« 眞鍋を学べ 29 | トップページ | お笑い芸人は今が書き入れ時。 »

2005年12月27日 (火)

何度でも、何度でも…

◎年の瀬迫る今日だが、相変らず寒い。以前まで気象庁の発表では今年の冬は「暖冬」と発表されていたが、今季の大寒波襲来で、最近になって「20年ぶりの寒冬」と訂正された。
なんともお粗末な出来事だが、そんな事よりもインフルエンザが流行っている事なので十分に注意しないと。。。
それでは早速、芸能ネタから。

◇2度とやりたくねぇ!まちゃまちゃが水中漫才に“命がけ”初挑戦(サンスポ)

音楽に合わせポーズをとろうとして、もがくまちゃまちゃ(左)と堀内貴司=東京・豊島区
プロレスラーの扮装と「ハァ?」のツッコミで人気の女性ピン芸人、まちゃまちゃ(29)が26日、東京・豊島区のサンシャイン国際水族館で「よしもと水中漫才」に初挑戦し、壊れた。普段マイクを床に叩きつける闘魂キャラが、水槽内で棒立ちとなり、魚におびえて「アブねぇ!」と絶叫。陸に上がった後は「命がけなんだよ、バカヤロー」と、あわや大惨事寸前の事態にマジギレしていた。
「〇〇っていうやつら、お前らに言いたいことがある!」の野太い吼え声が悲鳴に変わった。同所でこの日午前中に行った水槽の大掃除と正月用の飾り付けでは、後輩芸人らに威勢よく指示出し。そこまではよかったが、初潜りした後に悲劇は待っていた。最初は威勢良く巨大水槽内に潜ったまちゃまちゃだが、水中メガネが顔の大きさに合わず、メガネの縁に顔の皮膚が引っ張られ両目が開かない。潜水初体験だけに体も思うように動かせず、立っているのがやっと。トレードマークの緑色のモヒカンが水草のようにユラユラ揺れ、魚が戯れる。
それでもなんとか体勢を整え、いよいよ漫才の幕開け。相方は後輩のお笑いコンビ、コンマニセンチの堀内貴司(26)。「お正月ですね~」と切り出す堀内に、まちゃまちゃは「とっ散らかってるじゃないか~」と突っ込むが、マイクを通して会場内に響く声はうわずって迫力がない。続いては赤、白、黄と色づけした餌で魚の好きな色を知るクイズコーナー。堀内が餌をばら撒くと、魚が2人に猛突進。さすがのまちゃまちゃも「こわーッ(怖い)」「アブねぇ」と絶叫するばかりで、呼吸のあぶくが激しく吹き出る。
ネタを3つ終えたところで、潜水時間は15分を経過。ここでついに限界に達したのか、水中に潜ったままで行う予定だった報道陣向けの写真撮影が急きょ中止されるハプニングとなった。約30分の休憩を終えて再登場したまちゃまちゃは「漫才も水中も初めてなんだよ。ほかの芸人は普通訓練してやるんだ」と怒りを爆発させ、ずいぶん腰が引けてましたが?と聞くリポーターには「初めての水中で目が開かないんだ! おっかねーし命がけなんだよ!!」と逆ギレしていた。
さらに水槽をにらみつけ「群れやがってコノヤロー、友達になんかなれねーよ」と泳ぐ魚たちにも逆ギレ。最後に「2度とやりたくねぇ。2006年はすべて陸の上で仕事したい!」と必死に訴えていた。
★キレ気味PR
決死の漫才を終えたまちゃまちゃは「よしもと水中漫才~お正月スペシャル~」(27日-1月15日)をPR。出演芸人はコンマニセンチなど6組の若手で、自身は出演しないため「後輩たちを茶化しに見に来るといいよ。デートにいいんじゃねえか?」と朗らか。だが自身もデートで来ますか?と聞かれると「いいね、最前列で見てやるよ。いつになるかわからないけどな!」とまたキレ気味だった。
★2005年の初開催は大盛況
「よしもと水中漫才」は、吉本の若手芸人が水中だからこそできる季節感あふれるネタを披露する吉本興業プロデュースの異色“アホアホショー”。今年の初開催(2月22日-4月5日まで同所)では、なじみがないながらも奇抜な趣向がウケて平均約100人、日曜や祝日は水槽前スペースのフルキャパ約200人を集客する大盛況ぶりだった

女子プロレスラーのような奇抜な格好と、世相に対して毒を吐き、マイクを床に叩きつけるマイクパフォーマンスがウリの「怒りの熱血プロレスラー・摩邪(まじゃ)コング」というキャラ設定で、今年から日テレ系『エンタの神様』にレギュラー出演し、見事にブレークしたまちゃまちゃ

標的は「世の中のチャラチャラした奴ら」となっているが、大体が世間の若い女性やオジサンに対して批判を向ける。
そして、「〇〇っていうやつら、お前らに言いたいことがある!」「ひとーつ!」「っていう女!」「ハァ?」というツッコミがよりインパクトを与える。間に挟む、特定のキャラを演じる場面も同様。

また、ステージに現れる際にお客さんがその格好にビックリすると「ほーら、またキョとん顔だ」などと客いじりもするのも、しっかりと客の反応を掴む手段。

最後はお決まりの「○○なんだよコノヤロー!」と毒を吐き捨てながら床にマイクを叩きつける。あまりにも強く叩きつけるので、当初はマイクがよく壊れていた。
また、ネタとネタの合間にプロレスラーの武藤敬司のモノマネなどをしたり、女の子らしく左右にステップを踏んで踊ったりする。このギャップがまた面白い。

たまに、地元・千葉の方言(房州弁)が出ることが多い。
ちなみに、氣志團のボーカル・綾小路翔とは中学の同級生らしい。

いつもなら毒を吐き、威勢良くキレまくるまちゃまちゃだが、今回ばかりはちょっと勝手が違うようだ。「水中漫才」は初挑戦なのに加えて、魚が怖くて我を忘れ、漫才にもなっていなかった模様。
「こわーッ(怖い)」「アブねぇ」って、完全に素になってるじゃん(笑)
それでも、「水中漫才」終了後は周りに毒を吐いて当り散らし、キレまくるお馴染みの芸で存在感を示したことにより、年末年始に【サンシャイン国際水族館】にて開催される「水中漫才」のPRには十分なったか。。。

⇒『まちゃまちゃホームページ

◇ドリカム紅組トリ “低迷”紅白の救世主(報知)
 
人気ユニット「DREAMS COME TRUE」が大みそかのNHK紅白歌合戦の紅組のトリを務めることが26日、分かった。
すでに白組の大トリはSMAPが2年ぶりの“大トリ復帰”で内定しており、ドリカムは10回目の節目の出場で大役を射止めた。
トリのステージでは、先日発表されたヒット曲「何度でも~紅白スペシャルバージョン~」に加え、スキウタに入った「やさしいキスをして」とのメドレーを歌うことになりそうだ。昨年のトリは五木ひろし、小林幸子と、これまでは演歌勢がトリを務めることが多かったが、生まれ変わりを目指す今年の紅白では、若者に人気の2組がトリを務め、低迷の一途をたどる紅白の救世主となる。

ドリカム(DREAMS COME TRUE)フリークの私としては、とても嬉しいニュース。

今回、トリとして歌う『何度でも』は、私も非常に好きな歌だ。

今年の1月から3月まで火曜日午後9時にフジテレビ系列で放送されたドラマ『救命病棟24時』に主題歌になりスマッシュヒットした。
このドラマには北海道No.1タレント&舞台俳優(歌手&声優)の大泉洋クンも看護士・佐倉亮太役で出演し、東京が大震災に見舞われるという非常にショッキングな内容とともに強く印象に残っているので、ついこの『何度でも』はこのドラマ背景と重ね合わせて聴いてしまう。

そしてまた、
「何度でも何度でも何度でも 立ち上がり呼ぶよ 声が涸れるまで」
という“何度でも”の繰り返しの箇所や

「10000回だめで へとへとになっても 10001回目は 何か 変わるかもしれない」
「10000回だめで かっこ悪くても 10001回目は 何か 変わるかもしれない」
「10000回だめで 望みなくなっても 10001回目は 来る」

の3つのサビの箇所は、特にヘコんだ時などに聴いていると非常に勇気が出る。それだけ、私にはとても印象深い曲だ。

それに加えて、去年のヒット曲で、今回の「スキウタ」に選ばれた『やさしいキスをして』をメドレーで歌うのは、とても豪華な組み合わせ。
・・・・ドリカムマニアなら誰もがシビれる初トリのステージになりそうですな☆☆

更に今年は、吉田美和さんの故郷・北海道池田町にある【ワイン城】に、全国で唯一のドリカムショップが開店したりと、同じ道産子としてもドリカムがより身近に感じられた一年だった。
その一年を飾るにふさわしい、トリとしてドリカムが出場する今年暮れの紅白歌合戦は、他にも見所が満載で非常に楽しみだ。

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(12月26日月曜日)更新分。

今回の『週刊!まゆのいちおしグラビア☆』は今年最後なので、今年一年を締めくくる年末総決算という感じだ。

“アイドル評論家”としてマスコミ界にも認められたまゆまゆさんですが、『2005年に惚れたグラビアアイドルグランプリ』をドーンと発表しております。

・2005グラビアアイドルグランプリ…工藤里紗ちゃん。
童顔(ベビーフェイス)とナイスバディを武器に、今年になって各雑誌の表紙を総なめするなど大ブレークし、各雑誌の人気投票でNo.1を獲得するなど“グラビアクイーン”に君臨。
今年1月からレギュラー出演しているフジテレビ系競馬情報番組うまッチ!では、“お天気お姉さん(キャスター)”を担当。
たどたどしい喋りと独特の雰囲気で人気をはくし、競馬関係者にも絶大な人気がある。
その他、映画出演など、各方面に活動の幅を広げようとしている。

去年21歳でグラビアデビューしたが、以前は他の事務所に別の名前で所属していたらしい(Yahoo!で検索すると分かります)
しかし、Be(美) GIRLS photobook―全国"街の美少女"大図鑑という写真集をリリースしたぐらいで、目立った活動はあまりしていなかった。

現在の事務所に移籍して大正解だったという典型的な例。

里紗ちゃんはまゆまゆさんが今年の『いちおしグラビア』で何度取り上げたか分からないほど、大のお気に入りアイドル。
同じ【エキサイティング・トリガー(ジャパン・ミュージックエンタテイメント)】所属という親近感も手伝ってのことでしょうな。
来年もまゆまゆさんが選ぶグラビアアイドルグランプリに見事輝く事が出来るか…?

・美少女アイドル賞…長谷部優
7人組の人気アイドルグループ【dream】では高本彩ちゃんらと1,2を争うほど人気のある美少女。
今年はグラビアで新境地を開き、女優としても映画『痴漢男』のヒロイン“カンチ”役などに出演するなど、活動の幅を広げている。

・話題アイドル賞…類家明日香
もう説明する必要がありませんね。里紗ちゃんと共に同じ事務所所属で、とても気が合うお友達。
一昨日もイベント後の2ショットを公開しました。
キャラクター的にバラエティ向きで、ガンプラマニアという特性を生かして、マニアックなアキバ系情報番組などに今後も重宝されそう。

今年最後に紹介するグラビアも工藤里紗ちゃん。
岩佐真悠子ちゃんと“共演”した【FRIDAYダイナマイト】の2ショットグラビア。

「二人ともが表情の表現がとても素敵」と高評価。

まゆまゆさんにとっては、工藤里紗ちゃんに始まり、工藤里紗ちゃんで終わったような2005年のグラビア評論でした☆

来年はバラエティ番組やグラビアなどで里紗ちゃんとまゆまゆさんが“共演”する機会があるかもしれませんね。
同じ所属事務所なので十分にその可能性があります。
まゆまゆさんにとって、来年は更に楽しみな一年になりそうです。。。

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・一昨日(25日)、今日(27日)更新分。

25日は四ッ谷ライブインマジックにて行なわれた【クリスマスLive inn Magic】に出演。
やや風邪気味ながら、最後まで歌いきったそうだ。お疲れさん☆
そして、クリスマスプレゼントもファンの方々からたくさん頂いたらしい。
そのプレゼントの多さは、日頃からフレンドリーなファンとの交流を象徴しているのでしょうな。

昨夜はテレ朝系の特別番組『天才D』に出演。
たまたま私も見ていたが、確かにチラッと出ていましたね(笑) 
一瞬だからその時は分からなかったけど…あとで言われて、ああそうかという感じでした。

今日はフジテレビ・お台場で開催中のイベント【HOT FANTASY ODAIBA】の『電車男ワールド』のステージ上にて、4時半~5時半まで行なわれた《トーク&じゃんけん大会》に橋本彩ちゃん、堀井美月ちゃん、伊藤えみちゃん、柚南みゆきちゃんと共に出演したとか。
ファンも駆けつけるらしいので、さぞや盛り上がったことでしょう。
後に、実際に見に行かれたファンの方々の書き込みに期待ということで。。。

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(26日)更新分。

昨日はアヤにャンさんが所属する【サムライム】の忘年会があったらしい。
そこで、所属タレント全員が久々一堂に会したそうな。

出てくる料理が凄く美味しかったそうですが…そういう時こそフットサルの練習があれば、たくさん食べても気にする必要がないのにね…(笑)
おれんじさんのブログ南葛YJシューターズを応援っ!!』から頂いた情報によれば、井上ゆりなちゃんの22日付け日記に今年最後のフットサルの練習が行なわれたという記述があるそうです。
ということは…来年まで本格的なフットサルの練習はお預けか…アヤにャン的にも非常に残念に思われているでしょうね。。。
私も年末はスーパーで売っているオードブルの鶏肉ばっかり食べている気がするなぁ~…照り焼きとか、クリスマス用の骨付き鶏モモ肉って最高に美味しいんだよね(笑)
まぁ、食べ過ぎたなぁと思った時はなるべく歩くようしたり、食後には栄養のバランスを考えて、必ず青汁(大麦若葉)を飲むようにはしておりますよ…☆

とにかく昨夜は普段なかなか会わない人たちとワイワイガヤガヤ会話してとても楽しかった事でしょうね。
昨日が忘年会ということは、、、事務所の仕事納めは明日か明後日になるのでしょう。
今年一年、ご苦労様でした。。。

この画像に写っている、頭に王冠が載っている馬のオブジェは一体なんだろう???
どこぞやのオフィスビルの正面玄関前に設置してあるもののようだが…。
馬つながりで、JRA(日本中央競馬会)ウインズ(場外馬券売り場)前で撮ったものかな…?

とにかく、引き続き風邪に十分に注意しつつ、あと残り4日と少ない年末を楽しく過ごしましょう…!!!

|

« 眞鍋を学べ 29 | トップページ | お笑い芸人は今が書き入れ時。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

おおっ、何とも『冬らしい』背景ですね。もっとも、雪が滅多に降らないところに住む私だからそう感じるだけで、嫌っというほど雪を見る人からすると、それ程でもないのでしょうね。私も、『クリスマス』仕様から、何かに変えなくては…。

投稿: Yellow Magic Carnival | 2005年12月27日 (火) 23時29分

Y.M.Cさん、いつもコメントどうもです♪

たまたま、この冬らしいテンプレートを見つけたので変えてみました。青い背景と雪の結晶のコントラストだけでなく、一番下の真っ白くなった木々もとても気に入っております。

Y.M.Cさんも背景を変えたみたいですが、ステキな雪景色ですね♪♪

投稿: とうきび | 2005年12月28日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/7864316

この記事へのトラックバック一覧です: 何度でも、何度でも…:

« 眞鍋を学べ 29 | トップページ | お笑い芸人は今が書き入れ時。 »