« ラップでフォーー!! | トップページ | やれやれ、今日も遅くなって更新するのですよ。。。 »

2005年11月23日 (水)

またまた更新が少し遅れてしまった…(汗)

◎今日も早速芸能ネタから始めます。時間が無いので(苦笑)

◇「スキウタ」はナゾばかり…紅白の灰色部分 「ハガキ応募が100万通」大量の組織票が!? (夕刊フジ(ZAKZAK))

大みそかのNHK紅白歌合戦で聴きたい歌を視聴者が投票する「スキウタ」アンケート。NHKは21日、紅白上位各100曲を夕刊フジ既報通り順位をつけずに発表した。10月の中間発表に比べ、はがきの応募が大量に増えたり、紅白常連の美川憲一(59)の曲が入らなかったりと、不可解なことも多い。これが出場者選考に役立つのか…。
投票は「はがき」116万3507件、「インターネット」15万9563件、「携帯電話」14万6540件-など。中間発表時、6割が携帯電話やパソコンのネット投票だったことに比べ、はがきが急増した。最も関心のある順位を発表しないことについては、制作サイドは「本番までの演出に関係するので、今のところは明らかにしない」と苦しい弁明をしたが、その背景には、「手間のかかるはがき応募が100万通を超えるのは不可解。歌手名と楽曲が印刷されたものが大量に送られたと聞きました。明らかに組織票があったのでしょう」と音楽ジャーナリストの渡辺裕二氏は指摘する。
NHK側も途中で投票結果算出の不公平を、「複数投票が可能だったはがきと、1人1票が原則の電子系投票の重みを同じにするため、各部門の順位を足して平均値を算出」(アンケート担当者)することで是正。
そのため、中間発表では10位に入っていた橋幸夫の「霧氷」が100位圏外に去る現象も起きたのだ。さらに、SMAPが5曲、ミスターチルドレンが4曲あるのに紅白常連の美川がゼロに。
「スキウタが出場歌手選考にどう反映されるか-。視聴者の意見が明白なのに、かえって不透明感が増してしまったのでは」と渡辺氏。
「どういう世代が、どんな歌を聴きたいかという傾向は分かった」(番組制作局幹部)というのが収穫というのでは…。
気になるスキウタの最終順位を、大みそかにホームページ上で発表するというのも“後出しジャンケン”に映らないか。
ZAKZAK (夕刊フジ)2005/11/22

何だか、最近この企画はボロばかり噴出しますな。元々この企画自体が欠陥だったのでしょうな。
大晦日に発表するのは、明らかにこれらの問題をうやむやにしようとする魂胆がみえみえ。
もうこれで、これら発表された順位はインチキ確定なので、この企画は途中でやめた方が良いんじゃないの。そのほうが逆にスッキリとする。
「スキウタを参考にしました~」なんて言われたら、どうしてもヘタな勘繰りを入れてしまうって。

しかしねぇ、、インターネット投票の次は、今度は「はがきを使った組織票」ですか…ホント、次はどんな問題が出てくるか逆に楽しみになったよ(笑)

◎続いては、いつものブログチェックです。

★長尾麻由『まゆまゆ☆ブログ・・・昨日(11月22日火曜日)×2回更新分。

一昨日も触れましたが、現在発売中の雑誌【BREAK Max 1月号】『最もセクシーな日本のアイドル100人』というコーナー(特別企画)で、まゆまゆさんが“アイドル評論”を行なっておりますが、
実は、今回この雑誌に載る事を知らなかったそうだ…これにはビックリ!

アイドル評論家の北川氏と同じようにアイドル評論を行なっているので、これにより晴れて“アイドル評論家デビュー”と相成りました!!

おめでとう御座います!!! 今後もアイドル評論家としての活躍にも期待しておりますよ~☆☆

まゆまゆさん自身も仰っているとおり、いつもブログで続けている『週刊!まゆのいちおしグラビア☆』というグラビア評論が生きた格好となりましたね☆

まさに「継続は力なり」です☆★☆

そして今回は、第34回目となったその『週刊!まゆのいちおしグラビア☆』です。

今回取り上げたのは、【ヤングサンデーに載っている長谷部優ちゃんのグラビア。まゆまゆさん曰く「なんかついつい目がいってしまう表紙なのでいちおしにしました」「純粋な感じすぎず、お姉さん系すぎないちょうどいい雰囲気の美少女です。可愛いというよりキレイ可愛い感じですね。」とのこと。
いつものように、的確かつ明解なアイドル評論です。

長谷部優ちゃんは、エイベックス系アイドルグループdreamのメンバーとしても有名。熊田曜子ちゃんと同じ岐阜県出身。
まゆまゆさんも先月20日に見に行った女子フットサルの大会【第2回 すかいらーくグループカップ】の会場内で、【TEAM dream】の一員である彼女の姿を見かけたことでしょう。

ちなみに、dreamのメンバーの一人で、【TEAM dream】のエース・高本彩ちゃんの18日付けの日記によれば「友達とコンビニに行ったときには自慢しまくり!!!…『この長谷部優ちゃんかわいいやろ(自慢げに)メンバーやねんでっ♪』ってって・・・。笑」と、ちゃっかり宣伝(自慢)活動をしている模様(笑)

それから、この日(昨日)は“豚グッズマニア”のアイドル・佐野夏芽ちゃんと仕事先で出会い、共に知り合いの“ハゲ師匠”こと占い師の飯田延孝氏の話をしたとか…飯田氏の当たる占いよりも“頭”の話題で盛り上がったのかな?(笑)

何はともあれ、昨日はお仕事お疲れさんでした☆彡

★河合ヒナ『公式: 河合ヒナのプルルン日記・・・昨日(22日)、今日(23日)更新分。

画像は左半分の髪型を「ドレッド」にしている姿。海外の黒人系(R&B)アーティストやピップポップ系アーティストなどがよく好む髪型。
ダンス大好きっ子を自認する彼女ならではの嗜好ですな☆

まぁ、ライブでダンスを披露する時はそのようなファンキーな髪型にして、グラビアの時はストレートヘアなどにチェンジすれば何も問題は無いので、それでいいと思うよ。

今夜は「四ッ谷ライブインマジック『Tinkabell Magic Night Vol 69』 」が行なわれますが、「練習期間があまりとれなかったからうまくいくかなまら不安だべさぁ~(´д`;)」と本番のステージを向かう前に北海道弁交じりの言葉で不安を述べております。
既に始まっていると思いますが、今まで練習で培ったものを信じて、華麗なダンスをお客さんの前で是非披露して欲しいと思います…☆

で、昨日放送となったテレビ大阪『ヒロイン誕生!』に彼女も出演していたとか…ファンの方々によれば「アイドルを人事部長ほしのあきさんが面接をするシュチュエーション」だそうだ。
しかし、いつもならこのコーナーは「登場→インタビュー→特技披露→水着生着替え→井出課長に挑戦→判定で不採用→ローションプールに落下→プールから出て一言。」という一連の流れなんだそうだが、この日はもう一人(金井アヤちゃん?)紹介されていたので、短縮バージョンとなったそうだ。

まぁ、色々と不満はあると思いますが、今回はとりあえず関西の番組に出演できたことが収穫だと思います。
これをきっかけとして、他の関西の番組に出演できるようになれば宜しいのですから。。。

★サントス・アンナ『Santos Anna の Anna Blog・・・一昨日(21日)更新分。

先週金曜日11月18日に目黒食堂で行なわれたたボーカルイベントにアンナちゃんがゲスト出演したそうな。
しかも、イベントの最後の締め括り(大トリ)として登場したとか……おおっ!凄いねぇ~!!

それにしても、“マッキー”こと槙原敬之サンの『冬がはじまるよ』をまさかアンナちゃんがライブで歌うとは思わなかったよ。
前回、私がマッキーの好きな曲としてこの曲を取り上げたけど、(男性が歌う曲だから)女性が歌うにはまず曲のキーを全体的に上げてアレンジし直さなければならない。
それに、女性が歌っている場面を今まで想像出来なかったので、今回ちょっとビックリした(笑)…これもアンナちゃん流の、アーティストとしての感覚で選曲したのでしょうが、そのきっかけは先日マッキーのライブを見に行って「あっ、この曲歌いたいな~」と直感的にそう思ったからでしょうね☆
この曲をアンナちゃんが歌ったら、一体どのような感じになるんだろう。。

それから、AIのR&B系ラヴバラード曲『Story』を選曲したのはある意味正解かも。例えばこの曲はサビの部分「ひとりじゃないから~、わたしがきみを守るから~」の「守るから~」のキーが急に下がるので、簡単そうで結構難しい曲。彼女もこの部分になると声質が一変して低音になる。
ただ、アンナちゃんの程の実力の持ち主なら難なく歌いこなせるから、逆に“腕の見せ所”なる。これは是非一度聴いてみたい。。。

AIはアメリカ生まれ、鹿児島育ちのイタリア系クォーター。2000年デビュー後、鳴かず飛ばずだったが、今年5月18日発売の12枚目のシングル『Story』がオリコン初トップテン入り(最高8位)を果たし、一気にブレーク。
この『STORY』は、「着うた」のダウンロードサイト【レコード直営店♪】調べでこの曲が13週連続TOP10に残り続け、ダウンロード件数が150万件を突破したそうだ。現在も記録更新中。

3曲目は、アンナちゃんの持ち歌でもあるボンブラ『Sherry』したそうですが、これは去年暮れに発売となった限定版(ライヴDVD付き)ミニアルバム『Winter Greetings』に収録したバラード曲。ボンブラらしいラテンサウンドとアンナちゃんの周りを圧倒するような歌唱力がイイ!!!   

特に曲の最後の部分「Sherry~ oh, sherry~ 涙~ 乾くま~えに~ 君に誓った~ 汚れ一つない~ あした~へ~~漕ぎだすよい~ま~~~…」の、高音の伸びやかな声質と耳に心地よい裏声はとても素晴らしい☆☆☆
去年このアルバム買って初めてこの曲を聴いた時は、彼女の歌の上手さにただ唸(うな)るしかなかったねぇ~。。。

先週出演したそのライブでは「みなさんに素敵な冬がきますように・・・という願いを込めて」歌ったそうだが、アンナちゃん歌声にはハートがこもっていて、それが直に伝わってくるので聴いている人を感動させる事が出来る。
実際ライブを見た方も、彼女の素晴らしい歌唱力に酔いしびれたことでしょう…☆

・・・・ライブ出演、お疲れ様でした☆彡

12月14日に行なわれるアンナちゃんのソロライブ『X'mas Special LIVE 2005』では、外は寒くてもライブ会場の中はファンの熱気に包まれたステージになりそう…きっとアンナちゃんの素晴らしい歌唱力に酔いしれる事が出来るでしょう。。。

ボンブラフリークは是非!!!

・・・その前に、、フジテレビ系アニメ「ワンピース」のイベント『ONE PIECEクリスマスパーティー』もお忘れなく!!(笑)

★吉川綾乃『あっちんの日記だよ・・・昨日(22日)更新分。

昨日はフットサルの練習試合があり、我が【南葛YJシューターズ】は“あの”野田社長率いる【カレッツァ】と対戦したそうな。

結果は「0-1」と惨敗してしまったそうだが、とても楽しかったそうだ。このプラス思考は素晴らしい。今は結果よりも内容が大事ですから。

それに、強豪チームの【カレッツァ】相手に「0-1」というロースコアならまずまず上出来ではないでしょうか。
カレッツァの小島&長谷川の強力な2トップを1点に抑えた込んだと言っても良いでしょう。

細かい課題は色々とあるのでしょうが、今後の練習に生かせれば宜しいですネ☆

・・・・とにかく、昨日の【南葛YJシューターズはみんな良く頑張りました!!!! お疲れ様~~☆☆

画像は、試合後?のあっちんさん(中央)、コナンちゃん(右)、福愛美ちゃん(左)の美女3人衆が写っております。
カワイイし、何よりもユニフォーム姿が一段と様になっていて、カッコいいよ!!! 
我がチームのユニフォーム姿は見事に映(は)えますね~☆

12月15日の大会では我が【南葛YJシューターズ】の躍進を願っております☆★☆

もちろん!チームの為にも、“ぷるるんの壁”の異名をとるあっちんさんの鉄壁の守りに期待しております☆彡

★金井アヤ『アヤにャンの日記・・・昨日(22日)更新分。

トラックバック・オーライでお馴染みの「ゴフッ!!」という効果音付きで、昨日の大事な講習を寝坊して遅刻してしまったことを報告。
後半は何とか受講できて最悪の状態には至らず、まぁやれやれといった所だろう。

朝が寒くて布団からなかなか離れられない魔法に掛かったそうだ。まぁ…冬の時期に誰もが掛かる呪縛のようなものだからね(笑)しょうがないよ。うんうん。そうだそうだ。

今後は、寝巻きをもう一枚厚着したりして、なるべく暖かい服装で眠りましょう。そうすれば、朝寒くて布団からなかなか出られないということはない……はず?!

それから「フィッティング」の後にフットサルの練習試合(カレッツァ戦)があったそうだが、何とか一日二度目の遅刻だけは回避して、試合に間に合ったそうだ。

「フィッティング」とは、靴や衣装の寸法合わせのこと。

アヤにャンさんは、チームの大事なボランチなんだから。もし、いなかったら大変な事態。明らかな戦力ダウンになってしまうからね。
とにかく間に合って良かったですね…☆

試合中にミスをするのは誰でも同じですよ。この先、試合中にミスをしない人は誰もいないわけですから。ドンマイ!ドンマイ!!

とにかく、気を取り直して頑張って下さいな~☆☆

本日、『トラックバック・オーライ』では第二シリーズ動画第3弾『ギャランドゥで留萌上陸編』がUPされました!!
今回はいつも以上にアヤにャンさんとマト(豊原里美)さんのハチャメチャぶりが楽しめそうですよ~~(笑)
それにしても…“下ネタ”爆裂のアヤにャンさんって、面白すぎ(笑) これこそ、本当のアドリブの妙です!!!
アヤにャンさんに新たな「二つ名」“ギャランドゥ”が誕生しましたな(爆)
……この詳しい模様は明日以降に…☆

・・・・アヤにャンさんの3ndDVD『AYA ISLAND』発売(25日)まであと2日。。。

|

« ラップでフォーー!! | トップページ | やれやれ、今日も遅くなって更新するのですよ。。。 »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

「皆様のNHK」をどう解釈するかが問題でしょうね。国会の年金問題でも「少子高齢化」が課題となるのだから、今後、人口の割合の増加が予想される「高齢者」を「皆様」にすれば、あまり問題が起こらないのでしょうね。それを、「よちよち歩きの子供」から「○○○○が来る直前の高齢者」までを皆様にするから無理がくるのでしょう。

どこかに書いたかな?見ていて音楽史を振り返るような作りにすれば、年齢のギャップは埋められるでしょう。まあ、受け取る側の資質に左右はされますが、テレビ局が出来る事はここまででしょう?それ以上は、意見の押し売りになります。「我々の主張はこれ。でも、受け取る側が自由に受け取る事が出来る」と言うのが理想のテレビ番組ではないでしょうか。ちょっと、真面目にこんな事を…。

それから、「スキウタ」を募集したのは、決して悪い事ではありませんよ。「皆様からはこの様に意見が寄せられましたが、NHKとしては、この様な主張もしたいので、この様な人選にしました」で宜しいのでは?最初から、「拘束はされない」と断ったのだから、「スキウタ」の上位を少し反映させれば、良いと思うのですが、一般はそれを許さないのかな?(笑)

投稿: Yellow Magic Carnival | 2005年11月23日 (水) 23時13分

Y.M.Cさん、いつもコメントありがとう御座います!!!

「スキウタ」については、色々と賛否があると思います。

私は、最初の時は「これもアリかな?」と少し思ったのですが、段々と問題点が噴出したので、「もし実施したら、紅白に対する不透明感が増大して逆効果になってしまうよなぁ」と思うようになったのです。

だから私は、今では「スキウタ否定派」です。

「拘束はされない」というのは、逆に言えば「自分達にとって都合が悪くなれば、アンケートは参考にしない」というように受け取ることが出来ます。
只でさえNHKの信頼が薄れているのに、そんな曖昧模糊な企画は、まず世間一般では通用しないでしょう。

結局の所、この「スキウタ」の企画がどうのこうのというレベルでなくなって来ているのでしょうね。
これも、NHKに対する不信感から事は発しているのです。

まぁ、だからどうしたと言われればそれまでの話なのですけどね(笑)

あえて実施するなら、「スキウタ」を世代別に分けて、Y.M.Cさんの仰るとおり「音楽史を振り返るような作り」にすれば何とかましになるかもしれませんが…これも上手く行くかは分かりません。

投稿: とうきび | 2005年11月24日 (木) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103370/7286327

この記事へのトラックバック一覧です: またまた更新が少し遅れてしまった…(汗):

» スキウタ、NHKのやることはわからない。 [花レタスTV雑記]
NHK紅白「スキウタ」順位発表中止の舞台ウラ (夕刊フジ) - 11月21日17時1分更新 [続きを読む]

受信: 2005年11月24日 (木) 01時12分

« ラップでフォーー!! | トップページ | やれやれ、今日も遅くなって更新するのですよ。。。 »