« 決戦。 | トップページ | 喜び…そして波乱の幕開け »

2005年12月16日 (金)

ユカいな平田サン その45

◎今回もいつものように平田裕香嬢のブログチェックと、ちょっとした小ネタです。
ブログが更新されてからちょっとコメントが遅くなりましたが、諸事情の為どうかご了承願いたい。

★平田裕香『ひらたゆかの日記(ブログ)・・・12月11日(土)付け記事(12月13日更新分)、12日(日)付け記事(15日更新分)。

・12月11日付け記事

今回は“映画評論家”平田裕香の本領発揮編です。

いつも贔屓にしているTSUTSYAの半額クーポン券を利用してか、

『黄泉がえり』
『ZOO』
『レイクサイド マーダーケース』
『茶の味』
『青の炎』
『オーバードライブ』

など10本をレンタルしてきたそうだ。

他にはテレビで放送していた香港映画『星願』を見たそうだ。

まさに映画三昧。“一日3食”ならぬ、“一日3映画”という感じだ(笑)
もしくは《3度の飯より、映画が好き》なのでしょうな。。。

そして、これら挙げた中で『茶の味』という邦画をご推薦。これは2004年夏に劇場公開した作品で、DVD化は今年の2月。

『鮫肌男と桃尻女』で有名な石井克人監督・脚本の作品、浅野忠信、我修院達也、佐藤貴広、手塚理美、三浦友和、土屋アンナ、中嶋朋子、坂野真弥、相武紗季、草なぎ剛(SMAP)、和久井映見、武田真治らが出演している。

非常に豪華キャスト。映画2本分作れそうな俳優陣だ。それも、裕香嬢が仰るとおり、友情出演(チョイ役)として有名どころの俳優が至る所に多数出演するという贅沢さ。
その発見にも驚いたそうだが、奇抜なテーマ曲も印象に残ったようだ。

また、以前見た『散歩する惑星』と同じような「心地よさ」「気持ちよさ」を感じたそうで、「とてもシュールでこ気味良い映画でした☆」とのこと。

私は見ていないので分からないのですが、とてもユーモラスで、マッタリとした雰囲気のストーリーのようだ。
そして、見る前から構えて、難しく考えなくても良いような感じなのでしょうな。

先ほど挙げた4、5本の作品を見て泣きっぱなしになったという状態とは対照的。

いわゆる“泣ける映画”でなく、リラックスして映画を見たい時はこの『茶の味』がピッタリなのでしょうな。

裕香嬢は年間どれぐらいの映画を鑑賞なさっているのでしょうか?

きっと、映画雑誌でコラムを連載できるほど、多くの映画を鑑賞しているのでしょうな。

いずれ、裕香嬢に映画雑誌の執筆(連載コラムの)依頼が来るかもね…。。。

ちなみに、裕香嬢が触れている犬童一心氏が監督もしくは脚本を担当した長編映画作品とは、

『二人が喋ってる。』1995年(監督/脚本)
『大阪物語』1999年(脚本)
『ドリームメーカー』1999年(脚本)
『金髪の草原』2000年(監督/脚本/編集)
『黄泉がえり』2002年(脚本)
『ジョゼと虎と魚たち』2003年(監督)
『タッチ』2005年(監督)
『メゾン・ド・ヒミコ』2005年(監督)

らしい。

この『茶の味』の製作に関わったかはちょっと詳しい資料がないので分からない…。

・12月11日付け記事

タイトルが『金色銀色桃色吐息』って、、、これはまさしく高橋真梨子さんの代表曲『桃色吐息』のサビのフレーズだよね

♪きんい~ろ ぎんい~ろ もも~いろ と~いき きれい~と、いわれ~る 時は短すぎて~♪

…裕香嬢はシブイ曲を知ってるね~!! 昭和歌謡(ナツメロ)に造詣が深いとか?!

とにかく、裕香嬢は良いセンスをしていますよ☆
今後ナツメロの話題でもブログで取り上げて欲しいものですな…一応、そっち系には自信があるので(苦笑)

さてさて、いきなり本文で「昨日、平田の身に奇跡のような出来事がありました!」と言っているあたり、何かしら裕香嬢の身にとても良い事があったようだ。

何だろ~~!? 凄く気になる~~~っ!!!

いずれ教えて頂戴下さいな☆

・・・・しかし「これは確実に冥土の土産になります!」って…お婆ちゃんじゃないんだから(笑)

◇裕香嬢の高校時代からの親友で“美香っち”こと金田美香ちゃんは現地時間の11日(日)にホノルルマラソンに出場、見事完走を果たしたそうだ。
ちなみに、完走タイムは6時間37分。

裕香嬢も彼女に労いの言葉を掛けてあげましょう。。。

◇以前発売(11月24日)された【sabra 21号】に載っていた裕香嬢のインタビュー記事によれば、

「(大の銭湯好きなので)去年の大晦日なんて、友達とカウントダウンしちゃいました。何だかおばあちゃんみたい!?かもしれない。」

とのこと。今年も裕香嬢は銭湯で年越しをするのかな…? 
新年を祝う為に黙って銭湯にお酒を持ち込んで湯船に浮かべたりして(笑)

おっちょこちょいでシブ好みの裕香嬢は特異なキャラクターで「いとをかし(とても趣き深い)」ですな。

※今回はちょっと遅れましたが、いつものようにトラックバックします。どうか宜しくです☆

|

« 決戦。 | トップページ | 喜び…そして波乱の幕開け »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/7642821

この記事へのトラックバック一覧です: ユカいな平田サン その45:

« 決戦。 | トップページ | 喜び…そして波乱の幕開け »