケットで張り切りすぎたのか、翌日の昨日は全身筋肉痛だとか。
…直ぐ翌日に筋肉痛になったという事は、それだけ若いという証拠なんですよ!!
少なくとも、1日,2日遅れて筋肉痛になるよりはマシ。

今後も定期的にバスケの練習をするうちに体も慣れてくることでしょう。体力も付くだろうし、何よりストレス解消になって楽しいと感じるわけだから、まさに良いこと尽くし。
これからも、「納豆+黒胡麻」と共に、出来るだけバスケを続けて下さいな☆☆

・今日更新記事……毎週恒例の『週刊!まゆのいちおしグラビア』。第44回目。

今回取り上げたのは、先週発売の『週刊プレイボーイ』に掲載されている和希沙也(かずき・さや)ちゃんのグラビア。
同じプレイボーイの表紙・巻頭グラビアを飾っている熊田曜子ちゃんと迷ったそうですね。
確かに、今回の熊ちゃんはいつものセクシーな圧倒する雰囲気と違い、かなり柔らかい表情ですね。
まゆまゆさんが「幼い感じ」と表現したように、普段の素の表情をそのまんま出した感じなのでしょうね。

和希沙也ちゃんは1983年7月23日生まれ。滋賀県草津市出身。特技が水泳で、幼少時代は地元・滋賀県にある琵琶湖で水泳の特訓をしていたそうだ。

2001年にホリプロ大阪のアイドルユニット【HOP CLUB】のメンバー(1期生)としてデビュー。

2002年に講談社主催のミスマガジン2002「グランプリ」に約1万5000人の中から選ばれた。
ちなみに、ミスマガジン2002「ミス週刊少年マガジン賞」に輝いたのは“しょこたん”こと中川翔子ちゃん。

【HOP CLUB】の関西系アイドルとして、当初は関西での活躍が多かったが、【HOP CLUB】卒業後、本格的に東京へ進出ホリプロ大阪ホリプロ
去年からバラエティ番組での活躍が急速に増えた。特にお笑い芸人との絡みで力を発揮するタイプだからだろう。天性の明るさと天然ボケ、ブリッコキャラが武器でバラエティに最も適したタイプ。
そのためか、お笑い芸人の間でも人気上位のアイドルらしい。
ほしのあきちゃん、熊田曜子ちゃん、安田美沙子ちゃん、夏川純ちゃんらとともに島田紳助さんがお気に入りのアイドルのせいか、紳助さんとの共演も結構多い(『島田検定』『クイズ!ヘキサゴン』『行列のできる法律相談所』『世界バリバリ☆バリュー』『クイズ!紳助くん』など )

大物お笑い芸人と絡みやすい、もしくは気に入られるか否かが、バラエティでブレイクするかどうかの決め手となるが、彼女はまさにその典型。

また、沙也ちゃんはデビュー当時から現在に至るまでグラビアで活躍中。今までリリースした写真集は5冊(単独は4冊)、DVDは8枚(単独は6枚)。

童顔なせいか、実年齢(22歳)よりも幼く見える無邪気な表情と、時より見せるセクシーな表情とのギャップが魅力のようですな。

今回のグラビアについて特に
「触りたいと思うようなスタイルとポーズ」という寸評は、まゆまゆさんは完全に男性目線で彼女を見ていますね(笑)
おそらく、この寸評に共感を覚えていらっしゃる方々も多いと思います。

ちなみに、沙也ちゃんのファーストトレカの発売記念イベントが28日(土)に書泉ブックマートにて開催されたそうな。。。

とにかく、来週も『週刊!まゆのいちおしグラビア』に期待しましょう☆★☆

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(29日)、今日(30日)更新分

携帯で更新できるようになってから、最近は頻繁に更新するようになった。

1枚目は、ブログで初披露のチャット画面。ほぉ~、このようになってるんだ。チャットお疲れちゃん~☆

2枚目と3枚目は、【どうぶつの森+】をプレーするNINTENDO DSの液晶画面。彼女もまたゲーム好きのようだ。

「タイをつりあげた!めでタイ!! 『あ、いっちゃった・・・』」とは…このゲームの開発者は途方もないダジャレが好きなんだね(笑)

4枚目は【ドン・キホーテ】で購入した『初恋梅』というかなり酸っぱい梅を見せる彼女。しかし、この酸っぱさがまた良いんだとか。
かなりの梅好きですな(笑)

5枚目は、オシャレで気の早い(笑)彼女が購入した春用のサンダル。ピンクのラメ入り。早くも春仕様か…。。。

6枚目は、テレビに映った【ミッフィー】が思わず懐かしくなって、ついパチリと写してしまったらしい。
【ミッフィー】は子供の頃に大好きだったキャラクターなのだとか。

7枚目は、彼女が自分で書いたイラスト(イメージ画)。独特の画風が非常にコミカルで面白いと思いますよ☆☆☆
友達にも好評で一枚500円で買ってくれるそうですが、心優しい彼女はタダであげたとか。
…へぇ~イラストが得意だなんて初めて知ったよ。今後はプレゼント用としてイラストを頻繁に書いてみたら…?
将来はイラストレーターとしての道もあるかも。。。

8枚目は、とても美味しそうな『キムチ鍋』。しかし、どうやら作りすぎたようだ(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(29日)更新分。

昨日は、ここ2日間ほどフットサルで走り回っていなかったせいか、体がムズムズして仕方が無かったらしい。
そしてついに思い立ち、ランニングを始めたら、気付いたら2キロを楽々と走り抜けたとか。
アヤにャンさんはフットサルを始めてからスタミナがかなり付きましたね~~!!!
走った後は、全然疲れなかったとか。。。
いやぁ~~非常に頼もし~い!!!!

フットサルでの運動量は確かに凄いかもしませんね。
フットサルの場合は相手選手とボールを全速力で追いかけるので、対照的にマイペースで走るランニングの方が軽く感じるかもしれません。
これから練習を重ねるごとに、以前にも増してタフなアヤにャンさんになるやもしれませんゾ!!!

さてさて、tvk(テレビ神奈川)で今日深夜放送(月曜深夜1時15分~)の『まんとら~マンガ虎の穴~』にアヤにャンさんがいよいよ登場するらしいですね!!!
1月16日の日記によれば、収録中にネココス(猫のコスプレ)をしながらマイペースでガンプラを作ったとのこと。

私は放送後に24時間限定(30日深夜1時45分~)で配信されるのをとても楽しみにしておりマ~ス!!!!
早くめっちゃ可愛いアヤにャンさんのネココス姿が見たい~~っっ!!!

ちなみに、、、毎度おなじみのトラックバック・オーライ(TBA)によると、アヤにャンさんと共に“水瓶座3人娘”の徳川葵ちゃんも同じアニヲタであることが判明!!
大量にレンタルした【機動戦士ガンダムSEED】を号泣しながら見ているとか…アヤにャンさんと同類だ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

すっかり恒例となった?週プレのブログランキング!!

◎今回はいつもと指向を変えて、以前も取り上げた週刊プレイボーイに連載されている【アイドル&有名人ブログランキング】を紹介します。
今後シリーズ化しようか検討中。。。

◆週プレ超厳選【アイドル&有名人ブログランキング】

先週発売週刊プレイボーイ掲載分のブログランキング(1位から5位まで)を以下に列挙します。

・1位……中川翔子『しょこたん☆ブログ』(先々週1位→)

言わずと知れた“新・ブログの女王”“ブログプリンセス”しょこたんこと中川翔子ちゃんの大人気ブログ。
先々週から1位を奪還し、引き続き1位をキープしている。
何と!昨日(1月28日)に自己最多更新記録となる一日70回更新を達成!! 今度は10000更新を目指すとか…マジかよ。。。(^^;
その内容とは...レギュラー出演番組王様のブランチ楽屋裏(金田美香ちゃんらと)ショット、愛猫“マミタス”と“ちび太”の溺愛ショット、友達の喜屋武ちあきちゃんや彼女の妹さん(喜屋武姉妹)と3人でコスプレ大会、ちあきちゃんの手料理(オムライス)、最近買ったパソコンと画像処理ソフトを使ってイラスト作成など、ヲタクライフを満喫している様子。

・2位……河辺千恵子『ちえこです!ブログです!山田です!』(先々週2位→)

ご存知、週プレいちおしの山田ブログ。しょこたんブログと激しい首位争いを展開中。昨日は山田ブログ恒例“山田祭り”の第8回目が行なわれた。
“山田祭り”とは、ブログを見ている人から質問を募集し、それに対して彼女が一人一人に返事を書くというもの。昨日は約200人もの質問が集まった。気の遠くなるような作業、ご苦労さん。
最後はいつものように、出演番組の英語でしゃべらナイトならぬ『英語でしめナイト!』で締めるのであった。。。

・3位……阿井莉沙『Risa's Meaning』(先々週4位↑)

最近はランキング上位に定着。目指すは首位奪取!!
日頃から面白いもの、変わったものを探すのが大好きな彼女。昨日は友達と食事に行った店で面白いメニューを発見。「海老ピラフ」ならぬ“海老プラフ”というマヌケな誤植にツッコむ彼女。
とうとう、いてもたってもいられなかったのか店員に『海老プラフってなんですか???????』と質問。それに対し店員は『海老ピラフのことですけど』言いつつも、地味に切れ気味だったとか(苦笑)
まぁ、ツッコミたくなる気持ちは分かるよ。
で、結局は『高菜ピラフ』を注文する事に。。。
どうせなら「“海老プラフ”下さい」と頼めば良かったのにね(笑)
3日前は、中学時代からの親友と心温まる友情話。そして、もうすぐ高校卒業なので、残されたクラスメイトとの時間を目一杯楽しむと宣言。思い出を沢山作って下さいな☆

・4位……浜田翔子『浜田翔子のストロベリーショートケーキ』(先々週-)

初のランキング入り。“もう一人のしょこたん”“はまショー”こと浜田翔子ちゃんのブログ。いかにも“ザ・アイドル”という感じの背景のデザイン。私と同じ【ココログ】ユーザーだ。
2003年に現役高校生のレースクイーン(チームエンドレス“エンドレスクイーン”)として抜擢後、持ち前のロリータフェイスを武器にグラビアやバラエティ番組、映画、ドラマ、CMで活躍中。2005年に日テレジェニック2005のキャンギャルにも選ばれる。今まで、DVD7本、写真集1冊をリリース。眞鍋かをり嬢や小倉優子りんらと共に【アバンギャルド】所属で、“ポスト小倉優子”の最右翼候補。
今年の元旦でめでたく20歳を迎えた。京都出身のはんなりとした“京おんな”。
よく同じ“しょこたん”の中川翔子ちゃんと混同される。過去にTVやグラビアで“W翔子”として共演した事がある。

昨日は、名古屋CBCの番組晴れ・どきドキ晴れで共演した“あるある探検隊”の【レギュラー】との2ショットなど。今日は朝からアニヲタ&特撮マニア?らしくポケモン』『魔法戦隊マジレンジャー』『仮面ライダー響鬼』『ふたりはプリキュア マックスハートを立て続けに見ながらお菓子三昧とか。
その後は【大阪撮影会】に出演。貰ったチョコレートを堪能したり、定食屋で御飯と味噌汁のお袋の味(なご飯)を久々に味わう。

・5位……須藤温子『須藤温子のASAP』(先々週-)

初のランキング入り。新進女優・須藤温子ちゃんは14歳の時、1997年第7回全日本国民的美少女コンテストグランプリを受賞し、芸能界入り。1998年1月~3月『おはスタ』の“おはガール”として活躍。
1999年歌手デビュー、2枚のシングルをリリース。2000年頃から女優業に専念。2002年に大林宣彦監督作品『なごり雪』のヒロイン・雪子役で出演し、好評を得る。
今年は、主演映画『ちゃんこ』が公開予定。清純派女優として活躍中。

日常生活をつづる、至ってタレント日記風の内容。ほのぼの系のブログだ。趣味が多彩なので、様々なジャンルの話題が飛び出す。
週プレの編集者に彼女のファンが存在するのだろう。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月28日土曜日)更新分。

高校時代の女子バスケット部仲間が結成したバスケのクラブチームに参加。今回で二度目の参加だそうだ。

久々のせいか、昔のように体が上手く反応しなかったようですが、練習を重ねるうちに、かつて強豪バスケ部で3年間レギュラーを張っていたまゆまゆさんの実力が蘇る事でしょうね。

画像は、チームリーダーの“こず”さんとの2ショット。まゆまゆさんは短パンを履いてかなり張り切ってるねぇ~♪ まるで水を得た魚のように生き生きとしている感じが見受けられる。
今回の練習参加によりバスケが大好きなんだと再確認できたようなので、今後も出来るだけ参加されたらどう…?

昨日はお疲れさんでした☆★☆

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(28日)更新分。

昨日は、ヤマギワソフト館及び石丸電気ソフト2で行なわれた6thDVD『100カラット』の発売記念イベントに出演。
主に、来てくれたファンの方々に対しての感謝の弁や、
1回目更新の記事は、昨日正直に現在の心情をこぼしてファンの方々に心配をかけたことに対しての謝罪や、1つ目のイベントが終了した直後の感想や2つ目の予告など。
2回目は2つのイベントが終わり、帰宅中の電車の中で更新したことなど。

昨日のイベントの様子がスポニチアネックスの『アイドルレポート』にて掲載されております。

⇒『河合ヒナ 100センチKカップの衝撃

コメント欄は、実際に参加された方々を含めた、労いの言葉で埋まっております。昨日の今日ですから、皆さんはかなり心配されていたようですが、とにかく元気そうで何より。
お疲れさ~ん☆★

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日(28日)更新分。

ママさんと朝からファミレス?に行き、『チョコレートフォンデュ』を注文。期間限定メニューだそうだ。以前テレビで紹介されて、昨日になって突然食べたくなったのだとか。
画像はその色とりどりの食材と、溶かしたチョコレート。
ほほぉ~美味しそうだねぇ~~~!!!! 特にマシュマロにチョコレートをつけて食べる方法は一度やってみたい!!
一度『チョコレートフォンデュ』というのをやってみたいものですねぇ~♪♪♪

しかし、この日は、どうも食べる気があまりしなかったらしい。マイクロダイエット(昼と夜)の影響だろうか...。

う~ん…...正直かけてあげる言葉が見つからない…。
あまり無理をして欲しくないんだよなぁ~。。。

このままだと、明らかに体力やモチベーションが低下してしまうから、せめて大会1~2週間前になったら一時休止して欲しいよ。
今後のフットサルの練習や試合に影響しないかとても心配であります。。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(28日)更新分。

昨日はまずオーディションがあり、その場で絵を描かされる課題にチャレンジしたそうな。
お得意の絵画ならば、きっと上手く描く事が出来たでしょう。

結果はどうなったかは分かりませんが、今回オーディションのコツなどを掴んだなら、それだけで大きな収穫です。
今後受けるであろうオーディションに是非繋げて欲しいと思います!!!

とにかく、昨日のオーディションお疲れちゃ~~ん☆☆☆

同じく昨日、美大に通っているお友達が製作した指輪を誕生日プレゼントとして頂いたそうな。同じアーティスト仲間のようですな☆★

シルバーアクセサリーの“達人”に作ってもらったそうですが、以前からスカジャンなどカジュアル系ファッションに似合う指輪をリクエストしていたそうだ。
実際に現物を見てみると、植物を意識したようなデザインで、アヤにャンさんもかなり気に入った様子。良かったねぇ~~♪♪♪
しかし!肝心な事にアヤにャンさんの指のサイズと一致しなかったらしい。。。むむむ

そこで、アーティスト・アヤにャンさんの本領発揮。せっかく頂いたのだから、決して無駄にはしない。
画像にも写っている通り、その指輪をベルトのアクセサリーとしてアレンジし直したようだ。

なるほど!!斬新的でグッドアイデアですネ~~!!!! グットデザイン賞モノですな☆★☆

最近の傾向として、アヤにャンさんが欲しがっているターコイズのバックルで装飾されたものなど、宝石やアクセサリー類を際立たせたベルトが流行していますからね。
そういった意味では、将来は指輪のようなアクセサリーをバンドに付けるのが流行るかもしれませんね~。。。

これからも持ち前の芸術センスを発揮して、オリジナルの装飾品やベルトなどを製作して下さいな~☆☆

ホント、アヤにャンさんはオシャレになりましたねぇ~。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

一夜明けると“拍子抜け”の結末へ

◎まず始めにいつもの芸能ネタですが、昨日取り上げたネタに関する“続報”です。

◇ボビー事務所と和解、涙の謝罪会見(スポニチ)  

ムルアカ氏に抱きしめられ涙ぐむボビー(右)
都内の所属事務所で大暴れする騒動を起こしたタレントで格闘家のボビー・オロゴン(39)が27日深夜、都内で会見し「深く反省しています」と謝罪した。事務所にも謝罪して和解し、今後も活動を続けていくことになったという。金銭トラブルでの全面対決の様相を見せていたが、今回の騒動について、同席したジョン・ムウェテ・ムルアカ氏(44)は「アフリカにはよくあること」と弁明。すべてうやむやになりそうだ。
事務所内で大立ち回りを演じ「殴った」「殴られた」の舌戦を繰り広げたムルアカ氏と行った会見。ボビーは独特の口調で「反省しでまとぅ」「本当にごめんなさい」「もうじわけ(申し訳)ありません」などと謝罪した。
時折、涙を浮かべ、ムルアカ氏にすがりつく場面すらあったものの「殴ってないし暴れてない」と強調。騒動が起きた25日、所属する「R&Aプロモーション(R&A)」には、ギャラの支払いなど金銭トラブルのため訪れたのではなく「いつものように行っただけ」と、これまでとは全く違う説明。「ボタンの掛け違いがあった」「日本語がよく分からなかったので」などとした。
ムルアカ氏も「家族と思っている社長に“帰りなさい”と言われ、誤解して興奮してしまった。アフリカでは家族がもみ合うのはよくあること」と助け船を出した。
ボビーは会見に先立ち、R&Aの伊藤和之社長(55)に謝罪。今後も同事務所で活動を続けていくことになったという。R&Aは警察への被害届の提出を見送る。
「ロッキー」と呼ばれる男性マネジャー、サリムラ・カジョール氏と一緒に、事務所を通さずに仕事をしていたとされることについては「事務所じゃない仕事とは知らなかった」とし、カジョール氏と独立を計画していたとされる点も否定。カジョール氏は既に事務所を解雇されており「エキストラ時代からよく知っている人だけど(マネジャーのことは)事務所にこれからよく調べてもらいます」と決別ともとれる発言をした。
しかし、この日午後にはカジョール氏と一緒に警視庁原宿署を訪れるなど、ちぐはぐな行動も。
詐称が発覚した年齢に関しては「うま年で本当に32歳です」とアピール。これにもムルアカ氏が「アフリカではよくある」とフォローした。
騒動の真相はヤブの中だ。
[スポニチ:2006/01/28 17:23]

一夜明けたら、突然の和解。非常にあっけない。もちろん、ボビーの将来を考えれば、今回の和解はとても良いことなのだが、当初言われていた金銭トラブルによる対立及び暴力の有無については、結局うやむやのまま終結した。

何だかすっきりとしない今回の結末。あの騒動は一体なんだったのだろうか…。何だか、真剣に考えて損した気分(苦笑)
今回事務所側は「被害届の提出を見送り」とのことだが、片や解雇されたカジョール氏と一緒にボビーが警視庁原宿署を訪れるという誠に不可解な行動をとっている。
結局、肝心な事は分からずじまい。

ボビーが和解へと気持ちが傾いたのは、何よりも同じアフリカ人のムルアカ氏の存在が大きかったのだろうね。ムルアカ氏が「アフリカにはよくあること」として全てを水に流し、解決へと導いた辣腕ぶりは光る。
流石、“豪腕”“疑惑のデパート”と呼ばれた鈴木宗男議員(北海道選挙区選出・新党大地党首)の元秘書だ(笑)

まぁ、年齢詐称については、、、別に「32歳」だろうが「39歳」だろうが、どっちでも良いんじゃない。今後は「年齢不詳」という事で活動すれば良いと思うよ。

これまで通り、ウケ狙いの“たどたどしい日本語”と“天然ボケ”で、何事も無かったようにバラエティ番組で活躍することだろう。。。

◇ボビータレント生命危機セインどう見る…裏メール(夕刊フジ)

所属事務所で大暴れし、タレント生命の危機に直面するボビー・オロゴン(39)。同事務所には同様に、ギャラでもめて移籍したセイン・カミュ(36)がいた。外国人タレントゆえのトラブルなのか。
「セインはグラフィック関係の仕事をしていた日本人女性(33)と2002年にデキちゃった婚しました。その夫人が“あなたのギャラは少なすぎる”と訴えて、彼が決意。04年末からもめた後、昨年3月に出たんです。移籍・独立問題は必ずチエをつける者がいますが、彼の場合は奥さんだった」(プロダクション関係者)
セインはかつて外国人タレント人気トップだったが、ごたごたもあってメディア露出が急減。HPでは「去年はいろいろとありましたが、何とか乗り越えてきました」と苦しい胸中をのぞかせる。ボビー騒動をどう見ているのか…。
[夕刊フジ:2006/01/28 17:24]

一方、ボビーとは対照的に散々もめた末に他の事務所へ移籍した結果、イメージダウンによりメディア露出が急減したセイン・カミュは、奥さんがチエをつけて失敗してしまった例。

きっと、今頃は「ボビーのように和解しておけば良かったなぁ…」と彼は唇をかんでいることだろうね。

他の外国人タレントにとっては、全く対照的な彼らの処遇を見て、とても良い反面教師となっただろう。

今回の騒動は、事務所移籍や金銭トラブルのゴタゴタを引き起こすと常にタレント生命の危機に陥ってしまうという典型的な例だった。

◇ナイナイ岡村「“姫はじめ”はまだ」(スポニチ)  

グラビアタレント熊田曜子(23)との“熱愛朝帰り”を報じられた「ナインティナイン」の岡村隆史(35)が26日深夜のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」に生出演した。番組で「岡村隆史35歳、パパラッチされました!」と報告。「“平成の火野正平”を目指すか、一生独りか…」とジョークを交え「来週すべてを話します」。また、番組の最後には「06年、“姫はじめ”はまだ」と、男女関係がないことを訴えた。
[スポニチ:2006/01/28 17:23] 

これも昨日の続き。物凄い下世話なタイトルだが(笑) まぁ、根はマジメな岡村クンだから本当に何もなかったでしょうね。
しかし、今後二人は引き続き付き合うかどうかは分からない。熊ちゃんの場合は、仕事に響くという理由で自ら交際を考え直すか、もしくは事務所側から交際を止められるかもしれないから。
ただ、岡村クンとしては、本気で付き合いたいと思っているかもね…(笑)

ベストカップルだけに、出来れば交際が続いて欲しいが…。

詳細が明らかになる来週のナインティナインのオールナイトニッポンを聴く事にしよう。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月27日)更新分。

毎月3巻(各巻6話ずつ)発売される『ドラゴンボールZ』のDVD(ポニーキャニオン・各3990円)を買うのがとても楽しみらしい。

今月11日発売の7巻・8巻・9巻(37話~54話)を購入したようだ。

…このまま頑張って全巻(49巻・291話)揃えて下さいな(笑)

◆今後リリースされるDVD『ドラゴンボールZ』シリーズ発売予定

・2月1日発売 10巻・11巻・12巻(55話~72話)

・3月1日発売 13巻・14巻・15巻(73話~90話)

・4月5日発売 16巻・17巻・18巻(91話~108話)

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(27日)更新分。

実家の愛猫が天に召されたらしい…以前登場した七色の目をした白い猫ちゃんだね。結局、今年の正月に約1年振りに再会したのが最後となった。

最近は不幸が続いているので、とても悲しそう...考えただけでも泣いちゃいそうなんだとか。さぞや辛かろうと思います。。。

でも、それに対してのファン方々の書き込みは非常に温かいよね。思いやりが十分伝わってくるよ。逆に羨ましくなるぐらい…。
お互いに励まし合いながら良好な関係を築きあげる環境にいるのは、とても幸せなこと。だから、今回正直に自分の気持ちをブログに書いたのはとても良かったと思います。それにより彼女も元気が出たようですし。。。
これからも色々と辛い事を経験するだろうけど、その度にその時の心情を正直にブログで吐露すれば、憂鬱な気持ちがスッキリするだろうし、何よりもファンの方々から沢山の励ましや元気の言葉を頂ける事でしょう。

今日行なわれる5thDVD『100カラット』発売記念イベントヤマギワソフト館石丸電気ソフト2)でも、来てくれたファンの方々に思いっきり甘えて元気を貰いましょう…!!!

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月26日付け記事(昨日更新分)、27日付け記事(今日更新分)。

・1月26日付け記事……うわぁ~~!!ウマソ~~っっ!!!! 浸透した豆腐や白滝は大好物です!!!

後、すき焼きにうどんを入れるともっと美味しいよ~~!!!

北海道バージョンだと、豚肉も入れるんだけどね(笑)…豚肉のすき焼きは結構イケマス☆★☆ あと肉じゃがも牛肉の代わりに豚肉を入れるんだよ~★☆ もちろん、北海道には牛肉のすき焼きや肉じゃがもあるけどね、、、更には、帯広の名物が『豚丼』だったり、室蘭や函館には「やきとり」と称した豚串があったりと、昔から豚肉は非常に馴染み深いんですよ。この辺は沖縄と同じ。それに、牛肉よりも豚肉のほうが栄養満点なんだなこりゃ。。。

まあね、フットサルをしているから、少しぐらいすき焼きを食べてもあまり気にしなくても良いと思うよ。むしろ、運動した後にすき焼きを食べるとスタミナが付いて好都合。
特に“畑の肉”である豆腐は貴重なたんぱく源だから、沢山食べましょう!!! 筋力アップには欠かせません!!! 大豆イソブラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、美容にも非常に良い!!!
栄養満点でバランスが非常に良いから、風邪も引かないよ。

…気にしない気にしない。ストレスを溜めるのが一番大敵。それに、お腹がすき過ぎると逆効果だからね。本来なら3食きちっと食べる事が一番大切なことなんだからね。

あんまり、気持ちを張り詰めないで気楽に行きましょう…☆

・1月27日付け記事……シルバーのクロスペンダント?が写っております。可愛いアクセサリーだねっ☆★☆

今やクリスチャン(キリスト教の信者)に限らず、オシャレ感覚(ファッション感覚)で付ける場合が世間の女性に多い。
クロスペンダントクロスネックレス)やクロスイヤリングなど、クロスのアクセサリー類はブランド物を含め、広く出回っている。

その内、あっちんさんはよりシンプルなものをチョイスするそうだ。あまり装飾していないタイプのクロスが好みなんだろう。

最近はオシャレにも一層と磨きをかけているようですね~♪♪♪
オシャレをする事は自分磨きにもなりますからね。どんどんオシャレになっちゃって下さいな☆★

ただし、法事や葬式(仏事)、神事に参列(出席)する時はゼッタイに付けちゃダメだよ(笑) あくまでクロスというのはキリストの象徴なんだから。。。

さてさて、、高校卒業まであと6日(今日を含めるとあと5日)しかないそうだ。

さぞかし寂しい思いをしていらっしゃると思いますが、二度と体験できない高校生活を悔いのないように、気の合ったクラスメイトと共に思いっきり楽しんで下さいな☆☆☆

そして、高校卒業後の2月23日開催のフットサルの大会では、新たな気持ちで試合に臨んでほしいと思います!!!

昨日はチーム練習があったそうですが、これからも日々の練習をこつこつと頑張って下さいな…☆☆

昨日は練習お疲れちゃ~ん♪♪♪

◆3月24日にあっちんさんの6thDVD『G-live』(発売元・マーレ 3990円)が発売決定!!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・1月27日付け記事(今日更新分)。

おっっ!!?アヤにャンさんをイメージした直筆のイラストですね!!!! YJシューターズの監督でもある漫画家・高橋陽一さんから頂いたものだとか。
何処となくアヤにャンさんに似ていて、とてもラブリーな姿ですね~~♪♪♪ 可愛い~~!!!!

世界に一つしかない貴重なもの。
しかも、YJシューターズの一員になったからこそ頂けたわけで…この時、アヤにャンさんはアイドルになって本当に良かったと心底思ったそうだ。

これからは“家宝”として大切に保管して下さいな☆

いずれ、現在週刊ヤングジャンプ誌上で連載している『キャプテン翼 GOLDEN-23』に女子サッカー選手かチームスタッフ役で登場できれば宜しいですネ~~!!!

それから、いつもお世話になっている【フィンタ】の方から【カレンダーボール】を頂いたらしい。
【カレンダーボール】というのは、ボールにカレンダーや写真・画像(フィンタのマーク)がプリントされたものなんでしょう。
巷では思い出の写真や画像がプリントできる『作れるボール(メモリアルフォトボール)』というのが流行っているらしい。

今後はアヤにャンさんなど一人一人の写真が入ったものやYJシューターズ全メンバーの写真が入った【カレンダーボール】を製作したら面白いでしょうね。
フットサルの会場内で物販をすると良いかも…☆

尚、リフティングは少しずつ出来るようになれば宜しいと思います。とにかく何事もこつこつと楽しく練習しましょう。。。

この前の【チャクチャクj.b】との試合でアヤにャンさんは初めてヘディングをしたそうだが、それ以降はウソのようにボールに対しての恐怖感が無くなって、積極的にボールに食らい付くようになったとか。
…フットサルを通して、日々アヤにャンさんが成長している事が分かります。これはお仕事にもきっと役に立つと思いますよ!!!
非常に頼もしいです!!!! 元来素質は十分あるのだから、これからはどんどん上手くなっていくことでしょう☆☆☆

チーム全体としても、チームで決めた約束事に対して徐々に機能するようになったそうだ。後は、実戦を含めた練習あるのみ…☆☆

元々潜在能力は非常に高いチームなので、これからは益々、南葛YJシューターズから目が離せませんね!!!!

◆3月31日にアヤにャンさんの4thDVD『境界線~Borderline~』(ビーエムドットスリー・3990円)が発売予定!!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ユカいな平田サン その58

◎今回もいつものようにコメントを書かせて頂きます。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・昨日(1月27日金曜日)更新分。

今回、平田裕香嬢の初舞台作品『デビルマン~不動を待ちながら~』に出演する役者さんがいつも持ち回りで担当している『稽古場日記』を、今回(稽古二十五日目)は平田裕香嬢が担当している。

その『稽古場日記』のボツ原稿というのが、今回裕香嬢のブログにUPしているが、その2つを見比べてみると、逆に両者の違いというのがハッキリと分かって、非常に興味深い。

『稽古場日記』では、『迫害する側と迫害される側』というこの舞台作品の本質(テーマ)について掘り下げている。

一方、ボツ原稿の方は、舞台の側面(舞台裏)からこの舞台作品の良さを軽妙に語っている。

改めて書き直してUPした『稽古場日記』の文章で特に気になった一文は、、

「『迫害する側と迫害される側。』・・・二つは相反するものですが、人はいつだってどちらにもなりうるんだと。私自身も気付かぬうちに迫害する側に立っているのかもしれない。被害者面をして他人を迫害しているかもしれない。」

…これは今後の戒めの言葉として、頭に入れておく必要がありますね。人は常に安全で有利な場所に立ちたいと思うがために、迫害を受けて不利な状況に陥っている人をつい見て見ぬふりをしてしまう。しかし、それは間接的に迫害している事になる。
私も過去に気付かぬうちに迫害していたかもしれない…やはり勇気を持って、迫害される側の人を助けるべきなんですね。たとえ、直接助けることが出来なくても、間接的に助けるなどして絶対に迫害する側にはつかないと、自戒の意味を込めてこれからは肝に銘じたいと思います…☆

そういった意味では、今回の『デビルマン~不動を待ちながら~』は、とても有意義のある舞台だと思います。

この舞台をご覧になる予定の方々は、裕香嬢が挙げた『迫害する側と迫害される側』のテーマを頭に入れながら観劇されると、より一層とこの舞台を楽しめるのではないでしょうか。。。

片や、裕香嬢のブログにUPされているボツ原稿の方はというと、裕香嬢と山田とゐち氏(シングルキャスト)を除いた2つのチーム(ダブルキャスト)の双方の良さや違いについて、【クランキー【霧の浮き船】の2つの板チョコレートに例えています。

夏季限定発売でプチプチふわふわした食感のエアインチョコ(空気が入った)【霧の浮き舟】(ロッテ)、サクサクとした食感の定番チョコ【クランキー】(ロッテ)はどちらも違った食感や味わいであるが、どちらが良いという比較論ではなく、双方の食感や味わいの違いや良さを楽しむということなんでしょうね。
私も欲張りだから、裕香嬢と同様に両方の味や食感を楽しみたいタイプです。

但し、【霧の浮き舟】は来年まで食べる事が出来ないので、食べ比べる事が出来ませんが…(苦笑)

日程的に2つの公演を観劇されるのは難しいと思いますが、出来れば2つのチームの演じる舞台を雰囲気や作品の質の違いを楽しむように両方とも観劇されれば一層と今回の舞台を楽しめるということなんでしょう。

裕香嬢の言葉から、どちらのチームの舞台でもオススメ出来る自信が感じられます。

とにかく来月の公演本番に是非期待しましょう…!!

ボツ原稿の文章(記事)も、十分に味わいのある文でとても宜しいと思います。確かに裕香嬢らしい例えですが(笑)「阿保っぽい」とは全く感じませんでした。
要は、『稽古場日記』の文章(記事)も、ボツ原稿の文章(記事)も、前述のように双方の良さや違いを楽しむ事が出来るので、今回併せてボツ原稿をUPしたのはとても意義があることでしたよ。

今後もこのような新しい試みを披露して欲しいですね…☆☆

※今回もトラックバックさせて頂きます。是非このままの調子で、本番まで稽古を頑張って欲しいと思います☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

お笑い芸人って本当にモテるんだねぇ。。。

◎今日もいつものように芸能ネタから始めます。

◇熊田曜子 ナイナイ岡村宅から“朝帰り”(スポニチ)  

人気お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(35)とグラビアタレント・熊田曜子(23)の“熱愛朝帰り”を、27日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が報じている。
同誌によると、今月中旬、熊田が岡村の自宅マンションを訪れ翌日の昼まで滞在。直撃された岡村は「お付き合いとかこれからです。頑張れたら頑張りたい」と交際に前向きな!?発言をしたという。熊田の所属事務所は「芸能界の良いお友達です」とコメントした。熊田は過去にもアンジャッシュの渡部建(33)らとの合コン現場を報じられている。
[スポニチ:2006/01/27 06:14

◇ナイナイ岡村、熊田曜子と“熱愛朝帰り”発覚(夕刊フジ)

人気お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(35)と人気セクシータレント、熊田曜子(23)との交際が発覚した=写真。今週発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、熊田の“熱愛朝帰り”現場をキャッチしたもの。
それによると、今月中旬、熊田が岡村の自宅マンションを訪れ、翌日の昼まで滞在したという。
岡村は熊田が自宅に来たものの、「2人じゃない。仲のいい友だちです。お付き合いとかはこれからですね」などと説明した。
身長156センチの岡村が、164センチ、B92・W56・H84の熊田のボディーを独占した!?
ZAKZAK 2006/01/27

27日発売の写真週刊誌「FRIDAY」により明らかになった二人の交際発覚。

ナインティナイン岡村隆史クンは、女性タレントが選ぶ「好きなお笑い芸人」では常に上位にランキングされるなど非常にモテモテなのだが、こう見えても意外と身持ちが硬いというか、結構マジメなんだそうだ。
だから、モテる割にはあまり浮ついた噂が出ないのはそのため。以前、葉月里緒奈と噂になったことがあるが、どうやら事実無根(葉月の売名行為?)らしい。

大阪府立茨木西高等学校サッカー部の後輩でもある相方の矢部浩之クンが言うには、高校時代から岡村クンは女性に対してはオクテだった(モテなかった)そうだ。
ちなみに、その矢部クンは当時からモテモテだったとか(岡村談)…同じサッカー少年でも全然違うということか(笑)

しかし、ナイナイが90年代後半に大ブレークした後は世間の岡村株が急上昇。芸人として大物クラスになった今でも、理想のタイプとして岡村クンの名を挙げる世間の女性は多いほど、依然として高い人気を誇っている。

岡村クンのような、いわゆる“サル顔好き”な女性って結構多いよね。織田裕二さんとか…ただ、彼の『世界陸上』での妙なハイテンションには脱力。。。(笑)

今回に関して岡村クンは、昨日深夜に放送された【ナイナイのオールナイトニッポン】によれば、突然記者団に囲まれかなり動揺したそうだ。また番組中に「平成の火野正平になる」と宣言していたらしい…多分無理(笑)プレイボーイというタイプじゃないから。 

今回の熱愛発覚について「お付き合いとかこれから」と言っている通り、現段階ではお互い本気で付き合っているのかどうかは未知数。ただ、私はとても良いカップルだと思うよ。
まぁ、個人的に岡村クンと熊田曜子ちゃんは共に好きなキャラクターというのもあるけど、マジメな岡村クンなら真剣に付き合ったら結構上手くいくんじゃないかな。
熊ちゃんはブラコンで、お兄ちゃんタイプが好み。良き兄貴分の岡村クンはまさにピッタリ。
唯一の不安材料は、二人の“身長差”(笑)

ちなみに、熊ちゃんはバラエティ番組で恋愛話を話すとグラビアのオファーが減るので、なるべく話さないように心掛けているそうだが…今回の熱愛発覚でオファーが減るかも。。。

◇HG“冬季限定”新ネタを披露(スポニチ)  

お笑いタレントのレイザーラモンHG(29)が26日、韓国映画「B型の彼氏」(監督チェ・ソグォン)の公開記念トークイベントを都内で行った。
血液型がA型の女の子とB型の男の子のラブストーリーにちなみ、“B型の男性代表”として登場。B型の彼氏に不満のある女性からハリセンで尻を叩かれ「股間に響きました。不能になるかも」と苦笑い。また「寒い時は首回りにファー(毛皮)!」と、冬季限定の新ギャグも披露した。
一方、同じく昨年の流行語大賞に選ばれた堀江貴文容疑者については「ノーコメント」。ギャラをめぐり事務所で暴れたボビー・オロゴンについては「私は極貧生活を経験してるので、ギャラでもめることはない」と話した。28日公開。
[スポニチ:2006/01/27 06:13] 

最近は、どんなイベントにも顔を出すHG。当初から本人も「(人気は)去年限りでしょう」と悟っているが、去年の勢いは依然続いているようだ。ただ、“冬季限定”新ギャグの「寒い時は首回りにファー(毛皮)!」は正直ビミョー。。。

本人は「ハードゲイ」キャラを演じているが、正真正銘の女性好き。
しかし、本番中に下ネタを連発する暴走キャラの割に、本来の性格は至ってマジメで、非常に礼儀正しいと評判。現場スタッフからも一目置かれるほど。
現に、同志社大学での4年間の出席率が非常に高く、成績も優秀だったほど。後輩の面倒見も非常に良く、そして何より相方のRG(出渕誠)の将来を案じている。

…このギャップがまたHGの魅力なんである。

彼がブレイクするきっかけとなった【爆笑問題のバク天!】で共演する爆笑問題の二人が「形はどうであれ、彼は必ず生き残る」と常日頃から絶賛している。

最近は、当初から本人自身も不安を抱いていたフリートークも板に付いてきたし、特にレポートをやらせるとイイ味を出す。

以前出演した【ズバリ言うわよ!】の番組中に、目の前で腰を激しく振って細木数子氏を激怒させたが、HGによると「当時は(細木氏に)怒られてかなり動揺していた」そうで、出演後は楽屋でかなり落ち込んでいたらしい。表情をはっきりと見られないので「サングラスを掛けていて本当に良かった」とも。
出演後、楽屋に謝りに行ったが、細木氏に「あんたは物凄いスピードで間違った方向に進んでいる」と説教を受けた。
その後、再び番組の出演依頼が来たそうだが、今度はHG側が断った為、細木氏は余計に激怒したそうだ(以上、直接私が聴いた『オールナイトニッポン』出演時のHG談より)

でも、怒られても最後まで自分のスタイルを貫いたのは立派だ。その時、私もこの番組を見ていたが、激怒した細木氏の方が遥かに大人気なかった。
何故なら、彼が普通に細木氏と接したら、彼の芸人としての魂が死んでしまうのだから。。。

音楽の好みといえば80年代後半から90年代前半に活躍した女性アーティストが大好き。
当時は、平松愛理さん、辛島美登里さん、永井真理子さんの曲をよく好んで聴いていたそうだ……この辺は私と好みが一緒なので、非常に好感が持てるねぇ~~♪♪
現に、フジテレビ系のスペシャル番組『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル第3弾』では、平松愛理さんの『部屋とYシャツと私』を歌い、惜しくも決勝進出を逃している...音程を外しまくって、明らかな“自爆”(笑) 
当時私も「何でここでウケ狙いなんだよ?! 優勝したくないのか??!」と見てて思ったよ。男性歌手の歌を歌えばよかったのに。。。
しかし3回戦で歌った、さとう宗幸さんの『青葉城恋歌』は審査委員に好評だった。

ちなみに、1月10日に特別番組としてパーソナリティーを担当した『オールナイトニッポン』では、その『部屋とYシャツと私』永井真理子さんの『ZUTTO』などを選曲した。
ただ、同番組後半の2時台は、相方のRGが乱入してグダグダになってしまったが…それでもフリートークは意外に上手くて面白かった。また同番組でパーソナリティーやって欲しいと思う。

◇ボビー通訳決まらず聴取できず(スポニチ)  
 

タレントで格闘家のボビー・オロゴン(39)が所属事務所のオフィスで大暴れし連行された騒動から一夜明けた26日、警視庁原宿署は「聴取のための通訳を探している」と事情聴取を先送りにした。ボビーはテレビ番組などでメチャクチャな日本語で笑いをとっているが、実は堪能だと言われている。一方、所属事務所の「R&Aプロモーション」は「ボビーが横領に協力していたのなら告訴もありうる」と徹底抗戦の構えを見せた。
ボビーの事情聴取はこの日行われず、原宿署は「聴取のための通訳を探している。再開は週明けになりそうだ」と話した。
大みそかのK―1で対戦した元横綱・曙を「アゲモノさん」と言うなどハチャメチャな日本語が“芸”のボビーだが、テレビ関係者は「日常の会話はペラペラですよ」と指摘する。ボビーの出身国ナイジェリアの公用語は英語と各民族の言葉。「外国人を聴取する際は公平を期するため、通訳をつける」(原宿署)という原則のため、日本語が堪能でも聴取ができない状況だ。
ボビーが暴れた原因となった所属事務所との金銭トラブルは、全面対決の様相を見せている。
事務所を経由せず仕事を受け、支払いを受けていたとされるボビーのマネジャーのサリムラ・カジョール氏(通称・ロッキー)について、所属事務所は「ロッキーは25日付で解雇した。ボビーが横領に協力していたのなら、重大な契約違反。背任か横領で告訴することもあり得る。ロッキーについては現時点でも告訴することになる」とした。弁護士との協議も進めている。
また、事務所関係者は「ボビーは昨年1月から歩合制。年間4000万~5000万円は持っていっていた。ロッキーがテレビで5000万円の未払いがあると言っていたが、証拠があるなら持ってこい。仕事がない時も生活できるだけの給料は払っていた」と怒りをあらわにした。事務所側はこの日からボビーの仕事を全面キャンセルしている。
一方、ボビー側は25日に原宿署を出た後、テレビ局の取材に「(事務所から)お金をもらっていない」と不満を表明。関係者によると、26日は弁護士と今後について相談したという。
[スポニチ:2006/01/27 06:13]

未だにゴタゴタが続いているようだね。事はかなり深刻の状態のようだ。両者とも一歩も譲らない様相を呈している。お金が絡むと、今まで築いた信頼関係が崩壊し、泥沼化する典型。

どうやら、どちらにも非があり利がある感じ。まだハッキリした事は分からないので、暫くは今後の推移を見守ったほうが良さそうだ。

「日常の会話はペラペラですよ」とのことだが、ハチャメチャな日本語は彼のウリだからね(笑) 今更ペラペラに話しても面白くないだろうし。。

とにかく、両者にとって何の得にもならないから早く和解して欲しいよ。

◎続いては、いつものブログチェックですが、今回は簡略に書きました。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月26日木曜日)更新分。

今回は告知編。

2月20日(月)にいつもまゆまゆさんが出演しているお笑いライブ「タリキ+ゲッターズ飯田(飯田延孝)トークライブ『W3(ワンダースリー)』」が行なわれるらしい。
今年初ライブですネ~☆

中野区にある【Studio twl】にて開催。18時半開場、19時開演。前売¥1,000、当日¥1,200 上演時間:約2時間、途中休憩なし

何でも、麻未さんと長尾姉妹で出演するかもしれないとか。これは、初めてですよね。

記念すべき、長尾姉妹出演ライブが是非成功して欲しいですね☆☆

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・今日(27日)更新分。

外を歩いている時に携帯から更新したようだ。

彼女が飼っているペット【ジャンガリアンハムスター】2匹“丸ちゃん”と“チョコちゃん”を披露しております。
可愛い~~♪♪♪

やんちゃ盛りのせいか、“チョコちゃん”が毛布にくるまり、引きちぎって“お家”の中に持って行ったそうな。。。(苦笑)

結局、そのままにしてあげたとか…今回も相変らず“親馬鹿”になっているようです(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・今日(27日)更新分。

昨日はUSENのラジオ番組「ASIAN美少女FILE『アイドルパーティー』」の収録だったそうだ。

放送日は2月7日放送とか。

『ASIAN美少女WEB』でも、後日その一部が公開されるのでこても楽しみにしておりま~す★☆

ところで、現在鼻声なんですか?! 風邪でも引いたのかな!??

【ココア】や【ホットミルク】、【ハチミツレモン】など、栄養があってカラダが温まるものを飲んで、早く風邪を治して下さいな~☆

その番組収録前に、危うく車と衝突しかけたとか…左右を確認十分に気を付けて下さいね!!!

そうてえば、、かくゆう私も、今日考え事をしていて、気付かぬまま赤信号の横断歩道を渡った時、途中で赤信号を見てハッと気付き、慌てて向こう岸の方へ渡りました(苦笑)

これからは、お互い気を付けましょう。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

昨日と今日はこの話題でテレビ業界が大騒ぎ!!

◎今日は2日ぶりに芸能ネタから始めましょう。まず最初は、どのスポーツ紙の芸能記事もこのネタが中心となっております。

◇ボビー 金銭トラブルで大暴走!(スポニチ)  

「誰も殴ってない」と訴えるボビー
タレントで格闘家としても活動するボビー・オロゴン(39)が25日、東京都渋谷区にある所属事務所室内で暴れ、駆け付けた警視庁原宿署員に連行された。同事務所の伊藤和之社長(55)ら数人がケガをしたとして同署は暴行容疑で事情聴取。26日以降も引き続き取り調べを行い、書類送検する方針。居合わせた鈴木宗男衆院議員の元秘書ジョン・ムウェテ・ムルアカ氏(44)らが制止したが、ボビーは「金よこせ」などとわめきながら暴れたという。事務所とはギャラなどをめぐり、もめていた。
「べとぅ(別)に、だで(誰)も殴ってないし、逆にムルアカに殴られた。ジョウコ(証拠)はこれで~す」。25日夜、聴取を終えて原宿署を出たボビーは独特のたどたどしい言い回しで暴行を否定。殴られたとする上唇をめくり上げた。
詰めかけた報道陣に「ずげえなあ、やべえよ」と語り、なぜかVサイン。「(事務所の)壁に穴?あいとぅら(あいつら)があけたと思う。ムルアカが」などと話しながら迎えの車に乗り込んだ。
ボビーが所属事務所「R&Aプロモーション」を訪れたのは午後1時すぎ。伊藤社長に面会を求めた。2階でムルアカ氏、60代の日本人男性と打ち合わせ中だった社長が「帰りなさい」と断ると激高したという。
社長の胸ぐらをつかむなど約10分にわたって大暴れ。身長2メートル9のムルアカ氏やスタッフ4人で止めようとしたが、K―1のリングに上がるボビーの力はすさまじく、机やいすを投げるなどマジギレ。関係者によると日本語や英語、ナイジェリア語で「金よこせ」「離せ、離せ」などとわめいた。
スタッフが110番通報し、原宿署員が急行。事務所は「社長のほかにも女性1人を含む3人がケガをした」とした。
ボビーは警察の調べにも「殴ってないし、暴れてない」と強調。「月末で給料の話をしに行った。以前から払ってくれるよう話していたが、取り合ってくれなかった」などと述べた。
対する事務所側は、バングラデシュ出身でボビー担当の通称「ロッキー」と呼ばれる男性マネジャー(43)が、昨年10月ごろから事務所を通さずにイベントや地方テレビ局の番組など計6件の仕事を受けていたと主張。1週間ほど前に発覚し、事務所側は「横領額は約2000万円以上」とマネジャーを追及していた。
事務所関係者は「ボビーはロッキーの言うことしか聞かない。逆ギレだ」と説明。業務上横領での告訴など、マネジャーやボビーへの法的措置を今後、検討する。
ムルアカ氏はボビーやマネジャーの件で話し合っていたといい、「(ボビーは)すごい力だった。おさえるのが精いっぱいだった」と苦笑した。
関係者によると、ボビーは昨年夏から「ギャラを払ってくれない」と事務所への不満を周辺に相談し「もうやめる」と繰り返していた。以前、所属していたセイン・カミュ(35)もギャラをめぐるトラブルで係争中。この事態を目の当たりにしていたボビーは自身のギャラについて歩合制契約にするなど、事務所とは一触即発の状態だった。
[スポニチ:2006/01/26 06:34
]

◇テレビ各局 対応に追われる(スポニチ)  

暴行容疑で警察の事情聴取を受けたボビー・オロゴン(39)が出演しているテレビ各局は、ライブドア事件に続く突然のスキャンダルで対応に追われた。
フジテレビでは、2月4日放送「バニラ気分!」(土曜正午)にゲスト出演しており、既に収録済み。しかし、出演を告知していたわけではないため、放送しない方向だ。
容疑について、はっきりしたことが分からないとして、レギュラー出演中の「海筋肉王バイキング」(日曜後1・35)については検討中。正月に放送した特番「新春かくし芸大会2006」の再放送(28日)は出演シーンをカットする。
同じくレギュラー番組「三宅式こくごドリル」(火曜後8・00)を抱えるテレビ東京では「放送については現在、状況を見ているところです」
他局でもゲスト出演を予定していたバラエティー番組があるため、各プロダクションに「ボビーの代わりに番組に出られないか?」と電話を入れるなどドタバタだった。 特にライブドア事件の渦中だけに「ホリエモン(堀江容疑者)や広報の乙部綾子さんの出演番組を差し替えたばかり。またこんな騒ぎで、もういいかげんにしてほしい」と苦い表情を見せていた。
≪K―1関係者もボビー騒動に驚き≫K―1を主催するFEGも驚きを隠せなかった。同社宣伝部では「ボビー本人からも事務所からも連絡はなく、正確な情報が確認できないため、コメントは控えさせていただきたい。状況が分かり次第、対応していきたい」と答えるのが精いっぱい。前日24日にはボビーの実弟アンディーのK―1ワールドMAX参戦を発表したばかり。谷川貞治イベント・プロデューサー(44)は「ボビーもK―1に定期参戦させたい」と話していた矢先だけに、混乱の1日となった。
[スポニチ:2006/01/26 06:34] 

◇年齢詐称も発覚!7歳サバ読んでた…(スポニチ)  

今回の一件で、はからずもボビーが年齢を詐称していたことが発覚した。これまで32歳で通してきたが、警察の調べで39歳であることが判明、なんと7つもサバを読んでいた。
テレビでは大ボケを連発して愛すべきキャラクターに映る一方で「キレやすい一面もある」と指摘する声もある。昨年大みそかに行われた「Dynamite!!」の曙戦前の公開練習では、パンチのミット打ちの際、コーチからパンチを返されると、突然怒り始めてキックを浴びせた。テレビで収録されたスパーリングでは、パートナーがダメージを負ったにもかかわらず、攻撃を続けたこともあった。
[スポニチ:2006/01/26 06:34] 

スポニチなど各社スポーツ紙は今日の一面をこの事件で割いている。
狙ったような“天然ボケ”とたどたどしい日本語で大ブレークしたボビー・オロゴンだが、今回ふって沸いた出来事にとてもビックリした。
私はそのスポニチを見たのだが、どうやら以前からギャラの問題で事務所側と相当揉めていたらしく、今回ふとしたきっかけでボビーがついに“爆発”してしまったようだ。

なんにせよ、暴力に訴えるのは良くない。どんな事情にせよ、両者とも一度冷静になってじっくりと話し合ったほうが良い。

この先、一体どうなるのだろうねぇ~…どちらかが折れないと、泥沼化しそう。しかし、揉めて泥沼化してしまうとタレントとしての価値も下がる一方なので、両者にとって得をする事など何一つない。
セイン・カミュもギャラの問題でこの事務所と揉めてからテレビの露出がめっきり激減した例もあるぐらいだから、出来ればボビーには腹をくくって和解して欲しいが。。。

一方、テレビ業界は蜂を突付いたような大騒ぎ。人気タレントだけに、放送取りやめや出演部分の一部カット、番組差し替えなどの対応に各局ともおおわらわ。ホリエモンに続いてのスキャンダルにいい加減ウンザリといった感じのようだ。

それにしても、今回の事件の副産物として本当の年齢(39歳)が公になるとは本人は思いもよらなかっただろう。年齢詐称で7歳もサバ読んでいたそうだが、筋肉隆々の逞しい体型からして、実年齢よりも遥かに若々しく見える。
まさか、去年の大晦日で戦った相手の曙よりも年上とは…(苦笑)

本人ばかりか、弟のK-1デビュー戦も延期になるような気配。。。

ちなみに、ボビーの本名はオロゴン・カリム・アルハジ。米国のR&B歌手ボビー・ブラウンが芸名の由来。
5、6年前に父が経営する貿易会社の手伝いでアフリカのナイジェリアから来日したが、タイヤチューブの買い付けを頼まれたにもかかわらず、数千万もの大金をパチンコで全部スって(使って)しまったそうだ(苦笑)
それで、母国へ帰るに帰れず、そのまま日本に居ついてしまったらしい。

2001年ごろからさんまのSUPERからくりTVで出演するようになるとたちまち同番組内の人気者に。
2004年のK-1 Dynamite!!に出場すると一気に知名度は上昇。昨年から他のバラエティ番組にも頻繁に登場するようになり、押しも推されぬ人気タレントとなった。所構わず「おまえふざけんなよ」と暴言を吐く(笑)
K-1 Dynamite!!に出場するようになったのもさんまのSUPERからくりTVがそもそものきっかけ。同番組で柔道企画から始まり、色々な格闘技へ挑戦する企画を経て、K-1参戦が決まった。

ボビー・オロゴン公式ブログ『おれのまいにち』では、案の定、コメント欄が大変な事になっておりますね...。

◇倖田妹 misonoがソロ初公演(スポニチ)  

姉とは正反対のボーイッシュな魅力を前面に、3曲を歌い上げたmisono
倖田來未(23)の妹で、活動休止中の「day after tomorrow」のボーカル、misono(21)が25日夜、都内で行われたライブイベントに参加した。
ファンの前に姿を現したのは、デイアフの“ラストステージ”となった昨年7月以来。ソロデビュー曲「VS(ヴァーサス)」(3月29日発売)をいち早く披露するなど、3曲を熱唱。“エロかっこいい”姉とは違い、ボーイッシュな路線で活動することも宣言した。
ボクシンググローブをつけ元気いっぱいに踊るステージ。大胆に肌を露出する姉とは対照的だ。「私は昔から男っぽくてお姉ちゃんとは性格が全く違う。お姉ちゃんが武器にしている胸とかが、私にとってはコンプレックス」。本番前も、取材陣の質問に胸元を隠しながら照れていた。
倖田のデビューは00年で、その2年後にmisonoがデイアフでデビュー。姉より先にブレークしたが、「今になってお姉ちゃんの気持ちが分かった。(倖田の活躍は)うれしいんだけど複雑っていうか」と歌手としてのライバル関係についてもポツリ。そして「私は永遠の妹キャラ。ボーイッシュでがんばる」と目を輝かせた。
◆misono(ミソノ)本名・神田美苑。1984年(昭59)10月13日、京都府生まれ。01年4月にギタリストの北野正人、キーボード担当の鈴木大輔と3人組ユニット「day after tomorrow」を結成。02年8月にユニット名と同じタイトルのミニアルバムでデビュー。05年5月に同ユニット活動の休止を発表。血液型B。
[スポニチ:2006/01/26 06:33] 

◇デイアフのmisono、ファン1000人の前でソロ初ステージ(サンスポ)

ソロ初ライブをヘソだし衣装とセクシーダンスで披露したmisono=東京・六本木
セクシー歌手、倖田來未(23)の妹で、3月29日にソロデビュー曲「VS」を発売する活動休止中のday after tomorrowのボーカル、misono(21)が25日、東京・六本木のヴェルファーレで行われたライブイベントに出演し、1000人のファンの前でソロ初ステージを繰り広げた。
デイアフ時代の昨年7月以来、半年ぶりとなるライブにも、「緊張は全くなく、100点満点で臨める」と本番前に胸を張ったmisonoは、ボクシングをイメージした同曲と初めて作詞作曲を手がけたカップリング曲「ガラスのくつ」を初披露。姉にも負けず劣らずの色っぽいダンスで新たなスタートをきった。その姉とは昔から「2人で組んでやりたいね」と話しているくらい仲良し。さらに「お姉ちゃんはライバルというよりは仲間」と“姉妹ユニット”の結成は近い!?

去年、姉の倖田來未ちゃんが大ブレークしたので、今回行なわれた、妹のmisonoちゃんのソロデビューイベントが一躍注目の的となった。

お姉ちゃんに負けず劣らず、misonoちゃんも抜群の歌唱力が魅力的。ただ、來未ちゃんはややハスキーボイスなのに対し、misonoちゃんは透明感があり、キーが高い。
性格も“エロカワイイ”お姉ちゃんに対して“ボーイッシュ”“妹キャラ”と全く対照的のようだ。お姉ちゃんのような露出度が高めのセクシー系の衣装は全く性に合わない様子。それでも、お姉ちゃんに負けず劣らずのセクシーなダンスを披露したそうだ。

但し、以前テレビで披露したmisonoちゃんの歌唱力に対して、疑問符が付く場面が多々あったそうだ。
要は、本来歌唱力が十分にあるものの、ボイストレーニングが不足気味で、常に一定の声量で歌うことが出来なかったのだろう。この辺が3月末に本格的にソロデビューするにあたり、最も克服するべき課題か。

2002年にデビューしたday after tomorrowは、元ELTの五十嵐充氏プロデュースで、misonoちゃんがボーカル、ギター・北野 正人、キーボード・鈴木 大輔の3人で結成されたユニット

2003年にリリースされたニンテンドー・ゲームキューブのソフトテイルズオブシンフォニア】テーマソング『Starry Heavens』『moon gate』のカップリング曲
同じく2004年にリリースしたプレステのソフト【テイルズオブシンフォニア】のテーマソング『そして僕にできること』lost angelのカップリング曲 )が代表曲。

2002年から2005年まで、シングルは11枚、ミニアルバム2枚、フルアルバム3枚、ベストアルバム3枚をリリース。

しかし昨年8月をもって、事実上の解散(名目上は活動休止)となった。
その後、misonoちゃんのソロデビューについてかねてから噂になっていたが、今年3月29日にソロデビューすることが今月に正式決定した。
今後はボーイッシュな路線で売り出すそうだが、姉に続きブレークできるかとても楽しみではある。

正直、お姉ちゃんと比較されるのはかなり嫌だろうね。姉妹兄弟というのは一番身近にいるライバルだから。
ただ、この姉妹はとても仲が良いそうなので、記事に有るとおり、将来は姉妹ユニットを組んだら非常に面白い。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月23日(月)、24日(火)、25日(水)付け記事(昨日更新分)。

・1月23日付け記事……この日も朝から寒くて、前日降った雪が溶けずに残っている状態の最中、アヤにャン(金井アヤ)さんやサブマネージャーの立花さんとフットサルの練習をしたらしい。
ホント、お寒い中ご苦労様です!!! いつも精力的に練習をしているようで、とても頼もしい限りです♪♪♪

アヤにャンさんの日記にも有るとおり、おそらくその個人練習の後に双葉社のフットサルのチームと試合をしたのでしょうね。
この日のような実戦経験を沢山積む事によって、チーム全体が徐々にレベルアップしていけば宜しいですネっ☆☆☆

おやっ!? 画像は、以前おれんじさんの『南葛YJシューターズを応援っ!!』でもご紹介されていた新宿のスポーツショップ【GALLERY2】で撮ったものかな??!

YJシューターズが誇るあっちんさんとKONANちゃんの美女2人が可愛くピースサインをしておりますね~~♪♪♪♪ なまらめんこい☆☆☆
よく見ると、あっちんさんは相変らず手首にいくつかブレスレッドをしているよね(笑)

更に、おれんじさんによれば、YJチームのレプリカユニフォームが「フットサルコーナーの1番目立つ場所に飾られている」そうです☆

どうやら、チームで使用しているフットサル用品は殆どココで調達しているようですので、この日行なわれた試合の帰りにKONANちゃんとグッズを買う為に立ち寄ったのでしょうね。
行ってみたいなぁ~…。

*住所⇒東京都新宿区新宿3-15-11 松戸公産「アドホック新宿ビル」6階 
【スポーツショップ GALLERY2】サッカー・フットサル用品コーナー(営業時間・11:00~21:00)

・1月24日付け記事……この日は我が【南葛YJシューターズ】【チャクチャクj.b】の練習試合。
2月末の大会でも対戦するかも知れないので、チーム一丸となってかなり気合が入ったことでしょう。
しかし、残念ながら負けてしまったそうだ…。。。

前にも言ったとおり、試合の結果よりも内容が大事なので、納得したプレーが以前よりも出来るようになったら、それは大きな収穫。
それに、この試合では各自テーマ(与えられた課題)を持って臨んだそうなので、一つ一つ課題をクリアして行って欲しいです。
そのためにも、これからも実戦経験をどんどん積んで欲しいと思います!!!

頑張れ!!!南葛ヤンジャンシューターズ!!!!

・1月25日付け記事……昨日は、我が【南葛ヤンジャンシューターズ】『週刊ヤングジャンプ』の撮影に臨んだとか。
その内、あっちんさん、アヤにャン(金井アヤ)さん、井上ゆりなちゃん、松本さゆきちゃん、福愛美ちゃん、かとうはなえちゃん、石坂ちなみちゃんのYJメンバー美女7人衆が参加したらしい。まさに豪華絢爛!!!! 
おそらく、実際にプレーしているユニフォーム姿を撮影したのでしょうね~!! 滅多にない機会なのでこれは是非見たい!!!! 

しかし、その内容は見てのお楽しみだとか…お預けか(苦笑)
まぁとにかく、発売される2月23日を楽しみにしましょう。。。

画像は、2年前ぐらいに撮影した?ヤンジャンのクオカード(500円分)。やや切なそうな表情に自慢のダイナマイトバディをチラッと見せる刺激的なショット!!! 
これは読者プレゼント用なのでしょうね。 

今後はYJシューターズのメンバー全員が写ったクオカードや、選手一人一人のクオカードも作って欲しいですね~!!
それにより一人でも多くの人に知ってもらい、ファン(サポーター)を増やす良いきっかけとなると思うし…是非希望!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(25日)更新分。

あっちんさんの日記にも有るとおり、昨日は『週刊ヤングジャンプ』の撮影があったそうな。
東京都内は好天に恵まれたせいか、アヤにャンさんを含めたYJシューターズの7人は終始ハイテンションで撮影で臨んだらしい。

きっと昨日の撮影は上出来だったと思います。早く見てみたいですネ~♪♪♪ ワクワク♪

トラックバック・オーライ』にUPしたアヤにャンさんの記事によれば、今回の撮影の模様は2月23日の大会当日に合わせて発売されるヤングジャンプに掲載されるとか。

とても楽しみぃ~~~!!!!  

ま、私の所は一日遅れの発売なので、その翌日(2月24日)以降に手に入るでしょうけど(笑)

おっ!? 画像はアヤにャンさんが愛して止まない猫ちゃんのイラストがイッパイじゃないの!!!

愛猫家にはとても可愛くてたまらなくなるようなキャリーバックですね~☆☆ めんこい~♪♪
何でも、ご両親のお誕生日プレゼントだとか…今後のお仕事に非常に役に立つアイテムですな☆★

頂いたアヤにャンさんは嬉しくて嬉しくてしょうがないといった感じ。

沢山の方々にお誕生日を祝ってもらえるアヤにャンさんは本当に幸せな方ですな…☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月25日 (水)

今日はブログチェックが盛りだくさん

◎今回はこれと言った芸能ネタがないために、いつものブログチェックのみ。明日は何か芸能ネタを見繕ってきますのでどうかご了承下さいませ。。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月24日)、今日(25日)更新分。

・昨日更新記事……画像は長尾一家で手のひらを比べてみた様子。見るからにまゆまゆさんの手のひらが黄色い。
普通なら「みかんの食べすぎ」だと思うのだが、実はそうではないらしい。
心配したご家族から病院へ行く事を薦められたまゆまゆさんは一路病院へ行き、診断を仰ぐ事に。

結果的には『血液検査や色々な検査をした結果、手が黄色いのは体質』ということになったらしいが、それだけでは終わらないのがまゆまゆさん。

色々と面白いやり取りが展開されたが、

診察した医師をさんざん呆れさせた上に「もう来なくていい」などと言われるハメに(笑)

まゆまゆさんは“お騒がせキャラ”でいつも必ず何かやらかしてくれるお方のようだ…この辺が母上とよく似ている点、、、やっぱ親子だわ(爆)

・今日更新記事……ショコラBB』は、美容と健康に敏感な20代以上の女性による女性の為の栄養ドリンク。特にお疲れ気味の女性が好んで飲むらしい。
まゆまゆさんも少々お疲れ気味のご様子。
これを飲んで、気分がシャキっと引き締まり、やる気が出たなら、それはそれで良いこと。美肌にも効きそうですしね。

これからも毎日の健康維持と美肌維持に努めて下さいな…☆☆

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(24日)、今日(25日)更新記事。

・昨日更新記事……おっ!?朝から何だか色っぽいねぇ~...セクシー姉さんだな(笑) 

相変らず家の中では薄着するんだね…まさに我々が日頃から実践している「部屋の中の暖房を効かせて、薄着(Tシャツなど)にアイスクリーム(ビール)」という“北海道スタイル”ですな(笑)

で、、最後の

「はい!♪ドン!♪ドン!♪ドン!♪ベタベッタ♪ドドンドドン!♪」

は、安田大サーカスの決め台詞だね(笑) 彼らのファンなのかな???

それにしても、クロちゃんの声は本当に地声なんだろうか…?

・今日更新記事……2枚目から4枚目は、ボールペン付きの携帯ストラップらしい。“オジサンっぽい”このストラップを偶然店で見かけた時に一目惚れしてしまい、速攻買ってしまったそうな。
へぇ~、、可愛らしいアイテムだね。それに携帯ストラップがボールペンに早変わりするのは、偶然何かを発見して直ぐにメモをしたい時にはとても便利な代物ですな☆☆

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・今日(25日)更新分。

画像を見ると、かなりお疲れの様子…(笑)
ダンスの深夜練習の為に寝不足と疲労でクタクタのようです。帰りの電車を待つホームで更新したようだ。
ホント、お疲れちゃんですな☆

さて、1月22日のライブで歌った曲は

1、冬のうた  キロロ
2、DEAR MY FRIEND  ELT
3、最後の雨  倖田來未
4、Someday My Song?

というラインナップらしい。

2001年にリリースされたKiroro『冬のうた』は今や冬の定番ソング。今の季節はラジオや有線でも頻繁に掛かりますよね。
玉城千春ちゃんの伸びやかで透明感のある歌声は聴いててとても落ち着く。

1997年にリリースされた初期のELT(Every Little Thing(エブリ・リトル・シング))のヒット曲DEAR MY FRIEND』は、ELTがブレイクしたきっかけとなった3rdシングル。
エイベックスお得意のユーロビートのエッセンスが入ったアップテンポな曲。親友を歌った詞なのにノリノリの曲調なのが当時新鮮に感じました。

初期のELTは私も大好きで、この頃(五十嵐充氏が参加していた時期)のアルバムは全て持っております。
さっき、ベストアルバムの『Every Best Single +3』を引っ張り出してきて久々に聴いてみたけど、やっぱりイイねぇ~。。。

『最後の雨』は元々、1992年に中西保志さんがリリースした名曲。王道を行く正統派バラードで、何よりも彼の周りを圧倒するような歌唱力がイイ!! 
同時期にブレークした中西圭三さん(『Choo Choo TRAIN(チュー・チュー・トレイン)』や『Timing(タイミング)』の作曲でも有名)と同じ中西姓でよく混同することが当時は多かったよね(笑)
当時この曲はかなりヒットしましたねぇ…私もこの曲をよく聴いておりました(今もCD持ってマス)。
懐かしいねぇ~。。。 

最近は、韓国ドラマ『美しき日々』(出演:イ・ビョンホン、チェ・ジウほか)の主題歌も歌った「Zero」という韓国のアーティーストがこの曲をカバーしています。

倖田來未ちゃんが12月にリリースしたマキシシングル『Gentle Words』の中に、この『最後の雨』のカバーが収録されております。
実際に視聴してみましたが、R&B調のアレンジ方法からして、本家とはまた違った印象に感じました。男性の曲を女性がカバーすると別の曲になってしまう典型的なパターンですね。

で…最後の『Someday My Song』は何だろう…コメント欄のファンの方によれば、どうやらヒナちゃんの持ち歌らしい。なるほど、オリジナル曲ね。
いずれ、この曲がCD化されるのかどうか、目下ファンの方々には注目の的のようだ。。。。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月19日(木)、20日(金)、21日(土)、22日(日)付け記事(昨日、今日更新分)。

・1月19日付け記事……おや、【キムチ】ですな。栄養満点の健康食。『味わいキムチ』と表示されていて、その下には「りんごと玉ねぎを加えたコクのあるキムチ」との添え書きがあります。
辛さ控えめで比較的食べやすい味のものなんでしょう。辛いのが大の苦手なあっちんさんもこの【キムチ】にハマってしまったそうだ。
唐辛子に含まれる『カプサイシン』というのが新陳代謝を活発にさせ、体脂肪を燃やす。更には、酸っぱい成分の乳酸菌も豊富に含まれているので美容(美肌)に良いし、何より風邪予防にもなる。

韓国のサッカー選手が非常にタフなのは、ニンニクが沢山入っている【キムチ】を毎日食べているから。特に、焼き肉との相性は抜群!!! 
疲労回復とスタミナUPにもなるので、これからもフットサルのエネルギー源として【キムチ】をどんどん食べましょう!!!!

ちょうど【キムチ】は私もつい先ほど食べましたよ。でも今回買って来たのはちょっと甘いかな? 
もうちょっと辛くて濃厚な味がする方が好きなので、今度は色々と他の製品を買ってきて食べ比べてみよう。。。

ちなみに、先日韓国通のウチの姉が買って来た『韓国塩辛』の【タラチャンジャ】(タラの内臓の塩辛)というのを食べた。
結構辛かったけど、コリコリと歯ごたえがあり、オツな味でした。韓国では珍味らしい。お酒好きなら一層と晩酌が進むでしょうね☆

・1月20日付け記事……あっ、これは子供ビールだね(笑)
関西では特にお馴染みの飲料メーカー【サンガリア】が製造・販売する炭酸飲料『こどもののみもの』
《あわだち飲料》と銘打っているのがイイね(笑)

ノンアルコールのビールのような、決してビールの味がするわけではない。
よく泡立つ普通のサイダーって感じの味らしい。ややシャンパン(シャンメリー)に味が似ているか。

【サンガリア】の製品は、ウチがよく利用するスーパーで沢山売っているので、結構馴染み深いです。
大阪の喫茶店が発祥という『みっくちゅじゅーちゅ』は以前よく買って飲んだなぁ~。。。
後は、ラムネ味のサイダーがオススメ。とても懐かしい味がするよ。ウチの姉が好きなんです(笑)
また飲みたくなったので、明日か明後日にも買い物がてら買ってこよう。。。

・1月21日、22日付け記事……21日と22日の両日は関東地方で大雪が降って大騒動でしたね。
しかし、雪が大好きなあっちんさんは積もった雪を見て、お子ちゃまのように大ハシャギ。

この日(21日)はYJのチームメイトと共に関東フットサルリーグの試合を観戦。
みんなが大いに刺激を受けたようだ。

YJシューターズは、キャプテンの松原渓ちゃんを筆頭に、アヤにャンさんやコナンちゃんなど将来がとても楽しみな選手が沢山いる。
もちろん!あっちんさんも忘れてならない!! 南葛YJシューターズ不動の【フィクソ】ですからね!!!
他のチームよりも『伸びしろ』があると思いますよ!!! 

これから、チーム全体でどんどんレベルアップするよ!!!
今後の南葛YJシューターズは益々期待大です!!!!

2月の大会に向けて、これからもチーム一丸となって練習を頑張って下さいね~~☆☆

画像は、お友達の家で飼っているという柴犬。めんこいねぇ~♪♪♪ 昔、隣にいた飼い犬を思い出したよ。。。
しかし、、改めて見てみると、雪が結構積もっているよね。これだけ東京で積もったのを見たのは、あっちんさんにとっては生まれて初めての経験じゃないかな。

それに、このワンちゃんは頭から雪を被っているし…雪が降って一番喜んでいるのは、このワンちゃんではなくあっちんさんのようだね(爆)

これからも、お友達のこのめんこいワンちゃんを可愛がってあげてね☆★☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(24日)更新分。

昨日はアヤにャンさんの記念すべきお誕生日。精神年齢が10歳と仰っているが、それがとても可愛らしくみえるわけですよ!!!
その純真無垢なお子ちゃまの性格が最大のチャームポイントなので、いつまでもその部分を大切にして下さいな☆☆☆

そして、自らを祝おうとしたのか、現在公開中のアニメ銀色の髪のアギトを観に行ったらしい。

この作品は、300年後の地球が舞台。
月面で遺伝子操作して繁殖した森が動物のように意思を持つようになり、ついには怪物となって地球の人類に襲い掛かる事から物語は始まる。
まるで、遺伝子操作を推し進める現代の生物科学、間違った文明社会に対するアンチテーゼのようなテーマ。

未来の少年アギトと過去から来た少女トゥーラを中心にこの物語は展開していく。

この映画は、ハリウッドが認めたというクリエイター集団【GONZO】が製作した作品。
OVA版『最終兵器彼女』など数多くの作品を制作。

最近では、テレビ版『電車男』のオープニング・アニメーションも製作した。

今後は…TV作品『マルドゥック・スクランブル』、劇場作品『ブレイブストーリー』、TV作品『ウィッチブレイド』が今年中に公開されるそうだが、
更には、テレビ版『電車男』のオープニングアニメやフィギィアとして一躍注目され、先月のお台場のイベントにも登場した月面兎兵器 ミーナが今年中にOVA作品化されるそうだ。

アニヲタのアヤにャンさんは過去に【GONZO】の作品は何本か見ていると思います。

何でも『銀色の髪のアギト』を観て、オープンニングとエンディングの歌がかなり気に入ったらしく、そのCDをお友達から誕生日プレゼントとして頂いたとか。
…大喜びの様子が目に浮かぶようですね☆☆

但し、ノリで買ったというストラップがかなりビミョーらしい…衝動買いが失敗しちゃった例(笑)
どうやら自爆したようですな…チ~ン

さて、この作品について、アヤにャンさんの感想とは...

最初に登場した“水の表現”というのは、怪物化した森が海から押し寄せてくる様子なのだろうか…???

中盤では微妙と感じた部分もあったそうだが、終盤に入ると、アヤにャンさんのスイッチが入ったのか、感動して泣いてしまったそうだ。

そして、ラストシーンの『アギトが森と同化した世界』が一番感動したらしい。人類と森が争いをやめて融和した瞬間なのでしょう。
クライマックスを迎えて、アヤにャンも号泣したことでしょう。。。
何でも、アヤにャンさんが好きな映画『奇跡の輝き』に似ているとのこと。

豊富なアニメの知識があるアヤにャンさんは、将来“アニメ評論家”としてもデビューできそう。。。

そして、その日の夕方から【チャクチャクj.b】との練習試合に参加。2時間半もフル出場してかなりしんどそう。
しかし、試合に出るのが何よりの喜びのアヤにャンさんには、とても心地よい疲れだったのでしょうね。
勝ち負けよりもむしろ実戦経験を積む事が何よりも大切。この試合で得たものはかなり大きかった事でしょう。

アヤにャンさんはもっともっと上手くなりますよ!!!

もちろん!今回の経験によりチーム全体が一段とレベルアップすることでしょう。。。

昨日は本当にお疲れ様でした~~☆☆☆
これからもフットサルの練習頑張って下さいな☆★

画像はお昼に食べたという『豆乳で練った生パスタ』とか。めっちゃウマソ~~!!!!
思わずよだれが出てきたよ(笑) 豆乳で出来ているから、パスタをよく噛むと豆っぽい味がするのかな???

最近は評判のグルメを探すのが趣味の一環でもあるようだ。

今回も昨日と同じ決め台詞で締めます……食いしん坊バンザーイ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

今や国民的人気キャラクター?

◎余談を挟まずに、早速芸能ネタから始めましょう。

◇ゴリエ“温暖化防止運動”応援団長に…環境相が任命(夕刊フジ)

ゴリエが23日、環境省に小池百合子環境相を訪問し大臣から地球温暖化防止のための運動「チーム・マイナス6%」の応援団長に任命された=写真。大臣プロデュースの「もったいないふろしき」も手渡され、ごみ減量活動PRの協力をお願いされたゴリエは「ゴリエパワーで、“チーム・マイナス6%”の活動を盛り上げます」と宣言した。この模様は25日放送のフジテレビ系「水10!ワンナイR&R」(水曜後10・0)でオンエアされる。
ZAKZAK 2006/01/24

今や、大人から子供まで大人気のキャラクター『ゴリエ』。フジテレビ【ワンナイR&R】ガレッジセールのゴリが演じるキャラクター。「なんだな」「かなしみ~」「ペコリ」のワンフレーズが口癖。

去年は暮れの紅白歌合戦に“紅組”として出場。案の定、一部で賛否が巻き起こったようだ。

今回はそのゴリエ人気にあやかって、小池大臣が温暖化防止運動を推進するようだが、まぁ小池大臣の単なる話題作り、パフォーマンスでしょうね。それにフジテレビ側が乗っかったということ。
しかしねぇ…「もったいないふろしき」というネーミングは正直ダサいよ。この人は「クールビズ」や「ウォームビズ」という流行語を生み出した張本人ではあるが、もうちょっとマシなネーミングは考えられないものか…。

この様子は明日(25日)放送の【ワンナイR&R】でその一部始終が放送されるそうだ。是非見てみよう…!!

ちなみに、ゴリエ名義でリリースしているMickeyPecori Nightを実際に歌っているのは「ジョアン」(13歳)【ワンナイR&R】など、バラエティやCMにも多数出演するハーフの天才子役だそうだ。かつて同じNHKの【天才テレビくん】にもレギュラー出演していたから、本当なら多少の憂慮はしても良いと思うが…。
結局、労働基準法の規定により、ゴリエの出演時間が21時以降になったので出演できなかったそうだ。
是非、ジョアンが生で歌っているところを見てみたいものである。

◇日テレがやらせ問題で幹部を処分(サンスポ)

昨年放送の日本テレビ「ニュースプラス1」などに架空の人物を登場させるやらせがあった問題で、同局は23日、「視聴者の信頼を損ね、関係各所に多大な迷惑をかけた責任は重大」などとして、報道局担当の島田洋一取締役執行役員を厳重注意、足立久男報道局長ら3人を減給の懲戒処分にした。島田取締役は役員報酬1カ月分の10%を自ら返上した。

以前、日テレのニュース番組でやらせが発覚したことに対する正式な処分を発表。

まぁ、とりあえず、今後は日テレがどう変わったのかは視聴者の判断にゆだねられるということですね。
本当の意味で審判を下すのは、局の幹部ではなく我々視聴者ですから。

再び問題があれば、我々視聴者が厳しい反応を示せば宜しいと思います。要は、やらせなど問題を起こしたニュース番組を一切見ない処置を視聴者は取るべきです。
見る人が少なくなれば、局側も危機感を抱くでしょうから。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・今日(24日)更新分。

タイトル通り、“ある日曜日”の話。

前日(土曜日)の夜に、アンナちゃんは【抱き枕】を抱いて寝たそうですが、それが思いのほか熟睡できたらしく、翌日起きて直ぐに時計を見たら既に夕方の4時(16時)を過ぎていたとか。。。

その【抱き枕】は彼女の身長よりも高い(長い)そうですが、どんな形のものを使っているのでしょうか…?

【抱き枕】は『丸太』や『人』などのノーマルな形の他、『イルカ』『アザラシ』『ペンギン』『犬』などの動物の形が有名ですが、中にはオーダーメイドで作ってくれる店もあるとか。

それにしても

「ありがとう!私の大切な抱き枕さん☆愛してるよ♪(笑)」

とは相当お気に入りの【抱き枕】のご様子…てか、むしろこれは溺愛ですよ(苦笑) きっとファンの方々はこの【抱き枕】になりたいと思っていることでしょうね(笑)

こんなに凄くアンナちゃんに愛される【抱き枕】は“幸せ者(物?)”ですな…☆☆

とにかく、それだけ安らいだ気持ちで熟睡できるということは、自分に一番合った【抱き枕】を使用しているようですね。

睡眠は生活する上で非常に大事なので、これからもその溺愛している【抱き枕】で“安眠ライフ”をエンジョイして下さいな☆彡

ちなみに、私は【テンピュール】の枕を使っているので、毎日ぐっすりと眠れます。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(23日)更新分。

今日はアヤにャンさんの晴れなるお誕生日です!!! バンザーイ!!

お誕生日おめでと~う!!!! パンパンパン!!ヒューヒューヒュー!!

いやぁ~、、今日は非常にめでたい日ですねぇ~~!!! 
今頃は、色んな人に祝ってもらっている事でしょう。大好きなお菓子とケーキを食べ放題ですネ(笑)

アヤにャンさんにとって、今後も幸多き人生でありますように。。。。

一方、昨日の日記によれば、双葉社のチームと試合を行なったらしい。所狭しと走り回ってかなり疲れたそうですね…昨日は大変お疲れ様でした。。。
今回は主に攻撃をメインに任されたのこと。ポジション的には攻撃的【アラ】か【ピヴォ】なんでしょうね。
大分ポジショニングのコツは掴んだようですが……でも大丈夫。アヤにャンさんはYJチームの中でも動きの俊敏さが目立つ選手ですから。
後は出来る限り大会まで練習して、より一層の技術向上とボールの感覚を養って下さいな☆★☆
期待しておりますよ~~!!!

画像は、『マフラー』を巻き、頭の上に『カチューシャ』が僅かにキラリと光っております!!

なまらめんこい~~っっ!!!! こういうちょっとした可愛いオシャレも良い感じですねぇ~☆☆

やはり“お菓子大名”らしく、菓子パン?を手に取っておりますな(笑)
試合後、帰りの途中で写したものでしょうか?

これだけお菓子が似合うアイドルもそうはいないでしょうね(笑)
お菓子無くして、アヤにャンさんは語れませんな☆★☆

食いしん坊バンザーイ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その57

◎前回コメントを書いてから、その後2回も平田裕香嬢のブログが更新されました。2月の初舞台に向けて順調に稽古を行なっている様子…が!しかし、今回“厳重注意”とは如何に!?
とにかく、遅れ馳せながら今回もコメントを書かせて頂きます。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・1月21日(土)、23日(月)更新分。

・1月21日更新記事……この日と翌日は関東地方に大雪が降った日。タイトルが『ユキのヨル』となっているので、この日は夜になってから雪が本降りになったようですな。
北海道生まれの北海道育ちの裕香嬢も、ここ10年近くは東京の生活が長いために雪の感覚を暫く忘れ掛けていた様子。
しかし、この日は突然空から降ってきた雪が肌に当たる感触を通して実感できたので、忘れ掛けていた雪の感覚が蘇り、その懐かしさのあまり、つい嬉しくなってしまったようだ。

確かに、東京は氷点下まで気温が下がる事は真冬でもなかなか無いので、仰るとおり【雪の結晶】の形をハッキリと確認できないのでしょうね。
氷の樹枝が六角形に形成された【雪印】のマークに代表されるように、まさに【雪の結晶】自然が作り出す造形美(アート)
雲の中の湿度や気温によって、様々な【雪の結晶】の形に変化する。まるで花が開いたようにも見えるので“雪の華”とも。

「雪の結晶の形を見ることが出来ません」と仰ってますが、本来ならどんな雪にも結晶はあるはずです。
しかし、その当時の気温が比較的高い為に、おそらく服に付いた時には結晶を見る間でもなく直ぐに溶けてしまったのでしょう。

それにしても

「家の鍵を無くしてしまい」

とは、相変らずおっちょこちょいな裕香嬢らしい(笑)

何はともあれ、この日は久々に雪に触れた喜びで、きっと夢の中にも【雪の結晶】が登場したことでしょうね。。。

・1月23日更新記事……昨日は久々にオフだったそうな。本来の生活スタイルに戻り、ゆっくりマッタリとした時間を過ごした事でしょう。

それにしても“巣”とは何ぞや???

まぁ「部屋が荒れている」とのことなので、鳥の“巣”のように雑誌や物が幾つも重なり合った状態を指すのでしょうな(笑)
ちょうど今頃は部屋の中を片付けている最中なのでしょうか…?

さて、この日は記念すべき初舞台『デビルマン~不動を待ちながら~』の追加公演が決まった、とてもめでたい日でもあったそうですな。
どうやら、既に前売り券が全て完売してしまったための措置のようだ。

追加公演は2月13日(月)(14時30分開演 ( チーム・サタン )、14日(火)(13時15分開演 ( チーム・デーモン )の平日に行なわれるとのこと。
当然、仕事がある方や、学生の方は都合が付きにくい。

しかし、裕香嬢は「見に来ていただけると嬉しいです☆」と前置きしつつも、

「ご自分を大切にして下さることを前提で◎」

との細やかな気遣いを付け加える事も忘れなかった。

……この気配り上手な所がとても素晴らしいのですよ!!!
「アイドル界1の礼儀正しさ(人柄)」との評判に偽りなしですな☆★

さて、この日は稽古中に“厳重注意”を受けたそうな
…と言っても、大それた事ではないらしく、裕香嬢が真顔のまま鼻声で台詞を言うので、つい共演の方々はその可笑しさのあまり噴き出してしまうらしい。

風邪のせいなのか、それとも空気が乾燥してか…とにかく、鼻詰まりが著しいそうだ。

もし、鼻風邪なら鼻炎の薬でも代用できますよ!! 
何故なら、鼻風邪の薬も鼻炎の薬も成分的にはあまり変わりはありませんから。これは以前、某ドラックストアの薬剤師の方が仰っておりました。
元々裕香嬢はアレルギー体質(鼻炎)のようですし、むしろ鼻炎の薬はちょうど良いかもしれません。値段的にもそちらの方が安いですし。。。
カプセルタイプ(飲み薬)を服用したほうが宜しいと思います。
但し、インフルエンザが原因なら病院へ行ったほうが宜しいと思いますが…。

それにしても

「鼻のかみすぎで鼻の下が荒れて痛い」

とは、結構症状がヒドイですね。鼻の下が赤くただれてしまっているのでしょう。

確かに、仰るとおり「それ(鼻声)も個性」なんでしょうけど(笑)
その場も和みますでしょうし。。。

けれど、出来る事なら早めの処置を施して、万全の状態で本番に臨んで下さいな。

今後も舞台稽古が順調に進行する事を願っております☆彡

尚、『稽古場フォト』にUPされている裕香嬢の魅力的な姿にも注目ですよ☆☆

※遅れ馳せながらトラックバックします。どうか宜しく~☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

降った雪をも溶かすファンの熱気。

いゃあ~、今日は本当に寒かった…と言ってもいつものことだけど(笑)しかし、今日の札幌最高気温は-6.6(最低気温-12.3℃)といつも以上にしばれるねぇ...。
それでは、3日ぶりに芸能ネタから始めましょう☆

◇dream「ファンの愛を実感」(スポニチ)  

握手会を行ったdreamの(左から)橘佳奈、高本彩、阿部絵理恵、長谷部優、西田静香、山本紗也加、中島麻未
音楽、ドラマ、フットサルで活躍中の7人組「dream」がトレーディングカード発売を記念して21日、都内で握手会を行った。長谷部優(20)は「アダルトでセクシーな私たちを楽しんでください」と自信たっぷり。雪の中集まった多くのファンには「愛が伝わってきます」とメンバー全員が感謝していた。
[スポニチ:2006/01/22 17:23] 

一昨日(1月21日)、書泉ブックマート2階にて行なわれた女性7人組グループ【dream】オリジナルトレーディングカードコレクション『dream/SEVEN PEACE』(エイベックスネットワーク・税込み6300円)発売記念イベントの様子。
第1部(午後12時~)は阿部絵里恵ちゃん、西田静香ちゃん、山本紗也加ちゃん、第2部(午後3時~)は高本彩ちゃん、中島麻未ちゃん、橘佳奈ちゃん、長谷部優ちゃんのそれぞれ2組に分かれて行なわれたそうだ。

当日の都内は大雪が降ったにもかかわらず、書泉の周辺は大勢のファンでごった返したそうだ。

dream公式HPにあるメンバー日記『dream blog』の両方に書いた高本彩ちゃんによれば「みんなの手が冷たかった…。でもその冷たさからみんなの暖かさがつたわったよ」「みんなの暖かい想いが冷たい手から伝ってきました。」とファンに対し感謝の弁を述べております。
また、先ほど更新された山本紗也加ちゃんのメンバー日記にも「雪で電車が止まってしまった方や、地方から時間をかけて来てくれた方、寒い中待ってくれていた方、皆さん一人一人に感謝します(>_<)」と同じく感謝の弁。

それだけ、熱心なドリームファンが大勢いらっしゃるということなんでしょうな。

外は寒くても、書泉の中はファンの熱気でとても暑かったようだ。

彼女達【dream】とは...

当時、書類応募を含めると約12万人が参加したという過去最大級のオーディション『avex dream 2000』の決戦大会が1999年8月10日に六本木ヴェルファーレにて行なわれ、栄えあるグランプリに輝いたのが、あゆの『boys&Girls』を歌った(dreamナンバー01)松室麻衣ちゃん(当時16歳)、相川七瀬の『トラブルメイカー』を歌った(同07)橘佳奈(当時13歳)ちゃん、安室奈美恵の『Chase The Chance』を歌った(同08)長谷部優ちゃん(当時13歳)。
そしてその3人は、幾日もボーカル&ダンスレッスンを重ね、レコーディング、PV撮影、プロモーションの末に、翌2000年1月1日に3人組ユニット【dream】として、マキシシングル『Movin' on』でデビュー。当時、実力派ユニットとして、いきなりCM出演を果たすなど大いに話題を集める。この3人体制では、デビューシングルを含め、シングル13枚、アルバム4枚をリリースした。

ちなみに、『avex dream 2000』で準グランプリだったのが、去年大ブレークした倖田來未ちゃん(当時16歳)。また同年にはテレビ東京系『ASAYAN』の『モーニング娘。追加メンバーオーディション』も同時にエントリーし、後藤真希ちゃんと最後まで争って落選している。
更には、現・モーニング娘。の藤本美貴ちゃん(北海道滝川市出身)も『avex dream 2000』のオーディションに参加している(落選)。

2002年7月7日に初期メンバー3人のうち、松室麻衣ちゃんが脱退。同時に新メンバーとして、(同04)高本彩ちゃん、(同02)阿井莉沙ちゃん、(同03)阿部絵里恵ちゃん、(同05)中島麻未ちゃん、(同09)山本紗也加ちゃん、(同06)西田静香ちゃんの6人が加入。【dream】は8人体制となり、シングル3枚、アルバム2枚をリリース。

2004年3月28日に行なわれたミュージカル“ID”をもって、阿井莉沙ちゃんが卒業し、現在の7人体制となる。
その後現在まで、シングル3枚、アルバム5枚(ベスト版含む)リリース。

2月18日から【福岡 DRUM Be-1】を皮切りに、全国8箇所でツアーも始まるそうだ

最近は、【dream】のメンバーが中心となった女子フットサルチーム【TEAM dream】を結成。橘佳奈ちゃんがキャプテン(ゴレイロ)。高本彩ちゃん(アラ)が攻守の基点となり、運動量が豊富のチーム。次の大会でも優勝争いに絡んでくるだろう。
やはり“たかもっちゃん”の“関西系”の元気とノリの良さ、機敏さと、小柄ながらキック力のあるシュートは他チームにとってかなり脅威。メンバー日記では、ほぼ毎日更新するマメな性格でもある。近所の子供に大人気で、“お茶目”な誰からにも愛されるキャラクター。
一方で、西田静香ちゃんのように、(1月14日付け)メンバー日記で、我が北海道や東北に住んでいるファンの方々に対する気遣いを見せる姿勢も素晴らしい。この何気ないことが、ファンのハートをガッチリと掴むのである。【dream】は各メンバーごとに役割分担がしっかりとしている。
きっと、3月5日の【札幌 KRAPS HALL】、3月11日の【仙台 HOOK】では、東北や北海道在住のdreamファンが沢山駆けつけることだろう。
阿部絵里恵ちゃんは岡山県出身だけあってか、好みの男性のタイプが「岡山弁がしゃべれる人」というほど岡山弁に人一倍愛着がある。郷土愛が強いタイプなのだろう。のほほんとしているイメージのようだが、本質的にはボーイッシュだとか。
中島麻未ちゃんは“天然”ぽい所もあるがトークはメンバー中、一番上手いらしい。今回のイベントでは一番積極的にファンに話しかける姿勢を見せたそうだ。今年からメンバーでは唯一の高校生(新3年生)となる。

現・メンバーのソロ活動としては、長谷部優ちゃんが昨年からグラビアアイドルとしての活動を開始。映画『痴漢男』ヒロイン・カンチ役、ドラマなどでも活躍中。DVD(イメージビデオ)を2枚、写真集2冊をリリース【dream】を知らない層にもファンを拡大した。
リーダーの橘佳奈ちゃんは、2004年に東京プリンと【橘佳奈(仮)東京プリン】としてユニットを組み、マキシシングル『この人』をリリース。メンバーのまとめ役。
また、山本紗也加ちゃんが「山本サヤカ」名義で昨年12月にソロ歌手として『牡丹雪の降る街』でデビューした。歌唱力は折り紙付き。

しいて言わせてもらうなら、もうちょっとメンバーの個性が発揮される機会があればなぁと思う。一人一人の顔が見える売り方をすれば、もっと人気を獲得できると思う。
せっかく、魅力あるメンバーが揃っているのだから。。。。

一方の卒業組は、まず去年9月から松室麻衣ちゃんがソロとして活動再開⇒公式HP『Mai Official Web』

更に、阿井莉沙ちゃんは卒業後、事務所を鈴木杏ちゃんらが所属するフォスターへ移籍し、ソロ活動を開始。映画、舞台、バラエティで活躍中。
昨年9月には『ラブ・ハイウェイ』(インディーズレーベル)で念願のソロ歌手としてデビューした。独特のキャラでdream時代から引き続き応援しているファンの心を掴んで離さないようだ。
また昨年1月から3月末まで放送されたドラマGO!GO!HEAVEN!で演じたバンド【自決少女隊】のメンバー・ミカエルそのままに(メディアミックス)、昨年2月には【自決少女隊】名義でシングル『遺書』をリリースしている。

また、彼女のブログ『Risa's Meaning』は、ほぼ毎日更新され、文章の上手さ、面白さは秀逸。【週刊プレイボーイ】では常に上位にランクされている。
いずれ、眞鍋かをり嬢、しょこたん(中川翔子)と並び“ブログの女王”としてブログ界でも人気者になれる素質あり。

◇ゆうこりん 金獲得でコリン星ご招待(スポニチ)  

小倉優子(中央)から激励を受けたトリノ五輪スノーボード代表の(左から)中井孝治、国母和宏、村上史行、千村格
タレントの小倉優子(22)が22日、都内で行われたJOCオフィシャルパートナー・ロッテの「トリノ五輪スノーボード日本代表選手団“激励会”」にゲスト出演した。ロッテ「スポーツお菓子力研究室」の主任研究員として白衣にメガネというスタイルで登場。国母和宏ら4選手に、ガムでできたメッセージボードなどを贈呈。選手から「トリノで金メダルを獲ったら?」と質問され、「金メダルを獲ったらコリン星へのお食事券を用意しておきます」と約束していた。
[スポニチ:2006/01/23 06:14] 

タイトルに惹かれたからこの記事を選んだだけ(笑)

「コリン星ご招待」って、ゆうこりんお得意の「コリン星」という奇想天外な“単語”を用いつつも、その招待の中身が「お食事券」というのが妙に現実的というか、手短に済ましすぎ(笑)
ここは一つ「宇宙旅行」と言ったら良かったのに…。

ちなみに、「コリン星」の名の由来はおそらく「ゆう“こりん”」から来ているのでしょう…よく考えたら結構安直だよね(笑)

◎続いてはいつものブログチェックですが、今回は簡略に書きます。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・1月21日(土)、22日(日)、23日(月)更新分。

・1月21日更新記事……退院間近のママさんが同室のエアロビの先生とベットの上でお気楽にエアロビにいそしんでいるという“のほほん”なお話。その場に遭遇した流石のまゆまゆさんも呆れ気味。
やはり、いつも何かやらかしてくれるママさんのようだ(笑) ま、元気があって良いじゃないの。

・1月22日更新記事……最近はお肌により気を使うようになったらしく、その効果が画像に写っているとおり、白くて決め細やかなお肌によく現れている…美しい!!!
肌年齢は10代の女の子と遜色がないみたいですな。“永遠の18歳”をこれからも名乗っていく為に、これからもスキンケアにいそしんで下さいな…☆

・1月23日更新記事……今日は毎週恒例の『週刊!まゆのいちおしグラビア』。先週号の【週刊プレイボーイ】に載っている“ガッキー”こと新垣結衣ちゃん。新垣姓の通り、沖縄県(那覇市)出身で最近赤丸急上昇中のアイドルだ。
2001年に当時12歳で『第4回 ニコラモデルオーディション』でグランプリ受賞。翌2002年から小中学生向け雑誌【ニコラ】のモデルとして活躍。 2004年から、グラビアやバラエティ番組に進出し、
更に昨年から『ドラゴン桜』など女優業にも活躍の場を広げる。

そんなまゆまゆさんはグラビアの結衣ちゃんを高く評価。まゆまゆさんは新たなお気に入りのアイドルを見つけたようだ。。。

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・1月22日(日)、23日(月)更新分。

・1月22日更新記事……昨日行なわれたアリエル撮影会での様子。画像をご覧になればお分かりだと思いますが、1部から4部まで、まさにコスプレ三昧の“りっちゃん七変化”と言った感じ。
彼女の可愛さ爆発です☆☆☆  昨日はお疲れちゃ~~ん♪

タモリさんが大勢いる「ザ・タモリックス」なるコラージュがこの日のオマケ(笑)

・1月23日更新記事……今日から携帯から更新できるようになったので、早速出かけた先のマザー牧場で、ひたすら動物を撮りまくっております。
雌ライオン、ニホンザル(小猿)、子豚の兄弟、サメ、ペンギン、なつかしのウーパールーパー×2、ウツボ、虎に…おや!?以前よく彼女の自宅にひょっこりやって来たという“雨”ちゃん!!今いずこ。。。
最後は、色っぽくてキュートな彼女の姿で今日の“祭り”締める。まさに怒涛の更新編でした…☆

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(22日)更新分。

画像に写っているのは、以前登場したリラックマの着ぐるみ。再添付。

ライブの直前に更新された模様。相変らず、コメント欄に寄せているファンの方々との会話風になっている。

この日は午後になっても降った雪が解けずにかなり残っていたらしく、道産子の彼女もビックリ!と言った感じだ☆☆

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月17日付け記事、18日付け記事(昨日更新分)。

・1月17日付け記事……この日から【マイクロダイエット】を開始したそうだ。
ただ、体力維持の為に、くれぐれもご無理をなさらないように!!
スタミナが落ちて、フットサルの練習や大会に響くといけませんので。。。

・1月18日付け記事……制服が写っておりますが、後もう少ししか着られない。残された高校生活を悔いのないように楽しんで欲しいと思います☆★☆

もう二度と着ることのないこの制服を、卒業するその日までその喜びを十分に噛み締めながら着て下さい…!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・一昨日(22日)、昨日(23日)更新分。

・一昨日更新記事……この日、YJシューターズのチームメイトらと駒沢体育館で行なわれた関東フットサルリーグを見学したそうな。
その経験を生かして、チーム全体の一層のレベルアップに期待しております!!!

スカートをアレンジするのも“オシャレ改革”の一環ですな☆☆☆

・昨日更新記事……エイベックスネットワークが昨年末に開始した、携帯(FOMA)の動画サービス【グラドルTV】にアヤにャンさんが出演。
そこで山本早織ちゃんと共演したそうだ。早織ちゃんはチャクチャクの一員だったよね。フットサルの話題で盛り上がるのは必然的。
更に、抽選で番組中に作った手作りチョコレートをプレゼントして当たるようなので、FOMAユーザーの方はどうかご契約を☆

お疲れちゃ~~ん☆

今日は我が【南葛YJシューターズ】はその【チャクチャクjb】との練習試合があるそうだ。
吉報を御待ちしております。。。

あっ!!明日はアヤにャンさんのお誕生日です!!! こりゃ~めでたい限り!!! 皆で祝って差し上げましょう!!!!

今日の徳川葵ちゃんのお誕生日と同様にトラックバック・オーライ(TBA)では“祭り”になるのでしょうね~♪♪♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

初めて携帯から更新です。

どうもどうも〜〜♪♪♪
どうやら今日はPCから更新出来そうにないので、初の試みとして携帯からブログを更新してみました☆☆
一応、明日取り上げる芸能ネタは、昨日書泉で行われたアイドル7人組グループ「dream」のイベントに関する記事をメインに、さらにもう一つか二つを取り上げる予定。
また、いつも欠かさず書いているブログチェック(二日分)も併せて書く予定。
明日も、ひょっとしたら遅くなるやもしれませんが、必ずや明日中には通常の記事を書きますので、もし宜しかったらドーゾ☆★

ではでは〜♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

今日はやや遅れて更新です。。。

◎今日はこれと言った芸能ネタが見つからずじまい。
ということで、今回はいつものブログチャックのみ。

ちなみに、明日は遠出するので、今日と同じく更新が遅れるやも知れません。あしからず。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月20日金曜日)、今日(21日)更新分。

・昨日更新記事……長尾美人姉妹(麻由&麻未)が写っております。やっぱ2人とも可愛いよね☆☆☆
で、、、昨日は麻未さんの大学に潜入したらしい。“モグリの女子大生”だね(笑)
ま、バレないでしょう。大学は外から色々な人が出入りするから。
それに、まゆまゆさんは童顔だから麻未さんの同世代よりも幼く見えるわけだし。

2枚目のパソコンの画面を見つめる姿は十分様になってますよ☆
女子大生としても遜色ありませんよ!!!

なるほど、英文がビッチリと書かれていますね。宿題を手伝ったようで、お姉さんとして十分に役割を果たしたと思いますよ☆
お疲れちゃ~~ん☆★☆

今後また、大学に潜入して女子大生を演じてみたら(笑)

・今日更新記事……関東地方に大雪が降るというサプライズ。それにより、羽田空港は全便欠航になったり、各交通機関が麻痺してしまった。
そんな最中、まゆまゆさんは嬉しさのあまり、うっすらと積もった道端の雪でミニチュアの雪だるまを製作。
いやいや、“美しき24歳の冬”ですよ☆★

まゆまゆさんは夏よりもむしろ冬が似合うかもしれませんね。可愛らしさの中に落ち着いた感じを演出できる。
流石、大人の女性ですな。これは十代の女の子にはなかなか真似が出来ない。20歳以上だからこそにじみ出る魅力です…☆

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(20日)更新分。

千葉県の勝浦にある三日月ホテルにて、6枚目のDVDのロケが行なわれたらしい。
デビューして約2年余りで6枚目のDVDロケですか…物凄いハイペースですね(笑)

画像は、ロケが終わった後にホテルで出された料理。『○○御膳』という名がついているのでしょうな。

美味しそうだねぇ~...ロケお疲れさん…☆

案の定、ファンの方々の書き込みが今日の大雪の話題一色ですな(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(21日)更新分。

来たる1月24日(火)にアヤにャンさんの記念すべき21歳の誕生日を迎えるが、兄上が可愛い妹のためにと、1月26日に発売となるガンアクションRPG【ダージュオブケルベロス・ファイナルファンタジーVII】(スクウェア・エニックス 税込み8190円に加え、更にゲームソフトもう一本を誕生日プレゼントを贈るらしい。
優しいお兄ちゃんですね~!!! 見返りを求めない愛情が感じられます!!!!
アヤにャンさんもさぞや大喜びをしていらっしゃるようですな★☆ 

嗚呼、美しき兄弟(兄妹)愛だねぇ~。。。

でも、プレゼントがゲームとはさすがゲーヲタだけありますな(笑) オンライン対戦が出来るので、ハマったらなかなか止められないかも(笑)

画像は、最近力を入れ始めたネイルアート。
つめ先を金色に染め、3Dネイルの花柄を付けていますね。基本の色は派手さを抑えた透明色。しっとり感が出ております☆★
アーティストだけあって、独自にアレンジを加えていて、キレイに仕上がっていますね~!!!

芸術センスのあるアヤにャンさんなら、この先メキメキ上達してネイルアートの達人になる事でしょう!!!

そして、これからどんどんアヤにャンさんはオシャレになって、最近著しく変化を遂げた20代の女性特有の美しさに一層と磨きをかけるでしょう。。。

さて、お馴染みトラックバック・オーライ(TBA)では、大雪が降った景色を見てビックリしている姿。まさか東京(関東)でこんなに雪が降るとは思わなかったのでしょう。
北国(東北の宮城県仙台市)育ちにも関わらず、久々に雪を見ると懐かしくなるのでしょうね。。。

白い帽子にマフラー姿のアヤにャンさん、なまらめんこい☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

男子禁制の『グラビアサミット』とは…?

◎今回はいつものように芸能ネタから。

◇ベストジャージスト若槻千夏「ジャージーは人生」(夕刊フジ)

最も「ジャージー」が似合う著名人に贈られる「第1回ベスト・ジャージスト」の表彰式が18日、都内で開かれ、グランプリの男性部門に俳優、成宮寛貴(23)、同女性部門にタレント、若槻千夏(21)が選ばれた。
紫色のジャージーの上にダウンベストを重ね着するオシャレで、グランプリらしさを見せつけた成宮は「普段から私服として着ているので受賞できて幸せ」と喜び、Vサインを連発。若槻は「私にとってジャージーとは“人生”です」とおどけてみせた。
有名人を表彰するファッション賞としてベストジーニスト賞などあるが、ジャージストは定着するか…。

[夕刊フジ:2006/01/19 17:23] 

2001年にグラビアデビューした“ちぃちゃん”こと若槻千夏ちゃんは、今や“ぶっちゃけトーク”と毒舌を売りにする代表的な女性タレントの一人となった。
そればかりでなく、相手の話の呼吸を掴むセンスと頭の回転の早さは大きな武器。フジテレビの競馬番組スーパー競馬でも司会を務めるなど、多方面で活躍している。
但し、クイズ番組では“お馬鹿キャラ”の代表選手としても有名で、イジラれると炸裂する。

また、月1ペースで『グラビアサミット』と称して、熊田曜子ちゃん、安田美沙子ちゃん、ほしのあきちゃん、安めぐみちゃん、山本梓ちゃん、MEGUMIちゃんらとグラドル出身タレントの集まりに参加しているらしい。
この事は、度々バラエティでも話題になる。大体、そのリーダー(幹事?)は最年長のほしのあきちゃん(笑)
主に、様々なお笑い芸人や司会者の特徴と、それに対しての対策など、カラオケボックスなどでワイワイと講じるらしい。ちなみに、男子禁制だそうだ。その『グラビアサミット』に参加希望をするグラビアアイドルが他にも沢山いるとかいないとか。。。

漫画喫茶通いが趣味。暇な時は、一日中いるそうだ。

こう見えても?料理が得意。昔から家族のために料理を作っていたそうだ。
あと、テレビ局にあるロケ弁を家族のためにたくさん持ち帰ることもしばしば…ま、関係者から見たらただの物乞いにしか見えなくもないが(笑)
どうやら家族を誰よりも大切にする性格のようだ。

ちなみに、彼女はヨン様ファン。母親と冬ソナツアーに参加したことがあるらしい。

それにしても『ジャージーは人生』って、正直、意味不明(笑) ジャージーの人生って何…?

今回初めて行なわれた《ベスト・ジャージスト》の選考方法もよく分からない。
何だか、どうでもいい感じのする賞だ。

◇“最終兵器タイゾー”映画に満悦…女子高生相手に(夕刊フジ)

最近、ちょっと鳴りをひそめていた杉村太蔵衆院議員(26)が19日、都内で行われたアニメ映画「最終兵器彼女」(須賀大観監督、28日公開)の女子高生限定試写会に出席。トークディスカッションで久々に“タイゾー節”を披露した。
約30人の女子高生を前にタイゾー議員は「永田町の高齢化社会と違ってパワーをもらった」と大張り切り。お目付役がいない気安さからか、「気分は“最終兵器タイゾー”!」と大満足。
[夕刊フジ:2006/01/20 17:23]

人気漫画の実写版映画最終兵器彼女の試写会に、お騒がせ議員・杉村タイゾー君が出席。
冒頭の「最近、ちょっと鳴りをひそめていた」という表現が笑える。

今まで目上の自民党幹部に押さえつけられて、馬鹿の言葉一つも言えなかったのだろう。

しかし今回はたがが外れて楽になったのか、はたまた女子高生に囲まれて上機嫌になったのか、
最後の発言の

「気分は“最終兵器タイゾー”!」

って、相変らずしょーもないことをいうよね(苦笑) 

こんな事でしか目立たない“小泉チルドレン”って一体。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月20日木曜日)更新分。

画像は、物思いに耽るような雰囲気を演出した姿。こういう姿もイイ感じですねぇ~☆☆

まゆまゆさん本人が知らないうちに芸名が『長尾麻由』から『麻由』へと改名させられたらしい。

そういえば、妹さんの麻未さんも『長尾麻未』から『麻未』になっているよね。

今後、姉妹で活動する時は『長尾姉妹』ではなく『麻由・麻未』で活動するのでしょう。

芸名と言うのは、そのタレントの屋号(看板)になる部分で、とても重要な“顔”の一つです。

まぁ、本質的には前と何も変わらないわけだから、いつも通り、まゆまゆさんらしく行きましょう…!!!

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(19日)、今日(20日)×2回更新分。

今回メインとなるのは彼女が飼っているジャンガリアンハムスターの話題。

画像は彼女のオシャレな姿を披露したり、“我が子”の可愛らしい姿を激写。めんこい☆
どうやら、このハムスターの“丸ちゃん”はなかなか言う事を聞かない反抗期のようだ。
一方の“チョコ”ちゃんはかなり懐いているようだが…。

ジャンガリアンは扱いが難しいハムスターで有名。本来は扱いやすいのだが、扱い方を間違えると逆に手を焼く場合が多い。

カメラに向って怒るのは写されるのが嫌がっているということ。無理にこちらから要求すると、余計反抗的になるでしょう。

以前も言ったとおり、これは心が打ち解けて信頼してもらうように辛抱強く気長に接する以外に方法はありませんね。特に、必要以上にあれこれと要求はせずにそっとしておくのもイイかも。
どうしても懐かない場合は、購入先のペットショップに相談してみるのもいいでしょう。

とにかく、頑張って下さいな…☆

但し、餌のやりすぎに注意ですよ(笑)

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(19日)更新分。

【ファミマ(ファミリーマート)】で売っている【激辛ハバネロ豚まん】が写っております。

何でも、辛いのが大好きなんだとか。以前からブログに甘いものも頻繁に登場するが、辛いものも大好きなようだ。
彼女もなかなかの“食いしん坊”のようだね(笑)

【ハバネロ】は世界で一番辛い唐辛子と言われているぐらい激辛唐辛子として有名。
話題性もあってか、最近は【ハバネロ】を取り入れる食品がかなり増えてきた。

現在、北海道と青森県にはファミリーマートはない。しかし以前に道内では何店舗か存在した。但し、それは看板だけ借りて実質は別会社だったのだろうけど。
結局、北海道では約50%を占める地元発祥のコンビニ【セイコーマート】や、業界最大手のセブン・イレブンなどに押されて消滅してしまったようだ。
だから、今回正式に発表された「今夏、札幌に北海道“初出店”」というのは事実なんだろう。
今年の夏から札幌及び札幌近郊を中心に、道内50店舗をメドに本格参入を目指すとか。『株式会社北海道ファミリーマート』としてエリアフランチャイズ制を敷く。
そして、今年中に青森と北海道に出店することにより、【ローソン】に続き47都道府県全てに進出を達成する予定だ。

1999年の資料によれば、全国のコンビニ店舗数が39628店。
その内、1位・東京都5074店、2位・神奈川県2749店、3位・大阪府2609店、4位・北海道2344店、5位・愛知県2306店、6位・埼玉県2053店、7位・福岡県1768店、8位・千葉県1766店、9位・兵庫県1095店、10位・茨城県1089店...

一方、日本全国の人口は2003年の時点で約1億2668万8千人。
その内、1位・東京都1199万6千人、2位・大阪府864万4千人、3位・神奈川県854万7千人、4位・愛知県699万8千人、5位・埼玉県695万4千人、6位・千葉県597万8千人、7位・北海道566万3千人、8位・兵庫県556万1千人、9位・福岡県500万2千人、10位・静岡県377万人...

これにより、人口数(人口比率)に対して、北海道のコンビニ店舗数が多い事が分かる。

北海道でチェーン展開するコンビ二は、【セイコーマート】セブン・イレブン】【ローソン】【サンクス(サークルKサンクス)】の4大勢力に加え、道内約100店舗がある【スパー】(ホットスパー)の他に、函館観光の名所としても有名な【ハセガワストア】(函館市周辺に14店舗)、釧路市内に4店舗展開する【タイエー】(ハセガワストアから“のれん分け”)などの地場コンビニぐらいか。
特に、札幌市内のコンビニは約1200店舗あり、半径1キロメートル四方に占めるコンビニの割合は東京や大阪並みの飽和状態。それこそ、石を投げればコンビニに当たるぐらい(笑) 
そのため、コンビニチェーン同士で客の奪い合いを演じて競争激化し、出店や閉店を繰り返している。
この内、約40%~35%が【セイコーマート】それだけ、他のチェーン店が参入するのがとても難しいコンビニ激戦区なのだ。

今後は4大勢力に対して、ファミリーマートはどのような戦略を打ってくるのかとても楽しみ☆
ただ、今後北海道で【ファミリーマート】をフランチャイズ運営する会社は【セイコーマート】の親会社でもある『丸ヨ西尾』。経営母体が一緒なのだ。全国的にも古くから【セイコーマート】と【ファミリーマート】のつながりは深い
ということは、お互いの店舗が被らないように(利益を損なわないように)店舗展開をするのだろう。
将来的にはサークルKサンクスのように合併する事も考えられる。

ちなみに、北海道に約850店舗があるオレンジの看板が目印の【セイコーマート】は現在、関東(埼玉県・茨城県に約130店舗)や中京(三重県)にも店舗展開している。以前、兵庫県、滋賀県、京都府、鳥取県にも店舗展開していたが、いつのまにか撤退(ファミリーマートへ譲渡)してしまったようだ。
また、この【セイコーマート】は業界で初めてポイントカード(クラブカード)を導入したコンビニチェーンでも有名。
ライバルに対抗するように、セブン・イレブン】が北海道限定でポイントカードを導入している。
最近【ローソン】もポイントカード兼クレジットカード(ローソンパス)を全国的に導入したが、それは【セイコーマート】の手法を習ったもの。

・・・・昨日もコンビニネタを書いたが、とても楽しいので今後も色々と書いていこうと思う。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月16日付け記事(昨日更新分)。

以前も書いたとおり、この日はTEAMdreamとの練習試合が行なわれたが、誠に残念な結果となってしまった。

正直、最近は練習不足、実戦不足だったのは否めません。それに対し、相手は正月明けから練習をしていたようですし。。。

ただ、南葛YJシューターズはこれからどんどん上手くなるチームです。
幸い、YJシューターズは結束の固いチームなので、皆で力を合わせて与えられた課題を一つずつクリアしていけば宜しいと思います☆

今回の試合も今後の糧として、一層の飛躍に期待しております☆☆☆

ビバ!! 南葛YJシューターズ!!!

頑張れ!!あっちんさん!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(20日)更新分。

画像は、ヤンジャンチームが誇るアヤにャンさんと横山可奈子ちゃんの美女2人が写っております!!! 可愛い~~っ!!!!
美女の微笑みを浮かべていらっしゃいます!!! 気のせいか、周囲がキラキラと輝いて見えますね☆☆☆

確かに皆が仰る通り、アヤにャンさんは最近とみに美しくなりましたよね~!!!
ホント、恐るべき進化です!!!! 
それは、Tマネ様が仰るとおり内面から変わってきたものなんでしょう。
ま、『自由人・自分ワールド』のアヤにャンさんと付き合うためには、広い心で包み込むような人が良いのでしょうけど(笑)

とにかく、アヤにャンさんの中に何らかの“意識改革”が生じたようで、それは最近になってオシャレに一層と気を使うようになったことが原因の一つらしい。

画像にはお手製の可愛らしいバラのコサージュ(造花のアクセサリー)をつけておりますね。この辺は、芸術家肌のアヤにャンさんの本領発揮ですな☆★

コサージュ(造花)の製作、バックル(ベルトの接合部分)及び白いベルトの購入…自分で作れるものは出来るだけ作る意欲的な姿勢も垣間見えます。
それに自分で製作したほうが満足出来るものを身に付けられるからでしょうね。

アヤにャンさんが熱望している流行のターコイズ(トルコ石)のバックルは大体ネットショッピングで3500円6000円高価なものだと数万円するのもある。
・・・地道にこつこつとお金を貯めましょう(笑)

オシャレ改革をして生まれ変わったアヤにャンさんは今後は益々美しくなるでしょう。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その56

◎今回も平田裕香嬢のブログが更新されたので、早速コメントを書いて参りましょう。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・昨日(1月19日木曜日)更新分。

画像は、上履き(スニーカー)とバレーシューズ。実際に履いて見せております☆

まず最初に、この上履きは裕香嬢が高校時代に履いていたものだそうだ。

しかし、その経緯がドラマチック。

高校一年の3学期にそれまで履いていた上履きを紛失しまったため、先生のその旨を説明したところ、
「はい。これ使いなさいな。」と差し出されたのが今回の上履き。今回は舞台稽古用に再利用されている。

それは『入学して間もないうちに退学した女の子』がロッカーに置いていったものだそうな。
その時から現在までずっと使っていたということは物持ちが非常に良いのですね。

それにしても

「・・・ま、バレなきゃいいでしょ。というかバレないわよ。だから大丈夫。」

という先生も随分と大胆なお人なんだね(笑)

しかしそれ以降、その上履きを卒業まで大切に使っていた裕香嬢は、元の持ち主である『入学して間もないうちに退学した女の子』の為にもこの上履きと共に高校生活を全うしたような気がします。
これは、その子の分もこの上履きを履き続けて卒業してみせるぞとの使命感なのでしょうか。

そして、今回その上履きが記念すべき裕香嬢の初舞台のために再び役に立てるということは、たとえ僅かな期間でもその子がこの高校に在学した甲斐があったというものです。

・・・・何だか、運命的な“出会い”ですね!!

早々と退学したその子も裕香嬢のお陰で十分に報われましたね☆

もし、その子がこれらの事実を知ったなら、きっと心から喜ぶ事でしょう。。。

一方で、この黒いバレーシューズは今回の舞台で共演する牛水里美さんの稽古靴だそうだ。

そして裕香嬢はその靴を一目見て、いたく気に入り、今回裕香嬢の上履きとお揃いで撮らせて頂いたのだとか。

猫を連想させる牛水さんを見ていると、裕香嬢は幸せな気分になるそうだ。

それは、裕香嬢が猫好きだからなのでしょう。

それから、他人のファー素材の鞄をいつの間にか黙々と撫でているそうですが、
ふかふかしたファー素材(毛皮の素材)のものを触ることで気が落ち着くのでしょうね。
稽古場で緊張した気持ちを少しでも解きほぐす事が出来ればしめたもの。

ただ、最後の一文、

「申し訳ありません。」

は、何だか不思議な終わり方だけど、まぁこれも裕香嬢の愛嬌かな(笑)

※今回もいつものようにトラックバックします。悔いのないよう、舞台稽古を最後まで頑張って下さいな…☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

週プレのブログランキング!!

◎今回は指向を変えて、今週号の『週刊プレイボーイ』掲載されている【アイドル&ブログランキング】などを紹介!! …久々にこのランキングを取り上げます☆

◆週プレ 今週のアイドル&ブログランキング

・1位……中川翔子『しょこたん☆ブログ』(先週3位↑)

“強敵”『山田ブログ』に代わり、久々の1位返り咲き。“新・ブログの女王”は依然として健在。いつものように今日も頻繁に更新。

相変らず、愛猫“マミタス”を溺愛する彼女。
しかし、昨日と今日の記事では「キモス」「バカス」「アホス」「オタンコナス」「ドテカボチャス」などと罵倒する言葉が多い。
特に『浮気』に対してかなり過剰反応をしている(苦笑)

ちょっと、情緒不安定気味のようだ…仕事が忙しくてお疲れなのかな?

ちなみに、小学校時代から人前で話すととても緊張して、つい顔を赤くしてしまう(赤面症)そうだ…でも、テレビに出てくる厚かましいタレント達に飽き飽きしている人が彼女の姿を見たら、逆に新鮮に映るだろうね☆
それも愛嬌!愛嬌! 

・2位……河辺千恵子『ちえこです!ブログです!山田です!』(先週1位↓)

1位の座は譲ったものの、依然として週プレでは高い評価を受ける『山田ブログ』。

今日の記事では、千恵子ちゃんが普段通っている大学の地誌学のテストに出題された問題を紹介。
それでは、私も解いてみましょう! ご当地ネタや地誌学は得意ジャンルなのでワクワクしますな(笑)

(1)どん兵衛の味付けは名古屋風である。○か×か。
・・・これは「×」。『どん兵衛』の味付けは、昆布だしと薄口しょう油が中心の関西風とかつおだしと濃い口しょう油が中心の関東風の2種類だと思う(たぶん)。
ちなみに、『赤いきつね』は北海道風の味付けもある!!…濃い口しょう油と昆布だしがかなり効いている味です。

(2)沖縄はセブンイレブンがない地域の1つである。○か×か。
・・・これも「×」だと思う。沖縄のコンビニは『HOT SPA!』が一番メジャー。確か、セブンイレブンもあったはず?! 追記…調べてみたら沖縄にはセブンイレブンがありませんでした。よって「○」です。ペコリ。後、四国や北陸にも無いみたいです。47都道府県全ての地域に店舗があるのはローソンのみ。
ちなみに、沖縄と北海道のコンビニに共通するサービスとして、「おにぎりをレンジで温める」サービスが有名。
大抵おにぎりを買うと「おにぎり温めますか?」と店員に訊かれます(笑)

(3)牛丼チェーン店で使われているお米は『きらら』である。○か×か。
・・これは「○」に決まってるっしょ! こんなの常識だべさ!
北海道米の『きらら397』『ほしのゆめ』は、全国の牛丼チェーンで使用されております☆

・3位……ゴールデン小雪『ゴールデンbaby』(先週5位↑)

最近、週プレで評価が高まっているのが彼女のブログ。
内容は至ってアイドルらしい作り。

萌え萌えなショットでファンの人を虜にしている。

週プレ編集者にも熱烈ファンがいるのだろう(笑)

ちなみに、グラビアを目指した経緯について...

「小学五年生の時です(*^o^*)
好きな男の子がグラビア誌を見ていて…
この子かわいいなぁって言ってて…
私もグラビアやりたいって思ったのです♪
グラビアアイドルは永遠の憧れです!!
目指せ!グラビアプリンセス(*^∇^*)」

とのこと。現在、彼女が本職としているグラビアアイドルは昔からの夢が実現した形でまさに“天職”なんでしょうな☆

・4位……阿井莉沙『Risa's Meaning』(先週2位↓)

以前取り上げたときにも言ったが、私が将来“ブログの女王”を狙える逸材と勝手に評価しているのが彼女。
文章構成がとても上手いのでいつも感心させられる。

昨日の記事によれば、昨日受けた倫理の授業で行なった心理テストでは、
「温厚で情に深いが、自分勝手な行動が目立つガキ大将」と評価され、特に『ガキ大将』との言葉にちょっぴり驚くも、
「私の周りの友達も結構このタイプが多いことが判明」
「類は友を呼ぶって本当かも。考えてみるとみんなマイペースな子が多い…私自身もマイペースな部分があるので」

などと言いつつ、最後は同じような『ガキ大将』たちに囲まれて学校生活を送るのが落ち着くみたいだ。

ということは、ジャイアン達が集うクラスということかな(笑)

しかし、今日は高校生活最後の平常授業(通常授業)だそうだ。
「気合いれて楽しんで受けてきたいと思います☆☆」と意気込み語る。

今しか作れない思い出を卒業する日まで出来るだけ作ってもらいたいものですな☆★

・5位……満島ひかり『きょうのひかり』(先週-↑)

先週圏外からランキング入り。1985年11月30日、沖縄県生まれ。
沖縄アクターズスクール出身のタレント。フランスと日本のクォーターらしい。
2003年に事実上解散してしまったアイドルグループ『Folder5』の元・メンバー。

2004年にフジテレビのものまね番組爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャルに出演してからブレーク。

他にもウルトラマンマックスにも出演中。ブログによれば、1月11日に最終回の本読みがあったそうだ。

内容は、仕事ネタの他に家族ネタ、お馬鹿ネタが多い。
沖縄らしく、兄弟が多い(4兄弟)大家族のようだ。

☆週プレ・今週のスポットライト

・類家明日香『類家明日香 ダイエットはじめました。

今週号の週プレには成人式の時の振り袖姿を披露していますが、ブログでも(17日付け記事)そのことについて触れております。
ちなみに、今日の水着姿にはビックリ!!

☆週プレ・今週のブログ姫

・藤森緑『占い師・藤森緑の雑感

今年の恋愛運に関しては「かに座、さそり座、うお座の恋愛運は良いですね…(中略)…しし座(→ワタクシ)、みずがめ座はプライドの高さが災いするので要注意です」
だとか。ゲゲッ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月18日水曜日)更新分。

おやおや、どうやら置いてかれちゃったみたい。
本来ならご家族とママさんのお見舞いに行くはずなのに…昨日ママさんが怪我した部分にイスを落としてしまう失態を演じてしまった影響かも(苦笑)

ただ、

「ママの身の危険を察知して家族は私をおいて行った~!!」

と言っていることから、まゆまゆさんも十分自覚していらっしゃる(笑)
どうやら、ご家族から要注意人物として見られているらしい。。。

お留守番をしている間に、ご家族の夕食を作る為に腕をふるった。
料理に関してはお手のものなんでしょうね。

十八番の『タコさんウインナー』入りかな??

しかし!またもや!?駐車に失敗して壁にぶつけてしまったらしい…!!

「駐車する時、車ぶつけたけど今日はラッキー!バレない!」 

…って、あの~、、、ブログに書くとバレバレなんですけど(爆)

画像は、いかにも「あらら、、やっちまった。。」という表情をしております。
オシャレな白いコートにグレーの可愛い帽子を被っているけど、お買い物から帰ってきた直後に起こったアクシデントかな…?

・・・・ホント、イスを落としたり、壁にぶつけたりと、まるで今回のまゆまゆさんは危険人物みたいじゃない(苦笑)

今後は十分に気をつけて下さいよ!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(18日)更新分。

うひょひょ~~!!! なまらめんこい~~っっ!!!!
何でしょうか!!この可愛らしさはっ!!! 
このアイドルモード全開のメッチャ可愛いアヤにャンスマイルと、キラキラした澄んだ瞳に、思わずやられてしまった方も多いことでしょう。。。

直ぐにでもパブ用の写真(宣伝用の写真)に使用出来そうですよ!!!

昨日美容室に行き、カット&トリートメントをやってもらい、髪型をバッチシ決めて“キューティクル万歳”というほど美しいツヤを演出☆★
また、髪型をカットしてもらっている間に、自分でマニキュアを施して持ち前の芸術センスを発揮。綺麗な仕上がりにとても満足したのか、画像では誇らしげに披露☆☆☆
そして更に、僅かに見えるペンダントとお気に入りの服装をしてファッションを楽しむ...今回はいつも以上にオシャレを演出して、とても楽しそうです☆★☆

・・・・ホント、女の子はオシャレが大好きなんだねぇ~。。。

尚、空手は次回のお楽しみということで…☆

スカパー371ch.「エンタ!371」でアヤにャンさんが司会のアイドル番組『アイドル-TV JAPAN』では、1月11日の日記でも披露した“萌え萌え~”なメイド姿でショートコントも挑戦しております!!!

この詳しい模様は後日書きましょう。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

全く好対照な女ピン芸人の2人

◎余談を挟まず、早速芸能ネタから。人気女ピン芸人お二方の全く対照的なニュースです。

◇だいたひかる結婚…お相手はテレビ関係者(夕刊フジ)

「どーでもーいいですよ」「…って思うのは私だけ?」の芸で知られるタレント、だいたひかる(30)がかねて交際していた30歳のテレビ関係者と16日に結婚した。所属事務所の吉本興業が18日発表した。
だいたはこの日、自身のブログ「情緒不安定 BLOG」で「結婚しました。16日の仏滅に。いちおう仏滅は気になったけど大安だからって良い日ばかりじゃなかった過去の日々を思い出し、一緒に行ける日が16日しかなかったので行ってきました。明るい家庭を目指す方向でがんばってみます。(中略)しかし区役所の空気は重くて苦手な空気でした」と結婚を報告。会見などは開かないという。夫となった男性については、過去のブログで「業界にいる裏方の人」と説明していた。
だいたは、埼玉県生まれ。美容学校を卒業し、約4年間美容師をしていたが、指をけがしてやめ、友だちをつくろうと通ったカルチャースクールでお笑いの講座に入ったのを機に、この道に。
初めてのネタ、「デーブ・スペクターがいつもお風呂上がりに見える…のは私だけ?」で既に“あるあるネタ”を淡々と語るスタイルができていたという。
身長156センチ、スリーサイズはB79・W60・H82と意外とほっそり…。
[夕刊フジ:2006/01/18 17:23]

女ピン芸人・だいたひかるサンのブログ『だいたひかるの情緒不安定 BLOG』(1月18日付け記事)でテレビ関係者との結婚の報告をした事に関する記事。

元々は美容師だったのか。もし怪我をしなかったら、カルチャースクールに入ったのをきっかけにお笑いの世界に入ることもなかったし、今の旦那さんと出会うこともなかったわけで…人の運命というのは分からんものですなぁ。。。

1998年にフジテレビ「ブレイクもの!」で5週勝ち抜きチャンピオン、2002年にR-1ぐらんぷりの初代チャンピオンとなる。
「どーでもーいいですよ」「私だけでしょうか? 私だけ…」「気分が乗ってきたので歌を歌いたいと思います。どうでもいい歌、きいてください」などを前フリにして、日常の良くある話をネタにテンション低めで呟くように披露する。

意外だが、合コンの経験が豊富らしい。今回の相手も合コンで知り合ったのだろうか…?

改めて、その内容を以下に載せてみますが...

報告です。

結婚しました。16日の仏滅に。。
いちおう仏滅は気になったけど
大安だからって良い日ばかりじゃなかった過去の日々を思い出し、
一緒に行ける日が16日しかなかったので行ってきました。
明るい家庭を目指す方向でがんばってみます。
報告でした。
しかし区役所の空気は重くて苦手な空気でした。

・・・意外と普通の内容だよね。一発かましてくれると思ったけど(笑)

で、早速コメント欄が“祭り”になっております。

案の定、結婚に対し「ど~でもいいですよ」というコメントが多い…やると思ったよ(笑)

◇青木さやか、3歳年下の恋人・コージさんとの真剣交際に終止符(サンスポ)

一般人の恋人、コージさんとの破局が明らかになった青木さやか=平成16年のインタビューで人気お笑いタレント、青木さやか(32)がテレビ番組などで公にしていた「コージ」と呼ぶ3歳年下の恋人(29)と昨年末に破局していたことが17日、分かった。コージさんが父親の死をきっかけに故郷の沖縄・石垣島に戻ったことから、売れっ子の青木との遠距離恋愛、結婚は困難になった。2人は話し合いの結果、別々の道を歩むことを決意したという。
2人の交際はテレビのバラエティー番組でたびたび笑いのネタにされてきたが、青木にとってはマジな恋。その真剣交際が、年を越えることなく終わっていた。
関係者によると、きっかけは、昨年9月下旬に、コージさんを襲った悲劇。石垣島に住む最愛の父親が急死したのだ。島には母親が一人残され、コージさんは、悲しみに暮れる母親のために実家にUターンすることを決意した。
平成16年に「どこ見てんのよ!」の決めゼリフと毒気を含んだ発言でブレークした青木は、現在もテレビのレギュラー番組8本を抱える売れっ子で多忙を極める毎日。石垣島に戻ったコージさんと遠距離恋愛を続けることは難しい。
一方で、青木は以前から、結婚について聞かれると、「まだ仕事中心でいたい」「今一緒にいる、同棲しているのだからそれで十分」などと語り、慎重な態度を通してきた。当然、“遠距離結婚”という選択もなかった。
昨年末に2人でじっくりと話し合い、お互いに別れることで合意。円満に同棲生活を解消した。関係者によると、現在は良き友人関係といい、電話で連絡を取り合ったり、青木がコージさんに相談事を持ちかけることもあるという。
2人の交際は、16年9月に発覚。当時、コージさんはたこ焼き店でアルバイトをしていたが、青木が「彼が無職だった時、1日500円のお小遣いをあげていた」とのエピソードを明かしたことも。同年10月には、レギュラー番組のテレビ朝日系「ロンドンハーツ」(火曜後9・0)で、そろって石垣島を訪れ、コージさんの両親に青木があいさつするという密着映像も流され、注目を集めた。
その際、「息子の恋人」として両親に温かく迎えられた青木。母親を思うコージさんの気持ちを誰よりも理解し、おもんぱかったうえでの離別といえそうだ。
★「ロンドンハーツ」で語る
関係者によると、青木は今月15日に行われた「ロンドンハーツ」の収録で、自身の破局について語った。そもそも、V6の岡田准一似のイケメンというコージさんを紹介したのも同番組。16年10月12日放送のスペシャル版では、2人の都内デートを隠し撮りしたり、同棲するアパートにカメラを入れるなどお笑いタレントとはいえ、異例のプライベート公開。普段は意地悪キャラの青木が、女性らしい素顔をのぞかせ話題を集めた。青木の破局告白は31日放送予定。

こちらは、破局のニュース。
女ピン芸人・青木さやかサンは、地元・名古屋で客室乗務員(スッチー)→フリーアナを経たのち、お笑い芸人へ転身。一昨年、お笑いブームに乗って、友近、だいたひかるとともに大ブレークした女ピン芸人となった。

やはり、カメラが胸元にクローズアップすると「どこ見てんのよ!!!」とカメラ目線で怒鳴るネタが代表的。コスプレをした職業ネタでは、シニカルなブラックジョークがウリ。
フリートークでは、どんな相手にも関わらず、冷静な口調で揚げ足取りをしたり、毒を吐く傾向がある。

当初、局アナになれなかったせいか、女子アナを過剰に毛嫌いし、挑発する発言をしばしばする。
特に、新人女子アナは格好の獲物。徹底的にイジり倒す。

去年は写真集も出版し、ベストセラーに。大いに話題を呼んだ。

この記事にも有るとおり、「コージ」と称する彼氏ネタも度々披露?する。
何でも、ブレイクする前にバイト先の雀荘で知り合ったのが彼だそうだ。

上手くいっていたようにも見えたが、彼氏の身内の不幸により実家にUターン。
遠距離恋愛を嫌い、相手を思いやった彼女から別れを切り出したようだ。

毒舌キャラに似合わず、普段は意外と?思いやりのあるタイプのようだ。

さて、今後バラエティ番組などでそのネタをふられた時に彼女はどんな反応を示すのか楽しみである。

青木さやか公式ブログ⇒『青木さやかが見た!こんな女、ムカつくっ!』

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月17日火曜日)更新分。

画像は、病室のベットでまゆまゆさんのママさんがアキレス腱を切った部分をギブスで固定されている姿を披露しております…見るからに痛そう。。。

それなのに、まゆまゆさんがママさんの怪我している足の上にイスを落としてしまい、大きな声で悲鳴をあげたとか…まるで古典的コントですよ(苦笑)

決して狙っていたわけではないのでしょうが...今回もまゆまゆさんの天然ボケが炸裂しておりますな(笑) 

とにかく、どうかお大事に。。。。

ちなみに、、それはギブスで痩せるというより、筋肉が落ちてしまい歩きづらくなるんですよ(笑)

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(17日)更新分。

画像は、キュートなスマイルとオシャレなネイルアートを見せて可愛くポーズを決めていますね☆☆☆
僅かに見える水着姿も眩しい!!!
これは、1月15日に行なわれたアケスタ撮影会の様子だとか。

その日は気温が上がって暖かく感じ、撮影会日和だったらしい。
だいぶ風邪も良くなって、ファンの方々との楽しい時間はあっという間に終わってしまったとのこと。
沢山の人に自分の姿を見てもらえてとても満足しているようですね☆

本当に良かったね~っ。お疲れちゃん☆☆

そして、1月21日は【アリエル撮影会】に出演するらしい。
来てくれるファンの方々の為にも、その日までに完全に風邪を治して下さいな…☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(17日)更新分。

昨日、我が南葛YJシューターズTEAMdreamとの今年初の対外試合(練習試合)。
お仕事でチーム練習に参加出来なかったアヤにャンさんにとっても今年初のフットサル参加となった。

練習と練習試合を合わせると約4時間に渡る長丁場となったそうで、終わった後はさぞやクタクタとなった事でしょう。

・・・・昨日は本当にお疲れ様でした!!! 

試合の結果については、おれんじさんの『南葛YJシューターズを応援っ!!』のご報告にもありますが、あっちん(吉川綾乃)さんの親友(同級生)でdream高本彩ちゃんのメンバー日記

「試合は8分ゲームを10回ほどして、合計で2時間位試合をした…18対3でTEAMdreamの勝利☆」

との記述があります。
誠に残念ながら、このような大差が付く結果となってしまいましたが、現時点での仕上がりの差が明確に出てしまったのではないでしょうか。
だから、単にこの試合結果は両チームの実力差だと捉えてしまうのは早計だと思います。
我がYJシューターズは実戦不足でまだ仕上がり途上。これから2月の大会に向けて徐々に調子を上げていけば宜しいと思います☆

そんな中、アヤにャンさんはいつもの「アラ(MF)」のポジションに加え、「フィクソ(DF)」にもチャレンジしたそうですね。
元来チャレンジャーのアヤにャンさんは今回も新境地を開拓しようとヤル気満々のご様子。

いつも思うけど、アヤにャンさんのチャレンジ精神は本当に素晴らしいですねぇ~!!!!

複数ポジションをこなせた方が、使う側の監督さんやコーチにとっては非常に作戦を立てやすくなる。
だから、全選手とも最低でも2つ、3つポジション経験を身に付けた方が宜しいでしょうね。

とにかく、これからも南葛YJシューターズの活躍に期待しましょう☆☆☆

さて、アヤにャンさんによれば

シューターズ内で『異世界自分ワールド』とというジャンルが出来つつある^^;」

とのこと。そのメンバーは、アヤにャンさんを始め、大櫛エリカちゃん、野崎亜里沙ちゃんとか。
…きっと、たとえ人の輪に入っても、ふと気付いたらいつの間にか自分の世界に入り込んで妄想を始めてしまっているのでしょうね…ホント、妄想が大好きらしいからね(笑)
そして、質問を受けると、日頃の妄想で築き上げた独特な『アヤにャンワールド』を披露して周りが“どん引き”するというパターンなのかな(爆)

そんな“不思議ちゃん”キャラも、確立させるとゆうこりん(小倉優子)のようにウリ(セールスポイント)となるので、とても面白いと思いますよ。

これからも、アヤにャンさんの『妄想劇場』が楽しみです(笑)

画像は、お友達の飼い猫(子猫)。激カワです!!!
めんこい~~っ!!!! 思わず、ねこじゃらしで遊んだり、喉をゴロゴロ鳴らせてみたくなりますね!!!
猫好きの人がご覧になれば、きっとこの可愛さに悶えることでしょう☆☆☆

さて、、、お馴染み『トラックバック・オーライ(TBA)』にも、アヤにャンさんの書き込みがUPされております。

うひょ~~!! 八重歯を見せるめんこいアヤにャンスマイルに萌え萌え~~っ!!!!

子猫に負けず劣らず、なまらめんこいアヤにャンさんの姿です☆★☆

美味しそうに食べている『紅芋ソフト』って、沖縄の紅芋を使ったアイスクリームなんでしょうね。
鮮やかな紫色がまたイイ感じで、食欲をそそるわけですな☆★

何でも、アヤにャンさん(1月24日)と徳川葵ちゃん(1月23日)と誕生日が一日違いだそうで。

来週のこの両日は“祭”になりそうですな☆彡

更には、マト(豊原里美改め、チャン・リーメイ)さんは2月2日生まれと、TBA3人娘が『水瓶座』という“水瓶座トリオ”。

水瓶座とは....

★みずがめ座の由来
若さと美貌を兼ね備え黄金に輝く肉体を持つガニメーデスは、ゼウスの目に留まり、神々の宴会でのお酌をすることになりました。そこでの人気もとても高く、その功績が認められ彼は星座になったのです。それがみずがめ座です。

★みずがめ座の気質
あなたは、芸術家肌のユニークな個性の持主です。頭の回転が早く知性的で、なおかつ独創的。物事を合理的に考えるため、感情に流されることなくクールに行動することができます。
好奇心が旺盛でよりエキサイティングなものを求める傾向が強いので、ときには奇行として周りに見られることもあるでしょう。人よりも一歩先を行くあなたは、常識に縛られることがありませんから、あまり周りを気にすることなく自分の道を進んでいきます。
根本的にシャイなほうですが、人の話を聞くことが好きで、いろんな人達とコミュニケーションをとろうとします。人づき合いは非常に良く誘われたらまず断ったりはしません。しかし、ひとたび理論好きなところに火がつくと、とたんに理屈っぽくなり最後には支離滅裂な結果に終ることもあるでしょう。
また、合理的な考え方をするわりには、神秘的な物事が好きで夢見がちな面も見られます。

・・・・以上、Yahoo!占いより。

アヤにャンさんの場合は

「芸術家肌のユニークな個性の持主です。頭の回転が早く知性的で、なおかつ独創的」
「好奇心が旺盛でよりエキサイティングなものを求める傾向が強いので、ときには奇行として周りに見られる」
「あまり周りを気にすることなく自分の道を進んでいきます。」
「神秘的な物事が好きで夢見がちな面」

の部分で特に当たってる!!凄いよこれ。
『芸術家肌でゴーイングマイウェイ』…そのものズバリ!アヤにャンさんだ(笑)
ちなみに『夢見がち=妄想』ですね(爆)

確かに、“TBA3人娘”は『ユニークな個性の持主』ですね。だからこそ面白い!!!

今後も『TBA』から目が離せませんね…☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月17日 (火)

名子役から大人の名女優へ

◎今日の札幌最高気温-4.7℃(最低気温-6.6℃)一日中氷点下(マイナス)“真冬日”で、なまらしばれる一日だった。早く春が来て欲しいのだが、これから2月に掛けて冬本番を迎える…欝だ。。。
それでは、早速芸能ネタから。本当なら渦中にあるホリエモンのネタを取り上げるべきなのだろうが、事件の進展を見定めてから改めて書くかどうか決めたい。

◇受験生の女神・鈴木杏エール(報知)
 
女優の鈴木杏(18)が16日、大阪・此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)内に設置された合格祈願の「きっとサクラサク願いの杜」で受験生にエールを送った。ひと足早く和光大学人間関係学部への合格通知を手にした鈴木は、白いコートに身を包んで登場。特大の“ウイッシュカード”に「ラストスパート! みんなの笑顔がみれますように」と書き入れた。
春からの大学生活にも夢いっぱい。「自分の興味があることを勉強できるので、ゼミ選びが楽しみ」と瞳を輝かせた。21日からは受験生にとって第1関門になるセンター試験が始まる。鈴木は「寒いので、みんな体には気をつけて、自分の力を信じて頑張ってください」と声援を送っていた

◇「きっと勝つ」縁起良さで…鈴木杏が受験生を応援(夕刊フジ)

女優の鈴木杏(18)が16日、大阪・此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われた受験生応援イベントに参加した。鈴木が受験生の間で「きっと勝つ」と支持を集めるチョコレート「キットカット」のCMキャラクターを務めていることから実現したもの。
今春から和光大学に進学する鈴木は「私の幼なじみもセンター試験を受けるので緊張してます。受験生の皆さん、寒い日が続くので体に気をつけて頑張って下さい」とエールを送った。
ZAKZAK 2006/01/17

今や実力派若手女優として名高い鈴木杏ちゃんは、1987年4月27日生まれ。高校三年生で、今年春に卒業予定。
当時8歳だった1996年日本テレビ系『金田一少年の事件簿』でデビュー。翌97年のTBS系『青い鳥』でブレイク。映画は同年『心霊2』でスクリーンデビュー。当時から名子役の名を欲しいままにした。

彼女の出演作では、2000年にNHKで放送された六番目の小夜子が特に印象に残っている。この作品は彼女にとって初の主役作品。当時12歳の小学校6年生だった。

『六番目の小夜子』は、杏ちゃんが演じる潮田玲が通っている「西浜中学校」に古くから存在する「小夜子(サヨコ)」の言い伝えを中心に展開するファンタジー
その言い伝えとは、3年に一度密かに指名される「サヨコ」が3つの約束を成功させれば生徒に幸せが、正体がばれると災難が訪れるというもの。その学校では全て「サヨコ」の行動により今後の運命が左右されるようになる。

その3つの約束とは
1つ目は始業式の朝、赤い花を活ける
2つ目は文化祭で「サヨコ」というお芝居を上演する。
3つ目は卒業式の日、サヨコの証である鍵を次のサヨコに送る
というもの。

更に、謎の転校生・津村沙世子(栗山千明)がやってきてから、不思議なことが次々起こる。それに対し、潮田玲が「サエコ」を演じるとともに、クラスメイトで幼なじみの関根秋(山田孝之)らと「サエコ」の正体を突き止めようと物語が展開される。

今をときめく山田孝之クン、栗山千明ちゃん、村田雄浩さん、松本まりかちゃんら豪華キャストと共演した。

「トイレのハナコさん」など、この手の“学校オカルトもの”はハマる要素が多い。身近にありそうでなさそうな感じがする舞台背景がとても良いのだ。かつての学校時代をとても懐かしく感じさせるノスタルジックな雰囲気も良い。
更に、BGMから聞こえてくる女性コーラスの「ドンミノドミナス」というフレーズも非常にインパクトがあった。この物語は決して怖いという訳ではないが、このワンフレーズとともに、痛烈な印象を脳裏に植え付けるようなストーリーの展開だった。

ちなみに、バスケ部の主将・平林塔子役を演じたのは平田裕香嬢。

最近は舞台でも2003年『奇跡の人』、『ハムレット』、2004年『ロミオとジュリエット』など話題作に続々と出演し、その実力を遺憾なく発揮。

昨年はフジテレビ系『がんばっていきまっしょい』で主役を演じるなど、トップ女優の階段を一段ずつ上がっていく彼女。
役柄のジャンルを問わず、表現力が豊かで安定した演技が出来るのが彼女の一番の強み。それらを武器に、今後はより一層の活躍が期待される。かつての名子役が、20歳を過ぎて大人の女性になって見せる一味違った演技というのも、いずれ見てみたいものである。

一方、CMも『ポカリスエット』『リセ』など数多く出演。
2002年から受験生の必須アイテム“きっと勝つ”こと【キットカット】のCMに出演するようになってから、“受験生の女神”との称号を得るに至った。
今回もその宣伝活動の一環として行なわれた「受験生応援イベント」の様子。

既に、昨年AO入試で和光大学の合格を決めている彼女。合格した人から激励の受けるのは、受験生にとっては非常に心強い“きっと勝つの女神様”か。

ちなみに、遠縁にあたる女優・鈴木杏樹サンの芸名の由来は彼女の名前から拝借して命名した

◎続いては、いつものブログチェックです。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記』・・・今日(1月17日火曜日)更新分。

画像は、横文字が緑で薄ピンクを基調としたタンクトップを着て、緑と薄ピンクの帽子を被っております。
そんな季節外れの夏らしい衣装を着ているということは、やはり道産子らしく部屋の中は暖房がとても効いている“北海道スタイル”なのかな??

お友達か誰かに買ってもらって大喜びの様子。それで、その姿をブログでも披露したようだ。

今日未明にはダンスの深夜練習があったり、昼間はグラビアのお仕事があったりと色々と忙しそうですが、ファンの方々に励まされながら頑張っているらしい。

あとは、くれぐれも風邪を引かぬようにしてもらいたいものですな…☆

ちなみに、今回もコメント欄に降臨(笑)

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・1月15日付け記事(昨日更新分)。

【雪印乳業】『雪印 北海道カマンベール』が写っている。原材料はその名の通り北海道産の生乳を使用。

何でも、ママさんと買い物をしている途中で、急にチーズが食べたくなったそうな。早速このチーズを買い、帰宅後美味しく召し上がったそうだ。

ウチでもこのチーズは買うよ。カマンベールチーズは普通のチーズと味が多少違うので最初は食べ慣れないかもしれないけど、食べていくうちに癖になるよね。程よい塩味がGOOD!!!!
特にウチの姉が好きでよくこれを沢山買うんだよね。

ママさんは、世界一辛~い唐辛子が入っている『“CHEESE BAR”ハバネロチーズ』を買ったの? あっちんさんは辛いのが苦手だからこのチーズはダメなのかな???

あと、私が好きなのは【雪印乳業】『さけるチーズ』かな。特にスモーク味が美味☆☆☆

チーズは栄養満点なので、風邪予防にもなるね。これからもチーズはどんどん食べよう!!!!

いうまでもなく、【雪印乳業】は1925年に北海道(札幌市東区苗穂)で誕生した乳製品の会社。

一時は、国内ではトップクラスの食品会社だったが、度重なる不祥事により、企業イメージとスノーブランド(雪印)のブランド力が失墜。
そのため業績が悪化し経営危機に陥った為、各企業が【雪印】の各主力部門を支援(共同出資)して新会社を設立したり、事業統合して分社化された。

まず主要部門は以下の通りに再編された。

・《牛乳・乳飲料・ヨーグルト製造部門》⇒全農や全酪連と事業統合し【日本ミルクコミュニティー(メグミルク)】を設立し、分社化。

また、珈琲メーカーの【ネスレ】と共同出資した【ネスレ・スノー】を新たに設立。

・《アイスクリーム製造部門》⇒ロッテが支援して(合弁)新たに【ロッテスノー】を設立。現在は『雪印 トルコ風アイス』が大人気商品。

・《冷凍食品事業》⇒新たに【アクリフーズ】を設立(雪印100%出資で分社化)

・《ベビーフードなどの育児関連事業》⇒大塚製薬が支援して【ビーンスターク・スノー】を設立。

・《乳酸菌飲料、はっ酵乳、デザート類を製造する「雪印ラビオ(旧雪印ローリー)」》カゴメへ完全売却し【カゴメラビオ】(カゴメの100%子会社)となる。

その他の部門は、、、、チーズ関連事業は【チェスコ】が全額出資で分社化、雪印食品廃業・解散、及び【雪印種苗】の一部事業の縮小、物流子会社を【フーズレック(旧雪印物流)】に一元化し、更に【エスビーエス】に株式の大半を売却、
雪印アクセスは伊藤忠商事へ持分の大半を売却して【日本アクセス】を設立されるなど・・・

・・・・結果的に、【雪印乳業】は次々と各部門が切り離されて縮小してしまった。自業自得とはいえ、北海道発祥のトップ企業がこのように縮小してしまったのは誠に残念でならない。
引き続き、現在の【雪印乳業】が製造しているのは、あっちんさんが食べた『北海道カマンベール』など《チーズ、バター、マーガリン製造部門》のみ。

ちなみに、観光客に人気の雪印パーラーは、本店が札幌市中央区北3条西3丁目(道庁の直ぐそば)にあり、
美味しいアイスクリームやケーキ、チーズなど雪印ブランドの製品を1階売店にて販売。2階には喫茶スペースがあり、オリジナルパフェ10種、ケーキ、などデザートやコーヒー、ドリンク、軽食を堪能する事が出来る。
札幌地下街オーロラタウンにある『雪印パーラー』地下街プチドール店は、カフェスペース(喫茶店)がメインの店。
“北海道の空の玄関口”新千歳空港にある『雪印パーラー』新千歳空港店では、新食感の“とろけるタイプ”のプリンを去年8月9日から3種類(『こくみるくプリン』、『チーズプリン』、『やわらかプリン』)発売。これは是非試してみたい逸品!!!

そしてそして!【雪印乳業と言えば!! 今年の2月10日~26日まで行なわれる【冬季オリンピック・トリノ大会】のスキージャンプ競技日本代表メンバーとして、【雪印乳業】のジャンプチームに所属している、長野五輪金メダリストで“お馴染み”37歳のベテラン・原田雅彦選手、今季ジャンプ大会3連覇中で只今絶好調の岡部孝信選手が選ばれました!!!

やっぱり、個人的には今回オリンピック5大会連続出場を決めた原田選手に注目。更に、ウチの姉と東海大四高校の同級生という点もポイント。ちなみに、東海大四高校時代の原田選手「体育コース(体育クラス)」に在籍し、冬の間は大会出場により殆ど学校へ来なかったとか。
当時ウチの姉は「一般コース」だったのでクラスこそ違うが、「体育コース」の友人(野球部)を通じて、その噂は伝わってきたという。
後に、2003年から「一般コース」と「体育コース」が統合されて【総合進学コース】となったらしい。

ちなみに、今回トリノ五輪出場を決めた東海大四高校出身選手は原田選手の他にも、同じジャンプ競技の葛西紀明選手、“六本木泥酔騒動”をやらかした長野五輪モーグル競技の金メダリスト・里谷多英選手(フジテレビ所属)らがいる。いずれもトリノでメダルが期待される選手達です☆☆☆

とにかく、あっちんさんもトリノオリンピックいつもニコニコ穏やかな人柄の持ち主・原田雅彦選手を応援してちょ☆

さてさて、既におれんじさんのブログ『南葛YJシューターズを応援っ!!』のご報告でもお分かりだと思いますが、南葛YJSのキャプテン・松原渓ちゃんの『マツバラ系ブログ』によれば、今日17日はTEAMdreamとの練習試合が行なわれるそうですね!!!

最近はTEAMdreamにしてやられているので、今日は是非勝って一矢を報いて欲しいと思います!!!!

ビバ!! 南葛ヤンジャンシューターズ!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(16日)更新分。

画像は…うひょ~~!!なまらめんこいアヤにャンスマイルに萌え萌え~~っ!!!!
コラーゲンがタップリで美肌効果があるけど、苦くてマズイと評判の【亀ゼリー】を美味しく食べてる姿って、ちょっと凄すぎ(苦笑)
更に、その食べた【亀ゼリー】にはコラーゲン入りのストロベリーアイスクリームが上に載っているそうですね。【亀ゼリー】と合わせて、まさにコラーゲン尽くしの美肌効果抜群のデザート!!!
ただ、オシャレな店が多い渋谷で食べたそうですから、それほど苦くないものなんでしょう。現に、もう癖になってるし(笑)

そういえば、叶姉妹が美肌を保つ為に、香港あたりから取り寄せたとても苦い【亀ゼリー】を毎日食べているらしいよ(笑)

今度機会があれば【亀ゼリーを試してみるかな?

即年11月にtvk(テレビ神奈川)『まんとら~マンガ虎の穴~』にゲストとしていよいよ初登場するらしい。
コミック、アニメ、原作(シナリオ)、CG、フィギィアなど、マニアック(ヲタク)度の高い番組なので、“ヲタドル”アヤにャンさんにはピッタリの番組。
以前、同じヲタク系アイドルで、“新・ブログの女王”でもある、しょこたんこと中川翔子ちゃんも出演していましたよね。
どうやら、ゲストもヲタク度が高い人を招く傾向があるようです。

昨年11月末に配布開始のフリーペーパー『mantora』第一号ではガンプラを作っている様子が掲載されましたが、今度は満を持して?TVに初登場とのこと。
猫コス(猫のコスプレ?)をしつつ、今回もガンプラを作るそうだ。
もちろん!今回作ったのは、愛しのアスラン・ザラの愛機のジャスティスガンダム(SEEDに登場)もしくは、前回も作ったインフィニットジャスティスガンダム(DESTINYに登場)かな???

アヤにャンさん出演分は1月30日に放送されるらしい。
本来ならこの番組はtvkの放送エリアである神奈川県と東京都の一部でしか見られないが、『まんとら』番組HPでは後日、1週間限定で配信されるので、私は同HPで配信されるのをとても楽しみにしております☆☆☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

眞鍋を学べ 30

今年は既に眞鍋かをり嬢のブログが3回更新されましたが、暫くコメントを書くことが出来ませんでした。それでは今回、今年初めて書かせて頂きます☆

★眞鍋かをり『眞鍋かをりのココだけの話・・・06年1月1日(日)、1月8日(日)、1月14日(土)更新記事。

・1月1日付け記事……タイトルは『AKEOME』という年頭の挨拶から。

それでは私も、、、明けましておめでとう御座います!!!(←遅すぎっ)

昨年は紅白の審査委員として“初出場”を果たした眞鍋嬢。

そうでなくても、その日の大晦日は「下北沢→台場→NHK→台場」と超ハードスケジュール。

曰く

「4現場でしかも遅刻が許されない状況だったのでかなり疲れました。」

とのこと。

暮れ押し迫る時に、こんなに忙しい経験をしたのは、今までなかったのでは…?
一昨年の6月30日から始めたこのブログが昨年初めから大いに話題となり、“ブログの女王”の称号を世間から認定されるに至った事が大きな理由なのでしょう。
昨年は眞鍋嬢にとって、大きく飛躍した大ブレークの一年でした。

今年も年頭から昨年の勢いが続いている様子。“眞鍋時代”まだ終わらない。。。

・・・・当面のライバルは、もう一人“ブログの女王”(ブログプリンセス)と呼ばれている、“しょこたん”こと中川翔子ちゃんかな(笑)

さて、その紅白では、緑のゴージャスなドレスを着て登場。“眞鍋女王様”のお美しい姿をバッチリと拝見しましたよ☆☆

みのもんたさんが歌と歌との合間に眞鍋嬢を紹介する場面があったのですが、その際にブログについてみのさんが質問したところ、

「(自分が見た)紅白の表から裏までの様子をありのままに(ブログで)書く」

と当時眞鍋嬢は仰っていました。

しかし、その日はかなり疲れていたのか、年が明けた元旦深夜に更新されたこの記事には、結局、紅白の詳しい事は語らずじまいだった。
何と、元旦まで仕事があったらしい…これでは、詳しい内容を掛けなかったのは致し方ないですね。

それでも、間近で紅白を見てかなり興奮していた様子が文章から十分に伝わってきますね。審査委員席は紅白では“VIP席”のようなものですからね。

今更なんですが、、、お疲れ様でした☆

・1月8日付け記事……タイトルは『休みボケ』。2日から6日まで5日間ご家族でグアムへ行っていたらしい。 

先週(1月12日)放送の【木曜ブジオ!“眞鍋かをりのココだけじゃない話”】によれば、

爆笑問題の田中裕二さんと現地でバッタリ遭遇し「お母さんと妹さんが美人で、(2人は眞鍋嬢に)ソックリだ!!」と言われたとか(笑)
確かに、母上が美人で眞鍋嬢とソックリなのは以前から知っていたが、妹さんまでも美人でソックリとは...恐るべし!!眞鍋母娘!!!
その田中さんと一緒にタクシーに乗ったそうだ。田中さんと眞鍋嬢は『爆笑問題のススメ』という番組で共演している仲。
眞鍋嬢と爆笑問題のお二方とは呼吸がピッタリ合うので、トークの掛け合いがとても面白い。名トリオですな☆☆

他にも、現地のホテルでガレッジセールのゴリ(ゴリエさん、成田?空港でB'zの松本孝弘さんに逢うなど、3人の芸能人と正月に遭遇したそうだ。

グアム到着当初は具合が悪かったそうだが、「スキューバーダイビングして治った。ハマりそうー!!!」とのこと。
とにかく、思いっきりグアムで羽を伸ばしてきたらしい。良い気分転換になったようだ。

・1月14日付け記事……タイトルは『旅のアルバム』。1月6日にご家族と旅行を楽しんだグアム旅行から帰国。7,8日と日本で仕事をし、更に今度は仕事で台湾へ向うという極めてハードスケジュール。

新年早々お疲れさんです!!! 今年も仕事が多忙で絶好調!!!!

9日に事務所の後輩・浜田翔子ちゃんとマネージャーとヘアメイクさんと一緒に台湾へ行く為、まずは成田空港へ。

出国手続きをしている際にブログのネタになるような“おいしいネタ”に遭遇。

日本語がたどたどしいフィリピン系の女性が出国審査に時間がかかっているやり取りを眞鍋嬢は耳を澄まして聴いてみたそうな。

その女性が職業を「バナナ」と答え、周囲は芸人バリのリアクションで驚く...吉本新喜劇かよっ!!

バナナね、、バナナ。。。バナナ?!そんなババナ!!…やべっ!南極並みの寒いダジャレをついポロッと言ってしまったね…。

・・・・あぁ、、言わなきゃ良かった…orz 

さて、3時間掛けて台湾へ到着たあとは、浜田翔子ちゃんと旅番組のロケを敢行。
「台湾は日本より全然暖かくて、なんだか春のような気候」だったそうな。最近、氷点下の気温が続いている札幌で生活していると全く想像できないのだが…。

で、その旅の内容は「オンエアまで内緒」とか。ま、それまでのお楽しみに!ということで。。。

画像は台湾でのプライベートショットの数々。
カジュアル系ファッションに身を包んだ眞鍋嬢の美しい“素顔”(といっても素っぴんではない)と共に、台湾各地の様子が添付しております。

・『眞鍋珈琲店(館)』
…おっ、思わぬところで“眞鍋”発見(笑) 
台北市内で見つけたそうだ。台湾でチェーン展開している24時間営業のカフェらしい。日本で言う『スターバックス』のような、オシャレなシアトル系カフェだろうか。
もし日本に進出(出店)して、超オシャレスポットになったら、
「今日の○時に“眞鍋”で待ち合わせしよう!」 
という会話が当たり前になるのだろうか…? 

勿論!『眞鍋珈琲店(館)』のイメージガールは眞鍋かをり嬢に決まり!!!

ただ、故郷でもある、眞鍋姓の多い愛媛県では同名の珈琲ショップが既にあったりして…。

・『ホテルの前でコンビニで売っている肉まんを立ち食いしている眞鍋嬢』...てか、現地で普通に馴染んでるし(笑)
60円はとても良心的な価格、というか地元では当たり前なんだろう。美味しそうだなぁ~。。。

・『酋長文化村原住民歌舞宴』
…直訳すると「台湾の先住民族・高砂族の伝統的な踊りや芝居を見ることが出来る『酋長文化村』の演舞場」かな??
その下に英語で『ROAD SHOW=路上公演』と表記されている。本来なら映画館の独占封切興行の事だが、この店は映画館を併設してそうにもないので、そのまま直訳したほうが良さそうだ。

更には、カメラの三脚も置かれているのが確認できる。

店の前で踊りや芝居披露するとか…???

・『お土産屋の前にいた犬や猫とたわむれるの図』

猫が載っている看板には『竹筒飯』と書かれている。いかにも美味そうなネーミングだ。

何でも、「ものすごくなついてきた。でもゴメン...汚すぎて触れない...。」というくらい、人懐っこくて“ワイルド”なワンちゃんのようだ。
今まで飼い主は洗ったことがないのかな?

・『ドラえもんの頭部』

「台湾の熱海(=台湾の伊豆でも可)」と眞鍋嬢が命名した【鳥来】という温泉街にあったUFOキャッチャーらしい。
「ちょっとした地獄絵図」とは、ナイスなお言葉。

一瞬ポーチかと思ったが、チャックが見当たらないので、どうやら“携帯ストラップ”のようだね。てか、それ以外に使い道が無さそう…。

あえてこれと同様のものを日本で売り出したら“キモカワイイ”部類に入るのかな???

それで、一回10元で、操作の違いに多少戸惑いつつも、スイッチを押して遊んでみたところ、

「シューーン!ガチャッ!パーーーーン!取るの、速っっっ!!!!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)」
「クレーンがおりて、開いて閉じて戻るまでの間、およそ一秒。キャッチするどころか、ドラ○もんが飛び散っただけ」

という新鮮でステキな現象を体験したらしい(笑) 
取れるか取れないかワクワクさせる“間合い”が全く存在しない『刹那的』なUFOキャッチャーのようだ。
台湾の人はせっかちなのかな…?

・『温泉街のサンダル』

「こうしよう」と平仮名で記されたサンダルが沢山売っております。ご丁寧にも、サンダルの柄(ヒモ)の部分にも「こうしよう」の文字が(笑)

それに対し「どうしようとしているのでしょうか?」とはナイスツッコミ!

「こうしよう」もまた、台湾で流行っている“変な日本語”の一種なのだろうか??
それとも、この店は「こうしよう」という店名なのだろうか???

ただ、このサンダルを買うことは無かったようだが…。
出来れば、“ヨンさま靴下”のようにこのヘンテコリンなサンダルも愛用して欲しかったよね(笑)

・・・・てなわけで、今回はこれにておしまい。今回の台湾ネタは非常に興味深いものでした…☆☆

尚、いつも一緒に紹介している【ブジオ】ネタは、次回改めて書きたいと思います。。

※今年初めてトラックバックします。あけおめ~☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

真実こそ報道の根幹

◎明日は、ホリエモンの話題で持ちきりだろう。証券取引法違反で、ライブドアとホリエモンの自宅が今夜、家宅捜索を受けたらしいからね。
この話題も後日触れることにしよう。
では、早速いつもの芸能社会ネタから。

◇日テレ報道番組で“やらせ”「プラス1」「出来事」(夕刊フジ)

日本テレビが昨年7月と9月に、報道番組「ニュースプラス1」と「きょうの出来事」で放送した個人情報流出問題に関する企画物について、“やらせ演出”があったことが16日判明した。日テレは事実関係を認めて謝罪するとともに、16日の「プラス1」で謝罪する。
総合広報部によると、問題となったのは7月6日放送の「プラス1」「出来事」(いずれも約5分)と9月19日放送の「出来事」(約9分)の特集。
個人情報の不正入手をテーマに外部の制作会社が企画・取材したが、売買現場で3カ月にわたって取材したが客が現れなかったため、制作会社の担当プロデューサーが知人の女性を客に仕立て上げた。業界関係者からの指摘で発覚し、制作会社側も認めた。
日テレ側は放送前に事実を把握しておらず、この場面以外での不適切な取材や放送はなかったという。
総合広報部は「視聴者の信頼を裏切る結果となり、深くおわびする」とコメントした。
[夕刊フジ:2006/01/16 17:23]

非常に困ったものだ。報道の良心というものがこの局にはないのか。これではジャーナリズムの信頼が損なわれる。
たとえニュースの内容が事実だとしても、このような“やらせ”が表面化するたびに、つい疑って見てしまう。

報道と言うのは、ありのまま伝えてこそ価値がある。多少過剰な“演出”が許されるバラエティ番組ではない。

「3カ月にわたって取材したが客が現れなかった」というのなら、とりあえず延期するか、粘り強く取材を継続すべきである。

「視聴者の信頼を裏切る結果となり、深くおわびする」と謝ったからといって、ハイそうですかと到底納得できる問題ではない。

本当の意味での信頼回復は、このような行き当たりバッタリのスクープモノよりも、我々の生活に根ざした有意義な特集を取り上げ、積極的かつ誠実に取り組んでこそ果たし得るだろう。
その真摯な姿勢こそが視聴者に信頼感を与えるのである。

今後の日テレの対応にも是非注目したい。

◇瀬戸早妃、野田社長から一喝「西川近づいたら…」(夕刊フジ)

恋人から“友達”関係もダメ! タレント、瀬戸早妃(20)が15日、都内でDVD「甘い君の記憶」の発売記念イベントを行った。
瀬戸は昨年12月に写真誌にT・M・Revolutionこと西川貴教(35)との熱愛現場をキャッチされたが、西川について「いろいろ相談に乗ってもらっている、すごく仲のいいお友達です」と恋人関係を否定。交際に反対する所属事務所の野田義治社長(59)に配慮してか、「今は連絡を取ってない」と話した。
「何かあったら仲良くさせていただきたい」と西川とのつながりを求める瀬戸に、野田氏は、「ダメだ! 西川が今後近づいたら容赦しないぞ」とまで一喝され、瀬戸はシュンとしていた。
[夕刊フジ:2006/01/16 17:23]

◇瀬戸早妃 恋愛前向きも社長「許さん」(スポニチ)  

タレントの瀬戸早妃(20)がDVD「甘い君の記憶」の発売記念イベントを15日夜、都内で開いた。所属事務所の野田義治社長(59)の忠告で破局したT.M.Revolutionこと西川貴教(35)について問われると「もともと恋人ではありません」と強弁。あくまでも交際を否定し続ける姿を見かねた野田社長は「もう別れたって言えばいいんだよ」としっ責。恋愛は封印?の質問に瀬戸が「いい出会いがあれば…」と答えると野田氏は「まだ許さん!」と声を荒らげた。
[スポニチ:2006/01/16 17:53] 

昨日も瀬戸早妃ちゃんとT.M.Rの西川貴教クンの“破局”についての話題を取り上げたが、どうやら“破局”というより、野田義治社長から交際禁止を厳命されたという感じだ。
どちらにせよ、今回の交際ネタもマスコミへの宣伝材料として利用している事には違いない。

裏読みすれば、この記事も何だかネタっぽく感じてくる。芝居がかっているし(笑) ホントの所はどうだか分からない。ただ、早妃ちゃんは未練タラタラであることは間違い無さそうだ。

結局は、まぁ西川クンと早妃ちゃんとの交際は上手くは行かない運命なのだろうね。もしまだ密かに交際が続いていたとしても、周りに邪魔されて、いずれ破局するだろう。

瀬戸早妃ちゃんは将来があるので、今別れたとしても決してマイナスにはならない。で
むしろ、破局してダメージをこうむるのは西川クンの方か。

まぁ、年ごろなんだから、本当なら自由に恋愛しても構わないのでは、と個人的には思うけどね。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(1月16日月曜日)更新分。

今回は毎週月曜日恒例の『週刊!まゆのいちおしグラビア』。

取り上げるのは、先週発売の『FLASH』に載っているほしのあきちゃんのグラビア。

ほしのあきちゃんは、とても27歳には見えないベビーフェイス(童顔)とセクシーバディを武器に、現在グラビアクイーンに君臨。

“アイドル評論家”のまゆまゆさんも

「ほしのあきちゃんは童顔なアイドルの中での色気がある表情選手権NO.1」

と絶賛。

一方で、去年は持ち前の“マシンガントーク”“ぶっちゃけキャラ”を遺憾なく発揮してバラエティ番組に多数出演するなど大活躍の一年だった。今年もその勢いが衰え知らず。

しかし、テレビに多く出演するようになってもなお、未だに「見たくないと言われるまでやり続ける」とグラビアにとても愛着を持っている彼女。今後もグラビアとバラエティの両輪で一層の活躍が期待される。

今回のクラビア評も

「27歳だからできる表情と27歳に思えない顔と若さと体型がすべて魅力になってるグラビアです。」

と高評価。

20代後半からブレークした“遅咲きの”ほしのあきちゃんは、まゆまゆさんにとって非常に心強い存在でしょうね。

今度はまゆまゆさんがあきちゃんの後に続いて下さいね☆彡

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(15日)更新分。

去る1月12日に行なわれた四ッ谷インマジックのライブを振り返ると共に、来てくれたファンの方々に感謝の弁を述べております。

今回のライブは、同じ事務所の佐藤麻紗ちゃんの持ち歌を初めて歌ったそうだ。日頃から仲の良い麻紗ちゃんの持ち歌を歌うので余計な力が入り、かなり緊張したそうですが、それと同時に新鮮な気持ちで歌えたことでしょう。
最後の4曲目は、毎回ライブで歌うほどお気に入りの曲でもある愛内里菜ちゃんの『Dream ×Dream』を歌い、皆で盛り上がることが出来たそうで。

・・・ライブ出演お疲れ様でした~☆☆

画像は、可愛くピースを決めつつも、今回はオシャレ度がUPしておりますな。
以前から落ち着いた感じの大人の女性を演出した服装から彼女のファッションセンスを感じられますが、
今回は胸元のペンダントとピースサインをしている指先のネイルアート(ジェルネイル?)が特に印象的ですね☆★

今後はオシャレ度満点なブログを目指すのも一考ですね☆彡

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(15日)更新分。

前回のコメント欄でヒナちゃんが

「今ヒナは人間関係ってか…悩んでて冗談って読み取れなぃで、まじめにうけっちゃったぁo(><;)(;><)o」

との現在の心情を吐露したが、それに対しいつものファンの方々からとても温かい“声援”“激励”を頂いたようだ。

そして今回、心配かけてしまった事に対して謝罪すると共に感謝の気持ちを表している。
画像はその喜びと感謝のピースサインです☆

この心温まるやり取りはとても良いよね。ここは、ファンとアイドルの信頼関係がしっかりと築かれている感じがする。

単に傍観する者としても、こういったフレンドリーなやりとりがいつも楽しみなんであります☆

そして、今回は仕事を2つこなして自画自賛したり、冗談?を言えるまで元気を回復。めでたしめでたし。。

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・今日(16日)更新分。

最近、アンナちゃんは学校へ行く途中で、『涙』について話し合ったそうだ。

それは「涙を流して目が腫れるのは悲しみの涙を流した時だけで、嬉し涙を流した時や、笑いすぎで涙を流した時には目は絶対腫れない」というもの。

目の涙腺から分泌される液体の『涙』は本来、

「 目の表面(角膜・結膜)への栄養補給、 まぶたを円滑に動かす潤滑材、 細菌・紫外線から目を守る防御壁」

の役割だそうだが、嬉しいときや悲しい時に感情の高ぶった時にも多く分泌される。その際は量が多いと目からあふれ出す。

まぶたが腫れるぐらい泣くのは、それだけ多くの涙を流して泣いていたり、長時間泣いていたという証拠。

確かに、嬉しい時、笑いすぎた時に泣いても目を腫らすほどではないが、それは涙の量と泣いている時間が影響しているのかもしれませんね。

悲しくて泣いた時のほうが涙の量が多く、かつ長い時間泣いてしまうから目が腫れてしまうと思う。

結局、そのお友達と出した結論とは

『脳が色んなところに指令を出しているように、
涙も脳が目の皮膚に、悲しみの涙だから腫れろ~って指令だしてるのかも!』

というもの。
…確かに、涙は高ぶる感情により涙腺が刺激されて流れるものでもあるから、あながち間違ってはいない。
それに、役者さんは感情をコントロールして涙を流す事が出来るからね。

感情が高ぶる事により流す『涙』の量は、気持ちの度合いにより大きく左右されるのは確か。

・・・・ま、私の結論と、アンナちゃんの結論も正しいという事でOK!!ってことで(笑)

今後の人生において、泣きたくなる場面も多々あることでしょう。その時は無理に我慢しないで、安心できる場所や人の前で思いっきり泣いてすっきりと気分転換をはかりましょう…!!!

これからも、その気心の知れたお友達と仲良くねっ☆彡

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月13日、14日付け記事(昨日更新分)。

・1月13日付け記事……無印良品の【柚子・金柑のど飴が写っております。あっちんさんが大好きな飴らしい。

金柑は喉にとても良いですからね。最近風邪が流行っているので、風邪対策には打ってつけですな。。
それから、私も柑橘系は好きなので柚子は好きですねぇ~♪

今度【無印良品】の店に行ったら、買ってみますね☆

この日は週に2回のフットサルの練習があったそうな…お疲れ様です!!!

2月の大会に向け、怪我をすることなく、練習により目下の課題を一つずつクリアしていって欲しいと思います★☆

練習から帰ったら、うがい・手洗いは忘れずに。。。

1月14日付け記事……前回に引き続き今回も柚子の製品。
【無着色 赤柚子こしょう】が写っておりますが、こういう調味料もあるんだね。

「ちょっと辛い」と言っているのは、その中に入っている唐辛子による影響でしょうね。
胡椒も入っているので、肉や魚の臭みを消してくれそうな感じがしますね。これはイイ!!! 
料理を作るときに何かと重宝しそう。。。

今度スーパーなとで探してみたいと思います。【七味】や【味塩コショウ】など、この手の調味料は大好きなので…(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(16日)更新分。

画像は、ご存知!アヤにャンさんの“弟分”の大ちゃんです!!! 相変らず可愛くて元気なお坊ちゃんです☆☆☆

これは戦隊モノの“変身ポーズ”姿ですね。『魔法戦隊マジレンジャー』を真似しているのかな???

きっと、いつものようにメイクの先生にメイキャップの方法を色々と教えてもらったのでしょう。
その合間に、大ちゃんと遊んだようですな。優しいお姉ちゃんですねぇ~。。。

昨日は、大ちゃんに会った後、スポンジのように水分を大量に摂取したり、「泥の様に寝た」一日だったそうですな(笑)

旅の疲れが昨日になってドッと来たのでしょうね。水分を大量に摂ったのは、部屋の中が乾燥して喉が渇きやすかったからでしょうか??
風邪予防の為にも、喉をこまめに潤すのは正解ですネ♪♪

とにかく、睡眠を十分にとり充電完了し紀文じゃなくて!気分爽快ですね☆★

今日からまた心機一転、フットサルにお仕事に頑張って下さいな☆彡

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その55

◎昨日、平田裕香嬢のブログが更新されました。今回もいつものように厚かましくもコメントを書かせて頂くと共に、初舞台に関するスポーツ紙の記事も同時に紹介します。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・今日(1月15日)更新分。

タイトルは『舞台稽古の経過報告』。その名の通り、今回は現在精力的に行なわれている舞台稽古の進行状況を報告しております。

記念すべき平田裕香嬢の初舞台『デビルマン~不動を待ちながら~』の公演初日(2月9日)まで、残すところ一ヶ月を切ったが、チケットの売れ行きは絶好調で、既に売り切れの回が出ているとのこと。
演者さんに配られるチケットも早い者勝ちの状態。更には、用意できる当日券も多くは残らないらしく、早くも公演前から“追加公演”の話まで浮上。

裕香嬢の記念すべき初舞台に向けて順調に動き出している。傍から見ていると、全てにおいて上手くいっているように見える。

しかし、初舞台だけあって、裕香嬢は色々と戸惑う事も多々あった様だ。
その詳細を含め、以下の記事に書かれています。

◇平田裕香デビルマンで初舞台…稽古で「クマできるくらい悩んだ」(サンスポ)

舞台稽古に励む平田裕香。周りの空気に影響されやすい自分も発見し「よい形で吸収して出していけたら」と意欲を見せていた=東京・沼袋
ドラマやグラビアなどで活躍中のタレント、平田裕香(22)が2月9日から14日まで東京・アイピット目白で上演される「デビルマン~不動を待ちながら~」(演出・宇治川まさなり)で初舞台を踏むことになり14日、都内の稽古先で意気込みを語った。
永井豪原作の漫画「デビルマン」の終盤に描かれる内容をモチーフに、極限状態に置かれた男女15人が正義と悪との間で揺れ動く心の葛藤を描く。平田はヒロインでデビルマンの恋人、牧村美樹役。
以前から舞台出演を希望していた平田にとって念願かなった形。稽古は12月下旬に開始され「実際に始まってみると声の出し方からして違っていて…。当初、立ち稽古では正直どう動いていいか分からなくて、目の下にクマができるぐらい悩みました」と苦笑い。目下のところ「声が響かないのには苦労しています」と明かした。
演出家から役のイメージについてジャンヌダルクと言われ「勝利に導く女神というか、芯に強さを秘めた女性でありたい。そこを表現できれば」と力を込めた。「気は小さい方ですが、周囲から頑固と言われたりします」と役同様に芯の強さを持つ。「新しい魅力をつけて羽ばたきたい」と新境地開拓に燃えている。

⇒公演詳細は…『劇団/俳優集団 Hotroad』

この中で特に注目すべきなのは

「実際に始まってみると声の出し方からして違っていて…。当初、立ち稽古では正直どう動いていいか分からなくて、目の下にクマができるぐらい悩みました」と苦笑い。
目下のところ「声が響かないのには苦労しています」

との部分。何から何まで始めてづくしで、特に舞台特有の表現方法と発声方法に苦戦している様子。でもそれは無理もないことだと思います。
最初から完璧に出来る人はまずいないのだから…。
一歩一歩確実に舞台演技の表現方法や感覚を体得していけば、いずれ納得した演技が徐々に出来るようになると思います☆

添付されている画像にある裕香嬢の仕草が、まさしく辛抱強く恋人の【不動明(デビルマン)】を待っている【牧村美樹】の姿を連想させる。

周囲から『頑固』と言われるぐらい、揺ぎ無い意志の強さ(芯の強さ)を持つ裕香嬢なら、必ずや【牧村美樹】を見事に演じ切ってみせることでしょう。

今後の「新しい魅力をつけて羽ばたきたい」という裕香嬢の抱負はとても前向きで将来に希望が持てる言葉。

「新境地開拓に燃えている」という記事の《“開拓”=フロンティア》の言葉に有るとおり、明治初期の開拓時代から我々北海道人に連綿と受け継がれている【開拓者精神(フロンティアスピリッツ)】で是非、新境地を開拓して(切り開いて)欲しいと思います!!!

今回更新されたブログの記事で特に強調されている

「人様にお金を払っていただいて、かつ時間を割いていただいて、それでいてわざわざ足を運んでもらって、そうしてやっと観ていただくんだから…肝にしっかと命じておかないといけません。」

という箇所は、常日頃から周りの人に対しての感謝の気持ちを忘れない裕香嬢の精神が如実に表れております。
・・・・本当に素晴らしい人柄の女性です!!!
それに比べて、自分は周りに感謝の気持ちを払っているだろうかと逆に自己嫌悪に陥ってしまうぐらい…(苦笑)

とにかく、

「さぁ、まだまだこれからっ(`▽´)q*」

という最後を締める言葉は、念願だった舞台出演が叶ったので、どんな事があっても絶対に成功させようとする裕香嬢の意気込みを十二分に感じとる事ができ、非常に頼もしく思います!!

後は、この先アクシデントもなく順調に本番まで舞台稽古が進行して欲しいと願うばかりです。。。

※今回もトラックバックします。稽古場日記も楽しみにしておりますよ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

マスコミ対策が非常に上手い“名物社長”

◎今回も早速芸能ネタから始めます。尚、平田裕香嬢の初舞台『デビルマン~不動を待ちながら~』に関する芸能記事【平田裕香デビルマンで初舞台…稽古で「クマできるくらい悩んだ」】は後日改めて、今日更新されたブログと共に紹介する予定。

◇瀬戸早妃“男断ち”して初舞台(スポニチ)  
 

T.M.Revolutionこと西川貴教(35)との交際を取りざたされたタレントの瀬戸早妃(20)が、初舞台に挑戦することになった。2月18日から東京・渋谷区の全労済ホールで上演される「Kiss Me You~頑張ったシンプー達へ」でヒロインを演じる。所属事務所の野田義治社長(59)から西川と別れるよう言われていたが、すでに終止符を打ち「心機一転、生まれ変わったつもりで演じたい」と“男断ち”しての熱演を誓った。
舞台は第2次世界大戦中の日本。特攻隊として飛び立っていく青年たちと、それを見送る女性たちとの淡い恋愛が描かれる。瀬戸が演じるのは、内気で感情を口に出せないタイプのヒロイン。表情や振る舞いで心境を表現しなければならない難しい役どころだ。
昨年、テレビ朝日「はるか17」やTBS「花より男子」などの人気ドラマに立て続けに出演したが、舞台は初めてとあって「不安でいっぱい」と本音をもらす。昨年12月には、西川との親密交際が写真誌に報じられた。その後、所属事務所の野田義治社長が交際を自粛するよう忠告。瀬戸の両親も含めた4者面談が行われ、引退まで考えさせられたという。
西川については「仕事とかいろいろな相談をした。2人で食事に行ったり(西川の)家に行ったのも事実。疑われるような行動をとって申し訳ないと思っています」と神妙に説明。報道後、西川とは「1回も会っていない」そうで「いろいろな方に迷惑をかけた。いい社会勉強になりました。年が明けて心機一転、仕事だけに集中して頑張る」と宣言した。
[スポニチ:2006/01/15 06:23]

瀬戸早妃ちゃんは、1985年6月21日宮城県仙台市生まれ。2001年にグラビアデビュー。当時巨乳系&毒舌ぶっちゃけ系アイドルが多数所属するイエローキャブの中では、スレンダー系でしかも清純派キャラクターのグラドルとして売り出された異色の存在だった。
北国(仙台)出身だけあって、色白(もち肌)が眩しい東北美人。

当時16歳(高校一年)で2001年ヤングジャンプ制服コレクション【7UP!】を受賞。
更には、ミスマガジン2003『ミス週刊少年マガジン賞』を受賞した。

最近デビューしたような印象があるが、意外にも業界のキャリアが約4~5年と長い。単独のイメージDVDは2002年10月20日発売の1stDVD『セトサキ』から2005年12月23日発売の11thDVD『甘い君の記憶 』まで11枚リリース、写真集(デジタル写真集は除く)は2003年7月に発売の1st『Cutie Cubic』、2004年6月発売の『CLOVER』、2005年12月発売のDVD付き『月刊瀬戸早妃』の3冊リリースしている。

一昨年(2004年)12月、野田義治社長がイエローキャブの社長を辞任に追い込まれたのを機に、同グループ企業の有限会社サンズ(現・サンズエンタテイメント)へ移籍、イエローキャブから分離独立した事に伴い、早妃ちゃんも大半のタレント共に同事務所に移籍した。

一昨年あたりから雑誌の表紙やTV出演の機会が多くなり、去年からはTBS系『水戸黄門』、テレ朝系『はるか17』、TBS系『花より男子』など話題作のドラマに出演できるまで“出世”した。まさに順風満帆。大ブレーク一歩手前のところまできた。

しかし、昨年末にT.M.Rの西川貴教クンとの交際が明らかになると雲行きは一変。野田社長から交際を自粛(事実上の禁止)を迫られ、挙句の果ては、両親を仙台から呼び出して話し合い、その場で“引退勧告”まで出されたという。

自由に恋愛できないのは誠に気の毒だが、これもアイドルの宿命なのか。それとも清純派・正統派キャラのアイドルだけあって、世間的に自由な恋愛は許されないのかもしれない。しかし、思ったほどのダメージにならなかったので、今回正直に告白したのだろう。それにより、再び仕事に専念するという印象を世間にアピールした。

今回西川クンと破局したことを本人が告白。それと同時に、2月に初舞台に挑戦することを“告知”。これも野田社長の指示によるものだろう。
野田社長は相変らずマスコミを利用するのが上手いね。去年暮れも“西川クンとの交際発覚”の話題を利用してラジオ出演の宣伝したが、今回も“西川クンとの交際破局”の話題を利用して、初舞台の告知をした。
仕事の宣伝になるのだったら、交際発覚でもスキャンダルでも何でも利用してしまえという、したたかな戦略が垣間見える。

前にも言ったが、芸能界で上手く生き抜く術やマスコミ対策を熟知している野田社長はホント老獪な戦術家ですなぁ...但し、目立ちたがり屋のタレント気質で、自分の名前の冠が付いた番組も何本か出演いるので、結果的に所属タレント以上に目立ってしまっている…これって本末転倒だよねぇ(笑)

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月14日)×2回、今日、更新分。

・昨日更新記事……昨日まゆまゆさんは「すっぴんにノーブラ」でジムに行ったそうな...何だかなぁ~(苦笑)

でも、画像に写っているすっぴん姿はカワイイからOK!!!但し、ノーブラは流石にマズイでしょ!!…オバちゃんになっちゃうよ(笑)

相変らず、ぶっちゃけたお方ですな(爆)

一方、昨日つい買ってしまったという雑誌『Hanako』が画像にも写っておりますが、曰く「4人のタレントさんのグラビアが可愛くてセクシーだったよぉ。こういう女性になりたいな」とのこと。
表紙には「奥菜恵、平子理沙、森下千里、さくら」などと表記されております。

『春までに恋人ができるカラダ作り』との見出しは、年ごろの女性には非常にキャッチーな言葉なんでしょうね。まゆまゆさんもつい買ってしまったみたいですから。
…上手い雑誌作りだね(笑)

とにかく、グラビアが見られただけでも良かったのでしょう。
こういう女性を目指しても良いとは思いますが、あまり強く意識をしなくても別に良いと思います。
というのは、雑誌に載っている事は多少オーバーに書かれているものですから…(笑)

・今日更新記事……ママさんがバトミントン大会でアキレス腱を切ってしまったらしい。そして、入院したそうだ。あちゃ~凄く痛そう~!!
しかし、とっても元気な声で電話を掛けてきたそうだ(笑)

何かとやらかす事で以前に話題となったお方なので、早くもまゆまゆさんはとても心配しているようですな。
怪我した足よりも、病室でちゃんと大人しくしているかどうかに、心配の気持ちが行っているみたい…(笑)

とにかく完治するまで安静になさって下さい☆
…ま、何かまたやらかすかもしれませんので、まゆまゆさんはある程度の覚悟が必要かも(爆)

一方、まゆまゆさんもジムなどで本格的な運動をする前は、準備運動(準備体操)は忘れずに。。。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月12日付け記事(昨日更新分)。

【ちくわぶ】が写っております。味噌汁に入れるのは初耳。ママさんのアレンジだろうか。あっちんさんの大好物なのだとか。むむむ…。

【ちくわぶ】関東限定のおでん種(おでんだね・おでんの具材)で、生麩(なまふ)をちくわ型にしたもの。当然、それ以外の地域だと存在すら知られていない場合が多い。私も小さい時は、全く知らなかった。特に関東でも、東京、神奈川、千葉、埼玉でしか食べられていない東京近郊限定の食材らしい。
私も、1,2回しか食べた事がない。以前、近所のスーパーに一本だけ売っていたのを買って食べた事がある。半生の状態で食べたが、正直味は食べ慣れていないので……。どうやら、一般的に味が浸透するぐらいクタクタに煮た方が美味しいそうだ。今度【ちくわぶ】を入れる時はそうしよう。
しかし、最近は【ちくわぶ】を売っていない店が多い。それだけ、我が北海道でも関東以外の地域と同様に馴染みが薄い食べ物なのである。

代わりに、北海道では魚介類や山菜類をおでんに入れる場合が多い
去年末のテレビ番組で、極楽とんぼの加藤浩次クン(北海道札幌市生まれ、小2から小樽市で育つ)が、おでんに【つぶ貝】を入れると言っていた。これは北海道のコンビニでも確認できるほど、北海道限定のおでんの具材として有名だ。
彼が育った小樽は日本海(石狩湾)に面していて、新鮮な魚介類がすぐに手に入るマチだから、おでんに魚介類を入れるのは当たり前という感じの加藤クンの口調だった。
【つぶ貝】は青森と北海道が産地。エゾサザエとも呼ばれるので【サザエ】の味に近いか。
但し、本州では「ツブ」というと、タニシなどの小さな巻き貝のことを指すことから、勘違いしやすい(間違いやすい)。北海道の【つぶ貝】とそれらは全くの別物。

更に、その番組では北海道のおでん種として【タチ(タラの白子)】を紹介していた。
しかし、ウチでは【タチ】をおでんに入れたことが一度もないほど、同じ北海道でも各地域・各家庭によって、入れるおでん種が多少違ってくるので、この点は致し方ない。

主な北海道のおでん種とは…大根、卵、はんぺん、豆腐、がんもどき、きんちゃく(袋)、なると、こんにゃく、ロールキャベツ、ちくわ、白滝、さつま揚げ(テンプラ)やこぼう天など揚げかまぼこ系、肉団子、タコ、昆布などのお馴染みの具材の他、フキ、ワラビ、タケノコなどの山菜類やジャガイモなど野菜、つぶ貝、ホタテ貝、ホッケのつみれやタチ(タラの白子)、イカ(小さいタイプのもの)などの魚介類を入れる事で有名。
お馴染みの具材に加え、海の幸や山の幸をふんだんに入れるおでん。

ちなみに、【テンプラ】とは【さつま揚げ】の関西風の呼び名。【マフラー】ともいう。他にも、関西と北海道が共通しているおでんの具材は、大体が平べったい【ごぼう天】など「~天」という揚げかまぼこ系がメインで、関東のように「~巻」がないこと。
日本海航路の発達で、関西から日本海を通って、小樽におでんが“上陸”した名残りだそうだ
昔から北海道と関西(西日本)は、日本海ルートの『北前船』を通じて昆布や魚介類の交易が盛んだったからだろう。
標準語で「これ、いくら(値段はいくらですか)?」は、北海道弁や東北弁、関西弁では「これ、ナンボ?」と尋ねる。この方言も、昔から関西と北海道・東北との間で交易が行なわれてきた名残りだろうね。
現在では、全国的に「ナンボ(いくら、どれくらい、幾分の意味)」は通用するそうだが…。

あと北海道では、神社の縁日(お祭)や地域の夏祭りの屋台では“夏に食べるおでん”として、また、海岸沿いの売店でも、『味噌おでん』という付けだれのおでんが売られている。
串に差した大根、こんにゃく、さつま揚げ(テンプラ)、つぶ貝、卵などの上に「しょうが入りの甘い味噌だれ」を掛けて召し上がります。

このように、北海道には2種類のおでん(普通のおでんと味噌おでん)があるが、どちらかと言うと私は、しょう油とだし汁で煮込んだ普通のおでんが好きです。

【はんぺん】は関東が発祥のおでん種だが、これは北海道でも入れます。つゆに浸透した【はんぺん】はとても美味。それに、あのフワフワとした食感がたまらない。
但し、静岡では、いわしで作った【黒はんぺん】と白いはんぺんの【白はんぺん】とを区別する。その他、静岡では【なると】が一般的なおでんの具材。
名古屋では【さつま揚げ】を【はんぺん】と言うらしい。それに対して、普通の白い【はんぺん】を【紀文(堀川などメーカー)のはんぺん】と呼ぶそうだ…ちょっとややっこしい(笑)
関西ではおでん(関東炊き)に入れない場合が多いせいか、【はんぺん】の存在すら知らない人が多いとか。

代わりに関西特有のおでんの具材として、【牛スジ】を入れることで有名。これは、たまにウチのおでんにも入れます。
これは非常に良いダシが出る。よく煮込むと、ゼラチン質の身がプルプルしてとても美味。但し、事前によく脂抜きをしなければならないし(つゆが脂っこくなる)、時間を掛けて煮込まないと身が固いのが難点か。
以前はスーパーでも売っていたが、最近は肉屋さんに行かないと【牛スジ】が手に入らないのが残念だ。北海道でも馴染みが薄いからだろう。

関西ではおでんのことを【関東煮】、【関東炊き(かんとうだき)】と呼ばれる。おでんは関東から広まったからその名がついたのだろうか…?

・・・もし、あっちんさんのお友達で関西出身の人がいたら、おでんの呼び名(かんとうだき)や、その具材の【はんぺん】や【牛スジ】、【さつま揚げ(テンプラ)】のことを一度聞いてみたら?

沖縄ではおでんに【豚足(テビチ)】を入れるのが主流。その番組でも、しょう油のつゆに浸透した【豚足】の映像が映っていた【豚足】が沖縄料理で主流になっているのは、中国文化の影響によるものらしい。
沖縄のコンビニでは当たり前のように、おでんの中に【豚足】を入れて売られているそうだ。

他にも、沖縄のおでんの特徴として【ソーセージ】も入っているそうですね。これは【ソーセージ】を沖縄に持ち込んだアメリカ軍の影響によるものだとか。これもコンビニのおでんに入っている。
何と!ウチのおでんにも【(皮付きの)ソーセージ】を入れるんですよ!!これが、ゆでた【ソーセージ】のようで非常に美味!!! 
これは是非オススメですよ~!!! どうか一度お試し下さいませ~★☆

おでんのつゆも地域によって違ってくる。大まかに分けると、関東はしょう油の濃い味付けのつゆ、関西は底が見えるような薄い味付けのつゆがメイン。
付けだれのおでん(上にタレを付けて食べる田楽のようなもの)にしても、先に挙げた通り、北海道では味噌だれを付けて食べる『味噌おでん』があったり、味噌で有名な名古屋では、豆味噌だれを付けて食べる『豆味噌だれおでん』、味噌で煮込んだ『豆味噌煮込みおでん』というのもあるそうだ。

おでんというのは地域によって入れる具材やつゆ(だし汁)、調理法に違いが出る典型的な『地域限定料理』だ。これら“ご当地おでん(地域限定おでん)”“おらがマチのおでん”というのは非常に興味深い。
一度、“日本全国おでん巡り”というのを試してみる価値が十分にあるね…☆

・・・・今回は、【ちくわぶ】から日本各地のおでんの話題へと話が広がりましたね。ご当地グルメの話題は楽しいねぇ~。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日付け記事(今日更新分)。

昨日一昨日と2日間満喫した“名古屋グルメ紀行”を振り返っております。今回アヤにャンさんが伺った店は以下の2つ。

『元祖みそかつ丼 叶』…みそかつ丼(1000円)に味噌汁(200円、アサリか豆腐)。メニューらしきものはないらしい。

・『いば昇『あつた蓬莱軒』と共にひつまぶしの元祖で有名。最後にお茶を掛けて食べる。ちなみに、『あつた蓬莱軒』はお茶ではなくだし汁。
「熟練職人が備長炭で焼き上げるうなぎは、表面の香ばしさと中身のふんわり感が絶妙。甘さを抑えたさっぱりとした風味のタレが、素材のうま味を引き立てる」とか。

なるほど、【味噌かつ】がどえりゃー美味かったのね(笑) それは『叶』に優しいおばちゃんがいたからでしょうね。人の優しさが、その料理をより一層と美味しく感じられる。
・・・・まさに「旅は情け、人は心」ですな☆☆☆

この【味噌カツ】や【ひつまぶし】の他にも、【あんかけスパゲティ】、【味噌煮込みうどん】、【手羽先】、【きしめん】、【ういろう】、【どて煮】、【天むすび(天むす)】、【台湾ラーメン】、【尾張ラーメン】、【エビフライ】、【納屋橋まんじゅう】、【シャチボン】という名古屋名物があります。
これらは1日、2日では食べられない。今度仕事で名古屋へ行く機会があったら是非お試しアレ!!

私が食べた事があるのは、【きしめん】、【天むす】、【ういろう】の3つ。【きしめん】【ういろう】は名古屋土産として頂いたもの。
【ういろう(外郎)】は、母の故郷・北海道深川市の名物【ウロコダンゴ】に似た、とても懐かしい味のするお菓子です。米の粉に砂糖や黒砂糖を加えて蒸したもの。アッサリしているので飽きが来ない味。
ちなみに、神奈川県小田原市では【ういろう(外郎)】は口中清涼・消臭等に用いられる仁丹に似た薬を指す。地元では、お菓子の【ういろう】とよく間違えられるそうだ。
【きしめん】は、とても平べったく、食感が固いのが特徴的。固いうどんなので、鍋焼きうどんにして食べました。まいう~~!!
【天むす】は、えび天が入っているおむすび。地元でも売っているのでよく買って食べておりますよ。これはオススメ!!! 
それから、“エビフリャー”とタモリさんが名古屋弁を揶揄したこともある【エビフライ】は名古屋名物の一つ。

雨にたたられるも、とても思い出深い“名古屋グルメ紀行”だったようだ…めでたし、めでたし。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

『天使』のコスプレって流行ると思う?

◎今日も早速芸能ネタから。

◇天使のいたずら大歓迎!深田恭子がエンジェルな写真集発売(サンスポ)

地上に舞い降りたフカキョンエンジェル。こんなキュートな天使、現れないかな!?
女優、深田恭子(23)がこのほど、21日公開の主演映画「天使」(宮坂まゆみ監督)と連動した写真集「深田恭子meets天使」(祥伝社、2940円)を発売した。映画で演じた天使の衣装で被写体に収まった、撮り下ろしショットが満載だ。ほかにも、キッチンルックやブリティッシュなワイルドスタイル、ボーイッシュなど、七変化で魅了。また、映画の名場面やオフショットも掲載されている。
深田は「映画本編を見ても、写真集を見ても、みんな天使の格好をしたくなるんじゃないかな。それぞれ違った雰囲気の天使が出来上がったので、そこを見て」とPRしている

◇深キョン「天使コスプレ」ブームを予言(スポニチ)

女優の深田恭子(23)が主演映画「天使」の公開(21日)に先駆け発売した写真集「meets 天使」(祥伝社)で、天使姿のコスプレに挑んでいる。映画「下妻物語」でロリータファッションブームを起こした仕掛け人の深キョンは「みんな天使の格好をしたくなるんじゃないかな」と自信たっぷり。今年は天使ファッションを流行させる狙いだ。 
[ 2006年01月14日付 紙面記事 ]

独自路線を突き進む“深キョン”こと深田恭子ちゃん。2004年に公開された映画『下妻物語』を機に、ロリータファッションブームの火付け役となり、今なお、ロリータコスプレ、ゴスロリをやらせたら芸能界一。やや舌足らずな“お子ちゃま系”の喋り方と、おっとりとした“妹系”のキャラで男女共に人気。
今回は天使のコスプレ。1月21日から劇場公開の主演映画天使』と連動して写真集を発売するというメディアミックス。

元々コスプレ系は性に合っているのか、2003年にデザイナー桂由美の春夏パリコレにウェディングドレスのモデルとして舞台に上がったことも。

最近は2005年の主演ドラマ『富豪刑事』で好視聴率を獲得し、今年の4月にも続編が放送予定。
人気・実力とも、女優として着実にステップアップしている。

ま、バラエティでは口数が少なくなってしまうのは相変らずだけど(笑)…て、いうか最近のバラエティ番組の出演は『新堂本兄弟』ぐらいで、その他は出演を控えている感じがするけど、正直その方がいいでしょうな(笑)

なにはともあれ、フカキョンマニアの方々にとっては、この『天使』のコスプレ姿は萌え~!!なんでしょうな。
ただ『天使』のコスプレ(ファッション)がブームになるかどうかは正直微妙なところ。深キョン自身は「みんな天使の格好がしたくなるんじゃないかな」とかなり自信のようですが、、、まぁ、コアなコスプレファンなら真っ先に飛びつくのでしょうけどね。

果たして『下妻物語』に続き“二匹目のドジョウ”になるかどうか…?

◇夏川純 ボウリング女神(報知)
 
ボウリング・マスメディア大賞を受賞した夏川純   
人気急上昇中のアイドル・夏川純(22)がボウリングのイメージアップに貢献した人に贈られる「ボウリング・マスメディア大賞」のグランプリに選ばれ13日、都内での表彰式に出席した。
夏川が昨年2月に発売したDVD「コスプレ・スター★ボーリング」でさまざまな衣装でボウリングに挑戦したのが評価された。夏川は「ベストスコアは95なので、100を出せるようにまた頑張りたい。ボウリングデートはしたことがないけど、楽しそうですよね」と笑顔を見せていた。

熊田曜子ちゃん、安田美沙子ちゃん、後藤ゆきこちゃんら人気グラドルを多数輩出する【アーティストハウス・ピラミッド】だが、夏川純ちゃんもそのグラドル軍団の一角をなす一人。

02年にグラビアデビュー。キュートなルックス&セクシーバディで人気。グラビアを主戦場として、バラエティ、ドラマ、映画、CMに活躍中だが、最近は特にバラエティ番組の司会やアシスタントで活路を見出している。
デビュー当時からCS(スカパー)の情報番組の司会をこなしてきたキャリアがものを言ったのだろう。それに、頭の回転が速く、トークも上手い。バラエティ適性はピラミッドの中では熊田曜子ちゃんと双璧。
今後としては、今以上にチャンスを与えてもらうか否かだろう。

今回はDVDのコスプレ企画で賞を頂くという、新しいパターン。
ホント、チャンスは何処に転がっているか分かりませんねぇ~。。。

但し、「ボウリングのイメージアップに貢献した」という記事については全くの初耳です…(笑)

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月13日金曜日)更新分。

この日は雑誌のお仕事があり、その後打ち上げが行なわれたそうだが、画像はその時の様子。美女3人が可愛くピースサインをしております☆☆☆
一番左からまゆまゆさん、最近あっちんさんやアヤにャンさんの所属事務所【サムライム】に営業委託している(⇒所属事務所『アクート』)“まいまい”こと沖野麻衣ちゃん(19歳)と、今年成人式を迎えたばかりの前田美奈ちゃん(20歳)と3人揃って写っております。

まゆまゆさんは「二人とも若ぁ~い!!!」と仰っていますが、まゆまゆさんも2人に引けを取らないぐらい若くてカワイイと思いますよ!!!
確かに、タイトルの『年齢は4つ、5つ離れてます。』にもあるとおり、まゆまゆさん(24歳)は2人より4つ、5つ年上ですが、よ~く考えて下さい!!
……「3人とも四捨五入すれば20歳」ですよ!!!!

いつまでも「気持ちは18歳」のままでいて下さいね~~☆☆ 

その打ち上げの席で、いつものように?まゆまゆさんは自分のマネージャーさんにイジられ、しまいには2人のマネージャーさんにもイジられる展開に…。
まゆまゆさんは本質的に“イジられキャラ”なんでしょうね…周りからイジられるのがかなり好きみたいです(笑)

まぁね、可愛い子、好きな人ほどイジわるしたくなるって言うじゃない?
以前まゆまゆさんも「つい好きな人にイジわるしたくなる」と仰っていましたよね…今回もたぶんそうだよ、きっと(笑)

ちなみに、前田美奈ちゃんのブログ『前田美奈ブログ』にもその打ち上げに関する記事がUPされております。
美味そうな料理が沢山並んでいますね~!!

何はともあれ、昨日はお疲れさんでした。。。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(13日)更新分。

2月14日に発売されるDVD付き雑誌『本当にデカップ』に掲載される動画と写真を出版元のバウハウスにてチェックをしている様子。
更には、音声撮りも行なったらしい。
ほぉ~、なるほど。自分が載った雑誌のチェックって、実際このように行なわれているのか。これは写真のネガだね。

こういうシーンはなかなか見られそうで見られないので、今回は貴重なショットですな☆

…まぁ最後は、“食いしん坊”らしく「腹ペコリンだぁο(*´д`*)ο」と食事の事を心配していますが(笑)

とにかく、お仕事お疲れちゃん☆ということで。。。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月10日付け記事(昨日更新分)、1月11日付け記事(今日更新分)。

・1月10日付け記事……画像は、授業中にクラスメイトが教科書に描いてくれたというイラスト。

この教科書を良くみると“犯罪心理学”の文字が…大学では『心理学』の一分野として『犯罪心理学』を習いますが、あくまで高校の授業なので『倫理』か『道徳』の教科書かもしれませんね。
でも、当時私は高校で『倫理』を選択しなかったので、その内容はちょっと良く分かりません。
ただ、大学では『心理学』を一応学びましたので、今でも“ちょびっと”だけ覚えていますが…。

ちなみに、私が高校時代に勉強した社会科の科目は『地理』『日本史』『世界史』、更に浪人時代に勉強した『政治経済』の計4つ。いずれも「4」か「5」を取ったので得意分野でした(笑)

さて、クラスメイトが描いたイラストを良く見ると、これは「あやのん」とふきだしが付いたあっちんさんなのかい!?

でもさぁ、どう見てもこのイラスト…和田アッコさんに似てるよね(笑)
ハ~ヒフ~ヘホ~~♪ 

気の合ったクラスメイトと一緒に授業を受けられるのも、あと一ヶ月足らず。
あっちんさんは毎日学校へ行くのが楽しみにしていらっしゃる様子なので、もうすぐ卒業してしまうのはさぞや残念に思われていることでしょう…。

だからこそ、悔いを残さない為にも、その幸せを噛み締めながら、残り少ない高校生活をエンジョイして下さいな☆★☆★

・1月11日付け記事……この日から、フットサルの合同練習も再開した様子。しかし、久々に練習をしたせいか、筋肉痛になったらしい。

まぁ、こういう時は、少しぬるま湯の長風呂に浸かって、パンパンに張って疲れた筋肉をゆっくりとほぐして下さいな。そうすれは筋肉痛も少しは和らぐことでしょう☆☆☆

画像は、、、いつものように円らな瞳がとってもカワイイ!!! 真っ白なもち肌も特徴的☆☆☆

この物思いに耽る姿は、あっちんさんの新たな魅力かも。。。。

おれんじさんの南葛YJシューターズを応援っ!!のご報告によれば、昨日(13日)更新されたKONANちゃんと大櫛エリカちゃんのブログの記事に、フットサルの練習に関する記述があるとのこと。

『KONAN日記』…「ではフットサルの練習行ってきまぁす」

『大櫛エリカの「海の家」』…「フットサルの練習も終わり、調子のよい今日この頃でごさいます。」

◆2月23日(木)(開場13:00~)に、駒沢オリンピック記念公園・駒沢体育館にて【スフィアリーグ すかいらーくグループシリーズ2ndステージ】が開催されます!!!

チケット発売は2月5日。料金は4,200円(全席指定・税込)※

・・・・頑張れ~!! 南葛YJシューターズ!!!

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(13日)更新分。

昨日は、名古屋のCBCテレビの深夜放送『24金うちあげ』(毎週金曜日 25:10~25:40放送)の収録だったそうな。
司会役の“打ち上げ幹事”が品川庄司、アシスタントがMIEちゃん。毎回三人のアイドルがゲストとして登場する“打ち上げ接待客”の一人として出演したのでしょう。
いつもこの番組は、4階建ての建物で、宮殿のようなお店【Kobekan】錦通店にて撮影が行なわれるそうだ。

詳しい内容は、同番組のHPをご参考に。

…中京地区にお住まいの方々は是非、2月10日のOAをご覧になって下さいませ!!!

昨日の収録お疲れ様でした。。。。

そして同番組終了後は、途中下車し、旅とお出かけ情報誌『るるぶ』をコンビニで購入。ここから今回のアヤにャンさんの名古屋グルメの旅がスタートする。
この様子が毎度お馴染みトラックバック・オーライ(TBA)にて、順次UPされております。

…この『るるぶ』で名古屋のオススメスポットや名物を一通り調べたそうですね。
流石、旅慣れていらっしゃる!!! 過去のTBAの旅の経験が血となり肉となっているのでしょうね☆

さて、まず最初は夜になるまで、名古屋市内の名所を散策。
『TBA』では、【オアシス21】、【名古屋テレビ塔(栄のテレビ塔)】(NHK、CBC、名古屋テレビ、東海テレビ、NHK教育テレビの電波を発信する電波塔)の画像をそれぞれUP。

ちなみに、名古屋にはもう一つ、【中京テレビ塔(八事のテレビ塔)】(中京テレビと愛知テレビを発信する電波塔)があります。

その後は、名古屋名物【味噌カツ】を堪能する為に、『元祖みそかつ丼 叶』(名古屋市中区栄3の4の110)へ。その名の通り、この店は【味噌カツ】の発祥の店。
メニューは、【味噌カツ】に【味噌汁(アサリか豆腐を選択)】が付くだけ。この店は注文を受けてから作り出すので、結構待ち時間が長いそうだ。
【味噌カツ】はカツの上に味噌ダレが掛かっているのではなく、カツが味噌ダレに漬かっている、まるで【みそおでん】のようなカツ。一口大にカットされてとても食べやすいそうだ。
衣と豚肉が一体となった【味噌カツ】の上に掛かっている白身の卵が上手い感じで絡み合い、御飯が一層と進むのでしょうね。

土地勘がないために、この店を見つけるのに一苦労。
ようやく『元祖みそかつ丼 叶』を発見し、即入店するも、ラストオーダーの時間を既に過ぎてしまった。しかしこの店主のおばちゃんのご厚意により、アヤにャンさんは『元祖みそかつ丼』にありつける事が出来たようだ。
これは、決心が固いアヤにャンさんの思い切りの良さと人当たりの良さが功を奏したのでしょうね。その姿をご覧になったおばちゃんもつい優しくしてしまうのでしょうね。

ここの店は撮影禁止で地元では有名。

しかしアヤにャンさん曰く
「撮禁の理由も大納得!!!だって真似されちゃいますもん!!!」
とのこと。なるほどね。秘伝の料理法を他の店で真似をされたら商売あがったりなので、店内は写真厳禁の“企業秘密”にしているのね。

・・・・美味しい『元祖みそかつ丼』と優しいおばちゃんの人柄に、すっかりと魅了されたようだ。
それこそまさに旅の醍醐味ですな☆☆☆

その日は漫画喫茶で一泊。カワイイ“すっぴん姿”に萌え萌え~~~!!!!

翌日、昼近くになると『いば昇』に行き、名古屋名物【ひつまぶし】を食する。その美味しさのあまり、あっという間に完食してしまった。
多少アヤにャン流のアレンジを加えた食べ方をしつつも、【櫃まぶし】独特の3種類の食べ方を堪能。一番美味そうなのは3杯目のお茶漬け…いいなぁ~。。。
この店は、【櫃まぶし】発祥の店として有名『るるぶ』でポイントをしっかりと押さえている。

今回は王道を行く名古屋グルメの旅だったようです。きっと有意義な2日間だったでしょうね。
【味噌カツ】に【ひつまぶし】…本当に美味そうだなぁ~。。。。

いつも思いますが、このアヤにャンさんの積極的な姿勢(決断力・勇気)や行動力は、ホント素晴らしい!!!
やはり、自らの意思(オーディション)で芸能界に飛び込んだだけあります。
…今回も感服いたしました!!!!

私も素直に彼女のチャレンジ精神を見習わないといけないですね。。。

これからもアヤにャンさんは自らの意思でどんどんと未来を切り開くことでしょう。それこそ、今まで誰も足を踏み入れなかった新しいジャンルを“開拓”するような気がします。
アヤにャンさんの未来はとても明るいですゾ!!!!

私は今後もアヤにャンさんから勇気と元気をもらい続けますよ☆☆

おっと!忘れてならない!!……アヤにャンさんの4thDVD『アヤっパイ2』が3月31日に発売されます!!!パチパチパチ!!
今回発売されるのは、昨年11月25日~28日の4日間、自身2度目の沖縄で撮影されたもの。その主な内容は、アヤにャンさんが企画したそうだ。
・・・・とにかく、是非期待しましょう☆☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月13日 (金)

未だに人気が衰えない元祖“癒し系”

◎今日も相変らず芸能ネタは不足がちだが、あえてその中から一つピックアップします。

◇飯島直子、2度目のウエディングドレスでパリコレデビュー(サンスポ)

パリコレ本番と同じウエディングドレス姿で会見した飯島直子。バツイチになってもお似合いだ=東京・南青山
女優、飯島直子(37)が、パリコレデビューすることが18日、東京・南青山の桂由美ブライダルハウスで発表された。桂由美さんのパリコレモデル6代目となり、飯島はバツイチ、37歳とは思えぬフレッシュなウエディングドレス姿を披露。桂さんから「今は2度、3度ウエディングドレスを着る時代」といわれ、飯島も再婚には「遠からず近からずです」と笑みを浮かべた。
元キャンギャル、レースクイーンだった飯島だけに、純白のウエディングドレスは抜群のプロポーションにマッチ。肌はもちろん、横からのぞく美乳も純白という清楚さだ。笑顔で登場してポーズを取ると、会場からはため息がもれた。
飯島が出演するのは、23日(日本時間24日)にパリで開催される「2006YUMI KATSURA 春夏パリ・オートクチュールコレクション」。飯島は、ほかのモデルとともに、ファッションモデルとして初めてキャットウォークを歩く。この日着用したウエディングドレス(ドレス300万円、アクセサリー込みで400万円)のほか、テーマの「紫」を基調としたドレスを着る予定だ。
桂さんの芸能人パリコレモデルとしては、2003年冬の深田恭子(23)から始まり、観月ありさ(29)、吉川ひなの(26)、山田優(21)、石川亜沙美(28)に続いて6代目。30代は初めてだが、桂さんは「出演するドラマを見て、コケティッシュでテーマの紫にぴったりと思った」と、年相応の色香を漂わせつつ、若々しさも兼ね備えた飯島に白羽の矢を立てた理由を説明した。
飯島は平成13年にTUBEの前田亘輝(40)と離婚したバツイチ。報道陣から「一度結婚してますが…」と聞かれた桂さんは、「そういうことはもう気にならない時代では。いまは3度目の(結婚の)方も私のところにいらっしゃる。世の中変わりました。私は42歳で結婚し、恥ずかしくて式もやらなかった。今はウエディングドレスを2度、3度でも着る時代」と隣の飯島を意識してか“再婚のススメ”を説いた。
飯島も次にどんなウエディングドレスを着たいか聞かれ、「こういうドレス。時期? いつでしょう。遠からず近からずです」とはぐらしながらも満面の笑み。また「先生のドレスを着られて光栄です。素敵です。私の年齢でも合う」と照れ笑い。もう一度、花嫁として花を咲かせる日は果たしていつ?

若いねぇ~、直子サン。“直ちゃん”こと飯島直子サンは大ブレークして10年以上経っても未だに輝きを失っていないのには驚きである。上手に年をとっている感じがするステキな“大人の女性”だ。これが、世間の好感度が依然として高い秘訣なのかも。
離婚した後も全く人気が衰えることなく、明るく“ほんわか”とした雰囲気が魅力的な元祖“癒し系”女優&タレントとしても活躍中。離婚してもマイナスにならないどころか、逆にプラスに転じた稀有な存在。
しかも、相変らずのダイナマイトバディを武器にセクシーさも一層と磨きが掛かっている。未だにオジサンには大人気の女性タレント。

F3000のレースクイーンや、カネボウやキリンのキャンペーンガールを務めた後、芸能界入り。
キャンギャルやレースクイーン時代を含め、当初はグラビアで活躍していたが、1991年にドラマデビューしたあとは、女優としての活動にシフト。どんな役柄でもそつなくこなす貴重な存在の女優として活躍中。
同時に、最近こそバラエティはあまり出演しないが、同年スタートした日テレ系の大人気番組『DAISUKI!』のレギュラー出演後はバラエティタレントとしても活躍。さらには、歌手活動も。

しかし何と言っても、95年から出演した缶コーヒー『ジョージア』のCM出演をきっかけに“癒し系”タレント&女優として大ブレークしてからは、各社CMに引っ張りだこになり、現在もなお“CMクイーン”に君臨しつづけているのが特に印象深い。
だからだろうか、グラビアアイドルやレースクイーンの間では、“出世頭”の彼女は常に憧れの対象である。

今回は桂由美さんのパリコレモデル6代目として、ウエディングドレス姿を披露。これだけ、ウエディングドレスが似合う30代の女性はそうはいないだろう。
取材したマスコミ関係者だけでなく、この記事を見たオジサンファンも思わずため息かな?

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月12日木曜日)更新分。

一昨日まで暫く体調を崩していたが、どうやら復活したらしい。画像を見るとすっかり元気そうですネ♪

・・・・とにかく、まゆまゆさんの口から全快宣言が出て、本当に良かったです☆
今は風邪が流行っているので、こじらせると大変ですからね。

今後も体調が優れないなぁと思ったら、十分睡眠をとる事が先決ですよ☆☆
どうかお体ご自愛下さいませ☆☆☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(12日)更新分。

“水商売系(風俗系)”及び高収入アルバイト求人情報誌『Bustier(ビスチェ)』(毎月第1、第3金曜発売)の表紙の撮影だったとか。
雛祭りの日(3月3日金曜日)発売ということで、その撮影では梅の木を片手にアヤにャンさんお気に入りのスカートを身に付け、全体的に春らしい演出を施したそうですね。
3月か…ちょっと気が早いようだけど、これが出版界では常識なんでしょうな。
・・・・とにかく、昨日は撮影お疲れさんでした~!!! 

画像は、今週火曜日(1月10日)に行なわれた『はなわのアゲたい盛り!』の収録後に出演者が並んで撮ったもの。
『佐賀県』で一躍有名になったベース漫談のはなわクンの横でピースサインをしているのはアヤにャンさん☆☆
このワンピース姿もメッチャカワイイなぁ~!!!!萌え~~~!!

ちなみに、画像の一番左が大輪教授、他にもアシスタントで佐藤さやかちゃんが準レギュラー出演している。
そして、その画像の一番右に写っていますが、アヤにャンさんらアイドル6人と同じゲストとしてAV男優の“しみけん”こと清水健さんが出演したそうですね(笑)
何でも、AV業界では、No.1男優の加藤鷹さんに匹敵する有名人だそうで。最近、男優さんは女性に人気らしいですからね。彼の場合もそうなんでしょう。

きっと番組中は“18歳未満の方は禁止”の大人なトークを展開したのでしょう…現に、この番組の第二回(#2)放送分を見てみましたが、、、案の定エロトーク全開でした(笑)
…まぁ、『トラックバック・オーライ(TBA)』のパートⅡの旅で、突然“ギャランドゥ”発言をして周囲をアッと言わせたアヤにャンさんにはお手の物かも???

ちなみに私は勿論!GyaOに登録済みでいつでも視聴可能。後はUPされるのを待つだけ。
アヤにャンさんが出演する回(#5、6、7)は、それぞれ2月3日(金)、2月17日(金)、3月3日(金)の3回にかけて順次更新されるようです。
果たして、アヤにャンさんがどんな発言をするのかとても楽しみです☆★☆

一方、今日は『ドラックバック・オーライ(TBA)』によれば、名古屋でお仕事があるとか…地元テレビ局で収録があるのかな??? 
添付された画像も昨日と同じ、萌え~~!!!なメイドコスプレ姿。

一応、私は札幌にも2店舗ある名古屋名物“幻の手羽先”で有名な『世界のやまちゃん』(居酒屋)『TBA』で紹介しました。実は、まゆまゆさんが先月、約3ヶ月間に渡り月2回名古屋まで通ったという、中京テレビのバラエティ番組『優子がゼッタイ!』のラスト出演を飾る番組収録を終えた後、“お別れ会”を兼ねた打ち上げをする為に連れて行ってもらった店です。
ここは名古屋名物の【手羽先】を扱っている店で一番有名な店(居酒屋)です。名古屋市内に30店舗ありますが、今回は名古屋駅前にあるテイクアウト専門店『世界のやまちゃん・メルサ店』を紹介しました。
この店ならば“幻の手羽先”に加え名古屋名物【みそ串カツ】もテイクアウト用として売っているのですよ!!!
…でもまぁ、、『世界のやまちゃん』なら東京にも9店舗有るじゃん!!と言われると、全くそのとおりなんですけどね(笑)
しかし、本来『やまちゃん』は居酒屋ですし、行く機会がそうそうないと思い、今回ご紹介した次第です☆

・・・・とにかく、その後のご報告を楽しみに待ちましょう。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

私も“ブログ中毒”一歩手前。。。

◎今日ぐらい、「(芸能ネタが)ネタ切れで困ったなぁ」と思った日はありませんでした(苦笑)
その時の為に、取っておいた記事を一つ紹介します。これは、以前も何度か触れたネタでもあります。ついでに雑誌インタビューも引用しました。

◇中川翔子、恋愛したい(報知)
 
タレントの中川翔子(20)が9日、都内で成人式に出席し、晴れ着姿を披露した。昨年はブログを書籍化して3万部を売り上げるなど“ブログの女王”眞鍋かをり(24)に対抗して“ブログプリンセス”として活動。今年は「名前のように、より大きく羽ばたくことができるように。香港映画に出てカンフーアクションにも挑戦したい」と話し、プライベートも「ブルース・リーみたいな男性に出会いたい」と、恋愛成就を願った。

“しょこたん”こと中川翔子ちゃんの晴れ姿。昨年5月5日に20歳を迎え、今年の成人式に臨んだ。
ご存知、月間50万アクセス数を誇るしょこたん☆ブログは大人気ブログ。月間600回更新、一日50回更新したほど“ブログ中毒”な翔子ちゃんだ。この晴れ着姿も勿論ブログ上で披露しております。
元祖“ブログの女王”眞鍋かをり嬢の対抗馬として“新ブログの女王”という呼び名は聞いたことがあるが、この記事にある“ブログプリンセス”という表記は初耳だ。

彼女が「香港映画に出てカンフーアクションにも挑戦したい」語っているのは、ブルース・リーをリスペクトし、香港のカンフー映画好きでもあるから。

他にも、アニヲタ、コミックヲタ、アニソンヲタ、80年代ナツメロヲタ、ゲーヲタ(ファミコンなどレトロゲームヲタでもある)とヲタク度満点な趣味嗜好の持ち主。
そして、ブログにも頻繁に登場する“マミタス”を溺愛する愛猫家。“マミタス ギザカワユス”をいつもブログで連発しております(笑)

しょこたん☆ブログを見れば、彼女の一日が早わかり。彼女の元を訪れた友達もブログに出演する。主な友人に、小明ちゃん、喜屋武ちあきちゃん、金田美香ちゃんらがいる。
プライベートをブログで徹底的にさらけ出す、アイドルの新しい自己アピール&表現方法だ。

某雑誌に掲載されたインタビューの中で、ブログの女王といわれている事に対して?との質問に
「全然、全然。ただ趣味でやっているので、何で見てくれるのかありがとうございます、という感じです。今までどんなに忙しくても更新を欠かした日がないので、また更新数の記録を作って、いつもおもしろくしていたい!」

さらには
「無意識で写メを撮っていますね。いつかやっちゃいそうなのが、友達に送るメールをブログに送っちゃいそう。よく今まで翔子そんな間違いがないなと」
というブログ中毒ぶりを答えている。

実は、ブログは頻繁に更新するのに、メールは「全然しない」とか。理由は「(返事を)返すのがめんどくさい」だそうだ。意外や意外。しまいには「返信は3日後」とのこと(笑)

ちなみに、愛猫“マミタス”の出会いについては
「高校で仲良くなったユウちゃんって子の飼い猫が子供を産んだからもらいました。その子がマミタスの妹を持っていて、その周りの子たちがマミタスの兄弟をみんな持っていて。だからすごい感謝しています。ずっと昔から猫を飼っていたんですけど、初めて女の子の猫(メス猫)を飼いました。ほんと性格が可愛くて、顔も可愛くて、とにかく可愛すぎるんですよ」
「(名前の由来は)『魔法のクリィミーマミ』みたいに、かわいい魔法使いになって欲しかったからです。女の子らしくしたかった。次のモー娘。のオーディションは応募しようと思っています。年ごろがちょうどいいし、受かるに決まってます!ミスマガジンも送ろうかな(笑)」

と熱っぽく“マミタス”に対しての溺愛ぶりを語っております。

2002年ミス週刊少年マガジン(ミスマガジン2002)に選ばれ、その後、グラビア、バラエティ、ドラマ、映画と活躍中。
TBS系『王様のブランチ』のレポーター“ブランコ”の一人としてもお馴染み。最近ではテレビ東京系『アイシード21』では声優に挑戦している。

やはり、去年ブログが話題になってからの活躍ぶりは特に目覚しいものがある。眞鍋かをり嬢と共に昨年ブログを機に大ブレークしたアイドルタレントだ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(1月12日水曜日)×2回更新分。

なにやら緑色のものを食べております。
どうやら【ワカメ】らしい…やたら長いけど、何故細かく刻まなかったのだろうか…?

何でも、彼女は【ワカメ】が好きなんだそうな。しかし、洗ってからそのまま食べるなんて…実にワイルドな食べっぷり(笑)

曰く
「ミネラル②♪ ヒナの黒髪の源かしらぁ~♪」
とのこと。

いうまでもなく、【ワカメ】は体に良いよね。確かに、髪の毛(育毛)にも良いらしいからね。あと、美肌効果もある。美容と健康に効果絶大。
【ワカメ】はカルシウム、カリウム、ヨウ素、ビタミンA、B2、Cなどを含むノンカロリー食品。
便秘予防と同時に、コレステロールや塩分を体外に連れ出す働きがあるので、成人病予防に効果があるとか。

市販されている【ワカメ】は水で洗うと倍以上に増えるから要注意です!! 
コメント欄にもファンの方々が仰っていますが、理研食品(リケン)のふえるワカメちゃんが最もな例(笑)

【ワカメ】で一番有名なのは宮城県や岩手県の三陸海岸沖で採れたもの。【三陸海岸】は複雑に入り組んだ【リアス式海岸】として地理の授業で習いますよね。
日本で一番の生産量を誇る【ワカメ】の養殖の産地。

ちなみに、私は『ワカメ御飯』が好きです(笑) 
小・中学校の学校給食では『茶碗蒸し』『ババロア』『五目御飯』『白身フライ』、そして『ワカメ御飯』が大好きな料理でした。
懐かしいなぁ~。。。

後、【ワカメ】の雌株(めかぶ)である【めかぶ】かな。あのネバネバが良いんだよね。「フコイダン」と呼ばれる成分でガン予防に効果があるらしい。
ざるそばのつゆの中に一緒に入れて食べる『めかぶそば』は最高!!! つるつる~♪♪

・・・・とにかく、くどいようだけど【ワカメ】は刻んで食べましょう(笑)

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・06年1月8日(日)、9日(月)付け記事(昨日更新分)

・1月8日付け記事……画像は、「3センチ大の“ミニチュア版携帯電話”のアクセサリーがついた携帯電話のストラップ」…こう書くと何だかややっこしいな(笑)
携帯ストラップのアクセサリーが、“ミニチュア版の携帯電話”のおもちゃってわけ。確かにカワイイよねぇ~♪♪♪
しかし、随分とリアルに出来ているよね。一瞬、本物の携帯と勘違いして「あっちんさんって携帯沢山持っているんだねぇ~」とつい思ったり…(笑)

それにしても、あっちんさんって色々と集めるのが好きなんだね。
カラーテープ、豚グッズ(モノクロブー)、くまのプーさん等ディズニーグッズ、そして今回のミニチュア携帯のストラップ・・・・収集癖があるのかな???

・1月9日付け記事……この日はご家族で【ウノ(UNO)】をワイワイと楽しんだとか。
懐かしいねぇ~、、、かれこれ【ウノ】は10年以上やっていないなぁ。。。すっかりルールを忘れちゃったよ(笑)

この手のカードゲームはみんなでやると盛り上がるんだよね。お菓子を賭けるのも良いかもしれない…但し、お金を賭けちゃダメよ(笑)

とにかく、相変らず一家団欒で楽しい生活を送っているみたいで、本当に良かったですな…☆
・・・・これからもずっとご家族と仲良く過ごして下さいねっ☆★☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(11日)更新分。

うひょ~~!!なまらめんこい~~っっ!!!
久々となるアヤにャンさんのメイド姿です!!!! 耳に手を当てているのはうさぎさんポーズかな??
可愛すぎ!!!萌え萌え~~!!
これは『アイドル-TV JAPAN』の収録の際に撮ったものだとか。
第一回放送(#1)以来、ゲストとして再び出演したメイドアイドルのもも子ちゃんが色々なメイドコスプレをしたついでに、アヤにャンさんもメイドコスプレをしたらしい…萌え~~☆☆

今年初の収録現場も和気あいあいと進行したようですな☆★
初の男性ゲストも登場するという、『アイドル-TV JAPAN』(初回放送1月18日(水))のOA(#4)を是非、楽しみにしましょう。。。

で……収録後、アヤにャンさんは、何と!!初めて空手に挑戦したとか!!? 
フットサルの次は、武道家デビューを目指しているのですか!?!?・・・・凄すぎるアヤにャンさん…。 私は小学校時代に剣道を2,3年習ったり、あと中学と高校の授業では柔道を習ったりしましたが、空手はやった事がないですねぇ~。。。
でもまぁ、少なくとも護身用にもなりますし、回し蹴りを完全にマスターした暁には、フットサルではキック力(シュート力)がアップしてゴールを量産出来るかもねっ☆☆☆

何だか、完全に文化系から体育会系に変貌を遂げましたね(笑) 去年から今年に掛けてアヤにャンさんの中で意識改革が起こったのでしょうな…非常に頼もしぃ~~!!!

・・・・今後は、お仕事と学業(芸術)とフットサルに加え、空手も是非頑張って下さいね~~っ!!!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ユカいな平田サン その54

◎前回更新されてから、少しコメントを書くのが遅れてしまったので、昨日になって更に二度目の記事が更新されておりました。
改めて、今回は2回分の記事に対するコメントを書かせて頂きます☆

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・06年1月9日(月)付け記事(10日更新分)、11日(水)更新記事。

・1月9日付け記事……平田裕香嬢の日記は、約6年前に事務所HP上で日記を立ち上げてからブログ変更を経て、今日まで至るわけですが、今回はその経緯を改めて振り返っております。
事務所HP内の平田裕香オフィシャルウェブサイトにある過去の日記をチェックしてみると、2000年8月11日に裕香嬢の日記がスタートしておりました。

その全文が以下の通り、、、

Date:2000.8.11
「皆さん今日は。第一号の日記です。これをこつこつ書いていきます。
つたない文章ですが、一生懸命書いております。
今日はフードファイトの撮影で、浴衣を着たんです。橙色でとても可愛いのです。
浴衣とか和服って、背中がしゃんとして気分が良いですよね。なんか和服を着こなせる人って、格好良く見えます。
今年最後の浴衣だったので、少し名残惜しいです。
いつか絶対、着物の似合うおばあさんになってやる!!」

非常に初々しい感じがしますね。
当時裕香嬢は16歳。ちょうど、草なぎ剛クン主演のドラマ『フードファイト』に出演中でしたが、
深田恭子ちゃん演じる田村麻奈美と共にボランティアで孤児院・つくし園で子供の世話をしている浅倉かすみ役を演じました。
…日頃から素晴らしい人柄が評判の裕香嬢は、ああいった世話好きの優しいお姉さん役はハマリ役です!! 

今後はドラマや映画で、看護婦さん、保母さん、介護福祉士などの役で出演して欲しいと思う次第です☆

当初、日記にUPされる過程は、

「日記帳に落書きと共に文字を書き(手書き)、一週間に一度事務所に提出」⇒「マネージャーさんがチェックし、その文章をファックスでHP管理人に送る」⇒「HP管理人がその文章を打ち込み、WEB公開(更新)する」

という流れだったらしい。
当時から拝見させて頂いておりますが、非常に手間が掛かる作業だったのですね。そんな事は知る良しもありませんでした(笑)

やがて、

「日記帳に落書きと共に文字を書き(手書き)」⇒「マネージャーさんが直接私の日記を文章に起こし更新(WEB公開)」

と簡略化され

更には、昨年(2005年)の3月1日にブログ化されてからは

「携帯電話で日記を打ち、メールで送信」⇒「それを事務所の方が目を通した後、文字を打ち込む手間がかからぬよう更新(メールの内容をそのままブログに転送)」

という極めて効率的な過程でブログが更新されるようになったらしい。

そして、ブログ化の後には『題名(タイトル)』というものを毎回設定しなければならなくなった訳だが、その時から裕香嬢自身で『縛り(ルール・取り決め)』を勝手に設定したそうな。
・・・それは「題名(タイトル)は平仮名や片仮名、アルファベット、数字を一切禁止し、《漢字》のみで決める(表記する)」というもの。

しかし、今年からその『縛り』

『~の~』

という形式に変更したそうな。
何でも、裕香嬢が大好きな宮崎駿アニメ作品のタイトルに由来しているとか。
…あ~、そう言われてみればそうだね。宮崎駿作品のタイトルは1979年の『ルパン三世カリオストロの城』(脚本・宮崎氏)及び1984年『風の谷のナウシカ』(原作、脚本・宮崎氏)から2004年『ハウルの動く城』(脚本・宮崎氏)まで全9作品には『~の~』という法則性(共通点)がありますね。

今後も裕香嬢のブログを楽しみに拝読させて頂きます☆彡

ちなみに、今回のタイトルは『本日成人の日』。そして、今回の記事の締めは「新セーヂン×成人の皆さんおめでとうございます◎」というもの。
その名の通り、この日(1月9日)は全国で成人式が華やかに行なわれたそうだが…毎年のように、式典中に周りに迷惑を掛ける“騒動”をやらかす連中が一部で現れますよね。案の定、今年も各地で“出現”したそうな。
…本当にどうしようもないねぇ~、、全く。ただ、他多数の成人を迎えた良識のある方々には、率直に「おめでとう御座います」ですね…☆

・昨日(1月11日)更新記事……数日前から携帯の充電器が使えなくなってしまったらしい。
それで、昨日初めて新宿にある『激安の殿堂《ドン・キーホーテ》』へ足を踏み入れたらしいが、
裕香嬢曰く

「入り口まで来た時は少し躊躇さえ感じました。」

とか。
…なるほど、だから題名(タイトル)が『はじめてのおつかい』だったのか(笑) 
まぁ、店内は入り口から非常にゴチャゴチャしていて、人によっては少し戸惑うかもしれませんね。
いわゆる【圧縮陳列】という、天井から床まで所狭しに並べる商法ですからね。そしてそれは、何処に何があるかハッキリとは分からないので、面白いものを探してみようという“冒険心”が逆に湧いてくる(駆り立てる)のがウリなわけです。
確かに、土日・祝日の店内は大変込み合いますからね。現に、「人の出入りも激しく」と仰っておりますね。
昨日裕香嬢は店の入り口付近から漂う雑踏とした雰囲気に“圧縮”ならぬ“圧倒”されたのでしょうな。私もそうだけど、人込みが嫌いな人ならそう感じてしまうのは無理もないですよ。それに、人の流れに逆らわないと前に進めない状況なら尚更です。
しかし、この日に携帯に充電しないと大変な事になるので、決心が付き入店する。

幸い『ドン・キホーテ』各店とも入り口付近に携帯電話・モバイルツールコーナーが設置してあるので、入店後2,3メートル歩いて直ぐに見つかったようですな。
人の流れに巻き込まれつつも、レジ近くに目的の充電器(AC充電器)を発見し、めでたしめでたし…といったところでしょうな。

『ドン・キホーテ』は、私も度々利用しております。目的は主に日用品ですね。
それから、私のよく行くドンキの「札幌店」(札幌市中央区)北海道土産も売っていて、種類が割りとそろっている上に比較的安く手に入るので、特に修学旅行生が御用達の店でもあります。
これらについては以前に何度か書きましたよね。
そこには、【とうきびチョコ】(ホリ)夕張メロンドロップス富良野ラベンダードロップス】(共にサクマ製菓)、【ご当地キティ】、【ご当地ドラえもん】、【ご当地ラスカル】など有名な北海道限定土産から、【トドカレー】【熊カレー】というキワモノ土産まで売っているんですよ(笑)

他にも「平岡店」(札幌市清田区平岡)に行った際は、卵やチーズなど食料品が安いのでよく買っております。

品揃えもそうだけど、夜遅くまでやっているのが非常に有り難い。今回裕香嬢が行った「新宿店」は24時間営業ですからね。
但し、近隣住民にとっては迷惑かもしれませんが…。

・・・・今回は、結構勇気が必要なお買い物だったかもしれませんが、今回の貴重な経験により次回からは少しは行きやすくなったのでは…?
決してドンキの回し者ではありませんが(笑)気が向いたら再び行ってみて下さいな☆☆

※遅れ馳せながら今回もトラックバックします。引き続き、舞台稽古頑張って下さいね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

見ていて不思議な感じがした『西遊記』

◎最近、疲れて頭が働かない…文章を書くペースが格段に落ちている。
本来なら、書かなければならないことがまたあるのに、先送りしている状態。
なので、今日は早めに寝たいと思います。
まず初めはいつものように芸能ネタから。

◇「西遊記」視聴率、フジ史上4位発進(スポニチ)  

9日にスタートしたフジテレビの連続ドラマ「西遊記」(月曜後9・00)の初回平均視聴率が29・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録したことが10日、分かった。連ドラの初回視聴率としては、同局史上4位となる好発進。ベスト3は01年「HERO」(33・4%)、97年「Love Generation」(31・3%)、96年「ロングバケーション」(30・6%)といずれも木村拓哉(33)主演の作品となっている。瞬間最高視聴率は午後10時すぎの33・9%だった。
孫悟空役で主演の香取慎吾(28)は「太りました。その3キロを減らすために、より激しいアクションに挑戦し、より新しいチャレンジをしていきたい。新しいチャレンジは作り手がいて、見る側がいて初めて成立するもの。みんなありがとう!I LOVE ウッキー!」とハイテンション。鈴木吉弘プロデューサーは「結果をありがたく受け止め、期待に応えられるよう頑張っていきます」と語った。
「西遊記」は韓国、シンガポールなど4つの国と地域での同時期放送が確定していたが、さらに中国、マレーシア、タイでも予定。さらにイギリスでの放送も検討されている。
[スポニチ:2006/01/11 17:37] 

一昨日私も見ました。このドラマの序盤は孫悟空役の香取慎吾クン独特のハイテンションと、始まってから直ぐに特別出演のキムタクが慎吾クンと戦う場面など意外なストーリーの展開に、少々違和感と共に不思議な感じがしましたが、終盤になってようやくその雰囲気に慣れてきた。
今回後半に数字が伸びたのも、そのためだろうか。それにしても、こんなに高視聴率だったのは驚きである。「月9」ブランドは未だ健在のようだ。

やはりどうしても、小さい時に再放送で見た『西遊記』と比べてしまう。同作品は、1978年にOAされた、孫悟空役・堺正章、三蔵法師・夏目雅子主演の不朽の名作。最近まで何度も再放送されている。
一昨日見た感じではなかなか面白いとは思うけど、しかし私の中ではこの作品を超える事は出来ないように思う。今回猪八戒役の伊藤淳史クンにもまだしっくりと行っていないし…猪八戒といったら未だに西田敏行サンのイメージが頭にあるからなぁ…。
ある程度は見る側に“慣れ”が必要かも。但し、これはこれでアリだと思う。
ただ、今回新たに始まった『西遊記』のストーリーはオリジナリティにあふれているので、今まで固定化された『西遊記』像を打ち破る可能性は十分にある。私は是非その辺に期待しながら、今後も楽しみに見てみたいと思う。
但し、撮影がなかなか進んでいないみたいなので、フジ側としてはむしろそれが目下最大の懸念材料かも。。。

◇ハロプロが楽天とキックベースチーム結成…加護が主将に(サンスポ)

モーニング娘。らが所属するハロー!プロジェクトが、プロ野球・楽天イーグルスとタッグを組んでキックベースチームを結成することが10日、発表された。3月19日にさいたまスーパーアリーナで行われる「ハロプロスポーツフェスティバル」でそのベールを脱ぎ、一般チームと対戦する。主将に決まったWの加護亜依(17)は「びっくりしています! 自分がキャプテンなんて。これを機にいろんなスポーツに興味がもてそうだし、野球も今まで以上に好きになれそうです!」と大張り切り。フットサルに続き、ハロプロがキックベースの普及に一役買う。
楽天では、3月19日にハロプロと対戦するチームを決める「ハロプロカップ・キックベース大会」の参加チームを、宮城県在住の女子小学生を対象に募集。問い合わせは楽天野球団「キックベース事務局」=TEL022・298・5490へ。

現在芸能界で話題沸騰の女子フットサルの先駆者はハロプロだが、今度はキックベースボールを始めるのか…。
ハロプロは昨年新規参入した、仙台を本拠地に置くプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの“応援歌”を歌うなど、楽天の宣伝部長を買って出ているが、今回もその宣伝活動の一環のようだ。
それと同時に、キックベースボールの普及の旗振り役も務めるようだ。フットサル同様に、今後のキックベースボールの展開が楽しみですな☆

いずれは、フットサルのように、ハロプロがメインとなって芸能人同士のキックベースボール大会も行なわれるかもね。。。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(1月11日水曜日)更新分。

つい先ほど更新された記事。

ここ数日間体調を崩しがちのようで、今朝起きた時も頭痛で頭がガンガンしたそうだ。
…どうやら風邪気味のようですね。今風邪が流行っているようですが…。

画像の眠っている姿は可愛いのですが、ホント、いち早く治して下さいよ!!

これ以上ひどくならないように、栄養をしっかりとって、今夜はぐっすりとお休み下さいね。。。

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・昨日(10日)更新分。

スワロフスキーのラインストーンなどでデコレーションした《SONY》の【MDウォークマン】が写っております。
【CHIARA】(「SHIBUYA 109」にあるアクセサリーショップ)で、デコレーション電話(デコ電)で有名な店だとか。

これは非売品なはずだが、《So-net》のスタッフの方から頂いたものらしい。
《So-net》は《SONY》の関連会社(子会社)だからね。その関係もあってか《So-net blog》ではキャンペーンとしてこの【MDウォークマン】をプレゼントするようだ。
方法としては、このサイトへトラックバックすれば良いとか。

女性はこの手のアクセサリーが沢山施しているものを多く好む傾向があるよね。
ウチの姉も好きだった言ってたし。

確かにこれは宝石のようにキラキラとして綺麗だよね。
ピンク色の【MDウォークマン】ということもあり、「かわいい~」を連発したくなるのでしょうね(笑)
きっと、持っているだけで幸せな気分になるのでしょうな☆

先の【CHIARA】は自分でデザインしたオリジナルのものを作ってもらうことも出来るそうですな。
「手間が省ける」とか言っているけど、アンナちゃんは自分で作りたいというタイプではないみたいだね(笑)

ちょっと関係ない話だけど、ウチの姉の携帯着メロが最近になってレミオロメンの『粉雪』に変わってました…やはり1リットルの涙。の影響らしい(笑)

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・今日(11日)更新分。

暫く風邪で体調を崩していたそうだが、だいぶ良くなったとの事。

画像は、目の錯覚でそれぞれ模様の中心が動いて見えるというもの。あまり見すぎると目が回りそうですが(笑)
実際は動いてはいないのに実に不思議な現象ですな☆

さて、文章の中心は9日に行なわれたライブの様子。
当日は成人の日の休日だったせいか、ライブ会場である原宿ルイードまでの道のりは大変込んでいて、道を通るにも一苦労だったとか。

で、彼女は持ち歌を含む3曲を熱唱。今年の“初歌”の披露が出来てとても満足げのようだ☆

その後、『大喜利コーナー』では、与えられたお題を“りっちゃん”なりに答えていく。
「最終的にはみんなが『大喜利』ではなく告知になっていた」というオチは何となく分かる気がする…いわば職業病のようなものですな(笑)
ただ、それは、芸能界では大切な自己アピールでもあるので、とても良いことではあります☆

この日は体調不良のため早めに帰宅したそうですが、今後も出来るだけ睡眠と栄養を摂って、完全に風邪を治して下さいね…☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(12日)更新分。

最近、グルメな食生活を送っているアヤにャンさん。
この日の昼のランチはお寿司だったとか…お昼から何て豪華なんでしょう!!!
いいなぁ~。。。

画像は『手鞠御膳』と思しきものを紹介している姿。
カワイイ~~!!!! 仕事前というのもあり、既に“アイドルモード”に入っているアヤにャンさんの姿はホント素敵ですな☆★☆
今年初めてなまら可愛いアヤにャンさんの姿を拝見しましたよ…!!!

『手鞠御膳』は見るからに種類が多そうなのが良いよね。一つ一つの料理の量は少ないかもしれないけど、色々な味が楽しめるほうが、何だか得した気分になる。
上品の和食というのも良い。アヤにャンさんが仰るとおり、ヘルシーなメニューの内容からして、いかにも女性(特にOLや主婦に)受けしそうですな☆
私は数種類の物を沢山食べるより、出来るだけ多くの味を試してみたい性質なので、この手の料理は好きです☆★
ダシが利いてる茶碗蒸しは大好きなので、さぞや美味しかったことでしょう…ジュルリ

夕方からお仕事だったらしい。昨日行なわれたフットサルの練習は残念ながら欠席したようだ。
改めて、今週末の練習に今年初参加するのでしょうね。

そのお仕事とは無料パソコンテレビGyaOで放送されているバラエティ番組『はなわのアゲたい盛り!』の番組収録だとか。
今回の日記は最中に更新されたものらしい。
・・・お仕事ご苦労様です!!! はなわさんが司会を務め、あるテーマにのっとり、ゲストのアイドルを介して色々と検証する番組のようだ。

1月20日(金)に今回出演した放送分(#4)が更新されるようなので、実際に見てみましょう!!!!楽しみぃ~~~☆☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

今回の運命的な『東宝シンデレラ』の選出

◎今朝の札幌は上空に入り込んだ寒気の影響により、最低気温が-10.1℃と、札幌では今年3回目の-10度以下となった。
また、日中の最高気温も-4.0℃で相変らず“真冬日”。但し、雪は殆ど降らなかったので、朝から「雪はね(雪かき)」の必要がなく、比較的穏やかな一日だった。
しかし今晩から明朝にかけて再び大雪が降るらしい…かなり憂鬱…orz

・・・・さて、それではまず、いつもの芸能ネタから。

◇長澤まさみのソックリさん!?東宝シンデレラに黒瀬真奈美さん(サンスポ)

新シンデレラに輝いた黒瀬真奈美さん(左)と長澤まさみ。姉妹といってもいいぐらい似ている?!=東京・有楽町(撮影・高橋朋彦)
沢口靖子(40)や長澤まさみ(18)ら人気女優を輩出した「第6回東宝シンデレラ」オーディション決選大会が9日、都内で開かれ、香川県の中学2年、黒瀬真奈美さん(14)が、応募総数3万7443人の頂点に立った。黒瀬さんは、今秋に公開される予定の長澤主演映画「ラフ」でデビューが決まっており、「皆さんに親しまれる女優になりたい」と抱負。プレゼンターとして駆けつけた長澤も、「一緒に頑張りましょう!!」とエールを送った。
6代目シンデレラの名前が呼ばれた瞬間、黒瀬さんは、キョトンとした表情で、何が起こったのか理解できない様子。だが、プレゼンターとして登場した前回覇者で憧れの長澤から“シンデレラの証”であるガラスの靴を手渡されると、一気に顔をほころばせた。
21世紀初となるの東宝シンデレラオーディション。昭和59年に第1回が開催されて以来過去最高の3万7443人が応募し、この日の決選大会には15人が進出。自己PRや演技、プロポーション(水着)審査の結果、身長1メートル62、スラリと伸びた美脚の持ち主で、ルックスも長澤似の黒瀬さんが栄冠を射止めた。
黒瀬さんは中学ではバドミントン部に所属、長距離走が得意というスポーツ派。その一方で、美術部に所属していたこともあり、学園ドラマのヒロインを地でいくような美少女だ。
この日のデキを「80点ぐらい」とまずまずの自己採点だったが、選考は再投票で決まるなどかなりの混戦模様。最終的には「予選を含めトータルアベレージが高く、東宝シンデレラにふさわしい“清潔感”がある」(審査関係者)という点が決め手となった。
今後は、3月にクランクンインする長澤主演の映画「ラフ」(今秋公開予定)でのデビューが決まっているなど、所属となる東宝芸能では長澤に続く金の卵を大きく孵化させるため万全の体制でサポートする。本人もそれに応えるべく「皆さんから親しんでもらえる女優になりたいです」と大きな瞳を輝かせた。
一方、“21世紀のシンデレラ”の誕生を見守った長澤は、顔立ちが似ている黒瀬さんに、「自分が受けた時に似ているなって勝手に思っていました」と不思議な縁を感じた様子。エントリーナンバーも同じ「4」。「幸せの4だなって思いました」と笑顔を見せた。
先輩として引っ張る立場になるが、「私は受かった時何もしゃべれなかった。彼女はしっかりしているし、期待できますね」と太鼓判。「環境が一変するけど自分を見失わないように、1日1日を大切にしていってほしい。(映画を)一緒に頑張りましょう」とエールを送った。
★審査員特別賞に増元裕子さん、池澤彩野花=あやか=さん
黒瀬さんには賞金として100万円が贈呈された。また、審査員特別賞には和歌山県出身の小学6年生、増元裕子さん(12)と東京都出身の中学2年生、池澤彩野花=あやか=さん(14)が選ばれ、賞金として30万円が贈られた。グランプリの黒瀬さん、増元さん、池澤さんは東宝芸能所属となり、活動していく。

・歴代東宝シンデレラ
回  年  シンデレラ   特別賞    応 募 数 
1 S59  沢口 靖子  該当者なし        
2 S62  小高 恵美  水野 真紀  3万1653
3 H 3  今村 恵子  大沢さやか  3万6161
4 H 8 野波 麻帆  田中 美里  3万7037
                           山本 麻生 3万4281
5 H12  長澤まさみ  大塚ちひろ  3万5153

◇東宝シンデレラに“まさみ似”黒瀬さん(スポニチ)  

「第6回東宝シンデレラオーディション」でグランプリに選ばれ長澤まさみ(右)に祝福される黒瀬真奈美さん
沢口靖子(40)、長澤まさみ(18)らを輩出した「第6回東宝シンデレラオーディション」の決選大会が9日、都内で行われ、香川県在住の中学2年生・黒瀬真奈美さん(14)がグランプリに輝いた。前回(00年)シンデレラに選ばれた長澤によく似た清純派。長澤からガラスの靴を贈られ「あこがれのまさみさんに頂けてうれしい」と初々しい笑顔を見せた。
長澤の大ブレークも手伝い、過去最多となる3万7443人の応募者の中からシンデレラに選ばれた黒瀬さん。名前が呼ばれても信じられない様子できょとんとしていたが、あこがれの長澤からガラスの靴を贈られると、うれしそうにほほ笑んだ。
長澤と並ぶと姉妹に見えるほどで、長澤は「オーディションを受けた時の自分に似てる」と絶賛。長澤もオーディション時に黒瀬さんと同じくエントリーナンバーが4だったそうで「やっぱり幸せの4だなと思った」と笑顔を見せた。
高松市内の公立中学にに通い、バドミントン部と美術部に所属する2年生。賞金100万円の使い道について「父と母の疲れを取るのに使ってほしい」と話すしっかり者で、長澤も「こんなにしっかりしている子ならこれから先もすごく期待できますね」と太鼓判を押した。
グランプリ受賞者は、長澤が主演する映画「ラフ」(監督大谷健太郎、今秋公開予定)でのデビューが決まっている。3月にクランクイン予定で、黒瀬さんは「役になりきれるように演技の勉強をしていきたい。皆さんから親しまれる女優さんになりたいです」と抱負。長澤は「時間が進むのがとても早いので1日1日を大切に。環境が変わるので自分を見失わないように」と先輩らしくアドバイスし「一緒に良い作品作りをしましょう」とエールを送った。
◆黒瀬 真奈美(くろせ・まなみ)1991年(平3)12月25日、徳島県生まれの14歳。両親と妹の4人家族。今回のオーディションは母親に勧められて応募した。1メートル62。
≪高レベルで審査難航≫審査委員長を務めた東宝の高井英幸社長が「レベルが高く、採決をとりなおした」と明かすほど審査は難航。その結果、シンデレラのほか、審査員特別賞に増元裕子さん(12)と池澤彩野花さん(14)が選ばれた。東宝芸能に所属する高嶋政伸(39)と、第2回(87年)で特別賞を受賞した水野真紀(35)がプレゼンターで登場し、受賞者に副賞や花束を贈呈した。
[スポニチ:2006/01/10 11:13]

過去最多となる3万7443人の応募者の中から見事にグランプリに選ばれた黒瀬真奈美ちゃんはホント、長澤まさみちゃんにソックリだ(笑) 
生き写し、カーボンコピーだなこりゃ。選ばれた時のエントリーナンバーが「4」というのも何かの縁かもしれないね。

現在、バドミントン部と美術部に所属する中学2年生。讃岐うどんや金毘羅神社で有名な四国の香川県出身。
果たして、将来はまさみちゃんのように大ブレークし、映画のタイトルを取れるような女優になれるか乞う期待という事で。。。

「東宝シンデレラ」オーディションは今年で第6回目。
前回(2000年)に当時12歳(小学6年生)だった長澤まさみちゃんが3万5153人の中から見事に栄冠に輝いて以来、6年ぶりに開催された。

今や押しも押されぬ人気女優となった長澤まさみちゃんは、1987年6月3日静岡県磐田市生まれの、現在高校3年生。今年春に高校を卒業予定。
父は元サッカー日本代表MFで、ジュビロ磐田初代監督としてJリーグ(1部)昇格に導いた長澤和明氏。現在は常葉学園橘高サッカー部の監督を務めている
事務所の先輩にはジュビロ磐田で父の指揮下でもプレーした“ゴン中山”こと中山雅史選手の夫人でもある生田智子さんがいる。
その中山雅史生田智子夫妻とは家族ぐるみの付き合いだそうで、その中山・生田夫妻の勧めで東宝シンデレラオーディションに応募し、見事グランプリに。
同年(2000年)映画『クロスファイア』でデビュー。
2004年には『ロボコン』(2003年公開)のヒロインとして、第27回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した。

しかし、何と言っても、一昨年(2004年)に劇場公開されて大ヒットした“セカチュー”こと世界の中心、で愛をさけぶでの熱演ぶりが光る。
白血病に冒され、抗がん剤により髪の毛が抜け落ちてしまい、のち短い一生を終える悲劇のヒロイン・広瀬亜紀役を演じるにあたり、実際に頭をそって挑んだ。
そのプロ意識と演技力の高さが映画界で軒並み高評価を受け、翌年の2005年に行なわれた第28回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞した。 

目下、日本を代表する若手女優にまで成長し、7本のCMに出演中の“CMクイーン”でもある。

また、今年1月からスタートしたNHK大河ドラマ功名が辻にも出演中。

他に、彼女の演技で一番印象に残っているのは、昨年(2005年)1月~3月期にフジテレビ系にて放送された『優しい時間』でヒロイン・皆川梓役かな。
このドラマは、『北の国から』でお馴染みの作家・脚本家で、現在、北海道富良野在住の倉本聰氏が原作・脚本のドラマ。初回放送は18.3%の好視聴率を記録。
その舞台となったのは『北の国から』と同じ富良野。いかにも、富良野に人一倍思い入れがある倉本氏らしいローケーションだ。
主人公の湧井勇吉役を演じるのは、今や名優の域にある寺尾聰さん。 これまた名女優の大竹しのぶさんが演じる妻・湧井めぐみの事故死をキッカケに、世界をまたに駆けるエリート商社マンから、富良野の山奥にある喫茶店『森の時計』オーナーへと転職(脱サラ)したところからこの物語が始まる。
その妻の事故死を招いてしまったのは、他ならぬ、息子である湧井拓郎。演じるのは、ジャニーズの5人組グループ「嵐」のメンバー・二宮和也クン。その後、拓郎は富良野から約50キロ離れた(富良野の隣町で“丘のマチ”として有名な)美瑛町にある窯場「皆空窯」で陶芸家見習いとして修行を始める。
その息子・拓郎と、不器用な父・勇吉とのすれ違いが続く微妙な親子関係を、富良野の大自然を舞台にハートウォーミングに描かれたドラマだった。

その内まさみちゃんは、その『森の時計』で働いている店員で、心に傷を持ち、“リストカット”など自殺未遂を繰り返す繊細でピュアな少女・皆川梓役を好演し、拓郎とのウブで微笑ましい恋愛模様もとても印象的だった。
彼女は、悲劇的で、繊細なタイプの役柄を演じたら非常に上手い。一方で、去年劇場公開された実写版映画『タッチ』のヒロイン浅倉南役のような活発的なタイプの役柄もソツなく演じる万能型の女優だ。
将来は、日本でトップクラスの女優になるだろう。
今後は、今年秋に劇場公開が予定されている、『タッチ』と同じあだち充氏の漫画が原作の実写版映画『ラフ』のヒロイン・二ノ宮 亜美役を演じる予定。

ちなみに、そのドラマで使われた喫茶店『森の時計』は、新富良野プリンスホテル内に現存する。

⇒以前、コメントを下さった『道産子主婦のきままなドライブ日記』さんの昨年7月5日付け記事《(ドラマ「優しい時間」のロケ地 その3 「森の時計」のカウンターに座っちゃいました!!》編より
……一方、今日付けの記事では、そのドラマの舞台となった富良野に店を構え、今や全国的に有名になった洋菓子店【フラノデリス】をご紹介しております。楽天市場でも大人気商品の【牛乳プリン】【ドゥーブルフロマージュ】でお馴染みの店。過去に私も何度かこの店を紹介しましたよね。
しかし、正月に行ったので、あいにく休みだったそうだ…。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(1月10日火曜日)更新分。

つい先ほど更新されました。

今回は、毎週恒例の『週刊!まゆのいちおしグラビア』。今回で第41回目。

先週4日発売の『週刊ヤングサンデー』の表紙を飾っている小松彩夏ちゃん。毎度お馴染みの類家明日香ちゃんと同じ岩手県出身の東北美人。

お嬢様系の容姿と雰囲気に加え、北国の女性らしく、白く透き通ったもち肌がとても印象的。

まゆまゆさん曰く「まつげが長くてくりんとした目でラインが細くてまるでお人形さんみたいな彩夏ちゃん。とっても可愛いです。セクシーとか元気系よりおすまししてるグラビアが彩夏ちゃんらしくて私は好き」とのこと。彼女のお人形さんのような上品な雰囲気にまゆまゆさんはグッときたようだ。

ちなみに、彩夏ちゃんは今年の1月から、TBS系恋するハニカミのレギュラー出演が決定したらしい。今後は各メディアで目にする機会が益々増えそうですな☆

来週の『週刊!まゆのいちおしグラビア』もどうかお楽しみということで…☆☆

ところで、だいぶ体力が回復したようですね。今日もしっかり睡眠をとって、全快して欲しい思います。どうかお大事に。。。。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(1月9日月曜日)更新分。

昨日は(芸能プロダクション『アップヒル・エンタテイメント』主催)FESTA SPECIAL【新春ボーリング大会】のイベントがあり、その後、立食懇親会(ミニパーティー&表彰式)や物販も行なわれたそうだ。
河合ヒナちゃん、同じ事務所の柚南みゆきちゃんの他に、小田あさ美ちゃん、橋本彩ちゃん、かの夏帆ちゃん、小川瀬里奈ちゃん、木嶋のりこちゃん、上原りんちゃん、伊藤えみちゃん、藤井梨花ちゃん、堀井美月ちゃん、そして“アヤにャン”こと金井アヤちゃんも参加したイベント。

そのイベントのプログラムは

12:40~ 受付
13:00~ ボーリング2ゲーム(チーム対抗戦)
ゲーム終了時~16:00 ミニパーティー&表彰式(各事務所蔵出しグッズ販売(物販)もあり)

という流れ。

ボーリング大会では、とても楽しい時間を過ごす事が出来たようだ。
ただ、その後行なわれた物販の時に「ビラ配って宣伝してきなさぃ」ってマネージャーに言われた際に、ヒナちゃん曰く

「ヒナは基本的に人見知りだから、自分から話し掛けるのとかドキ②しちゃってダメなんだぁ(x_x;)しかも、他の女の子目当てで来た人にアピールするのなんて(+Д+ノ)ノ 厚かましくないか?!って思っちゃって×××。案の定、数人にしか声掛けらんなかった」

と、不慣れな状況に悪戦苦闘したらしい。

謙虚で奥ゆかしいといえばそれまでだけど、もうちょっと厚かましくなっても良いと思うよ。
芸能の世界は自己アピールして(がっつき前に出て)ナンボだから。少しぐらいウルサイといわれるぐらいの方が上手くいく。
出演者が多いイベントやバラエティ番組なら尚更で、消極的で大人しいと「ほか多数」という扱いを受けて、周りの雰囲気に埋没してしまう。
テレビの場合、結果的に少ししかカメラに映らなかったというパターンになってしまう。。。

まぁ、この飾らない素朴な所が彼女の良いところなんだけどね。それだけ周りの人のことを良く考えている思いやりがそこにあるのだから。人柄としては非常に素晴らしい。
同じ道産子としては、道産子のイメージアップに繋がるので良いとは思うけど…しかしそれは彼女の将来にとっては良い事ではないかもしれない。
…でも、そうは言ってもなかなか上手くは行かないのが常ですからね。
こんなエラソーな事を言っている私だって、あまり人の事は言えない立場だしね…(苦笑)

ま、“ちょびっと”でも良いから、今後は「目立とう精神」で行きましょう。。。

但し、今回のケースの場合は、コメント欄ではお馴染みとなった顔の広いファンの方々に頼んで“宣伝”してもらうという方法もあるから、今後はそのようにすれば宜しいと思います。
昨日はお疲れちゃんでした彡☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(9日)更新分。

河合ヒナちゃんの記述にも有るとおり、アヤにャンさんは昨日、田町ハイレーンにて行なわれた「FESTA SPECIAL【新春ボーリング大会】」のイベントに出演。

堀井美月ちゃんとコンビを組んで組別対抗戦が繰り広げられたそうだが、
アヤにャンさん曰く「ボーリングのスコアはお年玉に目がくらんで、『……orz』という感じでした」とのこと…いかにもアヤにャンらしいといえばそれまでか(笑) お年玉があれば大好きなお菓子が沢山食べられるぞ!と考えたのかな???

とにかく、他のアイドルやファンの方々と楽しいおしゃべりが出来たようで、とても満足そうですな☆

昨日は大変お疲れちゃんでした。。。

一方、今日は我が南葛YJシューターズの今年初練習があるらしいですね。

おれんじさんの『南葛YJシューターズを応援っ!!』によれば、KONANちゃんのブログ『KONAN日記』「明日は久々に南葛ヤンジャンシューターズフットサルの練習も開始になるしっ」との記述があるとのこと。

KONANちゃんの旧芸名は「虎南有美(こなん・ゆみ)」2001年の【ヤングジャンプ制服コレクション】に選ばれた7人によるユニット【7up!】の一人として活動した
ちなみに、同年のグランプリは宮前るいちゃん、準グランプリは、去年、映画『パッチギ!』やドラマ『1リットルの涙。』で大ブレークした沢尻エリカちゃんが受賞。
また【7up!KONAN虎南有美ちゃん、宮前るいちゃん、沢尻エリカちゃんの他にも、バラエティやグラビア、歌手として活躍中の斉藤未知ちゃんや、アヤにャンさんと同じ仙台出身&1985年生まれで、フットサルチーム【カレッツァ】のメンバーでもあり、昨年末にT.M.R(西川貴教クン)との初ロマンスで話題となった人気グラドルの瀬戸早妃ちゃんなども選ばれている。
更に【入賞】(特別賞)として、翌年の2002年に『ハリケンジャー』でブレイクし、グラビア、歌手、ドラマと多方面で活躍中の長澤奈央ちゃんが受賞。
この2001年は大物を多数輩出する“豊作”の年だった。

アヤにャンさんも今日という日が待ち遠しかったことでしょう。
きっと、今まで練習できなかった分、チームのメンバー同士の練習試合(紅白戦)でもハッスルプレーを見せる奮闘ぶりで、コーチや監督に大いなるアピールした事でしょうね。

但し、お仕事で練習に参加できなかったという場合もありますから、まだハッキリとした事はいえませんが。。。

今日一日、本当にお疲れ様でした~。。。

画像は、一昨日行った箱根か、もしくは『トラックバック・オーライ』でもUPしている雪景色を撮った場所でしょうか。山道の脇に積もっている雪を見た時に、つい感動して撮影したものでしょうね。
とにかく、恐るべき行動力ですな☆☆☆

ちなみに、先ほどその『トラックバック・オーライ』にアヤにャンが再びUPしております。先日その箱根に行った時に立ち寄った「湯本ハイカラ中華『日清亭本店』」のラーメン。ウマソ~~!!!! 塩味の五目ラーメンっぽいね☆★ こういう美味しそうな食べ物を嗅ぎ分ける能力は流石です!!!

今回も自他共に認める“食いしん坊”のアヤにャンさんなのでした。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年1月 9日 (月)

世間的には成人の日なんだねぇ。。。

◎今日は成人の日。しかし、ウチは相変らず朝から雪かきに追われ、成人の日とは全く関係ない一日でした(笑)
早速芸能ネタから。

◇時東ぁみ手売り&握手会…4・1初の単独公演チケット発売記念(サンスポ)

チケットを手売りした時東ぁみ。キュートな晴れ着姿にファンも萌えた=東京・渋谷区のSHIBUYA109
つんく♂秘蔵の“めがねっ娘”ことメガネをかけた萌え系アイドル、時東ぁみ(18)が8日、初の単独公演のチケット発売を記念して、手売り&握手会を都内で行った。
ミスマガジン2005でつんく♂賞を受賞し、昨年12月にミニアルバム「(1)さなぎのバスローブ」で歌手デビュー。4月1日に行うライブの会場は、約2000席の中野サンプラザだが、1000円からの格安に抑えた。「七五三以来」という晴れ着姿で約100人に手売りし、一人ひとりに声を掛けて楽しみながら握手した。
つんく♂が構成するステージに、時東は「空を飛びたい」と抱負。100個以上ものめがねコレクションから「1曲ごとに替えたい」と衣装替えならぬ“めがねチェンジ”でも魅了することを約束した。

どうやら、先月の歌手デビューをきっかけにして、「時東あみ」から「時東ぁみ」の表記に変え、「つんくファミリー」のアイドル歌手としての活動に本腰を入れていくようだ。でも、流石に事務所が違うので「ハロプロ」には入らないだろうが…。
今回のイベントは、4月1日に行なわれるライブのチケットを一人一人手売りした模様。
この辺は、グラビアアイドルとしてイベント(握手会)を多く経験したのでお手のものか。

女子フットサルチーム【ミスマガジン】ではゴレイロ(ゴールキーパー)。大会屈指の“守護神”として好セーブを連発する。
また、現役バスケット部員だった(今年の春に高校を卒業予定)せいか、肩がとても強く、フットサルの試合では度々ロングスローを見せて周りを驚かす。
今月の6日と7日にはフットサルミュージカル『ピヴォ☆ガール』の舞台にも出演した。

以前にも書いたが、それまではグラビアアイドルとしての活動が主だったが、徐々にアイドル歌手にシフトするので、今後はメディアで水着姿になる機会は減るだろう。

彼女の場合、フットサルの試合でも必ず掛けているほど、「めがね」がトレードマークの「メガネっコアイドル」だが、目は全然悪くなく度が入っていない“ダテめがね”である。
「100個以上ものめがねコレクション」とは“ダテめがね”が100個以上持っているということか…そんなに“ダテめがね”を持っている人は彼女ぐらいじゃないの(笑)

◇あずあずご機嫌愛犬自慢…東京・池袋でわんわんイベント出演(サンスポ)

トークショーでパグ犬と戯れる山本梓。自身の愛犬は家でお留守番だった=東京・東池袋
アイドル、山本梓(25)が8日、東京・池袋サンシャイン60展望台で戌年にちなんだイベント「わんわんトークショー」にゲスト出演した。
日本に数十匹しかいないという水かきのついたポーチギーズウォータードッグを飼っているそうで、「メスでプートリー(インドネシア語でお姫様)と名付けました。本能的に水が好きみたいで、散歩させるとすぐ水溜りの中に飛び込んでいくの。お揃いの服を着るのが楽しみなんです」と愛犬家ぶりを披露。今年の目標も「プートリーと写真集やDVDで共演すること」と犬にこだわっていた

“あずあず”こと山本梓ちゃんは、雑誌「Cawaii」の読者モデル出身。
2002年三愛スイムスーツイメージガールを経て、同年忍風戦隊ハリケンジャーの悪役“フラビージョ”としてレギュラー出演した途端、世間の注目を集めるようになる。
最近パターンとなっている、戦隊モノでブレークしたアイドルである。
ちなみに、同じく忍風戦隊ハリケンジャー(“ハリケンブルー役)一躍ブレイクしたアイドルに、長澤奈央ちゃんがいる。
その後グラビアを中心として、ドラマ、映画、バラエティと幅広い活躍を見せている。
バラエティ番組ではアシスタント役として時よりイイ味を見せる。お笑い芸人との絡みも好評で、当然ながらお笑い芸人の間でも人気上位。

特技はクラシックバレエピアノの他、中学時代に千葉県の英語弁論大会で優勝した経験がある英会話
さらには、1997年の第7回全日本国民的美少女コンテストに応募したが、予選落ちした経験も。

昨日始まった、仲間由紀恵ちゃん主演のNHK大河ドラマ『功名が辻』にレギュラー出演するが、一番喜んだのは奈良県に住むお婆ちゃんだったとか。
それは、これまでの深夜ドラマと違い、今回は全国放送なので奈良でも見られるからとのこと。
今までゲストとしてのドラマ出演が多かっただけに、レギュラーとして出演する功名が辻にかける思いは強いらしい。
これから益々活動の幅を広げる事だろう。ただ、グラビアも当分続けるようだ。

記事にも有るとおり、大の愛犬家としても知られ、実際に自宅で飼っているポーチュギーズ・ウォータードッグというプードルの原型種(ポルトガル産の中型犬)の“プートリー”を散歩させる場面をバラエティ番組で披露したことも。

ちなみに、明石家さんまさんの親戚らしい。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月8日日曜日)、今日(9日)×3回更新分。

・昨日行使記事……画像は、(顔の)お肌の潤いを与えるスキンケアクリーム『キオラクリーム』を持っている姿。
後ろ髪を結んで髪型と、お目がクリッとした瞳がカワイイ~~!!!! この、おこちゃまっぽいところがまゆまゆさんの魅力の一つです★☆

まゆまゆさんは乾燥肌らしいので、空気が乾燥した今の季節は特に注意を払わなければならないようだ。
そこで、奮発してこの『キオラクリーム』を購入したらしい。
女性は本当に大変だねぇ。。。

これからも何かと大変だろうけど、お肌のお手入れを出来るだけ毎日行なって下さいね~…☆

・今日更新記事……成人の日の今日は、全国各地で成人式が行なわれている。
長尾家でも、妹の麻未さんが着物姿で式に出席したり、家族で写真を撮影したそうだ。
…おっ!画像は麻未さんの美しい晴れ姿じゃないですか!!!それは非常にめでたいですな☆☆
新成人おめでとう!!!

しかし、まゆまゆさんは体調不良の為に朝から寝込んでしまっているそうだ。
妹さんの記念すべき日に「すっぴんの寝起きで写真とりました」とのこと…ありゃりゃ。。お姉さん大丈夫…?
でも、寝起きを全く感じさせないキュートな姿ですよ☆★

そして、何よりも20歳よりも更に若く見えるので、麻未さんと一緒に成人式に出席しても全く分からないと思いますよ。
但し、生年月日を尋ねられたら、どうにもなりませんが…。

とにかく、今日は一日静養に当てて、体調回復に努めましょう!!

これにより、毎週月曜日にUPされる『まゆのいちおしグラビア』は明日に延期。
どうかお大事に。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(1月8日)更新分。

昨日『ブローネ』のCMを見ていたら、アヤにャンさんが“空き缶アート”にも利用しているポラロイドカメラが映っていたそうな。
どんなカメラだろう…??? 今度注目してみますよ☆

つい3日前に「温泉に行きたい」などと仰っていましたが、いても経ってもいられなかったのか、突然昨日になって箱根湯本へ温泉に浸かりに行ったらしい。

箱根はアクセスが最も便利な近場(関東)のオススメ温泉スポットとして一昨日紹介した温泉地。箱根湯本は東京方面から見て、箱根町の入り口付近にある地域。
画像は、箱根湯本駅構内にて撮影されたもの。温泉に浸かりに来た湯治客が沢山いますね。

本人曰く「思い立ったら即行動しないと気がすみません」とのこと…『思い立ったが吉日』を地で行くお方ですな(笑)
この行動力や積極性たるや、天晴れ!の一言に尽きます!!!! これからも、この素晴らしい姿勢は自らの明るい未来(将来)を切り開く原動力となるでしょう…!!!

昨日温泉に浸かって「とっても気持ち良かったよ~(^o^)」とのこと。箱根は全国でも屈指の名湯(温泉地)なので、行って良かったと思います。
リフレッシュも出来て、これからの芸能活動に益々期待ですな☆★☆

アヤにャンさんは地元・宮城県(仙台)に居た時は、全然温泉に行かなかったらしい。
宮城県にも、奥州三名湯の秋保温泉(あきうおんせん)→仙台の奥座敷】(仙台市太白区)と鳴子温泉(玉造郡鳴子町)に加え、作並温泉(仙台市青葉区)とか遠刈田温泉(とおがったおんせん)(刈田郡蔵王町)など、全国でも名湯で有名な温泉地がありますぞ

いわゆる『灯台下暗し』ですな。そういえば、私も温泉にはあまり行った事がないなぁ~。。。

その内、遠刈田温泉】や【鳴子温泉】は『こけし』で有名な温泉地として全国的に有名・・・・そう!!トラックバック・オーライ(TBA)』のパートⅡで、宮城県人・アヤにャンさんが見せたあの“こけし”姿はここから来ている(由来している)のかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

方言を駆使したほのぼの漫才に注目!

◎今日は朝早くから雪かきに追われて、少々寝不足気味。
今日の芸能ネタもこれといったものがない…今回は以前書きそびれたネタを1つ紹介しましょう。

◇世代問わず受ける正統派漫才コンビ「U字工事」(夕刊フジ)

勢いだけじゃない息の長さ目指す
最近の漫才はやかましいだけでどこが面白いのかわからないと嘆く人も多いなか、久々に登場した“正統派”が、栃木弁ほのぼの漫才コンビ「U字工事(ゆーじこーじ)」がツッコミの福田薫(27)、右がボケの益子卓郎(27)=写真。ツッコまれた益子が自分で自分を殴る「卓ちゃんハンマー」のギャグも人気で、今年は世代を問わずブレークしそうだ。
テンポの速い関西弁の漫才コンビがお笑い界を席巻するなか、ほのぼの系の「U字工事」は、漫才界のナンバーワン決定戦「M-1グランプリ」で03年から3年連続、準決勝にまで進出した実力派だ。
2人は故渡辺美智雄元蔵相を輩出した栃木県立大田原高校でラグビー部に所属。福田が上級生から「ヒマだから、オメー、何かやれや」と言われ益子とコンビを結成。「最初は卓ちゃんの方がツッコミだったけど、『なんでだよ!』しか言わないから、役割を交代したんだべさ」と福田。益子も「それからウケ始めたんだっつ~の」。
当時はコンビ名を「牛タンナポリタン」、「キャッチホン出る出る」などと名乗っていたが、後に消防士になった同級生が「カッケ(格好)いいでえねえの」と「U字工事」と命名。最近、その友人に由来を聞いたが忘れていた。「火消しだから、記憶から消しちまったらしい。近くのU字菅の工事でも見て思いついたんだべ」(益子)。
高3のとき、テレビ朝日系お笑い番組「アヘラ」の素人企画オーディションに受かり、この世界で生きることを決意して上京。一見ヤンキー風だが、レッキとした大学出(桜美林大学卒)で、大学在学中から現在まで「SPM(鈴木製作所)」という会社でマグネシウム研磨のアルバイトを続けているという。
最初は標準語で漫才をしていたが、ライブを見た「浅草キッド」の水道橋博士に「なまりをもっと前面に出す方がいい」と言われ今のスタイルに。昨年1月、テレビ朝日系「虎の門」で大ウケし、注目され始めた。
ライブを見た50代の男性は「最近の若手はルックスと勢いで女性ウケはいいけど、年配者にはちょっと…。その点、U字工事はネタにコガネムシとか懐かしい話題が登場するので、つい笑ってしまう」と語る。
ちなみに、写真で披露している「卓ちゃんハンマー」は、ネタがすべったときに故林家三平のモノマネをするつもりが誤ってコメカミに当たり、意外にいい音が鳴ったのが始まりだとか。
1月13日にテレビ朝日系「虎の門」、3月26日にお笑い総合ライブ「漫才バカ」(文京シビック小ホール)に出演。「バラエティー番組でも活躍したいけど、いつまでも演芸場やライブに出続けられる芸人になりたいっス! 地元にも貢献したいべな」という2人。尊敬する「昭和のいる・こいる」のように息の長い芸人になれるか…。

ZAKZAK 2006/01/05

1998年に結成したU字工事栃木弁を駆使したほのぼの漫才で人気急上昇中のお笑いコンビ。
03年~05年までM-1グランプリ3年連続準決勝進出した実績と実力をもつ。
ここまで栃木弁と愛嬌を売り物にした漫才コンビも最近では珍しい
毒があまりない分、万人ウケのするタイプなのだろうね。

関東の方言って、SMAP・中居正広クン藤沢弁(神奈川弁)のように「~べさ」「~だべ」「~べ」を使う地域が意外に多いんだね。彼らの使う栃木弁もそうだし、茨城弁もそう。
栃木弁は、標準語化した宇都宮など都市部を除き、東北の福島県や宮城県の方言と共通する特徴をたくさん持っているそうだ。

道産子(北海道出身)の私としても、彼らの「~べさ」は北海道弁にも共通していて、とても親近感を覚えるよね。

彼らの一番良い所は、「いつまでも演芸場やライブに出続けられる芸人になりたい」という部分。
芸人にとって演劇場やライブは原点であるはずなのに、ブレイクすると演劇場やライブをやらなくなるばかりか、ネタ自体を作らなくなってしまう。売れてしまうとつい我を見失って、気付いた時は手遅れというパターンが多い。
しかし彼らは、人気が出てきた現在も先をしっかり見据え「初心忘れるべからず」を貫いている、とても賢いタイプだ。
今後益々の躍進を期待したい。

そういえば、同じ栃木出身で栃木弁を話すお笑い芸人といえばつぶやきシロが思い出されるけど、彼の場合は茨城弁を駆使するマジシャンのマギー司郎さんから芸名と芸風をそっくりそのまんま頂いたのだとか。
典型的な一発屋芸人だったが、一体何処へ行っちゃったのだろうか…?

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月7日土曜日)更新分。

近所の映画館でディズニーアニメ『チキン・リトル』を観に行ったそうな。

『チキン・リトル』はとても運の悪い(にわとりの)男の子。町のトラブルメイカーだそうで。
何でも、ディズニー史上、最も“ついていない”主人公らしい。
唯一のとりえが、いつかヒーローになってやるというポジティブな姿勢。

ま、夢を与えるディズニー映画なので、最後は望み通り町のヒーローになり、ハッピーエンドに終わるのでしょうね。

実際にご覧になったまゆまゆさん曰く
「とってもおドジな主役がかわいかった♪♪ 」 「あったかい気持ちになったよ」
と、愛すべき主人公のキャラクターに親近感を?抱き、ラストは感動したようですな。

この映画を観て、また一つ大切な事を感じ取った一日のようです☆☆

ちなみに、昨日行なわれた同じ事務所の類家明日香ちゃんのイベント記事が各新聞に載っています。

⇒「“樽ドル”類家『もっと大人っぽくセクシーに』二十歳の抱負(サンスポ)」
⇒「類家明日香 樽生ボディー(報知)

相変らず、強烈な個性を持つアイドルですね(笑)

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・今日(8日)更新分。

どうやら風邪を引いてしまったらしい。昨日今日は寝込んでしまったとか…あらら、大変でしたね。

明日の休日(成人の日)は今年の初仕事としてライブがあるそうで、それまでに早く改善の方向へ向かって欲しいと思います。

それまで、ごゆっくりと静養なさって下さいな☆
お大事に~~。。。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(7日)、今日(8日)更新分。

昨日、今日と2日間に渡り、イトーヨーカドー店内にある広場の特設ステージにて、一日2回もいつものチームでダンスを披露したらしい。

コメント欄に降臨したヒナちゃんによれば、一応事務所の許可を得ているが、プライベート(趣味)としての活動らしい。
アイドルとダンサーの二束のワラジを履いているようです☆

一枚目はステージの合間の休憩時間、二枚目はステージが終わった後に打ち上げを行なっているときの姿。
ブルボン【プチビット】のチーズケーキ味とホワイト&ストロベリー味、たらみの『ヨーグルト』と美味しそうなお菓子(デザート)ばかりですな☆

とにかく、2日間お疲れさんでした~☆

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日付け記事(今日更新分)。

昨日はマネージャーさんやすぎめぐ”こと杉山めぐみちゃんと鍋を囲んで食事したらしい。
日記で“すぎめぐ”ちゃんの名前が出たのは初めてかも。

何だか、初仕事が終わった後に一緒に食事をしたような雰囲気ですな。お疲れちゃん~☆

今年も一年、一層の飛躍が出来るよう期待しております☆★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その53

◎昨日平田裕香嬢のブログが更新されたので、早速コメントを書かせて頂きますよ☆

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・昨日(1月7日土曜日)更新分。

1月7日の【七草粥】だった昨日、裕香嬢も世間一般の慣習にならい【七草粥】を作って食べたそうな。
裕香嬢にとっては去年も行なったという恒例行事のようだ。

裕香嬢も列挙している【春の七草】とは…

・芹(せり)……芹 セリ科
・薺(なずな)… 薺(ぺんぺん草) アブラナ科
・御形(ごぎょう)…母子草(ははこぐさ) キク科
・繁縷(はこべら)…繁縷(はこべ) ナデシコ科
・仏の座(ほとけのざ)…小鬼田平子(こおにたびらこ) キク科
・菘(すずな)…蕪(かぶ) アブラナ科
・蘿蔔(すずしろ)…大根(だいこん) アブラナ科

おそらくスーパーで売っている“七草粥セット”で作ったのでしょう。ウチもそう。アレはとても便利な代物ですな☆
ウチは一日遅れて、今朝【七草粥】を頂きました。予め七草はさっと湯がいてあく抜きした後に細かく刻み、軽く塩味を効かせたお粥に入れて煮込む。
更にウチでは、【七草】の他に、【胡麻】【シラス干し】を加えて頂きましたよ!!…これがまた美味しかったのよねぇ~!!!
たまにはお粥もいいねぇ~と思いましたよ(^o^)

1月7日に7種の野菜(春の七草)で作った【七草粥】を食べるのは、おせち料理など豪華な料理を食べ過ぎて疲れてしまった胃を休ませたり、冬場に不足がちな栄養素を補う効能がある。
呪術的にも(邪気を払い万病を除く占いとして)【七草粥】を食べて無病息災を願う行事でもある。
不規則で栄養の偏りがちな現代の食生活にあって、極めて理にかなっている行事といえるでしょうね☆

裕香嬢も【七草粥】を食べた去年と今年は体調がとても宜しいようですね☆★
今の時期に風邪を引かないのは、先日購入した空気清浄機と今回の【七草粥】により、ダブルの効果を発揮しているということなんてしょうな(^_^)

ウチでは、毎年ではないものの、昔からこの慣習を行なってきましたよ。
とても素晴らしい慣習だと思いますので、後世に残していって欲しいですな…☆

さて、裕香嬢のご実家のある北海道にいた時は、【七草粥】どころか、オクラや里芋の存在を知らなかったらしい。
その原因とは、単に母上が嫌いなので料理の食材として利用しなかっただけだとか。

でも、北海道では里芋を食べる家庭は本州と比べて多くは無い。
というのは…何てったって、北海道の野菜といえばジャガイモを連想させるぐらい、全国でダントツNo.1を誇るジャガイモの一大産地だからです!!!!
北海道で『芋の煮っ転がし』といえば里芋よりもジャガイモが主流で、煮物系の料理にはジャガイモが必ずと言って良いほど入っているのですよ!!!

しかも、昨夜放送されたTBS『ランク王国』の中で、全国お土産ランキングで1位に輝いたのが、現在生産が追いつかないほどの大人気商品「カルビー『じゃがポックル』(北海道限定発売)」だったほど。
…それだけ、北海道ブランドの一つとしてジャガイモは確固たる地位を築いている訳です☆☆☆

ちなみに、同ランキングで7位だったのが【北菓楼】の『シュークリーム“北の夢ドーム”&“北の夢不思議”』。【北菓楼(きたかろう)】は北海道砂川市(空知地方)に本店がある銘菓の店。他にも、バウムクーヘン“妖精の森”』『はまなすの恋』『北海道開拓おかきが有名。
砂川市国道12号線沿いにお菓子屋さんが立ち並ぶ【砂川スイートロード】など、お菓子のマチとして最近注目されている。この【北菓楼】の他にも、夕張メロンピュアゼリーとうきびチョコお餅のショコラなど銘菓を生み出している【(株)ホリ】も(【北菓楼】の隣に)本店を構えるほど、【砂川スイートロード】は隠れた人気観光スポットとなっている...どうやら、この二つの会社の社長さんは親類同士(同じ『堀グループ』の会社)らしい…。

現在の北海道は、全国的にも名店との評判が高いお菓子屋(お菓子メーカー)さんが群雄割拠している地域。銘菓が次々生み出される下地はここにある。
古くから栄えている松前や函館など道南地域を除いて、たいていの地域が明治時代に開拓で入植されてから約150年と歴史が浅い土地柄なので、道産子は新しいものには抵抗感なく直ぐに飛びつく、、、がその反面、飽きるのも早い…「新物好き(あたらしものずき)」で「熱しやすく冷めやすい」北海道人の気質。
そうなると、各お菓子メーカーが少しでもお客さんの目を引こうと躍起になり、新製品の開発にしのぎを削るので、競争がとても激しくなる。
結果的にその相乗効果として全体的に北海道のお菓子のレベルが上がり、全国でもNo.1を獲得できる人気商品が次々と生まれるというわけ。

良いものを生み出す為には、ライバル同士がしのぎを削り合い、全体的にレベルアップしてこそなのである。

・・・・話がそれましたが、ウチの母も裕香嬢の母上と同じく里芋が好きではないので、ウチでは年に数回しか里芋が食卓に上がらない。しかも、子供の時は殆ど食べた事がなかった(苦笑)
何よりも、皮をむく下準備の段階で、ヌルヌルして手がかゆくなるので母はとても嫌がる。そして、食べた食感も好きではないらしい(^_^;
そんなものだから、私は里芋を食べる習慣があまり無い。最近、里芋を食べたのはお弁当(オードブル)に入っている煮物だったくらい(笑)
しかし、私はジャガイモは勿論の事、里芋が大好きなんですよ。ジャガイモとはまた違ったズルズルッとした食感や味がたまらなく好きなんです。
だから、里芋を食べたがった裕香嬢の気持ちは十分に分かりますよ。

これからは、お互い「里芋は自分で作って自分で食べるもの」だと観念致しましょう。。。。

※今回もトラックバックします。舞台稽古頑張って下さいな☆

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

勘違い発言も時にギャグとなる。

◎今日は全国的に寒い一日。東京都心でも今朝の最低気温が-0.4℃(最高気温6.9℃)と氷点下まで気温が下がった。
一方、ここ札幌の最低気温が-11.4℃(最高気温-1.3℃)と、一日中冷凍庫の中にいるようだった…あ~しばれる~~!!!!

…さてと、今日も早速、芸能ネタから始めましょうか。

◇押尾、格闘家で生き残り!?入魂タトゥーも(夕刊フジ)

サップとK-1対戦説「マジ俺の方が強い」
暮れに女優、矢田亜希子(27)=写真右=とハワイに“婚前旅行”した俳優、押尾学(27)=同左。その衝撃的なアツアツ姿を今週発売の女性セブン誌がキャッチした。というのも、プールサイドで矢田にローションを塗ってもらう押尾の背中と腕にタトゥーとみられる大きな紋様があるからだ。すごみのあるタトゥーに込めた押尾の決意とは…。
押尾の背中には、女性の体に羽がはえた図柄、腕から肩口と腰にも唐草模様のようなタトゥーが。その背中を、矢田が当然のようにローションを塗る様子がグラビアを飾っている。
「ローションを塗っても落ちてないようですから、これは本物でしょう。肘の近くまであると撮影でも分かりますが、今まで見たことがないので比較的最近入れたのでは?」(テレビ誌記者)
芸能リポーターは、こう解説する。
「周囲にマスコミがいるのが分かった上での披露。『俺は芸能界でなくても生きていけるよ』というサインです。押尾は17歳のときに暴走族の関東連合にいたと公言していますし、矢田もそういうのがかっこいいと思うタイプですからウマが合う。ただ、入れ墨があっては押尾が今後俳優業に復活してもテレビ界は二の足を踏むでしょう」
歌手、安室奈美恵(28)が二の腕に刻んだ愛息の名前のタトゥーをファンデーションで消してテレビ出演したことは有名だ。「入れ墨お断り」はサウナだけの話ではないのである。
しかし、そんな窮地の押尾にビックリ仰天の活路が浮上している。
「今年年末のK-1参戦です。昨年は俳優、金子賢(29)がPRIDEに出場して話題になりましたが、押尾にはボブ・サップと対戦という噂があります」(先のリポーター)
押尾自身、「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど、マジ勝負なら俺の方が強い…」と対戦をにおわす発言もしているという。さらに、「押尾は米国でキックボクシングの経験があり、体格(体重80キロ)は金子以上(同73キロ)。ボビー・オロゴン(32)のように相手次第では勝てる」(格闘技雑誌デスク)という指摘もある。
俳優から歌手、そして格闘家-どんな形でも矢田ちゃんを守り通してもらいたいものだ。
ZAKZAK 2006/01/06

いつもマスコミに対して面白いことを言ってくれる押尾クン。勘違い発言をしていると本人は全く気付いていないので余計に笑える。
本気で言っているのか、狙って言っているのかはよく分からないが、どんな事でもオーバーに言うのが生きがいのようだ。

過去には

「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」
「海外は恐くない。だって、俺はスタンダードな人間だから」
「俺の音楽にロックを感じない奴は二度とロックの本質に触れられない」
「『明日があるさ』はとんだ茶番。俺には明後日がある」
「卵にはちょっとこだわってて、8つで268円の“森の卵”を使ってる」
「今でも姉とは英語でしか喋らない」
「日本のロックは聞くに耐えない。モー娘の方がまだ聞ける」
「街を歩くと女はみんな俺を見ている」
「歌ってる俺の姿はめちゃくちゃセクシー」
「目をつぶると俺の顔が浮かんでくる・・・そういう存在でありたい」
「俺に向かって中指立てる奴がいたら「I LOVE YOU」って言い返してやる、俺はそういう奴」
「俺は、犬を見る目がある。今飼ってる犬も俺が選んだから上品な顔になった。」
「ガキの頃、車に轢(ひ)かれたけど、泣かなかった!!」
「俺、南米にサッカー留学してたんですよ」
「サッカーをやっててヨーロッパにサッカー留学もしていたんだ」
「俺、昔、東大受かったんですよ。でも日本の大学なんてウゼーと思って…」
「今好きな人?いない…いや、ひとりだけいる。ブリトニー・スピアーズ」
「オレ、キリスト教なのよ。日本人は恋人たちの夜だと思ってるけど、この日くらいは家族と過ごした方がいいと思う」

などと、ヘタなお笑い芸人よりパンチの効いた発言をしている。そんな彼の事を“神”だとか“お塩大先生”と呼ぶほど、マニアが一部で存在する(らしい)。

他にも、今年の新春時代劇『里見八犬伝』の収録後に、共演したタッキーこと滝沢秀明クンを小馬鹿にするような発言をしたりと、オレ様的な発言を多く聞かれる。
“口だけ大将”の勘違い野郎も、ココまで来ると天才じゃないかと思えてくる(笑)

今回も

「ボブ・サップだかナップザックだか知らないけど、マジ勝負なら俺の方が強い…幼少時代米軍基地で戦ってたから。」

と、相変らず“すっとこどっこいな発言”をしているのにも関わらず、芸能界では大のモテモテ男で有名。ドラマで共演する女優を次々と口説き落とす。
現在交際中の矢田亜希子ちゃんもその一人なんだろう。

何故彼がこんなにモテるのかは世界の七不思議の一つ。

一応、俳優・歌手らしいけどね…言っている事はお笑い芸人(笑)

今回の、格闘家デビュー云々についても、まぁ…いつもの大風呂敷だろうから、まともに取り合う事自体がおかしいって(笑)

今後も奇想天外な彼の発言に注目して参りましょう。。。

◇磯山さやか、香田晋 パチンコ登場(報知)
 

パチンコ台をPRする香田晋と磯山さやか   歌手の香田晋(38)とグラビアアイドルの磯山さやか(22)がキャラクターを務めるパチンコ機「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」のプレス発表会が6日、東京・中央区のニューギン東京ビルで行われた。
香田が岡っ引きに、磯山がセクシー衣装でねずみ小僧に扮(ふん)して活躍する同パチンコ機。大当たりの音楽は書き下ろしで、2人がそれぞれ歌うソロの歌と、デュエット曲の3種類。パチンコと連動して、磯山が出演するVシネマと写真集も発売される。
パチンコ好きで今回の出演も大喜びの香田は「演歌の確率変動と言われるよう頑張ります」。磯山は「水着シーンもあって盛りだくさん。バンバン大当たりしてください」とPRしていた

◇お色気さやか、ただいま参上!…パチンコ新機種発表イベント(サンスポ)

グラビアアイドル、磯山さやか(22)=写真右=と演歌歌手、香田晋(38)=同左=が6日、東京・茅場町のパチンコメーカー、ニューギンの東京ビルで行われたプレス新機種会に登場。新機種「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」をアピールした。
今回がパチンコ初登場の香田は、自身が大のパチンコ好きだけに、「いつか自分の台が出たらいいな思っていた」と夢が実現して感激の様子。一方の磯山は「演技指導もしてくれて香田さんは優しかった」と息の合った撮影風景を振り返った。
同機種では、磯山が女ねずみ小僧役、香田が好敵手の岡っ引き役で出演。お色気タップリの磯山のお宝映像が実写で拝めるほか、大当り中には2人のデュエットなどオリジナルソング3曲も聴ける。全国のホール導入は来月6日から

◇磯山さやか「ねずみ小僧」大展開(スポニチ)

歌手の香田晋(38)とアイドルの磯山さやか(22)がパチンコの新キャラクターに起用され、6日に発表会が行われた。ニューギンの新機種「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」で、登場キャラクターによるビデオ映画、写真集、CDも発売され、業界初のメディアミックスを展開する。磯山は「水着姿も披露しているのでバンバン大当たりしてね!」。香田は「歌で全国をめぐりながら、各地で打てるのが楽しみ」と笑顔でPRした。 
[ 2006年01月07日付 紙面記事 ] 

“いそっち”こと磯山さやかちゃんと演歌歌手の香田晋さんという異色のコンビが、パチンコの新機種「CR女ねずみ小僧ただいま参上!」に登場するキャラクターに起用されたそうだ。
おそらく、2人が準レギュラーとして出演するクイズバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴン2』繋がりかもしれないね。

この新機種は水着シーンも多数登場するので、いそっちファンの方々は血眼になって大当たりに挑むのでしょうな。

今後は、そのキャラクターに扮して、いそっちが出演するビデオ映画(Vシネマ)写真集が、また、大当たりのBGMにも使われる、2人がそれぞれ歌うソロの歌(『“Choo-Choo”Loops(磯山さやか)』、『男一匹オレの道!(香田晋)』)デュエット曲が収録されたCD『きっと明日はいい日』(2月1日発売・コナミ)が、それぞれ発売されるという。

いそっちは、昨年11月16日にグラビア・アイドル専門の“GIRLS RECORD”第3弾アーティストとして、マキシシングル『風のゆくえ/ちいさなせかい』で歌手デビュー。
また昨年12月8日には、同じく“GIRLS RECORD”レーベルでCDデビューした佐藤寛子ちゃんやほしのあきちゃんとユニットを組んで、マキシシングル『Very Merry X'mas/kiss and hugs』をリリースしている。

映画、ドラマ、ゲーム、アニメのキャラクターに扮してCDをリリースしたパターンは今までにあったが、パチンコの場合は業界初だとか。
パチンコ業界は不況知らずなので、今後は続々とこのようなケースが増える事だろう。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日(1月7日土曜日)更新分。

6thDVDのロケ地・タイで食べたと言う『鮭丼』を、料理上手のあっちんさんが当時の記憶を紐解いて再現したそうだ。
画像は、その再現したと言う『鮭丼』。敷き詰めたレタスの上に【鮭】のほぐし身を載せ、白胡麻をかけたもののようだ。
メッチャウマソ~~!!!!  我々道産子(どさんこ)にとっては、小さい時から鮭を食べて育ってきたから大変馴染み深い魚なんだよねぇ~。。。

タイでは北方系の魚である【鮭】は獲れない。おそらく現地で食べた『鮭丼』に入っている【鮭】は日本やロシアから輸入したものだろうね。

【鮭(さけ)】は主に、北海道、東北6県(青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)、新潟県の他、関東では茨城県などで獲れる魚。最近は、アメリカ、カナダ、ロシア、チリ産の輸入モノが増加。
川で生まれ、3年~5年間を海で生活した後、秋になると産卵の為に再び生まれ故郷の川へ戻ってくる(母川回帰)。とても方向感覚に優れたお魚さんだ。
いわば、田舎で生まれ、都会へ出て働き、定年を迎えると生まれ故郷の田舎に戻り、一生を終えるようなもの。
しかし、たまに外国が故郷の“方向音痴”な若い鮭が紛れ込んでくる場合がある。ロシアのアムール川が故郷の時鮭(ときしらず)と鮭児(けいじ)が有名で、北海道では1万本のうち1本の割合でしか獲れない貴重なもの。
トロのように脂が非常に乗っているので、高級魚として知られている。

刺し身によし、煮てもよし、そして焼いてもよし、と何でも御座れのお魚。
卵は、『筋子』と『筋子』をほぐした『いくら』。捨てるところが殆ど無い。

年末には、一匹丸ごと塩漬けした『新巻鮭』が多く出回る。
それを切り身にして焼いた『塩焼き』は最高。お茶付けにすると、ごはんがすすむくん状態(笑)

甘塩(塩辛くない)の鮭は、『バター焼き(鮭を切り身にして軽く塩をしてからバターで)』、小麦粉を付けてフライパン(バターやオリーブオイル)で焼いた『ムニエル』、パン粉を付けて油で揚げた『フライ』はお馴染みの食べ方。

我が北海道では、『石狩鍋』『チャンチャン焼き』が郷土料理として有名。

『石狩鍋(いしかりなべ)』の名の由来は、我が札幌市や石狩市などを流れる石狩川がかつて沢山の鮭が獲れたことに由来する。
色々な野菜と鮭を味噌仕立てのだし汁で煮込んだ郷土料理。地元では頭から内臓、尻尾に至るまで全てぶつ切りにして煮込む。
昆布でダシをとり、酒・砂糖・しょうゆ・味噌で味を調える。
お好みで、酒かすを入れたり、仕上げにバターをのせる。

『チャンチャン焼き』は、今や旅番組では必ずといって良いほど登場する、北海道の郷土料理。
鉄板(家庭ではフライパン)を熱してバターを溶かし、キャベツやキノコ類を敷きつめ、その上に鮭の半身(切り身でも可)を載せて焼き、塩コショウで下味をつける。
焼く時に弱火にしてフタをした方が火が良く通る(蒸し焼き)。
最後に「白味噌、みりん、砂糖」を混ぜ合わせたソースを掛けて仕上げる(2分ほどフタをして焼く)。

東北の宮城県亘理郡亘理町では、鮭のほぐし身といくらを使った『はらこ飯(はらこめし)』が郷土料理として有名。今では仙台名物(宮城県名物)として広く知られている。
⇒『筋子』をほぐして『いくら(はらこ)』にし、鮭の切り身をしょう油とみりんで煮る(下準備)
その鮭を煮た煮汁を炊飯器に入れてお米と一緒に炊(た)く。炊きあがったご飯の上に、先ほど準備した『いくら』と『(煮た)鮭の切り身』、お好みで『海苔(のり)』を上に盛り付けて、ハイ出来上がり!というもの。

・・・・とにかく、あっちんさんなりにアレンジした『鮭丼』を頂いたご家族にはかなりの評判だったそうで、“お嫁さんにしたいアイドルNo.1”にまた一歩近付いたみたいですな☆★☆
タイのロケに行った時に日本食が恋しくなったという事は、辛いタイ料理が合わなかったということかな…?
あっちんさんも日本人なんだねぇ~。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(7日)、今日(8日)更新分。

・昨日更新記事……初めに、「クケクケクケ」というトラックバック・オーライ(TBA)でお馴染みの“たくらみ笑い”をしておりますな(笑)
画像も『TBA』で5日にUPした“こじゃれた”料理。一体いつ食べたのだろうか…? 
最近、益々グルメになったきた感があるアヤにャンさんであります☆

どうやら、一昨日近所の銭湯に行った途端、温泉に行きたい気分が沸々と湧いてきたようだ。
『思い立ったら吉日』を地で行くアヤにャンさんらしいね(笑)

大所帯で行くなら、近場ではまず《箱根温泉(神奈川県)》がベスト。駒ケ岳富士山芦ノ湖などの景色が素晴らしく、交通アクセスも便利。
さらに足を伸ばして、お隣の静岡県・《伊豆》《熱海》の温泉町に行くもの良い。
その他、関東では、
「♪草津良いと~こ 一度~はおいで~ お湯の中にもこ~りゃ~花が咲くよ ちょいなちょいな~♪」の草津節『湯もみ』で有名な群馬県の《草津温泉》
日光の観光巡り鬼怒川のライン下りが楽しめる栃木県の《鬼怒川温泉》などが名湯として知られている。

大学生の春休みは2月から3月一杯までと長いからね。これといった宿題も出ないから、今が一番皆と遊べる時期なのかもしれないね。

とにかく、じっくりとご一考下さいな☆彡

・今日更新記事……つい先ほど更新された記事には、『BOSS』ならぬ『BOZU』と表示された灰皿が写っております。確かに、頭がツルツルの“ボウズ”(笑) 

缶コーヒーの『BOSS』をギャグった『BOZU』の小物(グッズ)。普通にインテリアとして売っているんだね(笑) これは、意外にも有名なオシャレな店で売っているものなんだろうかねぇ~??? 

今回は意表を突いて変なものを見つけてきたから、笑いの瞬発力は十分に発揮したと思うよ☆☆☆ 

次回も是非、店に売っている変な物を見つけて来て下さいな~☆★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 6日 (金)

今日もギリギリ間に合った。。。

◎今日も何とかギリギリで更新できたようです(苦笑)
早速、芸能ネタから。

◇キム兄&えみり 9日に結婚会見(スポニチ)  

交際が明らかになったお笑いタレントで放送作家の木村祐一(42)とタレントの辺見えみり(29)が週明けの9日、都内で記者会見する。双方の所属事務所が明らかにした。2人そろってのもので、近く結婚することを報告する。
交際のきっかけは、04年7月放送の日本テレビの深夜番組「浜ちゃんと!」。プロの料理人顔負けの腕前で知られる木村の手料理を辺見が試食して感激。共演後、意気投合したという。
当時、木村は結婚しており子供もいたが、05年1月にテレビ番組で離婚を発表。その後、辺見との恋をひそかに温めていた。
[スポニチ:2006/01/06 17:37] 

非常にミスマッチな?カップル誕生となりそうだ。お笑いタレントというのは本当にモテるんだねぇ~。。。

でも良く考えると、「共演後に意気投合した」当時、キム兄には妻子がいた訳だから、のち去年1月に離婚した直接的な原因はえみりにあるのだろう。
何だか、不倫の末にえみりが略奪して、今回結婚したようにも見える。

この記事を読めば、一見爽やかな交際の末に今回結婚を発表したかのように思える。しかし、どうやら実情は違うようで「物は言いよう」ということか。

◇俳優イチロー“高打率”27%マーク!(スポニチ)  

大リーグ、マリナーズのイチロー(32)が犯人役で出演し、4日夜に放送されたフジテレビの新春ドラマ「古畑任三郎ファイナル・フェアな殺人者」の平均視聴率が27・0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが5日、分かった。94年4月にスタートした同シリーズ中、堂々の6位。イチローは演技初挑戦ながら、俳優としても高打率をマークした。
イチローが、超人気ドラマシリーズで金字塔を打ち立てた。
同シリーズは94年4月から連続ドラマでスタート。連ドラが3シリーズ、大物ゲストが登場するスペシャルもたびたび放送されてきた異色ミステリー。
本人役で出演したイチローが叩き出した27・0%は、96年3月に山口智子(41)が出演して放送されたスペシャル「しばしのお別れ」(34・4%)や、99年1月放送のSMAPによる「古畑任三郎VSSMAP」(32・3%)など、そうそうたる顔ぶれに次ぐ堂々の6位。これまでのスペシャル計7本の中では3位と、ベスト3入りを果たした。
4日午後9時から放送され、瞬間最高視聴率は29・6%。最初の瞬間最高は同9時50分と52分で、田村正和(62)演じる古畑警部補とイチローの初対決シーン。トレーニング中のイチローを古畑が訪ね、初めて会話する場面で、イチローのクールさが光った。
同10時29分、イチローが誰にも気付かれずに殺人の犯行現場に向かったトリックを古畑らが実験し、確かめるシーンでも瞬間最高を記録した。
シリーズは今回で完結。3日から3夜連続で放送され、3日はベテラン石坂浩二(64)と藤原竜也(23)がゲスト出演し、21・5%を記録していた。
イチローが古畑シリーズの熱心なファンだと聞いたフジテレビが出演を依頼して実現。収録は11月に行われ、イチローはせりふを完全に頭に入れて現場入りするなど、田村が「役者のかがみ」と舌を巻くほどの演技を披露していた。
[スポニチ:2006/01/06 17:36]

私も「古畑任三郎」を観ましたが、イチローが出演した27%の視聴率の2日目は、3夜の中では一番面白かった。
04年に始まった当初は「刑事コロンボのパクリ」などと揶揄されたが、それでも物語がしっかりしているのと豪華ゲストが毎回犯人役として出演した為か、連ドラ3シリーズ、スペシャルともに高視聴率を連発し、好評を博した。
同シリーズの原作・脚本を手がけた三谷幸喜氏は、この作品により名実共に日本を代表する脚本家としての地位を確立した。

Y.M.Cさんのブログ「『緑と青の』ブログ」にも有るとおり、警部補の古畑が沈着冷静のイチローをわなに掛けて動揺させ、最後は犯行を自白させる流れは、とても上手い物語構成だ。

再び「古畑…」が観たみたいのだが…もうこれで最終回なのは非常に残念だ。

◇ホリエモンも!ユニット組んでCD(スポニチ)  

ライブドアの堀江貴文社長(33)がCDデビューすることが5日、分かった。4月ごろに発売を予定している。
関係者によると、昨年末に知人のインディーズバンドのライブイベントに飛び入り参加し、音楽活動に目覚めたという。
知人のインディーズミュージシャンの男性と女性の計3人でユニットを組み、グループ名は「ソテーガイ」。流行語にもなった「想定外」に引っかけている。
デビューCDには3曲が収録される予定で、メーンの曲は「ヒーロー(仮題)」。80年代の歌謡曲に最近の流行を取り入れたポップスだという。ライブドア関係者は「当社がお金を出すことはない」と説明。堀江氏のポケットマネーでインディーズレーベルを設立するという。
[スポニチ:2006/01/06 17:37

プロ野球参入(失敗)、フジテレビ買収(失敗)、公営競馬参入(成功?)、宇宙旅行(08年予定)、の次はCDデビューか。
もう、話題になるなら何でもありって感じだな。要は、ホリエモンは目立ちたがり屋なんだろう。

ユニット名が「ソテーガイ」…コミックソングでも歌うのか?

・・・・何だか馬鹿馬鹿しくなってきたので、この話題はおしまい(笑)

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(1月5日木曜日)、今日(6日)更新分。

・昨日更新記事……昨日は美容院でカラーにするか迷ったらしい。で、結局は黒髪が惜しくて止めてしまったようだが。。。
コメント欄にあるファンの方々の書き込みでは「そのまま(黒髪)が良い」との意見が殆どのようだ。

私は、もし染めるのが惜しいと思うならそのままの方が良いと思う。但し、カラーも似合うとは思うけどね。
髪型は今のまま十分に似合うと思うけど、多少変えるのもありかなとは思う。

今後は色々なバリエーションを考えた方が良いかも。現状では十分に満足出来ていないようだから。
いっそのこと、ウイッグエクステンションを利用するパターンもある。これなら、髪の長さや色を自由自在に変えられる。

やっぱり、最終的にはまゆまゆさんの気持ち一つ次第。
何より、まゆまゆさん本来の可愛らしさは全く変わっていないのだから…慌てずじっくりとよく考えて決めて下さいな☆☆

・今日更新記事……長尾家の愛犬“ラヴィ”ちゃんが写っている。ラブラトールレトリバーのカワイイわんちゃん☆
それにしても、『犬用電気毛布』ってあるんだ(笑) “ラヴィ”ちゃんのお年玉だね。
そんな便利なものがあったら、離れなれないのは当然かも。特に今朝は冷え込んだので尚更でしょう。

むしろ、まゆまゆさんが「遊んでくれない」などと言って、何だか寂しそうだね(笑)
でも、大型犬は適度に散歩させないと運動不足になるので、服などを着せて散歩させれば良いと思いますよ☆

戌年という事で、長尾家では今年の主役になりそうな感じですな☆☆

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・今日(6日)更新分。

久々の更新。お正月を過ごしたご実家のある栃木から帰京したようだ。相変らずキュート&元気な姿を見せておりますが、同時に新作DVD(2ndDVD)『ritchan』のパッケージも“宣伝”しております☆
大人っぽくなった“りっちゃん”に注目だとか。今後も続けてDVDがリリースできると宜しいですネ♪

ご実家では、親戚一堂が集まってワイワイと楽しく過ごしたらしい。いとこの成長の早さに驚きつつも、楽しく遊んだそうな。
お年玉はもらったのかな? それとも20歳過ぎると逆にあげる立場なのだろうか…??

また、ご実家に帰った時にスーパー銭湯(大きなお風呂屋さん)に行ったらしいですね。
『五右衛門風呂』でしかも露天風呂とは、かなり寒そうだけど…帰ったらいつもこの『五右衛門風呂』に入るほど、さぞやお気に入りなんでしょうな。
…銭湯は暫く行って無いなぁ~。。。
今度時間を見つけて行ってみようかな…?

それから、ご実家で飼っている愛犬“城”くんとも再会。
暫く会えなかった分まで、思いっきり遊んであげたらしい。
子供や動物の世話が大好きな彼女は、面倒見の良いお姉さん役を買ってでたのでしょうね☆☆

・・・・とにかく、お帰りなさいまし~!!
これからもお仕事頑張って下さいな…☆

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・昨日(5日)、今日(6日)更新分。

・昨日更新記事……先日、ネイルサロンへ行き、ジュエルネイルなどのネイルアートを施したそうな。
学校は冬休み中…というのもあるのでしょうが、今の高校3年の時期は学校が始まっても授業はあまり無いからね。
早々と進路が決まっている人はいわばパラダイスだから。
一方、大学の一般入試を受ける人はこれからが追い込みであります。

アンナちゃんも既に進路が決まっているせいか、高校最後の冬休みを満喫している様子。

画像は、親指に花やラメのネイルアート(ジュエルネイル)を施したもの。

【ジェルネイル(ジェルネール)】はジェル状の液体を爪にのせ、UVライトを当てて固めて作るものだとか。ジェルを固める前に、スワロフスキーラインストーン、ラメ、リボンや花の3Dなどを埋め込んで装飾する。
仕上がりもよく、簡単に出来て、長持ちするらしい。
アクリル樹脂の素材で出来ていてペタッと爪の上に装着する【スカルプチュア(人工爪)】とはまた違ったネイルアート。

えっ!?メンズネイルも流行っているの?…“ガックン”(Gackt)やT.M.R(西川貴教)などの“ナルちゃん”(ナルシスト)系のアーティストがやってそうだね(笑)

とにかく、アンナちゃんは女の子らしくお洒落を十分に満喫しているようだ。今後も残り少ない冬休みを思い存分お楽しみ下さいな…☆

ちなみに、スワロフスキー社は世界的に有名なオーストリアのクリスタル(水晶・ガラス)ジュエリーブランド。白鳥のマークでお馴染み。約100年の歴史と実績を誇るトップブランド。
スワロフスキークリスタルは精巧なカットと美しい輝きでダイアモンドとも並び称され、クリスタルブランドの最高峰に位置しているとか。
ピアス、リング、ネックレス、ブレスレット、ラインストーンなどのアクセサリー類、時計、置物などがある。

スワロスキーのラインストーンは携帯や鏡など身の回りの小物に装飾するのに利用。

アンナちゃんの同級生でもあるあっちん(吉川綾乃)さんはスワロフスキーラインストーンの愛好家。

・今日更新記事……今朝の最低気温が0.4℃(最高気温4.1℃)と、最近は東京でも寒い日々が続いているようですが、雪が殆ど降らないらしい。
秋田、富山、新潟などの日本海側では大雪に見舞われているのに、この差は一体何なんだろうか(笑)

…雪と言えば、最近、私の頭の中でレミオロメン『粉雪』のサビの部分

♪こな~ゆき ねえ 心まで白く 染められたなら~♪

が頭から離れない(笑) 『粉雪』は昨年10月~12月まで放送されたフジテレビ系ドラマ『1リットルの涙』の挿入歌で、現在もロングヒット中の曲。

【レミオロメン】は2000年に藤巻亮太(ボーカル・ギター)、前田啓介(ベース)、神宮司治(ドラム)の三人で結成されたバンド。作詞作曲は藤巻亮太が手がける
このバンド名は、じゃんけんで勝った順に、藤巻がイギリス出身のロックバンドのレディオヘッドが好きなことから「レ」、神宮司は当時の彼女の名前と自分の名前の頭文字をとって「ミオ」、前田は路面電車が好きなことから「ロメン」と、それぞれ3人が好きな言葉をつなげて作ったそうな。
山梨県笛吹市出身の3人は小、中、高の同級生らしい。

この曲のプロデュースを手がけたのは、MY LITTLE LOVERのメンバー(妻はボーカルのアッコ)で、Mr.Childrenのプロデュースも手がける小林武史氏。
Mr.Children、MY LITTLE LOVER、レミオロメン、Salyuなどが所属する事務所『烏龍舎』の社長でもある。

小林氏のプロデュースした曲って、結構ツボに入る曲ばかりだよねぇ~。。。

・・・・ちょっと話が脱線しましたが、こんな寒い時期なのに突然髪を切ったと告白。
髪を切る際、担当の美容師にもビックリされたらしい…へぇ~、、、まぁ、何だろうねぇ…何となくその場のノリで切ったのでしょうな。物好きだね(笑)
ブログの写真にもあるとおり、アンナちゃんはロングヘアがトレードマークだけど、今回はバッサリと15センチほど切ったそうな。

一体、どんな感じなんだろ…?? 
とても気になるんだけどさぁ、結局はお預けかよぉ~(笑)

いずれ公の場で“ニュー サントス・アンナ”の姿を披露して下さいな☆☆☆

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月4日(水)、5日(木)付け記事(昨日、今日更新分)。

・1月4日付け記事……吉川家の愛犬“ショコラ”ちゃんが写っております。毛が長い品種のロングコートチワワ。めんこいねぇ~!!!
パパさんが大事そうに抱いていますね~☆

見るからに可愛くしょうがないといった感じなんでしょう。吉川家のアイドル、いや、子供のような存在のようです。

これからも、あっちんさんは“ショコラ”ちゃんの親代わりとなって大切に面倒を見て下さいな…☆

・1月5日付け記事……『私の頭の中の消しゴム』のマンガ版(フラワーコミックス 星野正美・著)が写っております。タイトルに有るとおり、このマンガを読んで大感激したそうな。
去年日本で公開された韓国映画の興収新記録を樹立した同名の大ヒット作を漫画化したもの。

『私の頭の中の消しゴム』は、2001年に日本テレビで放送されたドラマ『Pure soul~君が僕を忘れても~』(主演・緒方直人、永作博美)のリメイク版として映画化されたもの。
以前、2回ほどブログで取り上げました。
公式HPをご覧になれば分かると思いますが、2月一杯までは劇場公開される見通し。
東京では…渋谷ジョイシネマ新宿ピカデリー1シネマカノン有楽町シネマロサキネカ大森にて公開中。
あっちんさんも時間があれば観に行って下さいな☆

ちなみに現在発売されているDVDは本編ではなく、舞台裏のメイキング(ドキュメンタリー)

本編がDVD化されるのは、まだ先になりそう。。。

更には、『男たちの大和』も観る予定だとか。何10億もの制作費を掛けた角川映画の大作。
内容は、今から約60年前に太平洋戦争末期を舞台に繰り広げられる戦争映画。
当時世界で一番大きい戦艦大和が沖縄に向かう途中でアメリカ軍の攻撃にあい、激戦の末に撃沈されてしまった悲劇の物語。

あっちんさんは、出演している反町隆史さん、中村獅童さん、仲代達矢さんら俳優陣に注目しているのかな…?

あっちんさんはかなりの映画好きなようで、たいていいつもママさんと一緒に観に行くらしいですね。
『電車男』を観た時はお2人でゲラゲラ笑ったらしい…(笑)

とにかく、残り少ない高校最後の冬休みを思い存分楽しんで下さいな☆☆☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日付け記事(今日更新分)

昨日『マダガスカル』を観たそうな。動物系のアニメで昨年の12月2日からレンタルが始まったらしい。

アニメでは『シュレック』『シュレック2』のシリーズや『シャーク・テイル』を手がけた【ドリームワークス(DreamWorks)】が製作。
【DreamWorks】はスティーブン・スピルバーグら3人が設立した映画スタジオ。

画像はアヤにャンさんがお気に入りの“ペンギンズ”が写っております。アヤにャンさんの激萌えキャラクターらしい(笑)

『マダガスカル』はアヤにャンさんにはかなり笑いのツボにハマる作品らしい。
ニューヨークの動物園から逃げ出した4匹のライオン、シマウマ、キリン、カバ達がアフリカの隣にあるマダガスカル島へ上陸。
なかなか現地の生活に馴染めずに戸惑いつつも、野生動物本来の姿を取り戻そうと奮闘する物語。

踊っている姿は滑稽でもあり、可愛らしくもある。子供から大人まで楽しめるアニメ作品のようだ。

アニヲタのアヤにャンさんを激萌えさせるキャラクターは最近ではあまりなかったのでは…???

とにかく、評判がとても良い作品ですし、チェックに値する作品のようですな☆★☆
ちなみに、日本語着替え版のペンギン隊長は、アンタッチャブルの山崎弘也クンが担当。相方の柴田英嗣クンは新人のペンギン役。
字幕版と聞き比べて観るのも、面白いかもね。。。。

一方、お馴染みトラックバック・オーライ(TBA)では、昨日と今日続けてUPされております。
昨日はこじゃれた料理が写っております。
現在、角(CP)は南国で亀を追っかけているらしい。“竜宮城”に行ったわけではないよね(笑)
撮影のお仕事なのでしょうが、一体どんな内容なのだろうか…???

アヤにャンさんは、何やら角(CP)の留守を狙って、密かに『TBA』のっとろうと『TBブログのっとり計画“2”』を画策しているらしい(笑)
でさ、今まで『TBブログのっとり計画1』なんてあったっけ??? 

なるほど、「アヤにャン」の名の由来はそういうことだったのですか…『カナアヤ』だと『マナカナ』みたいに双子の名前になってしまうので、今の「アヤにャン」がベストだと思います(笑)

子供時代にからかわれていた時に付いたあだ名『ヤァ田舎』は……「かないあや」の逆さ(反対)読みね(笑)
いかにも小学生が思いつきそうなあだ名ですな(爆)
確か、子供のときは野生児だったらしいので、このあだ名が付いたのはそれも原因かもね。。。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月 5日 (木)

“見せ場”作って高評価の初出場組

◎今日もまず芸能ネタから。

◇「紅白初登場組」が視聴率上位(スポニチ)  

華麗なラインダンスを踊り視聴者を“魅了”したゴリエ(中央)
昨年大みそかに放送されたNHK紅白歌合戦の瞬間最高視聴率が50・1%(関東地区)だったことが4日、分かった。2回目の大トリを務めたSMAPが歌い終えた直後だった。スポニチ集計の歌手別2位はゴリエ(年齢未公表)とWaTで47・7%。倖田來未(23)が47・2%で続き初出場組が活躍。中国・上海からの中継で出演した松任谷由実(51)は「吉田対小川」など民放格闘技の好カードと激突したが健闘した。
ゴリエ、WaT、倖田――。いずれも初出場組が大活躍した。
SMAPに次ぐ視聴率を獲得したのは、自らを「色物」と称したゴリエと、デビューから2カ月で大舞台に立ったWaT。ゴリエがパフォーマンスを終え、WaTが登場した午後9時53分台に47・7%を叩き出した。
ゴリエは100人のダンサーを従えて元気いっぱいのダンスを披露。フジテレビのバラエティー「ワンナイR&R」のキャラクターだけに、人文字でフジの「目玉マーク」をつくって度肝を抜き、続けざまに「NHK」の文字を作る粋な演出をみせた。
WaTは「僕のキモチ」のサビ部分でマイクスタンドが倒れるハプニングに見舞われたものの、笑顔で歌唱を続行。好視聴率に「びっくりしてます。無我夢中で歌いました。皆さんの応援のおかげで初めての舞台を最後まで歌えました」と感激のコメントを寄せた。
ゴリエとのお色気対決が注目された倖田も健闘。ロングスカートからお尻が見えそうなホットパンツに変身するなど「エロ格好いい」パフォーマンスを全開。「第47回日本レコード大賞」に続く栄誉に「光栄です」と大喜びしていた。
一方、紅白は番組スタートから終了まで終始、民放に譲ることなく、最高視聴率をキープ。視聴率が下がる傾向にあった演歌だが、ポップスと交互に登場させた演出が功を奏したようだ。
◆紅白歌手別視聴率 ビデオリサーチの視聴率をもとにスポニチが集計。歌手別の数字は、その歌手が歌っている時間帯の中で一番高いものを取り上げた。
[スポニチ:2006/01/05 06:13]


今回の大トリをつとめた国民的スターのスマップが堂々の瞬間最高視聴率1位に輝いた。『トライアングル』は確かに名曲。

私が特に印象に残ったWaTは、2位タイの47・7%と高視聴率だった。あのハプニングは紅白の歴史に名を刻むハプニングだった。

同じく2位のゴリエは、案の定、殆ど歌わず、BGMに合わせリズミカルに踊っていた。記事にもあるとおり、100人のチアリーダーを駆使して「フジテレビの“目玉”のマーク」⇒「アルファベットの“NHK”」⇒「ハート型」とそれぞれ瞬時に3回変形させた。あれはお見事という言葉に尽きる。
紅白という祭典には最もふさわしいショーを見せてもらった。
ただし、あれは歌ではなくあくまで「踊り」である。それに、パンツを何度も見せられたのには閉口…。

3位の47・2%を獲得した倖田來未ちゃんは、確かにロングスカートからお尻が見えそうなホットパンツに変身した場面があったが、思ったほど過激な衣装ではなかった。
むしろ“横乳”が見えそうになったレコード大賞受賞の時の衣装が過激だったのでは? 

とにかく、話題性が十分だった今回の初出場組はどのアーティストも数字を獲ったようだ。初出場組に関しては、NHKの選考が大成功に終わったという事か。

ちなみに、小林幸子さんは紅白名物の「衣装」が有名だが、何度も言うようにあれは「衣装」ではなく「舞台装置」、「大道具」だ。何故なら、かなりの大仕掛けで一人じゃままならないのだからね。どう見ても「衣装を着ている」という感じではない。
過去には「舞台装置」が上手く“作動”せず、“失敗”した経緯がある。今回は上手く“作動”し、“成功”したようだ…めでたしめでたし(笑)

◇レイザーラモンHG、吉本の新春総会に乱入(夕刊フジ)

お笑いタレント、レイザーラモンHG(30)が、2月8日発売の「YOUNG MAN」でCDデビューする。5日、都内で行われた吉本興業グループの新春総会に乱入して明かした。
オリジナルは、70年代末に一世を風靡した米グループ「ビレッジ・ピープル」の「YMCA」で、西城秀樹(50)のカバーでも大ヒット。訳詞も手がけたHGのゲイキャラは、ビレッジ-から影響を受けているだけに、その内容も♪ヤングマン すべての道は ヤングマン 二丁目に通ず-とゲイ臭ぷんぷん。バッチコーイと真っ向勝負。
会場では、HGの乱入に吉本社員も大喜びで歓ゲイし、HGは「私の乱入を許した専務の心意気にフォー」とマイクパフォーマンスで盛り上げた。
一方、HGの相方、RG(31)は、「印税の1%でも回してくれれば家庭が助かる」と必死にすがったが、HGは「セイセイセイ!お前が来ると茶番になる!」と一喝し、「(暮れに)紅白に出なくて良かった。私を出して、さらなるNHKの不祥事になったら困るでしょう」とも。
この日は、新ギャグ「ワッショイ」も披露したが、こちらは浸透するか…。
[夕刊フジ:2006/01/05 17:23]

とうとうCDを出すまでになったか。昨年「フォー!」「ハードゲイ」などの流行語を生み出したお笑い芸人・レイザーラモンHGが、西城秀樹さんの代表曲で、ビレッジ・ピープルの『YMCA』をカバーした『YOUNG MAN』で2月8日にCDデビューするとか。
しかし、HGが訳詞も手がけたといっても、内容が「二丁目に通ず」とかって全然訳詞になってないじゃん(笑) まぁ、“ゲイ”ネタで勝負するのはいつもの“お約束”といったところ。

それから、相方RG救済の為に、あえてRGを同じ総会の席に引っ張り出しては、切り捨てるように一喝したようにも見える。HGは相方思いだからね。

それにしても、新ギャグ「ワッショイ」は面白いのかな?
何だかこの記事の雰囲気からは失敗に終わりそうだが、さて…。

◇切り札満載カードコレクション!二宮歩美(夕刊フジ)

“ニノ”の愛称で人気のグラビアアイドル、二宮歩美(あゆみ)(21)が、オフィシャルカードコレクション「Peach」(さくら堂、8枚入り1パック525円~)でキュートな色気を炸裂させている。
豊乳がこぼれ落ちそうな水着ショットなど、身長155センチ、86・57・85の健康的なボディーを堪能できるカードがいっぱい。撮影で着用したコスチュームの一部が封入され、魅惑のお宝にうっとりだ。
[夕刊フジ:2006/01/05 17:23]

“ニノ”こと二宮歩美(あゆみ)ちゃんはスカパー371ch.『エンタ371』の情報番組『エンタdeパンチ』でもお馴染みのグラビアアイドル。
今回の記事は先月発売となったトレカ『Peach』に関する記事。
彼女のDVDのタイトルは「nino」にのに」「にのさん」「ニノヨン」と非常にユニークで有名。

自慢のルックス&ナイスバディだけでなく、喋りだしたら止まらないマシンガントークが最大のウリ。
言葉巧みにハスキーボイスを駆使し、イベントでは司会要らずのワンマンショーを繰り広げる。実際、彼女のトークを楽しみにイベントに参加するファンの方々も多いらしい。
基本的には、去年ブレークしたほしのあきちゃんと同じ、典型的なバラエティ向きのタイプと見ていいだろう。

今年バラエティでブレークする可能性が十分にあるグラビアアイドルの一人だ。
ちなみに、趣味は読書や詩だけでなく、料理、お菓子作りや裁縫という、見かけによらず?家庭的な一面ももつ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・今日(1月5日木曜日)更新分。

前回のコメント欄に書き込みしたファンの方の報告により、ヒナちゃんが今回改めてブログで告知。
ヤンジャン携帯サイトの『ぷるるん選手権』で先月惜しくも徳川葵ちゃんに僅差で敗れたが、今回からタイトルを『ぷるるんサバイバル』と新たに変え、更に「お正月スペシャル」ということで(過去に2ヶ月勝ち抜いた)ヒナちゃんが見事“敗者復活”を果たしたらしい。

しかし、のほほんとしたタイプなのか、自分で投票しようにもアドレスを知らないらしい(笑)
今まで、同サイトに毎月出続けていながら、全くアドレスを知らなかったんだ…ありゃりゃ(苦笑) 周りに振っておいて、最後はいつものひとりツッコミか(笑)
いつも頼りになるファンの方々にアドレスを教えてもらしましょうよ。。。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・1月3日付け記事(今日更新記事)

画像は、以前にまゆまゆさんのブログにも登場したNINTENDO DSのゲームソフト『脳を鍛える大人のDSトレーニング』が写っております。現在、あっちんさんもハマっているらしい。
東北大学未来科学技術共同センターの川島隆太教授の監修によるゲーム。毎日、最新の脳科学による脳に効果的なトレーニング(習慣化)をすることにより、脳を活性化させて、想像力や記憶力アップを図るというもの。
ちなみに、まゆまゆさんの脳年齢は80歳だった(笑)

あっちんさんは、最初は60歳⇒22歳へとアップしたらしい。40歳も若返るとは恐るべき効果ですな。
タイトルが『難しい』となっているけど、ただ難しいのではなく、効率的に脳をフルに使うので効果が現れやすいのでしょうな。

最近物忘れ(特にカタカナの人名)が激しいので、このゲームで脳を鍛えようかな…?

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・昨日(4日)更新分。

画像はランチに食べたというボンゴレスパゲティ(アサリのパスタ)。なまらウマソ~~!!! 
アサリは良いダシが出るのであまり手を加えなくても美味しく作ることが出来る。 私も大好きなスパゲティ(パスタ)です☆★☆
但し、食べている時にアサリに砂がジャリッと入っていたら、何だか外れた気分でガッカリするけどね(爆)

さて、昨日は初めて地元の銭湯に行ったらしい。体がポカポカと温まったことでしょう。
それで、入り口に掛かっている『ゆ』の暖簾がアヤにャンさんには非常に珍しくて興味が引かれたのか、携帯のカメラで撮ろうとしたが、場所が場所なだけにあえなく断念。
確かに、お風呂屋さんの前でカメラを写そうとしたら“盗撮”で「逮捕される」かもしれないね(笑)
『ゆ』のが描かれた暖簾は、確か【ロフト(Loft)】【東急ハンズ】で売られているはずですよ☆

温泉ねぇ…故郷の宮城県では蔵王の遠刈田温泉とか、仙台の秋保温泉作並温泉鳴子温泉くりこま温泉郷などが有名とか。。。

温泉は温まるだけでなく、体の疲れが取れて、ゆっくりと骨休めすることが出来るからね。
あっ、“お菓子大名”だからむしろ『温泉まんじゅう』の方が興味があるかな(笑)

今後もしアヤにャンさんに温泉レポートのお仕事が舞い込んできたら最高ですな…☆

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ユカいな平田サン その52

◎今回は、いつもの平田裕香嬢のブログチェックに加え、北海道限定ネタ、sabra net strictly】ネタも合わせてお送りします。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・昨日(06年1月4日水曜日)更新分。

正月三が日が終わり、仕事始めを迎えた今日この頃、裕香嬢はどうお過ごしでしょうか…?

去年暮れあたりから、日本列島は今季20年ぶりの厳冬(寒冬)となり、各地で大雪による“雪害”に見舞われました。ホント、今年はしばれるねぇ~。。。
しかし、どうやら裕香嬢はまんざらでもない様子。

まずは序盤の

「この冬はなかなかの厳冬になるようで、朝の東京の空気がピンと張っているのを肌で感じると身を縮こめながらもなんだか嬉しくなってしまいます☆こういう朝はより一層冬の匂いを濃く感じますしね。」

との一文に注目。
裕香嬢は本格的に寒くならないと冬を実感できないのでしょう。心身ともに引き締まるので、厳冬の今季はむしろ自分にとってプラスと考えているようだ。
また、故郷の北海道の冬の寒さを思い出させてくれるので、つい嬉しくなってしまうのだろう。

…それにしても、裕香嬢は季節のワビサビを心得ていらっしゃる…素晴らしい!!!
四季の移り変わりを愛でる心を抱くのは、裕香嬢もやっぱり日本人なんだねぇ~。。。

さて、話は本題へ。
少しおせち料理でも作ろうかと思ってか、母上から【お餅】と【黒豆】を送ってもらったそうな。
…おっ、裕香嬢もおせち料理を作るのか?と家庭的な一面を抱かせつつも、
「ま、結局まともなおせち料理なんて作りませんでしたがねっ!!」
という、開き直りともとれるオチ……お見事(笑)

・・・・そんな事より、正月早々からハプニングが発生か?!
どうやら、その送ってもらったと言う【黒豆】が原因のようだ。

【黒豆】というのは『外皮が黒い大豆=黒大豆』のこと。
砂糖と煮た黒豆の煮物は正月料理(おせち料理)には欠かせない一品。今回、送られてきたのはそのため…だったはず!?
だが、裕香嬢は電子レンジでチンしてそのままパクパクと食べていたようだ、、、ま、別にそれでもいいんですけど(苦笑)

最近では、『黒豆茶』『黒豆ココア』『黒豆豆腐』などが各社で売られているほど、健康ブームの一角を担っている。
黒い皮に含まれるアントシアニン、大豆イソブラボン(ポリフェノール)、植物性たんぱく質や鉄分、ビタミンB1、食物繊維など、美容と健康には絶大な成分豊富に含まれている。
裕香嬢などの若い女性には強い味方。

裕香嬢はお粥を作っている時に、その黒豆も入れて煮込んだらしい。それで、お粥にほんのりと黒く色づき“よさげな感じ”になったそうだ。
しかし、煮込みすぎたのか、黒豆が膨張してあたかも【ゴキブリ】が鍋の中でうごめいているかのように?想像してしまったらしい。
…なるほど、ゴキちゃんが大の苦手のようですね。ま、好きな人は一部のマニアを除いて、殆どいらっしゃらないとは思いますが…。

更には、

「最近は、札幌の繁華街でも突如として(ゴキブリの)姿を見せると耳にしたときはショックを受けました。」

と仰っていますが、【ゴキブリ】は原産が熱帯・亜熱帯で、暖かいところを好む性質のためか、本来なら北海道には【ゴキブリ】はいなかったはず。現に、私も一度も出会ったことがありません。
近所のドラックストアでも、【ゴキブリ】を退治する『コックローチ』や『ごきぶりホイホイ』などの殺虫剤が僅かに置いている店もあれば、全く置いていない店もあるぐらい。
しかし、日本全国からやって来た観光客が知らぬ間にススキノなど〔札幌の繁華街〕に【ゴキブリ】を持ち込んで、そのまま“土着”してしまったのだろう。
それに、北海道ではデパートから車・バス・地下鉄に至るまで、暖房を物凄く効かせるせいか、冬になると室内は何処もとても暑い「南国」に早変わり。
おそらく、全国で一番室内の気温が高い地域だと思います。最近私の周りでも、「北海道は何処も建物の中が暑すぎる!!」と本州の人がビックリするほど(笑)
以前【sabra】のインタビューで、裕香嬢が「(北海道の)家の中では何処も大きな灯油ストーブがあるので、短パン&Tシャツで過ごせるんです」と言っていましたよね。
そんな生活環境の向上により、【ゴキブリ】が北海道でも生息しやすくなった。
ススキノに限らず、新千歳空港周辺や小樽、室蘭などでたまに【ゴキブリ】を見かけるという類の話を聞いたことがあります。

まぁねぇ、裕香嬢が仰るとおり、【ゴキブリ】は昆虫の中で最も歴史が古く、恐竜が生息していた約3億年前から現代まで生き延びてきたほど環境適応能力と生命力に優れた奴らですからね。
そのあまりのしぶとさも、奴らに嫌気が差す原因の一つとなっているのでしょうな(笑)
今後も“ゴキちゃん”と何度も対峙するかもしれませんが、水周り(キッチン)やゴミ箱の周りを常に綺麗にするなどして、日頃からゴキブリ対策を万全になさって下さいな☆☆

タイトルの『黒豆の恐怖』や、『若干トラウマ気味』となっている通り、今回の出来事はかなり衝撃的だったようだ。
確かに、お粥には【黒豆】はあまり合わなそう。。。
そのまま食べるか、他の料理法で【黒豆】を美味しく食べましょう…!!

ちなみに、私は【黒豆】を使った料理では『黒飯』が一番好きです……これって不謹慎かな(笑)
『黒飯(こくはん)』というのは、黒豆と一緒に炊いたもち米の御飯(黒豆おこわ)。お葬式や法事に出される仕出し料理(オードブル、折り詰め料理)の一品として欠かせないもの。
いわば、祝い事に欠かせない(小豆と一緒に炊いた)『赤飯』と真逆のもので、“黒い赤飯”と考えてよい。何よりも、不幸があったときしか食べられないレアなもの(爆)
・・・・で、『黒飯(こくはん)』は北海道限定らしいね…今日調べて、初めて気付いたよ(笑)

道産子の裕香嬢も今までお葬式や法事で『黒飯』を食べた事がある…はず!?

お茶どころの静岡ではお葬式に『茶飯(ちゃめし)』が出るらしい。。。

あと、『赤飯』繋がりで、、、北海道限定では【甘納豆(甘い金時豆)】を入れた『赤飯』が有名。
北海道では何処の家庭も【甘納豆】入りの『赤飯』を炊き、スーパーでも普通の(小豆入りの)『赤飯』と一緒に売られている。
もちろん、その『赤飯』を炊くときは小豆や着色料で色づけをするのだが、仕上げ直前に【甘納豆】を入れる。
更には、北海道で売られている『豆パン』も【甘納豆(甘い金時豆)】が入っている。

これらは、本州の人が見たら誰もがビックリする代物。北海道のコンビニには甘納豆入りの赤飯おにぎりも売っている店もあるよ(笑)

…おそらく裕香嬢も東京のお友達に「何それ~!?」「金時豆かよっ!!」と言われた経験があると思いますよ(笑)

ついでに言うと、北海道の茶碗蒸しには甘い栗(栗の甘露煮)が入っている。。。

昨日、今日と仕事始めの時期でもあるので、そろそろ『デビルマン~不動を待ちながら~』の舞台稽古が再開するのでしょうな。
2月の本番にはベストコンディションで臨んで欲しいと思いますよ!!! ケッパレ~!!

◇今日(1月5日)から2月8日まで、グラビアサイト【sabra net strictly】にて、平田裕香嬢の《フォト(画像)20枚》、画像10枚によるスライドショーの《オフショットシアター》、撮影現場における《インタビュー&メイキング動画》、生ポラ5枚セット1組を1名様にプレゼントする《生ポラプレゼントギャラリー》、3つの大きさの壁紙《アイドルデジタルピンナップ》が公開中
画像はセクシー&キュートなショットを、メイキング動画では撮影の様子や裕香嬢の驚くべき“特技”などをそれぞれ披露。詳しくは見てからのお楽しみということで…。

※今回もトラックバックします。どうか宜しくです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

正月疲れかな?

◎何だか、正月三が日はあまり熟睡できなかった。それに何故か疲れも感じられる。
今でも頭かボーッとしているが、早速いつもの芸能ネタから参りましょうか。。

◇フジ大晦日視聴率「PRIDE」瞬間最高27.7%(夕刊フジ) 

NHK紅白歌合戦Vs民放格闘技の視聴率争いが注目された昨年大みそか夜の主要番組の瞬間最高視聴率が4日、わかった(いずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
“犬猿の仲”として知られる小川直也と吉田秀彦の対決が、試合前から格闘技ファンだけでなく一般にも大きな話題を呼んだフジテレビ系「PRIDE 男祭り2005」。その瞬間最高視聴率は意外にも午後9時30分という早い時間で、27.7%だった。
一方、TBS系「K-1プレミアム2005格闘技史上最大の祭典Dynamite」の瞬間最高は午後10時56分、大方の予想通り「曙Vsボビー・オロゴン」という異色の対戦時で、第2ラウンドに25.8%を記録した。
これを迎え撃つ形となったNHK紅白の平均視聴率は昨年よりわずかに上昇し、第2部で42.9%を記録。その瞬間最高は番組の終盤、紅白の票を集計する“最大の見せ場”の午後11時40分で、50.1%だった。
[夕刊フジ:2006/01/04 17:23] 

最近、この手の話題ばかり書いているが、今回もこの話題を…っていうか、他にこれといったネタが見当たらないもので(苦笑)

『K-1Dynamite』は世間の予想通り「曙Vsボビー・オロゴン」戦、が瞬間最高視聴率という結果となったが、『PRIDE』は「小川直也Vs吉田秀彦」戦では無いのか…午後9時30分時間帯は『PRIDE』を見られなかったので、瞬間最高を叩き出す場面は一体何の対戦カードだったのかちょっと気になる。
意外にも、選手のプロフィールを紹介する、何の変哲も無いVTR映像だっりして(笑)
しかし、今回タレントのボビーにも負けてしまった曙って一体…今や、元横綱という肩書きもかすんで見える。
しまいには、相手が蟻でも勝てないと揶揄されているぐらい…。ちゃんと練習をやっているのだろうか???
ハルウララのようにこの先負け続けても、懲りずに今年も年末のK-1に出場するのでしょうな。ある意味、それはそれで凄い事だが(笑)

一方、紅白は票を集計している場面が最高視聴率だったようだが、紅組が勝とうと、白組が勝とうと、歌手さえちゃんと見られれば正直どうでもいいと思っている者としては、歌手別視聴率の結果を早く知りたい。
他にも『Dynamite』で永ちゃんが歌った場面の瞬間視聴率などは判明(調査)したのだろうか…?

明日の各スポーツ紙にも年末番組の細かい視聴率の発表が載る事でしょうから、その時に改めてこの話題に触れることにしましょう。

◇熊田曜子、頼もしい心技体…Fカップ、くびれ、瞳(夕刊フジ)

結婚相手はお金がなくても私が稼ぎます
無敵のセクシーアイドルが3年あまりの間に、世に出したビデオ、DVD、写真集は、すでに40種類以上にものぼる。雑誌のグラビアでは、見ない週がないほどだ。
「毎回、同じポーズはイヤなので、海外の雑誌なども切り抜きながら、研究しているんです。オトナ向けの雑誌なら、くびれのところに蝶々のタトゥー(シール)を入れたり。私のアイデアをけっこう取り入れてもらってます」
戌年生まれ。2006年は年女である。
「犬派か、猫派かといえば、やはり犬ですね。会社に従順ですし(笑い)。猫の方が男性を夢中にさせられるんでしょうけど、なれないんですよ私。あっ! でも、猫目かも」
ちょっと天然っぽいトークが魅力だが、話していると頭の回転はいい。グラビアアイドルが群雄割拠する中、Fカップにウエストのくびれ、それに大きな瞳、と3つもアドバンテージがある。
「小さいころから、目は顔の中で一番好きでした。目立ちたがり屋で、幼稚園、小学校のお遊戯会では一番長く舞台に立っていられる役をやってたんです。家ではお菓子のマイクで歌番組のモノマネ。お兄ちゃんがカメラマンの役でした」
高校時代にオーディションを受け、親にだまって岐阜から上京したが、今では最大の応援団だ。
「グラビアって、最初の頃は、Hっぽい雑誌から始まるじゃないですか。母はそういう雑誌も大事に取ってるんです。ありがたいですよね」
過密スケジュールの中でのグラビア撮影は、時に過酷。「渋谷の屋上で真冬に水着撮影なんてこともあって、そのときは『私、カラダで勝負してるな』って思いました。アハハ」とプロ根性も座ってきた。
さらなるチャレンジ目標を聞く-。
「海外の雑誌に載りたいですね。アメリカの『MAXIM』とか、イギリスの『FHM』とか。グラビアが、すっごくカッコいいんですよ。『PLAYBOY』にも出たいけど、だいたいヌードだから…」
プレイメイトになれるなら、脱いでもいい?
「えーっ、それは…。『ナイ』って言っちゃうとおもしろくないから、そのとき考えます」
さっすが、ファン心理をよく分かってる。結婚はまだ先か。
「ちょっと前まで友達の結婚ラッシュで、いいなぁと思ってました。柔らかいオーラが出てる人がいい。グラフィックデザイナーをしている2つ年上の兄が理想のタイプなんです。お金持ちじゃなくてもいい。私がんばって稼ぎます!」
なんとも頼もしい。 
■くまだ・ようこ タレント。1982(昭和57)年5月13日生まれ。23歳。岐阜県出身。02年からグラビアアイドルとして活躍。テレビのバラエティー番組でもおなじみ。特技は一輪車。身長166センチ、B92・W56・H84。
ZAKZAK 2006/01/01

去年バラエティで大活躍をした熊田曜子ちゃんもまた、売れっ子になってもグラビアは続けるタイプのようだ。更には、海外のグラビア雑誌に載りたいと熱望しているほど。
最近はこういうパターンが徐々に増えて来ている。安田美沙子ちゃん、小倉優子りん、ほしのあきちゃん、磯山さやかちゃん、森下千里ちゃん、岩佐真悠子ちゃん、安めぐみちゃん、佐藤寛子ちゃんなどが良い例。
これまでなら、グラビアはあくまで世間に名前を知ってもらう一つの手段に過ぎず、バラエティやドラマで成功すると“グラビア卒業”してしまうアイドルタレントが多かった。それは、グラビアの仕事をどこかマイナスに捉えていたフシがある。
しかし、今はグラビアも自分の表現方法の一つとしてプラスの見方をするようになった。まぁ、これは事務所側の方針によってグラビアに対する捉え方が違うのだろうが…。
とにかく、ファンの方々にとっては良い傾向かな?

それにしても、本当に研究熱心ですな。これが根強い人気を誇る秘訣かも。年女ということもあり、一層の活躍が期待される。

サブタイトルにもある「結婚相手はお金がなくても私が稼ぎます」は、姉御肌でバリバリのキャリアウーマンって感じだね。
しかし、「グラフィックデザイナーをしている2つ年上の兄が理想のタイプ」と記事の中でも公言するほど、かなりの“ブラコン”で有名。お兄さんに彼女が出来るとついその彼女に嫉妬してしまうらしい(笑)
ほぼ毎日お兄さんに電話して、色々とアドバイスを受けているとか…。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(1月4日水曜日)更新分。

画像は長尾美人姉妹が初詣で引いたおみくじを仲良く見せている姿。お二人とも澄んだ瞳が綺麗でカワイイ~♪ 
今年は共に《小吉》だったそうだ。まぁ、何事も「ほどほどが良い」という事で…。

ちなみに、私が今年初詣で引いたおみくじは《第廿九番 末吉》
書かれている内容は、
全体運⇒「心理的にも経済的にも動きの取れない云わば過労の時。こういう時はいたずらに焦って自己を失うことの無いように十分に心を引き締めてかかることです。家庭や職場で思うようにいかない状態や誤解を受け不愉快な状況に直面するかもしれないが、じっと辛抱。その中にきっと新しい流れが見つかります」
仕事運⇒「こちらに良い材料があっても、相手に受け入れられない事がある。この際はウカツに動かず時期を待て」
恋愛運⇒「愛情がありながら打ち明けられない、二人の関係を表に出せない事情があるのでは。縁談はまとまりにくい」
健康運⇒「少しは健康に留意しなければ、いまに反動がくる。病気は手遅れにならぬように手当てを早めに」
学業運⇒「とても困難な立場に落ち込んでいるが、この試練を耐えることができれば、やがて大きな成果の花が咲く」

・・・・本当なら、こんな見事なまでに悪い事ばかり書かれているおみくじは木に結ばないといけないのだが、ブログのネタになると思い、持って帰りました(笑)

まゆまゆさんは《小吉》だから、私の《末吉》に比べればまだマシなほうです。私のは実質《凶》のようなものだからね(苦笑)

少なくとも、まゆまゆさんの仕事運がいいのは先行きがとても良いですな☆☆
今年はかなり期待しても良いですよ!!

最後は『まゆまゆ☆ブログ』恒例のオチ。
絵馬にも“ツッコミ”を入れるとは、如何にも麻未さんらしいですな(笑)

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・今日(4日)更新分。

今日の昼に羽田に到着。北海道から東京へ戻ってきたようだ…お疲れさん!ということで。

ちなみに、今回の北海道土産は、20世紀を代表する全国お土産ランキングでダントツのNo.1に輝いた白い恋人石屋製菓だそうだ。
白い恋人といえば、年間売り上げが約70億円を誇る“お化け”商品。今や北海道土産の代名詞のようになっている。
コメント欄に降臨したヒナちゃんの話によれば、同じく第7位にランクインしているマルセイバターサンド六花亭も購入したそうだ。
流石、道産子!!抜け目がないなぁ…(笑)
あと、北海道土産でランキング入りしているのは、第13位のロイズ生チョコロイズコンフェクト第33位の六花亭チョコ六花亭
北海道のチョコレートは各社とも定評がある。

ちなみに、同ランキングで第2位が福岡県名物からし明太子第3位が仙台(宮城県)名物萩の月菓匠三全

さて、帰京したら早速ダンスに対して意欲満々の様子。おやおや…(笑)

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日付け日記(今日更新分)。

今年は初詣には行かなかったので、【おみくじ】も引いていないとか。
何でも、去年と一昨年は《大吉》だったそうだが…アヤにャンさんはなかなかの強運の持ち主ですな☆

ここ数年、私は【おみくじ】を引くと《吉》《末吉》ばかり…一昨日も《末吉》を引いてしまった…orz

画像は路地裏にあるバケツの中から何やら空き缶が顔を出しております。アヤにャンさんのライフワークである“空き缶アート”のポラ写真。
相変らず、都会の片隅に取り残されているようなわびしさが伝わってきます。。。

これと全く同じ画像が、お馴染み『トラックバック・オーライ(TBA)』でもUPされております。

一昨年の12月にニューカレドニアで撮影したそうですが、今年は何処で撮影をするんでしょ?
当時撮影した角(CP)さんから具体的にそのような話は現在の所は出ていないようですが……。

とにかく5thDVDの撮影では再びニューカレへ行って、現地の野良犬に再会できると良いですね…今年は戌年でもあるし(笑)

今年アヤにャンさんが会いたがっているという、マト(チャン・リーメイ)さんとTマネージャーさんがご推薦の占い師(霊能者)は、今回マトさんが改名に至ったきっかけを作った人らしいですね。
ということは、もしその人に面会したなら、アヤにャンさんも改名させられちゃうかも…???

とにかく、今年も《大吉》に匹敵するご活躍を期待しておりますよ…!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

今日も多少更新が遅れてしまった…

◎今日も多少遅れてしまいましたが、早速芸能ネタへと参ります。

◇7年ぶり“快挙”紅白視聴率上昇(サンスポ)
 

昨年大みそかに放送されたNHK「第56回紅白歌合戦」の第2部(午後9時30分~)平均視聴率が42・9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが2日、分かった。民放の格闘技番組などに押されて低落が続いていたが、7年ぶりに第1部、第2部ともに前年を上回った。民放からの“救世主”みのもんた(61)は「50%を目標にしていたのに、非力を嘆いている」とけんそんしたが、“視聴率男”の面目はなんとか守った。
吉田対小川、曙対ボビー・オロゴン…。強力な裏番組を相手に、ギリギリで踏みとどまった。
関東地区では、午後7時20分からの第1部が35・4%で、前年より4・6ポイントアップ、第2部も過去最低だった前回より3・6ポイント増えた。関西地区でも第1部が32・0%、第2部39・4%で、ともに前年よりアップした。
7年ぶりの前年比増にNHKの茂手木秀樹歌謡・演芸番組部長は「私たち日本人の大みそかに欠かせない存在であるとあらためて実感し、多くの視聴者のみなさんに番組を楽しんでいただいた4時間20分だったと思います」と胸をなでおろした。
相次ぐ不祥事、受信料不払いの増加などさまざまな問題を抱え同局が“背水の陣”で臨んだ昨年の紅白。視聴者の信頼回復のバロメーターとして命題だった視聴率アップが、とりあえず実現された格好。みのもんたを司会に起用し、視聴者に聴きたい歌を募集する「スキウタアンケート」を実施。民放のヒットキャラクターも最大限に使うなどなりふり構わぬ演出が結果につながった。
しかし、橋本元一会長らが口にしていた「50%」には届かず、第1部は過去4番目の低さで、第2部はワースト2位。かつての国民的番組の完全復活は、次回以降の課題として再び持ち越されることになった。瞬間視聴率と紅白の歌手別視聴率は4日に集計される。
一方、紅白の裏番組として定着した格闘技番組はTBS「K―1Dynamite!!」が14・8%、フジ「PRIDE男祭り」が午後8時~11時台で17・0%といずれも前年を下回った。格闘技ファンを食い合ったことや、放送時間の長さなどが影響したとみられる。 
[ 2006年01月03日付 紙面記事

ここで昨日の訂正。「数字が上がった」と言っていたが、正しくは2つの格闘技番組の視聴率がそれぞれ昨年よりも下回ったそうだ。
情報を完全に誤まってしまったようだ。スミマセンでした。ペコリ。

理由は放送時間が長いのと、格闘技ファンを奪い合ったからだそうな。それに、試合内容が意外とあっけなく決まった試合も多かった。
私が覚えているのは、『K―1Dynamite!!』では曙VSボビーオロゴン戦、魔裟斗VS大旭戦、山本“KID”VS須藤元気戦と、永ちゃんのステージぐらいいなもの。『PRIDE』は吉田VS小川戦が少し見ることが出来た程度。
番組同士が重なりすぎていると、必ずどちらかの番組を見逃してしまう。それはもちろん当然なのだが、チャンネルを何度も切り替えてみた時に、たまたまどちらかがCMだったりとあまりちゃんと見ることが出来なかった。

今回大晦日の番組で数字が上がったのは紅白だけ。それでも目標の50%には届かなかったそうだ。まぁ、40%を超えただけでもとても凄いと思うが…。
国民の約半分近くの人が同じテレビ番組を見ているなんて、この紅白を置いて他は無いですから。民放なら大事件ですよ。
内容はまあまあといったところかな。何故か私の中では、WaTのハプニングが一番印象に残ってしまった(笑)

また昨日は「テレビ業界にとって一番怖いのは裏番組でなく旅行などレジャー」と書いた。今回のこの記事については、レジャーや映画(ビデオ・DVD)、ゲーム、インターネットなど、現代の多様化したライフスタイルの影響でテレビそのものを見ない家庭が増えたのかもしれない。
詳しいことは明日発表となる各番組の視聴率を見てみないと詳しくはいえないが、この傾向は一層と強まるだろう。。。

◇レコ大 視聴率たった10.0%(スポニチ)

昨年12月31日に中継されたTBS「日本レコード大賞」の平均視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で史上最低(2部構成の年を除く)を記録した。 
[ 2006年01月03日付 紙面記事 ]

完全に紅白と格闘技に視聴者を奪われたかっこうとなった。レコ大関係者は最悪なお正月を迎えたと言う事が。

◇フジ視聴率2年連続「3冠」(スポニチ)

05年のテレビ年間視聴率(関東地区)は、フジテレビがプライム、ゴールデン、全日の各時間帯で民放他局とNHKを抑え首位に立ち、2年連続の「3冠」を達成したことが2日、分かった。
調査会社ビデオリサーチの暫定値を基に在京局がまとめた。フジはプライム(午後7~11時)が14・3%、ゴールデン(同7―10時)が14・1%、全日(午前6時~翌日午前0時)が9・5%。
好調のテレビ朝日はプライムが13・2%で、59年の開局以来初めて2位に入り、ゴールデン、全日も日本テレビに次いで3位。午後11時から翌日午前1時の深夜帯ではトップだった。 
[ 2006年01月03日付 紙面記事 ]

圧倒的な強さを誇るフジテレビ。
朝は『特ダネ』、昼は『笑っていいとも!』、夕方は『スーパーニュース』、夜は各バラエティ番組とドラマが全てにおいて好視聴率を連発して絶好調なのが、今回“3冠”を達成した要因なのだろう。各番組の内容も最近は特に面白くなってきた感がある。

つい3,4年前までは、日テレの天下のはずだったが…相次ぐ不祥事や巨人戦など野球中継の不振により完全に地位が逆転してしまったようだ。

テレ朝といったら、以前なら『ドラえもん』しか数字が取れなかったはずだが…「午後11時から翌日午前1時の深夜帯ではトップだった」というのは、深夜のバラエティ番組が軒並み当たったからなのだろう。
元々、テレ朝は深夜枠のバラエティ番組に定評があった。

ただねぇ…テレ朝の深夜放送って、地域によっては全く放送されないか、後日遅れて放送される番組が多くて、見ていると内容が多少古く感じられるので、それだけは何とかして欲しいものだ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(06年1月3日火曜日)更新分。

今年最初の『週刊!まゆのいちおしグラビア』。第40回目と、とてもキリが良い。
本当なら昨日の予定だったが、お正月と言うのもあってか、すっかり忘れてしまったらしい。
…時期が時期だけに致し方ないですよ。今年もマイペースで更新しましょう☆★

『ヤングアニマル』の表紙・巻頭グラビアを飾っている“ゆうこりん”こと小倉優子ちゃん。

以前からまゆまゆさんは「大好き」だと公言し、去年末まで中京テレビ『優子がゼッタイ!』で共演した間柄でもある。

今回のゆうこりんのグラビアも
「ゆうこりんのグラビアは妖精さんみたいで可愛い」
「壁に手をついて振り返るグラビアポーズはゆうこりんのグラビアの中で一番好きです」

と高評価。

彼女の独特なキャラは他の追従を許さないでからね。“こりん星出身”と名乗っているが千葉県茂原市が本籍地らしい(笑)
今年のこのコーナーでは、お気に入りのゆうこりんや工藤里紗ちゃんのグラビアが今後どれくらい紹介されるのでしょうか…?

今年は“アイドル評論家(グラビア評論家)”としても更なる活躍を期待しておりますよ…☆

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・今日(1月3日)更新分。

地元(北海道の“とあるマチ”)にある『びっくりドンキー』で〔ティラミスパフェ〕を食べている姿。キュートなスマイルを浮かべております☆
『びっくりドンキー』HPによれば、北海道伊達市の近郊にある43もの牧場から集められた生乳を使用している濃厚な味のするパフェらしい。

ハンバーグレストランチェーン店『びっくりドンキー』を運営している【アレフ】は我が北海道札幌市内に本社がある。
発祥の店が1968年(昭和43年)に岩手県盛岡市に誕生した『ハンバーグのベル』
当初は盛岡市を拠点に『ハンバーグのベル』を3店舗を展開。その後、盛岡市⇒福島県福島市⇒札幌市中央区と本社を移転し、ハンバーグレストラン『びっくりドンキー』として全国チェーン化した。
『びっくりドンキー』1号店は、昭和56年に札幌市中央区大通の地下街にて開店。
ちなみに、現在は札幌市白石区に【アレフ】の本社がある(昭和60年に札幌市中央区から本社を移転)

「北海道に(びっくりドンキーの)自社牧場がある」とヒナちゃんが言っているのは、本社が北海道の札幌にあるからなんでしょうな。

現在、『びっくりドンキー』は全国に279店舗(『ハンバーグのベル』も含む。移転による閉店中の店は除く)。

その内訳は…

・北海道40店舗
→(札幌市20店舗、江別市1店舗、恵庭市2店舗、千歳市1店舗、小樽市1店舗、岩見沢市1店舗、苫小牧市2店舗、室蘭市1店舗、旭川市3店舗、函館市2店舗、滝川市1店舗、釧路市2店舗、北見市1店舗、帯広市1店舗、伊達市1店舗)

・東北36店舗
→青森県5店舗(青森市2店舗、弘前市1店舗、八戸市2店舗)
→岩手県5店舗(盛岡市3店舗、北上市1店舗、一関市1店舗)、ハンバーグのベル(盛岡市1店舗)
→秋田県2店舗(秋田市2店舗)
→山形県1店舗(山形市1店舗)
→宮城県13店舗(仙台市9店舗、名取市1店舗、多賀城市1店舗、古川市1店舗、石巻市1店舗、)
→福島県9店舗(福島市4店舗、郡山市3店舗、いわき市1店舗、会津若松市1店舗)

・関東61店舗
→東京都17店舗(練馬区2店舗、足立区1店舗、大田区1店舗、江戸川区1店舗、板橋区1店舗、東村山市1店舗、福生市1店舗、府中市1店舗、小平市1店舗、立川市2店舗、八王子市1店舗、狛江市1店舗、西多摩郡瑞穂町1店舗、西東京市1店舗、多摩市1店舗)
→神奈川県7店舗(横浜市2店舗、川崎市1店舗、相模原市1店舗、綾瀬市1店舗、茅ヶ崎市1店舗、小田原市1店舗)
→埼玉県15店舗(さいたま市2店舗、三郷市1店舗、所沢市1店舗、川口市1店舗、春日部市1店舗、越谷市1店舗、川越市1店舗、熊谷市1店舗、戸田市1店舗、上尾市1店舗、新座市1店舗、ふじみ野市1店舗、鶴ヶ島市)
→千葉県12店舗(千葉市3店舗、船橋市2店舗、流山市1店舗、我孫子市1店舗、市原市1店舗、市川市1店舗、鎌ヶ谷市1店舗、松戸市1店舗、成田市1店舗)
→栃木県1店舗(宇都宮市1店舗)
→茨城県5店舗(水戸市1店舗、つくば市2店舗、土浦市1店舗、ひたちなか市1店舗)
→群馬県4店舗(前橋市2店舗、伊勢崎市1店舗、太田市1店舗)

・甲信越5店舗
→山梨県1店舗(甲府市1店舗)
→長野県2店舗(長野市1店舗、安曇野市1店舗)
→新潟県2店舗(新潟市1店舗、長岡市1店舗)

・中部・東海44店舗
→愛知県25店舗(名古屋市6店舗、豊橋市2店舗、一宮市2店舗、岡崎市2店舗、豊田市2店舗、豊川市1店舗、春日井市1店舗、瀬戸市1店舗、半田市1店舗、小牧市1店舗、刈谷市1店舗、安城市1店舗、西尾市1店舗、愛知郡長久手町1店舗、愛知郡東郷町1店舗、海部郡蟹江町1店舗)
→静岡県6店舗(静岡市1店舗、富士市1店舗、浜松市1店舗、沼津市1店舗、駿東郡長泉町1店舗、田方郡函南町1店舗)
→岐阜県6店舗(岐阜市1店舗、大垣市1店舗、中津川市1店舗、多治見市1店舗、瑞穂市1店舗、羽島郡岐南町1店舗)
→三重県7店舗(四日市市2店舗、鈴鹿市1店舗、名張市1店舗、松阪市1店舗、久居市1店舗、度会郡玉城町1店舗)

・北陸6店舗
→石川県4店舗(金沢市2店舗、小松市1店舗、石川郡野々市町1店舗)
→富山県2店舗(富山市1店舗、高岡市1店舗)

・近畿62店舗
→大阪府29店舗(大阪市7店舗、東大阪市2店舗、高槻市2店舗、大阪狭山市1店舗、八尾市2店舗、高石市1店舗、泉佐野市1店舗、羽曳野市1店舗、箕面市1店舗、枚方市1店舗、吹田市1店舗、大東市1店舗、岸和田市1店舗、堺市4店舗、守口市1店舗、南河内郡美原町1店舗(移転の為一時閉店))
→兵庫県17店舗(神戸市8店舗、尼崎市4店舗、姫路市2店舗、加古川市1店舗、宝塚市1店舗、伊丹市1店舗)
→京都府8店舗(京都市6店舗、向日市1店舗、宇治市1店舗)
→奈良県4店舗(奈良市1店舗、橿原市1店舗、香芝市1店舗、大和郡山市1店舗)
→滋賀県3店舗(大津市1店舗、彦根市1店舗、栗東市1店舗)
→和歌山県1店舗(和歌山市1店舗)

・中国4店舗
→岡山県1店舗(岡山市1店舗)
→広島県3店舗(広島市3店舗)

・四国3店舗
→香川県2店舗(高松市2店舗)
→愛媛県1店舗(松山市1店舗)

・九州17店舗
→福岡県9店舗(福岡市3店舗、北九州市3店舗、久留米市1店舗、春日市1店舗、糟屋郡志免町1店舗(福岡空港内))
→熊本県2店舗(熊本市2店舗)
→長崎県3店舗(長崎市1店舗、佐世保市1店舗、大村市1店舗)
→佐賀県1店舗(佐賀市1店舗)
→鹿児島県2店舗(鹿児島市2店舗)

・沖縄県2店舗
→(那覇市1店舗、中頭郡北谷町1店舗)

・・・・というように、全国各地ある『びっくりドンキー』の店舗数をずらっと列挙してみました(笑)

それから、「ヒナの地元にはドンキホーテはありましぇん(ノ´≧□ )ノ」と言っているが、北海道には『ドン・キホーテ』は5店舗(札幌市4店舗、旭川市1店舗)存在する。
私がよく利用するのは、大通り公園の近くのアーケード商店街【狸小路商店街】にある札幌店をよく利用する。北海道土産も売っているので、よく学生服姿の修学旅行生と出くわす。
北海道土産が安く手に入るので、限られた予算でやりくりする学生さんには好評なのだろう。

コメント欄に降臨したヒナちゃんによれば「ヒナの実家の周りは温泉地~(^∀^)」らしいから、ご実家にも温泉を引いているのかな?
とにかく、暫くご実家でゆっくりと骨休めってことで。。。

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日付け記事(今日更新分)。

新年早々に〔ソフトクリーム〕を食べたらしい。

初詣の帰りか、「デパートの初売り」で【福袋】を買った帰りに、立ち寄ったファミレスで食事をした時に撮ったものか。

早く食べないと溶けて落ちちゃうよ(笑) 

やっぱ、冬こそアイスクリームだよ!!! ウマソ~~~!!!!

日本で冬にアイスクリームの売り上げが伸びる地域はここ北海道以外に無いからね。更に、夏よりも冬のほうがアイスが売れるらしい。
Tシャツに短パン姿でアイスクリームを食べたり、ビールを飲むのが「北海道スタイル」です☆
…あっちんさんの大好きな氷なんて食べ放題だよ(笑)

一般家庭からデパート、バスや電車に至るまで、物凄く暖房を利かせるのでとても暑い(笑)
本州から来た人が誰しもビックリするぐらい。寒い外から厚着して中に入るので余計に暑く感じるのだろう。
おそらく全国で一番室内の気温が高い地域かもしれませんね。

外は全国で一番寒い「北国」、中は全国で一番暑い「南国」の地域です(爆)

先日も九州の長崎から来道した姉のお友達が「北海道の建物の中はどこも暑すぎ!!!おかしいよ~!!」と不満を述べていらっしゃったそうな…(苦笑)

あっちんさんはママさん手作りのおせち料理を美味しく召し上がっているようですね。

やっぱり筑前煮は最高に美味しいよね~!! 
他にもわかさぎとか黒豆など体に良い食材ばかりなので、言う事なしだねっ☆★

しばらくはお正月を満喫しましょう。。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(1月2日)更新分。

昨日アヤにャンさんは【ヤフオク(Yahoo!オークション)】に初参加したそうな。おっ!新年からチャレンジ精神が旺盛ですね!!!
一時間以上も相手と競って「終了時間間際には目を血走らせて画面とにらめっこ」していたそうな…終了間際が一番ワクワクすると言いますからね(笑)

基本的に、【ヤフオク】で安く落札したいときは「オークション終了直前まで待ってから入札することが大切」らしいです。
【ヤフオク】は『自動入札システム』を採用しているので、予め「その商品に支払ってもいいと思う上限の金額(最高入札額)=予算金額」を設定すれば、後は自動的になるべく低額で落札できるメリットがあるのですが、それでも相手と競り合ってしまう可能性があるので、出品最終日の残り数10分を切ってから『自動入札』を開始した方が断然お得ということなんでしょうな。

自動延長は
「出品時に設定できる無料オプションの1つです。自動延長が設定されているオークションには、自動延長に関する表示はありません。設定されていない場合のみ『自動延長はありません』と表示されます。」
とのこと。アヤにャンさんが仰るとおり「終了時五分前に現在価格に変化があると自動的に時間が延長される」らしい。
要は、出品されている商品に「『自動延長はありません』との表示が無い」=「予め、自動延長が設定されている」という意味で、自動延長(時間延長)されて『自動入札』前に設定した「最高入札額(予算金額)」を超えてしまう可能性が大いにあるということなんでしょう。

中には“玄人”と称する、したたかな出品者(インチキ業者)が意図的に金額を吊り上げる為に、IDを複数使って競り合いを演出する場合もあるらしい。
「玄人からの新品の買い物で、迂闊にも競争をしてしまったあげく最高入札者に取り消され痛い目にあいました。」
という実例があるほど⇒「Yahoo!オークション『サクセスストーリー』」より
その人が言うには「熱くならないこと。良識のある素人出品者の中古品を狙え」とのこと。
新品はとりあえず注意が必要。やっぱり良識な出品者かどうかを見極めるには、出品者の情報に載っている『評価欄』を参考にするしかないですね。

今回アヤにャンさんが自動延長されると直ぐに手を引いたのは大正解かも。熱くなって更に再入札して競り合ってしまったら(「『高値更新』お知らせメール」を受け取って、更に「最高入札額」を上げて入札に再び参加する場合は最悪のパターン)、それこそ出品者の思うツボですからね。

初めてなのに上手く対処しましたね☆
いずれはオークションの達人になれるかもしれませんよ~!!!

再びアヤにャンさんが【ヤフオク】に参加した際は、上手く落札して欲しいものです。。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ユカいな平田サン その51

◎今回は、今年一回目の更新という事で、タイトル通り、平田裕香嬢の《新年のご挨拶》編です。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・一昨日(06年1月1日日曜日)更新分。

まず、アスキーアート(AA(文字絵)で、【2006(年)】と表現しております。
そして、年頭のご挨拶が後に続きます。

・・・・それでは私も改めて…明けましておめでとう御座います!!!
今年も無事、新年を迎える事が出来ました…☆

さて、「忘れてしまいたい出来事や消し去りたい失言」について、裕香嬢は逆に大切な糧として今年に繋げて行きたいと非常に前向きに捉えていますが、、、これについては私も何度やらかした事か…後になって自分で気付いていればまだ良い方で、気付かなかった場合も多々あるやもしれません。
…私も裕香嬢を見習って、失敗も無駄にせず人生の糧にしていきたいと思います!!

裕香嬢が掲げた今年一年の抱負は

『締める』

とのこと。

「身も心も、そして何より気を引き『締め』て、油断しがちな落とし穴を一つでも多く避けて通り、『一本筋の通った“好い女”』になるよう努力する」そうです。

例年以上に強い決意が感じられます。“好い女”を目指す今年の裕香嬢は期待大ですゾ…!!!

私は、去年も一昨年も私生活では正直あまりツイていなかったなぁ...成功よりも失敗の数がはるかに多かったような…(苦笑)
でも、裕香嬢のように、「今年こそはやってやるぞ!」というような前向きな気持ちで、何事にも取り組んで行きたいと思います☆☆☆

さて、現在の裕香嬢はどっぷりと正月気分に浸っている事でしょう。
正月のおせち番組に飽きて、行きつけのTSUTAYAからDVDを20本近く借りまくっているかもね(笑)
もし映画雑誌で日頃の経験を生かした連載コラムが始まれば、近い将来“映画評論家デビュー”も決して夢ではありません!!
是非実現して欲しいですな☆★☆

それとも…昨日あたり、親友の佐藤寛子嬢と御神酒(おみき)で新年の祝杯を挙げているとか…!?
お2人は酒豪らしいからねぇ~…飲み比べをしたら、まず私が先に脱落しそう(爆)

とにもかくにも、裕香嬢にとっての2006年は一層と飛躍できる幸せな一年でありますように。。。。

まずは今年の手始めとして、2月に本番を迎える初舞台の稽古を是非頑張って下さいな…☆☆

それでは、今年も何かとご迷惑をお掛けするかもしれませんが、どうかそこの所は一つご理解を宜しくお願い申し上げます☆彡

◇06年1月1日から事務所内にある『平田裕香オフィシャルホームページ』にUPされている【平田裕香メッセージ『初春・平田裕香 新年のご挨拶』】の全容を以下に載せます。

「アッ!!ハッピーニューイヤーーーッッ!!! オウイェイ!!チェケラッチョーッ!!(と言いながら両手で親指を自分に突き立てる)
「みなさん!新年明けましておめでとう御座います!! ちょっとノリノリの平田裕香で御座います!!」
「何故ノリノリかというと、何てったって、ニューイヤーだからです! ハッピーニューイャーッッ!!!だからですよ!」
「新しい……えー、いや、幸せな新しい年だぜっ!て事だからですよ、ハイ!」
「何かねぇ、やっぱり、新しい…となると心もリフレッシュされて、気持ちが良くなりますね!」
「で、決して年末は気持ちが悪くなるわけじゃないですよ。とりあえずリフレ、フレ、、フレッシュですね!“リ”じゃなくて“フレッシュ”な感じなので、とても平田は楽しい思いをしております」
「みなさん!如何お過ごしでしょうか!? この一年、えー、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃん達は、えー、いとこや、、、妹、弟、娘、息子、孫達に、お年玉を挙げなければいけないという、ちょっとこう、心苦しい日々かもしれませんが、逆に、妹、弟、娘、息子、孫達は、幸せなぁ一年の始まりですねぇっ」
「ちなみにー、平田は、弟とか妹はいなくて、まぁ若干いとことかいますが、あとは、みんなずっと私より上が、年が上が多いので、末のほうなので、きっときっと幸せな一年になりたかったんですけど、今年は実家に帰っておら、、いら、いないもので、ちょっとね、まぁ、心苦しくもなければ、あの、心嬉しくも無い幕開けですが!」
「何だって、フレッシュな一年ですからねっ!!嬉しい限りで御座います、ハイ!」
「そう!そんな平田、、今年どんな年にしたいかともうしますと……そりゃまぁ、やっはりねぇ、、幸せなねっ、一年にねっ、したいですよ!」
「だけど、まず、これから、もうすぐに、ちょっとお休みが開いて直ぐに、、、『デビルマン~不動を待ちながら~』の舞台のお稽古が直ぐに始まるので、結構楽しい充実した、1月になると思います!」
「それが2月に公開されるので、本当に、初めての舞台になるので、なかなか慣れーる事も出来ずにバタバタと、、えー、頭真っ白に、、なりながらも真っ白にしないように頭に書き込みながら、逆に言うと頭が真っ黒になりながら、、頑張っております!!」
「でも、スタッフの方や、演者の人たちにあたたたかっ、あっ!一個“た”多かったね
(と口に手を押さえながらキュートに笑う)、温かく、見守られて、えー、取り組んでおりますので、きっと!きっと!!素敵な舞台になると思っっています、、ので! お時間がある方は是非見に来てやって下さい!」
「そして!えー…2006年、、、何だろう?…抱負を社長に『言え』と言われたのですが、抱負ねぇ…抱負…う~ん…
(と笑顔を浮かべつつも、頭を両手で軽く押さえながら少し困った様子するが、突然ハッと何かひらめいたように)大人!!の階段を上ってく!(とニンマリし右手で親指立てて“グッド”の意思表示)…そんな感じで。」
「うん、まだまだ本当に、自分の幼さだったり、幼稚さに、すごくこう、、ため息が出てしまう時もありますが、そのー、そういう時が少しでも減って、逆に、あのー…誰かに『ああ大人だなぁ平田さんは』って、思ってもらう事が幸せなのかなぁ…?
(と言いながら後ろの頭を抑えて少し考える様子を見せる)どうだろう?分かんないハハハ!今言ってて分からなくなったんですが、でも!自分で自分を愛していけるような人間に近付いていける為に、一歩一歩前に進んで行きたいと思います!!」
「ハイッ!!!、、ですので!!……まずは神様にお願いする事は、
(パンパン!とかしわ手を打った後に願い事を言うような仕草で)無病息災、家内安全をお願いしたいと思います!、、やっぱり、人間は体が資本ですからね、是非!」
「そして!!あとは!、、うん!自力で幸せな一年にしていきたいと思います!」
「そこは、神様にお願いせずに、自分の力で切り開いていこうと思います!
(と言った後、うん!と無言でうなずく)
「平田は、みなさんも自力で幸せな一年にする為に“おおえん”をしております!あっ、“おうえん(応援)”、うん!応援をしておきます!!
(と訂正して言う度に、両手で胸に手を当てるポーズを何度もとる)
「ので!!今年もどうぞ!宜しくお願い致します!!!
(とカメラに向かって深々と頭を下げる)
「ではねぇ~~!!去年はお世話になりました~!!
(と何度も手を振りながらお礼を言っておしまい)

※今年も昨年同様にトラックバックさせて頂きます。どうか宜しくです☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

今日はギリギリ間に合ったかな?

◎今日は初詣や買い物など、暫く外へ出かけていたので、更新するのが遅れてしまいました…何とか今日中に間に合って良かった(苦笑)
では早速、芸能ネタから始めましょう。

◇紅白視聴率盛り返す-第2部で42・9%(サンスポ)

昨年大みそかの第56回紅白歌合戦(NHK総合テレビ)の平均視聴率は関東地区で第1部が35・4%、第二部が42・9%で、いずれも前年より上昇したことが2日、調査会社ビデオリサーチの集計で分かった。
長期低落傾向の紅白の視聴率が1、2部とも前年を上回ったのは1998年以来7年ぶり。一連の不祥事を受けた改革路線を示すため、視聴者から聴きたい曲を募集、民放で人気の司会者みのもんたを起用したことなどが功を奏したようだ。
関東地区では午後7時20分からの第1部が前年比4・6ポイントアップし、同9時半からの第2部も過去最低だった前回より3・6ポイント増えた。関西地区も第1部32・0%(前年比3・5ポイント増)、第2部39・4%(同0・8ポイント増)だった。
民放の裏番組は、関東地区でフジテレビの「PRIDE男祭り2005」が午後8時からの3時間に17・0%、TBSの「K-1プレミアム2005」が14・8%と、今回も格闘技が健闘した。

正直、今回の紅白の視聴率が上がるとは思いも寄らなかった。
確かに今回の紅白は話題性は十分にあったかもしれないが、同等かそれ以上に裏番組の格闘技関連に世間の注目が集まっていたからね。
だから、個人的には若干数字が下がると見ていたが…。
事前に評判の悪かった「スキウタ」や、みのもんた氏の紅白初司会の効果が予想以上に現れたということか。

更には、紅白だけでなく、裏番組の格闘技2番組もそれぞれ好視聴率を叩き出しているあたり、例年にも増して、年末はテレビを見た世帯が多かったと言う事だろう。
テレビ業界にとって一番怖いのは、裏番組ではなく、旅行などレジャーに視聴者の関心が移ってしまう事。今回はそれほどその影響を受けなかったか。

今回の好視聴率により、NHKとしては名誉挽回、面目躍如と言ったところか。

◇満足度“10%”…紅白司会果たしたみの、NHKと決別宣言!(サンスポ)

出場者たちと笑顔でフィナーレを飾ったみのもんた。心中は力を発揮できなかった悔しさでいっぱいだった=東京・渋谷区(撮影・千村安雄)
「第56回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京・渋谷区のNHKホールで行われた。視聴率アップの特命を受け、紅白初司会に挑んだみのもんた(61)は「10%しか力を発揮できなかった。大不満」と発言。NHKとは「相容れない」と決別宣言まで飛び出した。1日に入院、4日に脊柱管狭窄症の手術を受けるみののしゃべり納めは不完全燃焼で終わった。一方、曲紹介をカットされた美川憲一(59)が「みのさんがしゃべり過ぎたせい」と噛み付いた。
「力が90%ぐらい残ってる。不満? もちろん大不満」。4時間20分を仕切った充実感、余韻に酔う暇もなく、みのから厳しい言葉が飛び出した。「ぼくには民放の視聴率獲得のノウハウはあるけど、NHKは歌を大事にする。(しゃべりを大事にし視聴率を狙う)自分は相容れない」。
60組の出場者、ゲスト、審査員のステージ出演…。盛りだくさんの内容を詰め込み、時間は常にギリギリ。曲紹介は全てアドリブだったが、みのの持ち味を最大限には生かせなかった。
とはいえ、文化放送時代からの念願だった「全国津々浦々の皆さん、お待たせしました」との開会宣言には「すごい、ぶるった」。番組スタート時は、百戦錬磨の男が硬い表情で、「緊張で言葉が出ません」と意外な言葉をもらした。ラジオのアナウンサーからミスター・テレビマンと言われるまでになったが、民放でどれだけ活躍しても日本全国を網羅するのはNHKだけ。大舞台を仕切る夢を実現させた。
舞台裏は痛みとの戦いだった。本番中、楽屋とステージを往復。4回も痛み止めの注射を打ち、激痛に耐えた。
一方、みのに美川がぶち切れた。「わたしの曲紹介がカットされたのは、みのさんがしゃべり過ぎたから」とプンプン。美川によると、美川の前の藤あや子のダンサーが退くより前に、スタッフにステージに出るよう指示されたといい、「『愛の讃歌』ってあんたに言ってもらいたかった」と嘆いた。みのは「しゃべりすぎ? そうかもしれないね」と非を認めたが、悔しいのは自分も同じだった。
4日に脊柱管狭窄症の手術を受けるため、1日に都内の病院に入院。8日の退院後、15日まで休養する。この日は2005年、そして復帰までのしゃべり納め。視聴率65%を自分に課しながら、悔いを残したみのに視聴者はどんな判定を下すのか?

せっかく視聴率が回復したのに、この舞台裏で起こった騒動は非常に後味が悪い。
NHKがアドリブを重視せずプログラムどおりきちっとやるのは事前に分かっていた事。司会者が発する言葉の一言一句に至るまで、事細かく台本どおりにプログラムが進行するのは誰だって知っている。
それなのに、今になってみの氏が「(NHKの手法に対し)自分は相容れない」という類の発言するのは少しアンフェアではないか。

「NHKは歌を大事にする」というが、歌番組なんだから歌を大事にするのはもっともな事じゃないだろうか。確かに、視聴率はテレビ局にとっては非常に重要なファクターだ。
しかし、これは別にNHKに限った事ではない。『レコード大賞』などの民放の歌番組でも同じ。但し、これが『うたばん』や『HEY!HEY!HEY!』のような、トーク番組と歌番組を融合させた《音楽トークバラエティ番組》なら、みの氏の言っている事も少しは理解出来るが。

逆に、歌う側のアーティストとしては、みの氏に対して「喋りも大切かもしれないが、歌やアーティスト(歌手)に対してもうちょっと敬意を払って欲しい」という気持ちにもなるだろうね。
美川さんが怒るのも無理はない。
出場拒否を貫いているアーティストがもしこの様子を見たら「ほらみたことか。だから出たくないんだよ」と思うに違いない。

私には、今回の騒動は「みの氏の“一人相撲”」にした見えなかった。

さて、世間ではこの舞台裏での騒動に対し、どういった見方をしたのか、ある意味これも楽しみだ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・今日(06年1月2日月曜日)更新分。

カニを食べるまゆまゆさん、“カニまゆまゆ”が写っております。クリクリとした瞳がメッチャカワイイ~!!!!

そうかぁ、、、【コッサバ】は約1年前だったのですね…まゆまゆさんのカニのコスプレがとても懐かしい今日この頃…。

お正月はカニを沢山食べたとか。非常に豪勢な食生活ですな。
かくゆう私も、今年のお正月は伊勢海老とカニをほんの少しですが美味しく頂きました(笑)
何年振りでしょうかねぇ…こんな贅沢な食べ物を食べたのは。。。

それから…とても有り難いお言葉を頂き、本当に有り難う御座います!!!

これからも、出来る限り頑張って下さいね☆★

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・昨日(06年1月1日日曜日)、今日(2日)更新分。

・昨日更新記事……画像は、年が明けた一昨日深夜、近所のお寺に初詣に行った時に撮ったものらしい。

・・・・あけおめことよろ~~っ!!! 

ピースサインをしている横で、『珈琲』と書かれたのぼりが写っているが、売っているのはココア?…まさに羊頭狗肉だね(笑)
でもまぁ、ココアはポリフェノールがタップリと含まれていて美容と健康に良いし、寒い時に飲むと体が温まってとても良いよねっ☆

ノリが良くて元気さが十分に伝わってくるし、何より笑顔がとっても可愛いよね~~!!!!
歌の上手さと共に、これこそ彼女のセールスポイントであります☆

今のアーティストは、音楽性だけでなくビジュアル面(ルックス)も優れている人が多い。それだけ、世間の求める目が厳しくなったといえる。
幸い、アンナちゃんは歌唱力だけでなくルックスも素晴らしいので、後はチャンスを掴み取るだけ。
度胸満点でポジティブマインドのアンナちゃんなら、きっと将来、ビックなチャンスを掴み、自分の望んだ音楽性を追求することが出来るでしょう☆

直感的に、アンナちゃんは将来絶対に何か大きな事をやってくれそうな気がしてならないのです。
自分の信じた道をただひたすらに突き進んで欲しいと思います☆★

【BON-BON BLANCO】としての活動と並行して、ソロでの活動も今年は十分に期待をしております!!!

とりあえず早く新作が聴きたいなぁ…。

・今日更新記事……今日は【BON-BON BLANCO(ボンブラ)】のメンバー・イズミちゃんの誕生日。
アンナちゃんと同じ18歳になった。
・・・・お誕生日おめでとさん!!!!

日頃からメンバーを非常に大切に思っているアンナちゃんは自分の事のように喜び、祝福の言葉を述べている。
熱い友情が感じられて、本当にステキな関係ですね☆★☆
…但し、今回はちょっとね、暴走気味ですけどね(苦笑)

でも、相変らず元気一杯でとても微笑ましいですな☆

これからも、【ボンブラ】の仲間と共に力を合わせて是非頑張って欲しいと思います…!!!!

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・今日(1月2日)×2回更新分。

あけおめ~~☆☆
今年も宜しくってことで、今回は携帯話が中心。
何でも、お友達の家に遊びに行ったが、携帯が圏外となってしまったようだ…あらら。ホントに奥地なんだ(苦笑)

1枚目はキュートな姿だが、二枚目は何とも懐かしい携帯であります。
つい3,4年前まで、私が使っていたような代物。待ち受け画面が緑と黒(文字)の2色のみ。
絵文字や写メール、動画など、そんなコじゃれたものなんかあるわけ無い(笑)
実にシンプルなモノクロチックな作り。
着信音もしかり。電子レンジを思わせる「ピピピ・・・」という電子音。
「着うた」などが全盛の現代にあって、今となっては非常になつかしいレトロな雰囲気。

そんな時代の携帯を未だに大事そうに使っている母上は、物をとても大切にするお方なんでしょうな。
アンテナがもげちゃってるのは、ご愛嬌ということで(爆) 

で、今回ようやく機種変だとか。このレトロな携帯からいきなり最新式の【FOMA】にジャンプアップとは何とも劇的な“進化”ですな(笑)

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日付け記事(今日更新分)。

つい先ほど更新されたばかりの記事。

改めまして…明けましておめでとさん!!!
今年も宜しく~~★☆

自慢のダイナマイトバディを身に包んだ水着姿でドッカーンとご挨拶。キュートなルックスもGOOD!!!!  ヒュヒューー!!
・・・・素晴らしいお姿を拝見させて頂きました。ご馳走さんです!!! 

今年もあっちんさんは初詣で、健康第一、家内安全、商売繁盛を祈願したのでしょうな(笑)

そんな訳で(どんな訳?)一層の飛躍を期待しております…☆

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(1月1日)更新分。

今回は、ファンに宛てた新年のご挨拶文。

・・・・・明けましておめでとさん!!!!
今年も宜しくりんこ☆★☆

グラビアは勿論、バラエティ部門で大活躍を期待しておりますよ~!!!!

もちろん、ツッコミも欠かさず、今後も優しく?見守っていく次第です…☆

とりあえず、毎度お馴染みの『TBA』『アイドルTV-JAPAN』で、ぶっちゃけトーク炸裂でお願い致します(笑)

“お菓子大名”バンザーイ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年1月 1日 (日)

色々と“見せ場”があった昨夜の大晦日。

◎早速芸能ネタに入りますが、やはり昨夜のテレビネタです。


◇倖田がレコ大初受賞、新人賞はAAA(スポニチ)  

セクシーな衣装で熱唱する倖田來未
第47回日本レコード大賞(主催日本作曲家協会)の授賞式が31日夜、東京・初台の新国立劇場で行われ、倖田來未(23)が「Butterfly」で大賞に輝いた。名前が呼ばれると、驚きの表情を浮かべ、大粒の涙がほおを伝った。プレゼンターを務めた小池百合子環境大臣から「とってもステキ。和製マドンナみたい」と称えられると、やっと笑顔が戻った。初めて自らデザインしたドレス。胸がはみ出る大胆衣装。あふれる涙を必死に抑えて歌い踊った。「露出が多かったので今後は音楽を伝えていきたい」と新たな抱負を語った。
同曲は、00年12月にデビューしてから自己最高のオリコンチャート2位を記録。その後、過激な衣装とパフォーマンスが「エロかっこいい」と称され、まねる若い女性が続出した。大ブレークの1年を象徴するように、レコ大とNHK「紅白歌合戦」の会場を往復し、さらに別の番組にも出演する一夜となった。
なお、最優秀新人賞はAAA(トリプルエー)、最優秀歌唱賞は水森かおり(32
)。

事実上、大塚愛ちんとの一騎打ちを制したのは倖田來未ちゃん。画像でも分かるとおり、エロ度満点の衣装。思わず“見えちゃいそう”です(笑)
去年は「エロかっこいい」 「エロかわいい」という流行語を生み出し、ベスト盤のアルバムもバカ売れ。大ブレークの年を締めくくる最高の一日となった。

元々彼女は感激屋。今回も大粒の涙を浮かべながら歌った。ライブでも昔の苦労時代を思い出す度に泣きながら歌うらしいので、今回のレコ大でも大賞に決まった瞬間、5年間の苦労が走馬灯のように甦ってきたのだろうね。
とにかく、今までの苦労が報われたという事ですな。大賞受賞おめでとう…!!
その後、彼女は紅白に舞台を移すと、司会のみのもんたさんが何度も「レコード大賞おめでとう!」を連呼していた。ここはNHKの紅白のステージなんだけど…。

ちなみに、AAAが新人賞を受賞したのは意外だった。てっきり、伊藤由奈ちゃんかと思った。ま、別に良いけど。

◇WaT ハプニング動じず完唱(スポニチ)  

初出場のWaTは、歌の最中にマイクスタンドが倒れるハプニング。2人は動じることなく歌い続けてみせた。ウエンツ瑛士(20)は「お客さんが頑張れ、頑張れとすごい歓声を送ってくれたので、無我夢中で歌いました」、小池徹平(19)は「大きな声を出そうと思って、ステージの前の方に出ました」。ステージカメラのコードがスタンドに絡まったとみられる。
[スポニチ:2006/01/01 06:23] 

この場面をちょうど見ていたが、2人が歌っている途中にカメラが正面に移動した瞬間、マイクスタンドが下に落下して歌声が聞こえなくなった。
「ナンダナンダ?何が起こった??これも演出???」と思ったが、やはりそのカメラが原因で起こったハプニングだったのか…。
それでも彼らは動じることなく大きな声を出して歌っていたので、僅かに歌声が聞こえてきた。
慌ててマイクスタンドをスタッフが立て直すと、再び歌声がハッキリと聞こえるようなり、何とか彼らの出番は終了。
これにより、以前よりも彼らの印象度が高くなったのは、皮肉といえば皮肉か。
バラエティにも頻繁に出演するウエンツくんには、ハプニングが付き物なのか?

そして、歌い終わった後、女性アナウンサーが「生放送では色々な事がおきますね」と他人事のように語っていたのがとても印象的だった…(笑)

◇永ちゃんロック魂で格闘技ファンKO(スポニチ)  

リングにあがり大観衆に手を振る矢沢永吉
矢沢永吉(56)が31日夜、格闘技イベント「Dynamite!」に“参戦”し、デビュー33年で初めてリング上で歌った。大みそかのライブもキャロル時代以来。NHK「紅白歌合戦」の向こうを張り、カリスマシンガーの神髄を見せつけた。スポニチ本紙の単独インタビューに「(音が反響しすぎて)風呂場で歌ってるみたいだったよ」と苦笑しながらも、格闘技ファン5万人の熱気に「熱いね!」とご機嫌だった。
驚いた。矢沢があがっている。表情は硬く、唇も乾いている。
「打倒紅白」の刺客として初めて上がったリング。ロープをくぐり、マットに立ち、四方を囲まれた雰囲気は独特だったようだ。永ちゃんコールも起きたが、観客のほとんどは格闘技ファン。マイクを握ると、珍しくツバをのんだ。
「皆さん!ようこそ。みんなと一緒に最後まで行くので“ヨロシク”」。名文句に沸き上がる場内。でも、どこか勝手が違う。敵は紅白のはずが、ここもアウエー。だからこそ燃え上がる闘争心。血と汗が染みこんだマットに、飢えるようにライブハウスを回っていた30年以上前の記憶がよみがえった。
披露したのはバラード曲「心花よ(ときめきよ)」。93年にサントリー「BOSS」の第1弾CMで使われた曲だ。あえて攻撃的な曲をやめ、戦士たちを癒やす包容力あふれる歌で挑んだ。静まり返る会場。じっと聴き入る観客。歌い終えると、地鳴りがするほどの大歓声が起きた。
女優の泉ピン子は涙を浮かべ「永ちゃん!」と叫んだ。「動」のイベントで、1人、研ぎ澄まされた「静」で観客をノックアウトした。
楽屋に戻ると「どう?どうだった?」と気にした。「あがった?フフフ、参ったなあ。分かっちゃった?あがったよ。56歳にもなってあがったよ。緊張感、そして恐怖感まで襲ってきたよ」。言葉とは裏腹にすごくうれしそうだ。何度も「これだよ、これ。たまんないね」とニヤリ。
「いつも家で酒飲みながら寝転んでる」という大みそか。駆け抜けた1年の疲れを癒やすはずの日に、ソロデビューして30年で初めて最高の刺激を味わった。「来年の年越し?分からなくなってきたよ。初のカウントダウンライブも悪くないね。う~ん、分かんないよ。最高だよ!」。何度も無邪気に笑った。
[スポニチ:2006/01/01 06:23]


昨夜の大晦日は、テレビは『紅白』、パソコンは『Dynamite!(K-1)』の2台で同時に見ましたよ。
ただ、『PRIDE』はほんの少ししか見ることが出来ませんでした。

それにしても、『Dynamite!』で一番シビれたのは、永ちゃんが登場する場面。
それまでの熱狂的な盛り上がりとは一変して、会場は熱唱する永ちゃんに一点集中。
それも、今回歌ったのは激しいロックではなく、ジックリと聴かせるスローバラード。あたりはシーンと静まり返った。永ちゃんファンに限らず、皆が永ちゃんの歌に酔いしれた。
この圧倒的な存在感。たった一人が自分のファンではない多くの聴衆を虜に出来るというのは、何て素晴らしいことでしょう…カッコいいねぇ~。。。 

紅白の裏番組で、しかもアウェーの中にあえて飛び込んでお客さんと勝負するのは、まさに闘魂の血が流れているお方なんでしょうな。

そして
「あがった?フフフ、参ったなあ。分かっちゃった?あがったよ。56歳にもなってあがったよ。緊張感、そして恐怖感まで襲ってきたよ」
と言う台詞…これまで何度も大舞台を経験しても、常にギリギリの所で勝負してきた人だからこそカッコよく聞こえる言葉。
たった一曲のステージからでも、彼の生き様やロック魂、カリスマ性が十分に伝わってきた。

これが本当のロックスター、もとい、スーパースターだ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(05年12月31日土曜日)、今日(06年)

・昨日更新記事……大晦日のこの日、夜中に一旦目が覚め、再び寝てしまったので、高校時代のお友達(女子バスケット部の仲間)と遊ぶ約束を果たせなかったらしい。
その夜はまゆまゆさんはママさんや麻未さんと紅白歌合戦を視聴。

めでたく新年を迎える事が出来たようだ。

あけおめ~☆

・今日更新記事……画像は長尾美人姉妹の2ショット。カワイイっすね♪ みかんを持っているのは麻未さん。きっと、「こたつにみかん」という、典型的なお正月の風景って感じなんでしょうな☆
どう見ても非常に仲が良さそうな姉妹なのに、結構喧嘩もするんだってね...ウチは昔から喧嘩なんて日常茶飯事ですから全然珍しくは無いのですけどね(苦笑)

一方、文の内容は、今年の抱負を語っております。今のまゆまゆさんが本来あるべき姿ですからね。
だから、自己嫌悪に陥る事は全く無いと思いますよ。だから、今の状態のまま、突っ走って下さいね~♪♪
最後はいつものオチですが…(笑)

今年は【長尾姉妹】【長尾麻由】の両面で、益々のご活躍に期待しております☆☆☆

★関川理沙『関川理沙ブイブイ・・・昨日(05年12月31日土曜日)、今日(06年1月1日)更新分。

・昨日更新記事……画像は、亀の形をした折り紙??を口に入れようとしている姿。何ともりっちゃんらしいお茶目な姿ですな☆
新年早々から縁起がイイ…かどうかは分かりません(笑)

去年一年を振り返っております。

成人式やたくさんのライブ&イベント、2ndDVD『ritchan』発売、などどれも彼女にとって非常に思い出深い出来事ばかり…。
今年は去年以上に活躍して思い出を沢山作れると良いですネッ…☆

ブログも気張らずマイペースで続けて下さいな☆☆

・今日更新記事……先ほど更新されたばかりの記事。ややおどけたキュートな姿です☆ 

あけおめ~!!ことよろ~!!! 

明日はご実家のある栃木県に帰るそうだ。 どうか明日はごゆっくりとご実家で羽を休めてお正月を満喫下さいな…☆

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(05年12月31日土曜日)×2回更新分。

昨日はあの後、2回更新されておりました。
本人が降臨したこともあってか、コメント欄がかなり賑わっております(笑)

画像も北海道のご実家でタラバガニを食べている場面や、“あわや!?”と思わせる超セクシーな入浴シーンをUP。いずれもめんこいですな☆
ファンの方々も大喜びです☆

ご馳走を食べたり、ご家族やお友達とワイワイお正月を楽しんでしらっしゃる様子。
久しぶりのご実家でお正月を思い存分、満喫しているようですな…☆

☆余談ですが、毎度お馴染みトラックバック・オーライ(TBA)アヤにャン(金井アヤ)さんや徳川葵ちゃんとトリオを組む“マト”さんこと豊原里美さんが、昨年12月2日付けで【チャン・リーメイ(蒋里美)】と改名しました。
改名といっても、台湾名「蒋里美」の台湾語(中国語)読み「チャン・リーメイ」をそのまま芸名に採用したとのこと。その日、懇意にしている霊能者に「あなたは今日から生まれ変わる」との進言を受け、事務所(サムライム)の社長と話し合った結果、今回の改名に至ったらしい。
それに伴い、昨日の大晦日にブログのタイトルを一新。新春ということで、美しくおしとやかな着物姿などを披露☆★☆
⇒『チャン・リーメイのちゃんこなべ

| | コメント (2) | トラックバック (6)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »